流行より「好き」重視で本命買い!エブリデイ最愛ピンク【高見えプチプラファッション #26】

Marisol ONLINE
5月も最後のブログとなりました!今月は長い連休、そして元号も変わり、あっという間の1ヶ月でしたね。
「令和」の時代はどんな服を着ていくのかな~とボンヤリ考えたりもして。これからも変わらないのは、「流行より好きを大事に」したいということ。流行り物は、見るし取り入れたりもするけれど、好きじゃないなら入れない。このスタンスはやはり持っていたいなと思います。

そんなことをマジメに考えていたら、また偶然出会ってしまった!ときめきのかわいいピンクに♡
誰がなんと言おうと、たとえ流行の色じゃなくても、やっぱり「わたしはピンクが好きだ~っ!!」って大きな声で叫びたい(叫ばれても困る)。本当に好きなピンクに出会った時のトキメキ、そしてこの「着たい!!」というワクワク感…。ピンクは改めて「自分は何が好きなのか」を思い出させてくれるのです。って、ひとりで舞い上がって興奮していたら、この気持ちはあの時と同じだと思い出しました。昨年の冬に衝動買いしたピンクのコート↓やっぱりわたしは、この色に出会うとどうしても反応するらしい。
素敵なピンクはこれまでも色々見つけてご紹介して参りましたが、「ホットピンク」は特別惹かれるものがあります。似合うとか似合わないとか、着回せる着回せないとか、歳がどうとか、もうそんなことはどうでもいいんです。ただひたすたかわいいから欲しいだけ!

今回はどこでめぐり会ったかというと「スピック&スパン」にて。なんとなく入ったら目に飛び込んできました。このキュートなピンクが!
夏のピンクは少し派手めくらいがちょうどいいです。無難に着られるピンクも使えますが、夏の太陽には派手なピンクがよく似合う。それに、肩から掛けて「羽織り」にすることも多いので、これくらいなら気負わないで着られますし、きれいな挿し色になります↓顔色も映えて血色がよく見えるんですよ!
見ためは普通のカーディガンですが、触って驚いたのはその素材。「リネン100%」なんです。カーディガンにリネンはあまり見かけたことがなかったので、あの独特のシャラシャラした手触りは新鮮。透けるリネンの涼しさにホットピンクの組み合わせが夏らしく、ただひたすら素敵。しかもお値段もカワイイ。
「でも実際何に合わせるの?」と思うかもしれません。意外にも手持ちの服に合わせやすいんですよ!
わたしの好みは「ダークブラウン」などの茶系との組み合わせです。落ち着いたブラウンならピンクが幼くなりすぎずに大人っぽく着られます。
逆に合わせなくなったのは、「白」ですかね。コントラストが強すぎてピンクが目立ちすぎ、ちょっと気恥ずかしくなってしまいました。白系で合わせるならナチュラルカラーやベージュのほうがしっくりくるかもしれません。
ホットピンクが1点入るだけでも華やかなコーデに変身。風通しのよいリネンなので、夏の長袖でもとても涼しく着られます。

【土曜日】ブラウンにピンクを効かせた華やかコーデ

↑ブラウンのリブニットとレギンスの大人っぽいコーデの挿し色に、1点ピンクを入れてフェミニンをプラス。濃いめのブラウンなら、可愛さもほどほどです。ハットとシューズもダークブラウンで合わせました。

【日曜日】ピンクのパンツを合わせた上下リネンコーデ

↑トーン違いのピンクを合わせたパンツコーデ。パンツの素材を同じリネンで合わせれば、ピンクでも「くどい」印象にならずさわやかに。Tシャツは、ピンクがはっきりと映える白よりも「薄グレー」に落として落ち着きを。

やっぱりピンク大好き!でも、たまにしか着ないからずっと好きでいられるんですよね。
流行は「義務」じゃないから、好きなものだけを楽しんで「いいとこ取り」。「自分らしい」が一番ハッピーです!これからも「好き」に忠実に、令和の時代をまっしぐらに駆け巡りたいと思ってます♪

今月も読んで下さりありがとうございました。素敵な6月をお迎えください★
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.26★
「TORAYA(虎屋)ミニトート&羊羹セット(2,700円)」

洋菓子より和菓子が大好きなわたし。東京駅から新幹線に乗る時には、自分用のお茶菓子に虎屋の羊羹と緑茶を買うことが多いです(渋っ)。

しかも東京駅構内の虎屋では、ここだけでしか買えない限定のミニトートバッグが羊羹とセットで買えるので、これをお土産にするとけっこう好評なんです。渋(しぶ)カワイイから自分でも使っています。
ちなみに、セットの羊羹も東京駅限定のハイカラで素敵なデザインの箱に、羊羹がショコラのタブレットのごとく美しく並んでいます。たしか、同サイズの羊羹5本でも1400円くらいするので、2,700円で限定バッグがついてくるとかなりお得感。
世間では海外のお店のロゴバッグも多いですが、日本の伝統って逆に今ちょっと素敵だなと思い、見つめなおしています。エンジの色が渋めですが、それがまた日本ぽくていい。この季節はカーキやブラウンなどを良く着るので、合わせるとなかなか素敵になじんでくれます。着物にも合いそうですね!
…で、わたしは何を入れているのかといいますと(笑)↓
サイズがめちゃくちゃピッタリで♪「ゲーム入れるな!」って感じですよね。おかげさまで腕はプロ級です(泣)
東京駅に寄ったら、ぜひ探してみてくださいね★
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連記事
  • 眼鏡スタイリストの藤裕美さんにアドバイスを頂き、ついにお出かけメガネを見つけました!小さな頃から近視が強く、ずっと眼鏡とは付き合ってきましたが、眼鏡は家でかけるもの、お出かけする時にはコンタクト、の生活を続けてきました。今回、眼鏡のスタイリスト、藤裕美さんに眼鏡を選んで頂く機会を頂き… ついに出会いました!おしゃれメガネさんに!『増永眼鏡』さんのフレームです。ボストンタイプの眼鏡に憧れながらも、本当に似合わず、フチなしや太い黒縁メガネでなんとなく誤魔化して生きてきた私…藤さんにアドバイス頂き、小さめサイズや、キッズモデルの中でボストンタイプのものを選んで頂き、今までのメガネ人生が変わりました。メガネケースもコンパクトでお洒落❤️もう、メガネの自分がイヤじゃない、むしろおしゃれに見えて、コンタクトレンズを使わない日も増えています。目の下のクマもちょうど隠れて若く見える気がしますマリソル編集部の皆様、藤裕美さん、貴重な経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。美女組No.134 sakiのブログ
  • 2019年度(今年度は12/6金16:59までです)の締めくくり!LEE100人隊&LEEキャラクターパーティが開催されました。その様子&感想を、100人隊クリップでご紹介します! 「速報!今日は年に一度のLEEパーティ!全国各地のLEE100人隊が一堂に会するキラキラな一日です。今年のシークレットゲストさんは優木まおみさん。キャーの声が響き渡りました。ケータリングはSHUNKO KITCHENさん」(No.018 なおっちさん) 「料理はSHUNNO KITCHENさんのケータリング。今月、LEE12月号の『食を仕事にしたわたしの選択』は本当にじっくり、じっくり読んだページだったけれど、そのインタビューものっていた二部桜子さんの料理がいただけるとは!!改めて帰ってじっくりインタビューページを熟読しました。料理の想いを知り改めて凄い料理だった!と思います」(No.089 mimiさん) 「ドリンクもおしゃれ♪ 私はゆずレモンの炭酸割りをいただきました」(TB 季絵さん) 「年に1度のお楽しみLEE100人隊パーティ!!今日の、この日をずっと楽しみにしてました!!熱気ムンムン♡パワー全開!さすが100人隊。おしゃれでかわゆい皆皆様ばかり! 日頃ブログで見てる方々と交流ができるって嬉しい!!そしてサプライズでなんと、TBPVトップ賞を頂いてしまいまして……嬉しすぎます♡」(TB パパリナさん) 「今回も、装花が秋らしくて華やかで素敵!おいしいカラフルなテーブルでおもてなししていただきました。サラダチキンのハンバーガーと、スプラウトの乗ったお肉のハンバーガーがおいしかったな〜〜。かぼちゃサラダもおいしかった!」(TB いくぽんさん) 「普段、手にとって見られないLEEマルシェのお洋服たち。ぜひ!と思い、パーティ前の展示会に参加してきました。まず、一番心惹かれたのが、ベルト付きあったかパンツ。12closetと福田麻琴さんコラボ商品です。ハイウエスト、ベルトマーク、太めのラインだけど、テーパード×センタープレスで脚長効果。短足の私でも皆様にお近付きになれそう!そしてトップに合わせたのが、12closetのスタンドカラーブラウス(ネイビー)。天使のようなLEEキャラクターの方々に褒められたコーディネート」(No.079 エペさん) 「ケータリングは”SUNNNO KITCHEN”。“旬の食材を使ったニューアメリカンスタイルの料理を得意とする食のコミュニケーター。食を通じて、美味しさ、喜び、四季を伝える“伝え手”です” とのことで、人と地球に優しいお料理を提供されています。小さな森みたいなサラダバー」(No.043 ミキティさん) 「今年のサプライズゲストは優木まおみちゃん!!同世代だなんて信じられないー!!かなり近距離で見ていたのに、毛穴見つけられなかった!!かわいくてキレイでキラキラしてました☆もはやノースリーブなんぞ着れないわたしの二の腕。まおみちゃんと比べるとかわいそうになる」(TB MOGIさん) 「いつもはネット上で見ている素敵女子達が目の前に!お買い物が大好きでファンになった隊員さんともお話ができてとても楽しいひと時でした。10年間続けてきた100人隊も今年度で卒業します。なので、パーティーも今回で最後。最後だと思うと寂しくてたまりませんでしたが、会いたい方たちに会って、たくさんおしゃべりできた今年のパーティーも最高に楽しかったです。会場でお話ししてくださった皆様、どうもありがとうございました」(TB コロンさん) 「ルスルスのクッキーと、美味しいバナナもらったから、甘いもの欲は満たされた!しかし、パーティーが終わった途端に、なんか実感が湧いてきました。長いことこの窓を見てきてくださった、見えない読者の皆さんと……本当にお別れなんですね、もうじき。というわけで、あと3週間、よろしくお付き合いください」(TB yuki*さん) 「圧巻のサラダバー。こちらをオリジナルカップに入れてお好みのドレッシングをかけるという楽しくて食べやすいスタイル。旬のフルーツもたっぷりあってとっても贅沢な内容です」(TB nahoさん) 「翌日が食べ頃になるようにうまーく調整していただいたお土産のバナナはイルカさんにして。美味しくいただきました。他にも豪華なお土産がいっぱい!楽しみに使いたいと思います」(No.083 Maiiiさん)
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • 買うなら今!10%OFFでお得に買える無印良品週間は25日までこんにちは(^_^) ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 先日、無印良品でとても素敵な商品を見つけたので皆さんにご紹介したいと思います。 無印良品 ヤク混ウール クルーネックセーター 3,990円(税込) 写真左から モカブラウン、ダークモカブラウン コートのインナーに着られる薄手のクルーネックセーターを探していました。 この商品は厚みはそんなにないのに、ふわっと軽く暖かです。 ヤクという動物の毛とウールの混合になっています。 素材はもちろんのこと、私が惹かれたのは色の絶妙さ! モカブラウンもダークモカブラウンも今年流行りのブラウンでなんとも言えないニュアンスカラー。 特にダークモカブラウンはヤクの原毛そのままの色を生かしているそう。 あたたかみのある素敵な色です。今はこのようにトレンチコートのインナーとして活躍してます。 ただいま無印良品週間で、10%OFFでお得に買うことができます。 ご興味のある方はぜひご覧になってみてくださいね^_^ それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました。美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 冬のカジュアルを楽しむならボアコートが狙い目。今年トレンドのショートタイプを選ぶなら、どこかにフェミニン要素を入れて。大人っぽい深めV、シャツ風、デニムジャケット風など、今年はアレンジの効いたデザインが豊作。 Uniqlo U[ユニクロユー]のボアコート ¥4990 旬のシャツ風コートはベルトつきでトレンドも女らしさもキープできる 今季らしさ満点のボアコートなら、ギャラリーのような感度高めの場所でも着映える。体が泳ぐ大きめシルエットが、かえってきゃしゃさを強調。きれい色のボトムで女っぽさをさらに後押し。コート¥4990/ユニクロ(ユニクロユー) カットソー¥11000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) パンツ¥25000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 リング¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(ジャミレイ) バッグ¥22000/シップス 有楽町店(フィールアンドテイスト) EMMEL REFINES[エメル リファインズ]のボアコート ¥17000 一見ラフなジップアップタイプも深めのVネックが大人びた雰囲気をくれる 主張しすぎないボリューム感で気軽に羽織れる。クラシックなお店でのデートの日も、落ち着いた色みでまとめればこんなに上品に。白のバッグで抜け感もプラス。コート¥17000/エメル リファインズ ルミネ新宿店 ニット¥20000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) スカート¥13000/アダム エ ロペ ピアス¥2500/ビーミング  ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店 リング¥4000/サイクロ バッグ¥42000/ヴァジックジャパン 靴¥26000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ ビアン) AZUL BY MOUSSY[アズール バイ マウジー]のボアコート ¥5990 プードル犬のような質感がキュートなボアは、少し光沢のあるブラックなら大人にちょうどいい甘さに。キルティングコートとしても使えるリバーシブル仕様。コート¥5990/バロックジャパンリミテッド(アズール バイ マウジー) パーカ¥10900/シップス 有楽町店 スカート¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バッグ¥16000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター LEPSIM[レプシィム]のボアコート ¥5500 ノーカラーのVネックだから、トレンドの厚手ゆるタートルニットをインに合わせてもすっきり。コート¥5500/アダストリア(レプシィム) FREAK'S STORE[フリークス ストア]のボアコート ¥8100 重くなりがちな冬のワードローブに加えたい可愛げベージュ。デニムジャケット感覚でカジュアルに楽しみたい。コート¥8100/フリークス ストア渋谷 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/中村アン 構成・原文/渡辺真衣・松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • コーディネートから老眼モンダイまで、メガネのプロがそれぞれの視点で回答。納得の一本に出会えるはず!視力矯正やブルーライトカットのため、あるいは老眼が気になり始めた……。とはいえ、"必要に迫られて"かけるのではなく、もっと楽しく積極的にメガネのおしゃれを楽しみたい! 似合う一本に出会えれば、"かけたほうがキレイ"になれるのだから。 ☆答えてくれたのは… ・ブリンク外苑前 マネージャー矢澤直人さんメガネの最新トレンドに精通。かけやすさとのバランスを考えた、大人のための品ぞろえに定評あり・ビジョナリーホールディングスアイケア事業部 ジェネラルマネージャー吉野正夫さんメガネスーパー本社に勤務。確かな専門知識に基づき、正しいメガネ選びをサポートしている・スタイリスト高橋美帆さんシンプルでほんのり女性らしいカジュアルが得意。大のメガネ好きで今は少し個性的なものを探し中Q.メガネをかけると怖く見えます… A.メガネの気配を消すフレームの色をチョイス 「キラリと光るメタルは、シャープなぶん迫力が出てしまいがち。クリアのセルなど、メガネが主張しすぎないフレームがおすすめ」(高橋さん)。 「フレームの縦幅があり、丸みを帯びたラインだと柔らかい印象になります」(矢澤さん)メガネ「BM005 Col.CHA」¥34,000/ブリンク外苑前(ブラン) ニット¥9,000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス)Q.1日かけても疲れないものが欲しい A.フレームそのものに疲れにくい工夫がされたものも 「軽量の素材やテンプルの構造などで、体感重量が軽く感じられるフレームも」(高橋さん)。「メガネをかけるとかえって疲れるのなら、度数そのものが合わなくなっているのかもしれません。年齢による視力低下のほか、物を見るための筋肉の使い方が変わってきている可能性も。ぜひ再検査を」(吉野さん)人間工学に基づいたフレームが重さを分散。メガネ全体でバランスを取るから、疲れにくい。メガネ「XL1472 Col.BK」¥37,000/シャルマン カスタマーサービス(ラインアート シャルマン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/高橋美帆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
  • Vネックニット&シャツジャケットの肩かけで絶妙な女っぽさと抜け感を!シャツジャケットとナロースカートの最旬コンビをひと目ボレ買い。印象的なビッグチェックを今日はセットアップ+配色スニーカーで思いっきりカジュアルに楽しみたい! だけどやっぱり”ひとさじの女っぽさ”は欲しいよね。そんな時は鮮やかな赤のVネックニットがお役立ち♡ ダークトーンの着こなしがパッと明るく、顔まわりも軽やかに印象アップできて。これならジャケットは寒暖差やTPOに合わせて、きちんと袖を通してもラフに肩かけしてもグッド。平日はレザーバッグで大人な味つけを、休日はリュックで遊んじゃってもいいかも♪ニット¥2990/キャン(テチチテラス) スカート¥15000・ジャケット¥24000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ペンドルトン×ナノ・ユニバース by MIHO NOJIRI) 靴¥7296/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥14300/ガス ビジュー 青山飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子
  • SPURと同い歳です。ということは、2019年は、私にとってもアニバーサリーイヤー。 自分への記念品というか、次の30年をもっと頑張るためのきっかけみたいなものを探していました。実は、2019年の年が明けた瞬間からこの悩みは始まっていて、ずっとそわそわ。時計にしようか、バッグにしようか、それともジムへ入会して美ボディを手に入れるか……。決め切れずに10カ月月が過ぎ、「いや、これもう来年に持ち越しなんじゃ……?」と思っていた直後。ついに出合い、その日に決めました。 マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのネックレスに。その日、たまたま青山店の前を通りかかり、ふと思い出したんです。私が出会った素敵な先輩たちの手元や、胸元には、マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのジュエリーがさり気なく輝いていたことを。そう思うと、いてもたってもいられず、鮮やかなブルーを基調としたブティックに、ちょっとドキドキしながら足を踏み入れました。 そこからは、もう即決。私の決断力よ、もっと早く出てきてほしかった。購入したのは、華奢なハートが連なったゴールドのネックレス。ハートのモチーフだと少し、甘すぎるかなと思ったのですが、その心配はつけた瞬間に払拭されました。洗練されたなかに、大人の遊び心といいますか、愛らしさが加わって、今の私にもちょうどいいバランス。そして、30年後も愛せる逸品だと確信しました。 家に帰って早速、手持ちのトップスと合わせてみたのですが、シンプルなタートルトップスのスタイリングが、途端にあか抜ける! クラシック&モダンなムードで、 ちょっと大人の階段を上った、誇らしい気持ちになります。ベーシックなアイテムと相性が良く、コーディネートに困ったときの救世主になってくれそうです。(エディターYONEKURA) ⇩冬は、こんなアイテムと合わせてコーディネートしたい! >>2019秋冬チープ・シック! 定番アイテム大集合! >>秋のおしゃれスイッチを入れるもの #深夜のこっそり話 #1164 華奢なハートの連なりに、うっとり。ずっと眺めていられます。青山店で購入すると素敵なブルーのボックスに入れてくれます。シンプルなタートルネックのトップスが、途端にリュクスなムードに!
関連キーワード

RECOMMEND