平成の終わり。しっくり来ないアイラインを「馴染んで潤む色」へ更新!

Marisol ONLINE
ここ数ヶ月。何だか違うと思うようになったアイラインの色味。特に下瞼。パッチリと目力があればラインも不要でしょうが、和顔な私はライン命。上も下も必要不可欠です。色は随分前に脱ブラックしブラウン系を愛用していましたが、最近何だか浮いてるような...ライトブラウンでさえ濃く思えていました。今回試して成功だったのが「バーガンディ」洋服でもそうですが、パープル系なのにブラウンにも見えますよね。ほのかな赤みが瞳を潤ませるので、さりげなく女子力UPなカラーです。自撮りでは上手く色味が出なかったのでイラストにて。
馴染み方の参考程度にご覧下さい。最近上瞼の締め色は目頭にのせるのがマイブーム。その方が立体的に見えるような気がします。
馴染み方の参考程度にご覧下さい。最近上瞼の締め色は目頭にのせるのがマイブーム。その方が立体的に見えるような気がします。
上瞼はペンシルライナー+睫毛の隙間を極細リキッドライナー(黒)で埋めていますが、ベースのバーガンディのおかげでキリっとし過ぎない感じに。下ラインは目頭を除いて睫毛の隙間を埋めていますが、主張しすぎずボヤっとせず。40代オトナ女子。発言がいささかスパイシーになりがちなので、メイクだけでも柔らかさ補充。笑
使用しているのはViseeカラーインパクトジェルライナー。色番PU100。
長年慣れたメイクの一部を辞めるのは一大事なので、まずは色の見直しから。オトナこそ引き算メイク。分かっていても更新するのが本当に難しい‼︎
関連記事
  • マスク生活でも華やぐメイク。リピートアイテムと9/17発売のDIORの新作フェイスパウダーをご紹介します。美容ネタを書くのは久しぶりかもです。  マスク生活でも、新しいコスメってわくわくするし、モチベーションが上がりますよね〜 新しいコスメも好きですが、あると安心なアイテムは浮気せずリピートしています。 今日はここ最近の優秀アイテムをご紹介します。左▶︎[eye] ローラメルシェ キャビアスティックアイカラー 中央▶︎[eye] シャネル スティロユーウォータープルーフN 54ローズ キュイヴレ 左▶︎[face] ディオールスキン フォーエヴァークチュールルミナイザー02まずは目元アイテム! 目元に自然な華を添えてくれるアイテムです。左▶︎ローラメルシェのスティックアイシャドウは、涙袋にさっと引くと、ふっくら&うるっと感のある目元に仕上がります。シャンパン系のゴールドですが、悪目立ちすることなくとても自然。目の縦幅をだしてくれるので、目が大きく見える錯覚も。リピートしているアイテムです。 右▶︎シャネルのアイライナーは8月に発売されたカラーですが、このピンクがめちゃくちゃ可愛いです!下に引いていますが、これがあるとないでは全然違うんですよね。目元が優しく華やぎます。分かりづらい写真しか撮れず... ピンクのアイライナーは伝わるかなーそして、こちら。 9/17にディオールから発売されたフェイスパウダー。 パッケージにやられてしまうアラフォーです。 発売前から狙っておりました。でも、パケだけではなく、ディオールのフェイスパウダーなら裏切らない!繊細な粒子、絶妙なカラーさすがです。私はピンク系の02にしました。 ハイライトとして、チークとしても使えます。 メイクの仕上げにブラシでふわっとのせると 艶肌、華やぎ肌に。 しばらくハイライト系を使っていなかったのですが、やはり、あるとないとでは違いますね〜 どれもおすすめのアイテムです。 届いてびっくり!箱を開けると、ディオールの世界観!コスメカウンターに行ったときのようなわくわく感! こういうの嬉しいな〜 それでは、最後までお読み頂きありがとうございました! kana. No.164 kana
  • ご覧いただきありがとうございます! バイラーズ若元です 今日は、先月発売されて以降愛用しているネイルポリッシュが良すぎたのでご紹介します ! 今まで職業柄ネイルはできなかったので、週末のセルフネイル派だったのですが、育休中なので塗りたい放題な今日この頃。 どんなネイルポリッシュを使っても、1.2日で落としていたので重ね付けはせず、一度塗りで綺麗に保つものを好んで使っていました。 どのネイルポリッシュも数日なら綺麗にもつので、安いものを数多く集めていたのですが、最近気づいたことが、、 家事育児をしていると、すぐに禿げる!!! ということ。笑笑 塗り直すのも億劫で、しばらくしていなかったのですが、ネイルポリッシュを変えた途端1週間は余裕で持つようになりました❤︎ それがこちら! la peau de gem(ラポドゥジェム) ジェミニーネイルポリッシュ 全5色と、ベース&トップコート 各1280円です 色が選べず全色購入したのは見ての通りですが、、笑笑 何がすごいかって、クイックドライで速乾!! わたし、ベース塗ってから色を乗せると大体ぐちゃっとなるタイプなんですよ、、笑 でもこれは、すぐに乾くのでヨレない! 何度か色を重ねても、すごく綺麗に色がでるし、汚らしくなりません 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ジェムのコスメは全てミニマムサイズにできているので、使用期限内に使い切れるし、綺麗に1つ終えられるところも好きです ‍♀️ 不器用で、セルフネイルは失敗しがちという方には是非一度試してみてもらいたい逸品です Instagram Instagramも更新中...✍️ フォロー❤︎コメント喜びます
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロ3人のワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証スタイリスト松村純子さん カジュアルもきれいめも、どこか女らしさが薫るスタイリングに定評あり。お買い物慎重派のフリをしつつ、40代に向けて"一生モノ"という名目のもと大物買いをしているとのウワサエディター塚田有紀子さんベーシックカジュアルをこよなく愛する、ガッツ系敏腕エディター。自他ともに認めるお買い物熟考派。Tシャツの微差やディテールにこだわるといった、メンズ的な視点も持ち合わせるエディター発田美穂さん お買い物好きを公言する、全方位全力エディター。ワードローブはちょい甘フェミニンとマニッシュカジュアルの2 軸構成。好きなテイストがはっきりしているので、似た服を集めがちプチプラで重要なのは出会い。値段で判断せず好きなものを 発田 “おせっかいコンビ”のお松さん(松村)と発田に加え、今回は堅実ベーシック派代表のつかぽん(塚田)もお迎えして「コスパ」について考えてみます。 塚田 「コスパ」と聞いて、やっぱりまず初めに思い浮かぶのは「プチプラアイテム」ですよねー。松村 ZARAやCOSなどは定期的にパトロールしてチェックします。 発田 私も! 打ち合わせが早く終わった時とか、スキあらば駆け込んでる。 塚田 若い時と大きく違うのが、「何か服が欲しいけど、予算がないからプチプラブランドで探す」という買い方ではないということ。 松村 確かに。いいものとの出会いがあれば即決しますけど、結局何も買わない日もよくあります。発田 私も宝探しみたいな気持ちでパトロールしてる。明らかにいいものはあっという間に売り切れるから、買う決断を急がないとだけど! 塚田 私はやっぱりベーシックアイテムが好きなので、ユニクロの+Jとかを買うことが多いです。実はCOSとか、決して安い! とは言いきれないプライスのものもあるけれど……。発田 そういった“ミドルプライス”のものって、プチプラよりも素材やつくりがしっかりしているものも多いから上手に使いたいよね。松村 それでも、ほかのブランドよりはお手ごろですしね。塚田 「コスパ」という意味では憧れブランドの夏物、例えばTシャツとかサンダルを狙うことも多いです。高級レストランのディナーは無理だけど、ランチなら行ける、みたいな(笑)。発田 それは賢い買い方だよねー。確実に上質なわけだしね。塚田 40代を迎えて、昔よりもリピート買いをするようになったのも、自分で感じている変化のひとつ。松村 似合うってわかっているものは、どうしても同じようなデザインが増えていっちゃいますよねー。発田 私の場合、バンドカラーワンピースなんですけど……。塚田・松村 よく着てる〜〜!! 発田 誰も言ってくれないから自分で言いますけど、似合うの、私(笑)。松村 発田さん、お似合いですよ。ずっと好きで登場回数も多ければそれが結果としての「コスパ」 発田 棒読み、ありがとう♡ やっぱり自信をもって着られるから、結局ヘビロテするわけ。タンスの肥やしみたいになってしまっているワードローブもたくさんある中で、こんなに着る回数が多いって、これこそ「コスパ」なんじゃないかってことに気づいたんだよね。 塚田 わかる! 私はベーシック大好きなので、人から見たらほぼ同じに見える白Tがいっぱい(笑)。でも私的にはちょっとの違いが重要で、どれもヘビロテしています! 松村 私はざっくり編まれたサマーニットが大好きで。 塚田・発田 確かによく着てる! 松村 サマーニットって、まったく着ないっていう人もいると思うんです。着る時期も短いし。でも私は、自分らしいスタイルになれるので毎年愛用しています。 発田 思いっきり個性が出るけれど、確かにそれぞれの「マイ・偏愛アイテム」ってあるのかもね!松村 あとはやっぱり、長く大切に使えるものは「コスパ」ですよね。塚田 頑張って高いものを買う時には、おばあちゃんになっても愛用できるか考 えるようにしています。実際にちゃんと使い続ければ、相当な「コスパ」!発田 買い物の言いわけにもよく使うけど(笑)。でも確かにバッグとかジュエリーは、「一生もの」という視点も大切。松村 これから目ざす女性像を託せるアイテムであれば、多少高くても手に入れたいな、って思います。塚田 それから、ずっと好きであろうマイスタイルに必要な脇役にも投資したいですね。私はカジュアルを格上げしてくれるピアスを手に入れました!発田 こう考えてみると「大人のコスパ」の、「コス(ト)」と「パ(フォーマンス)」のバランスはひとつじゃない、ってことだよね。松村 ある程度、登場回数が多いことは大前提ですけど、プライスはいろいろなパターンがあっていいんですよね。塚田 「コスパ」にもそれぞれ個性が出ておもしろいですねー。話してたらショッピングに行きたくなっちゃいました!発田 いつでも付き合うからね〜(笑)。夏冬合わせると、10枚以上のバンドカラーワンピースを所有しているという発田さん。「コットンの白のものだけでも、数えてみたら5 枚持っていました(笑)。人から見たらどこが違うの? って感じかもしれませんが、好きだからこそ微差が大事。どれもこれも、それぞれのディテールへの愛があるのです」松村さんが4年以上愛用しているという、ZARAのドットスカート。「甘さがありながら、タイトシルエットやシャーリング使いなどのエッジがきいていて、実はありそうでないデザイン。毎シーズン必ず何回か登場するし、これからも着続けると思います」 ずっとシャネルのバッグに憧れていて、3年前にようやく手に入れたという松村さん。「カジュアルに合わせることで自分らしく持てると思い、ヴィンテージのような素材感のものをあえて選びました」 発田さんが11年前に買ったハリー・ウィンストンのピアス。「一生使えるダイヤモンドのスタッズピアスを、と購入。トレンドに応じて登場頻度は変わりますが、ずっと愛用しています。今はイヤカフとの組み合わせがお気に入り」結論! 大人にとっての“コスパ”とは--あくまでも買う理由は「安いから」ではなく「素敵だから」。コスパを目的に、コスパ服を探しに行かないのが成功の秘けつ。トレンドを超えて、ずっと大好きなもの。コレクター的に買ってしまうもの。似合う自信があるから登場回数も増え、結果コスパにも通じる。昔も今も絶対的に好きな「自分らしい」もの、あるいはこれから目ざす女性像を託せるもの。長く愛用することで、特別な個性に変えていきたい。【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロのワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証スタイリスト&エディターが白熱ディスカッション!「安い=コスパ」という考え方はNG? アラフォーの「コスパ」との付き合い方、これが正解!「大人のコスパ」との付き合い方、これが私の実例! スタイリスト 松村純子さんの場合ヘルシーな女らしさをコスパアイテムで表現 <"コスパ"だからといって何か新しいものに挑戦したりはせず、あくまでも自分らしいものを選びます。我ながらブレがない(笑)。私の場合、直球の女らしさは派手になってしまうので、ヘルシーさや抜け感をトッピングできるアイテムがマスト。その役割を果たしてくれるものが、私的"コスパ"なのだと思います。>スタイリスト 松村純子さんスタイリスト 松村純子さん素敵に着る プチプラ服 ■COSのワンピース <プチプラアイテムは安いからではなく、あくまでもデザインや素材感が気に入って買うことが大前提。このワンピースも高見えする素材感と細リブ、カジュアルなデザインが購入の決め手。>汎用性が高いシンプルなワンピースはCOSのもの。「COSはプチプラとしては縫製がよく、カットソー素材のものも確実に高見えしてくれるので頼りにしています。LOEFFのフリルブラウスの甘さを、ワンピースのストイックなデザインがうまく中和。カジュアルと女らしさがちょうどいい、好きなスタイルに着地しました」 One-piece:COS Blouse:LOEFF Bag:THE ROW Shoes:J&M DAVIDSON自信をもって着られる偏愛アイテム ■カレンソロジーの透けニット コットンやリネン素材のサマーニットが昔から大好き。タンクワンピやキャミと重ねることで肌見せの調節をしつつ、透け感やヘルシーなムードが手に入るところがお気に入りです。「今回の鼎談で、サマーニットを持っていない人も多いのでは、と言われて確かにそうだな、と。でもだからこそ、そういうアイテムを着ていることでしか出せないスタイリングの奥行き、みたいなものが好きなんだなと改めて実感しました。ニットならではのゆるさや透け感が、自分らしい女らしさの表現には欠かせないものなのです」 Knit:Curensology One-piece:Curensology Bag:Maison Margiela Shoes:LAOCOONTE Ear-cuff:MARIA BLACK Ring:Hermès自分らしさを表現する 長く使うもの■CP SHADESの白リネンスカート <マキシスカートの女性らしさ、リネン素材のヘルシーさ、ホワイトのクリーンな華やかさー。私が目ざす女性像がギュッとつまった理想のデザイン。年齢を重ねてもきっとはいていると思います。>モノトーンでまとめた女っぷり指数高めのスタイリングで、キレよくシャープに。「リネンのラフな素材感が、私の目ざすヘルシーな女性像にフィット。これがもしもコットン素材だと、甘くなりすぎてしまうと思います。小物もシックな黒でまとめて、華やかだけれど派手ではない、という好みのバランスに仕上げました」 Skirt:CP SHADES Shirt:Hanes Bag:Anita Bilardi Shoes:MANOLO BLAHNIK Sunglasses:EYEVAN Necklace:MARIHA Bracelet:SYMPATHY OF SOUL Style季節もシーンも問わず、さまざまなスタイリングが楽しめるのもこのスカートの魅力。「色ものをあまり着ないので、白は私にとってのベースカラーでもあり、さし色でもあります。きれいめのノーカラージャケットで、足もとにカジュアルなスポサン。こんなミックステイストを受け止めてくれるのも、白というクリアな色だからこそ」 Skirt:CP SHADES Jacket:YLÈVE T-shirt:SLOANE Bag:PELLICO Shoes:CAMINANDO Necklace:MARIHA※紹介されたアイテムはすべて私物です。販売終了している場合もあります【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • アンニョンハセヨ!  韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネーターをしている私YUKIが、注目の韓国コスメ情報をお届けしていきます。ぷっくり愛らしい涙袋は韓国メイクの象徴ですよね。特に今年は、K-POPアイドルたちのステージメイクがきっかけで、涙袋メイクのブームが再燃! そんな中で話題を集めているのが、プチプラで人気の『BBIA』(ピア)から発売されたジェルアイライナー。涙袋を描くのに最適で、コンシーラーとしても使えると大人気なんです。累計800万本売上!人気のジェルアイライナーに新色登場「オートジェルアイライナー」は、発売以降800万本以上を売り上げている『BBIA』の人気アイテム。今年5月に今回紹介する新色3色(11号~13号)が発売されました。ブランドの公式Instagramでお披露目された時から“絶対に買う!”と心に決め、カレンダーをめくるように日本発売を待ち、夏にようやく日本でも販売がスタート! 私は販売開始当初の2+1のキャンペーン中に購入し、約2000円で3色まとめてゲットできました。今も1+1をしていてお得に購入が可能です♡ハイライト用2色新色のうち、11号と12号は明るいベージュ。涙袋のハイライトや、ホクロ、ニキビ跡などをカバーするペンシルコンシーラーとしても使えるカラーです。パーソナルカラーや好みに合わせて選べるように、11号はピンクベース、12号はイエローベースになっています。程よい硬さがありつつ、するするなめらかに描けます。ペン先が非常に細いため、手の甲などで試してペン先を丸くしてから使うとより描きやすくなりますよ。また、専用シャープナーが内蔵されているので、細く整えることも可能です◎。自然な影を作れるソフトブラウン13号は涙袋の影を描くのにぴったりなソフトブラウン。ミルクをたっぷり含んだ淡い発色で自然な陰影をプラスしてくれます。11号と13号でぷっくり涙袋に!涙袋メイクといえばグリッターが定番ですが、今年はラメなしがトレンドに。K-POPアイドルの中ではTWICEがよくこの方法でメイクをしていて、YouTubeでは「TWICE風涙袋」として韓国のビューティインフルエンサーたちが動画をアップしています。ラメなしの魅力は、そのナチュラルさ。もともと涙袋があるかのように見せてくれ、ラメが苦手な人でも涙袋メイクを楽しむことができます。私はピンクベースの11号を涙袋全体にひき、13号で影を描きました。今回は影も全体的に作りましたが、黒目を基準に目頭にだけ、目尻だけにすると、また仕上がりが変わって色々な印象を演出することができますよ。『BBIA』のアイライナーで今っぽい涙袋メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか♡●Qoo10公式ショップ YUKI 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/ 20代の韓国系ライターYUKIの韓国コスメ記事をもっと見る
  • 「MAQUIA」10月号では、100人の私物ポーチの中身からわかったことをランキングで発表します。人気のブランドやアイテムなどコスメトレンドが見えるかも!? 愛が詰まった小宇宙♡ 美容好きさんのメイクポーチ 怒涛の100連発! 100人のポーチの中身を徹底分析!美容好きさんのポーチまとめ メイク直しで一番気になるポイント=肌。お粉などベースメイクアイテムはほとんどの人が持ち歩きしているよう。また塗り替えが手軽で印象チェンジが可能なリップも人気。目元はアイカラーだけではなく、ライナーやマスカラなどのアイテムをポーチインしている人も。 「持っているだけでテンションが上がる!」とブランド力を見せたシャネル。ベースからリップなど幅広いカテゴリーで支持されたのも1位の理由。アイパレットやライナーなど目周りのアイテムに強いキャンメイク、ポーチでもランクインしたディオールが3位に。 マスク生活の影響か、きちんとリップメイクをする人としない人に大きく分かれた模様。最高所持数はTakassyさんと野口由佳さんの6本。また自宅には数多くのリップを持っていても、ポーチには朝メイクした1本だけを入れ持ち歩いている人も多かった。 1位に輝いたのはディオール。しかも6人全員が大容量のノベルティポーチを愛用しているという結果に。続く2位の無印良品は、コスメを無駄なく収納できる機能性とシンプルさに定評。同数3位にはポーチブランドのほかに、ハイブランドもランクイン。 かぶり率No.1は、17人が愛用するNARSのクッションFD。持ち歩きに便利、さらにリタッチ向きな重ねても濁らないピュアな仕上がりが熱い支持に。2位はイプサの保湿美容液。スティックタイプが好評。3位はプチプラとは思えない高機能っぷりに賞賛の声が。 最多数は吉田朱里さんの51個! 自身でコスメのプロデュースも行うため、研究をかねて日々持ち歩くコスメ数は断トツに。2位のTakassyさん、3位の矢吹奈子さんは、撮影でセルフメイクを行うことが多いので一式持ち歩くことも。ちなみに、平均は12.8個でした。 MAQUIA10月号撮影/久々江 満 岩城裕哉 さとうしんすけ 奥村亮介 イラスト/eve 取材·文/轟木あずさ 風間裕美子 構成/横山由佳、萩原有紀(MAQUIA)
  • 少しずつ涼しくなってきたものの、秋冬の重量感あるアウターを着るにはまだ暑い。そんな季節の変わり目にちょうどいい、軽やかに秋っぽくなれるはおりものをピックアップ!【目次】 ①Tシャツコーデにプラスする初秋アウター ②ワンピースのスタイリングに幅を出すアウター①Tシャツコーデにプラスする初秋アウター  【着込まず、肩がけするニットが秋のはじめにちょうどいい】1.V-neck Knit ニットを肩がけする"はおり使い"が新鮮。ニット¥25,300/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥9,680/スローン スカート¥29,700/マリハ バッグ¥39,600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) チェーンネックレス¥37,400(モダン ウィーヴィング)・リング¥11,000(フィリップオーディベール)/プルミエ アロンディスモン  【ちょっとした温度調整にベストな薄軽フーディ】 2.Sheer Cotton Hoodie Tシャツ+デニムスタイルも、透け感のあるフーディをはおれば、ほんのり女らしく。フーディ¥35,200/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) Tシャツ¥11,000/イレーヴ(イレーヴ) パンツ¥42,900/アーク インク(ザ・ニューハウス) バッグ¥20,900/アパルトモン 青山店(アパルトモン) メガネ¥34,100/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥39,600・チェーンブレスレット¥39,600/マリハ ネックレス¥29,700/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ)   【甘めなコーディネートは、辛口アウターでバランスをとる】▼ Take off!3.Military Jacket 薄手のミリタリージャケットをはおると、甘めスタイルもこなれ感がぐっとアップ。ジャケット¥16,940/ハッシュニュアンス Tシャツ¥9,900/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マルモア) パンツ¥22,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥37,400/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥30,800/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) ネックレス(ショート)¥30,800・(ロング)¥39,600/パサンド バイ ヌキテパ(ハルポ) バングル¥59,400/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ)②ワンピースのスタイリングに幅を出すアウター【適度な涼感が欲しいときは淡色ストールをはおりに】1.Silk Linen Stole エクリュストールで軽やかに。ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ) ワンピース¥19,800/パサンド バイ ヌキテパ(ヌキテパ) パンツ¥23,100/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) バッグ¥30,800/クオリネスト(オーマイバッグ) ピアス¥30,800・ブレスレット¥52,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)【ワンピースのきちんと感をアップするノーカラージャケット】▼ Take off!2.Collarless Jacket 脱ぐとさわやか、着るときちんと。ジャケットの脱ぎ着で印象チェンジも。ジャケット¥64,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) ワンピース¥19,800/アンクレイヴ バッグ¥30,800/カレンソロジー青山(メゾン エヌアッシュ パリ) 靴¥33,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥28,600・バングル¥94,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥11,000/アパルトモン 青山店(マリッサ メイソン)【ロング&リーンなシルエットを強調できるロングカーディガン】3.Long Linen Cardigan ワンピースの丈に合わせたロングカーデなら、夏らしいリラックスムードが急上昇。カーディガン¥27,500/カオス丸の内(カオス) ワンピース¥20,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥12,100/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティーボ) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) フープピアス¥35,200・コインネックレス¥25,300/マリハ 太リング¥47,300・バングル¥69,300/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)【Marisol 8月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) へア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 撮影協力/バックグラウンズファクトリー▼あわせて読みたい記事
  • 急に肌寒い日が続いて、あわてて昨秋の服を引っ張り出して着ている今日この頃。見た目的にはまったく問題ないけれど、ちょっぴり飽きたなぁ……。外出も減ってコーディネートが超マンネリ化しているいまこそ、新鮮な服で気分転換したいものです。伊藤真知・エディター伊藤真知・エディター大学卒業後、出版社勤務。その後フリーのエディター&ライターとして女性誌や広告などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155㎝。早いもので、10回目の記事を書かせていただくことになりました。春に始めて、もう秋か……(遠い目)。中にはブログを読んで「買いました!」と紹介してくださった方もいたりして、本当にうれしい限りです。    いい機会なので、過去の記事を振り返ってみたのですが、黒、黒、茶、黒、茶、茶……と圧倒的に多いのがこの2色。春夏ということもあってシンプルな1+1コーデになりがちでしたが、それにしても似ている!?着ていて落ち着くとか、似合うと言われるとか、理由は何にせよ“好きな色”ってそうそう変わらないもの。加えていまはお出かけの機会も減ったので、月~金まで(なんなら土日も)デニムで過ごすこともありますし、ここ数年はトレンドに変化が少なく、昨年や一昨年の服も違和感なく着られるので、完全にコーディネートがパターン化しています。実際、急に肌寒くなって昨年の服を引っ張り出しても、なんだかんだでシンプルな黒と茶ばかりだったりして……食傷気味。    思えば仕事では、何度となく「アガる服を着よう!」と書いてきたこの1~2年。人のためではなく“自分のため”に、着回せる服より“ときめく服”でもっとおしゃれを楽しもう――そう、みなさんにご提案しておきながら、私こそ似た服ばかりではないか!と反省しまして。でね、買ってみたんです、新鮮な服を。   「MADEMOISELLE ROPÉ」のマーメイドラインマキシスカート ¥11,000「急に?」という声が聞こえてきそうないきなりの派手柄ですが(笑)、実は私は大のレオパード柄好き。そもそも茶系+黒で構成されている柄だから、手持ちの茶や黒はもちろん、どんな色にも合わせやすいし、通年使える柄なのでアイテム数が多いのも魅力です。   でも、服で取り入れるのはひさしぶり。今シーズンは幅の広いビッグチェックや500円玉くらいありそうな大粒のドットだったり、なかなかの派手柄ボトムが多いので、ロングスカートで大胆にいってもよさそう。▲身長155cm+6cmのブーツをはいてちょうどマキシな丈感。細身ですがタイトすぎず、すそにかけて広がるマーメイドシルエットが女性らしくて好きです。スカート/MADEMOISELLE ROPÉ  ニット/H BEAUTY&YOUTH カチューシャ/IRIS 47 ピアス/ARTIDA OUD バッグ/NOMADIS 靴/CLANE▲薄手の生地ですがちゃんと裏地もついてるし、着脱はファスナー&ホックと細部まで手が込んでいます。  「マドモアゼル ロペ」は20~30代向けのファッション誌の仕事でよく目にしていて、大人にも着られそうな可愛い服があるなぁと気になっていたブランド。いきなりのレオパードで個性的?と思われたかもしれませんが、こんな上品なカットソーもありました。  「MADEMOISELLE ROPÉ」のパフスリーブカットソー ¥5,005(セール価格)春先から長らく人気のパフスリーブはブラウスやワンピースなどでも出ていますが、ハリのある素材だとボリュームが出すぎて“着られている感”が否めず……ちょっと抜けてるカットソーくらいがいいのかなと。   Tシャツのようなラフさがありながら、アクセなしでもサマになる華やかさも。ただ、どうしたって甘くはなるので色は黒。ボトムは少し辛さの出るパンツのほうがいいかなと思いますが、もちろんスカートでも!トップス/MADEMOISELLE ROPÉ  パンツ/STUNNING LURE ピアス/ARTIDA OUD バッグ/a point etc 靴/PIPPICHIC▲デニム以外は上と同じ。ボトムの違いだけでぐっと印象を変えられるのも、万能な黒トップスのよさです。トップス/MADEMOISELLE ROPÉ  デニム/STUNNING LURE バッグ/a point etc 靴/PIPPICHIC肩はぷっくりしていますが、袖はやや細身なので、何かをはおるときも袖が通らなかったり、くしゃくしゃにつぶれる心配もありません。ちなみにパフスリーブは肩をきゃしゃに見せてくれますが、私のようになで肩をボリュームアップしたいときにも◎。▲気になる二の腕をカバーできる五分袖もうれしい。トップス/MADEMOISELLE ROPÉ  ジレ/COLUMN デニム/Shinzone ピアス/Van Cleef & Arpels 靴/LUCENTI   結局、やめられない黒と茶色ですが(笑)、今回のパフスリーブやレオパード柄のようにちょっと趣を変えるだけで新鮮に映りますし、気分が上がります。たまには仕事だとか、着回せるかといったことから離れて、純粋に楽しい服を選んでみてもいいのかも……。もちろんそれらを現実に引き戻してくれるシンプルな服も必要ですし、この秋はバランスよくいろんなアイテムに挑戦したいと思います。あ~新しい服を着ると、やっぱりお出かけしたくなりますね。その日が来るまで、もうちょっとの辛抱だ!٩( 'ω' )و ではまた~     *次回は10月3日公開予定です   
関連キーワード

RECOMMEND