ステーキハウスハマ六本木店にて♡

Marisol ONLINE
こんばんは。
今日のランチはお腹いっぱい!

今回のランチ会は食のプロ美女組natsukoちゃんの
提案でお店をしぼるために事前にキャビアが
いいかお肉がいいか多数決で決めました。

結果は全員お肉!!笑

同じ年に生まれた私たちはかなりの肉食系!?
  • 入り口にはいきなり美味しそうなお肉
    入り口にはいきなり美味しそうなお肉
  • ウニのソースがかかったホタテが美味!
    ウニのソースがかかったホタテが美味!
  • シメのご飯はガーリックライスに変更
    シメのご飯はガーリックライスに変更
もちろんお肉は柔らかくて美味しかったですよー♡

そしてはじめましての美女組rinさん。
ジャカルタにお引越しする前に会えて良かったです!
また帰国したら会いましょうねー!

最後に撮った写真は宝塚っぽい!?笑
最後に撮った写真は宝塚っぽい!?笑
関連記事
  • こんにちは! 『ヒルナンデス!』放送アイテムがFLAG SHOPで販売中です♪ 放送アイテムも今ならセールプライスで大チャンス!   ◆6/11(火)放送【ダンナ様と那須高原ドライブデート】 ★紅蘭さん着用アイテム INGNI/レースノースリーブトップス 繊細なスカラップレースで全体を仕上げた表情豊かなアイテム。 すっきりとしたノースリーブが涼やかに映え季節感引き立てます。 短めの丈なのでパンツはもちろんボリュームあるスカートともバランスよく決まるコンパクトなトップスです。   INGNI/エスニックフラワーイージーワイドパンツ 落ち感ある滑らかな生地がスカートのように揺らめくイージーワイドパンツ。 繊細なエスニックフラワーを全体にあしらったクラシカルなデザインが目を惹きます。   ◆6/18(火)放送【六本木フレンチディナー】 ★寺田恵子さん着用アイテム INGNI/裾タックバー付トロミ7分袖ブラウス 落ち感ある柔らかな生地が表情豊かなとろみブラウス。 フロントにタックをあしらいふんわりとボリュームあるシルエットに仕上げました。   ◆INGNI人気スカート特集 ヒルナンデスでも放送されているINGNIのスカート。 今夏は涼しげ且つ動き易いロング丈が大人気! ヒルナンデスでも放送のあった人気スカートをまとめてご紹介します♪   INGNI/プリーツスカート 落ち着いた色合いにドット柄が映えるレトロなアイテム。 透け感あるエアリーな生地に細かなプリーツをあしらい表情豊かに仕上げました。 シンプルなトップスをインして見せたい華やかなスカートです。   INGNI/プリーツスカート ほんのり光沢のあるリッチな風合いに細かなプリーツをあしらい軽やかな表情が映えるフェミニンなアイテム。 広がりすぎない品の良いフォルムです。   INGNIではヒルナンデスご紹介商品以外にも夏の特集が目白押し♪ プレセールも開催中なので是非チェックしてみてください!   ☆夏のトレンドキーワード『#ウエストマーク』スタイルアップ効果も◎   ☆\愛甲千笑美さん着用/いつもよりちょっぴり大人見せ~初夏の大人シックStyle~
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • こんばんは☻ 前回ブログに書いた、 ゆずちゃんとの代官山ランチの帰りに 恵比寿でお洒落なスムージーのお店に 連れて行ってもらいました♡✌︎ それがこちら、、marugo deli ebisuです❤︎!恵比寿駅西口から徒歩5分ほどの ところにあります☻ こちらのお店、 スイーツのような 「フレッシュジュース&スムージー」と 野菜をたくさん摂取できる 「ベジタブルジュース&スムージー」、 そして栄養たっぷり!の 「スーパーフードスムージー」の3つに 分かれているそうで、 常時20種類以上が揃っているようです\(^o^)/ 私が頼んだのは、、❤︎たくさんメニューがあって かなり迷いましたが、、 この日は何となくバナナベースのものが 飲みたかったので Banana Oatsをオーダーしました(^O^) 税込¥650です☻ バナナ、豆乳、オーツ麦、メープル が入ったヘルシーなスムージー❤︎プラス50円で有機ミルクへ、 プラス200円で有機アーモンドミルクへ 変更もできるようです\(^o^)/ ほかにも、アボカドやアサイーを 使ったスムージーがあり、 かなり気になりました❤️ また絶対リピートしたいと思います☻ 皆さんも恵比寿に行かれた際は 是非行ってみてくださいね✨marugo deli ebisuのHPはこちら❤︎カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • 上半期のベストコスメの発表とともに、マキア創刊15周年イヤーにふさわしく石原さとみさん、大政絢さん、田中みな実さん、IKKOさん、宇垣美里さんなど誰もが認める美容通の方々の「マイベスト美容」も総力取材! 「欲しいのは、私に効くコスメ」を合言葉に、本当に使って価値のある名品が続々登場します。さらに、整形級の顔立ちチェンジが期待できるメイクテクニック&フェイスエクササイズ特集や、大人ニキビ・ニキビ跡・シミ100問100答など、今月号も読みどころたっぷり! マキア8月号の付録はこちらをチェック >>スヌーピーと一緒♥保冷ランチバッグランチタイムが楽しくなりそうな、スヌーピーデザインのランチバッグ。マチが12センチもある広めの底だから、500mlのペットボトルが余裕で3本入ります。エトヴォスクリアソープバー薬用 アクネVCローションⅠバランシングVCクリアスポッツ美容賢者からも信頼の厚いスキンケアブランドの原点であるニキビ肌に悩む人のために生まれたVCローションをはじめとする、エトヴォス人気の美肌サポーター3品が試せるチャンス!もっと見る >【MAQUIA8月号は6月22日発売】
  • 大好きなTシャツスタイル。毎年シーズンはじめに定番の無地のものを買い足しますが、今年はこのロゴTが目に入り気に入って連れて帰り大正解でした。 いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。 Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。 袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。 ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。 はい!私も気にしません。 ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。 ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。 この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。 InstagramもUPしています。 ↓華組 近藤和子ブログ
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND