アラフォーの定番色「ネイビー」アイテムで遊んでみる

Marisol ONLINE
スタイリスト 村山佳世子

スタイリスト 村山佳世子

25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!

「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」

■ネイビーのTシャツ
<実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>

旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。

Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)

ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。

Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)


■ネイビーのパンツ

<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>

夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。

パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)


■ネイビーのシャツ

<素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>

ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。

シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウ

オーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。

シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)


■ネイビーの小物

<小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>

大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。

ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)
【Marisol5月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が累計4万部を超える大ヒットを記録中! 長く愛せる「一生もののおしゃれ」を提案する村山さんにこの冬愛用する「一生ものアイテム」と、それらとの「付き合い方」をインタビュー
大好評発売中の『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』。マリソル編集長イシダと副編SGUR、編集K松が、「一生もののおしゃれルール」の筆頭、トレンチコートのコーディネートに挑戦!
一生愛せるファッション名品やプチプラ名品、名品の楽しみ方まで、集英社No.1スタイリストの村山佳世子さんが一生もののおしゃれが身につくファッション名品を提案。
スタイルブック『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』の中から、村山さんの定番「プチプラ名品」をピックアップ!
たったひとつを愛し続ける高価な名品がある一方で、使っては同じものを買い足していく、永遠の名品も存在する
関連記事
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!きゃしゃに見える肩の落ちたグレージュカーキでショート丈。形が女の子らしい。 パーカ¥5990/アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ白コーデにはおったら衿抜きして軽やかに着こなして 爽やかな白&肩出しが軽量感を叶える。 Tシャツ¥2700/ヘインズブランズ ジャパン スカート(一部店舗のみ販売)¥3990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE) イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya) バッグ¥6900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 フェミニンなスカートを辛口仕上げにアレンジ! 鮮やかなピンクをカジュアル&落ち着いた印象にアレンジ。 ニット¥3900/SPIRALGIRL スカート¥9500/ヒロタ(31 Sons de mode) イヤリング¥8000/アビステ バッグ¥8800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 靴¥15000/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ) 少年風にまとめたらバッグと小物でレディに味つけ これにスニーカーを合わせるとカジュアル度が高すぎちゃうから、レディなヒールを合わせるのが◎ 。チェーンバッグでより女らしさを香らせて。 シャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 パンツ¥11000/SNIDEL イヤリング¥8500/アビステ バッグ¥13500・靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) コレもおすすめ!1裾を絞って調節を。 パーカ¥15000/SNIDEL 2コンパクトだからフェミニン派にも取り入れやすい。 パーカ¥18000/ヒロタ(31 Sons de mode)モデル/新木優子 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 「母親がとてもおしゃれな人で、幼いときから名品といわれるものに触れて育った」という、スタイリストの青木貴子さん。彼女が今回選んだ名品は、どれも潔いまでにシンプル。シンプルでつくりの美しい名品を選んで、ずっと愛するのが青木さん流なんです。青木貴子さん 雑誌、広告を中心に活躍するほか、ジュエリーブランド「allantokyo」をはじめ、雑貨や洋服のプロデュースも手がける。インスタグラムで紹介する料理レシピも人気。1.セリーヌの“ホワイトシャツ” フィット感のあるシルエットのメンズシャツは、ユニセックスなデザインなので、女性が着るとほどよい抜け感が出る。小さめのストレートカラーや、左すそに刺繡されたセリーヌの「C」モチーフもさりげないポイントになって。素材は軽量で着心地がよく、毎日の着用にも耐えられる強さのあるコットン100%。シャツのデザインに定評のあるクリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマンの美意識が堪能できる一着。 シャツ¥66,000・デニム¥105,000・バッグ¥510,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)2.ハリー・ウィンストンの“トラフィック・リング” ハリー・ウィンストンの創業の地、ニューヨーク。マンハッタンのストリートを上空から見下ろしたときの、縦横に走る車の流れやライトの動きを直線状に並んだダイヤモンドで表現。バゲットダイヤモンドが5個、ラウンドダイヤモンドは35個の贅沢な輝きが手もとをシャープに彩る。ほどよいボリューム感があり、ドレスアップにもふだん着にも合うデザイン。 リング(プラチナ×ダイヤ)¥1,690,000/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン) ワンピース¥210,000/三喜商事(アニオナ)3.ボッテガ・ヴェネタの“ワークブーツ” 昨年、新クリエイティブ・ディレクターにダニエル・リーが就任し、よりモードになったと評判の秋冬の新作から。メンズコレクションでも登場した、バイカースタイルとパンクスタイルの両方からインスパイアされたサイドゴアブーツ。シューズ部分のボリュームとすっきりとした筒部分が好バランス。厚底のラバーソールは2層構造になっていて、見た目よりも軽く履きやすいのも高ポイント。 ブーツ¥112,000・コート¥263,000・バッグ¥900,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)他の画像を見る撮影/生田昌士(hannah) ヘア/TAKU(CUTTERS) メイク/COCO(関川事務所) スタイリスト/青木貴子 (WHITEBOX) モデル/冨永 愛 取材・文/新田幸子
  • ジャケット¥14000/Carhartt WIP Store Tokyo ノースリーブ¥5800(レイ ビームス)・バッグ¥16000(ヘイミセスローズ)/ビームス ウィメン 原宿 スカート¥4500/ニコロン 渋谷109 靴¥38000/MIDWEST(ファビオ ルスコーニ)秋のはおりにぴったりのシャツジャケット。さらっとしたツイル素材だから肌感を生かしたミニスカコーデにも合わせやすい。ブラウン濃淡でコーディネートすれば、気分は一気に秋へ! 着心地は涼しいのに季節を先取りできちゃう♡ 足元はブーツが好バランス。モデル/渡邉理佐 撮影/田中雅也(TRON) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ブラウンコーデ記事一覧はコチラ
  • ひと目見た瞬間、袖を通した瞬間にぐっと高揚感を与えてくれるコートが確かにある。そんな"一生をともにしたくなる"珠玉のアイテムを、目の肥えたファッションのプロたちが全力でリコメンド。世に無数にある中から選び抜かれた、8つのカテゴリーの大賞は果たしてどんな一着なのか……? 2019年のコートの祭典が、ここに開幕! ダブルフェイス大賞コート¥399,000・中に着たシャツ¥179,000・重ねたトップス¥122,000・パンツ¥147,000・靴¥169,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) THE ROWのミディアムシルエットコート ウエスト部分にダーツを施し、より体にフィットするラインを実現。ヴァージンウールとカシミヤの上質な混合素材は、驚くほど柔らかな肌ざわり。襟元にボリュームのあるインナーを差し込めば、無駄な装飾を極限まで取り払ったノーカラーコートの美しさが最大限に発揮される。取りはずしできる共布のベルトでウエストの調節も可能。 "最高の日常着"を提案してくれるTHE ROWの服は、普段から愛用しています。とりわけこのコートは、一見なんてことないようにも見える、ミニマルを極めたデザインがすごい! ほどよいボリューム感も絶妙です。写真のような透け感のある素材と合わせて、包まれるように羽織りたいですね。(佐藤里沙さん/スタイリスト) シルエットが抜群にきれいで、思わず視線を奪われます。そぎ落とされたデザインながら、展示会でもひときわ目立っていました。たとえ中に着るのがジャンプスーツやサロペットなどのカジュアルなウェアでも、これを合わせた途端マチュアにまとまる、まさに大人のためのアイテムです!(鈴木美智恵さん/スタイリスト) ウィンターチェック大賞ショートコート¥530,000・中に着たプルオーバー¥158,000・帽子¥138,000/イザ(ニナ リッチ) NINA RICCIのショートコート メンズブランド「ボッター」を手がけるデザイナーデュオが率いる新生ニナ リッチ。グラデーションのチェックで仕立てられたショートコートからは男性的なムードすら漂う。一方、ショルダーにあしらわれたボディを覆う共布のスカーフがエレガントさをプラス。絶妙なバランスでモダンな一着へと昇華した。 今シーズンから新しいクリエイティブディレクターが就任し、もともとあったフェミニンな雰囲気は残しつつも、モダンに再構築されたところに惹かれます。このコートもベーシックなチェック柄を少し現代的に表現。スタイリングの主役になる、ボリュームのあるシルエットもすごく好みです。(金子夏子さん/スタイリスト) モードとストリートが融合している空気感が魅力的で、今の私の気分に合っています。このコートだけでも絵になるため、余計なことはせず、ブラックデニムにスニーカーで、シンプルにコートを引き立たせたいです。とにかくこれからのニナ リッチが、気になって仕方がありません!(丸山佑香さん/スタイリスト) 小顔に見える大賞コート¥395,000・バッグ「ラゾ ミニ」¥223,000/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ) カーペット"QUADRIC"¥358,000/リーン・ロゼ東京(ligne roset)LOEWEのダブルブレストコート シルバーのボタンにはキラキラと輝くストーンをあしらって。バックスタイルはダーツによって、ウエストからヘムラインへと美しいフレアを描く。シックな中に、ひねりのある技をちりばめた。 ランダムな金銀のボタンや誇張されたショールカラーにジョナサン・アンダーソンらしい遊び心が。ただのクラシックなコートで終わらずツイストがきいています。大きな襟は顔を小さく腕を細く、深く開いたVネックはデコルテをきれいに見せてくれる効果がありますよ。(編集N) スマートムートン大賞コート¥790,000・シャツ¥92,000・カーディガン(仕様変更あり、色味ブラック)¥225,000・スカート¥240,000・ベルト¥160,000・イヤリング¥62,000・ブーツ¥265,000(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ディスプレイテーブル¥39,900/DEMODE MIXCELINEのシャーリングコート 70年代後半のブルジョア・パリジェンヌをキーワードとして掲げる今季。シャーリングの多用とスリーブの二重構造で、ラグジュアリーなオーバーサイズを完成させた。たとえTシャツ一枚でも十分なほど、暖かさも格別。 コートを選ぶ上では、素材はもちろんのことシルエットも重要だと思っています。その点こちらは、ムートンにつきものの、まるで太っているようなシルエットにはならず、むしろスマートに見えるところが見事! 難しいものが多いこのタイプのコートの中で、さらっと着られる珍しい一着です。(飯島朋子さん/スタイリスト) 全人類に似合う大賞コート¥355,000・デニム(参考色)¥74,000・靴¥77,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) BALENCIAGAのインコグニートコート パリジャンの匿名性(=インコグニート)を象徴化した、顔を隠せる高い襟がアイコニック。体を覆うコクーンフォルムや、ボリュームのあるスリーブ、膝下丈のレングスなど緻密な計算によって生み出されたシルエットは、不思議と年齢や体形を問わず万人をモードな佇まいへと導く。 素材はオーソドックスですが、極端に大きな襟やボリュームのあるシルエットがほかとはひと味違う! デニムやオープントゥのサンダル、サングラスを合わせるのも肩の力が抜けていて好きです。クラシックばやりですが、直球ではなく、少しはずしたところを攻めたい今の気分にしっくりきます。(栗山愛以さん /ライター) 展示会で編集部全員がこのコートを試着。身長は150㎝から170㎝まで、体形もバラバラ。それなのに、誰が着てもシルエットが美しく、"似合う~!"という歓声がそこかしこに。こんなにも人を選ばずみんなが着こなせるコートに出合ったのは初めて。あまりの素晴らしさに興奮が冷めません。(編集K) クラシカルケープ大賞ケープコート¥344,000・ブラウス¥122,000・スカート¥128,000・キャップ(参考商品)・ソックス¥14,000・靴¥99,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) MARC JACOBSのウールコート 美しいAラインを描くクラシックなケープコート。シルエットにボリュームを持たせツイストを加えた。ファブリック工場のアーカイブを研究した上で採用した上質なウール生地からはクチュールのメンタリティがにじむ。 今季はエフォートレスなオーバーサイズに惹かれ、このコートをチョイスしました。由緒正しいトラッドなアイテムでありながら、サイズ感で王道をはずしてくるところがさすが! そのひと筋縄でいかないところにグッときました。ワイドパンツと合わせて、マニッシュに着たいです。(小倉倫乃さん /エディター) コレクションで見た際、パターンがとてもきれいで感動しました! そのままでも存在感のあるケープコートに、Pコートのディテールでオーセンティックなムードを足しているのも絶妙。普遍的な美しさとマーク ジェイコブスらしいビッグシルエットの遊び心を同時に味わえるのがうれしいですね。(編集I) テクノロジーテーラリング大賞コート¥1060,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) BOTTEGA VENETAのレザーコート しなやかなラムレザーをレーザーカットし熱圧着することで、キルティングの表情を再現。チェーンとトライアングルによるクロージャーはシルバーとゴールドのコンビネーションで、全体にコンテンポラリーな印象を加える。中にはダウンのように羽毛が入っており、防寒面も優れているのがうれしい。 ストイックになりすぎるレザーコートは、今まで敬遠していました。でもこちらは、シャープさはありながらもハードに傾かないシルエットが素敵。ランウェイルックのように、コンバットブーツやスニーカーなどを合わせ、抜け感のあるスタイリングを楽しみたいです。(影山蓉子さん/スタイリスト) 自信をくれる大賞コート¥500,000・トップス¥60,000(参考価格)・パンツ¥120,000・カマーベルト¥45,000・ストッキング¥28,000・パンプス¥110,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)SAINT LAURENTのヘリンボーンコート フィッティングに100時間を費やし、コレクションでファーストルックを飾ったキーアイテム。イメージは、ムッシュのミューズ、ベティ・カトルーだ。力強さを象徴するパワーショルダーと流れるようなシルエットに、男性性と女性性が共存する。 ムッシュの創ったサンローランというブランドの世界観を壊すことなく、現代のサンローランの気高さ、気品、そして今を強く生きる女性像が表現されていると感じました。ジェンダーレスとあえて声高に叫ばなくとも、女性に堂々と胸を張って歩く力を与えてくれるような一着だと思います。(飯田珠緒さん/スタイリスト) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「ザ・ベスト・コート・アワード」photography: Keita Goto 〈W〉 styling: Mayu Yauchi hair: HORI 〈bNm〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA 〈Perle〉artwork: Shutaro Yaguchi model: Anna T text: Mai Ueno logo design: Yusuke Kaneko 〈DAMKY signs〉
  • 働く30代女子にしてユニクロ(UNIQLO)大好きユニジョのみなさーん、めちゃくちゃ大変おーまーたーせーいたしました!!! 2019秋冬展示会でお披露目されて約2カ月、お待ちかねの【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬最新コレクションが、いよいよ明日9月20日(金)から発売スタートします!!! 先行して発表されたコーディネートのイメージビジュアルはすでに先日お届けしておりますが、今回はBAILA編集部おすすめの“推し”アイテムをカタログスタイルにて一挙総ざらい♡ ウィメンズ全モデル+メンズだけれど女性が着ても素敵なユニセックスアイテム+バッグ40点を厳選しました! ワンピース、セットアップ、コート、デニム、シャツ&ブラウス、トップスetc.、明日9月20日(金)の一斉発売&少なくとも消費税増税前にぜひ買っておきたい新作をおさらいしておきましょう!!! 編集部が全力で推す【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬最新コレクション40点総ざらい ジャージーベルテッドワンピース¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) 3Dエクストラファインメリノモックネックワンピース(長袖)¥5990/ユニクロ(ユニクロ ユー) 3Dプレミアムラムフレアワンピース(長袖)¥5990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ドレープシャツツイルワンピース(長袖)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) シャーリングモックネックワンピース(長袖)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) メランジラウンドネックセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) メランジフレアスカート¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ウールブレンドブークレーニットコート(長袖)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ミラノリブオーバーサイズカーディガン(長袖)¥7990/ユニクロ(ユニクロ ユー) 3Dプレミアムラムタートルネックセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) シャギーワイドスリーブセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ウールクレープワイドスリーブセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) 3Dエクストラファインメリノワイドスリーブセーター(長袖)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) メリノブレンドシャーリングセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) 3Dエクストラファインメリノリブラウンドネックセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) パデットショートパーカ¥9990/ユニクロ(ユニクロ ユー) パデットパーカ¥12990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ブロックテックチェックコート¥12900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ブロックテックフーデットコート¥12900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ウールブレンドPコート¥14900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ウールブレンドロングPコート¥14900/ユニクロ(ユニクロ ユー) トレンチコート¥14900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ジャージーベルテッドコート¥14900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ジャージーダブルポケットシャツ¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ワイドフィットカーブジャージーパンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) シャーリングブラウス(長袖)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ドレープツイルスタンドカラーシャツ(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コットンオーバーサイズストライプシャツ(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー) シャーリングモックネックチュニック(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コットンオーバーサイズシャツ(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ボアフリースショートコート¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) フレアアンクルジーンズ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) チェックストレートパンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ウールブレンドフレアパンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ブロックテックダッフルコート(メンズ)¥17900/ユニクロ(ユニクロ ユー) ボアショートブルゾン(メンズ)¥7990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ボアフリースリバーシブルジャケット(メンズ)¥6990/ユニクロ(ユニクロ ユー) フリースシャツジャケット(メンズ)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) メランジVネックセーター(メンズ)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ブロックテックショルダーバッグ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ユニクロ(UNIQLO)大好きトリッキー沖島的・絶対損も失敗もしない【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬新作増税前お買い物アドバイス ●ワンピースはどれを買っても間違いナシ(キリリッ)! ただしサイズはお好みのシルエットをよくよく吟味しましょう。 ●(店頭ではバラバラに置いてあるかもしれませんが)実はセットアップで着られる同素材のニットトップス&スカート、シャツ&パンツのコンビもお見逃しなく! とくにメランジニットは、メンズのセーター+ウィメンズのスカートという組み合わせもできるんですよ♡ ●ユニクロ ユー(Uniqlo U)で最もコスパが高い高機能ウェアはズバリ、アウター類です。とくに、今季デザイナーのクリストフ・ルメールさんが積極的に取り入れたというブロックテック(撥水・防風・透湿に優れた生地)コート、キルティング(ダウンパック)を表面にはなくし、裏側にあしらうことでフラットなルックスに仕上げ、着ぶくれ知らずですっきり着られるダウンコート、さらに今年誕生から30周年を迎えるフリースジャケット(とくにとくに、メンズのリバーシブルタイプ)の3つは絶対チェックして! 6月中旬にプレス向けに開催された【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019年秋冬展示会の詳細レポートは写真をクリック♡ ちなみに【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬最新コレクションのうち、オールシーズン着られるTシャツやスウェット、パーカ、さらに脅威の着やせ力&美脚力で超話題のカーブフィットパンツなどはすでにユニクロ(UNIQLO)各店舗&公式オンラインストアに入荷済みです。いずれもリーズナブルプライス&高品質&ほどよくベーシックな最強のアイテムばかり。合わせてチェックしてみてくださいね♡ 何買う!?【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】スペシャルサイトへ 取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて2019年9月19日時点で発売予定のもので、実際の店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年9月3日(火)~ 9月16日(月)【ファッション 1位】どこよりも早くお届け!2019年秋冬トレンド「白人気はこの冬も継続」 ★記事はこちら【ファッション 2位】2019年秋のベースカラーは、断然ブラウン! ★記事はこちら【ファッション 3位】2019年秋冬はニットが主役に躍り出た!【2019年秋冬トレンド】 ★記事はこちら【ファッション 4位】秋のはじまり、おしゃれプロたちがひと目惚れしたアイテムは? ★記事はこちら【ファッション 5位】おしりが大きくなりストンとしたワンピが着られません【大人のワンピース選び】 ★記事はこちら【ファッション 6位】注目アウターはCPOジャケット一択!【2019年秋冬トレンド】 ★記事はこちら【ファッション 7位】今すぐほしい!おしゃれプロがひと目惚れしたワンピース ★記事はこちら【ファッション 8位】白・黒・ベージュでつくる“清潔感があって品がいい”OFFの日の洗練トリコ★記事はこちら【ファッション 9位】デニムをはくとなぜか古くさい印象。アラフォーはどう更新すべき? ★記事はこちら【ファッション 10位】大人フェミニンな着こなしが読者から大人気!ALL私服「蛯原友里スタイル」 ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • パリ2020年春夏メンズオフランウェイに漂う次のムード メンズ・ファッションウィーク開催中の初夏のパリには、時代の空気を体現したジェンダーレスな私服スタイルのモデルたちが集結。次なるスタイルの潮流が、ここから感じ取れるはず!フリルブラウスはグレーのワントーンで辛く透け感のあるエレガントなブラウスは、もはや女性の特権ではない。パロモ スペインのシアーなブラウスを、同じトーンのワイドパンツでシックに着たモデルのポル(@pol.roig)の着こなしは、ぜひそのまま真似したい。足もとは、ナイキのエアマックスではずして。 ※本テーマの@以降は、インスタグラムアカウントです端正な白シャツにはかすかなストリート感をモデルのモー(@itsmomingy)が着たのは、ジル サンダーのシャツ。厚手の生地と端正なシルエットがこのブランドらしい。ディッキーズのパンツやヴァレンティノのロゴスニーカーでカジュアルダウンしつつきれいに着た。ピンクのフーディでストリートルックを愛らしくパステルピンクのフーディが可愛い、モデルのプレーベン(@prebenhelleberg)。パンツや靴にもくすんだ色みを選び、ニュートラルカラーでスタイリング。パンツの丈感やバックパックの柄など、ディテールにこだわりが感じられる。オール黒に赤をきかせ、ボリュームシルエットで遊ぶカイア・ガーバーとデートしているところをたびたび撮られているモデル、ウェリントン(@welllsfargo)をキャッチ。イタリア人デザイナーのブランド、コマキノのワイドパンツと大きめのTシャツのボリューム感で遊んだ。コンバースの赤を差し色に。美しい顔だちで着こなすダッドなパンツスタイル注目の新人モデル、スタインバーグ(@st.einberg)。端正な顔だちを裏切る、ダッド風の私服スタイルがクール。ヒューゴ ボスのワイドシルエットのジャケットとヴィンテージパンツに、ハトメベルトがアクセントを添える。シャイニーなシャツを無造作にドレスダウンモデルのクリスティン(@kristinsoleydrab)の、ビビッドピンクのシャツはヴィンテージ。ドレッシーにも着られそうなシャツを、片側の裾だけタックインして着崩した。スリフトショップで見つけたというプーマのミニバッグがアクセントに。ブルゾンからのぞく南国柄シャツがキュート!H&Mの南国柄シャツが可愛らしい、モデルのピム(@pimamorison)。武骨なムードのヴィンテージブルゾンを、黒で揃えたシャツ&スリムパンツで引き締めた。ボウルカットにしたヘアもよく似合っている。配色カーディガンでつくる絶妙レイヤードモデルのエリアス(@eliasgozal)が着たのはヘンリック ヴィブスコフの配色カーディガン。ウィークデイのシャツ&パンツやサコッシュをアースカラーで揃え、全体をニュアンストーンでまとめた。やわらかなスタイリングにかすかな違和感を持ち込んでいるのは、サロモンのスニーカーだ。ダブルブリッジメガネに宿る、アンドロジナスな彼女の繊細さアンドロジナスなルックスで、DJやモデルとして活動するアガテ(@agathemougin)。サンローランのシャツの襟元を開けてラフに着た。繊細なダブルブリッジのメガネが知的な表情を加える。 >>スナップ・ジェンダーレス時代 PART2
  • パリで活躍する写真家・エリックの周囲にいる仲間たちは、日常でファッションを楽しんでいる。彼らのスナップから、今の空気を感じて。 エリック・フォークナー●パリを拠点にするフォトグラファー。『L’Officiel Hommes』『Jalouse』『i-D France』などの雑誌で活躍中。昨年1月には初の個展を開催した。@erickfaulkner Margaux Esclapez〈映画監督〉@margaux.esclapezLAで購入した赤いTシャツを、ヴィンテージのリーバイスのパンツにイン。カットオフしたパンツの裾の絶妙な丈感とシューズの高さがベストバランス。Léo Lohier Allaire〈スケーター/モデル〉@oel_031 スケートブランド、プリミティブのパンツにタンクトップをインし、黄色いベルトを巻いて。 シャツの赤、スニーカーの緑との色合わせも効果的だ。Nassim Guizani〈俳優/モデル〉@nassim_guizaniセカンドスキントップスはジャンポール・ゴルチエ。 ユニクロのワイドパンツで、ダンディに仕上げた。 カルバン・クラインのシューズで端正な表情をプラス。Dylan Ézékiel〈アーティスト/モデル〉@dylansadラングラーのプリントシャツは、片側の裾をアディダスのショートパンツにイン。サロモンのハイキングシューズと白いソックスがナードな雰囲気だ。Mathilde Labuthie〈スタイリスト〉@mathildelabuthieベストを 1 枚で素肌にまとい、ハンサムに仕上げた。 パールピアスには女性らしい表情も宿る。ウェアはすべてヴィンテージで、シューズはメゾン マルジェラ。Lucile Guilmard〈デザイナー〉@lucile_guilmard自らがデザインしたイレギュラーなシルエットの スカートと、デカトロンのスポーツレギンスを レイヤード。ジップのネオンカラーがアクセントに。Hugo Descarrega〈学生/フォトグラファー〉@h0da.h0daスカーフ代わりに頭に巻いたのは、ヴィンテージのTシャツ! ラフに着崩したシャツとリーバイスのデニムパンツで、ブルーのグラデーションをつくった。Angèle Metzger〈女優〉@angele_metzgerタンクトップのゆるさ漂うイラストと、ガーリーな彼女の個性との違和感が魅力。自分でカットしたというリーバイスのデニムとブーツでウェスタンに。Loic Paulmier〈アーティスト/モデル〉@loicpaulmier何げないスタイリングを印象的にしているのは、頭に巻いたグッチのシルクスカーフ。ヴィンテージのパンツとカルバン・クラインのブーツがタフなムードだ。Oliver Bijan〈アーティスト〉@persiancircumcision GmbHのパンツとニューロックのブーツが織りなすタフなムードに、頭のスカーフがドラマティックな表情を添える。バッグはリサイクルデニム製。Alex Housset〈アーティスト〉@alexhousset_wordビッグサイズのシャツをチュニックのように着て、自らカスタマイズしたというデニムパンツとレイヤード。靴の赤と扇子の黄色をきかせた。すべてヴィンテージ。 >>求めるおしゃれはここにあった。スナップ・ジェンダーレス時代 特集TOP
関連キーワード

RECOMMEND