40代のためのシャツワンピース着こなし実例集|アラフォーファッション

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

40代的シャツワンピースの着こなし【オフィス編】

■トレンチコート×シャツワンピース×デニムパンツコーデ

定番の白シャツワンピース×トレンチコートは、デニムレイヤードで旬度を上げて。ほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。

ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピース×スカーフコーデ

凛とした表情のシャツワンピースは旬のキャメルカラーで親しみやすくすそのラウンドカット、サイドスリット、柔らかな生地感など一枚できれいに着こなせる工夫が随所に。キャメル色&首もとのスカーフ使いでクラシカルなムードをまとって。

ワンピース¥24,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ジ ャケット¥150,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス   丸の内店(ケイト) スカーフ¥25,000/ストラスブルゴ(アル テア) ピアス¥156,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)バッグ¥326,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴ ィエ) 靴¥74,000/ジミー チュウ

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

ほんのりモードなバンドカラーのシャツワンピースをベルトアレンジでオフィス仕様に。片側のフロントに大きめのポケットがあしらわれたグレーのシャツワンピース。黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり高く。

ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースに、ブラウンのジャケットを合わせて。ベージュ~ブラウンのグラデ配色は、オシャレ感だけでなく落着きのある雰囲気も演出してくれる。仕事がスムーズに進みそう。

ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

シンプルでもクラス感が薫るのは、シルク素材ならでは。同じジャケットや小物でもパンツコーデからシャツワンピースにチェンジするだけで印象がガラリと変わる。靴やバッグも服と同じトーンで合わせて落ち着いた雰囲気に。

ワンピース¥44,000/オーラリー ジャケット¥58,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェーン スミス) メガネ¥38,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ピアス¥4,000/プラージュ 代官山店(アレキサンドリーヌ パリ) バッグ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アンドレア カルドネ)  靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 

■パールボタンのジャケット×シャツワンピースコーデ

クリーンな印象とほどよいきちんと感もある白シャツワンピースはお仕事コーデにもぴったり。軽やかなリネン素材のジャケットで見た目の涼しさと真面目さをキープしつつ、ゴールドのバッグやパイソン柄のパンプスでピリッと辛口なスパイスを。

ワンピース¥35,000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ジャケット¥145,000/マディソンブルー メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 代官山(オリバーピープルズ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

涼しげなシャツワンピースは、ルーズすぎないシルエットで。これからの季節に重宝する涼しいシャツワンピース。ルーズすぎないシルエットを選べば、オフィスカジュアルとしても対応。きれい色バッグとヒールサンダルが、きれい見えを後押し。

ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) カーディガン¥32,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥21,000/エストネーション(ヴァレット) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) バングル¥185,000/アパルトモン 神戸店(バウボウ デザイン)

■シャツワンピース×肩掛けニットコーデ

デスクワークで忙しい日も、旬のブラウンと柔らかなリネン素材なら上品なリラックス感が醸し出される。すとんと落ちる細身シルエットのロング丈ワンピースは、自然と着やせがかなう一枚。足もとはデスクの下でこっそりと脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプのスニーカーにしてカジュアルに。

ワンピース¥22,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥29,000/FUN Inc(. フォンデル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥54,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)

■シャツワンピースとカーディガンコーデ

デスクに長時間座って作業をする日は、さらっと一枚で着られて締めつけ感のないワンピースがおすすめ。さりげない肩がけカーディガンは、全体のバランスの重心をアップさせてスタイルアップ効果も。仕上げにハイテクスニーカーとシルバーのバッグをきかせて、ボリュームのあるシルエットをシャープにまとめて。

ワンピース¥38,000/FUN(アイロン) カーディガン¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョン スメドレー) バングル¥46,000/UTS PR(ディス) バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥12,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)

40代的シャツワンピースの着こなし【休日カジュアル編】

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

大人にこそふさわしいドライで上質なブラウンのシャツワンピース。ナポリの老舗シャツブランドならではの、仕立てのよさと上品な発色が光る。前を開けてはおりに、パンツやレギンスとレイヤード、と着こなしのアレンジもしやすく重宝。

リネンシャツワンピース¥38,000(フィナモレ) カーディガン¥21,00(マルティニーク) ミニショルダーバッグ【ALIFA】¥18,000(ジャンニ キアリーニ)・クロスバックルサンダル¥19,000(コルソローマ ノーヴェ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

クリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピならではの清潔感。きれいめからトレンドまでさまざまな着こなしがかなうシャツワンピースに、パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。

シャツワンピース¥23,000(エムセブンデイズ) カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol

■シャツワンピース×バレエシューズコーデ

人気のシャツワンピースをベースにした、SHOP Marisolだけのコラボスペシャルカラー。共布のくるみボタンや高めのウエスト位置で結ぶリボンベルトが、さりげないアクセントに。ふんわりしつつ広がりすぎないスカートのバランスも絶妙。さらりとした肌ざわりのコットンで真夏まで快適。

シャツワンピース¥39,000(ブルーバード ブルバード) バッグ「ソフィー」(ドラゴン)¥35,000・バレエシューズ(ポルセリ)¥29,000/SHOP Marisol  イヤリング/スタイリスト私物

■ストライプのシャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

白地にネイビーのラインを効かせたマニッシュなデザインのシャツワンピースは纏うだけで爽やかな印象に。サンダルとバッグは、肩掛けしたカーディガンに近いカラーをチョイスしてコーデに統一感を。

シャツワンピース¥58,000/ebure 肩がけしたカーディガン¥25,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) サンダル¥44,000/スティーブン アラン トーキョー(アンシエント グリーク サンダル) ピアス¥63,000/アパルトモン 青山店(ファウベル デザイン)  かごバッグ¥18,000/essence of ANAYI(ARTESANO) 

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

着回し力抜群の前ボタン仕様のシャツワンピース。ベージュカラーをチョイスすれば今年らしさがグッとUP!休日はデニムパンツにレイヤードしてカジュアル感をプラスして。ウエストベルト付きなのでスタイルアップもかないます。

ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ¥26,000(トフ&ロードストーン)・6.5㎝パンプス【ANELLI】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■シャツワンピース×レギンスコーデ

ウエストのリボンベルトがさりげなくメリハリを作ってくれる白シャツワンピースを、黒レギンスと合わせて。露出を抑えられるレギンスはアラフォーにおすすめ! スカーフ生地を使った大きめバッグをきかせて、シンプルだけど華やかさもある着こなしに。

ワンピース¥30,000/アルアバイル レギンス¥2,200/タビオ バッグ¥22,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥42,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ネブローニ)

■シャツワンピース×肩掛けカーディガン×ハットコーデ

白いシャツワンピースに中折れハットとポインテッドトゥのフラット靴で大人っぽさやシャープな印象をプラス。肩がけしたカーディガンはのっぺりしがちなワンピコーデのメリハリとアクセントに。視線を上にあげさせることで、さりげなくスタイルアップにもつながるはず。

ワンピース¥26,000/ティッカ カーディガン¥29,000/スローン 帽子¥28,000/アパルトモン  神戸店(ジャネッサ レオネ) バングル¥19,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥10,000/アルアバイル 靴¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス

■リネンのシャツワンピース×レギンスコーデ

Tシャツ&レギンスにリネン素材のシャツワンピースをONするだけでおしゃれな休日カジュアルが完成。サンダルとバッグは白レザーで統一しリュクス感もプラスして。

シャツワンピース¥58,000/ebure Tシャツ¥10,000/アーク インク(ザ・ニューハウス) レギンス¥14,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥130,000(ウェンディニコル)/ウィム ガゼット青山店 メガネ¥42,000/コンティニュエ(OG×OLIVER GOLDSMITH) 靴¥18,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)

40代的シャツワンピースの着こなし【羽織りアレンジ編】

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

デニムスタイルで楽しむ、Ⅰラインシルエットは格別!細身のデニム人気が戻ってきている様子。細身デニムにシャツワンピースを羽織れば、Ⅰラインを強調しつつ体型カバーも手に入る。

ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥12,000/ヴァリアスショールーム(エイトン)デニム¥34,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥18,000(エディボルゴ)・バッグ¥13,000(グアナバナ)/TOMORROWLAND 3 連バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリーベア) サングラ¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥46,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ATP)

■シャツワンピース×ハイネックニット×白デニムパンツコーデ

きれいめな白デニム&ベージュのハイネックニットに、細身の襟つきシャツワンピースを羽織って、中をちら見せ。シャツワンピースのボタンを外して中のコーデをIラインで見せることでシュッとしたスリムな印象を与えてくれる。

デニムパンツ¥17,000・ニット¥17,000/スタニングルアー 青山店(ともにスタニングルアー) シャツワンピース¥43,000/アングローバル(イレーヴ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バングル¥15,000・ピアス¥10,000/ゲストリスト(ともにソコ/ハウント代官山) バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)

■シャツワンピース×黒ワンピース×サンダルコーデ

仕事終わりに彼とディナーの約束。そんな日は、黒ワンピースにヌーディな足元で女性らしさをアピール。日中のオフィスではドレッシー過ぎてしまうので、シャツワンピースを羽織ってドレスダウン。オフィス対応コーデに。

ワンピース¥69,000/アマン(アンスクリア) ロングシャツ¥29,000/ティッカ(ティッカ) ピアス¥90,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥130,000/バーニーズ ニューヨーク(トマジーニ) サンダル¥43,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(バルダン)

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

サイドスリットが深めに入ったシャツワンピースだからこそ、羽織ったときにその力を発揮。歩くたびにチラ見えするデニムがおしゃれ上級者の印象ばっちり。もともと色みの似たカーキとグリーンは好相性なので、深みのあるグリーン小物がカーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。

ワンピース¥42,000/エストネーション デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥14,000/プラージュ 代官山店(ダイナソー デザイン) スカーフ¥22,000/デ・プレ 丸の内店(アネ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/エイチ ビューティ&ユース(ポール アンドリュー)

関連記事
  • “肌が美しく見えること”を追求して数々の名品ベースメイクを生み出してきたカバーマーク。待望の新ファンデーションは、とっても使いやすく繊細な仕上がりのパウダリー。立ち向かうのは「毛穴」です。暑がりで汗っかきの私。真夏の身支度はそれこそ“戦い”です。朝シャワーで毛穴が開ききった肌を化粧水で引き締め、体温で溶け落ちそうなファンデーションを空調で冷やしながら手早く塗り固めて……って、ほとんどチョコレートのテンパリング。そこまで頑張っても一歩外に出れば汗が吹き出し、ファンデーションの毛穴落ちが頻発。疲れて見えるし老けて見えるし、お直しも大変! 夏の毛穴とファンデーション、この戦いは永遠に続くと思っていました。そこに現れたのがカバーマーク シルキー フィット。女性たちの肌悩みの上位に常に挙がる「毛穴」のカバーに特化したファンデーションです。毛穴カバーのカギは、パウダーの細かさと密着力。カバーマーク史上最少ミクロンの粉体が肌はもちろん毛穴の中までカバー。しかも独自の製法で塗布時に隙間なく均一に並ぶことで、粉体同士の結合力も強化。皮脂くずれを阻止する処方も施された、新時代のパウダリーです。レイシ・高麗人参・アロエ配合と大人肌の保湿対策万全なのも惹かれたポイント。そんな繊細なパウダリーの脇を固めるツールもすごいんです。まずこの専用スポンジ。細かい粉体の分散を高め均一な仕上がりをかなえる網状の目を持つスポンジで、密着力を高める“圧“を生み出す弾力あるスポンジをサンド。このミルフィーユ構造が粉っぽさを感じさせないなめらか肌を生み出します。で、実際に使ってみたら…すーっと肌をなでるだけでスポンジにとったパウダーがほどけるように広がり(なんか新鮮な感覚なんです!)、とってもきれいな仕上がり。ワンストロークで毛穴の目立たない、なめらかなシルキー肌に。毛穴が消えると、それだけで若見えするから不思議。そしてホントに粉が細かい! まるで霧のようにふんわりと肌を包み込み、ソフトフォーカスで柔らかそうな肌を演出してくれます。均一に粉が乗るから重ね塗りの必要もなく、ささっと仕上げられ時短にも貢献。こんなに簡単に美肌が手に入るとは! これで夏の朝の支度がずいぶんと楽になりそうです。ゴールドからピンクのグラデーションが美しいコンパクトケースも、実はこのファンデーションのための特別仕様。毛穴カバー効果を最大限に高めるため、独自のプレス技術で繊細に固められたファンデーションを優しく守るクッションつき(左)、そして中蓋式(右)なんです。これ、リフィルの交換も楽でいいかも。もちろんカバーマークですから、カラーラインアップも圧巻の9色展開。汗や皮脂で大人の肌の色が暗くくすんで見えないよう、肌に自然になじむカラーバリエーションが心強い!夏ファンデをお探しの皆さま、ぜひご自身の肌でこの毛穴レスパワーをお試しください。もう間もなく、7月5日(金)発売です。カバーマーク シルキー フィット (SPF32/PA+++)全9色 各¥5500、リフィル 各¥4000<7月5日(金)発売> ●「カバーマーク」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • メゾンが自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現した、美しいジュエリーの世界。自然を愛するメゾンの伝統を受け継ぎ、ショーメはコレクションに新たな作品の数々を加えることで、植物と動物たちを祝福する。特別な機会を華やかに彩るブローチやカクテルリング。「ショーメの歓びの庭」は、ポエティックな作品の数々で、見る者をのどかな散歩道へと誘う。 豊穣なインスピレーションの源泉である自然界は、その懐の深さでショーメのクリエイティビティを絶えず育んできた。今回メゾンは、歓びの庭で露のしずくのように清々しく歓びに満ちた多様な色彩を紹介。プレシャスまたはファインストーンが、ミツバチや花、麦の穂、そしてローリエの葉に、命の輝きと繊細な色彩をもたらしている。ジャングルに住む動物たちのおどけた仕草からインスピレーションを受け、ショーメは遊び心に溢れる庭園をテーマにした作品を制作に取り掛かった。 「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクションは、メゾンが大切にする自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現している。アフリカの大自然から古典的フランス式庭園まで、あらゆる自然からインスピレーションを受け、日常的なオブジェがポエティックな題材へと変化を遂げる、美しいジュエリーの世界を作り上げたという。「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション左から、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ ソナート オートンヌ<秋のソナタ>(セパレートパーツ4点付き) ¥4,270,000、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ キュイエット<収穫> ¥5,130,000また、「ビー マイ ラブ」コレクションは、甘く滴るように鮮やかなカラーストーンの上をゴールドとダイヤモンドのミツバチが飛び回る、新作カクテルリングなどが並ぶ。シャンクに施されたハニカムシェイプとプロングのミツバチのモチーフが、オーバルカットが施されたセンターストーンを引き立てている。 ショーメを代表する「アトラップ モア」コレクションよりミツバチをモチーフとした新しいブローチ“アベイユ”シリーズは、ラペルやドレスを飾るために制作された。このアイコン的なハイジュエリーは、メゾンにとって大切な意味を持つナポレオンの紋章を再解釈したもの。羽が震える様を表現したパヴェダイヤモンドが、これまでに例のない手法で並べられたカラーストーンの周りに施され、ブラックスピネルまたはサファイアがストライプのコントラストを際立たせている。「ビー マイ ラブ」コレクション左から、「ビー マイ ラブ」コレクション エクスクイーズ リング アメシスト ¥1,920,000、「アトラップ モワ」コレクション ブローチ ブラックスピネル ¥2,210,000問い合わせ先:ショーメ TEL:03-5635-7057http://www.chaumet.com/jp
  • 今回は、夏コーデに欠かせない『かごバッグ』をご紹介します♪ なんとなく、毎年同じかごバッグ使っていませんか?? かごはかごでも、毎年トレンドの形や素材などは変わってくるもの。 お手頃に買えるバッグだからこそ、旬アイテムを取り入れて、鮮度あるコーディネートを完成させてみて下さい♪     \きれい色のかごバッグが新鮮/ MARCHER/マルシェバッグ/¥13,000+税 珍しい配色がきれいなかごバッグ。 天然草のアバカを染めて、職人が丁寧に手編みで仕上げたかごバッグです。 さわやかだけど派手すぎないブルーカラーをベースに、ブラウンストライプが映える配色が素敵。 お洋服もブラウン系カラーがトレンドのいま、ブルー小物の合わせ方はしゃれ見え抜群です。   ブラウン系も落ち着いていて、初秋まで使えそうな万能配色。 A4サイズが入る大きさで、使い勝手も抜群です。     \巾着型のかごバッグが今年らしい/ MARCO MASI /異素材コンビ巾着バック/¥23,000+税 今年大人気で品薄のマルコマージ。 クロゼットにない、新しいカタチのかごバッグをお探しの人におすすめしたい、今年らしい巾着型です! ラフィア風素材×レザーのコンビネーションタイプで、夏らしくも大人上品さが残る1品。 一見小ぶりですが、しっかりとしたマチがついているので収納力も◎ 大人っぽいグレージュ×グレー、モードなホワイト×ブラックどちらもコーディネートしやすく、おすすめです。 ★MARCO MASI (マルコマージ) のレザー巾着はコチラから       \注目のメルカドバッグが大人仕様に/ Odette e Odile /Diminutivo CANASTO XS/¥7,800+税 今年よく耳にする『メルカドバッグ』 メルカドバッグとは、メキシコの主にオアハカ州で100%手作りで作られているかごバッグです。 材料は、リサイクルされたプラスチック製(丈夫な塩化ビニール)の紐。 アメリカやヨーロッパのセレクトショップで紹介されて以来大人気となり、今は世界中で販売されています。 カラフルなメルカドはよく見ますが、こちらのメルカドバッグは大人が持つにふさわしいシックで落ち着いた色が特徴。 淡色ですが、美しい編み柄がきれいで、持つだけでコーディネートが格上げされそうな1品です。   オフホワイトも上品です。   ほどよいサイズ感で、使い勝手も良さそう! ちなみに私もひとつメルカドバッグ持っていますが・・ ビニール素材なので、とにかく軽い!そして大雨の日でも気にせず持てて、びじょびしょになってもタオルでさっと拭くだけ簡単ケア! かなりヘビロテしています。まさにお値段以上の逸品です。     いかがでしたか?? ナチュラルカラーのかごバッグは皆さん1つは持っていると思いますが、今年手に入れるなら変わり種もよいのでは?? まだまだたくさんのかごバッグ揃っているので、是非チェックしてお気に入りを見つけてくださいね! ★かごバッグ全アイテムはこちらから ★すでにSALE価格になっているかごバッグはこちらから  
  • 大好きなTシャツの季節。 いろんな合わせ方がありますが、私はシンプルが一番好きです。Tシャツが活躍する季節。 ロングスカートやワイドパンツ、いろいろなアイテムに合わせられる万能なトップス。 今月のeclatにも、真似したくなるTシャツコーデが掲載されています。私も早速、この夏用に何枚かTシャツを購入しました。バナリパの綺麗めTシャツは、使い勝手が良さそうだったので、紺と黒の2色買い。top : BANANA REPUBLIC bottoms : syncro crossingsTシャツがシンプルなので、少しデザイン性のあるワイドパンツを合わせました。 でも、やっぱり一番好きなコーデはTシャツ✖️デニム。 バングルやリング、小物使いで遊べるのが楽しい。 いつまでもこのシンプルさが似合う女性でありたいと思います。tops : tommy hilfiger denim : AG最近、バングルにハマってます❤️この日は、花器を探しにIKEA港北へ。 沢山のお花を生けられるように、大きめの花器をチョイス。 お花がある生活に日々癒されます。いろんな形があって、迷います大きめの花器をチョイスIKEAでランチInstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • コーデに悩まずに使いまわせるシンプルなツワモノ、やっぱりこのお店にありましたこんにちは、らんです。 最近はまっているもの、それは、NYガールズ・ダイアリーというアメリカのドラマのシーズン3です。 2017年に公開されたこのドラマ、昨年末からhuluで配信が始まり、自分的久々ヒットな海外ドラマ。 でも、やっぱりN.Y.と言えばセックスアンドザシティの方がアラフォーには馴染みがあると思います。思い返せば18年前。当時働いていた外資系航空会社の仲良しの先輩に 「私たちみたいな会話してる面白いドラマがあるから観てみて!」と言われて初めてセックスアンドザシティを観ました。その頃はまだ日本ではまったく流行っておらず、レンタルビデオ屋のTSUTAYAでも、各1本ずつしか扱っていないほどマイナーなドラマだったのですが、その面白さにドンピシャでハマりました。 セックスアンドザシティのDVDたち USヴァージョンもN.Y.に住んでいた時には、キャリーの家も見に行きました。今は大きく街の様子が変わっていますが、「あの話はこの辺りで撮影されたのかな」などと、住んでみて更に理解が深まるようなこともありました。 セックスアンドザシティの魅力のひとつは、やはりファッション。マノロのハイヒールの存在を知ったのも、バーキンを買おうと思ったのもこのドラマがきっかけでした。 日本とアメリカではファッションの主流は全く違います。正直、日本人体型の私は、日本のブランドの洋服が身体にしっくりきます。 その中でもおススメの日本ブランドはPLSTです。 もう何本持っているかわからないほど、特にパンツが素晴らしいと個人的に思います。 その中でもこの夏ヘビロテ中なのがこちら。 リネンブレンドスティックパンツです。PLST リネンブレンドスティックパンツ股上もしっかり深くきれいなライン 白でも下着があまり透けませんウエストの後ろはゴム仕様で一日中履いていても楽ちん他の画像を見る以前、コスパ、についてブログを書きましたが、PLSTのパンツはコスパが非常に良いブランドです。 定期的に行われるVIPセールやメンバーズセールでは定価よりお得にオンシーズンのアイテムを購入することが可能です。 こちらのパンツ、最初にメンバーズセールで白を買い、その後VIPセールで黒も購入。どちらもヘビロテ中です!価格がお安いだけではなく、自宅で丸洗い可、ラインが綺麗で細見え、生地がしっかりしていて、シワになりにくい。思わず朝手に取ってしまうパンツです。 白と黒を選んだこともあり、トップスも何でも合わせやすく、忙しい朝、悩むことなく3分でコーデが決まります。 コスパの良いパンツをお探しの方に本当におススメです^ - ^ 話は大きく飛びますが、週末、友人と連れ立ってそごう西武の外商販売会「高輪会」に行ってきました。 目が眩むような各ハイブランドのハイジュエリーを拝ませていただきました!(何も買っていませんが笑) そして一番のお楽しみは友人とのお茶の時間。 グランドプリンスホテル高輪の1階のラウンジでサンドイッチセットを美味しく戴きながら、近況報告や夏休みの予定などについて語りました^ - ^ 桜レモネード、おススメですお食事セットは外商販売会のサービスで、美味しくいただきました 子供が早々に夏休みに入り、お弁当作りから解放されて気が抜けてしまったのですが、日々の仕事と家事は変わらないので、体調管理に気をつけながら過ごそうと思います。 皆様もどうぞ日々楽しくお元気にお過ごしください。美女組No.151 らんのブログ
  • たくさん歩けるフラットを前提に、着こなしを選ばず、ある程度きちんとした場所にも履いていける――。旅先もこれ一足で対応できる、きれいめデザインを厳選。上質レザーを生かしたモダンに映えるフラットよけいな装飾を省き、レザーの上質感とストラップのバランス感で魅せる高感度な一足。靴(1.5)¥42,000/ロンハーマン(ジル・サンダー ネイビー) ワンピース¥53,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) レギンス¥9,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) スカーフ¥16,000(トレ)・ピアス¥8,000(ソコ)/TOMORROWLANDスリッパ感覚の履きやすさをかかとのパール&ブルーのスエードでリッチに。靴( 1 )¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ニコラス カークウッドエレガントな光沢サテンは夏のパーティにも。靴( 1 )¥15,000/アルアバイル(ラオコンテ)クリアな白に甲浅のバランスが新しい。靴(0.5)¥53,000/エイチ ビューティ&ユース(アルムナエ)定番の黒は、旬のPVC素材で更新。靴(1.5)¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ・ルスコーニ)なめらかなオフ白レザーが高級感あり。靴( 1 )¥32,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol6月号2019年】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/浅見れいな 構成・文/東原妙子
関連キーワード

RECOMMEND