ちまき食べ食べ邪気払い。Iラインのシルエットの中には白×ブラウンを【2019/5/5コーデ】

Marisol ONLINE
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
こどもの日に妹夫婦の家へ和菓子のちまきの差し入れを。明日のコーデはちまきからインスパイアされて、きれいめな白デニム&トレンド高めのベージュのハイネックニットを、細身の襟つきロングシャツを羽織って、中をちら見せ。シャツワンピースのボタンを外して中のコーデをIラインで見せることでシュッとしたスリムな印象を与えてくれる。
デニムパンツ¥17,000・ニット¥17,000/スタニングルアー 青山店(ともにスタニングルアー) シャツワンピース¥43,000/アングローバル(イレーヴ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バングル¥15,000・ピアス¥10,000/ゲストリスト(ともにソコ/ハウント代官山) バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ファッションまとめ記事もチェック
関連記事
  • スーツよりも着やすく、オフィスにふさわしいきちんと感を備えたセットアップは、働く女性の頼れる味方。従来は上下ともにシンプルなものが多かったけれど、今季は丈感や全身バランスが大きく変化。一歩先行くおしゃれアイテムとして、ぜひ更新を!■KNIT SET-UP体型カバー力が劇的に進化! この秋大注目の"ニットアップ"。編み地とシルエットが進化し、布帛感覚で着られるタイプが続々登場。体の線を拾わないから大人も安心! 【Point 1】〝ほどゆる〞なシルエットで旬と着映えを両立適度に身幅がありすそに向かってゆるやかに広がるトップスと、体につかず離れずのタイトスカートとの組み合わせ。つまった編み目でしっかりと張りがあり、きれいなフォルムが完成。ニット¥28,000・スカート¥25,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥22,500/アビステ バングル¥23,000/essenceof ANAYI( PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥106,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥17,000/リエス(ラ ピエス)【Point 2】リラックスムードで表現するヘルシーな肌見せパンツタイプも今季は豊作。やや太めの絶妙テーパードでほっそり見え。プルオーバー¥32,000・パンツ¥29,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) ターバン¥5,800(ラ メゾン ド リリス)・ネックレス¥12,000(アントン ヒュニス)・靴¥49,000(ペリーコ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店 ブレスレット¥13,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥50,000/ジャンニキアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)【Point 3】横姿も可愛い!大人の七難隠すペプラムデザインバスト下からランダムなペプラムをあしらい、おなかやヒップなど気になる部分をおしゃれにカバー。ストレートシルエットのセミタイトだから、全身バランスもすっきり。ニット¥26,000・スカート¥32,000/MOGA サングラス¥48,000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥60,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥57,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)【Marisol10月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
  • とりあえず「これさえはおっておけば今季はOK」と言えるほど、一気にトレンドアイテムに躍り出たテーラードジャケット。この秋買うべき3つのタイプとその着こなし例を披露!  無地シングルテーラード  まずは「テーラードジャケット」と言われて真っ先に浮かぶ定番の形から。今年はヒップまでかかるやや長めの丈が旬! BRAND:MADISONBLUE COLOR:Beige/Brown/Green SIZE:00/01/02 MATERIAL:Wool100% 柔らかなベージュを、華やかなスカートと合わせて女性らしく 英国羊毛ならではのスポンジ感とナチュラルな粗さのある素材で、シンプルなのにさりげなく"映える"一枚。ほどよく細身のシルエットのおかげで、着るとエレガントな雰囲気に。プリントスカートとの華やかなコーデに、ブランドイニシャルのエンブレムがほんのりトラッドなムードを添えて。ジャケット¥110,000/マディソンブルー カットソー¥7,900/RHCロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) スカート¥28,000/エストネーション バッグ¥140,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) BRAND:Theory COLOR:Black/Light Camel Melange/Light Navy Melange/Charcoal Melange/Navy SIZE:00/0/2/4 MATERIAL:Wool70% Triacetate25% Nylon3% Polyurethane2%やっぱり一枚は持っておきたいオンオフ使えるシャープな黒メンズライクな仕立てや細身のラペルがきりっとスマートな一枚。フェミニンな花柄ワンピースにはおるだけで、端正な上品さが備わる。ほどよくストレッチがきいており、動きやすいのもうれしい。ジャケット(10月展開予定)¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥52,000/アルアバイル(バウム・ウンド・ヘルガーデン) ストール¥34,000(ファリエロ サルティ)・バッグ¥21,000(ザ ディレッタント)/ユナイテッドアローズ 銀座店 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)  マリソル公式通販サイトでさがす/THEORY (セオリー)> BRAND:ATON COLOR:Blue/Navy SIZE:02/04/06 MATERIAL:Wool100%上品なブルーで何げないシンプルスタイルに洗練を大きくあいた襟やサイドのポケットで、きれいめなのにどこか抜け感のある雰囲気。ほかにない上品なブルーがさりげないアクセントとなり、シンプルなパンツスタイルもどこか新鮮な表情に。ジャケット¥69,000・カットソー¥26,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグインプログレス) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ) マリソル公式通販サイトでさがす/ATON (エイトン)>  マリソル公式通販サイトで”テーラードジャケット”をさがす > 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/三宮幹史(TRIVAL/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里
  • 洗練された旬の大人服が得意な「カオス」からも、はくだけでコーディネートがキマる“時短パンツ”が登場。前後差のあるすそのデザインが印象的なドレスパンツが、美脚見えを叶えながら品格漂う装いへと導いてくれます。玄関先での悩みを一掃する、どんな足元とも好相性な頼れる一本をご紹介。Brand:カオス【Chaos】横糸に30年前のヴィンテージモヘアを使用し、張り感をもたせた贅沢なウール素材。メンズのドレスパンツのような仕立てで、同素材のタキシードジャケットとのセットアップも美しくかなう。前後差のあるすそはヒールを履いたときに前すそがもたつかないように、また、サイドの側章もまっすぐ下に落ちる設定になっているなど、美脚見えの秘訣がそこかしこに。洗練された旬の大人服が得意なカオスらしさが凝縮されている。フラット靴、ショートブーツも合って玄関先での悩みが一掃されました。美しいシルエットに包み込まれる安心感で、下半身のコンプレックスも忘れられる(笑)。この冬はこれさえあれば大丈夫!(エディター&ライター/新田幸子さん)インナーは黒でまとめて美しいフォルムを強調。シックなアウターを主役におしゃれを印象づけて。 パンツ¥35,000/カオス丸の内(カオス) コート¥178,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥54,000/マディソンブルー バングル¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ベルト位置、ダーツの配置にこだわり、腰まわりはメンズボトムのような端正で直線的なシルエットに。丸みを帯びた女性のヒップラインもすっきりとシャープに引き立ててくれる >>時短パンツ 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
  • アラフィーの定番カラー「グレー」は、ワントーンコーデでも大人気。メンズライクな雰囲気の着こなしから、ラグジュアリー×カジュアルの絶妙なバランスの組み合わせまで、今季旬のグレー系ワントーンスタイルを大公開。グレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウリッチ素材をカジュアルダウン。すっきりなじんで上品に仕上がる毛足の長いファージレは、エレガントなスカートよりもメンズライクなコーデュロイのワイドパンツで、ぐっとカジュアルにこなれさせて。ファー特有のラグジュアリーさが引き算され、ニット&コーデュロイのデイリーなコンビも格上げされる。 ジレ¥165,000/アマン(プロタゴニスタ) ニット¥31,000/スローン パンツ¥39,000/ebure 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) 2重に巻いたネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥59,000/アマン(エレメ)ツヤ素材との組み合わせでスウェットがお出かけ仕様に再ブレイク中のスポーティなスウェット。合わせるボトムはカジュアルさは控えめに、ダークグレーの光沢が美しいシルク混スカートで、女らしさが漂うグレーのワントーンコーディネートに仕上げて。素材のメリハリが着こなしのポイント。 スウェット¥26,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ) >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • ニットが豊作な今の時期、ただやみくもに目先のニットを選ぶのはNG。体のラインがきれいに見えるニットを選べば、きっとそれだけで気分が上がるはず。今回は、おしゃれプロたちが本気で選んだ着やせニットを推薦コメントとともにご紹介! 着やせ部門 【選考ポイント】 ニット自体に立体感があり、すっきりきゃしゃ見えを実現 【1位】ミラ オーウェンの3Dカシミヤニット ¥14000 今年らしさが高まる、ゆるっとしたボリューム感。着ると体が泳ぎ、二の腕やおなかまわり、ヒップなど気になるところをカバーしてきゃしゃ見えも簡単。ピュアカシミヤ100%という上質素材も魅力のひとつ。ニット¥14000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラオーウェン) 中に着たワンピース¥34000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥90000/ベルシオラ リング¥17000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥145000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス丸の内店(ザンケッティ) スタイリスト 吉村友希さん 素材がソフトだからボトムにインしても着太りしないのがいい  編集M 体が泳ぐボリューム感や、落ちた肩も相まって上半身がほっそり見える!  【2位】アダワスのサイドスリットニット ¥26000 両サイドの深スリットと前後差のあるヘムラインで、立体感が一層きわだつ。¥26000/ショールーム セッション(アダワス)  【3位】アダム エ ロペの前後Vニット  ¥15000 前後のVネックがつくるデコルテと背中の抜けが、体にメリハリを。「丸顔がすっきり見える!」という意見も。¥15000/アダム エ ロペ 撮影/YUJI TAKEUCH〈I BALLPARK〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumi.ni 〉 スタイリスト/川上さやか モデル/ヨンア 取材・原文/榎本洋子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載 次は:大人の肌になじむ【トレンドカラー 部門】のニットBest 3
  • 2019年秋の注目トレンド小物は?アラフォーのおしゃれも気分も上がる、今季注目のバッグと靴を一挙にまとめました!【目次】 ・秋トレンド「アニマル柄ブラウン小物」の取り入れ方 ・秋コーデを格上げする小物はコレ!【バッグ編】 ・秋コーデを格上げする小物はコレ!【靴編】秋トレンド「アニマル柄ブラウン小物」の取り入れ方今シーズン、ブラウンの延長で楽しめるレオパードやパイソンなど存在感のあるアニマル柄もトレンドに。大人は主張させるというよりも、小物で取り入れてコーデになじませるイメージで。 秋 小物【1】シャーロット オリンピアのショートブーツ試しやすいレオパードブーティ。ロング丈のボトムからのぞかせて。まずは顔から遠い足もとにレオパードを。ブラウンのアイテムのそばだとコントラストがつきにくく、なじみやすい。 靴¥142,000/ロンハーマン(シャーロット オリンピア) 共布ベルトつきワンピース¥39,000/ebure デニムジャケット¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥125,000/ドゥロワー 六本木店(フェリアン)▶秋 小物/シャーロット オリンピアのショートブーツ 詳細はこちら秋 小物【2】ア ヴァケーションのアニマル柄トートバッグ大きめのキャッチーな柄もブラウン合わせだと上品になじむ。人気バッグブランド「ア ヴァケーション」の新型トートバッグは折りたたむとクラッチに変身。 バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) ニット¥20,000/スティーブン アラン フタコタマガワ(スティーブン アラン) パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース(アール  ジュビリー) ピアス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ジービンスキー) ブレスレット¥11,000/デミルクス ビームス 新宿(ローラ ロンバルディ)▶秋 小物/ア ヴァケーションのアニマル柄トートバッグ 詳細はこちら秋 小物【3】イエナ×ペリーコ サニーのアニマル柄サンダルこれ見よがしじゃないストラップシューズという選択。ダークブラウンのパイソンは着こなしの引き締め役にもなるのがいい。レトロな形とボリュームのあるヒールもしゃれ見えする。 靴¥35,000/アマン(イエナ×ペリーコ サニー) ブラウス¥22,000/インターリブ(サクラ) スカート¥29,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) バッグ¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) バングル( 3 本セット)¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラヒア)▶秋 小物/イエナ×ペリーコ サニーのアニマル柄サンダル 詳細はこちら秋 小物【4】アトリエ ニノンのアニマル柄スカーフスカーフをターバン風に巻いて女っぷりよく。タイトなまとめ髪に試してみたいレオパード柄のシルクシフォンスカーフ。ブラウンのタートルニットがあれば、リアルに楽しめる。 スカーフ¥13,000/アトリエ ニノン(アトリエ ニノン) ニット¥15,500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) スカート¥42,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) ピアス¥180,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バングル¥16,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) ▶秋 小物/アトリエ ニノンのアニマル柄スカーフ 詳細はこちら秋 小物【5】ヴァレクストラのアニマル柄バッグ「ヴァレクストラ」のコンサバティブなバッグで小さく攻めるのも大人ならでは。柄上級者はきれい色コーデにもそっと。今の気分とモダンさ、品格すべてを着こなしに。 バッグ¥670,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ワンピース¥28,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) リング¥35,000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ)▶秋 小物/ヴァレクストラのアニマル柄バッグ 詳細はこちら②秋コーデを格上げする小物はコレ!【バッグ編】秋 小物【6】エトロのショルダーバッグエトロのシグネチャーであるペイズリー織にコーティングを施したアルニカと、カーフレザーのトリム、ペガサスをかたどったバックルと、レトロなたたずまいが新鮮なバッグ。「遊び心のあるミニサイズながらクラフツマンシップあふれるつくりがたまらない!」と編集長イシダ。 バッグ「ペガソバッグ」(縦15.5×横18×マチ3.5㎝)各¥148,000/エトロ ジャパン(エトロ)▶秋 小物/エトロのショルダーバッグ 詳細はこちら秋 小物【7】フルラのバッグ秋冬のコーディネートと相性のよいカラーと、チェーンや留め具に使われたゴールドがリッチなたたずまいのバッグ。マチが広いので見た目以上の容量でデイリーに活躍しそう。肩からかけることもできる持ち手の長さも絶妙。「シックでエレガントな配色にひと目惚れ!持つだけで見慣れた着こなしを格上げしてくれること間違いなし!」と副編集長S。 ハンドバッグ「DIVA」(左・中/縦17×横25×マチ11㎝)各¥80,000・(右/縦15×横22×マチ10㎝)¥74,000/フルラ ジャパン(フルラ)▶秋 小物/フルラのバッグ 詳細はこちら秋 小物【8】バレンシアガのハンドバッグ鮮やかなフューシャピンクとカーブを描いたフォルム、シルバーメタルのBが目を引くバレンシアガのハンドバッグ。「見た目の可愛さはもちろん、内側・外側にポケットがあるのも優秀。クロスボディにもできるストラップつきなのもうれしい」とスタイリスト室井由美子さん。 「HOURGLASS TOP HANDLE XS」バッグ(縦13×横19×マチ8 ㎝)¥162,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶秋 小物/バレンシアガのハンドバッグ 詳細はこちら秋 小物【9】ザンケッティのラムファーバッグファーを使ったバッグを持てば、それだけで秋冬のムードに。ハンドルや金具がゴールドでカジュアルすぎないデザインも大人向き。ダークカラーコーデのさし色にも。 ハンドバッグ¥175,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)▶秋 小物/ザンケッティのラムファーバッグ 詳細はこちら秋 小物【10】モワナのバッグクラシックなフォルムと美しい色が絶妙なハンドバッグ。コーデの雰囲気を一気に変える存在感。「リュクスなたたずまいに惹かれる注目ブランドを今年こそ」とスタイリスト松村純子さん。 ハンドバッグ¥604,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)▶秋 小物/モワナのバッグ 詳細はこちら秋 小物【11】J&M デヴィッドソンのバッグ使える実績あり! J&M デヴィッドソンの大好きなカーニバルの新型がこちら。おなじみのフリンジにメタルのスタッズとチェーンで旬度をアップ。ほどよいコーデのスパイスに。 バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶秋 小物/J&M デヴィッドソンのバッグ 詳細はこちら秋 小物【12】ジャンニ キアリーニのバッグ高度な技術とエレガンスを同時に備えた機能派美人なバッグ。フィレンツェ発のコンテンポラリーバッグブランド。上質なレザーが生きる万能ベーシックなデザ インに、ノットモチーフがアクセント。 「IONE(イオーネ)」バッグ(23×27×13)¥43,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) スカート¥29,000/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(ヴェルメイユパー イエナ) イヤリング¥13,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バングル¥59,000/TOMORROWLAND(ルスオーティズ) ▶秋 小物/ジャンニ キアリーニのバッグ 詳細はこちら秋 小物【13】ヴァジックのバッグミニマルながら、ほかにはない。都会的なスタイルがこれひとつで決まる。かっちりしつつも遊び心を感じさせるショルダーバッグ「City」に、ひと回り小さいサイ ズが登場。クロスボディにすれば、きれいめジャケットスタイルにも抜け感が出る。 「CityMini Mini」バッグ(14×18× 8 )¥37,000/コード(ヴァジック) ジャケット¥66,000/エリオポール代官山(ラスパイユ) ワンピース¥30,000/エイチビューティ&ユース(アモーメント) 靴¥64,000/アマン(ペリーコ) イヤリング ¥9,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) ▶秋 小物/ヴァジックのバッグ 詳細はこちら秋 小物【14】デルヴォーのバッグ熟練した職人が8 時間以上を要して組み立て、ハンドステッチで仕上げられるアイコン「ブリヨン」。最高級のボックスカーフを使用し、ブラウンカラー3色のコンビネーションが美しい。ストラップつき。 「BrillantE/W PM」バッグ(16×28.5×12.5)¥547,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) ニット¥26,000・スカート¥49,000/ebure 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) リング¥74,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶秋 小物/デルヴォーのバッグ 詳細はこちら秋 小物【15】J&M デヴィッドソンのバッグスタイリスト使用率No.1! そのコーディネート力の高さで支持される親愛ブランド。2003年に登場し、巾着バッグの火つけ役となったアイコン「CARNIVAL」を、新クリエイティブ・ディレクターのケイティ・ヒリヤーが再解釈。長く繊細なフリンジとチェーンやスタッズなどのメタルパーツが、どんな着こなしも印象的に彩る。 「FRINGE CARNIVAL MINI」バッグ(20×13.5×13.5)¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) シャツ¥39,000/サザビーリーグ(デミリー) パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) リング¥21,000/TOMORROWLAND(サマー) キャミソール/スタイリスト私物▶秋 小物/J&M DAVIDSONのバッグ 詳細はこちら秋 小物【16】ヴァレクストラのバッグエジプト神話の女神イジィデにちなんで名づけられたピラミッド型のバッグがアイコン。鮮やかなブルーが秋冬コーデを惹き立てる。ショルダーストラップつき。 「ミニ イジィデ」バッグ(16.5×22×12)¥365,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)▶秋 小物/ヴァレクストラのバッグ 詳細はこちら秋 小物【17】ロウナー のバッグ"椿姫"の名をもつバッグは、最高級カーフレザーにゴールド金具が特徴。内側は柔らかなスエード。ストラップ、手鏡つき。クラシカルな佇まいがコーデを格上げ。 「Traviata」バッグ(20×23.5×10)¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)▶秋 小物/ロウナー のバッグ 詳細はこちら③秋コーデを格上げする小物はコレ!【靴編】秋 小物【18】ジミー チュウのバックストラップパンプス「ダークなパイソン柄とべっ甲ヒールが好み。キャメルやベージュ系の着こなしに今年らしくピリッときかせて取り入れたい」とスタイリスト室井由美子さんがひと目惚れしたのがジミー チュウのバックストラップパンプス。べっ甲柄の構築的なヒールやサイドのカッティングなどモダンで女らしいデザイン。 パンプス「FETTO」(高さ6.5㎝)¥99,000/ジミー チュウ ▶秋 小物/ジミー チュウのバックストラップパンプス 詳細はこちら秋 小物【19】ネブローニのロングブーツ「今年はロングブーツを絶対買おうと心に決めています」とスタイリスト松村純子さん。ロングブーツは美脚度と脱ぎ履きのしやすさで選ぶ。履き口のギャザーが細見え効果に。 ブーツ¥84,000/エイチ ビューティ&ユース(ネブローニ)▶秋 小物/ネブローニのロングブーツ 詳細はこちら秋 小物【20】ジミー チュウのブーツとパンプス「今季再び新鮮に映ったグレーの女らしいグレーのパンプスと、ブラウンやネイビーに合わせたいボルドーブーツが気になる」とスタイリスト松村純子さん。どちらもV字のカッティングと細いストラップが印象的。 パンプス¥88,000・ブーツ¥148,000/ジミー チュウ ▶秋 小物/ジミー チュウのブーツとパンプス 詳細はこちら秋 小物【21】カルメンサラス×デミルクス ビームスのショート ブーツライトベージュのショートブーツなら、今から活躍しそう。「ライトカラーが肌になじむので、初秋から素足で履きたい」とスタイリスト松村純子さん。ダークカラーコーデのアクセントに。 ショートブーツ¥23,000/デミルクス ビームス 新宿(カルメンサラス×デミルクス ビームス)▶秋 小物/カルメンサラス×デミルクス ビームスのショートブーツ 詳細はこちら秋 小物【22】ザ・ロウのサンダルアートピースのようなザ・ロウのサンダルは、安定感のある6.5㎝ヒールで、華奢だが歩きやすい。「デザイナーがヒールの位置にこだわって作った靴は、立った時に重心を取れて履き心地が最高。ストラップも懐かしくて新鮮」とスタイリスト辻 直子さん。 サンダル(高さ6.5㎝)各¥89,500/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ)▶秋 小物/ザ・ロウのサンダル 詳細はこちら秋 小物【23】ジェイエムウエストンのレースアップシューズフラットシューズでもきちんと感のある靴が履きたい気分。メンズライクなレースアップシューズ、白だとクリーンで女性らしい印象に。 シューズ¥110,000/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)▶秋 小物/ジェイエムウエストンのレースアップシューズ 詳細はこちら秋 小物【24】ペリーコのショートブーツ靴トレンドの大本命ショートブーツも今年は白がイチオシ。秋冬の重めなコーデに足もとだけ抜け感を出すのにもぴったり。歩きやすい程よい高さのヒールもうれしいポイント。 ショートブーツ¥72,000/アマン(ペリーコ)▶秋 小物/ペリーコのショートブーツ 詳細はこちら
  • カーディガンとテーパードデニム。身近でラフなアイテムをロマンティックなブラウスで活性化去年まではプリンセス好きだったのに今年は一転、魔女になってみたいという姪を連れて表参道へ。エレガント魔女をイメージしたブラウンオレンジのフェミニンブラウスに黒のロングガウン風カーディガン、そしてポインテッドトゥがハロウィンの雰囲気を醸し出してくれるはず。最後にデニムを合わせればやりすぎ感も抑えられた大人カジュアルコーデに。ブラウス¥19,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) カーディガン¥45,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥29,800/カオス丸の内(フェイ アンドラダー) バッグ¥37,000/TOMORROWLAND(ラドロー) 靴¥36,000/ベイジュ(ピッピシック)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ロングカーディガン」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • はくだけでコーディネートがキマる“時短パンツ”。本誌副編Uが早速ゲットしたのは「セオリーリュクス」のウールストレッチ素材のパンツ。プラムのような深い色で、ベーシックカラーの延長にはもちろん、トレンド感も演出できる頼れる一本です。Brand:セオリーリュクス【Theory luxe】“ディープパープル”という上品な色みがさりげなく視線を集めるセオリーリュクスのパンツ。繊細で上質なウールにしか出せないという美しい発色は、柔らかさと適度なドレープ性をもつウールストレッチ素材ならでは。体につかず離れずの直線的な縦長シルエットで、ヒップを優しく包み込むように計算されたフォルムは、かがんだときに後ろが浮く感覚も軽減。品のよさと機能性を両立させた実力派ブランドの技が光る。プラムのような深い色はベーシックカラーの延長で着こなせるのに、一点投入でトレンドにものれて、さりげなくイメチェンも。朝迷ったときは、すぐにこれに頼ります!(副編U)メンズライクなビッグシルエットのウールシャツに細身のパンツがバランスよくマッチ。品のよいこっくりとしたパンツの濃密カラー、サテンの裏地や、胸もとのパールなど女性らしさをちりばめて、カジュアルをドラマチックに。 パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥348,000/TASAKI バッグ¥15,000/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥72,000/アルアバイル(ペリーコ)張りと伸縮性のあるインサイドベルトを内蔵し、おなかまわりをしっかりとカバー。サイドポケットはしつけ糸が強めに縫われているので、開いても、そのままでもOKという設定に。ゴワつかず、すっきり見せるためのカギに >>時短パンツ 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND