2019年版・3大テイスト別40代を輝かせるデニムの着こなし|アラフォーファッション

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

2019年40代向けデニムコーデ①:洗練された大人のきれいめデニムコーデ

デニムスタイルでも、上品さをしっかりとキープした40代向けのきれいめデニムコーデをまとめました!

■白シャツワンピース×トレンチコート×デニムパンツコーデ

定番の白シャツワンピ×トレンチは、デニムレイヤードで旬度を上げて。ほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。

ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ネイビーのブラウス×デニムパンツコーデ

インディゴブルーのデニムときれいめネイビーのブラウスでワントーンコーデで厳かな雰囲気に。小物はトレンドのシースルーバッグとぺたんこシューズで今っぽさと抜け感をプラス。


デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)

■白ワンピース×デニムパンツ×サンダルコーデ

清潔感のある白を、かごとサンダルでさわやかに着こなして。一枚で着られる季節になったら、首まわりのギャザーやほんのり膨らんだスリーブなど、女性らしいシルエットをシンプルに味わって。レギンス代わりにクロップドデニムを重ねた白×ブルーのさわやかなコーディネートも、今年らしくておすすめ。ナチュラルになりすぎないよう、かごはモダンなデザインをセレクト。

ワンピース¥42,000/アマン(アンスクリア) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥90,000/スーパー エーマーケット(ワイワイ) 靴¥16,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)

■ロングカーディガン×デニムパンツコーデ

ハイウエストのデニムパンツに、今の季節にちょうどいいコットン素材のロングカーデを羽織って。ナチュラルなベージュはきれいめにも着られる万能カラー!ニュアンスのあるショールカラーや 体が泳ぐシルエットなど、さりげなくはおるだけで旬のムードに。


ロングカーディガン\25,000(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ラタンハンドルバッグ¥9,800(ユティリテ)・親指ビジューサンダル¥28,000(イルサンダロ オブ カプリ)/SHOP Marisol サングラス・ピアス・バングル/スタイリスト私物

■ジャケット×フレアデニムパンツコーデ

広がりすぎない美脚フレアで旬のヴィンテージテイストを取り入れて。デニムはシンプル派の核となるアイテムだけに、ここをしっかりアップデートすると、ぐっとスタイルが決まりやすく。今季の注目はゆるやかなフレアシルエット。いち早く投入すれば、見慣れたジャケットコーデも旬のヴィンテージシックな装いに。

デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥98,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) Tシャツ¥10,000/エストネーション ネックレス¥45,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥32,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)

■白いシャツワンピース×ブラックデニムコーデ

ブラックデニムパンツに、きれいめからトレンドまでさまざまな着こなしがかなうベルトつきのシャツワンピースをレイヤード。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。

シャツワンピ\23,000(エムセブンデイズ) 14Gコットン天竺Vカーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol

■ベージュのジャケット×デニムパンツコーデ

テーパードデニムにやや細めのピークトラペルのシングルボタンジャケットを合わせて。肩掛けしたニット、インナーに着たTシャツ、小物はモノトーンでまとめて統一感を。

ジャケット¥65,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) Tシャツ¥25,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マディソンブルー) 肩がけしたニット¥12,000/TOMORROWLAND(マカフィー) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥50,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥74,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥18,500/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(カミナンド)

■ベージュのジャケット×フレアデニムコーデ

大人向きの清潔感のある色落ちと、膝が絶妙に入ったメリハリのあるフレアシルエットが私たち世代にちょうどいい。さらにマザーの最大の特徴でもあるストレッチのきいた素材は体を美しく包み込み、体型も選ばずフィット。脚長&腰高をかなえてくれる名品番を着流すジャケットとともに。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥29,000(デミルクス ビームス)・ニット¥34,000(オーラリー)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ニュアンスカラーのシャツ×デニムパンツコーデ

まろやかペールトーンのシャツと淡色デニムで合わせて優しい印象に。デニムは贅沢な素材を使い、座った時も苦しくないようはき心地を追求したコンフォートテーパードのデニムをチョイス。ニュアンスカラーのシンプルなシャツはゴテゴテと飾りっ気のない潔さが、凛とした印象のエレガントな女性に映りそう。

デニムパンツ¥41,000/ドゥロワー 青山店(ゴールドサイン) シャツ¥29,000/ebure ピアス¥14,000/ティアラ(ルーカス ジャック) バッグ¥52,000/ジャンニキアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ベージュのトレンチコート×デニムパンツコーデ

着慣れたベージュトレンチを旅に携える。ベージュトレンチ×デニムの定番コーデもシルエットでフレッシュに。旅先でも、日常でも。トレンチコートを気負わず楽しめる軽やかな女性が選ぶのは、薄手素材のベージュトレンチ。肩落ちのゆったりしたシルエットも大人の余裕を感じさせて。

トレンチコート¥78,000/オーラリー ニット¥25,000/ロンハーマン(ロンハーマン) デニムパンツ¥23,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥47,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ピアス¥68,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥134,000・パンプス¥67,000/ジミー チュウ スーツケース/私物

■シャツワンピース×デニムコーデ

なんてったって着回しがきくから!この春いちばん欲しいのは前開きのシャツワンピース!

普通にボタンを留めてワンピースとしても、途中までボタンを留めてチュニックとしても、ボタンを全部はずして軽やかな羽織りとしても使えるから一着あればとても重宝するシャツワンピースは絶対マストバイな春アイテム! 特に前開き仕様で共布のベルトつきなので、ベルトありなしで楽しんだり、サイドスリットや前後差のある丈感で今年らしさを満喫したり、さまざまなスタイリングアレンジができるから、春のおしゃれが楽しみで仕方がない! 万が一、ひな祭りパーティで白酒を飲みすぎて妹の家にお泊りしたとしても、翌日には違うアレンジで着こなせる安心感がこのシャツワンピースには多分にある。

ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ¥26,000(トフ&ロードストーン)・6.5㎝パンプス【ANELLI】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■トレンチコート×ニットカーデ×デニムパンツコーデ

トレンチ×デニムの鉄板コーディネートは“軽やかさ”でアップデート。風を受けふわっと広がるトレンチの素材感、そしてデニムのほどよい色落ちで、アラフォーの定番コーデがぐっと軽やかに洗練された印象に。トレンチがミニマムなデザインなので、赤のライン入りカーディガンともケンカせず、上品にまとまる。

トレンチコート¥84,000/ebure カーディガン¥28,000/八木通商(ルトロワ) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ゴッセンス) バッグ¥28,000(レフィエ)・靴¥47,000(ネブローニ)/フラッパーズ

2019年40代向けデニムコーデ②:ワンランク上のカジュアルデニムコーデ

こだわりの素材やカラー配色、トレンドアイテムを投入するなど、いつものデニムスタイルをワンランクアップさせるテクをご紹介!

■ベージュシャツ×フレアデニムパンツコーデ

永遠のスタイルこそ、色のもつパワーでアップデート! 目のつまったツヤのあるリネン素材、キャメルに近い深めの色み、そしてVあきのノーカラーと胸もとのフラップポケット。シンプルながら主役感たっぷりの一枚を、再ブレイクのフレアデニムにイン。定番の組み合わせこそアイテムの新しさが大切、というおしゃれの黄金ルールを実感! 

シャツ¥30,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) デニムパンツ¥33,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥10,000/マルティニークルコント梅田(アプレ スキー) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥21,000/ANAYI

■トレンチ風ジレ×デニムコーデ

春秋と長い時期着られるトレント風ジレを、カットソー+デニムのようなスタイルに合わせると、スタイリングがぐっと凝った印象に。ベルトつきだから、スカートの日には前を閉じてウエストマークするのもおすすめ。

トレンチ風ジレ¥28,000(エムセブンデイズ)デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパ¥24,000(ファビオ ルスコーニ)サンダル/SHOPMarisol カットソー・帽子・ネックレス/スタイリスト私物

■グリーンのニット×白デニムパンツコーデ

白デニムはコンサバすぎない切りっぱなしのすそでカジュアル方向に寄せて。白デニム×グリーンニットのさわやか配色がポイント。リラックスしながらもさりげない肌見せで女っぷりは忘れずに。

ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック) 

■マウンテンパーカ×デニムコーデ

明るい色落ちのヴィンテージウォッシュは着こなしもレトロシックが気分。シルエットはフレアとテーパードの二極化傾向。大人向きの清潔感のある色落ちと、膝が絶妙に入ったメリハリのあるフレアシルエットが私たち世代にちょうどいい。さらにマザーの最大の特徴でもあるストレッチのきいた素材は体を美しく包み込み、体型も選ばずフィット。脚長&腰高をかなえてくれる名品番を着流すジャケットとともに。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥29,000(デミルクス ビームス)・ニット¥34,000(オーラリー)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ピンクニット×デニムパンツコーデ

■トレンチコート×赤ニット×デニムパンツコーデ

トレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。ボトムはデニムパンツを合わせてカジュアルにまとめて。

ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)</p>

■トレンチコート×デニムパンツコーデ

デニムパンツ×ニットの王道ゆったり休日コーデ。そこに女性らしさをどう効かせるのかがアラフォー女子の腕の見せどころ! 例えば色みの雰囲気がワイルドな印象のカーキトレンチコートの襟や、パンプスのポインテッドトゥの“鋭角”のシャープさを加えるだけで、洗練された印象に変わるはず。そして、やや光沢のあるナイロン素材がリッチな香りを漂わせてくれる。

トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥23,000/FUN Inc.(フォンデル) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) バッグ¥42,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) パンプス¥54,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)

2019年40代向けデニムコーデ③:イタくない大人の甘口デニムコーデ

40代こそ”甘さ”が必要、甘さが楽しい! 40代の新しい甘口デニムスタイルの着こなしをお届けします。

■レースブラウス×デニムパンツコーデ

10年前の自分じゃきっと着こなせない、極上レースを主役に。繊細な国産コットンレースをたっぷりと使用した、とびきり贅沢なブラウス。このリッチ感はパンと張った若い肌には必要ないし、むしろ素材の強さに負けてしまう。年齢を重ねてきたからこそ似合う、ごほうびのようなおしゃれ。ゴージャスに着るのは50歳からのお楽しみ、40歳の今はあえてラフに、いつものデニムと合わせるのがちょうどいい。


ブラウス¥115,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥56,000(ナターシャ)・膝にのせたストール¥27,500(アソース メレ)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン)

■レースブラウス×コート×デニムパンツコーデ

甘さはブラウスだけ。それでもここまで女っぽく!デリケートな黒レースのブラウスに、シャリ感のある真っ白のフードつきコート。甘辛と配色、2 つのコントラストを楽しんで。いつものデニムスタイルもがぜん女っぷりが上昇。

ブラウス¥39,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(エイベリー ロウ) コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) デニムパンツ¥62,000/ロンハーマン(リダン) バッグ¥37,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジャンニキアリーニ) 靴¥44,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物

■花柄ブラウス×デニムパンツコーデ

懐かしいのに一周巡って再び新しく感じられる、ノスタルジックな花柄×ブーツカットデニム。ノスタルジィを感じたいから70年代を意識して、青みが強くスラブ感の少ない、ゆとりのあるブーツカットのデニムをチョイス。花柄ブラウスを潔くウエストイン。そしてセンタープレスがきいているデニムなら、切りっぱなしのすそもラフな印象になりすぎないので安心。

デニムパンツ¥24,000/UTS PR(ジェーン スミス) ブラウス¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ストール¥27,500/カオス丸の内(アソースメレ) バッグ¥64,000/ダニエル & ボブ ジャパン 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

■カシュクールタイプのブラウス×デニムパンツコーデ

これからの季節に着たいデニムは淡色デニム。ヴィンテージ感のある色落ちに仕上げるため、バイオウォッシュやサンドブラストなどの加工を施し、リアルな見え方を追求しているのもポイント。こだわりのライトなデニムだからこそ、カシュクールブラウス一枚でほんのりフレンチに決まるのもうれしい。新しいデニムで新しい着こなしやムードに出会えそう。

デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ブラウス¥34,000(エッフェ ビームス)・靴¥59,000(ネブローニ)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ)

関連記事
  • 作業スペースでアイデアを練る日は、エフォートレスなレイヤードでデスクワークの日はトップをやさしい色でコーディネートするのが気分。着心地のいいグレーTに冷房対策のロングカーディガンを合わせ、きれいめボトムですっきりまとめて。小物にブラウンを取り入れれば、トレンド感もグッと上昇。アイディア出しのお供は、甘めのカフェラテ。カフェインと糖分を補給して、いい案が出るまで頑張るぞ!Tシャツ¥8000/ジェームス パース ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥23000/サード マガジン メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥43000/ドレステリア 銀座店(アンソロジー パリ) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション)【今月のPROFILE】広告会社勤務の広告プランナー・花 コマーシャルプランナーとして、企画からディレクションを担当し、各所を飛び回る。スマートな辛口スタイルとは裏腹に、ちょっぴり天然で大の甘党。マイペースに彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】グレーゆるUネックTシャツ デコルテを美しく見せる深いUネック、コンパクトな袖、落ち感のある薄手生地で、ラフに着るだけで女っぽさをアピールする要素が満載。¥8000/ジェームス パース【相棒ワードローブ】ロングカーディガン ハイゲージの薄手ロングカーディガンは、サイドスリット入りで足さばきよく着られる。¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン)【相棒ワードローブ】センタープレスパンツ Tシャツのカジュアル感を、きりりと引き締めてくれるクールな黒パンツ。¥23000/サード マガジン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days 【徳原文子さんコラボ】Tシャツ ¥7,900+税【関連商品】NATURAL BEAUTY BASIC [UVカット]フーデットロングカーディガン ¥7,800+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • シャープな顔立ちゆえにキツい印象を持たれてしまう猫顔さん。ピンクやベージュのやわらか色を駆使して、すべてのパーツの丸みを強調することで、顔圧ダウンして優しげに。目もとは淡い色のアーチ眉に、アイシャドウとマスカラで縦の丸みを引き立てて。リップ&チークもピンクを曲線的に塗り、ピュアな可愛げを演出。 【猫顔・犬顔】あなたはどっち?いつものクールな猫顔メイクはこんな感じ…チェンジ1.【EYE】やわらかな陰影で“縦の丸み”を演出1さりげなくまぶたに溶け込むベージュ系パレットで、ソフトな陰影を引き立てて。レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900(限定品)/シャネル 2マットブラウンのまつげで、やわらかな奥行きを演出。RMK マットマスカラ N 02 ¥3500/RMK Division 3ほわっと抜け感のある眉をかなえる、ミルキーなブラウンの3色パレット。フーミー アイブロウパウダー N bright brown ¥1800/Clueパレット1abをレイヤード。アイホール全体と下まぶたに、縦幅を出すように丸く塗るのがコツ。眉は3cdを混ぜふんわりとしたアーチ形に。ブラウンマスカラ2を上下に塗り、黒目の上下は重ね塗りをチェンジ2.【CHEEK】大人ピンクをふんわり丸くぼかすなめらかになじんで、ふわっと色づくパウダーチーク。大人ガーリーなピンクを選んで、ほのかな甘さをプラス。ブラッシュ スプティルSP 330 ¥5700/ランコム大人ピンクのチークを、頰の中心に広く丸くふんわりとぼかす。ブラシで塗ったあとに、輪郭を指でぼかすとほんのり染まったようなやさしげで可愛い印象に【LIP】ピンクリップで上唇にボリュームをゴールドパールが潜むペタルピンク。アディクション  リップスティックピュア 023フェイク ロマンス ¥2800/アディクション ビューティゴールドのつやをたたえた甘すぎないスマートピンクのリップを直塗り。上唇はオーバーぎみに丸みを出すように塗ると、ふっくらとした印象に仕上がるソフトなカラーで丸みを引き出して端正な猫顔に曲線美とゆるっとした空気感をワンピース¥38000/リコドット(ステア) イヤクリップ¥8000/A few リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ) (左ページ)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few(モデル上)ワンピース¥38000/リコドット(ステア) リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ)  (モデル下)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭、シエル(猫) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • “肌が美しく見えること”を追求して数々の名品ベースメイクを生み出してきたカバーマーク。待望の新ファンデーションは、とっても使いやすく繊細な仕上がりのパウダリー。立ち向かうのは「毛穴」です。暑がりで汗っかきの私。真夏の身支度はそれこそ“戦い”です。朝シャワーで毛穴が開ききった肌を化粧水で引き締め、体温で溶け落ちそうなファンデーションを空調で冷やしながら手早く塗り固めて……って、ほとんどチョコレートのテンパリング。そこまで頑張っても一歩外に出れば汗が吹き出し、ファンデーションの毛穴落ちが頻発。疲れて見えるし老けて見えるし、お直しも大変! 夏の毛穴とファンデーション、この戦いは永遠に続くと思っていました。そこに現れたのがカバーマーク シルキー フィット。女性たちの肌悩みの上位に常に挙がる「毛穴」のカバーに特化したファンデーションです。毛穴カバーのカギは、パウダーの細かさと密着力。カバーマーク史上最少ミクロンの粉体が肌はもちろん毛穴の中までカバー。しかも独自の製法で塗布時に隙間なく均一に並ぶことで、粉体同士の結合力も強化。皮脂くずれを阻止する処方も施された、新時代のパウダリーです。レイシ・高麗人参・アロエ配合と大人肌の保湿対策万全なのも惹かれたポイント。そんな繊細なパウダリーの脇を固めるツールもすごいんです。まずこの専用スポンジ。細かい粉体の分散を高め均一な仕上がりをかなえる網状の目を持つスポンジで、密着力を高める“圧“を生み出す弾力あるスポンジをサンド。このミルフィーユ構造が粉っぽさを感じさせないなめらか肌を生み出します。で、実際に使ってみたら…すーっと肌をなでるだけでスポンジにとったパウダーがほどけるように広がり(なんか新鮮な感覚なんです!)、とってもきれいな仕上がり。ワンストロークで毛穴の目立たない、なめらかなシルキー肌に。毛穴が消えると、それだけで若見えするから不思議。そしてホントに粉が細かい! まるで霧のようにふんわりと肌を包み込み、ソフトフォーカスで柔らかそうな肌を演出してくれます。均一に粉が乗るから重ね塗りの必要もなく、ささっと仕上げられ時短にも貢献。こんなに簡単に美肌が手に入るとは! これで夏の朝の支度がずいぶんと楽になりそうです。ゴールドからピンクのグラデーションが美しいコンパクトケースも、実はこのファンデーションのための特別仕様。毛穴カバー効果を最大限に高めるため、独自のプレス技術で繊細に固められたファンデーションを優しく守るクッションつき(左)、そして中蓋式(右)なんです。これ、リフィルの交換も楽でいいかも。もちろんカバーマークですから、カラーラインアップも圧巻の9色展開。汗や皮脂で大人の肌の色が暗くくすんで見えないよう、肌に自然になじむカラーバリエーションが心強い!夏ファンデをお探しの皆さま、ぜひご自身の肌でこの毛穴レスパワーをお試しください。もう間もなく、7月5日(金)発売です。カバーマーク シルキー フィット (SPF32/PA+++)全9色 各¥5500、リフィル 各¥4000<7月5日(金)発売> ●「カバーマーク」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • MORE読者のみなさんに取材をしていて、いつも思うことは「会社にしていけるメイクの中で、いちばん制限があるのはネイルだな」ということ。ピンクかベージュしかだめ、ラメもダメ、かすかなパール感ならOK、ネイルアートなんてもってのほか、トレンドのくすみカラーもすべてNG……。アイメイクやリップなんかよりもずっと、色や質感をすごく気にして選んでいるなあと思います。そんなみなさんにおすすめしたい、トレンドカラーも楽しめて会社でも浮かないネイルがこちら。『デュカート』のものです。ベースコートもトップコートもいらず、これ1本でつやっと美しいネイルが完成しちゃう逸品。爪表面のかすかな凸凹もフラットに整えながら、ほんのりとした発色で指先に色、というよりも色の“ニュアンス”をプラス。そして、忙しいOLさんにうれしいポイントが「速乾性」。あっという間に乾くので、朝にささっと塗り替えたり塗り直したりするのも簡単なんです。左からピンク、ライラック、バーガンディ。これで2度塗りなんです。シロップみたいな透明感がありつつ、ツヤ感も上品。そして、ごくささやかな色づき。イエベさんならピンク、ブルベさんならライラック、トレンドカラーをさりげなく楽しみたいならバーガンディ。3本まとめ買いもおすすめです。会社ネイルに大活躍間違いなし!(編集アツ)デュカート グロッシーネイルカラー A(左から01~03)各¥900/シャンティ
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • メゾンが自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現した、美しいジュエリーの世界。自然を愛するメゾンの伝統を受け継ぎ、ショーメはコレクションに新たな作品の数々を加えることで、植物と動物たちを祝福する。特別な機会を華やかに彩るブローチやカクテルリング。「ショーメの歓びの庭」は、ポエティックな作品の数々で、見る者をのどかな散歩道へと誘う。 豊穣なインスピレーションの源泉である自然界は、その懐の深さでショーメのクリエイティビティを絶えず育んできた。今回メゾンは、歓びの庭で露のしずくのように清々しく歓びに満ちた多様な色彩を紹介。プレシャスまたはファインストーンが、ミツバチや花、麦の穂、そしてローリエの葉に、命の輝きと繊細な色彩をもたらしている。ジャングルに住む動物たちのおどけた仕草からインスピレーションを受け、ショーメは遊び心に溢れる庭園をテーマにした作品を制作に取り掛かった。 「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクションは、メゾンが大切にする自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現している。アフリカの大自然から古典的フランス式庭園まで、あらゆる自然からインスピレーションを受け、日常的なオブジェがポエティックな題材へと変化を遂げる、美しいジュエリーの世界を作り上げたという。「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション左から、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ ソナート オートンヌ<秋のソナタ>(セパレートパーツ4点付き) ¥4,270,000、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ キュイエット<収穫> ¥5,130,000また、「ビー マイ ラブ」コレクションは、甘く滴るように鮮やかなカラーストーンの上をゴールドとダイヤモンドのミツバチが飛び回る、新作カクテルリングなどが並ぶ。シャンクに施されたハニカムシェイプとプロングのミツバチのモチーフが、オーバルカットが施されたセンターストーンを引き立てている。 ショーメを代表する「アトラップ モア」コレクションよりミツバチをモチーフとした新しいブローチ“アベイユ”シリーズは、ラペルやドレスを飾るために制作された。このアイコン的なハイジュエリーは、メゾンにとって大切な意味を持つナポレオンの紋章を再解釈したもの。羽が震える様を表現したパヴェダイヤモンドが、これまでに例のない手法で並べられたカラーストーンの周りに施され、ブラックスピネルまたはサファイアがストライプのコントラストを際立たせている。「ビー マイ ラブ」コレクション左から、「ビー マイ ラブ」コレクション エクスクイーズ リング アメシスト ¥1,920,000、「アトラップ モワ」コレクション ブローチ ブラックスピネル ¥2,210,000問い合わせ先:ショーメ TEL:03-5635-7057http://www.chaumet.com/jp
  • 旬コーデに欠かせないノースリーブを、きれいに大人っぽく見せるには? 選ぶポイントと着こなしのコツを簡単解説! 1 2 3 4 カラダがキレイに見えるディテールにこだわる 1[詰まりクルーネック] タイトなノースリは、ネックが詰まっていると上半身がひとまとまりに見えて全身がスマートに。コンパクトな上半身がバランスアップの秘訣 上品スポMIXで。 ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥6000/ビームス ボーイ 原宿(ナプロン) サンダル¥12000/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ)2[落ち袖] 肩を覆うように少し余分な布があるタイプは、二の腕をあいまいにしつつ、自然に女っぽく見える。ほんのり体が泳ぐシルエットでナチュラル可愛く 適度な柔らかさのニットが、つかず離れずの絶妙な距離感で体形をカバー。シャープなVあきは大胸さんもすっきり。リネンスカートとネオナチュっぽく。 ニット¥6400/N. スカート¥15800/ビームス ボーイ 原宿 イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥4800/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 サンダル¥3990/セシール(イマージュ)3[袖フリル] トレンドの小さめについたフリルは、気になる部分から目線をそらしつつコーデも盛れてお得。全身すっきりなIラインに、フリルでポイントを サンドカラーでまとめて今っぽく。 ニット¥7900/ヒロタ(31 Sons de mode) パンツ¥9500/MERCURYDUO ベルト¥6500/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥1700/お世話や(Osewaya) バッグ¥9800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 サンダル¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)4[シャーリング] ボディのお肉を直接拾わずふわっとカバーしてくれる。縦に入るプリーツは視覚的にもすっきり!細いパーツだけ見せて、爽やか夏デニムコーデ シャーリングで肉感を逃がしつつ、縦ラインも強調される優秀なデザイン。デニムパンツと合わせて軽やかな縦長コーデに。 ブラウス¥1990/UNIQLO デニムパンツ¥6000/アダストリア(ローリーズファーム) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)他にもある! 美人見えディテール透けデコルテ 胸元の透かし編みで、視覚的にボディのボリュームをダウン。すっきり美人見え。 ニット¥4990/エヴリス 新宿ルミネエスト店裾広がり Aラインに広がるブラウスタイプは、体の線が分かりにくい上に、相対的に腕も細く見えるメリットが。 ブラウス¥4900/UNRELISHニセ袖 袖口にレースを足したトレンドのデザインは軽やかに二の腕をカバーしてくれる。 カットソー¥4800/RD ルージュ ディアマン他の画像を見るモデル/貴島明日香 佐々木美玲 撮影/千葉太一(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND