愛用しているメンズライクなシルエットのハット☆

Marisol ONLINE
メンズ物を含めて、この手の男前な感じが好きです♡
メンズ物を含めて、この手の男前な感じが好きです♡
ベレー、キャスケット、レディライクなシルエットのハット・・・。
数ある帽子を試着すれど、最後に選ぶのはこの手のデザイン。
メンズライクな中折れ帽が好きみたいです(〃艸〃)
  • これは実はレディース☆
    これは実はレディース☆
  • この美しいリボンに一目惚れ♡
    この美しいリボンに一目惚れ♡
3年ほど前に絶妙な本体のグレー色、美しいリボンに一目惚れ!!
なんと近所の商店街にある、おばあちゃんが営む老舗の帽子屋さんで見つけました。
ふらっと立ち寄って、お店の奥のショーケースに入っていたこちら、
なんとこの美しさと軽さ、日本製でした。torophy(トロフィー)の物。

昔、百貨店にも卸していて、百貨店よりサイズ展開があったり
修理までしてくれちゃう私の穴場となっております♡
おばあちゃんの長い昔話さえ聞く覚悟があれば( ̄▽ ̄)

これを買う前の冬にも素晴らしいラビットフェルトのハットをお安く買いました。
そうやわ!今年の夏の帽子、商店街で探してみよう(笑)



  • ブルーグレーの細いリボンに一目惚れ♡
    ブルーグレーの細いリボンに一目惚れ♡
  • 白過ぎないラフィアがお気に入りです☆
    白過ぎないラフィアがお気に入りです☆
2年ぐらい前かな?神戸のセレクトショップで一目惚れ。
母とデート中に買いました。
全然収穫が無くって(´;ω;`)
焦っていたら(笑)最後の最後で見つけた!!♡♡

こちらとってもかわいいけど、首から下にはどんどん脂肪がつくのに
顔がこけやすくなったただでさえ面長の私の顔を・・・
最近余計に長く見せてくれてるような。
そう見えるとなんだかちょっと被るのを躊躇しています( ノД`)
お気に入りなのに!!
  • 母から譲ってもらったものです。
    母から譲ってもらったものです。
  • リボンの様に縫い込んだ模様入り♡
    リボンの様に縫い込んだ模様入り♡
母から譲ってもらったイタリアのBARBISIO(バルビジオ)の物。
これは多分メンズかな?
そんなに高さの無い中折れで、私でも被りやすいです。
リボンライクな模様が珍しくってお気に入り♡
すごく良いものなんですが、実は一番気軽に被れているかも・・・。

バルビジオは伝統的なクラシックスタイルのハンドメイドで、
デザイン&品質ともにイタリアの最高峰らしく、憧れブランドらしいです。
ヨーロッパの、特に優れたメゾンブランドから生産を依頼されるほどの実績で
その品質の高さを物語っています。
長らく使っていますが、本当、型崩れもなくいつまでもかっこいいです♡
  • 私のハットデビューだったヘレンカミンスキーのメンズ。
    私のハットデビューだったヘレンカミンスキーのメンズ。
  • 実は少し重たい(笑)
    実は少し重たい(笑)
私のハットデビューになった昔むかし購入したヘレンカミンスキーのメンズです。
カーキのリボンが合わせやすく、ツバ広で顔が隠しやすい(笑)

じつはこちらは一度昨今のゲリラ豪雨にやられ、乾いた時には
ツバがよれよれの不格好な物になりまして・・・。
使うのを諦めていたんです。
ところが一番上のグレーのハットを買う時にその話をおばあちゃんにしたら
持っておいで!治せるかもよ?と。

綺麗に丁寧にプレス&成型されて戻ってきたんです!!
近所にそんなお店があるなんて~!
しかも顔見知り感覚でお代は要らないって言われましたよ(〃艸〃)
帽子のかかりつけ医みたいで嬉しい限りです♡

以上、まだまだ現役、「私のお気に入り、夏の帽子達」でした。
関連記事
  • 前回も書きましたが、子どもが1歳を過ぎてから外遊びが急激に増えたので、例年よりも気をひきしめて紫外線対策をしています。男の子のママなのに年中透き通るような白肌をキープしているヘアメイクさんがいらっしゃるので、どうやって日焼けを食い止めているのか聞き込みすると、自転車に乗るときは必ず顔面がスッポリ隠れるタイプのサンバイザーをかぶっているとのこと。彼女の話しを聞き終わる前に、アマゾンでワンクリック注文しましたよね。 顔面サンバイザー、確かに優秀です。日焼けしないし、視界はちゃんと確保されるし、空中に群がる小さな虫たちに顔面から突っ込んでも平気。あらゆる外敵から肌が守られてる気がします。ただ問題は、自転車に乗るとき以外でかぶる勇気がないこと。だって子どもと公園で遊ぶ母親の顔が鉄仮面みたいって、なかなかシュールでしょう? とはいえ日傘をさしていたら咄嗟の行動に対応できず危険。そうなると消去法で、外遊びのときはツバの広い帽子という選択肢に絞られます。 ここでもうひとつ問題なのが、ツバ広ハットはエレガントに転びがちということ。私なんかはエレガントの「エ」の字もない人間なので、ずっと苦手意識を持ち続けてきました。この手の帽子はニュアンスボブとフレアスカートがよく似合う大人の女性のためのものだと。しかし今年は焼かないと誓った以上、避けては通れません。人生35年目にして、ついに女優帽に向き合わないといけない時がきてしまった。 お気に入りのECショップでハットのカテゴリを眺めてみる午前0時。いくらスクロールしても心に響くものは見つからず。諦めて寝ようと思ったとき、ふとグッチのコレクションが頭をよぎりました。そういえばここ数シーズンのランウェイ、ツバ広ハットのかわいいルックがいくつも登場していたような。 グッチ公式サイトで確認すると、一瞬で眠気が吹き飛ぶくらい好みドンピシャのハットを見つけてしまいました。首の後ろまでしっかり日差しをガードできるツバ広タイプだけど、女性らしいというよりもユニセックスなムード。ヴィンテージライクな風合いでほっこりに転ばないバランスも絶妙。それにドローストリングつきだから風で飛ばされる心配もなし。それはもう私にとって運命のツバヒロちゃんでした。 すぐにでもポチりたい衝動をぐっとこらえて(値段が値段ですから)、まずは試着して確かめることに。日本では新宿伊勢丹メンズ館に在庫があったので、すわ急げと駆け込み、かぶってみたらまぁかわいい! 試着したらイメージと違うどころかますます欲しくなり、「ください!」と頭よりも先に口が動いていました。だけど店舗にはMサイズしか取り扱いがなく、結局オンラインに戻ってSサイズをポチり。 出合ってから1週間後、ついに手元に届いた私のツバヒロちゃん。顔を近づけると、天然草のほの甘くやさしい香りがします。これで海もフェスも、経堂コルティの屋上庭園も(これに関する話しはコチラ↓を)怖くない。 >>絶対焼きたくない!マイベスト日焼け止め・2019 #深夜のこっそり話 #1121  さぁいよいよ夏本番。こちらの準備は万端です! ここ数シーズンのグッチは、ツバ広ハットのかわいいルックが豊作。2019年クルーズコレクションより。Photos courtesy of Gucci by Dan Lecca2020年クルーズコレクション。Photos courtesy of Gucci by Dan Lecca2020年クルーズコレクション。Photos courtesy of Gucci by Dan Lecca
  • ヨーロッパで買い付けたビンテージを使ったジュエリー、美女組Miwakoちゃんとご一緒に。先月のことになりますが、美女組Miwakoさんにお誘い頂き、ADER.bijouxのHoliday collectionの展示会へお邪魔してきました♪ ADER.bijouxはパリ在住の英里・リストリさんが手がけるジュエリーブランド。 ヨーロッパ各地で買い付けたビンテージやデッドストックのパーツを使って、素敵なジュエリーを作っていらっしゃいます。 会場に入った途端、素敵なジュエリーだらけで大興奮! とてもモダンなのに、ヨーロッパのアンティークならではのクラシックな雰囲気のジュエリーたち。 かなりなツボ!でした。 デザイナーの英里さんもとても素敵な方で、お話させていただきながらドキドキしてしまいました。 散々!悩んで、2つお買い上げ♪届くのが今から楽しみです。 会場のお花もとても素敵でした♪ Miwakoちゃん、連れて行ってくれてありがとう♪ ADER.bijoux はこちらお買い上げしたのはこちら。前と後ろで挟む形になっていて、前と後ろを重ねたりずらしたりすることで形を色々変えられてうれしい♪下でパールがゆらゆら揺れて、こちらもとっても可愛かった!シグネチャーの商品のこちら。パールと星がほんとに可愛かった!のですが、散々悩んだけど今回はお預け。。美女組No.146 rinのブログ
  • Tシャツの人気カラー御三家ともいえる黒、白、ネイビー。定番色だからこそ、更新感のある“なじませ&効かせ”テクをマスターしたい! アラフィー世代のおしゃれさんたちが、クールビューティーな涼しげスタイルをお披露目。“ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に”近藤和子さん(エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド“小物でエッジを効かせる黒×ネイビーのワントーン”福田亜矢子さん(スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ“流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識”松本千登世さん(ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー”ロゴTが主役の大人ワントーンでシックに”豊田真由美さん(エクラ 華組) いくつになってもTシャツとデニムが似合う女性が理想という豊田さん。「子供が小さいころからときどきのぞくようになったザラ キッズで見つけたロゴT。夏はデニムをリネンに替えてワントーンでまとめました」。Tシャツをインして、大好きだというジャケットを肩かけにした着こなしが170㎝の長身にお似合い。 Tシャツ/ザラ キッズ ジャケット/ザラ パンツ・ベルト/エンポリオ アルマーニ バッグ/エルメス >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子(福田さん、松本さん、豊田さん) 大瀬智和(近藤さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • 夏のワードローブ計画の仕上げに、小物でアクセントを。気づけば毎日手にとってしまう、そんなキャッチーで使い勝手のいい3種をピックアップ。   ■■gren(グリン)■■ ファッションジュエリーは「高級感」が大事。由緒正しい海外メゾンのデッドストックパーツなどを使い、日本の熟練の職人技を駆使してつくるコレクションは、素材こそ真鍮(しんちゅう)やガラスであっても、見たとき、手にとったとき、身につけたときに高級感が漂うようデザインしています。本物を知りつくした大人の女性にこそ、この違いをわかっていただけると思います。 ― デザイナー 山田みどりさん カジュアルながら品がいい 職人技が光る夏ジュエリー 繊細な加工のフェザーシリーズには、しずくをイメージしたスワロフスキーがひと粒輝く。イヤリングを片耳にだけつけたり、ゴールド&シルバーのバングルを地金違いで重ねたり、自由な発想でアレンジして。カジュアルなターコイズ風ジュエリーも、あくまで上品な仕上がり。 gren(グリン)/ターコイズ風リング/¥12,000+税 ハンドメイドのガラスカボションは’70年代フランスで製造されたデッドストックパーツ   gren(グリン)/フェザーバングル/¥19,000+税 スワロフスキーをひと粒。日本人女性の腕まわりに合わせたサイズ感で、つけ心地がいい   gren(グリン)/メタルフェザーイヤカフ/¥15,000+税 片方にだけスワロフスキーがひと粒。ピアス穴なしでもOKで、イヤカフとしても使える仕様   ■■manipuri(マニプリ)■■ 手にした姿も涼しげな美しい扇子が大人の必需品 マニプリのスカーフ柄をあしらった扇子は、バンダナ柄と小花柄、人気の2種類が登場。丸みのある骨のフォルムが女性らしく、あおぐ所作までさりげなく洗練された印象に。持ち手についたタッセルも華やかなアクセント。本体と共生地の専用袋から、スマートに取り出したい。 manipuri(マニプリ)/扇子/¥6,800+税     ■■mieu Lindas(ミューリンダス)■■ 軽やかなメッシュバッグで着こなしに抜け感を 夏になると欲しくなるかごバッグ。 今季は、カラフルなプラスチック製の紐を編んでつくられたメキシコ風の「メルカドバッグ」を。マチがしっかりあるので荷物がたくさん入り、軽くて、見た目にも新鮮! 使いやすい色展開で、いつもの着こなしをフレッシュに更新してくれる。   mieu Lindas(ミューリンダス)/メッシュトートバッグ/¥4,800+税 ころんとしたフォルムがかわいいかごバッグ。大きすぎないサイズ感とほどよいハンドルの長さで、持ちやすいのもいい
  • 好感度の高いブルーという色の可能性を、ぐっと広げてくれるコーデをまとめてご紹介。【目次】 1)コバルトブルーコーデ 2)ロイヤルブルーコーデ 3)サックスブルーコーデ 1)コバルトブルーコーデ【コバルトブルー】 リゾートに訪れた島の、遠浅の海の色。心が浮き立つような明るく鮮やかな青を、そのアクティブな魅力はそのままに、着こなしで女らしくアレンジ。夏に映えるヘルシーな女っぷりが手に入る!■きれい色で着映えするリラックスコーデ涼しげなシャリ感ときれいな発色のブルーのワイドパンツに、キャメルベージュのリネンニットを合わせれば、優しくリラックス感のある大人のパンツコーデが完成。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(キャッツィ) バッグ¥30,000/TOMORROWLAND(アーロン) 靴¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マウロ デ バリ)▶きれい色で着映えするリラックスコーデ 詳細はこちら■ビッグTシャツ×黒パンツの定番コーデには鮮やかメガバッグが効く!グレーのビッグTシャツに黒パンツを合わせてシンプルな着こなしに今どき感をプラスするなら迷わず合わせたいのが、きれい色のメガバッグ。夏らしさ満点のブルーは、さし色効果も絶大なので、モノトーンコーデもぐっと華やかに。スニーカーも合うけれど、もっと女っぷりを上げたいならヒール靴はマストで。コバルトブルーと相性のいいシルバー靴を選ぶと全体がうまくまとまってくれる。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ビッグTシャツ×黒パンツの定番コーデには鮮やかメガバッグが効く! 詳細はこちら■フェミニンな小花柄のブルーコーデカジュアルで肩肘張らないリラックスした印象にしたい日は、スポーティなジップブルゾンと小物を黒でまとめて。小花柄のマーメイドフレアスカートはブルー系だからか清涼感が感じられ甘くなりすぎない効果も。スカート¥20,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ブルゾン¥23,000/アルアバイル タンクトップ¥7,900(アンスクリア)・靴¥37,000(ロランス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥43,000/アイヴン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000/TOMORROWLAND(ジェニーバード) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶フェミニンな小花柄のブルーコーデ 詳細はこちら2)ロイヤルブルーコーデ【ロイヤルブルー】 英国王室のオフィシャルカラーとしても有名な、上品さと強さを兼ね備えた濃いブルー。だからこそ、きれいにまとめすぎず、大胆なプリントやトレンドアイテムで着くずしてみて。ノーブルさに若々しいフレッシュさを加えてこの絶妙なバランスが、今どきアラフォー流!■全身ブルーコーデ少々難易度の高い"全身きれい色"も、ネイビーの姉妹色であるロイヤルブルーなら、意外と抵抗なく着こなせてしまう。大きめ&シンプルな柄やリブ編みなど、メリハリを生むディテールを選んでワントーンの完成度を上げて。ニット¥13,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) スカート¥16,000(ユナイテッドアローズ)・バングル¥20,000(ソコ)/ユナイテッドアローズ 原宿本店 サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥2,500/ロペ エターナル(バガテル フランス) 靴¥18,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶全身ブルーコーデ 詳細はこちら■濃いブルーのシャカシャカブルゾンコーデ今季ブレイクしたスポーティブルゾン。ありそうでない濃いブルーの一枚は、ナイロン×コットン混紡で光沢が強すぎず、よりきれいめな仕上がり。インナーからタイトスカート、サンダルまでクリーンな白でまとめれば、デートにもいける女っぷりコーデに。ブルゾン¥25,000・Tシャツ¥9,000(ピーエスシー)/アルアバイル スカート¥17,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥13,000/DKSHジャパン(TIMEX) バッグ¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/バッグスインプログレス) 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶濃いブルーのシャカシャカブルゾンコーデ 詳細はこちら■ロイヤルブルーの上品ワンピースたとえるならキャサリン妃のように、品よくコンサバにも着られるタイトなニットワンピースを、レギンスやハット、フリンジバッグでカジュアル&モードにアレンジ。足もとはぺたんこで抜け感を。ベルトつきワンピース¥19,000(アッシュ・スタンダード)・帽子¥16,000(ID HATS)/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 レギンス¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) バングル¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥23,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チャーチ)▶ロイヤルブルーの上品ワンピース 詳細はこちら■大人キュートなロイヤルブルーのパンツスタイル隣がキャサリン妃の"やんちゃバージョン"なら、こちらはさしずめブリジット・バルドー。脚をすっきり見せるセンタープレス入りシガレットパンツは、さらりとしたコットンリネンの素材感と、さわやかなギンガムチェック柄が夏にぴったり。パンツ¥46,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ニット¥14,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) メガネ¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥17,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥45,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(カパフ) 靴¥31,000/F.E.N(. プリティ・バレリーナ)▶大人キュートなロイヤルブルーのパンツスタイル 詳細はこちら3)サックスブルーコーデ【サックスブルー】 淡いサックス色は、ブルーの中では最も甘さのある色。その優しいニュアンスを生かすべく、ハリのあるシャツやジャケットなど、あえて辛口トラッドなアイテムで取り入れて。色の甘さとシルエットのシャープさのミックス感が、大人の余裕たっぷりのきれいめスタイルに導いてくれる。 ■サックスブルーのジャケパンスタイル見るからに涼しげな色みに加え、薄手のシャンブレー素材だから真夏のはおりとしても活躍。彼から借りたようなビッグ&ロングなシルエットは、スカートやワンピースにはもちろん、こんなジレ×タックパンツのハンサムな着こなしにもそこはかとない女らしさを添えてくれる。ジャケット¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) ジレ¥35,000・パンツ¥34,000(ともにバレナ)・中に着たタンクトップ¥14,000・靴¥38,000(ともにウィム ガゼット)・バッグ¥156,000(ザンケッティ)/ウィム ガゼット青山店 サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) ピアス¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アプレスキー) 時計¥16,000/DKSHジャパン(TIMEX)▶サックスブルーのジャケパンスタイル 詳細はこちら■サックスブルーのシャツコーデ“サックスとオレンジがかったベージュ、このあいまいな色合わせがなんとも粋。配色の妙を楽しみたいから、着こなしはあくまでもシンプルに。トランク型のハンドバッグやレースアップシューズなど小物もトラッドテイストでまとめて一体感を。シャツ¥39,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/マルティニーク ル コント ルミネ新宿店(マルティニーク) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥35,000/DKSHジャパン(LIP) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)▶サックスブルーのシャツコーデ 詳細はこちら■サックスブルーの極細プリーツスカートコーデネイビー×ブルー、ツインニット×ロングスカート。配色もアイテムもきれいめな組み合わせだからこそ、ひとさじのモード感がものをいう。甘さはサックスの色みに託し、ギャザーや サーキュラーではなく、光沢のある極細プリーツで辛さを足し算。ブルー系のバイカラーパンプスやバケツバッグもエッジ足しにひと役。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ  マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶サックスブルーの極細プリーツスカートコーデ 詳細はこちら■サックスブルーのタックワイドパンツコーデ主張しすぎない優しい色みだからスタメンパンツとしてデイリーに活躍。定番の白Tとさらりと合わせ、夏のベーシックを更新して。パンツ¥16,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) Tシャツ¥10,000・カーディガン¥29,000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶サックスブルーのタックワイドパンツコーデ 詳細はこちら
  • 甘くなりすぎない絶妙バランスが魅力のマキシワンピース。大人っぽく着るならカーキがベスト!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます普段、会社では忍耐を強いられることが多々あるし、それは仕事だから仕方ないとは思うけれど、休日くらいは自分の思うがままに好きなものを身に着けたいもの。なのでシックな色と洗練のディテールで、甘すぎることのない大人可愛いデザインを日々探し中。そんな雰囲気にぴったりのこのワンピースは高いウエスト位置の切り替えでスタイルアップも期待できる。かごバッグやぺたんこサンダルを合わせてカジュアルに開放的に着こなして。ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・帽子¥28,000(ヘレンカミンスキー)・バッグ【ステアー】¥5,800(レクレーショナル ビークル)・親指ビジューサンダル¥28,000(イル サンダーロ オブ カプリ)/SHOP Marisol撮影/葛川栄蔵 ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 取材/発田美穂 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデの関連記事もチェック
  • リラックスした贅沢な時間を楽しむ リゾート2019 RESORT STYLEリゾートでのネイビーは透け感や落ち感を生かしてシルクタッチのキャミソールとシャリ感のあるコンパクトカーディガンにマキシ丈スカートは、黒以上に雄弁なオールネイビー。「マキシ丈スカートも実は涼しくて、脚さばきを気にしなくていいので旅に便利です」とスタイリスト森さんイチ押し。カーディガン¥23,000・キャミソール¥13,000(ハウント/ハウント代官山)・スカート¥29,000(アッパーハイツ)/ゲストリスト リング¥11,500/シジェーム ギンザ(ソワリー) バッグ¥283,334/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) サンダル¥14,000/スティーブンアラン トーキョー(スティーブン アラン)切り込みを入れたレザーを持ち上げるとショルダーバッグに。エコバッグ感覚で現地での買い物に活躍させて。ストールは肩や背中もカバーするたっぷりサイズで冷房&日焼け対策を。メッシュレザーバッグ¥23,000/サード マガジン(フォルカー ラング) ストール(幅70㎝×長さ180㎝)¥ 20,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ)素材はレザーで平らなまま持ち運べ、手首に巻きつけてとめるだけ。切り込みを入れたバングルと細レザーを幾重にも連ねたブレスレット、どちらも見かけ以上に軽くストレスフリー。ブレスレット(ゴールド)¥4,500・バングル(ブラウン)¥4,500/Pil(i trippen)繊細で細かい編み地のストローハットはハンドメイドで、タイトすぎないのに飛ばされにくい作り。折りたためるのでトランクや手提げに収まり、持ち運びに便利です。天然素材ならではの涼しさ。¥28,000/サード マガジン(ブルックス ボズウェル)2019 RESORT STYLE表裏で4つのポケットがついたポーチは、国別のお金やレシートの整理に便利。ファスナーの色を替えることで、仕分けもスムーズ。サングラスは東京発のポップなデザインを鯖江でハンドメイドする今、話題のブランドのもの。日本人の顔立ちに似合う丸レンズ。ケース¥38,889/スマイソン サングラス¥35,000/Pil(i メガネ アンド ミー)カーキ、ボルドー、チャコールグレーのシックな配色が新鮮なワンピースの水着。外側についた太めのストラップや、直線的な胸元のカッティングが大人のボディを美しく見せてくれます。¥25,000/スティーブン アラン トーキョー(ラウラ ウルビナティ)光沢のある滑らかな生地を使い、袖口をレイヤード風に仕上げることで、1枚でさまになるTシャツが完成。パンツにもマキシ丈スカートにも◎。ビーサンもひと味違うバイカラー使いで差をつけたい。Tシャツ¥18,000/エディット アンド コー(アデル クチュリエ) ビーチサンダル¥4,500/サード マガジン(サード マガジン×ハイアン)手のひらに収まる立方体のボックスは、ジュエリー管理に最適。内側はきめ細かなレザー張りで、見た目より軽量でしっかりした作り。色違いもあるので、複数持ちしても楽しい。¥ 149,075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌、テレビ、CMと幅広く活躍中次回は、観光、買い物を楽しむ「街旅」ファッションをご紹介します。撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 スタイリスト/森 慶子 ヘア&メイク/福沢京子 取材・原文/向井真樹 風景写真/minaバックドロップ・フローリング/スタジオ ルーフ
  • リラックスした贅沢な時間を楽しむ リゾート2019 RESORT STYLEリゾートでのネイビーは透け感や落ち感を生かしてシルクタッチのキャミソールとシャリ感のあるコンパクトカーディガンにマキシ丈スカートは、黒以上に雄弁なオールネイビー。「マキシ丈スカートも実は涼しくて、脚さばきを気にしなくていいので旅に便利です」とスタイリスト森さんイチ押し。カーディガン¥23,000・キャミソール¥13,000(ハウント/ハウント代官山)・スカート¥29,000(アッパーハイツ)/ゲストリスト リング¥11,500/シジェーム ギンザ(ソワリー) バッグ¥283,334/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) サンダル¥14,000/スティーブンアラン トーキョー(スティーブン アラン)切り込みを入れたレザーを持ち上げるとショルダーバッグに。エコバッグ感覚で現地での買い物に活躍させて。ストールは肩や背中もカバーするたっぷりサイズで冷房&日焼け対策を。メッシュレザーバッグ¥23,000/サード マガジン(フォルカー ラング) ストール(幅70㎝×長さ180㎝)¥ 20,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ)素材はレザーで平らなまま持ち運べ、手首に巻きつけてとめるだけ。切り込みを入れたバングルと細レザーを幾重にも連ねたブレスレット、どちらも見かけ以上に軽くストレスフリー。ブレスレット(ゴールド)¥4,500・バングル(ブラウン)¥4,500/Pil(i trippen)繊細で細かい編み地のストローハットはハンドメイドで、タイトすぎないのに飛ばされにくい作り。折りたためるのでトランクや手提げに収まり、持ち運びに便利です。天然素材ならではの涼しさ。¥28,000/サード マガジン(ブルックス ボズウェル)2019 RESORT STYLE表裏で4つのポケットがついたポーチは、国別のお金やレシートの整理に便利。ファスナーの色を替えることで、仕分けもスムーズ。サングラスは東京発のポップなデザインを鯖江でハンドメイドする今、話題のブランドのもの。日本人の顔立ちに似合う丸レンズ。ケース¥38,889/スマイソン サングラス¥35,000/Pil(i メガネ アンド ミー)カーキ、ボルドー、チャコールグレーのシックな配色が新鮮なワンピースの水着。外側についた太めのストラップや、直線的な胸元のカッティングが大人のボディを美しく見せてくれます。¥25,000/スティーブン アラン トーキョー(ラウラ ウルビナティ)光沢のある滑らかな生地を使い、袖口をレイヤード風に仕上げることで、1枚でさまになるTシャツが完成。パンツにもマキシ丈スカートにも◎。ビーサンもひと味違うバイカラー使いで差をつけたい。Tシャツ¥18,000/エディット アンド コー(アデル クチュリエ) ビーチサンダル¥4,500/サード マガジン(サード マガジン×ハイアン)手のひらに収まる立方体のボックスは、ジュエリー管理に最適。内側はきめ細かなレザー張りで、見た目より軽量でしっかりした作り。色違いもあるので、複数持ちしても楽しい。¥ 149,075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌、テレビ、CMと幅広く活躍中次回は、観光、買い物を楽しむ「街旅」ファッションをご紹介します。撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 スタイリスト/森 慶子 ヘア&メイク/福沢京子 取材・原文/向井真樹 風景写真/minaバックドロップ・フローリング/スタジオ ルーフ
関連キーワード

RECOMMEND