働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」

Marisol ONLINE
版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com
版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com

初対面の人に会った時に、まず相手のどこを見ますか? 様々な人に出会い、経験を積んできたアラフォー女性たちが、初対面の人のどこを見るのか気になるところ。ということで、働くアラフォー女性480人にアンケート調査。

「初対面の人に会った時、最初にどこを見ますか?」という質問に、同性の場合も異性の場合も断トツ1位は「顔」、2位が「服装」でした。同性でも異性でも、最初に目がいくのはやはり「顔」なんですね!

では、なぜ「顔・服装」を最初に見るのか? 理由を聞いてみると

<同性の場合>

「顔つき、表情、シワの出かたは内面を物語るので」(アイコさん)

「顔には性格と考え方がでると思うので」(さゆりさん)

「メイクの特徴でトレンドに敏感かどうかがある程度分かるので」(まゆみさん)

「お化粧の仕方で、めんどくさがりなのか几帳面なのかつかめるので」(happyturnさん)

「表情で心が見えるから」(たろちゃんさん)

「服のセンスに生き方や考え方が表れると思うので」(のりさん)

「服装や持ち物にその人の人格が表れるので」(おにぎらずさん)

「服装で好みや性格、雰囲気などがわかるから」(ようこさん)

一方でこんな声も!

「どんなにいい服を着ていても歯が汚いと健康に関する意識レベルの低さを感じてしまいます」(かにりんごさん)

「顔は化粧でなんとでもなるけど、歯並びは意識しないとメンテナンスできない箇所だから目が向きます」(はにわさん)

<異性の場合>

「40歳以上の男性は、仕事にどのように取り組んできたか、顔に表われると思うので」(yuuさん)

「顔つきでその人の仕事のやり方、人との関係の取り方など、ある程度想像つくため」(akikoさん)

「お肌の状態や歯並び、目の輝きなど、顔全てがその人を表すと思うから」(ヒロコさん)

「男性は顔よりも姿勢に性格やセンスが出ると思う」(ちびたさん)

「服装に気を遣える人は大人として常識があると思うので」(水玉さん)

「服装にその人の好みや性格、キャラクター、価値観がでるから」(ゆうさん)

「優しさや強さ、仕事ができるか、すべてが顔にでると思うから」(はちこさん)


アラフォー女性たちは、顔と服装から様々な情報を読み取っているのですね!

続いて「初対面の人に会う時に気をつけていることがありますか?」と聞いてみると、「YES」と回答したのは91%でした。9割のアラフォー女性が何かしらに気をつけていることが判明! “初対面の印象が重要”だと考えているのでしょう。

具体的に、アラフォー女性たちは初対面の人に会う時にどんなことに気をつけているの? アンケート結果で多かったキーワードをまとめました!

<仕事の場合> 

・服装(清潔感、年相応で品がいい、万人受けする、派手すぎない、きちんと感、ヒールの高さ)

・話し方(言葉遣い、話すスピード、話すトーン、目を見て)

・メイク(清潔感、派手すぎない、きちんと感)

・表情(笑顔、親しみやすさ、落ち着き、さわやか)

・ニオイ

・姿勢

・爪

・ムダ毛

<プライベートの場合>

・服装(清潔感、トップスは黒など暗い色を避ける、ワンピース、カジュアル過ぎない、自分らしい、小物で個性をアピール、トレンドを少し取り入れる、顔映りがいい色)

・表情(笑顔、親しみやすい)

・メイク(清潔感、きつくない、親しみやすい)

・手元(派手すぎないネイル、ハンドクリームでケア、フレンチネイル)

・話し方(声のトーン、言葉遣い、ゆっくり話す)

・ヘア(ツヤ髪、ハーフアップスタイル、アイロンできちんとセット)

・姿勢

・所作

・香り(控えめな香り)


初対面の印象は5秒で決まるとも言われています。第一印象がいいと、その後も好意的に話ができて、良好な人間関係につながっていくはず(もちろん外見ばかりにとらわれてはいけませんが!)。

初めましての人に会う日は、意識してメイクをしたり服装を選ぶといいかもしれませんね。


あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki
関連記事
  • 働き方改革の流れで、副業を考えている人がどんどん増えていますが、アラフォー女性たちは副業に興味があるの?版権: fizkes/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 働き方改革の一環として、政府は副業を推進。副業を解禁する企業も増えてきています。副業が気になっているアラフォーも多いのでは?? ということで、今回は副業について調査しました!「副業をしたいと思いますか?」という質問に「YES」と回答したのは70%でした。やはり副業をしたいと思っている人はかなり多め。「いま副業をしていますか?」という質問に「YES」としたのはぐっと減って15%でした。副業をしたいと思ってはいるものの、実際に副業をしている人はまだひとにぎりであることが判明しました。そして気になる収入! 副業をしているという人に「副業で得られる1ヵ月の平均収入」について聞いてみると、以下のような結果に。 割合としては10万円以上の収入を得ている人が一番多い!   ではどんな副業をしているのか? 副業をしている人たちに内容について聞いてみると、最も多かったのが「講師」でした。講師だと収入も期待できそうですよね。今回のアンケートにあがった副業: 乙女ゲーム脚本家、ユーチューバ―、ハンドメイド作家、パーソナルカラーと顔タイプ診断、通訳と翻訳、執筆(ライター)、エステティシャン、ヨガインストラクター、モデル、ネットショップ経営、イメージコンサルタント最後に、副業をしている人たちに「副業のメリットとデメリット」について教えていただきました。「メリットしかないです!副業があるから本業で無理をしなくても生活ができています」(めぐりんさん) 「多少疲れますが、お小遣い稼ぎに!」(にっちさん) 「自分の好きなことができる!副業は休日にしているため、休む時間を意識的に確保しないと働きづめになってしまいます」(くぷさん) 「自身の気分転換と友達の助けになっています」(ゆうこりんさん) 「好きなことを好きなタイミングでできるのはとてもいいですが、安定はしません」(まゆみさん) 「副業で自分がやりたいことをしているので、副業で成功したら自己肯定感が高まります」(ねこむらさん) 「充実感があって楽しいです!」(まみさん) 「収入が増えるし、気分転換になります」(gachocoさん) 「新しい学びがあります。業界の未来を担う学生と向き合えること、視野が広がることもメリットです」(Hisakoさん) 「趣味でやっているのでメリット、デメリットを意識はしていませんが、密かな楽しみという感じです」(なおっちさん)夢の実現、気分転換、充実感、自己成長など、副業をすることで得られるものって大きいですね。副業をやってみたいと考えている方、本業とのバランス、目的、稼働スタイルなどをイメージしてからはじめてみるといいと思います!文/Yuko Aoki
  • アラフォー女性たちの睡眠事情についてアンケート調査。快眠のために工夫していることについても聞きました!版権:Leszek Glasner/Shutterstock.comみなさん「睡眠」は足りていますか? 現代人の睡眠不足がよく指摘されていますが、仕事や家事で忙しい働くアラフォー女性たちは、十分な睡眠時間を確保できているのでしょうか?? 働くアラフォー女性480人に「睡眠」についてアンケート調査。実践している「快眠テク」についても聞きました!まずは睡眠の満足度について聞いてみると、「大変満足している」が4%、「満足している」が27%、「どちらとも言えない」が32%、「不満」が30%、「大変不満」が7%という結果に。現状の睡眠時間に満足しているアラフォーは全体の約3割のみ。日本人女性は睡眠時間が短いと言われていますが、アラフォー女性たちも睡眠時間が足りていない様子。続いて1日の平均睡眠時間について聞いてみると、一番多かったのが37%で「6時間」でした。6時間以上の睡眠が確保できているのは7割ちょっと。ちなみに「4時間以下」も少しいました……4時間以下はかなりキツい!理想の睡眠時間について聞いてみると、「7時間」が最も多く55%、「8時間以上」が39%でした。理想の睡眠時間は1日7~8時間ですが、実際の平均睡眠時間は6時間くらいなので、現実とのギャップは1~2時間あるようです。睡眠時間を増やすのは難しいという人に、少しでも質の良い睡眠がとれますように!ということで、メンバーたちが実践している快眠テクを教えていただきました。〇〇しない! 「足を冷やさないようにする」(yuuさん) 「就寝1時間前にスマホを見るのをやめます」(おかちさん) 「夜はカフェインをとらないようにしています」(bullさん) 「就寝前にお酒は飲まないようにしています」(いわこさん)〇〇を活用! 「寝室をアロマディフューザーでラベンダーの香りに」(まりこさん) 「就寝1時間前にカモミールティーを飲みます」(じゅんじゅんさん) 「ちょっと高額なマットレスを活用しています」(ちあちあさん) 「質の良いパジャマと枕を活用しています」(あずきさん) 「英国音波セラピー協会公認の音を聴きながら寝ます」(かにりんごさん) 「ホットアイマスクをつけて寝ます」(らんぼるぎーにさん)就寝前に〇〇をします! 「寝る前に愛犬とゴロゴロして癒してもらいます」(akikoさん) 「瞑想とストレッチをしています」(さえさん) 「湯船にゆっくり浸かって体を温めます」(yoyoさん) 「考え事をしないように、頭を空っぽにします」(あんぱんこさん)なかにはこんな声も。 「昼間に全力で活動する」(ニーコさん) 「日中にたくさん動いて体を疲れさせ、ゆっくりお風呂に入る」(まみさん) 日中にバリバリ活動すれば、バタンキュー(笑)。ぐっすり眠れそうですね。質の良い睡眠がとれれば、体も心も整って仕事の効率もアップするかもしれません。「快眠テク」ぜひご参考に!あなたにオススメの記事:「朝活」をしている人は前向きで充実した日々を送っている!アラフォー女性の朝活実例8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情文/Yuko Aoki
  • キャリアチェンジを考えているアラフォー女性はどれくらいいる?キャリアチェンジしたい理由や職種についてアンケート調査!版権: Who is Danny/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 最近、働き方について考えさせられることって多いですよね。人生を自分らしく輝かせるために、「キャリアチェンジ」を考えている人も多いのでは? 今回は「キャリアチェンジ(職種転換)」について聞きました。「今、キャリアチェンジ(職種転換)をしたいと思いますか?」という質問に「YES」と回答したのは35%でした。YESと回答した人に「キャリアチェンジしたい理由」について聞いてみると……「現職が比較的知力と体力を必要とするので、マイペースで取り組める仕事を見つけたい」(ちあさん) 「今の会社でキャリアを積むことに価値を感じていない。これから先を考えると自分のペースで働ける仕事をしたい」(まるみさん) 「現在の業界の将来性が明るくないので、他の業界へ転職したい」(オレンジさん) 「一生できる自分だけのオリジナリティな仕事をして、自分のペースで働きたい」(ヒロコさん) 「人生100年と思った時に、もう少し仕事の幅を広げたいため」(よねさん) 「新しいことに常にチャレンジすることで、生き方が楽しくなると思うから」(カピパラさん) 「本当に好きなことをやりたいと思うようになったから」(くぷさん) 「人を癒す仕事をしたいと思うようになったから」(はちこさん) 続いて、キャリアチェンジしたい職種について聞いた結果、美容、インテリア、動物、カフェといった、“自分が好きなこと”に関連する仕事に就きたいと考えている人が多数いました。また、「整理整頓ができない友達が多いので、整理収納アドバイザーになりたい」「児童カウンセラーになって悩みを持つ子供たちを助けたい」「セラピストになって人に癒しを感じてもらいたい」といった人の役に立つ仕事をしたいと考えている人も目立ちました。とっても素敵です! 直接的に誰かの役に立ち喜んでもらえたり感謝されたりすると、やりがいを感じモチベーションアップにもつながりますよね。「これまでにキャリアチェンジをした経験がありますか?」という質問に「YES」と回答したのは46%。約半数のアラフォー女性がキャリアチェンジを経験していることが判明!キャリアチェンジの経験がある人たちに「キャリアチェンジの秘訣」について教えていただきました。「新しいキャリアの悪い面や大変な面をしっかり事前リサーチし、何があっても動じないようにしておくこと。頼れる先輩を見つけておくのも必要です」(みよさん) 「自分の中の優先順位を明確にしておくことが大事。何を求めてのキャリアチェンジなのかしっかり見極めてからでないとチェンジ後にブレたりします」(水玉さん) 「何のためにキャリアチェンジしたいのか、を明確にすること。そこがしっかりしていないと、キャリアチェンジを繰り返すことになります」(あきさん) 「先に新しい仕事の目処をつけてからキャリアチェンジするなど、路頭に迷わないように入念に準備する」(りくママさん) 「仕事を辞めずに納得いく企業が見つかるまで、いくら時間がかかっても妥協はしない」(ふみるきーさん) 「人との繋がりはとても大切だと思います」(tomoさん) 「キャリアチェンジの前に、いろいろなことに挑戦することが必要だと思います。独立・開業などは、今までとは違う世界や世代の方との接触機会が多く、一つでも多くの共通点を持つことが、仕事を進めるうえで大きな差になると思います」(ayumiさん) 「自分の経験から、人脈を増やしておくと良かったと思います。お金の勉強など知識をしっかり持っておくと後で苦労が少なくなります」(みーちゃんさん) 「経験が求められる職種の場合、しばらくは未経験者の扱いとなり収入が少なくなることがあるので、計画性をもってキャリアチェンジした方がよい」(冬みかんさん) 「自分のやりたいこと、譲れないことをしっかり持つことが大事です。また試験に落ちたりしても落ち込まず、縁が無かったと切り替えること」(ひこねさん)さすがキャリアチェンジに成功した人たちのアドバイス! ぜひご参考に。今の仕事とは違う分野や職種にキャリアチェンジをする場合、収入が下がったり苦労もあったりで相当な覚悟が必要です。でも、一度きりの人生! 本当にやりたい仕事に就けたら幸せですよね。あなたにオススメの記事:「朝活」をしている人は前向きで充実した日々を送っている!アラフォー女性の朝活実例8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情文/Yuko Aoki
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■ベイクドマロウの「焼マシュマロサンド」POPなグリーンのパッケージもかわいい「焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ」。 軽く塩味の効いたクッキーでふわふわ&なめらかな焼きマシュマロをサンドしているだけでも美味しいのに、クッキーの内側はマシュマロをさらに美味しくするチョコレートでコーティングされています。 出来立てのような食感が楽しめるベイクドマロウ、ボリュームがありますがなんといっても軽やかなので、あっという間にいただけてしまいます。★ベイクドマロウ 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 「傷つきやすい夫に、どんな風に伝えたら良いか悩んでいます」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!【今月のお悩み】「夫の口臭や白髪を注意できません」夫は繊細で人当たりもよく、ふだんはいい人なのですが、たまに些細なことでキレて、そうなると長期間口をきいてくれません。なので、口臭や白髪が気になるものの、怖くて注意できないんです。教えてあげたほうがいいとは思っているのですが……何かいい方法はありますか? (東京都・てんこ・40歳・会社員)☆辛酸なめ子さんの回答体重を気にしてる人に「出不精ですか?」と聞いたら「デブ?」とキレられかけたことが。男性はガラスのハートの持ち主。白髪男子は「グレーヘアって素敵」と持ち上げてもよさそう。口臭は……ほめ方が思いつかなくてすみません ☆みうらじゅんさんの回答新婚時代を思い出し、お互いに少しずつ気を遣えば解決する気がします「些細なことでキレる」って、それは「いい人」じゃなくて「怖い人」なんじゃありません? 事実、てんこさんも「怖くて注意できない」と書いていらっしゃるし、人当たりがいい=外面がいいだけで、てんこさんに当たりがよくないんですから。なので、まずは「ふだんはいい人」という前提を改めたほうがいいかもしれません。  口臭や白髪を指摘すれば、旦那さんはまたキレるでしょう。でも、てんこさんは一緒に暮らしていて、気になるというより我慢ならない。ううむ、どうしましょうか……。  実は僕、ちょっと気になることがあるんです。それは、「教えてあげる」という表現。ひょっとしててんこさん、〝注意グセ〞があったりしません? 人のことがいちいち気になって、何か言わずにはいられないという。  旦那さんが「些細なことでキレる」のは、てんこさんが、それこそ些細なことを注意しすぎているからだったりするかもしれません。旦那さんは、細かいことをいちいち言われて「うるさいっ!」と言い返せればいいんでしょうけど、繊細、つまり意外と気が小さいのでそれができない。だから黙るしかなくて、結果的に長い間口をきいてくれないということになっているような気がします。もしかすると、旦那さんは繊細で気が小さいがゆえに「怖い人」になってしまっているのかもしれません。 繊細で(気が弱くて)言い返せない旦那さんと、つい細かいことを言ってしまうてんこさん。恐らくふたりとも、もともとそういう性質で、身内には「まったく、何か言われると黙っちゃって」「あんたも、細かいことをグジグジ言うねえなんて言われていたかもしれません。でも、新婚時代はお互いに猫をかぶっているというか、気を遣って相手に合わせていたん だと思うんです。でも、僕自身ももちろんそうですが、結婚して時間がたつとどうしても身内感覚になりがちで、気遣いが不足ぎみになるような気がします。その結果、今のような状況を招いているんじゃないでしょうか。  なので、ここはひとつ結婚当初を思い出し、夫婦は身内ではなく他人であるというところに立ち返ってみるところから始めてみるというのは、どうでしょう。それで、旦那さんへの口のきき方を、新婚時代のようにちょっと工夫するとか。  例えば、先の「教えてあげる」という表現にしても、僕はちょっと高飛車な印象を受けてしまうんです。旦那さんも、てんこさんに指摘された事柄自体より、上から目線的な言い方にムカッとくるのでは? 言い方を繊細な人向けに優しくしたり、言う回数を少し控えたりしたら、旦那さんもキレなくなるかもしれません。  もちろん、旦那さんにも新婚時代を思い出していただく必要があると思います。もし、直接お願いするのがむずかしいようでしたら、この記事を旦那さんの目に触れるようなところに置いていただければ……。●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■パティスリー1984(ディズヌフソンキャトル)の「しまなみレモンケーキ」レトロでモダンな黄色いキャンディ型のパッケージに包まれているのは「しまなみレモンケーキ」。瀬戸内産のしまなみレモンの果汁感溢れるしっとりしたレモンケーキが、レモンチョコレートでコーティングされたレモン型のケーキです。 スタイリッシュな黒いボックスを開けた時の、思わず笑顔になるようなレモン色の包装紙といい、レモンの甘酸っぱさが香る、さわやかでやさしい味わいといい初夏にぴったりのギフトとして愛用しています。★パティスリー1984 ディズヌフソンキャトル 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■ぎんざ空也 空いろの「たいよう」と「つき」銀座の老舗名店・空也が展開する「空いろ」では、「空也」の持つ餡へのこだわりをモダンに表現した魅力的なお菓子が揃います。 つぶあんをサンドしたクッキー「つき」は、お互いを引き立てあう洋菓子と和菓子の素敵なハーモニーが味わえます。そして一口サイズの小さなどら焼き「たいよう」では、「○あん」と呼ばれるこしあん、定番のつぶあんという2種類の食べ比べも楽しめます。 個別包装されており、日持ちも3日間なので、和菓子の差し入れをしたい時、でも当日賞味期限はちょっと、、、という時にとても重宝するギフトです。★ぎんざ空也 空色 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 「嫌いなのにずっと考えてしまってつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】「姑との同居が未知すぎて不安です」姑との同居が確実なものとなりました。今まで、夫婦2人の気ままな暮らしが心地よく、例えば、夕飯を作りたくない日は近所の居酒屋に行ったり……経済的にも余裕があります。姑との同居なんて、未知の世界。不安だらけです。 (長崎県・たら・42歳・自営業)☆辛酸なめ子さんの回答お互い不安オーラを発していると不穏な空気になりがち。インテリアやBGMなど平和な気持ちになる演出をするといいかもしれません。曲はヒーリング系など……。部屋にいると気づまりなら、快適なカフェに行くのもおすすめです。 ☆みうらじゅんさんの回答お姑さんを居酒屋にお連れし、後は大将にまかせるのも手、かと 年齢的に、そろそろ「親との同居」の問題が持ち上がってくる時期ですよね。お姑さんとの同居について「未知の世界」とのことですが、たらさんの知人・友人の中に、すでに親御さんと同居なさっている人がいるのではないでしょうか。もちろん、家庭の事情や個々人の性格によって状況はさまざまだと思いますが、参考にはなると思うんです。また、嫁姑問題をテーマにしたテレビドラマも多いですよね。しかも、どれも視聴率が高いということは、 あの手のドラマには「あるある」なエピソードが満載なのでしょう。  と考えると、お姑さんとの同居生活、たらさんもちょっとは想像できているのでは? いや、想像がつくからこそ「不安だらけ」なのではないでしょうか。  なので、すでにたらさんもお気づきかもしれませんが、同居生活が始まれば、これまでのような気ままな暮らしはできないと考えたほうがいいんじゃないでしょうか。夕食を作りたくないから居酒屋へ、ということもむずかしくなるような気がします。  たらさんの場合、どのような経緯でお姑さんと暮らすことが確実になったのか、お悩みの文面には書かれていないので、めったなことは言えませんが……本当は別々に暮らしたほうがいいような気がします。たらさん夫婦がダンナさんの実家近くに引っ越したり、あるいはお姑さんのために素敵なマンションを借りてあげたり。「経済的にも余裕がある」なら、それが一番いいんじゃないでしょうか。お互いのために。   でもまあ、「確実なものとなった」のなら、同居するしか道はないのかもしれませんね。どうしたものか……。  そうだ! 同居してわりと早いうちに、たらさんご夫婦行きつけの、その居酒屋にお姑さんをお連れする、というのはどうですか? 「おいしいお店があるんです」と言って。あらかじめ居酒屋の大将にはお姑さんを連れていくことを伝えておけば、大将もはりきって、ご高齢の女性の好みに合いそうな料理を作って待っていてくれる。そこでお姑さんが喜んでくれた ら大成功。これまでどおり、夕食を作りたくない時は3人でそこへ行けるでしょうし、うまくいけばお姑さんひとりでも行くようになるかもしれません。そうすればしめたもの。大将がお姑さんの愚痴の聞き役になってガス抜きをしてくれるんじゃないでしょうか。  なんてったって、たらさん夫婦が来なくなれば常連さんを2人失うことになって、店としては痛い。でも、お姑さんに気に入ってもらえれば、顧客2人を失わなくてすむどころか、もう1人増えるわけじゃないですか。大将はきっと、はりきってお姑さんの好きな料理を作ってくれ、ご機嫌も取ってくれるような気がします。もちろん、たらさんにも助言や、時には厳しいひと言を呈してくれるのではないかと。これ、我ながら名案だと思うのですが……いかがでしょうか?●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
関連キーワード

RECOMMEND