白Tシャツ×デニムの定番“青春コーデ”が黒ガウンでエレガントに変身【2019/4/30コーデ】

Marisol ONLINE
Tシャツ×デニムと言えばすぐに思い浮かぶ永遠のアイコン、ジェームズ・ディーンや白洲次郎、吉田栄作のようにいつの時代も男ゴコロをくすぐる青春コーデは、女性が着てもかっこいい。しかもこちらのコーデ、何を合わせても着こなしやすいのが特徴で、アラフォーが着こなすなら黒シャツワンピースをガウンのように羽織って、赤小物で色をさせば、一気に女っぷりがあがる。
ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥43,000/サードマガジン(リダン) ネックレス¥54,000/アパルトモン 青山店(ハルポ) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) 靴¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ファッションまとめ記事もチェック
関連記事
  • こんにちは! バイラーズの吉田有希です。 お花が大好き。花瓶には必ず何かお花があるという生活をしております。 お花が好きになったのは、自分の結婚式の準備をしていた時に知り合ったfloristさんがきっかけでした。 お花ですごく色々な世界を表現することができるところに魅了されました。 お気に入りの、フミカウチダのワンピースを着てみました。 このお花はスモークツリーといいます。フワフワしてて可愛い♡ この日はすごく風が強くて… でもお花は頑張ってくれました! また詳細などはインスタの方でご紹介しています。 よかったら見てください(^^)Instagramスーパーバイラーズ 吉田有希のブログ
  • 昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか? 少し体に沿うワンピース避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。 ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ) 「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操るIラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。 湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。 ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー) 辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物 「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物  「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ) 今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。 むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。 デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。 そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。 ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram 雨の日のお出掛け、憂鬱ですよね…梅雨対策も考えつつステキなコーディネートで気分をあげたい! 雨で肌寒い今日は、長袖のワンピースをチョイス。トゥエルブクローゼット #12closet とスタイリスト石上さんのコラボワンピースは着ているとみんなに褒められる!丈が長いので、雨の日はベルトでブラウジングするのがいいかも。足元にはRAINFUBSのレインシューズで雨対策を完璧に。バッグは濡れても気にならないL.L.Beanのトートを。 @leemarche には、他にも雨の日を楽しく快適に過ごせるアイテムをたくさんご用意しています。ぜひチェックしてくださいね! A post shared by @ leemarche on Jun 14, 2019 at 6:20pm PDT   【ここで買える/12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/\16,800+税】  
  • 梅雨のこの時期の通勤は、雨の日用の靴があると安心。といっても降水確率は日によってバラバラなので、降り具合によって選べるように3足あると通勤がさらにラクになるんです。気分が下がりがちな雨の日の通勤は、足元から元気を出していこう!降水確率50%の日の【晴雨兼用靴】デザインも豊富で最近ますます進化中。普段使いもできるきれいめを狙って靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)どんより空模様にきれい色が映える。靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) 傘¥900(ラコレ)/アダストリア パンツ¥16000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) バッグ¥44000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ)降水確率100%の日の 【黒レインブーツ】一日雨の日は迷わずこちらを。ショートブーツ感覚で履けるシンプルな黒なら大人の通勤シーンでも履きやすい靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス)足もとを引き締めシャープに。靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス) スカート¥20000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) 傘¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)降水確率30%の日の【厚底スニーカー】少しくらいの雨なら2㎝以上の厚底で回避。トレンドのダッドスニーカーもおすすめ靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)きれいめワンピをハズしてゆる華通勤を満喫。靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ) ワンピース¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) レギンス¥9800/ルーニィ バッグ(ポーチつき)¥7500/ステラハリウッド(ステラハリウッド)撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか モデル/絵美里 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年7月号掲載
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • ご覧いただきありがとうございます! 自称ガーリー担当れいかです☻⁎∗ おやすみの日だからこそ楽しめる ドラマのヒロインのような 華やかファッションを発信する連載企画 【れいかのヒロインコーデ】 今回はプチプラなのに高見えする ワンピースを主役にしたコーデです✨ それでは早速、レッツゴー♡れいかのヒロインコーデvol.6Sunday▶▶雨の日でも可愛い長袖ワンピToday's coordinate♡Dress▶▶MAJESTIC LEGON #切り替えドットワンピース Shoes▶▶RANDA Bag▶▶ノベルティ(&bypinkyanddianne)Point♡雨が降っていたので、羽織ものがなくても 一枚で決まる長袖ワンピをチョイス。 マジェスティックレゴンはプチプラかつ 丈が長めのアイテムをそろえているので ワンピースをお探しの方にオススメです!✨ MORE世代でもオンオフ問わず 着られる服が揃っているので 是非チェックしてみてください!Thanks for your reading!!モアハピ部 No.636 れいか のブログ
  • ちょいスポーティでも職場で浮かない、クリーンな白×上品なベージュで!楽ちんなのにきれいめに着られるフレアシルエットのTシャツワンピをヘビロテ中☆ 内勤オンリーで残業もない日はカジュアルダウンするのもアリじゃない? ビッグシルエットのチルデンベストを重ねたら、裾がフェミニンに揺らめいて絶妙な甘辛ミックスに。クリーンな白に品よくなじむベージュなら、平日でもやりすぎ感なく旬のスポーティムードを取り入れられる。水色のバッグに締め色のソックス×パンプス。きれいめ感も遊び心もある小物使いで、仕事中もアフター6もハッピーに♪ワンピース¥17000/TICCA ベスト¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 靴¥18500/ダイアナ 原宿店 バッグ¥32000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥2111/サードオフィス(ROOM) 時計¥31000/シチズン(マーガレット・ハウエル アイデア) 靴下¥2800/カージュ ルミネエスト新宿店土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES 原文/鈴木絵美 
  • もう一つの本命ワンピはコレ!淡いレモンイエロー、肌触りの良いリネンブレンド生地、ドリーミーなシルエットで(ムームーにならないよう気を付けつつ)着るとテンションの上がる一枚です!前々回のブログでもワンピースをご紹介しましたが、もう一つの本命ワンピはコレ! ZARAのリネンワンピースです✨ 私は好きな形ですが、写真で分かる通り、ちょっとドリーミーな感じというか…… 着回し万能なデザインではないですが、もう一つの候補だった、ごくベーシックなベージュのシャツワンピよりも惹かれてしまい、こちらが購入リストに入りました。あとはコペンハーゲンファッションウィークのスナップで、こんな感じのカラーリングを着こなしている方たちを見かけて、ビビっと来たのも後押しされた理由です。 (気になる方は、インスタを見てみて下さいね!) これさえあればどこにでも行ける!この夏の大本命ワンピはコレ!マリソルオンラインのこの記事↑にもあったように、 本命ワンピの条件で挙げられている ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」 には近いものがありつつ、デザイン性が強めなので、正直着る場所は選びますが、 それでもリネンブレンド生地なので、肌触りは良いですし、 「これ着たい!」と思える、テンションが上がるワンピースが待機しているのはやっぱり嬉しい!あとは、一歩間違ってムームー?と思われないように、ヒールを合わせたり、小物を脱・黒合わせにしたり、ゴールドの華奢なアクセを効かせて着るようにしている率高めです。 これでアラジン見にいきたいなー!美女組No.166 machikoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND