話題のデンマーク発ジュエリーブランド、MARIA BLACK♪

Marisol ONLINE
ここのところ、本当に気持ちいい爽やかな初夏の陽気が続いていますね。

先日友人に会いに、六本木ヒルズに行ってきました。
六本木ヒルズといえば、以前から気になっていたMARIA BLACKのお店が4月にエストネーションに入ったと聞いていたので、ブランチがてら見に行くことに。


MARIA BLACKはデンマーク発のジュエリーブランドで、北欧らしいモダンなデザインだけれどどこか温かみのある雰囲気のデザインが特徴です。
ほとんどのものが片耳ずつの販売なので、自分のセンスで左右で違うものをチョイスしてアシンメトリーなピアスにしたり、なんと二つのものをジョイントして片耳につけたりできるデザインのものも。

そうやって自分流にアレンジできるのもとっても魅力です。選ぶの自信ないけど笑。
リングもとても可愛いものが沢山でしたが、私が気になったのはこちらの子たち。

パール大好き、そしてフープも大好きなので、パールがついたフープピアスとバングルに目が行きました。パールがついたフープは今や沢山みかけるけれど、内側についてるって新鮮!

バングルも、つけてみるとちょっとティアラみたいな(?分かりにくい?笑)デザインで、モダンかつ華やかでした♪

とても親切でおしゃれな店員さんに色々とご紹介いただき、ピアスを買うか、ブレスレットを買うか、フープの大きさはどれがいいか、悩みすぎて頭がショートしてしまい、、、いったん買わずに帰ってきてしまいましたが、また近いうちにお邪魔したいです♪

関連記事
  • 出先で道に迷い、冷や汗、いや大汗。Tシャツでよかった…今日は気心の知れたデザイナーさんとの打ち合わせ。ストライプを効かせたホワイトスタイルに、小物でターコイズ色を加えて夏らしく。待ち合わせのカフェに向かう途中、盛大に道に迷ってしまって大慌て。どうやら反対方向に進んでいたみたい……(汗)。駆け足で道を戻り、涼しい顔してなんとかセーフ。ゆるTとストールが汗を隠してくれてひと安心。帰りは迷わないよう気をつけなきゃ!Tシャツ¥8400/ティッカ パンツ¥28000/エストネーション ストール¥11000/アルアバイル(マニプリ) バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ イヤリング¥15000/アルアバイル(ラダ) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス)【今月のPROFILE】広告会社勤務の広告プランナー・花 コマーシャルプランナーとして、企画からディレクションを担当し、各所を飛び回る。スマートな辛口スタイルとは裏腹に、ちょっぴり天然で大の甘党。マイペースに彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】白バックロゴTシャツ ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ【相棒ワードローブ】ストライプ太パンツ ボリュームのあるワイドパンツは、淡色ストライプで軽やかに。シワになりにくい素材もうれしい。¥28000/エストネーション「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】ATON SUVIN60/2 /パーフェクトショートスリーブTシャツ ¥9,900+税【関連商品】PINKY&DIANNE 麻調ストライプワイドパンツ ¥23,000+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。5/28より、第12期がスタートしました! 彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『kate spade new york』と『GU』の優秀アイテム【ファッション人気記事】♡第3位♡夏ファッションをライブの写真とともに振り返る! No.431 うたうゆきこさんは、自身の夏ファッションをライブの写真とともに振り返り。『マリメッコ』の洋服や、『ドクターマーチン』のサンダルなど、お気に入りのアイテムを紹介してくれました! ▶︎▶こんなコーデに ♡第2位♡『kate spade new york』がお気に入りなんです♡ No.510 MIYUさんは、『kate spade new york』の「シルビア ミニ キー リング ウォレット」がお気に入り! 小さいのに収納力抜群でとにかく使える。この機能を超えるアイテムは他にない!! と大絶賛です。 ▶︎▶︎実はこれで3代目 ♡第1位♡『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」 No.562 しょこたうるすさんが購入したのは、『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」。低反発クッションでローヒールと、とにかく歩きやすい! この夏大活躍の予感だそう♡ ▶︎▶︎人気アイテムらしい 韓国コスメ、『ディオール』『コスメデコルテ』の愛用品を紹介!【ビューティー人気記事】♡第3位♡韓国コスメ「リアルバリア エクストリームクリーム」 No.692 れいさんは、韓国のドラッグストアで「リアルバリア エクストリームクリーム」を購入。シアバターっぽいテクスチャー で、保湿力バッチリ◎。ちまたでは“72時間保湿のクリーム”と言われているみたい♪ ▶︎▶︎かなり気に入った!♡第2位♡「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ No.570 しんしんさんが愛用する香水は、『ディオール』の「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ ロールオンタイプなので、いつでもどこでもささっとつけられるのがポイント。 ▶︎▶︎とことん甘い香り♡第1位♡『コスメデコルテ』のきらきらアイカラー No.702 ❤︎KANA☺❤︎さんがおすすめするのは、『コスメデコルテ』の「アイグロウ ジェム」。深みのある色で、重ねづけすればするほど立体感が生まれるんだとか♪ ▶︎▶︎艶感も◎『ムーミンバレーパーク』は、アウトドア感覚で行くのがいい!?【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡『としまえん』のあじさい祭りに行ってみた! No.685 rinaさんが訪れたのは、東京・『としまえん』のあじさい祭。まだ咲き始めだったけど、満開の頃にまた行きたい♪ と再訪を希望。今の季節ならではの景色にうっとり♡ ▶︎▶︎とってもきれい♡第2位♡葉山ビーカープリンの『マーロウ』でランチ No.366 Yumiさんは、葉山の人気カフェ『マーロウ』でごほうびランチを楽しんだそう♡ ボリュームもあって、とにかくおいしい。葉山牛が食べられるメニューをチョイスしたんだって♪ ▶︎▶︎もちろんプリンも!♡第1位♡『ムーミンバレーパーク』に行ってきました No.690 Yukaさんは、気になっていた『ムーミンバレーパーク』へおでかけ♪ 広大な敷地内にさまざまなショップやアトラクションがあり、1日じゃ物足りない! と、見所を教えてくれたのでした。 ▶︎▶︎歩きやすい靴で★今回のランキングは6/10(月)~6/16(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 『YOKO CHAN(ヨーコチャン)』が、ブランド初となるブライダルコレクションをスタートしました。「挙式の当日だけでなく、その後も思い出がつまったドレスを着られたら」という、クリエイティブ・ディレクターであるYOKO CHANの思いから作られた全5型のドレス。なんと挙式後にお直しして、ワンピースとして着ることができるんです!Floorlength Gathered Dress ¥87000カジュアルにも着こなせそうな、ノースリーブ×クルーネック。Wing Dress ¥86000Vネックとスカートに入ったスリットですっきりとした印象。背中はケープのようなデザインで、後ろ姿にも動きが出る。One Shoulder Dress ¥89000マーメイドラインとワンショルダーのデザインが女性らしい。肩のボウタイと、背中に大きく入ったタックがアクセント。Petal Dress ¥96000まるで花びらのように、曲線を描く生地を重ねたドレス。ウエストの切り替え位置が高めになっているので、スタイルアップも。Pearl Slit-line Dress ¥98000『YOKO CHAN』のアイコンでもあるパールドレスが、ウェディング仕様に変身。縦一列にあしらわれたパールは、気品溢れる華やかさ。ウェディングドレスとしても、ワンピースとしても、美しいシルエットが保てるように計算されているそう。結婚式という特別な日を飾ったドレスが、日常をも彩ってくれるなんて……花嫁の夢が詰まってる! “ずっと着られるウェディングドレス”を、ぜひドレス選びの参考に♡▶︎▶︎『YOKO CHAN』公式サイトはこちら
  • 白シャツとスカートで作るワンツーコーデに引き締め役のネイビーをプラスして※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美容ジャーナリスト・小田さんは、美白をスタンダードケアとして環境やストレスに負けない透明ツヤ肌をキープ! そんな彼女が美白の先進性を感じた“超私的ベストコスメ”をご紹介。小田ユイコの超私的ベストコスメ「ベースメイクで本格美白ができたり、新規美白有効成分が誕生したりと、特に美白でニュースが多かった今年上半期。シミをつくらないということは、若々しい美肌を持続させること。環境やストレスに負けずにいつまでも透明ツヤ肌でいたければ、美白をスタンダードケアにすべきだと再認識。そこに先進性を感じたコスメが私的定番に!」1.ディオール アディクト リップ グロウ マックス 212「染まるようにぴたりとフィット。表情まで明るく華やぐ」 「一日のうちに1回は『それどこのリップ?』と聞かれます。バームが唇をふっくらつややかにしつつ、パールリッチなカラーがしっかり発色。ベタつかず、しかも色が長持ち。いつのまにか素唇に!? ということもない」。唇を24時間保湿。¥3,800/パルファン・クリスチャン・ディオール2.富士フイルム アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト「黒いかたまりに見えたシミが、くずれるようにベージュ化!」 「頑固な居座りジミにまで届く、先端技術に拍手を!  濃いシミが薄くなるのを実感し、頰の色ムラも均一に。浸透しにくいシミ部分にもスッとなじむのは、さすが『ナノ化』の王者、富士フイルム!」。根深いシミに潜み、メラニンをため込む「シミの骨」を浄化。30㎖(医薬部外品)¥7,0003.ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ「ファンデーション不要と思うほど明るく、幸せそうな肌に」 「3本目をリピート中。肌がトーンアップして、女性らしい血色透明肌に。紫外線、空気中の汚染物質から肌を守ってくれて、ムズムズせずいつも快適。服に移らないので首、デコルテまで使用」。都市型生活のあらゆる悪影響から守る「ピンクの美人UV」。SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,8004.ポーラ ホワイトショット MX「エネルギーに満たされ光がまわる肌に。すっぴんを自慢したくなる美白!」 「肌そのものが、息を吹き返したようになる乳液。ジェル状なのでスッとなじみ、なかなかなじまないストレスがありません。シミが明るくなっていくとともに、肌全体がサテンのようになめらかに」。表皮細胞を強化し、眠れる力を呼び覚ます新美白アプローチ。78g(医薬部外品)¥11,000これもLOVE賞 資生堂薬品 ザ・コラーゲン〈ドリンク〉W 「翌朝、内側からハリと透明感が高まる体感がうれしくて、夜寝る前に飲んでいます。コラーゲンを生み出す力を高めるから、肌だけでなく血管や骨、歯茎のことも考えて飲み続けたい。保存料無添加なのもうれしい」。50㎖ ¥250【Profile】 小田ユイコ 美容ジャーナリスト。美的好奇心をもち、最新コスメを科学的視点からも探究。むずかしい理論もわかりやすく伝える、その語り口にも定評あり。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • 人気ブランドをはじめ、SNSや感度の高いおしゃれプロたちが注目しているネオナチュラル。この夏ブーム間違いなしの「ネオナチュ」を簡単に攻略できるコーデとアイテムをお届け!ブラウン×ベージュのワントーンが今っぽい♡ 小物までブラウンとベージュでまとめたワントーンコーデ。面積多めのベージュスカートと、夏らしくクリアなバッグで軽やかに。 Tシャツ¥2500/アダストリア(ローリーズファーム) スカート¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 イヤリング¥2900・バングル¥2900/MURUA バッグ¥6900/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) サンダル¥10000/Noela他のアイテムをチェック! ◀︎左右にスライド▶︎存在感のあるストライプ柄。デニムと合わせるだけでサマになる。 ブラウス¥2990/セシール(イマージュ)ちょっぴりレトロな形&ストライプで1枚で華やぐ。 ワンピース¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店袖のさりげないリボンでほんのり甘く。 ニット¥3600/シティーヒル(マジェスティックレゴン)他の画像を見るモデル/新川優愛 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • インスタにも華やかに映え、ちょっぴりアンニュイなムードを漂わせる今、人気の花。処理の方法や生け方のコツを知るだけで、より長く、より美しく楽しめる存在になるんです。ここでは、アジサイだけで映える飾り方をご紹介。 アジサイはボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになる平井 今回のテーマは、今が旬のアジサイです! 加藤 幼稚園ではアジサイ組だったので、チューリップの次に覚えたお花!   実家の庭にも咲いていたし、道端や公園などあちこちで群生していますね。 個人的に生花のアジサイは、部屋に飾るというよりも、屋外で自生する姿を眺めるイメージでした。 平井 もともとアジサイの原産は日本。ヨーロッパに渡って人気を博し、品種改良が行われたことで色もガクの形も多彩に。近年は品種も多く出回るようになり、一段とおしゃれな雰囲気になったんです。 加藤 なるほど。上手に生けるコツはありますか? 平井 バラやシャクヤクと同じく、アジサイは茎が固め。水の吸い上げがよくないので、根元の処理をきちんと行うこと。加えて花や葉っぱの部分に霧吹きで水をかけることで、生き生き感が長もちします 加藤 ボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになりますね。これは便利。 平井 群生して咲き誇る、あるがままの自然の姿を取り入れた生け方も素敵ですよ。その場合は単調にならないよう、色合いやガクの形、咲き具合が異なるものを組み合わせるだけで、一気に表情豊かに。 加藤 華麗さはありながら、バラのような強さや気高さとは違い、色気や憂いも感じさせる。梅雨の時季にふさわしいですね。今、秒単位で時事が目まぐるしく変化するニュース番組を担当しているので、花にふれることができ、心が満たされました(笑)。そこはかとなくアンニュイさや色気も漂う旬のアジサイ。素敵に飾るにはどうしたら?同じ色や品種だけを束ねるとやや単調な印象に。色が微妙に異なるアジサイ同士を束ねたり、ガクの形が違うものを束ねて生けるだけで、一気にニュアンスが出る。トップス¥4900/ノーク(ノーク バイ ザ ラ イン) サロペット¥19000/イエナ ラ ブ ークル ピアス¥18000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)気軽なのにサマになるテクがこちら。花器の高さに合わせて茎を切り、適度に葉っぱを残したアジサイを一輪挿しや空いたボトルに生ける。玄関先や寝室に飾っても。初心者でもうまくいく!【ちょこっとテク】茎の内部の白いワタをかき出す根元を鋭角に切り落としたら、茎の中央にある白いワタを園芸ばさみの刃先を使い、やさしくかき出す。水の吸い上げがぐんとUP水につかる面積を増やし吸い上げ力をUP茎が固いアジサイは、水の吸い上げが弱め。吸水力を上げるべく茎先は鋭角に、斜めに切る。切り口と反対側の皮ははさみの刃で削る根元だけでなく花にも優しく霧吹きを花びらが薄い花に水をかけると茶色くなりがちなので本来は水をかけないが、アジサイには雨の景色を演出するようにあくまで優しく霧吹きで葉っぱにもたっぷり水分補給できれば葉っぱにも霧吹きで水をかけてやるとよい(もしくはバットなどに水をはり、全体をさっとくぐらせるだけでも元気になる)広めの花器の縁にのせるように生ける群生して咲くアジサイの趣をしつらいで表現するテク。口が広めの花器を用意し、アジサイの花首を花器の縁に寝かせるように生ける花器の縁にのせるように生けるだけで、ボリュームのあるブーケのような様相に。いよいよ元気がなくなり、くたっとしてきたら、花首だけ残し、水をはった浅めの器に浮かべて。雨が似合うアジサイだからこそ、美しく映える Teacher by ●平井かずみ フラワースタイリスト。明るく的確な指導ゆえ、自身が開く教室はいつも大人気。近著は写真家の大段まちこさんと料理家の渡辺有子さんとの共著『花と料理 おいしい、いとしい、365日』(リトルモア)。 http://ikanika.com/【カトパンのあえて小さく飾る花レッスン】連載をチェック撮影/熊木 優〈 io〉 ヘア&メイク/コンイルミ  スタイリスト/斉藤くみ  アレンジメント指導/平井かずみ 取材・文/広沢幸乃
関連キーワード

RECOMMEND