季節の変わり目に『プチ湯治』のススメ。

Marisol ONLINE
季節の変わり目だからなのか
日焼け止めが合わなかったのか
5月の紫外線にやられたのか、

その全部が原因なのか
久々に肌が荒れてしまいました。
頰から下がゴワゴワになり絶不調。
背中はブツブツが大量発生。これでは肌見せトップスが着られません(涙)。

こんな時は スパやエステに通ったり
皮膚科に駆け込んだりするところですが…

今回は思い切って『湯治』をしてきました!
  • 『白寿の湯』はよく使う温泉のひとつです。
    『白寿の湯』はよく使う温泉のひとつです。
  • コーヒーをいただきながら本を読んだり仕事をしたり。
    コーヒーをいただきながら本を読んだり仕事をしたり。
  • 巣のような箱を見つけてリラックス中♩
    巣のような箱を見つけてリラックス中♩
通ったのは温泉成分が蓄積して、浴槽や床が千枚田のようになるくらい濃い泉質が人気の湯。
こちらは ナトリウム泉の塩化物強塩温泉なので、殺菌効果が背中のブツブツにも良かったように思います。

湯治とは本来 7日を1クールとし3クール程行うのですが、なかなかそこまでの時間を割くのは難しい場合には、週末や連休を利用したプチ湯治もいいですね。

昔ながらの湯治という方法も、自分に向き合い 時間をかけて丁寧にケアをする手段のひとつとしておすすめです。
ライフスタイルに合わせて探してみると、案外近くに良い湯治場が見つかるかもしれませんよ。
関連記事
  • このピノ・ノワールは見逃せない! オーナーであり醸造家であるニック・ミルズ氏に、そのたぐいまれな魅力についてお聞きしました。「リッポン」のセラードアからは、“世界一美しいブドウ畑”が見渡せる。ワナカ湖は、太陽の光を集める鏡にもなり、日中、やわらかな光をブドウに与えてくれるという。今、ワインシーンにおいて「進化が著しい」と評されるのがニュージーランドのピノ・ノワール。ニュージーランドでは「ピノ・ノワール セレブレーション」といった世界的カンファレンスが行われるなど、大きな盛り上がりを見せている。 なかでも注目を浴びている造り手がセントラル・オタゴの「リッポン」だ。 風光明媚なワナカ湖のほとりで、エレガントなスタイルのワインを生み出している。ソーヴィニヨン・ブランやリースリング、ゲヴュルツトラミネールなどの白品種も人気だが、熱狂的に支持されているのは、やはりピノ・ノワール。実は、「リッポン」のピノ・ノワールは“ニュージーランドのDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)”の異名を持つほど評価が高い。オーナーで醸造家のニック・ミルズ氏。1973年に父が初めてワナカにブドウの苗を植えたという。ニック氏は4代目。もともとはニュージーランドのスキーのナショナルチームの一員だったが、けがでオリンピックを断念。「ショックで、立ち上がれなかったのを救ってくれたのがブドウ畑の美しい風景だった」と、父の跡を継ぐことを決意。親日家で温泉も大好き。これは、当主で醸造家のニック・ミルズ氏がブルゴーニュの「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」で修業したことに由来する。その味わいは果実味豊かで繊細、口当たりもシルキーで「上質のブルゴーニュのよう」と評する人は多い。 ミルズ氏はこう語る。 「なるべく手を加えず、自然な造りをしています。いいワインができるのは、人間にとっても気持ちのよい場所だけ。すべてはテロワールの賜物です」。 とはいえ、テロワールだけで決していいワインは生まれない。ミルズ氏は土地の歴史や畑の向き、光や風の当たり具合などを徹底して調べ上げ、ブドウの木を植え替えていったという。 セントラル・オタゴは16000年前に地殻変動があった場所で、火山性土壌が強い圧力で成形されたシスト土壌(泥や岩が押し固められた変成岩)、ミネラルを豊富に含んでいる。畑はサザンアルプスからの吹きおろしの風にさらされる場所にあるが、湖に浮かぶ小島が風を緩和する役割を果たしてくれるという。 ニック氏は、この恵まれた条件の土地で、なるべくブドウにストレスがかからないよう、ビオディナミで栽培を実践している。 ここは「世界一美しいブドウ畑」としても有名で、セラードアから眺めるワナカ湖とブドウ畑、そして遠くに見るサザンアルプスの風景は、まさに圧巻。「リッポン」の魅力的な味わいのワインには、この美しい風景までもが反映されているのではないかと思えるほど。 「リッポン “リッポン” マチュア ヴァイン ピノ・ノワール」750ml \5,700 ピノ・ノワール100%。「リッポン」のシグネチャーワイン。豊かな果実味とピュアな酸味。1973年に植えられたブドウで造られるワインは、奥行きがあり、エレガント。2010年には『ワインスペクテイター』において「ニュージー・ピノ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。 ニック氏はこう語ってくれた。 「先住民族のマオリの言葉に『TURANGA WAEWAE(トゥーランガ ワエワエ)』という言葉があります。トゥーランガは土地、ワエワエは足の意ですが、これは”足を土地につける”、つまりは土地に根差すということ。 私は、この土地の文化までも感じ取ってもらえるようなワインを造りたいと思っています。ワインは人と人を繋げてくれるもの。皆さんが大切な方々とワインを楽しみながら、土地の空気感を感じていただけたらとても幸せです」。 「リッポン “エマズ ブロック” マチュア ヴァイン ピノ・ノワール」750ml \9,500 ピノ・ノワール100%。単一畑のブドウのみで造られる。チェリーの香りが華やかで、果実味の奥にクールなニュアンスを感じる。タンニンがなめらかで、口当たりもシルキー。余韻も長い。問い合わせ/ラック・コーポレーション☎03・3586・7501取材・文/安齋喜美子
  • GUのロングワンピースで、初夏の江ノ島海岸をお散歩。長梅雨でしたが暑くなってくると、夏の到来を感じますよね❗️ 江ノ島海岸は海の家だらけ✨海水浴が今から待ち遠しい感じです。。。 今回は、黒のBARNEYS NEWYORKのコットンワンピース&レギンスの上に、縦シマのGUロングワンピースで、日焼け対策完全防備です お散歩もそこそこに、海が見えるiL CHIANTI BEACHE へ。 このお店はイタリアンのお店ですが、まだ朝だった事もあり、キャロットジュースを頂きました。人参の自然な甘さが、美味しかったです。一緒にお茶した湘南に住むお友達は、色白美人でシミもなく綺麗✨シミ予防の話になり、こっそり教えてくれたのがdeepaxです。 美容成分が高いスティックチークでありながら、SPF50の日焼け止めらしく、私も付けさせて貰いました。 チークゾーンって、1番シミが出来やすい所で、肝斑も気になるし、乾燥も気になるので良い物を教えて貰いました やっぱり、お友達との情報交換って大丈夫ですね。 思いっきり夏を、楽しみましょうね❗️instaはこちらからどうぞ☆華組 山口りえブログ
  • 【防水&防風&透湿性に優れたレインウェア】 山や海に近ければ近いほど、夏の天候はとっても不安定。晴れていてもいきなりドシャァッと驚くような豪雨が襲ってきたり、逆に一日中しとしとミストのような雨で全身スッカリ湿ってしまうことも。しかもほとんどの夏フェス会場では傘禁止なので、雨ガッパはマスト。カッパといってもコンビニで売っているような透明ビニールガッパではガチで命に関わります。GORE-TEXファブリクスなど、防水耐久性・防風性・透湿性をトリプルで備えたアウトドア用のきちんとしたレインウェアを、肌身離さず携帯してくださいね。 【雨に強いシューズ】 フジロックを代表とするかなり過酷な山フェスに、よくあるキャンバス地のスニーカーやビーチサンダルでいらっしゃる初心者のみなさまーーー!!! 命にかかわりますよ!? 岩や雑草がゴロゴロワッサーしている泥道ですし、雨がちょっとでも降ったらあっという間にぬかるみます。晴れ予報なら防水耐久性&透湿性に優れたトレッキングシューズ(右)、雨予報なら軽い登山もいけるレインブーツ(左)などで、足もとの雨対策をぬかりなく! 【着圧式&厚手のスポーツor登山用ソックス】 夏フェスはほぼ終日オールスタンディングで、しかもステージからステージへの移動も多く、足がめちゃくちゃ疲れます......というわけで靴と同じくらい、ソックス選びが大事! 吸汗&透湿性に優れ、靴と足のわずかな透き間をうまく調整してくれる、クッション性の高い厚手生地の靴下を選んで。ランニング用(左)や登山用(右)がイチ推しです。サマソニなど、サンダルでもギリギリ参加できなくもない都市型フェスも、靴下を履くのと履かないのとでは足の疲れが段違いです! 【汗をニオイにしない高機能スポーツウェア】 晴れれば暑すぎ、雨が降っても蒸れまくり......どんな天候でも、とにかく汗をドッチャリかきやすいのが夏フェスというもの。汗自体は無臭ですが、身につけているものに付着してバクテリアが繁殖することで、イヤ~~~なニオイになるんです。そんな憎っくき雑菌の増殖を抑制する「ポリジン」など、抗菌&防臭テクノロジーに優れた素材を使ったスポーツ系のインナーやウェアがおすすめ。もちろん吸汗&速乾機能も◎。ブラトップ/ゴールドウィン(ダスキン) 【虫よけスプレー&お薬】 都会で生活しているとあまり気になりませんが、山には基本、虫がどっさり。むしろ、虫たちの生活圏に我々人間がちょっとお邪魔して、夏フェスを楽しませていただくのですから、彼らの生活を邪魔せず、ケンカしないでお互いに気持ちよく過ごすためにも、日焼け止めと同じくらい虫よけ対策も万全に。個人的に愛用しているのはタイガーバーム(左、シンガポールで購入)と北見ハッカ油です。万が一刺されたときのために、鎮静効果のあるかゆみ止め(沖島の愛用はムヒ)も携帯。 【いろいろ使えるビニールポーチ】 雨や汗で濡れてしまったものを入れたり、逆に絶対濡らしたくないものを入れたり、何かと使えるビニールポーチ。イチ推しの使い方はスマホ用の雨&汚れよけ。ビニールの上からでも操作可能なので、スマホを中にいれてしっかり閉じれば、雨の中でも操作できるし、砂埃や泥からも守ってくれます。沖島は、柄が可愛いイケア(IKEA)のものを愛用していますが、ファスナーつきのジップロックを使っている人もよく見かけます。 【ウェットティッシュ】 夏フェスのお手洗いは基本、ボックス型の仮設トイレです。手を洗うためのシンクが併設されている場合もありますが、ない場合も多数。ほかにも、ごはんを食べる前や何かをこぼしちゃったとき、汗をかきすぎて肌がベタついたときetc.、サッと手や肌を拭けるウェットティッシュがあると快適さが段違い! 沖島の愛用は香りで癒される「HERBAN ESSENTIALS」。コスメキッチン(cosme kitchen)などで購入できます。 【短め丈のワンピース&ポケットつきショートパンツ】 沖島のフェスウェアは基本、ナイロンやポリエステル素材でさらっと着られる短め丈ワンピース&下にポケットつきショートパンツを重ね着します(そしてポケットにお財布など貴重品を入れます)。ロング丈スカートやパンツだと、雨が降ったら裾から泥んこ&びしょ濡れに。また、よく「おすすめフェスコーデ」として登場するデニムパンツも、汗や雨で一度濡れてしまうと、なかなか乾かずに体を冷やしますし、重たくなって機動力が落ちるので、個人的にはおすすめしません。 【メッセンジャーバッグ】 万全の準備をしようとすると、どうしても大荷物になってしまいます。山フェスでは両手を自由にしておく必要があるので、バックパックやショルダーバッグがおすすめ。25リットルくらいのバックパックもおすすめですが、バックパック自体に防水機能がついたものが実はあまりないので、バッグ専用の雨カバーを別途買うか、雨が染みてもいいように、あらかじめ中身をポリ袋などに入れておく必要があります。これが面倒なズボラ沖島はここ数年、完全防水性のメッセンジャーバッグを愛用しています。写真はモンベルのもの。 【サコッシュ】 メインバッグのほかに、ファッション的なトレンドでもあるサコッシュ(肩から掛けられる小さめポシェット)やウエストバッグがあると、スマホやお財布・ペットボトル・リップなど、ポケットのない服でも貴重品がすぐ出し入れできて超便利です。モッシュエリアなど人混みに紛れるときも、短めにたすき掛けして前に抱えていればコンパクトですし、大事な荷物もほぼ安心。はしゃぎすぎて貴重品をなくさないように注意して楽しんでくださいね。 【タオルマフラー】 タオルを持っていかない人はいないと思いますが、ハンカチタイプよりも、写真のような細長いタイプがイチ推しです。理由はズバリ、紛失のリスクが少ないから! 首に巻いてもいいですし(首からかけておけば、首後ろのうっかり日焼けも防げます)、沖島は肌身離さずクロスボディしているサコッシュのストラップにぎゅっと巻きつけて、汗や汚れをフキフキしています。 【キャップ】 日焼け対策はもちろん、雨よけにもなる帽子。レインウェア同様、GORE-TEX採用などで防水・防風・透湿性に優れた素材のものをかぶりましょう。バケットハットタイプもおすすめですが、個人的なイチ推しはキャップです。晴れているときは今どき感が出せておしゃれですし、雨が降っても、レインウェアのフードを上からかぶりやすいんです。ハットだと後ろがつっかえてかぶりにくい気がします(個人の感想です)。 【45リットル以上の大きなゴミ袋&スーパーのポリ袋】 ゴミ袋として使うのはもちろん、地面に敷いてレジャーシートがわりにもできますし(スーパーのポリ袋はちょうど女子のお尻サイズ)、大きいほうは、アウトドア用の折り畳み椅子の上からスッポリかぶせれば雨よけにもなり、使い終わった後は、落ちているゴミを拾って入れながら帰れます。 【モバイルバッテリー&充電コード】 山でも海でも屋内でも、夏フェス会場ではスマホがライフライン! 基本的に会場内には充電スポットもコンセントも一切ないので、予備バッテリーと充電コードは必携です。2個持ちしていれば、インスタに気兼ねなく写真をアップできますし、同伴者とはぐれても安心して連絡がつきますし、「ケータイの充電がぁぁ」と泣くウッカリ仲間に貸してあげて、自分の株を上げることもできます! 【ポータブルハンディ扇風機】 もはや夏のマストハブグッズとして大人気の、手持ち型ポータブル扇風機。写真のニトリ(NITORI)のもののように、ハンドル部分にリチウム電池を内蔵し、お手持ちのUSBケーブルを使ってスマホの充電ができるタイプがおすすめです。この扇風機とケーブルさえあれば、涼もとれるし、スマホ電池切れの心配もなくなって安心♪ モバイルバッテリー機能つき 充電式3Wayハンディファン(HF314WHIQ)¥1990/ニトリ 取材・文/沖島麻美 ※クレジット掲載のないアイテムはすべて私物です
  • 著名人もこっそり訪れるという割烹旅館 天地閣。いつかこの宿の料理を味わいたいと思っていました。この宿があるのは、福島県いわき市 小名浜漁港を見渡す高台のてっぺん、細くて急な坂道を登りお宿につくと天地閣の名にふさわしい眺望が開けます。すっきりした館内には、温泉ではありませんが男女別のお風呂もあって、旅の疲れを癒してのんびりできます。部屋からは小名浜漁港に行き交う船の様子や、遠くには沿岸の工場風景がひろがり、山並みに沈む夕陽の時間も楽しみです。港にはたくさんの漁船が停まっています。刻々と変わる空の色。山並みに雲海がかかり、工場の煙がたなびいています。港の夕暮れって、こんなにドラマティックなんですね。いよいよ夕食の始まりです。旬のじゅんさいとオクラ、その上にはとろとろのウニ。小さな蛸壺から顔を出した「蛸の柔らか煮」のふっくら美味しいこと!大変珍しい「中部筋子」を初めていただきました。これは小名浜の初夏の珍味、この時期だけの中部流し網という漁法で獲るマスの卵で小粒でプチプチとした食感が美味。「うちの畑で作ったキュウリもおまけだよ。」と、これもまた絶品。ご主人のおめがねにかなった日本各地の魚のお造り。宮城県産の活鮑は横にフレッシュな肝も添えられています、稲取産の金目鯛、静岡産の真鯛、北海道産の真つぶ貝。そして、もうひとつのお造りは鰹二種。実はいわきは鰹の名産地で、かつては小名浜漁港に美味しい鰹が水揚げされていました。今日は、千葉勝浦産の鰹ですが、その食べ方は、まさに鰹の名産地ならでは。フレッシュなお刺身は行者大蒜の醤油漬けをちょこっとのせてぱくり。そして、たたきは絶妙に燻していてその美味しさに悶絶。スモーキーな味わいがふわっと鼻に抜けて鰹の旨味が広がります。どーんとひとり一匹登場した煮魚は、青森県産の「赤次」。いわきでは「赤次」と呼ばれていますが、一般名はキンキ。ふんわり柔らかな身が上品な味付けで炊かれていて、夢中で味わい思わず無口になってほおばります。焼き肴は、銀睦の酒粕焼きと、地元でよく食べられている旬の目光一夜干し。脂がのっていて、頭から丸ごといただけます。これは、お酒があまり強くないわたしでも、日本酒が進みます。栃木五穀牛サーロインのステーキ。五穀が入った自然飼料を中心に大切に育てられたブランド牛は、自家製ガーリックソースとワサビで。脂がさっぱりとしていて、赤身の旨味もしっかり感じられます。もう、無理です。おなかいっぱいです。と、思ったのですが、最後のパスタにびっくり。なんと「ウニパスタ・サルディーニャ風」と書かれています。ウニと塩だけで調理されたパスタは、なんというか、最後にさっぱりとお茶漬けさらさら、みたいな爽やかな逸品。海を味わうお料理の最後を締めくくるのにふさわしい、忘れられないフィナーレでした。天地閣の大平さんご夫妻。女将さんの温かなおもてなしと、ご主人が腕をふるう料理。冬はあんこう料理が名物だそうです。福島県・いわき市小名浜割烹旅館 天地閣http://www.tenchikaku.jp/石井宏子公式Website  http://www.onsenbeauty.comブログ「旅行作家・石井宏子の温泉旅ブログ」 http://ameblo.jp/onsenbeauty/facebook・石井宏子 http://www.facebook.com/onsenbeauty
  • 「MAQUIA」8月号では、2019年上半期のベストコスメに輝いたスキンケア4品の実力を徹底チェック。マキア公式ブロガーが実際に30日間使ってみた感想&肌の変化をレポートします!マキア公式ブロガーがガチで試しました!ちゃんと使えばちゃんと効く受賞スキンケアで30日間チャレンジベストコスメの受賞アイテムって実際のところどうなの?ということで、大型連休のあった2019年春、マキア公式ブロガーがリアルにお試ししてみました! 受賞するには意味がある、その結果をお披露目!お話を伺ったのはまいこホリスティックスキンクリニック山崎まいこ先生皮膚科、美容皮膚科クリニックの院長。肌に関する幅広いニーズに対応し、メディア等に多数出演。マスク部門3位エストザ ローション マスクを使ってみたらシートが肌にぴたりと密着し、しっかりと化粧水を浸透させてくれる。5セット入り ¥6000/花王山崎先生からひと言外的刺激の補修もしてくれる保湿成分のエクトイン、肌荒れを鎮静するヒバマタエキスが配合された、夏にぴったりのマスクです。ごんちゃんさんかゆみも出るほどの乾燥肌なんです「20代の頃から乾燥肌。30代に突入し、かろうじて皮脂が出ていたTゾーンもカサカサに」使用感シートの密着度が高い上下に分かれたシートはのせやすく、すみずみまで保湿できる。朝マスクでツヤベースにメイク前に使うとファンデのノリが全然違う。気分もあがります。「気になるトラブルが軽減!」「思ったより数値に変化はなかったもののBBQをしたり、エアコンの利いた部屋で仕事をしても、乾燥肌であることを忘れるほど。赤みやニキビ跡も薄く」美白部門5位アスタリフト ホワイトエッセンス インフィルトを使ってみたらメラニンが蓄積する「シミの骨」を分解。シミを作らせない土台を形成。[医薬部外品]30ml ¥7000/富士フイルム山崎先生からひと言メラニンを溜めない、溜める場所を作らないという新しい切り口の美白美容液。より根本解決に繋がるはず。Ayakoさんサーフィンするけどシミだけは勘弁「連休中に海外の海でサーフィンをする予定。楽しさと引き換えにシミ......なんて絶対無理!」使用感頼れるぷるぷる質感シミ対策以外に、保湿も期待できそうなトロみのある質感。頬にはツヤも出てきたハンドプレスで仕上げたあとのツヤ感には、かなりの感動が!「焼けるどころかシミが減った」「1週間、平均30°Cもあるインドネシアの海でサーフィンをしたのにシミが減りました。海から上がったあとの肌のつっぱりや痛みもなく罪悪感なし♪」もっと見る >MAQUIA8月号撮影/長谷川 梓(ルポ) 橋口恵佑(物) 取材・文/浦安真利子 企画/萩原有紀(MAQUIA) 計測協力/ドクターシーラボ メディカルリサーチセンター 【MAQUIA8月号☆好評発売中】
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです♫ 今日は、釜山旅行で購入したスキンケアアイテムをご紹介します! AHC Natural Perfection Fresh Sun Stick ナチュラルパーフェクションフレッシュサンスティック おまけでクレンザーがついていました!多分体用かな?韓国で買うと、日本でネットで買うのと違っておまけがついてくるのが嬉しい こちらはスティック状の日焼け止めです。クリームやジェルと違って、カンタンにぬれるので便利です また、日焼け止めを手で塗ると、ベタベタして手を拭かなきゃいけないのが面倒でしたが、その必要がないのがありがたいです!塗りにくい足にも塗りやすいのでオススメです☘ 13.000ウォンくらいでした!ミジャンセン ヘアクリーム、ヘアオイル こちらはオリーブヤングで購入しました プチプラで、日本の高めのヘアオイルと同じくらいサラサラヘアになれるのでオススメです♫韓国に行ったら絶対に購入しています! ヘアオイルの方は、二本とプチサイズが1つで15000ウォンくらいでした。(大体1500円くらい?) ヘアクリームは初めて購入しましたが、オイルより軽いつけ心地なので気に入ってます アクロパスのニキビパッチこちらはニキビができたときにはるニキビパッチです。普通のニキビパッチとちがい、スキンクレンザーがあるので貼る前に患部を拭きます。また、ニキビパッチにマイクロニードルという小さい針がついていて、それでニキビを治します! 関根りささんがYouTubeにあげていたので購入しました! 12セット入りで15,000ウォンくらいでした。残念ながら(?)まだニキビができていないので試せていないのですが、できたら使うのが楽しみです MISSHA リップアンドアイ メークアップリムーバー二層に分かれているのでシェイクしてから使いますこちらはアイメークリムーバーです。4000ウォンなので、かなりリーズナブルですが、洗浄力が強いけれど肌に負担がないのでオススメです! バニラコ Clean It Zero(クリーンイットゼロ)おまけ付き!こちらは韓国で大人気のクレンジングバーム。他のカワイイ選抜の方もブログで紹介されていたので、ずっと気になっていたアイテムです。肌に負担を掛けずにメークを落とせる上に洗顔不要なのでオススメです!また、肌タイプ別に4種類あり、私は普通肌用にしましたが、乾燥しすぎず、でもさっぱりと洗い流せるのでありがたかったです バームは、メイクが落ちにくいイメージがありましたが、その心配は全く不要でした✨いかがでしたか?最後まで読んでいただきありがとうございました╰(*´︶`*)╯ Waka☺︎カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • 毎月、HAPPY PLUS ONE(ハピプラワン)イチオシのアイテムをお届けする【今月のプレゼント】。今回は、アウトドアに最適な虫除けアロマスプレーや、旅行のパッキングに便利なストレージバッグなど、イベントの多い夏に活躍するプレゼントを総計36名様にご用意しました。気になるアイテムを見つけて、ぜひ応募して!1.【ALAVITA】ブースターデュオ(3名様) 昨年10月に誕生したスキンケアブランド「アラヴィータ(ALAVITA)」。クレンジング、洗顔、美容液、化粧水、クリームの全5製品に、肌の角質まで浸透しやすい天然アミノ酸・5-ALAをたっぷりと使用。肌のコンディションを底上げすることで、先回りのエイジングケアができると評判です。 今回は、ウォーター層とオイル層の2層を混ぜて使う美容液を3名様にプレゼント。なめらかなウォーター層には5-ALAを、リッチなオイル層には天然のマカデミアナッツオイルを配合。しっとりとしたテクスチャーが肌になじみ、健康的で柔らかな肌へと導きます。フランキンセンス、ゼラニウム、ユーカリ、マンダリンオレンジなど天然精油を贅沢にブレンドしたリラックスアロマにも癒されるはず。2.【チャントアチャーム】アロマスプレー for アウトドア(3名様)100%自然成分を使用したオーガニックスキンケアブランド「チャントアチャーム」。自社農場で育てたハーブや、ミネラルが豊富な北アルプス温泉水で作るクレンジングとローションは、香りがよく肌にもやさしいのが特徴です。 今回は、今年6月に発売した新商品「アロマスプレー for アウトドア」を3名様にプレゼント。ローズマリーやラベンダーなど虫の嫌がる天然精油をブレンドしたアロマスプレーは、清潔感のあるハーバルウッディの香り。空間や衣服にシュッと吹きかけるだけで虫からガードしてくれるので、キャンプやバーベキューなどアウトドアシーンで活躍します。化学成分はもちろん、殺虫成分も一切不使用なので、小さな子供がいる場所でも安心して使えるのも嬉しいポイント。3.【Dual Face】ディープチャージマスク(5名様)オーガニック保湿成分と天然由来成分を配合したスキンケア「Dual Face(デュアル フェイス)」。肌へのやさしさにこだわりながら機能性も追求したアイテムが女性に人気です。 今回、新しく誕生したマスクを5名様にプレゼント。肌にやさしく密着する国産天然コットン100%のマスクに、ザクロ果実エキスやヒマワリ種子油など11種類の植物由来美容液成分がたっぷり。アルコールや合成香料など不使用で、「メイク疲れした肌を癒したい」「いつものスキンケアが物足りない」という女性の強い味方に。1個4枚入りなので、週に一度のご褒美に使ってみて。他の画像を見る【応募締切】8月22日(木)10:00 *ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。text/NARUMI AKIBA
  • いつもバッグに何が入っていますか?? バッグの中身も軽量化!普段は必要最低限しか持ち歩かない私です。 必ずバックに入れているものは もちろん 携帯電話 お財布 カードケース 日焼け止め ミニタオル ティッシュ そしてこのミニポーチ (手帳) 手帳も使わないなと思ったときは重いので持ち歩きません。 写メで確認し、帰ってから記入。 最近やっとお財布も軽量化! 小さめのセリーヌのお財布に切り替え、別でカードケースをチョイス。 これだけで断然軽くなりました。 お財布を購入した際入っていたセリーヌの布巾着。 これがしっかり裏地もあり立派にポーチになるんです(笑) 最近はこの軽くかわいいポーチを愛用。 バックの中身もマイブームのブラックコーデです(笑) ポーチの中はほんと『今』必要な最低限。 ★ドテラのアロマ頭痛用(アロマで急な片頭痛が和らぐ) この時期、偏頭痛が多い私ですが、薬ほどひどくもないので アロマに頼ります。 いい香りで頭痛も和らぐので一石二鳥。 ★韓国の日焼け止め 韓国のお土産でいただいたロールインタイプに日焼け止めは出先で塗りなおす時に 凄く便利!液だれも服につく心配もなし。 白くならず、香りもユーカリの爽やかな香りです。 ★イソップのハンドジェル とにかく手が気になったときに一滴。2代目突入。 ★ケイトリップ ケイトハイビジョン『BE-2』 マリソルの中でも愛用者たくさんいらっしゃいます! 参考にさせていただいてます♡ 肌馴染みの良いライトベージュカラー。 ★ラシャスリップス 保湿効果抜群の手放せないリップグロス。 ★ジョマローンのミニミニコロン おまけでもらったバジル&ネロリのミニミニコロン。 その時買ったコロンより出番が多い(笑) さわやかな香りがたまらない。 ★エコバッグ×2 エコバッグを入れるアロハポーチ 季節によって中身は変えるのでこれから梅雨明けしたら 日差し対策品が増えそうですね。 みなさんの持ち歩く必需品も気になります★ 美女組No.91麻衣のブログ
関連キーワード

RECOMMEND