センスがいいとほめられる!夏のオフィスコーデまとめ|40代ファッション

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

40代 夏のオフィスコーデ:ジャケットコーデ編

■白ジャケット×ベージュワンピースのオフィスコーデ

フロントのひとつボタンと細めのラペル、九分袖がシャープな印象の白ジャケットをさらりとまとえば、膨張しがちなベージュワンピースもシュッときれいに着こなせる。少し短めの丈が軽やかさとスタイルアップをお約束。


ジャケット¥19,000・ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・アイスグレーバッグ¥41,000(トフ&ロードストーン)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol

■ノーカラージャケット×パンツのオフィスコーデ

トレンドの太めパンツも長め丈のジャケットでグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ジャケットがヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。

ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)

■ベージュのジャケット×ワンピースのオフィスコーデ

ストレスフリーなコットン地のワンピースにきちんと感のあるベージュのジャケットを羽織れば、こなれ感のある通勤コーデが完成。足元は白のサンダルで抜け感をプラスすると女っぷりがアップ。

ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) 靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)

■ベージュのシャツワンピース×ブラウンジャケットのオフィスコーデ

小さめ襟の端正なベージュシャツワンピに、ブラウンのジャケットとグラデ配色にしてなじませたオフィスコーデ。上品で落着きのある雰囲気のカラーコーディネート。縦長ラインで細見えも効果も狙って。

ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ネイビージャケット×カラーパンツのオフィスコーデ

人気のカラーパンツで少し攻めのオフィスコーデ。インパクトのあるカラーパンツはシンプルなシルエットを選び、合わせるアイテムもベーシックを意識すれば品のあるオフィスコーデに。

パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ジャケット¥39,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) Tシャツ¥7,800/スローン(スローン) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥26,000/ファビオ ル スコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

■ジャケット×ネイビー細身パンツのオフィスコーデ

ぐっとビジネスモードのアラ管(=アラウンド管理職)ファッション。ネイビーの細身パンツで引き締めつつ、ジャケットとパンプスは淡いトーンでまとめて、女性らしさもプラス。バッグはきちんと感のあるクラシカルなバッグでコーデを格上げ。

パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)  ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー ジャケット¥75,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)

■ノーカラージャケット×ふんわりワンピースのオフィスコーデ

着丈長めのノーカラージャケットをワンピースにはおれば、長め×長めで旬のムードに。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。ノーカラージャケットは堅苦しさがないので、会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。

ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

■ネイビージャケット×リネンパンツのオフィスコーデ

現場の上司としての印象は、堅すぎず砕けすぎずのほどよいオフィシャル感が重要。そんなときはセンタープレス入りのゆったりとしたリネンパンツと、ダブルボタンのジャケットのセットアップがちょうどいい。爽やかな白Tシャツと白小物で抜け感を。足もとは華奢なサンダルでエレガントな女性らしさを忘れずに。

パンツ¥36,000・ジャケット¥62,000・カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN バンダナ¥9,800/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(MONA SULTAN) バッグ¥332,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)

■ジャケット×シャツワンピースのオフィスコーデ

ほんのりモードなバンドカラーシャツをベルトアレンジでオフィス仕様に。片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。さし色の赤いパンプスで気分を上げる!

ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×ボーダーカットソー×白パンツのオフィスコーデ

膨張カラーの白こそ、タックや股上が深すぎないジャストウエストで気になるおなかも目立たせない。センタープレスでメリハリをつけたのもポイント。下まで全面裏地つきなので、ラインが響きにくく透けにくい。リラックス感のあるリネン混素材で、紺ブレ、ボーダーともマッチ。

パンツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ベルトつきジャケット¥62,000/ebure カットソー¥10,500/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥59,000(ウェルデン)/フラッパーズ サンダル¥48,000/アマン(ペリーコ)

■サファリジャケット×ドット柄スカートのオフィスコーデ

オフィスに着ていく色合いに迷ったら、必ず組み合わせる鉄板の「ベージュ×黒」。今年らしく着こなすならスイートな黒をとりいれること。例えばノスタルジックで甘さを感じさせるドット柄の黒スカートに、都会的なサファリベージュのジャケットを合わせて。ドット柄と同じくらい大きさの粒が連なったパールネックレスでリンクさせるのもおしゃれの高等テクニック。

ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/オーラリー スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ) 靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)

■ジャケットとスカートのオフィスコーデ

 ビッグ&ロングなジャケット、バンドカラーのシャツ、ざらりとした質感のシルクリネンスカート。そしてガツンと大きなバッグ。旬のアイテムたちを集めた、鮮度の高いオールベージュ。

ジャケット¥52,000/サード マガジン シャツ¥26,000/ebure スカート¥64,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ(大)¥57,000/フレームワーク 自由が丘店(ア ヴァケーション) (小)¥128,000(ザンチェッティ)・靴¥62,000(ジョセフ チーニー&サンズ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000・リング(人さし指)¥47,000・(中指)¥39,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)

40代 夏のオフィスコーデ:オフィスカジュアルコーデ編

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンのオフィスコーデ

シワになりにくく着心地のよい素材で仕上げたシャツワンピースは今シーズンもマストハブ。気になる二の腕をさりげなくカバーするフレンチスリーブや、ベルトなしでもサマになるウエストゴムで、働くアラフォー女性への思いやりを感じる一着。肩掛けしたカーディガンはさし色効果だけでなく、オフィスの冷房対策に。

シャツワンピース¥22,000(エムセブンデイズ)・メタリックマクラメトートS¥14,000(ヌキテパ)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物

■ブラウス×白プリーツスカートのオフィスコーデ

清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。

スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■カーディガン×ベイカーパンツのオフィスコーデ

長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 

パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ニット×ワイドパンツのオフィスコーデ

長時間のミーティングが続く日には、座りっぱなしでもシワになりにくい素材のパンツがかなり重宝。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。

プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■ブラウス×ストレッチパンツのオフィスコーデ

ほどよくボディにフィットした全方位ストレッチ素材のスーパーストレッチパンツは、一日中動き回ってもノーストレス! 細身のシルエットなので、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたい。小物は清潔感のあるベージュでまとめて。

ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物

■ボリューム袖のブラウス×タイトスカートのオフィスコーデ

ボリューム袖が今年らしい白いブラウスにネイビーのタイトスカートを合わせた清潔感のあるオフィスコーデ。小物はクラシカルな雰囲気のバッグと靴で、しっかり個性もアピール。

¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 

■とろみブラウス×細身パンツのオフィスコーデ

とろみ素材が女性らしいネイビーのトップスと細身のネイビーパンツを合わせたワントーンコーデ。小物は軽やかに決まる白とシルバーで抜け感をプラスして。

ブラウス¥12,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・牛革トートバッグ【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.】トリプルコラボ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・パンプス¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■白シャツ×テーパードパンツのオフィスコーデ

人気の定番テーパードパンツのすそ幅をやや狭く、光沢を出すチンツ加工を施してアップデートされたスタニングルアーの優秀な一本。太ももやヒップ部分はタックでゆとりがある、アラフォーにうれしいデザイン。コンパクトだからこそ、ゆったりとした白シャツとも好バランス。

パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) シャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ベルト¥19,000(参考価格)/アマン(アトリエ  アンボワーズ) メガネ¥26,000/アイヴァンPR(アイヴァン)

■ブラウス×カラーパンツのオフィスコーデ

ほどよく肉厚だから下着も体のラインも拾わずノンストレスなマルティニークのカラーパンツは、センタープレスで、端正さはキープ。注目のイエローもこっくりトーンが取り入れやすい。ほどよく地厚でストレッチがきいているので、動きやすく、脚のラインをまっすぐに補正する効果も。黒の甘ブラウスで女らしく着こなして。

パンツ¥19,000/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店(マルティニーク) ブラウス¥28,000/エストネーション バッグ¥145,000/アパルトモン 青山店(ザンケッティ) サンダル¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥20,000/ココシュニック

■ニット×テーパードパンツのオフィスコーデ

夏場も穿きやすいゆったりめのタック入りテーパードパンツは、落ち感のあるとろみ素材ならしなやかで女性らしい印象に。パンツ自体に華がある光沢素材だからこそ、トップスはベーシックなニットに。ベージュのワントーンコーデが、知的でこなれた印象に導く。

パンツ¥25,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ニット¥20,000/スローン バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ) パンプス¥30,000/RHC ロンハーマン(ピッピシック) バングル¥6,500/ジューシーロック サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

■ノーカラーシャツ×テーパードパンツのオフィスコーデ

サイドジップで腰まわりの装飾をいっさい排除。そのぶん、太ももまわりがゆったりしているのではき心地は快適。すその内側部分にファスナーで開け閉めできるファスナーつき。オーバーシャツとの端正なスタイルにはファスナーを閉めてよりミニマルに。ライトブルーのシャツは程よい細身で裾もデザインされているのであえてアウト。さわやかな通勤コーデに。

パンツ¥17,000/エストネーション シャツ¥33,000/ebure PVCバッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) ローファー¥29,000/アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店(カルチェグラム) ピアス¥4,600/リエス(ラ ピエス)

関連記事
  • 人生で一番幸せな日、自分を最高に輝かせてくれる一着を着るならどれを着る? 今、30代の花嫁が目指したい、洗練と華やぎのブライズスタイルを提案。自分らしさをかなえてくれる最新ウェディングドレスを一挙ご紹介します。 【目次】 1.あか抜けフェミニンをかなえる大人のウェディングドレス 2.人気ショップで厳選!今、選ぶ理由のあるウェディングドレス 3.30代花嫁のためのトレンドウェディングドレス 1.あか抜けフェミニンをかなえる大人のウェディングドレス 大人のウエディングには、タイムレスな気品が漂うドレスがふさわしい。色あせない魅力を放つ、ロングスリーブのAラインで、ノーブルなムードに。スカートドレス(レンタル)¥570000/ミラー ミラー 丸の内(イネス・ディ・サント) リング「ミキモト メリア」(上)(Pt×ダイヤモンド0.60ct)¥994000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥276000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) ブーケ¥35000〜/ル・ベスべ 素肌の上に美しい花を描き、やさしい陰影を落とす細やかな手仕事。上質でクラシカルなディテールが、いつまでも心に残る。スカートドレス(レンタル)¥570000/ミラー ミラー 丸の内(イネス・ディ・サント) リング「ミキモト メリア」(上)(Pt×ダイヤモンド0.60ct)¥994000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥276000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) ブーケ¥35000〜/ル・ベスべ 品位を保ちながらエフォートレスであることも、晴れの日に笑顔でいるために大切。チュールを重ねたエアリーなトレーンなら、動きも軽やかでエレガント。スカートドレス(レンタル)¥570000/ミラー ミラー 丸の内(イネス・ディ・サント) リング「ミキモト メリア」(上)(Pt×ダイヤモンド0.60ct)¥994000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥276000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) ブーケ¥35000〜/ル・ベスべ ロマンチックでありながら、可愛らしさの先にある、誰からも憧れられるスタイルに。リュクスなカットワークレースと魅力的なバックスタイルが理想をかなえる。ドレス(レンタル)¥590000・(販売)¥1143000(コスタレロス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥19000/マグノリア・ホワイト 表参道 リング(上)(Pt×ダイヤモンド1.01ct〜)¥2010000〜・(下)(Pt×ダイヤモンド0.17〜0.19ct)¥318000/ショーメ 靴¥76000/ジミー チュウ フェミニンな色香が匂い立つ、洗練の肌見せデザインは、30代花嫁ならでは。体のラインを美しく、エレガントに演出。ドレス(レンタル)¥590000・(販売)¥1143000(コスタレロス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥19000/マグノリア・ホワイト 表参道 リング(上)(Pt×ダイヤモンド1.01ct〜)¥2010000〜・(下)(Pt×ダイヤモンド0.17〜0.19ct)¥318000/ショーメ 靴¥76000/ジミー チュウ すらりとしたスレンダーラインが大人気!いちばんきれいでいたい日だから、どこから見てもスタイルよくいられるデザインを味方につけて。ドレス(レンタル)¥590000・(販売)¥1143000(コスタレロス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥19000/マグノリア・ホワイト 表参道 リング(上)(Pt×ダイヤモンド1.01ct〜)¥2010000〜・(下)(Pt×ダイヤモンド0.17〜0.19ct)¥318000/ショーメ 靴¥76000/ジミー チュウ 余計な装飾はいらない。ひと目でわかる、シルクオーガンジーのピュアで贅沢なつやめき。大人のためのプリンセスラインは、こうありたい。最高級のシルクがふんわりと広がる。ドレス(レンタル)¥370000・(販売)¥580000(ラトリエマリアージュ)・イヤリング(販売)¥23000/マリアラブレース ヘッドアクセサリー(レンタル)¥30000・(販売)¥160000/ノバレーゼ銀座(サイマン・トゥ) リング(上)(K18WG×ダイヤモンド0.3ct〜/0.1ct〜)¥465000〜・(下)(K18WG×ダイヤモンド0.15ct〜)¥156000〜/ハルミ ショールーム(オー) 2.人気ショップで厳選!今、選ぶ理由のあるウェディングドレス MARIA LOVELACE(マリアラブレース)モードでラグジュアリー、かつ、日本女性に似合うスタイルを追求した歴史あるドレスサロン。エレガントなトータルコーディネートを提案してくれる。ドレス(レンタル)¥340000・(販売)¥530000/マリアラブレース(ラトリエマリアージュ)ブーケ¥35000〜/ル・ベスベ MARIA LOVELACE(マリアラブレース)30代花嫁に人気なのは、上質な素材を用い、シルエットの美しさがきわだつドレス。ミドルボリュームのプリンセスラインは、上品な可憐さをアピールするのにぴったり。トップにはフランス製のシャンテリーレースとチューリップ柄のコードリバーレースを組み合わせ、華やかななかにも優雅な品格が漂う。ウエストから広がるチュチュでスタイルもよく。ドレス(レンタル)¥340000・(販売)¥530000/マリアラブレース(ラトリエマリアージュ)ブーケ¥35000〜/ル・ベスベ LIVE LOVE LAUGH(リブラブラフ)新郎新婦とゲスト、会場全体が幸せになる、そんな結婚式にまつわるすべてがそろうサロン。誰からも愛されるブライズスタイルは、甘さを抑えたリュクスな美ドレスがかなえてくれる。ドレス(レンタル)¥580000/リブラブラフ(アントニオ リーヴァ) LIVE LOVE LAUGH(リブラブラフ)立体的で構築的なビッグスカートのシルエットはどこから見てもドラマチック。最高級のミカドシルクの輝きに加え、バックスタイルやリボンの甘すぎないデザインが大人な花嫁の心をくすぐる。予約が殺到したため、サロンで異例の複数買い付けを行ったというレジェンドを打ちたてたドレス。ドレス(レンタル)¥580000/リブラブラフ(アントニオ リーヴァ) NOVARESE(ノバレーゼ)トレンドを押さえながらもタイムレス、そして自分に似合う一着に出会えるサロン。ディテールまでこだわり抜いたスタイリッシュな最新コレクションを。ドレス(レンタル)¥640000・(販売)¥2560000/ノバレーゼ銀座(ミラ・ズウィリンガー) ヘッドアクセサリー(レンタル)¥20000/リブラブラフ(エリンコール) NOVARESE(ノバレーゼ)脚光を浴びるNYブランドより、人気の一着。テキスタイルとチュールを組み合わせた透明感のあるスタイルが、花嫁の清冽な魅力をアピールしてくれる。動くたびにきらめくシルバーのグリッター、立体的なフラワーモチーフがフォトジェニック。ドレス(レンタル)¥640000・(販売)¥2560000/ノバレーゼ銀座(ミラ・ズウィリンガー) ヘッドアクセサリー(レンタル)¥20000/リブラブラフ(エリンコール) MAGNOLIA WHITE(マグノリアホワイト)オリジナリティあふれるドレスのバリエーションが感度の高い女性に人気。イチ押しは、ジュエリーのような圧倒的な美しさを誇るNYで人気のフルオーダードレス。ドレス(オーダー)¥1667000/マグノリア・ホワイト 表参道(ガリア・ラハヴ) ピアス(K18WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド)¥195000・リング(上)(Pt×アコヤ真珠×ダイヤモンド)¥590000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥360000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) MAGNOLIA WHITE(マグノリアホワイト)大胆なバックスタイルのマーメイドラインに、繊細なビジュー刺しゅうがため息の出るような美しさ。フルオーダーだから、世界でひとつ、自分サイズの宝物に! ドレス(オーダー)¥1667000/マグノリア・ホワイト 表参道(ガリア・ラハヴ) ピアス(K18WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド)¥195000・リング(上)(Pt×アコヤ真珠×ダイヤモンド)¥590000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥360000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) Sophie et voilà(ソフィーエトヴォイラ)ファッショナブルでハイセンスな女性たちが注目する、バスク地方発のデザイナーズブランド。モダンでありながら着こなしやすい、ここにしかない一着を見つけられる。ドレス(レンタル)¥480000/ソフィーエトヴォイラトウキョウ(ソフィーエトヴォイラ) ヘッドアクセサリー(レンタル)¥8000/マグノリア・ホワイト 表参道 ブレスレット(レンタル)¥18000・(販売)¥49000/ノバレーゼ銀座(ミリアム・ハスケル) 靴¥76000/ジミー チュウブーケ¥35000〜/ル・ベスベ Sophie et voilà(ソフィーエトヴォイラ)エンパイアシルエットのインナードレスをチュールのオーバードレスと組み合わせて、優美なAラインを描く唯一無二のデザイン。自分のスタイルを持つ花嫁におすすめ。ドレス(レンタル)¥480000/ソフィーエトヴォイラトウキョウ(ソフィーエトヴォイラ) ヘッドアクセサリー(レンタル)¥8000/マグノリア・ホワイト 表参道 ブレスレット(レンタル)¥18000・(販売)¥49000/ノバレーゼ銀座(ミリアム・ハスケル) 靴¥76000/ジミー チュウブーケ¥35000〜/ル・ベスベ THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)理想のブライズスタイルに寄り添いながら、トータルな提案をしてくれるサロン。ビーディングやレースなどの装飾を省いたシンプルドレスは、自分らしさを大切にする花嫁に。ドレス(レンタル)¥220000(サバンナ・ミラー)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥26000・イヤリング(レンタル)¥10000(ジェニファー・ベア)/ザ・トリート・ドレッシング アディション店 靴¥76000/ジミー チュウ THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)ショルダーから背中に流れるチュールトレーンが実にノーブル。マットな光沢を放つクレープ素材のスレンダーラインが、 エフォートレスでミニマムなトレンドを体現し、大人花嫁の人気をさらっている。6月の入荷以来、予約殺到! ドレス(レンタル)¥220000(サバンナ・ミラー)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥26000・イヤリング(レンタル)¥10000(ジェニファー・ベア)/ザ・トリート・ドレッシング アディション店 靴¥76000/ジミー チュウ 3.30代花嫁のためのトレンドウェディングドレス 「ヨーコ チャン」のウエディングラインファッションの最前線をゆくデザイナーがローンチしたのは、式のあと、裾をカットしてワンピースにできる、ストーリーのあるドレス。「手頃な価格で買えて、その後も着られるウエディングドレスを」というアイデアからデザインをスタート。ウエディングドレスとしてもワンピースとしても美しさを保てるように計算されたシルエットが、シンプルな魅力を発揮。ドレス¥98000/YOKO CHAN ヘッドアクセサリー(レンタル)¥18000/リブラブラフ(エリザベスバウアー) 靴¥76000/ジミー チュウ ナチュラルウエディングは 「ドットのチュール」でファッショントレンドでもある愛らしい水玉模様は親密な空気に満ちたガーデンウエディングにぴったり。ロマンチックなドットのチュールは、上質なナチュラルウエディングにぴったり。ソフトスレンダーラインに、大きくあいたバックスタイルも意外性があり、甘さをほどよく抑えて。ドレス(レンタル)¥215000(オタディー)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥43200(ジェニファー・ベアー)/クリオマリアージュ イヤリング(レンタル)¥8000/ノバレーゼ銀座(ミリアム・ハスケル) フラワーモチーフの最前線は「3Dフラワー」スイートモチーフも可愛すぎずリュクスにこなしたい。軽やかでクリーンな立体の花びらが、そんな願望をかなえてくれる。ハートカットにAラインスカートという王道デザインながら、ドレス全面を飾る立体的なフラワーモチーフが個性的でゴージャス。フラワーはバックトップから広がるトレーンにもふんだんにあしらわれ、動きに合わせて軽やかに揺れる。ドレス(レンタル)¥480000・(販売)¥910000/ミラー ミラー 丸の内(イネス・ディ・サント) エレガントな「女優ドレス」が ファッショニスタに大人気!おしゃれな女性から圧倒的支持を受ける「ソフィーエトヴォイラ」。トレンドであるスレンダーラインに、優美なスリットを持つリラクシングなドレスは、大人婚の理想形。流れるようなラインを描く細身ドレスは、締めつけがなく、いつでも優雅な印象。撮影中の松島花さんが、着心地の快適さに驚いた一幕も! ドレス(レンタル)¥440000/ソフィーエトヴォイラトウキョウ(ソフィーエトヴォイラ) ヘッドアクセサリー(レンタル)¥14000/ザ・トリート・ドレッシング アディション店(マリア・エレナ) ピアス¥8500/ジェンマ アルス 靴¥76000/ジミー チュウ “アラジン”みたいな 「ビジュードレス」に 熱視線中東のオリエンタルな魅力を感じさせるビジュー使いに注目。アラビアンナイトに出てきそうな魅惑的なブライズスタイルを目指して。英国キャサリン妃のお気に入りとしても有名な「テンパリー・ロンドン」。ゆったりとしたスリーブと、大胆にバックを透けさせたデザインに星形のビジューをちりばめたら、『アラジン』のヒロイン、ジャスミンみたい!ドレス(レンタル)¥380000・(販売)¥700000/ノバレーゼ銀座(テンパリー・ロンドン) リング(上)(Pt×ダイヤモンド0.20ct〜)¥198000〜・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥268000/TASAKI 靴¥129000/ジミー チュウ シルエットも大胆チェンジする「5wayドレス」繊細なビーディングを施したビスチェドレスはスレンダーなマーメイドライン。チュールのオーバースカートと総レースのボレロがついて、変幻自在! ルーマニア在住の双子のデザイナーが手がけるオートクチュールドレスブランド。ハンドメイドレースを用い、古典的でありながら洗練されたデザインに定評がある。緻密に作られたマルチwayドレスは、組み合わせそれぞれにクラシカルな品格が漂い、シーンに合わせて印象を変えられる。ドレス(レンタル)¥530000/グランマニエ(エルサアトリエ) 撮影/土山大輔〈TRON〉 ヘア&メイク/George(大政絢)、野田智子(絵美里)、河嶋 希〈io〉(松島 花) スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢、絵美里、松島 花 構成・原文/久保田梓美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • ボアジャケット¥174000/コロネット(エアロン)ニット¥36000・パンツ¥32000/オーラリー ピアス¥5500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス)靴¥45000/ステュディオス 渋谷店(STUDIOUS×ELIN) 「赤リップを使いこなすのが難しいと思うなら、手持ちのベージュリップをベースに塗ってから重ねるとうまくいく」(河北さん)。 (リップ)透け感があって適度に軽やか。ルージュリキッドルミヌ ブリアン 7 ¥5500/クレ・ド・ポーボーテ 撮影/酒井貴生〈aosora〉(人)、細谷悠美(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/百々千晴  モデル/ヨンア 取材・文/中島 彩 構成/中川友紀〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 七瀬のななせるふ。「優しさ」プレッシャーの連続だったドラマ撮影。周りの方たちの優しさに支えられて演じきることができました。トップス¥23000・スカート¥39000/723-セブン トゥー スリー- パンツ¥42000/ケンゴ カチューシャ¥1843/ザラ・ジャパン カスタマーサービス(ザラ) イヤリング¥1600/ゴールディ ネックレス¥2300/ビームス ボーイ 原宿(ビームス ボーイ) リング(右手)¥31000/ビームス 新宿(シュンオオクボ) リング(左手人さし指)¥15000・リング(左手小指)¥14000/ete 靴¥13800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) インに着たキャミソール/スタイリスト私物ひと目惚れしたブラウンのジャケットは母&兄と兼用アイボリーに、ベージュやブラウン。自宅のクローゼットには、そんな優しいトーンの洋服がたくさん並んでいます。 私にとっては、コーディネートに迷った時、とりあえず着ればなんとかなるっていう安心感がある色(笑)。 最近、家族4人で買い物に出かけた時も、よさげなブラウンのシャツジャケット&パンツのセットアップを見つけて購入したばかり。ジャケットは、私と母と兄が兼用で着られるように、いろいろ試着してサイズを選びました。 優しいといえば……消化器系が強くないこともあって、どうしたら胃をいたわれるかは、常に考えているかも。 そのために、夜ごはんはできるだけ早い時間に。辛いものは大好きだけど、控えめにしたほうがいいかな、とか。 そんな私でも、たまには夜9時に担々麺を食べてストレスを発散させる日が! そういう時は寝る前にちゃんと胃薬を飲んで、翌朝に備えています(笑)。受けた優しさの分、私も誰かに返していきたいたとえば、ショッピング中に立ち寄ったお店で丁寧な接客を受けた時や、たまたま乗ったタクシーの運転手さんが親切にしてくれた時。 人の優しさを感じるとあったかい気持ちになれるし、優しさに触れた分、私も誰かにそういう気持ちを与えられたらいいな……と、そう思っています。 今年の4月から半年間にわたって出演させていただいたドラマ『あなたの番です』でも、たくさんの優しさに支えられて、黒島沙和役を最後まで演じることができました。 カットがかかるたびに「今のお芝居で大丈夫だったかな?」って不安にとらわれていた私に、「一緒にやっていきましょう」と言葉をかけて安心させてくれた監督さん。 「今のままで大丈夫だよ!」って親指を立てるしぐさで励ましてくださった田中圭さんに、共演シーンがない時でも気にかけてくださっていた原田知世さん。 そしてクランクアップの日には、共演がきっかけで仲よくなった奈緒ちゃんと(金澤)美穂ちゃんが現場にかけつけてくれました。 撮影が全部終わった時は……もちろん「終わっちゃったんだ」っていう寂しさもあったけど、極限まで膨らんでいたプレッシャーからの解放感も大きかったです。 ストーリーが進むにつれ、ツイッターでドラマのタイトルや登場人物の役名がトレンド入りすることも増えて、作品への注目度がどんどん高まっていって。 「お芝居に自信があるわけでもない私が、交換殺人ゲームの黒幕を演じてもいいのかな?」っていう不安をずっと抱えていたので、クランクアップの瞬間は、いろんな気持ちの入り交じった涙が流れました。モデル/西野七瀬 Lani 撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/ミク 取材・原文/吉川由希子 撮影協力/アワビーズ web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 
  • BAILA12月号付録 長井かおりさん監修!天才眉ブラシって? こんにちは。 バイラーズの阿部早織です。 今週、BAILAの12月号が発売されましたね♪ みなさん、もう購入されましたか? カバーガールは戸田恵梨香さん。 コートの特集もあるので、しっかりと熟読して今年の本命コートを購入したいと思います。 そして、12月号には長井かおりさんが監修された眉ブラシ、 「天才眉ブラシ」がついています。 なんだか気になります、この眉ブラシ! 長井かおりさんが監修されているなんて。 「目からウロコの眉メイクBOOK完全版」もついているので、 とっても参考になりそう。 誰でも簡単に理想の眉毛になれる!?天才眉ブラシ 実は私自身も眉ブラシは以前から持っていて、3本目になります。 そのなかでも、このブラシは毛並みが良くて、やわらかいのに弾力があるなと感じました。 天才眉ブラシの全貌はこちら。 1本に、2つのツールがついているのも便利です。 近くでみると、その繊細さに驚きます。 眉ブラシの使い方として、 ①「立て置き」でトントンとブラシを立たせておくだけで、簡単にリアルな毛並みが作れる ②「寝かせ塗り」で地肌を色で染めるように使える ③スクリューブラシの「Z留め」でのせた粉を密着させる効果が。 1本で自然な今ドキ美人眉になれる理由が、たくさん詰まってました。 「眉メイクBOOK完全版」ではわかりやすく、ポイントも書いてあり、 悩み別の眉の描き方も載っています。 理想の今どき美人眉に挑戦! 私は、「困りぎみな平行眉」「メリハリ不足なぼんやり眉」が長年の悩み…。 長井かおりさんの添削指導を見ながら、天才眉ブラシを使って、 今どき理想の美人眉にチャレンジ…! EYE:CAN MAKE (キャンメイク) LIP:Celvoke (セルヴォーク) どうでしょう♪ 眉ブラシは色含みがよく、立て置きでトントンしただけでも、 とてもリアルな毛並みができるし、 グレーのアイブロウカラーを使うところも新鮮でした♡ いつもより、凛とした自然な眉になれた気がします…! 理想眉が叶うと、笑顔もハッピーに! 眉メイクは描き方次第で、第一印象も変わってくるパーツ。 だからこそ、流行にも合わせながら、自分に似合うものを見つけたいですよね。 私は、長井メソッドと天才眉ブラシのおかげで、理想の眉に出会えた気がします♡ 理想が叶うと自然に笑顔に…♪ みなさんも、ぜひ理想の眉メイクを見つけてみてくださいね。 私のインスタグラムにもぜひ遊びにきてください! オフィスカジュアルや休日コーデを発信中です。 ▶阿部早織のインスタグラム 毎日のコーデやメイクの参考に♪過去記事はこちら ▶甘口フェミニンメイクとコーデはこちら ▶ユニクロニットを使ったコーデはこちら ▶ZARAスカートを使ったコーデはこちら
  • 一枚でスタイリングが完成する鮮度の高いワンピースは、さまざまなシーンで活躍する"頼れるアイテム"。コートを着ても脱いでもおしゃれ見えするデザインを厳選しました。 タイムレスに愛用できる上質なベーシックニット ADAWAS(アダワス)/ニットドレス/¥24,000+税 ウォッシャブル加工を施したイージーケアも魅力 自宅で洗濯可能なエクストラファインメリノウールを使用しており、簡単にきれいをキープできる。ボトムとのレイヤードが楽しめるよう、サイドにスリット入り。縦長のシルエットだからスマートにコートをはおれる。   大人のかわいさを引き立てるドラマチックな2WAY仕様 E by éclat(イーバイエクラ)/ウエストマークワンピース/¥22,000+税 幅広のサッシュリボンが華やかなアクセント ウエストの高い位置にあしらったリボンは、前後どちらでも結べる2WAY。自然なボリュームのフレアシルエット、少しふんわりとした袖など、上品なフェミニンさがきわだつ。食事会などの改まったシーンにもぴったり。   ニットワンピースとスキニーパンツでつくるベージュの洗練ワントーン Room no.8(ルームエイト)/ボトルネックニットドレス/¥46,000+税 ドロップショルダーとボトルネックがモードな雰囲気 保温性と防水性が高いヤク素材は、軽やかなのに真冬でもOKの暖かさ。ほんのり立ち上がったボトルネックが顔まわりに華やかな表情を添える。肩を落とし、オーバーサイズで仕上げたフォルムがモダンな印象のカギ。   Room no.8(ルームエイト)/フェイクスエードスキニーパンツ/¥28,000+税 スエードタッチが上品な大ヒットアイテム きれいめスタイルにもマッチする、しっとりと上品なフェイクスエード。エレガントな素材感だから、カジュアルになりすぎない。股上が深めのすっきりとしたシルエットは、ワンピースとのレイヤードに大活躍。   ライトアウターとしても使える万能シャツワンピース GYMPHLEX(ジムフレックス)/コーデュロイワンピース/¥21,000+税 なめらかなコーデュロイは今シーズン注目の旬素材 身幅、肩、着丈をゆったりとオーバーサイズに仕上げた、シンプルなシャツワンピース。首まわりにゆとりがあり、少し襟を抜いて着ることもできる。コーデュロイでも繊細な表面感で、カジュアルになりすぎないのもいい。   ほどよいボリューム感のタートルがシンプルデザインのアクセント LE GLAZIK(ル グラジック)/ニットワンピース/¥22,000+税 一枚着でもレイヤードでも活躍する美シルエット イタリアBARUFFA社のウールを使い、柔らかさと適度な張りが両立した独特の風合い。少しだけゆとりのあるシルエットと、着こなしやすい膝下丈が、ワンピースとしてもレイヤーアイテムとしても活躍する理由。
  • これからの時季、毎日着るコート。ただなんとなく、羽織っているだけじゃもったいない。冬の印象の決め手となる主役ワードローブだからこそその着こなし方にこだわり抜いて去年とは差をつけて。5タイプのコートを主役に、“着ても脱いでも可愛い”を基準に考えた失敗なしの鉄板コーディネートを、セットでご提案します。 <目次> 1.【淡色リバーコート】はワントーンでまとめて2.【ブラウンチェスターコート】はパンツスタイルでこなれさせて3.【きれいめダウン】は女っぽプリーツを合わせて4.【きれい色コート】はモノトーンコーデでモダンに5.【ショートコート】はすっきりタイトスカートでスタイル美人に  ※記事発信時点での情報のため、コスメの価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.【淡色リバーコート】はワントーンでまとめて 今季真っ先に手に入れたい淡色リバーコートはワントーンでまとめて大人の洗練ムードに淡めのニュアンスカラーが大充実のリバーコート。全身淡色でまとめることで、そのやわらかなムードは最高値に。ワントーンだからこそ、ふわふわのモヘアニットなど、表情豊かな質感で魅せ方に変化を。コートを脱いだときの可愛さも万全! コート¥130000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥28000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥32000/オーラリー スカーフ¥39000/マディソンブルー バッグ¥70000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥81000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る オールホワイトが上品にまとまるこだわりのクリーミートーン思い切って全身にまとうことでリッチに仕上がる冬の白。まろやかなトーンでしっとりと。上質なウールの質感もきわだつ。 コートを脱いだら コート(ストールつき)¥92000/サード マガジン ニット¥36000/スローン スカート¥29000/ebure ピアス¥12500/ビヨンクール 大阪高島屋店(ガス ビジュー) ブレスレット¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥44000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ペリーコ) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 明度の高いアイボリーが軽やかに映えコンサバすぎない旬のベージュコーデに大人びた上下ベージュのパンツルックをフレッシュに導くのが、明るめアイボリーの襟つきコート。歩いてなびくしなやかな素材感や肩ひじ張らず着流せるデザインで、オンの日にぴったりの気張らないきれいめスタイルを楽しんで。 コートを脱いだら コート¥34000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ニット¥21000/ロンハーマン パンツ¥19000/アダム エ ロペ ピアス¥37000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥67000/アマン(エレメ) 靴¥12778/アテニア 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る アイシーなグレーを基調にすればフェミニンさも大人のさじ加減にアイスグレーと相性のよいブルーをなじませてさわやかに。レースの質感で女っぽさも上々。 コートを脱いだら コート¥42000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ニット¥25000/スローン スカート¥78000/サード マガジン ピアス¥55000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥26000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥148000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥45000/アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店(バルダン) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 白とベージュのまろやかなラテカラーでやさしい女らしさをまとってコートの上品さを引き立てる、やさしげベージュのワントーン。きちんと感強めのシャツ×パンツのコンビも、色の効果と顔立ちをやさしく見せるノーカラーで柔和な雰囲気に。話しかけやすいオーラに包まれて。 コートを脱いだら コート¥31000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥32000/ebure パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥23000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥51000(ペリーコ)/アマン バッグ¥57000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 2.【ブラウンチェスターコート】はパンツスタイルでこなれさせて ほんのりクラシカルなブラウンチェスターコートはパンツスタイルでこなれさせるのが大人のルール定番のチェスターコートは、旬色のブラウンを選ぶだけで、たちまち目新しく。レトロな色には、フェミニンなスカートよりも、辛口パンツですっきりモダンなイメージに更新を。それがハイウエストのカラーパンツなら、コートを着ても脱いでもサマになり、スタイルアップ効果も抜群。コート¥78000(ヴァシュモン)・バッグ¥30000(パリサワン)/エディットフォー ルル ニット¥14000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) パンツ¥46000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 靴¥32000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る シナモンブラウンが旬度を引き上げ定番の黒パンツも無難にならない今年ならではのブラウンと大きめの襟が印象的なチェスターコートを、鮮度アップのキーアイテムに抜擢して。チラッと見えるチェック柄のライナーも小粋なアクセントに。 コートを脱いだら コート¥53000(ブルーレーベル・クレストブリッジ)・パンツ¥18000(エス エッセンシャルズ)/SANYO SHOKAI ニット¥23000・カーディガン¥26000/スローン ピアス¥23000/ココシュニック 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥44000/エッセンス オブ アナイ(アベニューセッサンタセッテ) 靴¥17800/ジャーナル スタンダード レリュームルミネ新宿店(アルテサノス) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る さりげない女らしさを醸すコートのフォルム。深グリーンと合わせて知的なムードへ肌映えする絶妙な色みと丸みを帯びたラインでさりげなく女っぽく。 コートを脱いだら コート¥24000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ジャーナル スタンダード レリューム) ニット¥39000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン) カットソー¥9800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) パンツ¥34000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) ピアス¥6000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥47000/アダム エ ロペ(スタウド) スカーフ¥15000/ドレステリア 銀座店(アネー) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 明るいキャメルのチェスターで辛口パンツスタイルを旬顔にノーブルなキャメルのチェスターコートをマニッシュなグレーのパンツ合わせで。どこか大人の余裕を感じさせ、シャープなパンツスタイルに今のムードを添えてくれる。ニットの肩かけで今っぽい遊びをプラス。 コートを脱いだら コート¥69000/インターリブ(サクラ) シャツ¥29000/SANYO SHOKA(I エス エッセンシャルズ) ニット¥33000/スローン パンツ¥26000/ロンハーマン メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) イヤリング¥5900/ヒューマンウーマン 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥49000(ア ヴァケーション)・靴¥48000(ペリーコ)/アマン 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る ブラウンチェスターのほどよいかっちり感がイエローパンツを品よく受け止めてスレンダーなシルエットや小ぶりで端正なラペルのデザイン。遊び心のあるカラーパンツも大人のバランスで着こなせる。華やかな色が主張しすぎず全体のトーンがやわらかく見えるのは、ほかでもないブラウンのおかげ。 コートを脱いだら コート¥86000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥13000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) パンツ¥33000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン) ピアス(1個)¥32000・リング¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥45000/アマン(ペリーコ) 靴¥72000/アルアバイル(ペリーコ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 3.【きれいめダウン】は女っぽプリーツを合わせて 通勤でも着られるきれいめダウンは女っぽプリーツを合わせて甘辛MIXが今のムードダウンを買うなら、通勤もOKなきれいめが条件。スポーティなアウターには、対照的に揺れて華やぐプリーツスカートを合わせ、新鮮なミックス感を楽しみたい。コートを脱いだら、きちんと美人なスカートスタイルに。 コートを脱いだら コート¥30000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ニット¥36000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥38000/オーラリー ネックレス¥27000/ドゥロワー 六本木店(アリギエーリ) バッグ¥65000/ビームス ライツ 渋谷(エーティーピー アトリエ) 靴¥94000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ ジャコメッティ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る バランス上手なダウンがあればボリュームプリーツもすっきり着映えウエストストリングで細身にアレンジできるダウンなら、揺れるプリーツと合わせてもスタイルよくまとまる。 コートを脱いだら ダウンコート¥24000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) カーディガン¥9000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ) ピアス¥14000/デミルクス ビームス 新宿(ローラ ロンバルディ) バッグ¥80000/フルラ ジャパン(フルラ) タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥15000/ティアラ(ラ ピエス) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 立体的なシルエットが小粋なダウンでフェミニンをちょっとモードに楽しむモノトーンできれいめ服を感度よく。襟抜きデザインも旬。 コートを脱いだら ダウンコート¥30000/フレイ アイディールミネ新宿2店(フレイ アイディー) ニット¥9500/アナトリエ  ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) スカート¥19000/SANYO SHOKA(I エス エッセンシャルズ) ピアス¥31000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) ブレスレット¥20200/ビヨンクール大阪髙島屋店(ガス ビジュー) バッグ¥98000/アマン(ザネラート) 靴¥22000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る カジュアルMIXのきれいめコーデは色のトーンを合わせて洒落感アップ品のよいキャメルのダウン。カーキのプリーツでトーンをそろえることで、大人っぽさと今っぽさの両方が手に入る。 コートを脱いだら ダウンジャケット¥32000/ビームス ライツ 渋谷(ジムフレックス) ニット¥36000/オーラリー スカート¥43000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥13000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥106000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) タイツ¥800/タビオ(靴下屋) 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る ショール風カラーのダウンとつや感プリーツで優雅な女らしさをどの角度から見てもサマになる黒ダウン。落ち感のあるプリーツとの対比で、バランスのとれた美スタイルに。 コートを脱いだら ダウンコート¥17000/プラステ ニット¥29000/ロンハーマン(デミリー ハーツ ロンハーマン) スカート¥17000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ ネイビー) ピアス¥6800/デミルクス ビームス新宿(ジュール クチュール) バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥74000/エストネーション(ネウス) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 4.【きれい色コート】はモノトーンコーデでモダンに さっと羽織っても主役になれるきれい色コートはモノトーンコーデでモダンにカラーコートが豊富な今季、思い切ってこんなビビッドなピンクも素敵。軽くてシンプルなデザインを、気負わずさらっと羽織りたい。コートを脱いだら中はシックなモノトーンスタイルという、そのギャップを楽しむのも醍醐味。 コートを脱いだら コート¥140000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥82000/ザ シークレットクロゼット二子玉川(シクラス) パンツ¥32000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) バッグ¥40000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケルマイケル・コース) 靴¥45000/ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア(ロートレ ショーズ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 視線を集めるミントグリーンとボーダーの相乗効果で華のある人にサッと羽織るだけで顔色が明るく見えるミントカラーのコートは、着慣れたボーダーと肩の力を抜いて楽しんで。シックなモノトーン合わせなら、瞬発力のある色も臆せずトライできるはず。 コートを脱いだら コート¥69000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュフィロソフィー) ニット¥12000/アンティット パンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ピアス¥38000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥62000/トゥミ・カスタマーセンター(トゥミ) 靴¥6990/キャン(テチチ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 白とくすみブルーのすがすがしいコンビ。洗練と好感度を呼び込んで色に個性の光るノーカラーのミニマルなコート。甘さもほどよいスモーキーなブルーには潔く白のニット&パンツを合わせて清潔感たっぷりに。 コートを脱いだら コート¥48000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ニット¥62000(ヘリラノーム)・バッグ¥48000(ペリーコ)/ガリャルダガランテ 表参道店 パンツ¥22000/ボウルズ(ハイク) チョーカー¥45000/エストネーション(ベアトリス パラシオス) ストール¥9500/アダム エ ロペ 靴¥72000/アマン(ペリーコ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 大人の可愛げに効く冬のピンクをオールブラック合わせでキレよく色の糖度が高いぶん、形はかっちりチェスターが正解。さらに黒のパンツスタイルを合わせればキリリと大人に。 コートを脱いだら コート¥23000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ニット¥24000/スローン パンツ¥17000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥55000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バングル¥18500/ビヨンクール  大阪髙島屋店(ガス ビジュー) バッグ¥55000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 媚びない甘さのラベンダーが白×黒コーデを女らしく盛り上げるシンプルなスカートコーデはオンスタイルの定番。そこにラベンダーをさし込むことで、ふんわり軽やかな女らしさがまとえる。 コートを脱いだら コート¥32000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ニット¥11000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) スカート¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ピアス¥13000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) ストール¥6500/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) バッグ¥27000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥21000/ジャーナルスタンダード レリューム ルミネ新宿店(パスクッチ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 5.【ショートコート】はすっきりタイトスカートでスタイル美人に ゆとりシルエットが主流のショートコートはすっきりタイトスカートでスタイル美人を目指してロング丈全盛の時代が続いただけに、今季、ショート丈というだけでなんだか新鮮。今年らしいゆるっとシルエットをバランスよく着こなすには、ロング&リーンなボトムが最適。すっきりタイトスカートで、女っぷりもスタイルアップもかなえて。脱いでももちろん、その女っぷりは継続できる。コート¥80000/アストラット 新宿店(アストラット) シャツ¥27000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) スカート¥22000(デミルクス ビームス)・靴¥76000(ペリーコ×デミルクス ビームス)/ビームスライツ 渋谷 バッグ¥102000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) タイツ¥900/タビオ(靴下屋) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 毛足の長い白コートの甘さをシンプルタイトでピリッと引き締めて今っぽい襟抜きもショート丈なら好バランス。抜け感のある女らしさに。 コートを脱いだら コート¥52000/カリテスケープ コレド日本橋店(カリテ) ニット¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) スカート¥40000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥13000・チャーム¥8000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥64000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(エレメ) タイツ¥800/タビオ(靴下屋) 靴¥49000/シジェーム ギンザ(ペリーコ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る ジャケット感覚で着られる濃紺。きれい色タイトで洗練された女らしさへ通勤にもフィットする上品さが魅力のノーカラーコート。タイトシルエットで色の甘さを中和したスカートとワンランク上のきれいをかなえて。 コートを脱いだら コート¥24000・スカート¥11000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ニット¥20000/アナイ ピアス¥6500/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バングル¥10000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン) バッグ¥12000/アダム エ ロペ タイツ¥800/タビオ(靴下屋) 靴¥49000/アマン(ペリーコ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る ガウンコートもショート丈が新鮮。スリムなスカートとエフォートレスにゆるっと気取らないショートガウン。ほどよくドレス感のある長め黒タイトと、クラス感のあるリラックススタイルを。 コートを脱いだら コート¥43000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥21000/アンティット スカート¥18000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥38000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ) タイツ¥600/タビオ(靴下屋) 靴¥18000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る トラッドなスタンドカラーコートにブライトなタイトで美女感をショート丈スタンドカラーコートは、なだらかなショルダーラインやミルクティー色がやさしげなムードを添えて。ハッとするようなオレンジの華やぎスカートで軽快さのあるオンスタイルを。 コートを脱いだら コート¥57000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ニット¥30000/スローン スカート¥18000/ルーニィ シングルピアス¥10000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥41000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(ファビオ ルスコーニ) 【最愛コートのベストコーデ】を詳しく見る 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉、谷田政史〈CaNN〉 ヘア/左右田実樹 メイク/早坂香須子〈W〉  ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/百々千晴、大平典子 モデル/ヨンア、桐谷美玲、大政 絢 取材・文/東原妙子、榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 今年っぽいアウターといえば断然ショートコート。タイトスカートと合わせるのが鉄板スタイルです。ショートガウンとドレス感のあるロングタイトでエフォートレスに、またはスタンドカラーコートとブライトカラーのタイトスカートで軽快に。気取らずに通勤スタイルにフィットする優秀ショートコートをご紹介します。 qualite[カリテ]のショートコート 毛足の長い白コートの甘さをシンプルタイトでピリッと引き締めて 今っぽい襟抜きもショート丈なら好バランス。抜け感のある女らしさに。 コートを脱いだら コート¥52000/カリテスケープ コレド日本橋店(カリテ) ニット¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) スカート¥40000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥13000・チャーム¥8000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥64000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(エレメ) タイツ¥800/タビオ(靴下屋) 靴¥49000/シジェーム ギンザ(ペリーコ) EMMEL REFINES[エメル リファインズ]のショートコート ジャケット感覚で着られる濃紺。きれい色タイトで洗練された女らしさへ 通勤にもフィットする上品さが魅力のノーカラーコート。タイトシルエットで色の甘さを中和したスカートとワンランク上のきれいをかなえて。 コートを脱いだら コート¥24000・スカート¥11000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ニット¥20000/アナイ ピアス¥6500/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バングル¥10000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン) バッグ¥12000/アダム エ ロペ タイツ¥800/タビオ(靴下屋) 靴¥49000/アマン(ペリーコ) STUNNING LURE[スタニングルアー]のショートコート ガウンコートもショート丈が新鮮。スリムなスカートとエフォートレスに ゆるっと気取らないショートガウン。ほどよくドレス感のある長め黒タイトと、クラス感のあるリラックススタイルを。 コートを脱いだら コート¥43000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥21000/アンティット スカート¥18000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥38000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ) タイツ¥600/タビオ(靴下屋) 靴¥18000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール) DRESSTERIOR[ドレステリア]のショートコート トラッドなスタンドカラーコートにブライトなタイトで美女感を ショート丈スタンドカラーコートは、なだらかなショルダーラインやミルクティー色がやさしげなムードを添えて。ハッとするようなオレンジの華やぎスカートで軽快さのあるオンスタイルを。 コートを脱いだら コート¥57000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ニット¥30000/スローン スカート¥18000/ルーニィ シングルピアス¥10000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥41000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(ファビオ ルスコーニ) 撮影/谷田政史〈CaNN〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載 【最愛コート】「きれい色コート」はモノトーンコーデに合わせて
  • こんにちは✨ この間のコーデをご紹介❤️ でも、、 この色味と形ならお洒落度がアップする気がする!!!!! とゲットしてみました❤️ 背中のあいた前後2wayワンピースもかなり着てます❤️❤️ 大人カラーのアニマル柄是非お試しあれです ✨✨
関連キーワード

RECOMMEND