40代のためのシャツワンピース着こなし実例集|アラフォーファッション

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

40代的シャツワンピースの着こなし【オフィス編】

■トレンチコート×シャツワンピース×デニムパンツコーデ

定番の白シャツワンピース×トレンチコートは、デニムレイヤードで旬度を上げて。ほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。

ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピース×スカーフコーデ

凛とした表情のシャツワンピースは旬のキャメルカラーで親しみやすくすそのラウンドカット、サイドスリット、柔らかな生地感など一枚できれいに着こなせる工夫が随所に。キャメル色&首もとのスカーフ使いでクラシカルなムードをまとって。

ワンピース¥24,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ジ ャケット¥150,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス   丸の内店(ケイト) スカーフ¥25,000/ストラスブルゴ(アル テア) ピアス¥156,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)バッグ¥326,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴ ィエ) 靴¥74,000/ジミー チュウ

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

ほんのりモードなバンドカラーのシャツワンピースをベルトアレンジでオフィス仕様に。片側のフロントに大きめのポケットがあしらわれたグレーのシャツワンピース。黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり高く。

ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースに、ブラウンのジャケットを合わせて。ベージュ~ブラウンのグラデ配色は、オシャレ感だけでなく落着きのある雰囲気も演出してくれる。仕事がスムーズに進みそう。

ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ジャケット×シャツワンピースコーデ

シンプルでもクラス感が薫るのは、シルク素材ならでは。同じジャケットや小物でもパンツコーデからシャツワンピースにチェンジするだけで印象がガラリと変わる。靴やバッグも服と同じトーンで合わせて落ち着いた雰囲気に。

ワンピース¥44,000/オーラリー ジャケット¥58,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェーン スミス) メガネ¥38,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ピアス¥4,000/プラージュ 代官山店(アレキサンドリーヌ パリ) バッグ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アンドレア カルドネ)  靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 

■パールボタンのジャケット×シャツワンピースコーデ

クリーンな印象とほどよいきちんと感もある白シャツワンピースはお仕事コーデにもぴったり。軽やかなリネン素材のジャケットで見た目の涼しさと真面目さをキープしつつ、ゴールドのバッグやパイソン柄のパンプスでピリッと辛口なスパイスを。

ワンピース¥35,000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ジャケット¥145,000/マディソンブルー メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 代官山(オリバーピープルズ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

涼しげなシャツワンピースは、ルーズすぎないシルエットで。これからの季節に重宝する涼しいシャツワンピース。ルーズすぎないシルエットを選べば、オフィスカジュアルとしても対応。きれい色バッグとヒールサンダルが、きれい見えを後押し。

ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) カーディガン¥32,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥21,000/エストネーション(ヴァレット) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) バングル¥185,000/アパルトモン 神戸店(バウボウ デザイン)

■シャツワンピース×肩掛けニットコーデ

デスクワークで忙しい日も、旬のブラウンと柔らかなリネン素材なら上品なリラックス感が醸し出される。すとんと落ちる細身シルエットのロング丈ワンピースは、自然と着やせがかなう一枚。足もとはデスクの下でこっそりと脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプのスニーカーにしてカジュアルに。

ワンピース¥22,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥29,000/FUN Inc(. フォンデル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥54,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)

■シャツワンピースとカーディガンコーデ

デスクに長時間座って作業をする日は、さらっと一枚で着られて締めつけ感のないワンピースがおすすめ。さりげない肩がけカーディガンは、全体のバランスの重心をアップさせてスタイルアップ効果も。仕上げにハイテクスニーカーとシルバーのバッグをきかせて、ボリュームのあるシルエットをシャープにまとめて。

ワンピース¥38,000/FUN(アイロン) カーディガン¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョン スメドレー) バングル¥46,000/UTS PR(ディス) バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥12,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)

40代的シャツワンピースの着こなし【休日カジュアル編】

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

大人にこそふさわしいドライで上質なブラウンのシャツワンピース。ナポリの老舗シャツブランドならではの、仕立てのよさと上品な発色が光る。前を開けてはおりに、パンツやレギンスとレイヤード、と着こなしのアレンジもしやすく重宝。

リネンシャツワンピース¥38,000(フィナモレ) カーディガン¥21,00(マルティニーク) ミニショルダーバッグ【ALIFA】¥18,000(ジャンニ キアリーニ)・クロスバックルサンダル¥19,000(コルソローマ ノーヴェ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物

■シャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

クリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピならではの清潔感。きれいめからトレンドまでさまざまな着こなしがかなうシャツワンピースに、パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。

シャツワンピース¥23,000(エムセブンデイズ) カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol

■シャツワンピース×バレエシューズコーデ

人気のシャツワンピースをベースにした、SHOP Marisolだけのコラボスペシャルカラー。共布のくるみボタンや高めのウエスト位置で結ぶリボンベルトが、さりげないアクセントに。ふんわりしつつ広がりすぎないスカートのバランスも絶妙。さらりとした肌ざわりのコットンで真夏まで快適。

シャツワンピース¥39,000(ブルーバード ブルバード) バッグ「ソフィー」(ドラゴン)¥35,000・バレエシューズ(ポルセリ)¥29,000/SHOP Marisol  イヤリング/スタイリスト私物

■ストライプのシャツワンピース×肩掛けカーディガンコーデ

白地にネイビーのラインを効かせたマニッシュなデザインのシャツワンピースは纏うだけで爽やかな印象に。サンダルとバッグは、肩掛けしたカーディガンに近いカラーをチョイスしてコーデに統一感を。

シャツワンピース¥58,000/ebure 肩がけしたカーディガン¥25,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) サンダル¥44,000/スティーブン アラン トーキョー(アンシエント グリーク サンダル) ピアス¥63,000/アパルトモン 青山店(ファウベル デザイン)  かごバッグ¥18,000/essence of ANAYI(ARTESANO) 

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

着回し力抜群の前ボタン仕様のシャツワンピース。ベージュカラーをチョイスすれば今年らしさがグッとUP!休日はデニムパンツにレイヤードしてカジュアル感をプラスして。ウエストベルト付きなのでスタイルアップもかないます。

ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ¥26,000(トフ&ロードストーン)・6.5㎝パンプス【ANELLI】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■シャツワンピース×レギンスコーデ

ウエストのリボンベルトがさりげなくメリハリを作ってくれる白シャツワンピースを、黒レギンスと合わせて。露出を抑えられるレギンスはアラフォーにおすすめ! スカーフ生地を使った大きめバッグをきかせて、シンプルだけど華やかさもある着こなしに。

ワンピース¥30,000/アルアバイル レギンス¥2,200/タビオ バッグ¥22,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥42,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ネブローニ)

■シャツワンピース×肩掛けカーディガン×ハットコーデ

白いシャツワンピースに中折れハットとポインテッドトゥのフラット靴で大人っぽさやシャープな印象をプラス。肩がけしたカーディガンはのっぺりしがちなワンピコーデのメリハリとアクセントに。視線を上にあげさせることで、さりげなくスタイルアップにもつながるはず。

ワンピース¥26,000/ティッカ カーディガン¥29,000/スローン 帽子¥28,000/アパルトモン  神戸店(ジャネッサ レオネ) バングル¥19,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥10,000/アルアバイル 靴¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス

■リネンのシャツワンピース×レギンスコーデ

Tシャツ&レギンスにリネン素材のシャツワンピースをONするだけでおしゃれな休日カジュアルが完成。サンダルとバッグは白レザーで統一しリュクス感もプラスして。

シャツワンピース¥58,000/ebure Tシャツ¥10,000/アーク インク(ザ・ニューハウス) レギンス¥14,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥130,000(ウェンディニコル)/ウィム ガゼット青山店 メガネ¥42,000/コンティニュエ(OG×OLIVER GOLDSMITH) 靴¥18,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)

40代的シャツワンピースの着こなし【羽織りアレンジ編】

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

デニムスタイルで楽しむ、Ⅰラインシルエットは格別!細身のデニム人気が戻ってきている様子。細身デニムにシャツワンピースを羽織れば、Ⅰラインを強調しつつ体型カバーも手に入る。

ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥12,000/ヴァリアスショールーム(エイトン)デニム¥34,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥18,000(エディボルゴ)・バッグ¥13,000(グアナバナ)/TOMORROWLAND 3 連バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリーベア) サングラ¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥46,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ATP)

■シャツワンピース×ハイネックニット×白デニムパンツコーデ

きれいめな白デニム&ベージュのハイネックニットに、細身の襟つきシャツワンピースを羽織って、中をちら見せ。シャツワンピースのボタンを外して中のコーデをIラインで見せることでシュッとしたスリムな印象を与えてくれる。

デニムパンツ¥17,000・ニット¥17,000/スタニングルアー 青山店(ともにスタニングルアー) シャツワンピース¥43,000/アングローバル(イレーヴ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バングル¥15,000・ピアス¥10,000/ゲストリスト(ともにソコ/ハウント代官山) バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)

■シャツワンピース×黒ワンピース×サンダルコーデ

仕事終わりに彼とディナーの約束。そんな日は、黒ワンピースにヌーディな足元で女性らしさをアピール。日中のオフィスではドレッシー過ぎてしまうので、シャツワンピースを羽織ってドレスダウン。オフィス対応コーデに。

ワンピース¥69,000/アマン(アンスクリア) ロングシャツ¥29,000/ティッカ(ティッカ) ピアス¥90,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥130,000/バーニーズ ニューヨーク(トマジーニ) サンダル¥43,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(バルダン)

■シャツワンピース×デニムパンツコーデ

サイドスリットが深めに入ったシャツワンピースだからこそ、羽織ったときにその力を発揮。歩くたびにチラ見えするデニムがおしゃれ上級者の印象ばっちり。もともと色みの似たカーキとグリーンは好相性なので、深みのあるグリーン小物がカーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。

ワンピース¥42,000/エストネーション デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥14,000/プラージュ 代官山店(ダイナソー デザイン) スカーフ¥22,000/デ・プレ 丸の内店(アネ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/エイチ ビューティ&ユース(ポール アンドリュー)

関連記事
  • ZARAで見つけた明るいベージュワンピースを着て、フィンガーフード協会主催のフォローアップ講座へ行ってきました。まだ時間帯によっては暑いこの時期にぴったりな薄手のコットンワンピース 現在発売中のエクラ10月号。ファッション特集は「クールベージュ」と「暖ブラウン」です。 ワンピースが明るいベージュなので、バッグとブーツは暖ブラウンでコーデしてみましたワンピース:ZARA ブーツ:TOD'S バッグ:TOV今年の3月に日本フィンガーフード協会認定講師の資格を取得したのですが、定期的にフォローアップ講座を開催して頂けるんです✨✨代表の丸山佳枝先生が生み出すフィンガーフードは目にも美しく、再現性が高くて美味しいものばかり。今回もたっぷり8品教わってきました 講座の後は、名古屋からいらしていて既に愛知県初のフィンガーフード認定校として活躍されているりえさんとデート 虎ノ門ヒルズ内アンダーズホテル東京 52階にあるルーフトップバーへ美味しいカクテルを片手に高層階からの景色を眺めながらのおしゃべりは最高 お料理は勿論の事、テーブルコーディネートやファッションセンスも抜群なりえさんから、これからお教室開講に向けての体験談やアドバイスを沢山頂きとっても勉強になりました✨ 同じ志を持った方々が全国から集まるフィンガーフード協会。 貴重なお友達が出来て本当に有り難いです♡ 来月のお料理教室開講に向けて今は少しずつ準備を進めています。 またご報告しますね♪❤︎Instagramはこちら❤︎華組 宮原江里子ブログ
  • 体調が悪くても真っ白なフーディをかぶれば気持ちがちょっとだけ回復した気がする終電前には帰宅したものの、年齢のせいかお酒がなかなか抜けなさそう。明日は信頼のおけるクリニックで二日酔い点滴をしてもらって速攻ボディメンテナンスするつもり。真っ白のフーディでリラックス感を出しつつも、パンツはセンタープレス入り、足もとはスエードのパンプスで女らしい上品さはしっかりキープ。トレンチコートをさっと羽織れば、そのまま高級メゾンへショッピングにも行けそう。コート¥16,000/ノーク フーディ¥35,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥24,000/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥22,000/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオラ ヨー ジュエリー) バッグ¥35,000/コード(ヴァジック) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「トレンチコート」の関連記事もチェック
  • 今期のアイテムで買うと決めていたレザーのスカートこんにちは やっちゃんです 本革のレザー 海外スナップのヨーロッパのマダムが素敵にかっこよく着こなしているのをみて 買うぞと決めました 幾つになってもお洋服を上品にかっこよく着こなしたい私 レザーのパンツとスカートと迷いましたが スカートにしました レザースカート ATON 巻きスカートになってます 東京にショップがあり こちらからはネットで購入する際 サイズ採寸は慎重にしました 巻きスカートなので多少の調整可能です 届いて すぐ試着 フォルムもかっこいい 密かな誕生日プレゼント こんな大きな袋にラッピングしていただきました♡ 中身の梱包もすごく丁寧でした yasuko美女組No.162 やっちゃんのブログ
  • しっかり自分の足で、煌めく未来を歩んでほしい…✨母の自己満足… そう言われても構いません! 同感ですもの(笑) 二、三十代の頃、出産祝いに贈りまくったHermesのベビーシューズ✨ 私だって欲しい❣️ フラっと覗いたところ、ちょうど新作が入りましたとのこと。 あまりの可愛いさに、そのまま連れて帰りました♡夏産まれのベビーはほぼ肌着裸足で過ごす日本と違い、欧米、特にフランスのベビーは新生児から靴を履かせる習慣です。 基本的にGirlsにはレースアップタイプを。 Boysにはスナップタイプとのことで、息子にはこちらのベビーシューズをチョイスしました♡私を盛り上げてトドメを刺しましたのは(笑)アンティークバイヤーの叔母でした。 「毎年クリスマスツリーに飾るのよ〜」「素敵よ〜」と♡ ベビーが履けなくなってしまったらお店にお持ちして、名前や誕生日などを刺繍していただけるのも嬉しいですね♡息子、初めての海にて。 ただただ眩しそうに天を仰いでおりました✨ どんな眩しい未来が待っているのか…✨ そんな楽しい想像をする余裕をたま〜に持ちつつ、アラフォーかぁちゃん、ハッスル育児に勤しんでおります✨美女組No.88momoのブログ
  • 2都市のストリートから見えてきたこの夏のリアルトレンド。洋服から小物まで、キーワードとともに最旬の着こなしをお届け■「スニーカー」 この夏はハイブランドより断然こっち。ボリュームのある白ベースなら夏の装いに自然に溶け込む。  ☆パリメンズライクなハイテクスニーカ ーはまだまだ人気。ムダのないシンプルなデザインなら、カジュアルにもきれいめにも取り入れやすい。☆パリナイキのスタンダード・エアフォースワン。ぽってりとしたフォルムと厚みのあるソールで脚長効果も絶大。 ☆パリ白の次に人気なのがシルバー。プラスするだけでたちまちモード感のある着こなしに。☆ミラノよりスポーティな印象が強いハイカットは、ソックスをちらりとのぞかせて女らしく。 マリソル公式通販サイトで NIKE をさがす > 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/新村真理(パリ) 中島 誠(ミラノ) 富田 恵(五明さん取材) コーディネーター/酒井祥子(パリ) 建野みどり(ミラノ) 取材・文/野崎久実子
  • 夏に浴びた紫外線対策として、美白もできるメイク下地を取り入れました。暑い夏が過ぎて、秋冬に向け色々準備している中で 秋冬の乾燥対策をしないとな。と考えている中で メイク下地を更新しました。先日、羽田のDFSで購入したクレドポーボーテ『ヴォワールブラン』は SPF35・PA++という紫外線カット効果があります。 夏にSPF50を使っていたのですが、これからの時期で 日常的な紫外線対策には十分な強さですよ。とBAさんにお言葉を頂きました。 美白効果が期待できる美白有効成分m-トラネキサム酸配合で メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐ! とっても優秀な下地ではないですか。『ヴォワールブラン』にはスキンケア成分も配合されているそうです。 肌への負担を減らしてくれる要因となるので嬉しい限りです。 そしてこちらを選んだ一番のポイントは保湿タイプだということ。 乾燥肌の人はもちろん、オフィスのエアコンが強くて 肌が乾燥しがちという時にも、こうした保湿系のコスメを使っておくと メイクが崩れにいです!とアドバイスも頂き、決めました。ほんのりベージュですが肌に乗せると 馴染みが良く、1段トーンが上がったような感じの仕上がりでした。 シミそばかす予防にもなってこれからの時期の大敵である 乾燥にも強い。 最強な1品に出会えました。 これから、使い続けようと思います。美女組NO.107ウマキのブログ
  • バッサリ髪を切りました。誰の真似って、それはまさかの… ついに、ばっさりと髪を切りました。約1年前の、このロブヘアからロングを目指し、1年間伸ばし続け、胸の辺りまで伸びていたのですが、もうどうにも耐えきれず… (1年前↓)雰囲気は似ていますが、上の写真より短い「ボブ」になりました。カットは変わらず「切りっぱなし」。トレンドではないかもしれませんが、この切り方が、やはり自分のスタイルには一番「しっくり」くるということがわかってきました。 以前と違うのは、「これにして下さい」と見せたイメージ写真。いったい誰にヒントを得たと思いますか?…それは、今をときめく「TWICE」のジヒョちゃんです(笑)! 夏休みに、娘の付き添いで「TWICE」のハイタッチ会に行ったのですが、その時に生で見たジヒョちゃんのボブがあまりにもかわいすぎて一目ボレ♡「これは絶対に40代でもいけるぞ」と確信し、勇気をもってオーダーしたというわけです。担当の方は一瞬固まっていましたが(笑)、わたしの髪質や顔型に似合うように考えて下さり、アカネオリジナルの「ジヒョちゃんボブ」を実現して下さったのです。想像よりは短くなりましたが、なかなか気に入っております♪(ジヒョちゃんファンのみなさま、申し訳ありません泣)要するに、「切りっぱなしの肩上ボブ」です。「切りっぱなし」は、毛先をすいたりせず、バサッと切り揃えるスタイル。無造作な感じが命なので、お手入れも簡単です。肩にはねてしまう特性や、寝ぐせも含め、それを活かせばいいわけです。わたしの髪質は「超」がつくサラサラストレートで、クセ感を出すのが難しいため、コテで巻いたあと、ワックスでぐしゃぐしゃにしています(上の写真)。 コテを使わず、「寝グセ」にワックスをつけただけでも、それはそれで「モード」っぽい雰囲気にもなり、とってもラク↓(ドアップばかりで失礼っ)お手入れがラクなことはもちろんうれしいのですが、前のロブヘアより3~4cm上げたことにより、いつもの服が全然違ったように見えることに驚いています。 というのは、鎖骨ラインが開いたトップスを着ると、以前より女性らしく見えるのです。「肩上数センチ」の空間が、どうやらデコルテラインをきれいに見せるのか、肩に髪がかかっていた時よりも女性らしさが増しました。「ジヒョちゃん」マジック!「肩上ボブ」ってもう魔法。どんなトップスを着ても垢抜ける!髪を切っただけなのに、まったく新しい世界を見ているようです。 …ということで、写真で着用している「Vネック」の半袖ニットは、前回の続き、「ロペピクニック3点一気買い」の2点めです。まさに「ボブ映え」するデコルテ見せニット。2,990円というプチプラですが、ヘアチェンジ効果で、高見え度が数倍UP!▶前回の「ロペピクニック」の記事はこちら前回、「この秋はロペピクニックのブラウンがすごい」とご紹介させて頂きました。2点めのブラウンは、濃いチョコレート色のリブニットです。これも色に一目惚れ。とことん「濃い」のです。 折り重なったカシュクールに見えますが、実際は1枚のVネックです。髪を肩上に切り、鎖骨や首回りがスッキリ見えるようになってから、開いたVネックのラインや、ニットのかわいらしさが、以前より引き立つようになりました。同じ色のロングブーツを合わせたら、大人っぽくて素敵なコーデになりそうです。袖とウエスト部分が、ストレッチの太いリブで切り替えになっている短めのニットは、ゆったり感はありませんが、おなか回りが絞られとてもスッキリ見えるのです。太めのパンツなどを合わせると、上半身がとてもスリムに見えます。【Holiday1】タイトスカートを合わせ、細身のラインで大人っぽく↑丈が短く細身のニットには、丈の長いスカートがバランスよく合います。タイトスカートだと、全身がとてもほっそりと女性らしいラインに。すべてブラウン系でまとめるより、黒を入れたほうが引き締まり、大人の印象になります。【Holiday2】ブラウン×ブルーでさわやかに↑ブラウンと相性のよいスカイブルーを合わせると、きれいなチョコレート色のニットが更に映えます。ボリュームのあるワイドパンツを合わせると、上半身がすっきりとスリムに。ブラウン×ダーク系に飽きてきたら、おすすめの組み合わせです。 ↓カラー系を合わせるなら、ダークピンクも相性抜群ですね。フェミニンがプラスされ、「デコルテ見せ」ニットが、さらに女性らしくなります。↓実は、「広く開いたVネック」は得意ではなかったのですが、肩上数センチの空間が、それを解決してくれました。もっと早く切ればよかった!TWICEファンの娘に感謝♪おかげで、運命の髪型に出会いました。40代ではありますが、やりたい髪型にはどんどん挑戦したいですね! さぁみなさん、勇気を出して、美容室で「ジヒョちゃん」を提示してみましょう(笑)▶ロペピクニック「カシュクールニットプルオーバー」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.58★ 「PICARD(ピカール)の冷凍食品」 日本にもだいぶ定着してきた、冷凍食品の「PICARD(ピカール)」。手ごろにフランスの味が楽しめるので、わたしも頻繁に利用しています。 共働き率が、日本よりも断然高いフランスの街を歩いていると、中心地には必ずこのお店があります。会社帰りの人々が、ボロボロになったピカールの大きなエコバッグに商品をいっぱい詰めている姿を見ると、これってもう「文化だな」と思います。 フランス人にとっては「日常食」でも、日本人には「おしゃれな味」。利用する目的は、「疲れて何もしたくないから」というよりは、「誰か来るから」という「おもてなし」の場面で使うことが多いです。オーブン調理が必要な商品もたくさんありますが、それさえも面倒なわたしは、「レンジ対応」や「自然解凍」で食べられるものを選ぶことも多いです。フランスの秋を感じられる商品では、「セップ茸(ポルチーニ)」のリゾットや、「マロンとセップ茸のスープ」などがレンジ対応で美味!リゾットは、3種類のチーズとクリームの味が濃厚な、イタリア製の本格的なリゾットです。日本人向けには作られていないので、香りも含めてかなりの本格派。 スープは、「これぞフランス」というビストロ的な味です。ジャムのメーカー「ボンヌママン」のマロンジャムをご存知であれば、まさに、あの栗の香りがします。 「栗とポルチーニを買ってきてスープを作ろう♪」なんて、日常ではあまり思いつきませんから、800円台でフレンチが味わえると思うと感激です。2~3人分たっぷり入っています。ピザだって「レンジ対応」商品が1種類だけあるんですよ!「4種類のチーズピッツァ」は、4分30秒で本格的なイタリアンピザ♪おつまみに最適です。デザートには、新発売の大人気商品「レモン風味のチーズケーキ」。これは自然解凍でOKです。お休みの日は、オーブンでパンを焼いてみるのもいいですね!クロワッサンもバゲットも、簡単に作れます。オーブンから、カリカリの焼き立てバゲットが出てくるなんて、ちょっと感激ですね!買いに行くのもいいですが、焼き立てのフランスパンの味は格別です♪友人宅への手土産にしても喜ばれます。前菜、メイン、スープ、デザートまで、レンジひとつで簡単フレンチ。「冷凍食品」のむなしさなんてありません!個人的には、圧倒されるほど種類豊富なフランスと同じくらいのデザートラインナップが発売されることを、ひそかに願っています☆ ▶「ピカール」オンラインショップはこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • リンクルホワイトエッセンス。この名前だけで分かりますよね。オルビスの新作は、シワ対策も美白もこれ1本!の美容液。さらに全顔使えて、続けやすいお値段にも注目。これはもう、使わない理由が見つかりません。アラフォーともなると、肌の悩みは十人十色。というかシミもシワもくすみも!と、改善したいお悩みだらけ。かく言う私も、ほお骨あたりのシミにはこの美容液、目周りのシワにはこのアイクリーム、テクスチャーが軽いものから順に塗り重ねて……なんて頑張っていますが、時々疲れちゃって。そこに現れたのがこちら。シワ改善と美白、両方にアプローチする有効成分Wナイアシンを配合した夢のような美容液、リンクルホワイトエッセンスがオルビスからデビューします。化粧水の後、小豆1~2粒程度の量を全顔に。この全顔に使える、というのもお気に入りポイント。この歳になるともう、顔全体がケアしたいところだらけですからね。見た目はジェルっぽいテクスチャーですが、体温でゆるゆるとろけて心地いいオイル状に。肌にくまなく広がってくれます。しかも、塗り込むうちに手応えがゲル状に変化。ピタッとしっかり肌に留まる安心感がまたいいんです。そしてベタつきも残らないので即、次のケアに移れます。この感触、朝は本当に助かる!そんな使い心地の虜になり、夢中で2週間ほど使い続けたところ……目の周りのシワが浅くなった気がするし、くすみも軽減。何より、気づいていなかったくすみや小ジワなど顔全体の“ノイズ”が軽減され、肌偏差値がぐいっとアップ。見た目年齢もちょっと若返り傾向で、ひとりほくそ笑んでいます。1本は約1.5ヶ月分。ただ、これだけ手応えがあると首やデコルテにも使いたくなるのが女心。ちょっとハイペースで減っておりますが実はこの美容液、なんと¥4500! 手に取りやすくて続けやすいこの価格設定もさすがオルビス、お見事です。継続的なお手入れがモノを言うシワケア&美白をまとめて、しかも広範囲で出来ちゃうフレンドリープライスの美容液。今週末発売なので、ぜひともお試しを。リンクルホワイトエッセンス 30g ¥4500[医薬部外品]/オルビス<9月21日(土)発売>●「オルビス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND