40代の大人に似合うワンピース特集 | シャツワンピースやきれい色のワンピースなど

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

1)大人におすすめの女らしいシャツワンピース

■ブルーバード ブルバードのシャツワンピース

気になる二の腕も、そのゆったりとしたエフォートレスシックなシルエットで、さりげなくカモフラージュしてくれるから、ビッグシルエットのシャツワンピースは実はアラフォーにとって頼りになる一枚。首もとのスカーフは視線を上のほうに注目させて全体をもったりさせない効果も。
ワンピース¥39,000/ブルーバード ブルバード 帽子¥37,000/カオス丸の内(クライド) スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店(ナカモル) バッグ¥19,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■ユナイテッドアローズのシャツワンピース

忙しい朝にこそ欠かすことのできないシャツワンピースコーデ。前日もシャツワンピースに肩がけニットで着こなしパターンは似ていても、色みを変えれば印象がまったく違うからマンネリ知らず。しかも今季もトレンドのビッグシルエットのシャツワンピースは、袖をまくったり襟を抜くなどのちょっとしたあしらいで一気にこなれ感がアップする。
ワンピース¥24,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)  肩がけしたニットカーディガン¥24,000/スローン 帽子¥8,300/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥29,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ポルセリ)

■エムセブンデイズのシャツワンピース

シワになりにくく着心地のよい素材で仕上げたシャツワンピースは今シーズンもマストハブ。気になる二の腕をさりげなくカバーするフレンチスリーブや、ベルトなしでもサマになるウエストゴムで、働くアラフォー女性への思いやりを感じる仕様に。きちんと感とトレンドが両立した、少しスモーキーなブルーの他に真面目なネイビーの2色展開なので、もちろんイロチ買いを(色違いのものも一緒に買っておく)。オフィス内での体温調整のためにカーディガンも忘れずに。
シャツワンピース¥22,000(エムセブンデイズ)・メタリックマクラメトートS¥14,000(ヌキテパ)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物

■ティッカのビッグシルエットシャツワンピース

髪も無造作に高い位置でアップにして、足もともフラットサンダルで抜け感を。レギンスを重ねたボトムレイヤードで、カジュアルさのなかに洗練された空気をまとって。
ワンピース¥27,000/ティッカ レギンス¥9,000/オーラリー ピアス¥30,000/バーニーズ ニューヨーク(ELLEN CONDE) バッグ¥46,000/フラッパーズ(ウェルデン) 靴¥44,000/ドレステリア 銀座店(ネブローニ)

■ELINの白シャツワンピース

清潔感があってクリーンな印象の白シャツワンピース。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。
ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

2)40代の大人が華やぐ黒のワンピース

■ヴェルメイユ パー イエナの黒ワンピース

シンプルなワンピースは好きだけれど、アラフォーともなるとのっぺりしたワンピースでは地味になる危険性も。なので確実にスタイルアップして見えるデザイン性のあるものをチョイスして。パフスリーブで少しモード感のあるフォルムが魅力。
ワンピース¥24,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ストール¥27,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥35,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) サンダル¥98,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ロシャス)

■FOXEY NEW YORK COLLECTIONの黒ワンピース

コンサバティブになりすぎないようにトレンドの袖コンシャスなデザインで黒ワンピースをぐぐっとチャーミングに仕上げて。
ワンピース¥60,000/FOXEY 銀座本店(FOXEY NEW YORK COLLECTION) 
サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) 帽子¥36,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ブレスレット¥13,500/アルアバイル(フィリップ オーディベール) バッグ¥29,000/オルサ(オルセット) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

3)ベージュ・ブラウンの大人ワンピース

■ノーク バイ ザ ラインのブラウン色ワンピース

実は背中がVあきになっていてヘルシーな肌見せがかなうからデートにもってこいのワンピース。両親の前では白デニムジャケットを羽織って露出はおさえつつ、さりげなく覗かせるふんわり袖で、可愛らしくて知的なアラフォーを意識して。
ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)

■ebureのベージュ色ワンピース

トレンドのレギンスを重ねるテクニックはカジュアル度が増すのでオフィスコーデにとりいれるのは難易度高めと思いがちだけれど、合わせるワンピースがしなやかでほんのり光沢のある大人なムードの一着であれば、エレガントに着こなせる。さらにサイドスリット入りなら、下半身が重く見えないのでおすすめ。
ワンピース¥39,000/ebure レギンス¥16,000/エイトン青山(エイトン) バングル¥19,000(キャッツ)・ストール¥27,500(アソース メレ)/カオス丸の内 バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ebureのライトベージュ色ワンピース

素足を出すのに抵抗があるときもデニムを重ねれば、レイヤードコーデでワンピースもすんなり着こなせる。大人の余裕を感じさせる休日カジュアルスタイルにしたいのなら、色は多用せずに、ライトベージュとデニムのブルーの二色に絞り込んで。パンツとサンダルを同系色のものにすれば脚長効果も期待できる。
ワンピース¥39,000/ebure デニムパンツ¥28,800/ショールーム セッション(サージ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥190,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥32,000/シジェーム ギンザ(ALIENINA) 靴¥103,000/ドゥロワー 青山店(マノロ ブラニク)

■アイロンのベージュ色ワンピース

パソコン作業に集中し過ぎると顔の表情が自然とけわしくなりがち。せめてワンピースだけでもふんわりとしたボリューム感のある袖やウエストのリボン、スカート部分のたっぷりとしたギャザーなどキュートなディテールのものを選んで、自分のなかの女性らしさを思い出して。ベージュでもキャメルカラー寄りの色味だから甘くなりすぎず、オフィスにもぴったり。内勤の日はかごバッグで遊び心を、外勤の日なら黒小物でシックに、と合わせる小物次第で雰囲気をがらりと変えられるのも楽しい。
ワンピース¥39,000(アイロン)・かごバッグ¥19,000(エムセブンデイズ)・サンダル¥52,000(ペリーコ)/SHOP Marisol
関連記事
  • "フューチャーロマンティック"を体現! ロサンゼルスを拠点に制作している雑誌『Flaunt Magazine』は創刊20年以上の歴史をもつ人気メディアのひとつ。そこでファッションディレクターを務めるムイハイはミラクルマイルと呼ばれるロサンゼルスの中心地でパートナーと暮らす。小柄な彼女の着こなしはトレンドアイテムに独自の遊び心をプラスし、コンプレックスをうまくカバー。ワードローブはジャックムスやマルニ、メゾン マルジェラから気鋭のブランドまでヨーロッパブランドが中心だ。「バイクショーツは仕立てのいいミュグレーのものが気に入っているわ。あと、夏の重ね着に使える薄手の長袖は今の気分"フューチャーロマンティック"スタイルに欠かせないアイテムね」。素材や着心地にこだわりつつ、「おしゃれを楽しんでいる人を見てワクワクするのが大好き」と言うだけあり、彼女のスタイルも見る人を楽しませる技が光る。 (右) ブラックのコーディネートは柄もので旬なムードをプラスミュグレーのバイクショーツにセシリー バンセンのボリュームトップスを合わせたお出かけスタイル。ASAIの柄トップスとメゾン マルジェラのバッグで上級テクを披露(中) 人気のシャツドレスもユーモラスに着こなすマルニの新作ワンピースを主役にしたリゾートスタイルはジャックムスのドラマティックなストローハットがポイント。白いワイドパンツとエアマックス 95で足もとにボリュームを(左) 同系色でミニマムコーディネートマリーン セルのムーン柄トップスにYプロジェクトのTシャツを重ね、ヴィンテージのパンツでシックに。セリーヌの白ブーツで色合いを統一 ヨーロッパ発の旬ブランドを中心にした、トレンド感あふれる夏小物(右)ジャックムスの定番ともいえるストローハットは夏のマストアイテム(右中)上はトーガ プルラ、下はファブリツィオ ヴィティ(左中)ロンドン発のダンスレンテのミニサイズバッグ(左)ハマっているというスポーツ用サングラスはオークリーやイレステーバのもの Q. "Crazy Fashionable"だと思う人は?A. アイリス・アプフェル Q. 今、情熱を注いでいることは?A. ダンスと水泳 Q. 好きなインスタアカウントは?A. @sealegacy PROFILEネバダ州出身の中国系アメリカ人。2009年よりアメリカのファッション&カルチャー誌『Flaunt Magazine』のファッションディレクターを務める。毎シーズン訪れるロンドンとミラノコレクションで、独自の着こなしがおしゃれと話題に。 >>Ye Young Kim【イエ・ヨン・キム】/ヴィジュアルディレクター&ファッションスタイリスト  
  • ハイ&ローを自在にミックス 「ファッションアイコンはヒョゴ。彼らと出会って、私のスタイルは一変したと思う」と話すのは、ニューヨークを拠点に活躍するスタイリストのイエ。世界中から今、熱い注目を浴びている韓国のインディーロックバンド、ヒョゴのスタイリングを手がけている。「ラグジュアリーブランドが中心だったけれど、彼ら、特にリーダーのオ・ヒョクの影響もあって、ストリートの要素を織り交ぜるようになった」。言葉通り、撮影日は得意のミックススタイルで実用的かつクールに。一方、オフの日は、淡い色みの儚げなガーリールックがこの夏の気分。ミラノ、ロンドン、ニューヨークと拠点を移してきた彼女は「常にユニークな着こなしがしたい」と言う。その街の雰囲気を体現しながら、そこにただなじむのではなく自分らしく。飄々とイメージを変え、涼しげにサマースタイルを満喫するのがイエ流だ。 (右) プラクティカルモードの撮影日ルックジル サンダーの白シャツとルメールのパンツには、ファニーパックを赤帯風に! パタゴニアのバッグと、サロモンの一足で颯爽と現場へ(中) サマーバカンスは「今夏注目のパステルミックス」ピーチピンクのヴィンテージガウンに、マリアム・ナッシアー・ザデーのライムグリーンサンダルでジューシーな色遊び。アーティスト、フミコ・イマノの巨大バッグは旅先でも大活躍(左) 休日は可憐なヴィンテージルックでリラックス「この夏に向けて購入したばかり」というコットンレースドレスを主役に、ヘアカーフのブーツを合わせノスタルジックなガーリールックに。潔くノーアクセの抜け感が新鮮 キーワードは透明感と実用性! 世界を飛び回るイエの必須夏アクセサリー(右)ベルトにも使えるマーティン・ローズのファニーパックを2色買い!(右中)「腕時計はメンズ派!」。ヴィンテージのオーデマ ピゲ ロイヤル オーク(左中)(左)ともにマリアム・ナッシアー・ザデー。PVCと独特の色みに惹かれた3足。ピアスは貝殻モチーフを収集中 Q. ファッションの目覚めはいつ?A. 高校を卒業し、初めてミュウミュウのコートを買った頃 Q. 今、注目しているものは?A. デイヴィッド・ホックニーのアート作品 PROFILE韓国出身。ミラノのマランゴーニ学院でファッションを学び、伊版『VOGUE ACCESSORY』、UK版『ELLE』などを経て独立。現在はNYを拠点に、カルチャー誌『DAZED&CONFUSED KOREA』や韓国のバンド、ヒョゴのスタイリングを手がける。 >>Tracey Cheng【トレイシー・チェン】/I.Tグループ ウィメンズウェア部門 バイスプレジデント  
  • 今アジアで最もモード魂がさく裂中とウワサの上海へ。そこはモードからリアルな制服まで、個性豊かな着こなしの宝庫だった!Lynn【リン】中国のファストファッションブランドURBAN REVIVOの別珍シャツに、ヴィンテージの羽織をミックス。オリエンタルなムードをドクターマーチンでストリートに転化。Lu【ルー】スタイリストのルーは、MissguidedのトップスにZARAのドレスとバッグというチープ&ガーリールックを、ヴィンテージの帽子でファンタジックにアレンジ。Sky【スカイ】fleamadonnaのパッチワークドレスを主役に据えた、スタイリストのスカイ。薄手のリブニットとロンシャンのバッグをオレンジで統一し、夏の日差しに映えるスタイルに。Shawn【ショーン】モデルのショーンはポロシャツにKADOLIのパイソンプリントシャツをレイヤード。ボーイッシュなデニムにレースアップブーツを合わせ、ジェンダーレスな雰囲気にまとめた。Carol【キャロル】PORTS 1961のドレスをネクタイでアレンジしたファッションエディターのキャロル。中国の若手デザイナーの筆頭、エンジェル チェンのブーツがエッジィさを際立たせている。Luu【リュウ】スタイリングアドバイザーのリュウ。ソウル発のLOW CLASSICのジャケットに上海発のLUCENCYのシャツを合わせた。足もとはNIKEとA-COLD-WALLのコラボスニーカー。Amanda【アマンダ】大学生のアマンダは、SELF MADEのシースルードレスからMONKIの水着を透けさせるテクニックを披露。クリアなブーティの特性を生かし、ソックスでも遊び心をプラスして。Army【アーミー】フェンディのコンバットブーツに合わせたのは、なんと警察官の兄に借りたというポリスジャケット! モデルのアーミーがまとえば、即座にモードなアウターに変身。Rox【ロックス】ファセッタズムの白シャツをバイクショーツとスニーカーでスポーティに着こなしたのは、広告ディレクターのロックス。ジル サンダーのバッグがモダンなムードを後押しする。 >>「モード愛はアジアが熱い! クレイジー・ファッショナブル・アジアンズ」TOPへ  
  • ハチ上の部分にたっぷりとレイヤーを入れたパーマスタイル【FRONT】【SIDE】 【BACK】レイヤーを施すことで、トップがつぶれやすいロングでも頭の形を丸くきれいに見せたり、ふんわりボリュームを出しやすかったりとメリットは無数に。このレイヤーを生かすために、全体に2回転のパーマをプラス。強くかけなくても、Sカールの毛束がずれて重なることでふんわりとしたフォルムが生まれ、華やかさもサポート。流し前髪を合わせれば、小顔効果も期待できる。DATA量・少太さ・細硬さ・普クセ・無担当サロン「Cocoon」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶☆マリソル 美女組さんも続々ヘアチェンジ!
  • すっきりと縦ラインをアピールする、ロングボトムにワンピやガウンを重ねる着こなしがブーム。ウエストを締めるのが細見えの秘訣。 優子テクなしで印象が締まる黒ワンピには涼感カラー投入 爽やかな水色をちら見せすることで、清涼感まで加わる仕組み。キャップとスニーカーでカジュアルに転ばせたら、サークルバッグで個性もプラス。 ワンピース¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 プリーツスカート¥5000/アダストリア(ローリーズファーム) ベルト¥790/GU キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター ふみかスカートと小物の色統一で着こなしにリズムを注入♡ プリーツスカートとガチャベルトがセットになっているから、これだけで今っぽさもスタイルUPも簡単。小物は白とベージュでまとめて大人っぽく。 ベルトつきニットワンピース&プリーツスカート¥9500/MERCURYDUO イヤリング¥2130/CHIPPI&CUU バッグ¥5400/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■太めベルトを締めれば 膨張する危険を防止♡ 広がって見えやすい白もベルトの威力で着ぶくれとは無縁。小物の色を合わせることで、おしゃれ感も倍増。 カーディガン¥15000/Noela ワンピース¥8900/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ベルト¥1900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 バッグ¥12000/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/RANDA ■リブパンツのIラインが 脚の長さをプラス補正 +リブパンツでシンプルなカットソーワンピも途端に今っぽく。 ワンピース¥2490/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 リブフレアパンツ¥5900/SPIRALGIRL ベルト¥990/GU イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/UNRELISH サンダル¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■腰位置高めですらっと。 +切りっぱデニムで旬顔に 華やぎワンピはデニムでカジュアルに転換。ワンピはバックレースアップでウエストの締め具合が調整可能。 ワンピース¥8900/SPIRALGIRL デニムパンツ¥11000/ココ ディール イヤリング¥2900/ヒロタ(31 Sons de mode) バッグ¥9990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) モデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • あのブランドにも、このブランドにも! 探せば意外と見つかる、アフォーダブルで魅力的なアイテム。自慢の逸品を一挙紹介。LEMAIRE ¥45,000スカート¥45,000/ニード サプライ(ルメール)ウエスト部分で余った布が落ち、ユニークなラインを描くスカート。計算されたパターンと上質なコットンによって、モダンかつ上品に。KIMHĒKIM ¥45,000シャツ¥45,000/VISITFOR(キムへキム)大きなパールモチーフをボタンにすることでシルエットにゆがみとドレープを演出。ベーシックな白いシャツが主役になるひねりのきいた一枚。CK CALVIN KLEIN ¥32,000ワンピース¥32,000/オンワード樫山 お客様相談室(CK カルバン・クライン)ピッチの太いボーダーがスポーティ。ヘムの切り替えで生じたドレープが女性らしさを添える。ANYA HINDMARCH ¥38,000携帯ケース〈H18×W9.5×D1〉¥38,000/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ)フロントにはスマートフォンポケット、背面には4枚分のカードスロットを備える。AALTO ¥42,000ブラウス¥42,000/オープニングセレモニー(アールト)テンションの違うチェックの組み合わせが印象的。非対称なシルエットと、少し肌がのぞくパターンにデザインの妙がにじむ。MSGM ¥38,000トップス¥38,000/アオイ(MSGM)スペイシーなネコのプリントが視線を集めるノースリーブのスウェット。あえて派手なボトムスと合わせ、キッチュな着こなしを楽しみたい。FACETASM ¥48,000ハイウエストパンツ¥48,000/FACETASM omotesando(FACETASM)目の覚めるような鮮やかなピンクが装いのアクセントに。ハイウエストとストレートのシルエットからどこかレトロなムードが漂う。VEJA ¥16,000スニーカー¥16,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)フェアトレードによるオーガニックコットンやナチュラルラバーなどを使用。サステイナブルなローテクデザインが今季らしい。ISABEL MARANT ÉTOILE ¥39,000ブラウス¥39,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)羽根のように軽いマテリアルと細かいギャザーがフェミニニティをにじませて。スタイリングをグッとロマンティックに。SEE BY CHLOÉ ¥41,000パンツ¥41,000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)美しいシルエットのセンタープレスパンツ。フォーマルはもちろん、スニーカーなどでカジュアルダウンさせても。Y'S ¥44,000ブラウス¥44,000/ワイズ プレスルーム(ワイズ)緻密なギャザーやカッティングで、奥行きのあるシルエットに。ギンガムチェックのキュートな要素が加わり、絶妙なバランスが完成。EICA YOSHINARI ¥36,000ブラウス¥36,000/4K(エイカヨシナリ)ブラックのレースに黄色のドットが刺しゅうされ、ミモザを散らしたような華やかさ。繊細な生地も手伝い、着る人をピュアな佇まいへと導く。ACNE STUDIOS ¥43,000ブラウス¥43,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios)ピッチの細いストライプが爽やか。バンドカラーなどのディテールからメンズウェアの雰囲気が漂う。3.1 PHILLIP LIM ¥39,000トップス¥39,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)ワードローブにあると便利なネイビーのリブニット。ショルダーのメタルパーツがほどよくツイストを加えている。MARC JACOBS ¥47,000靴¥47,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)新ライン「THE MARC JACOBS」より。ワークテイストのソールに、女性らしいポインテッドトゥを合わせて。MISTER IT.  ¥42,000スカート¥42,000/ミスターイットチュールのラップスカートは、ボトムスのレイヤードアイテムとして。鮮やかなカラーとリボンで、手持ちの服をアップデートできる。UNDERCOVER ¥22,000フードパーツ¥22,000/アンダーカバー手持ちのトップスにプラスするだけで、イメージをガラリと変えられる。顔まわりにドローストリングが仕込まれており、フォルムを調整できる。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>03|ユーティリティブランドも見逃せない
  • レイングッズからアウトドアベストまで。タウンでもレジャーでも活躍する、機能性とデザイン性を兼ね備えるアイテムの宝庫!RAINS ¥14,000バックパック〈H50×W30×D10〉¥14,000/ルック専門店事業部(レインズ)防水のバックパック。表面はマット仕上げでモダンに。LACOSTE L!VE ¥18,000ワンピース¥18,000/ラコステお客様センター(ラコステライブ)爽やかなブルーとイエローのボーダーが夏にぴったり。HUNTER ¥25,000ポンチョ¥25,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)鮮やかなイエローのビニールポンチョがあれば雨の日もおしゃれ。ELLESSE ¥13,000トップス¥13,000/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(エレッセ)ロゴパーカも、プレーンな質感でクリーンな印象に。ADMIRAL ¥8,500レインブーツ¥8,500/東急ハンズ渋谷店(アドミラル)100年以上の歴史を誇る、イギリス海軍の制服ブランドのレインシューズ。高いクォリティと、日常で履けるデザイン性が魅力。MXP ¥8,300/COMFY OUTDOOR GARMENT ¥19,000Tシャツ¥8,300/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(MXP) Tシャツの上に着たベスト¥19,000/BEAVER渋谷店(COMFY OUTDOOR GARMENT×BEAVER)最新消臭テクノロジーをマテリアルに取り入れたTシャツに、トラッドなブラックウォッチ柄が目印のベストを合わせて。UNIVERSAL OVERALL×MANASTASH ¥14,500パンツ¥14,500/BEAVER渋谷店(UNIVERSAL OVERALL×MANASTASH×BEAVER)ジップで膝下を取りはずせばショートパンツに、腰のポケットはサコッシュに変化。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>04|ワークウェア専門店でモードなアイテムを発掘!
  • トレンドのワークスタイルを取り入れるなら作業服・安全靴専門のコンセプトショップが穴場。今シーズンの気分に合う掘り出し物が驚きの価格で手に入る! WORKMAN ワークマン 全国に約840店舗を構えるワークマン。最近はカジュアルウェアやスポーツウェアも豊富にラインナップしており、デイリーに取り入れたくなるアイテムも多数揃う。 ベルト 各¥258/ワークマン鮮やかな色のベルトは、スタイリングのフックに。財布にやさしい価格なため、カラーバリエーションを揃えて購入するのもおすすめ。ガーデンブーツ¥1,389/ワークマン超軽量がうれしい。ライムグリーンで雨でも楽しい気分に。ベスト¥3,612/ワークマンモードの表舞台に登場したフィッシングベストは、ワンピースなどのフェミニンなウェアとも好相性。多数のポケットは手ぶらでの外出を可能に。つなぎ¥5,371/ワークマンブリーチ加工でヴィンテージの風合いをプラスしたデニムのジャンプスーツ。生地はしなやかで、着心地も配慮されている。MANNENYA 萬年屋 イエローの外観が西新宿でひときわ異彩を放っている萬年屋。動きやすくデザイン性も高い作業用の商品の数々が、今ファッション界から熱視線を浴びている。 つなぎ¥2,898/萬年屋モード界を席巻している作業用のジャンプスーツ。フロントはジップ、袖口は面ファスナーと、着脱しやすい。カラーバリエーションも豊富。レインコート¥5,167/萬年屋ニュアンスのあるパープルカラー。ウエストにドローストリングが備わっていたり、フードが取りはずしできたりと機能性も申し分ない。靴下 各¥796/萬年屋ソックス専門店でもなかなか見つけられない、足袋状のソックスがここにはある! 発色もよく多彩な色が揃っているのもうれしい。サロペット¥10,713/萬年屋ストラップのプラスチックバックルがスポーティ。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>05|まだまだある! 萬年屋のアフォーダブルなモードアイテム
関連キーワード

RECOMMEND