久しぶりの結婚式二次会!ヘアセットどうしよう?

Marisol ONLINE
最近は結婚式に御呼ばれする機会もめっきり減りましたが・・・

久しぶりの招待に
幸せいっぱい♪

ヨガインストラクター仲間が結婚♡
二人がお付き合いしているころから結婚まで
お話もよく聞かせてもらっていて
若い子たちの恋愛話に
いつもキュンキュンしていました((´∀`))
20代同士のカップルなので
20代の子たちが多いだろうパーティ

40代の私は
ちょっと大人ぶって(笑)
パンツスタイルで参加してきました♪
私・・・冠婚葬祭でパンツスタイルは初チャレンジです!

お洋服はすぐに決めたものの・・・
中途半端な長さの髪の毛を
アレンジする器用さもなく

せっかくなので
久しぶりに美容院でヘアセットをお願いしてきました!

1/3

2/3

3/3

やっぱりプロにやってもらうと安心ですね(^^♪

自分でやると
いつか崩れてしまうのではないか!という怖さもありますが
プロの技で
パーティは終始楽しく過ごせました!

たまには良いですよね。
ヘアセットならこの人
「関根竜太」さん!
ヘアセットならこの人 「関根竜太」さん!
関連記事
  • まだまだ暑い秋の始まり。ヘアチェンジから季節を先取りするのはいかが? おしゃれセッター勢揃いのモアモデルズをお手本に髪から自分をアップデート!佐藤栞里の「カメレオンボブ」「いつしかこのくらいの長さが自分らしくいられることを発見。最近は耳より少し下からあごよりちょっと上の間をいったりきたりしています。ただ乾かすだけで、ヘルシーかつスタイリッシュなボブにできるうえに、巻くと、ニュアンスがでて意外と結べる。驚くほどマルチです」(栞里)無垢で可憐! パリジェンヌっぽいムードもLOVE[メイン]Tシャツ¥4900/ハイ! スタンダード(キャンバー) ニット¥14500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ピアス¥24500・バングル¥27200・リング¥23600(3点ともオンブレクレール)・ネックレス¥17200(フィリップ オーディベール)/シップス 渋谷店 パンツ¥11800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) [アレンジ]Gジャン¥38000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥12000/モットハウス・トーキョー(エーケー・スタジオ) バングル¥13000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ)HOW TO ORDERCUT:あごラインでパツンとカットしたワンレングスのボブ。バングは眉山の幅で少し厚めにとって眉の少し下でまっすぐパツッとカット。スタイリングは乾かすだけでOK COLOR:6レベルのオークルブラウンにグリーンを少しだけ足したカラーでワンメイク。透明感のあるブラウンブラックに STYLIST:川畑タケルさん(BEAUTRIUM七里ヶ浜)ARRANGE「毛束を細くとり、26㎜のアイロンで毛先から巻きつけてすぐに抜く。これを全体に繰り返し、前髪もラフに巻いてふわくしゅに。恋が始まる瞬間にぴったりのアレンジです(笑)」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/石橋里奈 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江
  • 中途半端な長さで困る時期、どうやって乗り越えていますか?ショートボブにしてからそろそろ3か月。 私の恒例行事、このまま伸ばすかまた短くするか悩みだす時期がやってまいりました。 美容院には行きたいけれど、肝心のこれからの方針が決まらず早や2週間。 こういう時はとりあえず保留にしておくのが私の中のルールです。 でも肩くらいのボブだとロングみたいにアレンジがたくさんできるわけでもなく、垂らすか結ぶかの二択でとっても飽きます笑。 そこで最近ハーフアップというやつに初トライしてみています♪ハーフアップと言っても、髪を梳いたあとただ上半分を結ぶだけ、ですが、ぶきっちょさんな私、最初やってみたときは全然素敵でもなく、今から家の中掃除するのかな、というヘアスタイルな感じに(涙)。 私なりに試行錯誤して、たどり着いたポイントは ①下半分より上半分のほうが多くなるように結ぶ。 ②前髪のおくれ毛を出す。 ③古く見えるので、トップはボリュームは出さない。少し毛の流れをラフにする程度。 やってみると伸ばしかけ特有のもさっとしたシルエットもタイトになり、一つに結んだ時の感じとも印象が変わります♪ 髪型を変えたい、でもどう変えようかいまいち決まらない、、、と悩まれているミディアムヘアの皆さん、気分転換&暇つぶしにぜひ一度トライしてみてください♪ 美女組No.146 rinのブログ
  • これははっきり言ってすごい。堂々と着られるジャケット、みつけた!「流行は回る」ということを、つくづく感じています。再びこれを着る時代が来るとは思いませんでした…ジャケット!中・高校生あたりだったでしょうか。「紺ブレ(金ボタンがついた紺のブレザー)」、着ませんでしたか?街中が「紺ブレ」だらけでしたよね(笑)わたしは、紺ブレともう1点、グレーのジャケットがお気に入りで、それがまさに、現在トレンドの「テーラード」だったのです。今、あの頃を思い出すような気持ちで、再びジャケットを着ています。 前・前回から続く3点めの「ロペピクニック」完結編は、チェック柄のテーラードジャケット。3点の中では一番の掘り出し物です!これはかなりのツワモノ。まずは価格。6,490円という破格のプライスで、大人が堂々と着られる「テーラードジャケット」があることに驚かされます。もちろん、安いだけでは買いません。そもそも「テーラード」自体が安っぽさの通用しない、「きちっとした紳士ジャケット」なので、このプチプラで実現できるのがすごいです! 「ジャケット」といっても、種類が豊富すぎて、どれを選べばいいか迷いますよね。無地orチェック?黒白系?茶色?チェックは大きめ?細かいの?…わたしは昨年の秋、黒白グレンチェックのロングジャケットを買っているので、テーラードは茶系がいいなと考えていました。この秋の自分の服に合わせても、ブラウン系が一番着回せそうです。チェックは大きめか、小さめか。どちらも素敵ですが、10代以来の久びさのジャケットなので、存在感のある大きなチェックよりは、細かいチェックのほうが、難易度が低そうな気がしました。 選ぶときには、何色がチェックに入っているのかを見ることをおすすめします。手持ちに合わせて「着回しできるか」の決め手になることが多いからです。このジャケットを選んだのは、茶色と黒のチェックの組み合わせだったから↓黒が入っていることで、ブラウン系の服はもちろん、ダーク系にも良く合い、全体がグッと引き締まるスタイリングになります。たとえプチプラでも、「テーラード」だけは、生地に妥協はできません。もっと安く買える商品も多々ありますが、表面の生地がペラペラした薄手のものも多いです。このジャケットが高見えする点は、「毛」を感じる生地。触ると少し起毛を感じるような、あたたかみのある生地がポイントです。 仕立ても生地も高見えなのに、とても軽量で羽織りやすい。手に持った感じは、重厚な厚手の高級品には劣るかもしれませんが、実はこれはこれで、プチプラの特権を活かした「着やすさ」があります。生地は、厚手と薄手の中間くらい。その「ほどほど」の生地感が、安っぽさを感じることもなく、しなやかに動ける「着やすさ」を実現してくれるのです。先日、某海外メーカーの店舗で、見ためはほとんど同じデザインのジャケットを見つけました。価格は14,900円だったのですが、仕立てや「きちんと」感は、ロペピクニックの方が上でした。「ピシっと感」が命のテーラードの生地がヨレていて、ウールの毛羽立ちが少し安っぽく見えたのです。それを見て、改めてこのジャケットのコスパの素晴らしさを実感しました。 そして、一番気になるのは「着方」ですよね。羽織ってみると、「本当にこれで合ってる??寅さんぽくない(泣)?」…ジャケットに慣れない頃、そんな風に思っていました。なんとなく不自然で、気恥ずかしい感じ↓それが、「あること」をしたらピタっと違和感がなくなり、すんなり着こなすことができたのです。 …「袖をまくる」。これだけで、「おじさん」イメージのテーラードが、「寅さん」にならず、とても垢抜けた印象に変わりました↓ 厚くも薄くもない生地のおかげで、通常は「まくり上げ」にくいジャケットの袖が、好みの具合に調節でき、しかもズリ落ちてこないので、このままの状態をキープできるのです。これは、ジャケット選びでは、個人的にはかなり重要なポイント。プチプラならではの生地の厚さを逆に活かしてみると、こんな風に着こなしのヒントにつながることがありますね。 今回、コーデのパターンがありすぎて本当に迷いました。ジャケットって、難しそうで、実はものすごく着回せるんです。スカート、パンツ…無敵です。コートの季節に入る前のアウターは、ジャケット1枚が強力な味方になってくれます!【Day1】タイトスカートを合わせたお仕事コーデ↑マニッシュなジャケットには、スカートがバランスよく合います。ジャケットを着ると上にボリュームが出るので、ボトムスはタイトスカートなどの細身を合わせると、女性らしい雰囲気がグッとUPします。ロングブーツでさらに大人っぽい印象に。 【Day2】フレアスカートを合わせてフェミニンをプラス↑フレアスカートの場合は、かわいらしさがプラスされ、ジャケットをやわらかい表情で着られます。白いブラウスをインすれば清楚な印象がUPし、フォーマルにも使えますね。ブラウン×オフホワイトは、とても上品な雰囲気です。【Day3】ニットパンツを合わせてカジュアルに ↑ジャケットと色をマッチさせれば、リブニットのパンツもよく合います。今回は、オフホワイトを合わせてみました。このジャケットは、お尻までスッポリと隠してくれる長めの丈なので、気になるヒップラインも安心です。【Day4】デニムをブーツインした細見えコーデ↑細身のデニムを合わせると、上半身のボリュームで下半身がスリムに見えます。ロングブーツにインすることで、さらに脚長で細見えに。ジャケットとデニムの組み合わせは、簡単で誰でもおしゃれに見えるコーデです!【Day5】ブラウン×ピンクのきれいめコーデ↑スモーキーピンクのプリーツスカートを合わせ、マニッシュなジャケットを華やかに。ジャケット×ロングプリーツも、気負いなくジャケットを楽しめるコーデなのでおすすめです。 ↓腕はどんどんまくって「寅さん」防止!前・前回より、3回にわたって、ロペピクニックの今年の「秋ブラウン」をご紹介させて頂きました。合計は、全部で15,000円ほど。この3つがあれば、しばらくは秋の着回しが楽しめるのではないかと思います。 これから冬に向け、さらに素敵な商品が出ると思いますので、今後もこまめにチェックして、またご紹介できればいいなと思っています!▶ROPÉ PICNIC(ロペピクニック)「ガンクラブチェックBIGジャケット」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.59★ 「マリソル10月号付録(「セオリーリュクス」コラボバッグ)」 今月号のマリソルの付録、もうお持ちですか?すごいですよね!デザインはもちろん素敵ですが、正直、ここまで厚手の生地だとは想像していなかったので、箱を開けた時にはうれしい驚きでした。絶対見逃してはならない、「セオリーリュクス」コラボのトートバッグ!付録だとペラペラ生地も多いのですが、これは普通にアパレルショップで目にするようなレベルといっても良いのではないでしょうか?サブバッグではなく、「メイン」で使える丈夫な生地感です。 内ポケがちゃんと付いているのもありがたい!持ち手が太いので、荷物を入れても肩が痛くなりにくい点も、アラフォー世代のことをよく考えられています。でも、わたしが一番うれしかったのは、ロゴが白ではなく「ベージュ」だったこと。これって、ものすごく大きな違いです。黒いバッグに白の字体だと、服はモノトーンが合いますが、ロゴがベージュになると、ブラウン系の洋服にも相性が抜群に良くなります(例えば今日のジャケット)↓ Tシャツでも、わたしはロゴの色と全体の組み合わせを重視するので、バッグでもそれは同じです。ベージュのロゴと、ブラウンの服がさりげなくリンクするんですよね♪このデザインは本当に素晴らしい。メインバッグにしちゃうかも! 書店にすぐに行けない時には、集英社の通販サイト「FLAG SHOP(フラッグショップ)」でも雑誌の注文が可能です。はじめに会員登録を済ませ、サイト内の洋服や雑貨を一緒に購入すると、マリソルの送料が無料になります。 うれしいことに、本日ご紹介した「ロペピクニック」のジャケットも、この「フラッグショップ」で扱っていますので、マリソル10月号も同時に購入予定の方は、こちらからが断然便利ですよ。売り切れになる前にぜひぜひ!!↓▶集英社通販サイト「FLAG SHOP」マリソル10月号の購入はこちらをチェック▶「FLAG SHOP」内「ガンクラブチェックBIGジャケット」の購入はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 周りの目を気にせず思いきりおしゃれを楽しみたい日には、太ヘアバンドでイメチェンするのがおすすめ。結び目は低めに結ぶ&おだんごはルーズにつくるのが鉄則で、前髪の両サイド・こめかみ・襟足の3ヵ所の後れ毛を出すことでこなれた印象に。動画もあるので参考にしてみて。 イメチェンしたい女子会は【太ヘアバンド】で洒落感up 後ろのテールをまとめるだけ 自分ファーストなファッションに浸りたい日は旬デザインのヘアバンド×ルーズおだんごでこなれ感を狙って。 計算ずくのルーズ感と大胆なヘアバンド使いがカギ 1.アイロンでベースを適当に巻いてクセづけたら、装着するヘアバンドを首にかけるところからスタート! 2.手ぐしで全体を襟足の少し上あたりにまとめてゴムで結ぶ。最後の一周で毛束を通し切らずにストップ 3.2でゴムから飛び出ている毛先を、数回に分けて結び目に挟む。そしておだんごを指でほぐしてルーズに 4.1で首にかけておいたヘアバンドを引き上げて装着。おでこの生えぎわが隠れる位置にくるように調整して 5.前髪の両サイド、こめかみ、襟足の3カ所の髪をひとすじずつ指で引き出して後れ毛を作る ここがポイント ヘアバンドは最初から首に引っかけておく 結び目は低め&おだんごはできるだけルーズに 3カ所の後れ毛でこなれ感を演出して 髪色になじむ落ち着きカラーで大人っぽさ重視 レオパード柄はそれだけで主役級の存在感。¥3500/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店(ブランク×ビーミング by ビームス) 光沢感のあるネイビーが大人っぽさをお約束。ターバン¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) カーキなら誰よりこなれた印象に。¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) ビスチェつきワンピース¥31000/シップス 渋谷店(ミュラーオブヨシオクボ) ピアス¥24900/シップス グランフロント大阪店(ナタリーシュレッケンベルグ) シルバーリング¥22000・オーバルモチーフリング¥10000/アガタ ジャポン(アガタ パリ) 撮影/熊木 優〈io〉(人)、細谷悠美(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/三枝こころ 取材・原文/石橋里奈 構成/北村聡子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
  • まだまだ暑い秋の始まり。ヘアチェンジから季節を先取りするのはいかが? おしゃれセッター勢揃いのモアモデルズをお手本に髪から自分をアップデート!逢沢りなの「いい女ストレート」「毛先がストレートのカットラインがポイントのミディアムは、下ろすだけでいい女っぽいムードをまとえるところがお気に入り。実は今、前髪を伸ばしている途中。28歳という年齢と釣りあうようにワンレンミディでさらに大人っぽくなりたいなって」(りな)潔いほどシンプルなミディアムで大人の余裕見せ[メイン]ブラウス¥17000/デイシー ルミネ新宿店(DEICY) イヤリング¥2400/フィービィー プラス(フィービィー) インナー・パンツ/スタイリスト私物 [アレンジ]カットソー¥15000/ハニー ミー ハニーHOW TO ORDERCUT:毛先を重めに、平行に鎖骨下3㎝のラインでカットしたノンレイヤーのミディアム。伸ばしかけのバングは、全体を7対3で分けて、それぞれサイドに自然につながるように毛先を少しだけカットし、軽さをプラス COLOR:赤みを消しながら透明感をもたらしてくれる、8レベルのアッシュブラウンでワンメイク。落ち着いた印象をキープARRANGE「愛犬とお散歩する日はゆるハーフアップに。耳の上の髪を手ぐしですくってハーフアップに。毛先をゴムにはさんでおだんごっぽく。サイドの髪は耳が半分隠れるようにかけて」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/石橋里奈 撮影/瀬津貴裕(biswa.) ヘア&メイク/George モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/志田 舞
  • 気になるトレンドアイテムを、旬の要素はそのままに大人が着やすいシルエットやディテールにアレンジ。毎日のおしゃれで頼りになるのは、まさにこんなアイテム!スタイリスト徳原文子さんと考えました! ■コーデュロイスカート <大人気スカートの秋冬バージョンには、旬の細畝うねコーデュロイをチョイス。素材に表情があるから、ニットとのワンツーコーデが簡単におしゃれ見えします>すっきりした腰まわりにこだわった着やせシルエット春夏に大ヒットしたマキシスカートを、秋素材に変更して再登場。広がりすぎずにすとんと落ちるよう計算しつくされたパターンが光る。テラコッタオレンジは、ダークカラーが増えがちな秋冬スタイルの主役にぴったり。サイドスタッズブーツ¥37,000/ファビオ ルスコーニ バッグ【BERLINリングスモールショルダーバッグ】¥35,000/SHOP Marisol(ベルメール) ニット・ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【徳原文子さんコラボ】コーデュロイマキシスカートカラー:テラコッタ、ブラウンサイズ:1、2¥28,000 マリソル編集部と考えました!■スウェット女っぷりが上がるゆるっとしたシルエットハイウエストパンツやマキシスカートなど、トレンドのボトムに合わせやすいよう少しだけ短めの丈感に。そのぶん身頃や腕まわりにはゆとりがあり、着るだけで絶妙な"ゆるシルエット"が完成。カジュアルになりすぎず着回しやすい。ベイカーパンツ¥19,000/シンゾーン バッグ¥19,000(アロン)・カシミヤ大判ストール¥62,000(ジョンストンズ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】大人ゆるスウェットカラー:ブラック、カーキ、オフホワイトサイズ:F¥9,500 マリソル編集部と考えました!■シャツワンピース素材の上品なツヤ感がマルチに着回せる理由ドロップショルダーとゆとりのある身幅により、着るだけで即旬のシルエットに。上質なウールならではのしっとりとしたツヤがあり、ベルトでウエストマークすればお仕事シーンも対応可能。ゆったり快適な着心地で、真冬のタイツ合わせまで活躍するはず。バッグ【PIASKI NEW CALF】¥30,000/ベルメール ショートブーツ【CATTLEYA】¥42,000/SHOP Marisol (ペリーコサニー) 帽子/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】バンドカラーワンピースカラー:カーキ、ネイビーサイズ:F ¥19,000 【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂
  • まだまだ暑い秋の始まり。ヘアチェンジから季節を先取りするのはいかが? おしゃれセッター勢揃いのモアモデルズをお手本に髪から自分をアップデート!内田理央の「やわふわミディ」「鎖骨下3㎝で重めにカットした、ほぼノンレイヤーのミディアムは、スタイリング次第でカジュアルにもレディにもなれちゃう万能スタイル。細くて柔らかい髪質を生かした、抜け感があるシースルーバングも今っぽくて便利。カラーは透明感を重視してるよー!」(理央)カジュアルも女っぽいもかなえてくれるマジカルヘア[メイン]ニット¥9800/Stola. ワンピース¥26000/シップス 有楽町店(フィータ) [アレンジ]長袖Tシャツ¥11000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) イヤカフ(下)¥9500/シップス 有楽町店(サスキアディツ) イヤカフ(上)¥2000/サンポークリエイト(アネモネ)HOW TO ORDERCUT:バングは目の上ギリギリでカット。全体は鎖骨下3㎝で重ためのグラデーションカットを施し、表面に少しだけレイヤーを入れてシルエットの角を調整 COLOR:10レベルのモカブラウン。パープルを多め、グレーをほんの少しブレンドすることで、やわらかさを演出しつつ黄みを抑えるのがポイント STYLIST:河原洋美さん(Linky by SHIMA)ARRANGE「32㎜のアイロンで適当に動きをつけたら前髪も一緒に全体を6対4に分けてオイルをなじませ、少ないほうをタイトに耳にかける。もみあげはラフに、ふわふわのままでOK」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/石橋里奈 撮影/北村圭介 ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/松島 茜(io)
  • ヘア小物を使って、いつものなんてことのないひとつ結びをしゃれ見えヘアに変身させるコツをご紹介します。結び目は高すぎず低すぎない耳の中間がベストで、トップの髪を引き出すことと後れ毛でニュアンスを出すことがポイント。そして、オフィスにはシンプルで品の良い飾りゴムを常備しておくのを忘れずに。動画もあるので参考にしてみて。 基本のひとつ結びをマスター オフィスには【飾りゴム】使いで知的な清潔感を 品のよいシンプルな飾りゴムは、仕事相手にも好印象。顔まわりのニュアンスで女性らしいムードを出して。 全方位に好印象のエフォートレスヘア (左)ナチュラルなニュアンスをキープ。ケープ ナチュラル&キープ無香料 180g オープン価格/花王 (右)洗練ルーズなベースを作れる泡タイプのスタイリング剤。ボヘミアンシーウォーター 200㎖ ¥3800/センス・オブ・ヒューモア  1.全体をランダムに巻き、スタイリング剤(右)をなじませたら、耳の中間の高さに手ぐしでまとめる 2.前髪の両サイド、耳の手前のもみあげ部分の髪をひとすじ引き出して、あらかじめ後れ毛を作る 3.後ろでまとめた毛束をシリコンゴムで結ぶ。このひと手間で、スタイルのキープ力がアップ 4.結び目を片手で押さえ、トップやゴムの上の毛束をかるく引き出し、そこにスプレー(左)をかける 5.手をパーにして耳の上に指先を入れ、ゆさゆさ。こうすることでサイドがふわっとしてこなれ感が 6.シリコンゴムの上を飾りゴムで結ぶ。5でパラパラ落ちてきた髪はそのまま後れ毛にしてOK 7.ストレートアイロンで前髪の端の毛束の中間を挟み、外側に手首を返して自然にサイドへ流す 8.スタイリング剤(右)を後れ毛になじませてふんわりとした束感をつくったら、でき上がり ここがポイント 事前に全体をアイロンでランダムに巻いておく 結び目は高すぎず低すぎない耳の中間が◎ トップの引き出しと後れ毛でニュアンスづけ シンプルな地金タイプを押さえれば印象があか抜け プレートのうねりがほどよくモード。きゃしゃなゴムを重ねているから留まりもバッチリ。¥1280/サンポークリエイト(アネモネ) 鹿の角をモチーフにしたユニークなヘアゴム。2本セット。¥14000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ゴールドの厚みがリッチ。ころんとしたフォルムで女性らしさも欲張って。¥13600/シップス 有楽町店(サスキアディッヅ) シャツ¥15000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス¥28000/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー) 時計¥53500/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ウォッチ) 撮影/熊木 優〈io〉(人)、細谷悠美(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/三枝こころ 取材・原文/石橋里奈 構成/北村聡子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND