働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」

Marisol ONLINE
版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com
版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com

初対面の人に会った時に、まず相手のどこを見ますか? 様々な人に出会い、経験を積んできたアラフォー女性たちが、初対面の人のどこを見るのか気になるところ。ということで、働くアラフォー女性480人にアンケート調査。

「初対面の人に会った時、最初にどこを見ますか?」という質問に、同性の場合も異性の場合も断トツ1位は「顔」、2位が「服装」でした。同性でも異性でも、最初に目がいくのはやはり「顔」なんですね!

では、なぜ「顔・服装」を最初に見るのか? 理由を聞いてみると

<同性の場合>

「顔つき、表情、シワの出かたは内面を物語るので」(アイコさん)

「顔には性格と考え方がでると思うので」(さゆりさん)

「メイクの特徴でトレンドに敏感かどうかがある程度分かるので」(まゆみさん)

「お化粧の仕方で、めんどくさがりなのか几帳面なのかつかめるので」(happyturnさん)

「表情で心が見えるから」(たろちゃんさん)

「服のセンスに生き方や考え方が表れると思うので」(のりさん)

「服装や持ち物にその人の人格が表れるので」(おにぎらずさん)

「服装で好みや性格、雰囲気などがわかるから」(ようこさん)

一方でこんな声も!

「どんなにいい服を着ていても歯が汚いと健康に関する意識レベルの低さを感じてしまいます」(かにりんごさん)

「顔は化粧でなんとでもなるけど、歯並びは意識しないとメンテナンスできない箇所だから目が向きます」(はにわさん)

<異性の場合>

「40歳以上の男性は、仕事にどのように取り組んできたか、顔に表われると思うので」(yuuさん)

「顔つきでその人の仕事のやり方、人との関係の取り方など、ある程度想像つくため」(akikoさん)

「お肌の状態や歯並び、目の輝きなど、顔全てがその人を表すと思うから」(ヒロコさん)

「男性は顔よりも姿勢に性格やセンスが出ると思う」(ちびたさん)

「服装に気を遣える人は大人として常識があると思うので」(水玉さん)

「服装にその人の好みや性格、キャラクター、価値観がでるから」(ゆうさん)

「優しさや強さ、仕事ができるか、すべてが顔にでると思うから」(はちこさん)


アラフォー女性たちは、顔と服装から様々な情報を読み取っているのですね!

続いて「初対面の人に会う時に気をつけていることがありますか?」と聞いてみると、「YES」と回答したのは91%でした。9割のアラフォー女性が何かしらに気をつけていることが判明! “初対面の印象が重要”だと考えているのでしょう。

具体的に、アラフォー女性たちは初対面の人に会う時にどんなことに気をつけているの? アンケート結果で多かったキーワードをまとめました!

<仕事の場合> 

・服装(清潔感、年相応で品がいい、万人受けする、派手すぎない、きちんと感、ヒールの高さ)

・話し方(言葉遣い、話すスピード、話すトーン、目を見て)

・メイク(清潔感、派手すぎない、きちんと感)

・表情(笑顔、親しみやすさ、落ち着き、さわやか)

・ニオイ

・姿勢

・爪

・ムダ毛

<プライベートの場合>

・服装(清潔感、トップスは黒など暗い色を避ける、ワンピース、カジュアル過ぎない、自分らしい、小物で個性をアピール、トレンドを少し取り入れる、顔映りがいい色)

・表情(笑顔、親しみやすい)

・メイク(清潔感、きつくない、親しみやすい)

・手元(派手すぎないネイル、ハンドクリームでケア、フレンチネイル)

・話し方(声のトーン、言葉遣い、ゆっくり話す)

・ヘア(ツヤ髪、ハーフアップスタイル、アイロンできちんとセット)

・姿勢

・所作

・香り(控えめな香り)


初対面の印象は5秒で決まるとも言われています。第一印象がいいと、その後も好意的に話ができて、良好な人間関係につながっていくはず(もちろん外見ばかりにとらわれてはいけませんが!)。

初めましての人に会う日は、意識してメイクをしたり服装を選ぶといいかもしれませんね。


あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki
関連記事
  • 人によって異性に感じる魅力はさまざま。「異性のココがたまらない!」というフェチについて調査しました。版権:PriceM/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「異性に対してのフェチ」についてアンケート調査。 「異性に対してフェチなところがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは68%でした。では具体的に何フェチなのか聞いてみると…… ■声 「声。低めのバリトン声でする会話が好きです」(みゅーさん) 「低音の声、落ち着いた話し方」(SHOCOさん) ■血管 「血管が浮き出てガッチリした腕と熱い胸板」(みーさんさん) 「腕の血管。本や書類を持つ手と腕に血管が浮き出ていると知性を感じます」(Seiさん) 「職業病で血管が気になります。採決しやすそうだと(笑)」(歌姫ナースさん) ■仕草 「スーツにネクタイ姿。ネクタイを緩める時の仕草にキュンとします」(ちあちあさん) 「車の運転でバックする時に左手を助手席の上に置く仕草」(ゆっかさん) ■筋肉 「筋肉がモリモリでプリプリの血管が浮いていると最高!」(19280さん) 「ボリュームのある筋肉の上にしっかりめに脂肪がついたレスラー体型」(さん) 「逆三角形の上半身。小さい頃から水泳をしていて、男性は引き締まった体があたり前だと思っていましたが、大人になって周囲の男性陣の緩んだボディにガッカリ……」(くろまめさん) 「ガッチリしてゴツゴツした胸板と手」(ミワさん) ■細マッチョ 「細マッチョでたれ目の細目にメガネ、それだけでキュンとします」(まちょさん) 「細マッチョ系のきれいな筋肉と、カラッとした香ばしい感じのニオイ」(ニーコさん) ■顔&体のパーツ 「スッと通った鼻筋が魅力的です」(はなおにぎりさん) 「目尻にできるシワ。気づいたら笑いジワのある人ばかりを好きになっていました。自分も歳を重ねてきたからでしょうか(笑)」(ちょこさん) 「長い腕。長い腕で抱きしめられることを想像してしまいます」(yokoさん) 「太い首!」(okachiさん) 「厚めの唇や厚めの耳たぶなど、甘噛みできる噛みごたえのある部位」(rikaさん) やはり筋肉フェチさん多いですね。ただいまラグビーワールドカップが盛り上がっていますが、鍛え上げられたラグビー選手たちのモリモリの筋肉、筋肉フェチにはたまらないでしょうね! 続いて「まわりにいるちょっと変わった○○○フェチさん」について教えていただきました。 「耳のニオイフェチの人がいて、耳の中とか裏をクンクンしています」(ちょこさん) 「ニオイフェチの同僚は恋愛もニオイで判断。彼の好みは見た目に一貫性がないと思っていたらそういうことでした」(はなおにぎりさん) 「友人がイケメンのニオイフェチで、飲み会でイケメンのコートのニオイを嗅いでいました。あくまでイケメン限定です!」(じゅんママさん) 「手の関節。友人は関節が太い指にグッとくるそうです」(ゆみみさん) 「たくさん食べてくれるぽっちゃり男子フェチだという友人。でも付き合ったら食費がかさむと嘆いていました」(さぁささん) 「友人は歯並びフェチで、歯並びがきれいじゃないと好きになれないそうです」(ちょこさん) 「制服フェチな友人。整備しさんのつなぎや警察官の制服姿がたまらないそうです」(ちかさん) 「お尻フェチでお尻の大きさや形にこだわる友人がいます」(チャームさん) 「夫が耳フェチです。腕枕をしながら私の耳を触ったり折りたたんだり揉んだりして眠りにつきます」(こもれびさん) 「そんなところに魅力を感じるの~!?」と、ちょっと変わったフェチも出てきましたね(笑)。 あなたにオススメの記事▶アラフォー女性のセックスの満足度はどれくらい?不満を解消する方法とは?▶アラフォー女性たちが「ひと夏の恋」体験エピソードをセキララ告白!▶いま付き合うなら歳の差いくつまで?歳の差恋愛のメリットとデメリットを調査!▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶おねだり上手なアラフォー女性の“おねだりテク”とは?文/Yuko Aoki
  • 久しぶりに会った友人の肌を見て、年齢を感じるポイントってありますよね。他人に見られている肌老化のポイントについて聞きました。版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「他人の肌で老けて見えるポイント」についてアンケート調査。 「他人の肌で年齢を感じさせるポイント」について聞いたところ、以下のような結果に! 第1位・・・シワ(50%) 第2位・・・シミ(33%) 第3位・・・たるみ(28%) 第4位・・・ほうれい線(24%) 肌で年齢を感じさせる一番のポイントは「シワ」だといことが判明! ランキング以外にこんな声も。 「毛穴の開きやたるみ、目の周りの乾燥やシワ」(Megさん) 「シミとシワ、首と顎の境目がないと老けて見えますね」(まりこさん) 「大きなシミがあると気になります。あと大きなホクロに毛が生えているのも」(keidyさん) 「首のシワと手の甲はごまかせない」(ニーコさん) 「瞼のたるみ。目が小さくなった?と感じます」(SHICOさん) 「手の乾燥具合や浮き出る血管」(coppyさん) 「目元のたるみと肌全体のハリ不足」(ショコラさん) 「口周りのシワと全体的なたるみ」(akikoさん) 「手」って年齢が出ますよね! 手元は顔の肌と同様に老化が目立つパーツです。手にも日焼け止めをしっかり塗って、普段から保湿ケアが大事です! では次に「自身の肌悩み」について聞いてみると…… 第1位・・・シミ(37%) 第2位・・・たるみ(28%) 第3位・・・ほうれい線(24%) 第4位・・・シワ(13%) 「他人の肌で年齢を感じさせるポイント」で1位だった「シワ」は4位でした。自分のシワを気にしている人の割合は13%と少ない結果に。自分は気にしていなくても、他人には見られているシワ。シワケアを見過ごしている人は気をつけた方がいいかもしれません! 「肌悩みを解決するために何か対策(ケア)をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは85%でした。では具体的にどんな対策(ケア)をしているのでしょう? ■シミ&肝斑 「シミ→毎日サプリとシートパック、数年に一度のレーザー治療」(Megさん) 「シミ→家庭用の美容系ライトを当てています」(ほしさん) 「シミと肝斑→トラネキサム酸とビタミンCを内服」(さぁささん) 「肝斑→レーザート―ニングを2週間に1回、ビタミンとトラネキサム酸を服用」(minaさん) ■ほうれい線 「ほうれい線とシミ→ヒアルロン酸の注入、美容鍼の施術」(ちあちあさん) ■シワ 「目元と額のシワ→徹底した保湿と頭皮マッサージ」(かえにんさん) 「シワ、シミ→洗顔後にブースターを導入。レーザー治療と自転車に乗る時は日焼け止め+マスク+帽子をかぶります」(19280さん) ■たるみ 「たるみ→エラボトックス注射を打っています」(すがさん) 「たるみ→美容鍼でリフトアップ」(くぷさん) 「目元のたるみ→エイジング用のアイクリームと週に1回、目元専用パックでケア」(じゅんさん) ■トータルケア 「美容皮膚科での治療、自分に合う化粧品を見つける努力、エステでお手入れ、顔の肌も体の一部ととらえ全身マッサージ」(okachiさん) 「朝と晩に必ずフェイスパックを。月に1回、フェイシャル・エステでむくみを流してもらいます」(akikoさん) 日頃のスキンケアに加え美容皮膚科で内服薬を処方してもらう人、レーザー治療など美容医療を活用している人が28%いました。日頃のスキンケアだけでは足りないと感じるアラフォーが結構いるようです。 できてしまったシミやシワには美容医療の力を借りるのもひとつの手。美容皮膚や美容医療を上手に取り入れるのも若さを保つ秘訣かもしれません! あなたにオススメの記事▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?▶アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
  • 「彼が年下すぎて、どうしていいか分からない」とお悩みの相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!【今月のお悩み】「7歳年下の後輩と一晩を過ごしてしまいました」職場の、7つ年下の男性と一晩を過ごしました。それ以来、相手はなにかと近づいてくる節があるけれど、私としては、彼は年下すぎて、自分が本気になってしまうのも怖い。どうしていいかわからず、数カ月がたちました……。 (京都府・るり・40歳・会社員)☆辛酸なめ子さんの回答時代の流れとともに年上女性と年下男子のカップルも10歳前後の差が珍しくなくなりました。ブリジットのように知性や教養で惚れさせられれば最強かもしれません。常に脳細胞を新陳代謝させれば若さも保てます。 ☆みうらじゅんさんの回答少しでも「その気」があるなら、 一日も早く、一歩を踏み出してるりさんのお気持ちは、どうなのでしょう。「本気になってしまうのも怖い」って、るりさんも少しはその気になっているのですよね。ただ、彼が自分より7歳下ということが気がかりで、前に一歩踏み出せない……?  でも、女性のほうが男性より年上だというカップル、けっこういますからね。10歳くらい離れているケースも、今は珍しくないような気がします。  ここでちょっと、僕は同性としてその年下君の気持ちを想像してみますね。なにかと近づいてくる彼は、るりさんにメロメロなのだと思います。  基本的に、男は年上の女性が好きです。社会では一応、男は女性をリードしなくてはいけない、ということになっていますよね。だから、相手の女性が同じ年だったり年下だったりすると、弱みを見せられない。「男のくせに」とバカにされたくないですから。夜の行為にしても、本音は女の人に甘えたくても、そんなことはおくびにも出せないわけです。いやホント、けっこうしんどいんです。  ところが、相手の女性が年上である場合、男は「俺、年下だし」と自分に言いわけができる。もちろん、それなりにカッコはつけますけど、変な見栄を張る必要がないからラクなんです。セックスが下手でも、年上の女性から「大丈夫」なんて言ってもらえればうれしいし、子供のような気持ちでいられますしね。  だから、年下君もるりさんに、なにかと近づいてくるんじゃないでしょうか。るりさんも、一晩を過ごしてみて、悪くはなかったのですよね?   るりさんとしては、一歩踏み出せない理由を「年上だから」と考えていらっしゃるのかもしれませんが、恋が始まるかどうかの時って、年齢は関係なく、うまくいくか不安でドキドキするもんじゃありませんか?  もし、「彼は“遊び”のつもりなのかも」と心配なら、直接本人に確かめてみたらどうでしょう。それができれば苦労しない……と言われそうですが、ここで「年上」であることを逆手に取れるような気がするんです。  これ以上時間がたつと、彼はるりさんをあきらめて、別の女性に向かってしまう可能性もあるでしょう。早いほうがいいです。  いきなり問いただすと、るりさんが思いつめていると思われそうなので、次に彼が近づいてきた時がチャンスです。やや上から目線で、「いつもそうやって近づいてくるけど、私のこと、好きなの?」と、女の先輩が後輩男を軽くあしらう感じで聞いてみるのはどうでしょう? その反応がイマイチなら、「だったら、つきまとわないでくれるかな」と、迷惑な後輩を叱りつけてやりましょう。その時、るりさんとしては、内心、傷ついてしまうかもしれません。でも、るりさんは、男が思わず「一晩一緒にいたい」という衝動にかられてしまうほど魅力的であること。そこは自信をもって大丈夫だと思うのですが。きっと、るりさんに見合う男が現れます!●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • リモートワークをしているアラフォー女性の割合は? リモートワークのメリット・デメリットについて聞きました! 版権: MinDof/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 働き方の多様化が進む中、オフィスに通勤しないで自宅やカフェ、ワーキングスペースなど、自身で働く場所を選んで働くワークスタ働くアラフォー女性480人にアンケート調査。「リモートワークをしたいですか?」という質問に「YES」と回答したのは76%でした。「実際にリモートワークをしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは34%。3人に1人がすでにリモートワークをしていることが判明! リモートワークをするとしたらどこで仕事をするか聞いてみると、「自宅」が断トツで多く、続いて「カフェ」という結果でした。少数派ですが「図書館」や「ワーキングスペース」という回答も。 リモートワークをするにあたり、環境面や仕事の進め方でハードルがあると感じている人も多いはず。考えられるハードルやデメリットについて聞いてみました。 「プライベートと仕事の境界線が引きにくい」(keidyさん) 「個人情報など情報の共有と管理が難しそう」(Megさん) 「相談しにくくなったり、情報が入りにくくなる」(むらさきぱんださん) 「同僚とのコミュニケーションが減ってしまう」(さぁささん) 「ミーティングのメンバーが揃いにくい。メールだけだと決まらないことも対面だとパッと決まることが多いので……」(ちょこさん) 「目が行き届かなくなって部下の管理が難しくなりそう」(あやさん) 「ダラダラ仕事をしてしまいそう。太りそうですね(苦笑)」(たかじゅんさん) 「すでにリモートワークをしていて通勤がないことがメリットですが、自宅には仕事用のデスクがないので会社で仕事をする方が快適な気がします」(みーさん) コミュニケーション不足が最大のハードルのようです。メールやチャットだと細かなニュアンスが伝えづらく、認識のズレや仕事に間違いが生じる可能性もありますよね……。 では、リモートワークのメリットは? 「子供の帰宅を待ってあげられる」(あやさん) 「子供の習い事の送迎が自分でできる」(じゅんママさん) 「子供の様子を見ながら仕事ができる」(トコさん) 「通勤時間分を有効活用できる」(SSさん) 「満員電車から解放される」(おにちゃんさん) 「家事をこなしながら仕事ができる」(ままみさん) 「ペットと一緒に過ごす時間が増える」(akikoさん) 「他人の目を気にせず自分のペースで仕事ができる」(Seiさん) 「自宅の方が落ち着いて仕事ができる」(さん) 家族との時間が増えたり、満員電車から解放され通勤時間を有効に使えるのが最大のメリットのようです!最後に、「自身で働く場所を選べると仕事のモチベーションが上がりますか?」という質問に「YES」と回答したのは79%。約8割がモチベーションが上がるということが判明しました。リモートワークを成功させるコツを掴み環境さえ整えば、リモートワークで生産性を高められそうですね。あなたにオススメの記事▶副業をしたいアラフォーは70%。実際に副業をしているのは15%!アラフォーの副業事情。▶キャリアチェンジ経験者は46%。経験者たちのキャリアチェンジ成功の秘訣とは?▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶おねだり上手なアラフォー女性の“おねだりテク”とは?▶アラフォー女性が足りていない&大切にしている時間は?時間の使い方の工夫についてアンケート調査文/Yuko Aoki
  • H(エッチ)のために体のメンテナンスをしているアラフォー女性は約3人に1人。どんなメンテナンスをしてHに望んでいるの? 版権:Africa Studio/Shutterstock.com「Hのために体のメンテナンス(ボディケア)をしていますか?」という質問に「YES」と回答した人は全体の約34%でした。アラフォー女性の3人に1人がHのためにメンテナンスをしていることが判明。 「YES」と回答した人たちに「メンテナンス(ボディケア)をはじめたキッカケと方法」について聞きました!※「体のメンテナンスをはじめたキッカケ→メンテナンスの方法」<体の衰えや防止のために> 「Hをした時に体力の衰えを感じたので→生活習慣の改善、日々のストレッチと筋トレ」(みゅーさん) 「膣が揺るんでくると聞いたので。体力があればいろいろなことができますし!→膣を締める体操、加圧トレーニング」(amyさん) 「歳をとると濡れにくくなると聞いたので→VIOのケア。サプリを服用し女性ホルモンの低下を防止。あとペディキュアを忘れずに!」(yokoさん) <パートナーの指摘から……> 「Hの最中に『意外と体が硬いよね』と言われてしまい→お風呂上りのストレッチを習慣化」(rikaさん) <Hに集中するために> 「Hに集中するために万全な状態でいたいから→膣に力を入れたり緩めたりする運動。デリケートゾーンのお手入れ。週3回のボディスクラブ」(ちかさん) 「全身のお手入れをしておかないとHに集中できないので→女性らしい体のラインをつくるための筋トレ、VIOのケア、全身のエステ」(okachiさん) <パートナーに喜んでほしい> 「体がきれいだとパートナーが喜んでくれるのがうれしいので→ヨガとストレッチ。朝晩、全身に保湿クリームをぬる」(yokoさん) 「パートナーから肌がすべすべだとうれしいと言われたので。お腹のポッコリを指摘されてしまったので→毎日1,000円くらいの化粧水で全身を保湿ケア。筋トレとランニング」(あやぽよさん) <パートナーにきれいな体を見せたい> 「大好きな彼にできるだけきれいな体を見せたいから→おっぱいマッサージ、VIO脱毛」(じゅんさん) 「スタイルを維持している年上の彼氏ができたので→筋力トレーニング」(ニーコさん) 「セクシーな下着をつけるために→体幹を鍛えるプランク。年に一回下着専門店でサイズを測ってもらいブラジャーを新調します」(こもれびさん) <パートナーとラブラブでいたい> 「久しぶりにできた年上の彼氏といつまでもラブラブでいられるよう、今のスタイルをキープするために→朝晩、体重をはかり食事の量を調整」(ちょこさん) 「パートナーからずっと大事にされたいので→デリケートゾーン専用ソープでニオイケア」(あやさん) Hのために体のメンテナンスをしている人は多くはないものの、大好きなパートナーのために努力をしている人が多数いました。パートナーのためなら頑張れるのでしょう! 『体のメンテナンスをしていないとHに集中できません。Hに集中したいからメンテナンスしています!』そんな声も。確かにムダ毛やニオイ、ポッコリお腹が気になってはHに集中できませんよね。Hのために体のメンテナンスをして、あなたもパートナーをトリコにしてみては!?あなたにオススメの記事▶アラフォー女性たちが「ひと夏の恋」体験エピソードをセキララ告白!▶働くアラフォー女性たちのリアルな婚活事情とは?▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査▶おねだり上手なアラフォー女性の“おねだりテク”とは?▶アラフォー女性のセックスの満足度はどれくらい?不満を解消する方法とは?文/Yuko Aoki
  • 相手にお願い事がある時に、上手におねだりできる女性はどれくらいいる? 相手の心を動かす“おねだりテク”とは?版権:Dean Drobot/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「おねだり」についてアンケート調査。「お願いごとがある時におねだりしますか?」という質問に「YES」と回答したのは49%でした。「YES」と回答した人に「おねだりをするときにテクニックがありますか?」と聞いてみると、「YES」と回答したのは49%でした。人にお願いごとをしたり、なにかを受け入れてもらいたいときは、ちょっとした駆け引きも必要ですよね。 おねだり上手さんに、気になる“おねだりテク”を教えていただきました。 おねだり下手さん、ぜひ参考に! 「○○○してくれるとうれしい!など感情を伝えます。おねだりに応えてくれた時はきちんと感謝します」(チューリップさん) 「夫の頼みごとを聞いたり、家事や育児の負担が大きくなった時に『相手の悪いなー』と思う気持ちに漬け込んでおねだりします」(さぁささん) 「“give and take”で、こちらが何かをした時にお礼としておねだりを聞いてもらいます」(okachiさん) 「高価なものをダメもとでおねだりして買ってもらえそうな雰囲気だったら、少し値段が安い本当に欲しいものをおねだりします」(みかんこさん) 「おねだりする前に、できるだけ相手の喜ぶことを率先してします」(山ちゃんさん) 「機嫌が良さそうな時に、申し訳なさそうにおねだりをします」(ちかさん) 「○○○を買ってきてほしいとダイレクトにお願いします。応えてくれた時はうれしい気持ちを大きく表現します」(なほこさん) 「おねだりする前に、さりげなく優しくすることを続けて相手の気分を高揚させます」(はなさん) 「普段から人間関係をよくしておくことが大切です。社内でのおねだりには美味しいお菓子が必須です!」(Ondinaさん) 「おだててニコッと魔性の笑顔(笑)でおねだりします」(おにちゃんさん) 「おねだりを聞いてもらったら、必ずお礼やお返しをします」(rikaさん) 「おねだりはタイミングが全てだと思うので、イベントや記念日じゃない時でもおねだりしたいものやこと関連の話題が出たときにおねだりします」(かにりんごさん) 「男性から何かリクエストを聞かれた時は具体的にお願いして、リクエストに応えてくれた時はすごく喜びを表現することにしています。そうすると頼まなくても次にやってくれる」(さえさん) 「お願い事を聞いてくれた時に、お礼を笑顔でいうと、特に男性は嬉しそうです。笑顔とお礼の言葉は大事です!」(あやぽんさん)お願いごとを聞いてもらった時は、少し大げさなくらいに喜ぶのがポイントですね。お願いごとを聞いてくれた相手を喜ばせちゃいましょう!  そうすると次回のお願いごとにもつながるかも。最後におねだり上手さんのエピソードをどうぞ。「おねだり上手な人は職場でも友人同士でも得をするのでうらやましいです」(むらさきぱんださん) 「仕事が早い人は頼み方も上手だと思う」(おにぎりさん) 「上手なのは妹!!欲しい物があるとおねだりではなく、「もういいよ、自分で買うから」と拗ねる。そうすると誰か(親兄弟や恋人などなど)が買ってくれる。小さいときからそれで得をしている。」(こもれびさん) 「上司の男性がものすごいおねだり上手でいつも感心します。大きな体を丸めて上目遣いでメーカーの社長に『使ってみたいな〜』と。結果、効果な医療器具を寄付していただきました!」(かにりんごさん)おねだり上手はやっぱり得をしますね! たまにするおねだりは、かわいげも感じられますし、お願いされる側も頼られるって結構うれしいはず。おねだりテク実戦してみては?あなたにオススメの記事働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?▶景気は向上!? 2019年夏のボーナス支給額はどれくらい?使い道は?文/Yuko Aoki
  • 働くアラフォー女性で婚活している人って実際にどれくらいいるのでしょう?アラフォー婚活女子の婚活エピソードも!版権:sanneberg/Shutterstock.com 働くアラフォー女性480人に「婚活について」アンケート調査。「直近3年以内に婚活を成功させた経験がありますか?」と質問したところ、「YES」と回答したのは3%。非常に少ないですね……。「いま婚活をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは7%でした! ちなみに今回アンケートに回答してくださったメンバーのうち約60%が既婚者で、独身者は約40%。婚活している人の数は約5.8人に1人ということが判明しました。独身のアラフォー女子で婚活をしている人って意外と少ない!?続いて婚活方法を聞いてみると、マッチングアプリ、お見合いパーティ、合コン、知人の紹介という回答があがりました。手軽にはじめられ、場所を選ばず、隙間時間にやりとりできるマッチングアプリって便利ですよね(デメリットやトラブルもあるようです、よく見極めて利用してくださいね!)。アラフォー婚活女子たちに、婚活にまつわるエピソードを教えていただきました! 「婚活パーティでよく会ってしまう人がいます。なかには体目当ての人もいるので気をつけないと!」(じゅんさん) 「何百回も合コンしていますが、今のところ実ってないですね……」(あいきよさん) 「日本人はなんだかんだ年齢を気にする人が多い気がします」(Cloverさん) 「お見合いパーティで知り合った男性に、かなりヘビーなことをカミングアウトされました。正直、その男性に入り込んでいくのは辛いなと思いました」(まりさん) 「一度目の結婚もマッチングアプリで出会った人で、今の彼もマッチングアプリで出会った人です」(リサさん)婚活パーティは数多く開催されているはずですが「またあの人だ!」ってことがあるんですね。“いつもあの人”にはなりたくないですね(苦笑)。Marisol ONLINEでは新連載「ケビ子のアラフォー婚活Q&A」がスタートしました! ケビ子さんは42歳で婚活をスタートし、数々の挫折や苦悩を乗り越え43歳の誕生日に交際スタート。それから半年後にプロポーズされご結婚されました。ケビ子さんはアラフォー婚活女子たちの憧れ! 新連載「ケビ子のアラフォー婚活Q&A」では、そんなケビ子さんが迷えるアラフォー婚活女子のお悩み相談に乗ってくれる連載です。婚活にまつわるお悩みがある方、ぜひぜひご相談ください!▶新連載【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】はこちらあなたにオススメの記事▶アラフォー女性たちが「ひと夏の恋」体験エピソードをセキララ告白!▶いま付き合うなら歳の差いくつまで?歳の差恋愛のメリットとデメリットを調査!▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!▶8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!文/Yuko Aoki
  • ちょっぴり憧れる「ひと夏の恋」ってどれくらいの人が経験しているの? アラフォー女性たちが経験した「ひと夏の恋」を披露しちゃいます!版権:haveseen/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「ひと夏の恋」についてアンケート調査。 夏は開放的に、ちょっぴり大胆になれる季節だけに恋も生まれやすく、夏の間だけ盛り上がった「ひと夏の恋」を経験したことがある人も少なくないはず。今回はメンバーたちが経験した「ひと夏の恋」を教えていただきました! ひと夏の恋を経験したことがあるアラフォー女性は、全体の約18%でした。約5人に1人が経験あり!ひと夏の恋経験者にいつ経験したのか聞いてみると、「10代」が11%、「20代」が42%、「30代」が23%、「40代」が24%でした。40代=最近、経験した人も結構いる!ではでは、気になる「ひと夏の恋」体験エピソードを、経験した年代別にどうぞ。10代 「同じ高校の先輩で同じバンドのメンバーだった人とお互いに一目ぼれ。その年の夏休みをほとんど一緒に過ごしましたが、先輩が進学して疎遠になり自然消滅でした」(ののさん) 「大学生のころ、ゼミでグループ発表する準備のために、お友達の家に何度も泊まり込むうちにグループ内の男性と関係を持つように。夏の間はとっても楽しく過ごしました」(リサさん) 20代 「パリ留学中に仲良くなった3歳上のアメリカ人記者とパリでひと夏を過ごしました。帰国してから彼が日本まで追いかけてきてくれましたがうまくいかず。今でもいい思い出です」(ゆうこりんさん) 「某遊園地でインフォメーションガールをしていた時のアルバイト仲間のプール監視員と。お互いに彼氏彼女がいたのに、夏の間だけと限定していい仲に。若かったな~」(さぁささん) 「スペイン滞在中にバルで出会ったイタリア人と親しくなり、一緒にいろいろなところをまわりながら素敵な時間を過ごしました」(nanaさん) 「アメリカに留学中、韓国人の留学生と飲んでいるうちにお互いに恋愛感情を持ち、親密な仲に発展しましたが、彼がかなりのプレイボーイで、私の友達にまで手を出していることが発覚して……」(piroさん)30代 「ひと回り年下の男性にナンパされ『めちゃくちゃ若いっ!』って驚きながらも異文化交流ということで、夏の間だけ仲良く過ごしました。楽しかったな~」(くろまめさん) 「会社の研修で同僚と意気投合し何度かデートをして夏の間は盛り上がりましたが、お互いに既婚者だったので徐々にフェードアウトしていきました」(リョータンさん)40代 「全く興味もなく、話したこともなかった16歳下の同僚。ある日、同僚たちとランチをした時に彼もB’zファンであることが判明し意気投合。それから2人でご飯を食べに行くようになり、花火大会を見に行ったのをきっかけに付き合うことに。ものすごく新鮮で、楽しかったし大好きでしたが、婚活を考えていた私には残念ながら彼は若すぎました。今でもいい思い出ですし同士です」(ゆめさん) 「年下の同僚が離婚したてのタイミングで、いろいろと相談にのっているうちに男女の関係に。短期間でものすごく盛り上がりましたが、秋になって彼の子供の学校がはじまり子供のお迎えなどで会いにくくなり、そのまま覚めてしまいました」(かにりんごさん)甘酸っぱい恋、ほろ苦い恋、キケンな恋……いろいろ出てきましたね! なつかしさを感じてまた体験してみたくなった人、やっぱりひと夏の恋に憧れる~!なんて思った人も結構いたりして(笑)。まだ夏は終わっていません! 思いがけないキッカケから「ひと夏の恋」がはじまるかもしれませんよ!?  あなたにオススメの記事▶景気は向上!? 2019年夏のボーナス支給額はどれくらい?使い道は?働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?文/Yuko Aoki
関連キーワード

RECOMMEND