The Objets Nomades

Marisol ONLINE
少し前のことになりますが、今年も香港でのルイヴィトンの家具展示へ行ってきました!
香港では本気でこういう家具を買う人が多いようでして、商談の部屋が満員という、大盛況でした。

場所がとってもトレンディーな大館。
会場を探すのに苦労するほど大きな場所なのですが、素敵な仕様でした。

1/3

2/3

3/3

アイテムとしては去年に比べて新しいものが少なく思えたのですが、それでも素敵な世界観。
いつか大金持ちになったら買ってみたいものばかり。
デザインが素晴らしい遊び心にあふれたものというだけでなく、素材もルイヴィトンで使う最高級の皮を使っていたり、ポップな色を使っていたり、オシャレすぎます。

コンセプトが旅、というルイヴィトンだけあって、全て折り畳みができたり、携帯できたり、(きっとそんなことはしないのでしょうが)そんなところがとってもおしゃれすぎます。
この後には大館でチャイニーズアフタヌーンティーを楽しみました。
いつもアフタヌーンティーでは食べきれない甘いお菓子がもったいないのですが、チャイニーズの場合点心なので全部ペロリです。
痛恨のミスで写真を忘れてしまいましたが、かわいらしい竹の器に入っていてこじんまりと綺麗な点心のもてなされ方、旅の休憩にもってこいだと思います!
全力でオススメしたいです。
関連記事
  • 昔ながらのワゴン式でオススメな飲茶はこちら♪在住8年。香港合計滞在も9年となりました。(大学時に交換留学で香港にいたので。。。) 飲茶というのは知り合いや家族など大勢で集まる時に食べるもの、早朝からランチタイムにしか食べない、という常識が理解できたのはつい最近なのかも。 日ごろから香港人が飲茶を食べているかというとそうでもないと思います。 でもやっぱり大勢でのランチとしてはとっても人気なもの。 ワゴンで回ってくれて、蒸篭の中を見ながら選んだりというのも楽しいもの。 最近はワゴンで回る手間があるため、正統派の飲茶屋さんも減ってきたのですが、こちらの都会のど真ん中にあって清潔感のある飲茶としては唯一こちらがオススメできます。 老舗のローカルっぽい感じもいいのですがやっぱり衛生面で気になったり、実はそんなに美味しくないなんてこともあるのですが。。。 こちらのレストランは美心(マキシム)というレストラン経営大手のグループ会社。 スターバックスだって香港ではマキシムが導入したという香港最大手のレストラングループ。 ちなみにこのマキシム系列の飲茶屋さんは意外とたくさんあるのですが、こちらが総本店というくらいの力の入れようです。 飲茶はマキシム系列がオススメ、と地元っ子が言うくらいの美味しい飲茶です。 こちらのレストランももちろんめっちゃくちゃ美味しかったです。 実はこの時、バリキャリ日本人ママンのランチ会だったのですが、香港では自由に仕事も子育ても自分の時間も手にいれる、日本人ママの多いこと! お互いに学校情報や時短のコツなど色々シェアできてとても貴重な出会いでした。 東京でももっともっと仕事に子育てに自分磨きに、楽しめる女性が増えるといいですね♪City Hall Maxim's Place海外の働く女っぷりをお届けしています。インスタはこちら。美女組No.123Mariのブログ
  • 男たちの「ときめき補充法」 ときめき対象はアイドル? 女子アナ? 若手女優? いえいえ、そんな浮いた感じにはならないようで。 誰が作ったかもわからないですが、このなんともいえない表情でホッとします。鳥はかなり大きく幅50㎝はあります。 ずっと飼いたかった柴犬ライフが始まります。来る前から、家で盛り上がっちゃって。ももみちゃん。かわいすぎる! 『エンドゲーム』公開日の朝、半休を取って見に行きました。来場記念でもらったのは弓で闘うホークアイのアニキ。 寅さん、Netflixなら全作品見られます。現在、14作品まで制覇しました。サブスクの時代ですね。この名言集も最高。 アニメ版で主人公の親友が死ぬシーンを兄弟で見て号泣した“銀英伝”。『封神演義』の藤崎竜さん作画のコミックも。 やす:今月、「ときめき補充法」のページを担当したんですけど、美容ライターさんのお話が濃くて圧倒されました。 ミツ:なるほどね、僕もカープ愛だったら朝まで話せるけど。 サキ:その話、何度かしてるから、今回は別の話にしようよ。 やす:僕には何があるかなって思ったら、モノなんですよね。 ぷー:家具とか器とか? やす:そうですね、最近買ったのはこれなんですけど……。 父K:これは何? オブジェ? やす:かわいくないですか? ミツ:意外とアート風で高い? やす:いや、蚤の市で買ったので2つで4千円とかです。 ぷー:妥当なのかわからない。 サキ:もっとさ、もふもふで守ってあげたいのがいいって。 ミツ:え、サキヤさん家、犬か猫飼ってましたっけ? サキ:今度、来るんだよ。柴犬が。ああ、待ち遠しい。もう名前も決めてあるんだよ。 ぷー:今は車より柴犬ですか。 サキ:ももみちゃん。 父K:完全にメロメロですね。 サキ:1時間に一度は画像見てるね。皆は柴犬のドラマ見てない? 『柴公園』ていうの。 ミツ:誰が出てるんですか? サキ:ドロンズの人。 やす:芝公園でロケですか? サキ:いや、違うんじゃないかな。今度、映画化もされるよ。 父K:本気ですか? 映画といえば、上半期はアベンジャーズ一色だったじゃないですか。 やす:僕は見てないです。 ぷー:えっと、この中で見てるのKさんだけみたいですよ。 父K:おや、LEE的にNG? ミツ:僕、アメコミの映画がダメなんですよね。ヒーロー大集合でドンパチみたいなの。 父K:あー、それ偏見。葛藤もちゃんと描かれるんだって。 ぷー:あと、マーベル作品って何から見ればいいのか。 やす:22作品とかですよね。 父K:それが今回つながるのよ、『アイアンマン』の1作目からそれと『エンドゲーム』さえ見ればOKだからさ。 ぷー:たくさん見るなら、寅さんを全部見るのがいいかな。 父K:今、『男はつらいよ』? サキ:配信で見られるのか。 ぷー:それどころか新作が今年公開されますからね。 父K:寅さん、CGなの? ぷー:回想シーンみたいです。寅さんの何がいいって、よくも悪くもクズ男なところ。 ミツ:ケンカのふっかけ方とか、キレ方は理不尽だよね。 サキ:堅気じゃない感じも。 ぷー:でかい指輪してるんですよ。子どもの頃、見てたのと違う発見がいっぱいあっていい。 ミツ:子どもの頃といえば、僕、『銀河英雄伝説』が大好きだったんです。田中芳樹さんの。 父K:アニメになってたよね? やす:今、ヤングジャンプでマンガの連載もやってますね。 ミツ:マーベルも寅さんもいいですけど、“銀英伝”のスケールの大きさは宇宙ですから。 サキ:“銀英伝”っていうの? ミツ:アニメの次回予告の締めのひと言がまたいいんです。「銀河の歴史がまた1ページ」って。 父K:銀河というのが壮大だ。 ミツ:スペースオペラですから。 やす:すごいんですね。今度、コミックス読んでみます。 サキ:今日はおのおのの意外な一面が引き出せたよね。リーメンズの新たな歴史がまた1ページ。 父K:スケール小さいです!   LEEwebで特別公開「最近のももみちゃん♡」です。編集長にももみちゃんの写真をWEB用にください。とお願いしたところ「えーーー選べない~。」と、かなりの親バ〇ぶりを発揮! これからも、きっといろんなところでももみちゃんが登場するはずです。乞うご期待♡     詳しい内容は2019年LEE7月号(6/5発売)に掲載中。
  • そそられる旅写真には、静と動の2種類があると思います。絵としての完成度が高い美しい写真。臨場感あふれるルポルタージュのような動の写真。そのふたつが絶妙にブレンドされ、唯一無二の世界観で見る人を旅へと誘うのが、女性の旅写真家の先駆者、山口規子さんの作品です。その山口さんの新著『トルタビ』が面白い! 旅写真における、プロの写真家ならではのマル秘ティップスが満載です。例えば、ビッグウェーブを撮るコツは、「波とともにやってくる肉体美」と、山口さんは説きます。イケメンサーファー(=鍛え上げられた肉体美=高確率でスキルが高い=よい波を知っている)を見つける。そして彼を被写体にして、シャッタースピードを速く設定。サーファーを風景の一部として撮影することで、波しぶきの色の違いまで表現できる、といった具合。サーフスポットにいったら、まずは“いい男探し”をせねば、です(笑)。本は、写真がメインで、撮影場所の紹介、その場所ならではの撮影のコツ、ワンポイントアドバイスが添えられているシンプルな構成。撮影テクニックの指南書であり、美しい写真集であり、旅のガイドブックでもある。3役をこなすハイブリッドな本に仕立てるという着眼点も、山口さんならでは。山口さんとは、たくさんの国内・海外取材をご一緒しましたが、いつも思うのは、被写体への愛はもちろん、それがアウトプットされたときの、写真を見る人のことも考えていて、その視点が的確かつユニークだということ。何よりもご自身が大の旅好きで、その愛がレンズを通して写真にも表れていて、それが多くの人を心を掴むのではと改めて感じました。そんな山口さんと過ごす時間のなかで、“山口メソッド”が自然と身についていたのはまさに、役得。(上の写真では、私が今まで撮りためた写真のなかから、同著にて紹介されているティップスが活かされているものを、厚かましくも掲出しています。ご笑覧ください)テクニックがあるに越したことはないけれど、何に刺激をうけ、残し伝えたいのか。「感じる楽しさ」「発見する喜び」「つながる楽しさ」がいい写真を生むと、山口さんが同著で言うように、旅写真は記録になるだけでなく、その土地・人と、また、写真を見る人とコミュニケーションする、もうひとつの旅路なんだなと思います。そしてそれは、とっても刺激的で楽しい。だから、人は旅にでたら写真を撮らずにはいられない。インスタグラムを筆頭にSNSを賑わす、世界各国の旅写真を見て、そう思います。読み終える頃には、旅に出たくなる、写真をはじめたくなる、カメラが欲しくなる、“ワクワクする副作用”が待っています。類にもれず私も、新しいパートナーして、リコー「GR Ⅲ」を購入した次第。これがまたとっても素晴らしいので、いつの日の夜にかこっそり自慢させてください(笑)。『トルタビ』山口規子(日本写真企画)>詳細はこちら >>夕陽ハンターになる夏 #深夜のこっそり話 #753 >>人生最後の夜に飲むワイン #深夜のこっそり話 #1109 >>【ローカルを満喫するシティガイド】暮らすように、シドニー 地球儀のアイコンには場所の紹介、カメラアイコンには撮影のコツが書かれています。旅のガイドブック&写真集&テクニック集が一冊に。読んでて楽しいのに、“一石三鳥”。(次ページより、私が今まで撮りためた写真のなかから、同著にて紹介されているティップスが活かされているものを、紹介します)モルディブを訪れたとき、虹に遭遇。晴天×虹のコンビはあまりなく、さらにそれを俯瞰でとれた、我ながら貴重な写真。「虹は意外に薄い色。露出はアンダーに」を思いだしセット。はやる気持ちを抑え、構図を検討。機体を入れることで空中撮影ならではのシーンを撮れました!世界の窓枠シリーズ/パリ編。窓枠を入れて撮影すると物語が生まれるというのも、山口さんから教わった撮影のヒント。写真はパリのホテルから。あえて窓枠をぼかし、パリらしい建築物を引き立てることでニュアンスを。世界の窓枠シリーズ/有田編。日本の古い建築物は縦横ラインがたくさんあるので、それを生かすのもポイントだとか。それを思いだし、先のパリの写真より、少しヒキ気味に撮影。山景は手前に何を入れ込むかが大事。そして空の動きは思ったより速いから、ここだ!と思ったときにシャッターをおす「判断力」が必要と、山口さん。写真は静岡市にて。雲がぬけた瞬間の富士山をパシャリ。山、海、街、茶畑のレイヤーは、静岡側ならではの風景。風景写真は比較対象物を入れるとぐっと物語感が増します。何が入るかは、そのときの運次第。写真は、船&人物がちょうどよく収まった奇跡的な一枚。この“読めない”感じが旅写真の醍醐味!その場所ならではの小さな被写体を見つける“蜂の目線”も大切と、山口さん。細部の写真では質感が大事とも。香港の寺院らしく、漢字が書かれた占いのツールに寄って、背景に現地の人が入るのを待って撮影しました。
  • 今、モードの裏方にファッショナブルなアジアンが多いんです! カルチャー誌のディレクター、韓国バンドのスタイリスト、ショップのバイヤー。SPURが注目する3人の夏スタイルをリサーチ。ファッション熱が高まる上海のストリートスナップもお見逃しなく! ここではトレイシー・チェンさんのスタイルをご紹介。 Tracey Cheng 【トレイシー・チェン】 (I.Tグループ ウィメンズウェア部門 バイスプレジデント) 今のムードはタイムレス 摩天楼が立ち並び、熱気あふれる香港。その中でも、若者が集うホット・スポットである香港島のコーズウェイベイエリアに、トレイシー・チェンは3歳になる娘のティルダとともに暮らしている。香港随一のセレクトショップ、I.Tグループでバイイングを統括するトレイシー。エッジのきいたファッションでストリートスナップの常連でもある彼女のファッション哲学とは?「シーズン性の高いキャッチーなデザインは大好き。ファッションウィークでは、ぱっと目を引くようなスタイリングが信条です。ただ娘が生まれてから少しファッションに対する向き合い方も変わってきたかな。最近は、より長く大切にできるタイムレスなものに惹かれます」。ヨーロッパのメゾンブランドだけでなく、若手デザイナー発掘のため世界中を飛び回る彼女。「ロンドンはJW ANDERSONや、シモーネ ロシャなど普段から愛用しているブランドが多いので、毎シーズン楽しみ。最近気になっているのはジョージアのトビリシです。日本にも久しぶりに行きたいと思っています!」 (右) トーン・オン・トーンで強烈なインパクトを狙って目の覚める赤のスタイリングは、ファッションウィーク用。「N°21のドレスやメゾン マルジェラのブーツなど、ブランドをミックスすることが重要」(中) エネルギッシュなネオンカラーをアクセントにトレイシー流オフィススタイル。スニーカーとマッチしたNIKEのソックスは「どんなスタイルにも自分らしさを演出してくれる」スタイリングの要(左) モノトーンでリゾートをモードにプラダの帽子とSENSI STUDIOのバッグを合わせたミニマルなリゾートルック。「タイの海辺でゆったり過ごす」ため足もとはコンフォートサンダルで パーソナルな思い出が詰まった、夏のエブリデイエッセンシャル(右)足もとはスニーカーが定番(中)ヴァレクストラのバッグは、シックなデザインが今の気分にぴったり(左)お気に入りの香水はシャネル。バーバリーのネックレスには、娘の名前のイニシャルチャームを組み合わせて Q. ファッションアイコンは?A. ティルダ・スウィントン Q. 注目のブランドは?A. A_Plan_Application Q. やめられない楽しみは?A. 買い物! PROFILE香港出身。2004年にI.Tに入社。現在ウィメンズウェア部門のマーチャンダイズ・バイスプレジデントとして、バイイングのディレクションを担当。感度の高い目利きのみならず、キャッチーなパーソナルスタイルでも注目度が高い。 SOURCE:SPUR 2019年8月号「クレイジー FASHIONABLE ASIANS 2」photography: Yu Ho Yeung  text: Shunsuke Okabe
  • ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国ジョージア。かつてのシルクロードの要所は、近年デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、感度の高い人々の心を惹きつけている。首都トビリシは新たなファッション都市として確立しつつある一方、旧市街の街並みも美しい。その独特なミックスカルチャーを感じに、ぜひ! トビリシ国際空港にて発表されたアヌーキ2019-’20年秋冬のドレス Anoukiさんのおすすめスポット Anouki Areshidze アヌーキ・アレシゼ/Anoukiデザイナー トビリシで生まれ育つ。ミラノのインスティチュート・マラゴーニとアカデミア・デル・ルッソでデザインを学び、2013年にブランドを設立。夫はトビリシ市長。 Stamba Hotelスタンバ ホテル ジョージアの代表的なホテル、ルームス ホテルのラグジュアリー版。「1920〜30年代風のグラマラスな内装が好き」とアヌーキ。ホテル内のカフェで2019年春夏のショーを発表した。ダイニングやラーメンバーなどでは食事も充実。アーティストレジデンスもあり、朝から晩までおしゃれな人が集う。 1 元々の建物は出版社だった。エントランスホールや部屋には本が並ぶ2 Aviator Room(1室$220~)3 アイコニックなPink Barは午前1時30分まで4 カフェ内にあるChocolaterie & Roasteryでは南米のコーヒーのほかに、スパイスのきいた濃厚ホットチョコレートをサーブ DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:32 202 11 99(代表)1室$220〜https://stambahotel.com[Cafè Stamba]営業時間:7時〜11時(朝食) 12時〜24時、7時〜12時(朝食/土・日) 13時〜24時(土・日) 無休Drama Barドラマ バー 「ホームパーティに来たような雰囲気」。アヌーキが2019-’20年秋冬コレクション発表の日、アフターショーパーティを主催したこららは、今一番人気のナイトクラブ。アーティスト、Temur Machavarianiが内装を手がけた。アートやヴィンテージ家具の並ぶ、友人の家のようなインテリアが楽しい。 週末や人気イベントの日はダンスフロアはすし詰め状態に DATA 37 Shota Rustaveli Ave, Tbilisihttps://www.facebook.com/dramatbilisi/営業時間:22時〜翌3時定休日:月〜水曜 Anoukiアヌーキ マーブルや真鍮をグラフィカルに配置したモダンな店内。「やっぱりトビリシで一番好きな場所はここなんです」。リラックスして買い物をできる空間を目指したという旗艦店には、フェミニンなメインコレクションだけでなく、アクセサリー類やセカンドラインのミス・アヌーキも揃えている。 1 ドット柄ドレス(780 Lari)2 ミス・アヌーキのコート(190 Lari)3 人気のスパンコールシューズ(315 Lari)4 ローファー(320 Lari)5 内装はルームス ホテルのチームが担当※Anoukiのアイテムは、日本ではオープニングセレモニーで取り扱いあり DATA 2 Tarkhnishvili St, Tbilisi電話:32 292 22 32http://anouki.com営業時間:11時〜20時定休日:クリスマス、年末年始、イースター かぶらないものが欲しければトビリシのセレクトショップへ 独特のセンスを持つ若手が頭角を現すトビリシのファッション業界を反映して、自国出身のデザイナーものを扱うお店が急増。紹介したアイテムはほぼジョージアブランドで、日本で手に入らないものばかり。 More is Loveモア イズ ラブ ジョージア人ファッショニスタの御用達バッグブランド、0711(写真左下)。そのデザイナーふたりがオーナーを務めるのが、このセレクトショップ。ブランドのスターティングポイントとなったニットや、ウェアのカプセルコレクションも並ぶ。ジョージアブランドはもちろん、Rejina PyoやNanushka、Kimhēkim、Khaiteといった注目の若手デザイナーブランドを世界中からいち早く買いつけている。 1 0711の最新コレクションから、パールビーズのバッグ(640 Lari)2 More is Loveのオーナーであり0711のデザイナー、ニノ(左)とアナ(右)は、10代のときにそれぞれの家族旅行中のトルコで出会い意気投合。時を経て一緒にビジネスをスタートすることに3 住宅街にある重厚な扉を開くと、白をベースにしたやわらかな雰囲気の内観が広がる4 Ingorokvaのセットアップ。ベスト(603 Lari)・スカート(516 Lari)5 Aleksandre Akhalkatsishviliの80年代風クロップドジャケット(1,514 Lari)6 Tatunaのバルーンスリーブのドレス(1,045 Lari) DATA 14 Leo Kiacheli St, Tbilisi電話:32 240 40 40https://moreislove.com営業時間:11時~21時定休日:クリスマス、イースターIeri Storeイエリ ストア 元ワイン工場を利用した複合施設にオープン。ジョージアのブランドにこだわり、George KeburiaやSituationistのような最注目の新人デザイナーのアイテムを多数揃える。また、エナメルジュエリーのSofio Gongliや伝統衣装を新しい観点でリバイブさせたSamoseli Pirveliなど、手仕事系のブランドも。品揃えも豊富なため「人とかぶりたくない」という人にはぴったりのショップだ。 1 古い写真に写ったジョージアの民族衣装を再現しモダンに昇華したSamoseli Pirveliのローブ(2,250 Lari)2 Sofio Gongliのバングル(2,249 Lari)3 同 バングル(2,079 Lari)4 同 ネックレス(2,810 Lari)5 ロシア人デザイナーJKimのジャケット。伝統舞踊ジョージアバレエに着想。(1,900 Lari)6 ワインバーの中に、ショップへ続く階段が7 店内ではジョージアアーティストの作品を展示8 Tiko Paksaのボディスーツ(565 Lari)・ボレロ(463 Lari)9 フリンジ装飾のジャケットはGeorge Keburia(1,690 Lari) DATA Wine Factory No. 1, 2nd floor, 1 Vasil Petriashvili St, Tbilisihttps://www.facebook/ieristore/営業時間:12時~22時定休日:年末年始 Dotsドッツ マテリエル(下)のセカンドラインの店で、並びに位置するこちら。シンプルでリーズナブルな服を取り扱うほか、注目はアクセサリーのセレクト。Kanchaveliのバッグのように若手ブランドのアイテムを多数揃える。キッズウェアラインも展開しているため、家族連れも多い。 1 木製パーツが特徴のKanchaveliのウエストバッグ(各320 Lari)2 コーヒーショップを併設3 サンダル(150 Lari)4 ハートピアス(280 Lari)5 星ピアス(210 Lari) DATA 22 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 95 30http://dotstbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマスMatérielマテリエル ジョージアで最も古いファッションハウス、マテリエルのブティックは旧市街の目抜き通りにある。上質な素材を用いて、若手デザイナーとのコラボレーションでコレクションを展開している。すべてトビリシ郊外にある自社工場で生産。色が美しいレザーのドレスやコートが代表的なアイテムだ。 1 店内は昨年改装した2 ピンクのテーラード・サロペット(1395 Lari)3 パイナップルのバングル(600 Lari)4 ブーツ(595 Lari) DATA 19 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 68 18https://materieltbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス Chaos Concept Storeカオス コンセプト ストア ルームス ホテルの中にあるセレクトショップ。JW AndersonやMartine Roseといった旬のブランドを扱う。エッジィなセレクトが特徴。ローカルブランドではGola Damianといった若手をサポート。店内にカフェやレコードコーナー、DJブースを併設し、音楽関係のストアイベントを頻繁に開催する。 1 パリ・ベースのジョージア人靴デザイナーによる人気ブランド、Le Mocassin Zippeのローファー(2,170 Lari)が買える!2 Gola Damianは2019-’20年秋冬のショー直後See Now Buy Nowをここで開催した DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:599 07 44 66https://www.facebook.com/ChaosConceptStore/営業時間:12時〜20時 無休 ※$1=約108円、€1=約122円、1 Lari(ジョージア・ラリ)=約39円(6月5日現在)、国際電話の国番号は995です。SOURCE:SPUR 2019年8月号「おしゃれな人は、ジョージアを目指す」photography: Marc Medina  hair & make-up: Anna Todua(p.150) model: Marian(p.150) coordination & text: Yu Masui cooperation: Beka Gvishiani
  • ひとりっぷ®のムック本第3弾『昨日も世界のどこかでひとりっぷ®3 〜弾丸無茶旅編〜』の発売とシリーズ累計10万部突破を記念して、愛読者の皆さんに感謝を込めて、トークイベントを都内で開催。多彩なアーティストとコラボレーションイベントを行っている「パーク ハイアット 東京 マスターズ オブ アーツ」の一環として、パーク ハイアット 東京という贅沢な場所で、ひとりっぱーの皆さんとの時間を楽しみました。まずは「ひとりっぷ®トークショーSpecial Edition」ひとりっPの夢、ひとりっぷジェット!パーク ハイアット 東京の副総支配人とマーケティングコミュニケーションズ ディレクターのご挨拶の後、いよいよ「ひとりっぷ®トークショーSpecial Edition」の第1部スタート。今まであまり語ったことのない、ひとりっPのホテル選びの極意から。アーティストとのコラボレーションの取り組みとして開催されている、「パーク ハイアット 東京 マスターズ オブ アーツ」にひとりっぷとして参加。満員御礼! 販売当日、すぐに売り切れという今回のイベント。各回45人をお迎えして、熱いトークを展開。これがひとりっぷ400回の結論! ひとりっP的ホテルの選び方 超実践編チェンマイでは素敵な邸宅系ホテルが充実なので、おすすめ!旅の楽しみを大きく左右するホテル選び。ひとりっPが400回以上の経験で得た、快適な旅のためのホテル選びについてのお話です。その土地ならではの雰囲気たっぷりなホテルなど香港、台湾、タイなど様々な都市別に、ここに注意!というポイントを添えて、細かくご紹介。番外編として、Airbnbでの失敗談などにも触れ、サンフランシスコでのオーナーが普段生活している部屋をそのまま貸し出していて落ち着けなかった事など、ブームのAirbnbを選ぶ際の落とし穴やポイントの参考に!また「予約をどこでどうするか」ついては、ホテル予約サイトの具体的な読み解き方、そして、それらを調べた後に必ず、ホテル公式のサイトをチェックするよう指南。ホテルの公式サイトでしか申し込めないお得なプランなどを確認すべき!とアドバイス。400軒以上選んできたひとりっPのホテル選びが語られました。 ホテルのことをもっと知りたい!パーク ハイアット 東京の中の人に直撃「お話できる範囲でよいのですが、何か困った事はありますか?」というひとりっPの問いに「かなり厳密なベジタリアンの方から美味しいお寿司を食べたい!と言われた事がありましたが、なんとか対応をお願いして予約できました」。トークショーの第2部はパーク ハイアット 東京 チーフコンシェルジュのエイドリアン・ファウトさんとフロントオフィス・マネージャーの米良真善さんに、ひとりっPが突撃インタビュー。ひとりっPからは「部屋に案内されるまでの間の、スタッフの方との会話はどんな話題がよいのでしょうか?」、「一旦通された部屋が気に入らなかった場合、どうしたらよいですか?」、「早くチェックインしたほうが、いいお部屋を割り振ってもらえるんですか?」など実践的な質問が飛びだし、おふたりから丁寧に教えていただきました。 ホテルの部屋選びで失敗しないためには、予約の時点で希望について(NGな事があればそれも)メッセージを入れておき、さらに到着してチェックインする際にも、その内容を確認するのがよいとのこと。また、「もし気に入らなかった場合はなんなりとリクエストを出してください!」とのことでした。パーティ会場はプレジデンシャル スイート! クイズ大会や抽選会を開催ラグジュアリーなリビングルームでは、今回初のひとりっPの等身大パネルがお出迎え。第2幕は51階に場所を移し、リビング、ダイニング、キッチン、書斎、ベッドルームを合わせて、290平米という贅沢なプレジデンシャル スイートで、皆さまに感謝の気持ちを込めて、“Let'sひとりっパーティー"を開催 。1歩足を踏み入れた瞬間から広がるラグジュアリーな別世界に、皆さんとともにひとりっPも大興奮。まずは皆さんと、シャンパンで乾杯を! クイズ大会の優勝者にはホテルのスパチケットが贈られました。のんびりくつろいでください!乾杯の後は、『ひとりっぷ』3冊の愛読者やSPUR.JPの記事をご愛読いただいている方ならわかるはず⁈の「ひとりっPクイズ」大会をスタート。優勝者には、パーク ハイアット 東京での豪華なダイニングメニュー付きスパチケットが贈られました。また、じゃんけん大会や撮影タイムなどのイベントも行われ、あっという間に時間はすぎていきます。アップルパイの他にもオードルや各種のプチスイーツなど、もりだくさん。今回のパーティでのお料理の中でも特に好評だったのは、以前ひとりっPが食べてその美味しさの虜になったという、パーク ハイアット 東京のアップルパイ。いつでもあるメニューではないのですが、このイベントのために用意してくださり、皆さんで楽しみました。プレデンシャル スイートからの美しい眺め。東京の夜景が一望できます。あっという間の2時間半! お土産をお渡しして、お別れです。アンケートのご協力、ありがとうございました。豪華お土産の数々。パーク ハイアット 東京のオリジナルバスソルト2包と、ひとりっP愛用のフルールドファティマ のイノセントボディウォッシュ サボンノワールとサボンブラン 2種各280ml。豪華お土産には、旅のバスタイムはよい香りに包まれたい!というひとりっPのこだわりから、愛用のフルールドファティマのボディウォッシュ2本とパーク ハイアット 東京のバスソルト2包を用意。「皆さん、旅先でも家でも、バスタイムにはよい香りに包まれて、疲れを癒してください~!」とひとりっP。初登場のひとりっPパネルとひとりっP。皆さんのひとりっぷ熱の高まりに、ひとりっPも大興奮!ひとりっPこだわりの豪華お土産つき、ひとりっぷ®スペシャルトークイベント@パーク ハイアット 東京も、お別れの名残り惜しさを感じつつも、無事3回を終えられました。お越しくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。また、今回参加できなかった皆さん、次回を楽しみにしていてください。それまで、皆さん、どしどし、HAVE A NICE ひとりっぷ~! >>満員御礼!超旅人・田辺誠一さんと旅バカ・ひとりっP、ディープな旅人ふたりのトークイイベントをレポート ひとりっP愛用のバスウォッシュはよい香りが自慢のフルールドファティマ! >>【突ワン第3回】雑貨天国!モロッコ旅90回のエキスパートが指南! こだわりの“変態旅”、だから面白い ひとりっPは旅に出まくっても、なぜ疲れない? >>【突ワン第5回】ドクター貴子に聞く、旅のヘルス&ビューティの知恵!旅で疲れない人にはワケがあった パーク ハイアット 東京のスイートの模様はこちらからhttps://suiteroom.parkhyatttokyo.com/presidential_suite/index.html photography:Yuka Fujisawa
  • 「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたフレグランス・コレクション。「レ・パルファン ルイ・ ヴィトン(Les Parfum Louis Vuitton)」から、新作フレグランス「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」が登場。 ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが、ウードウッドが香り立ち、砂漠への旅へと誘うようなイメージで調合した「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたという。 数千年の歴史を持つ中東の香水文化から生み出される香りや習わし、伝統に魅了され、今回、ローズやウードウッド、アンバーグリスを中心に調香してコントラストを際立たせている。レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 100mL ¥41,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 200mL ¥63,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン トラベルスプレイ (レ・サーブル・ローズ) 7.5mL x 4 ¥41,000 トラベルスプレイ レフィル 7.5mL x 4 ¥23,000「Les Sables Roses」の インスピレーションとなったのは、中東の砂漠の昼と夜、光と影、暑さと寒さ、空と大地――といった相対するものが調和を奏でる瞬間。 砂漠のような「温」と「冷」を感じさせ、自然な香りの美しさが存在するような調香が完成。ローズとウードウッドの二重奏にアンバーグリスがアクセントを添え、原料の豊かさをさらに強調している。 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、フランスのグラースで過ごした幼少時代から周囲を取り巻く自然の原料に魅了されてきた。現在は、世界中を巡り最も貴重な原料を探し出し、自身のクリエーションの中で高めていくことに力を注いでいるという。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、単品で使用するのはもちろん、他の香りとの組み合わせもできるフレグランスとして作り上げたという。分量の比率を自由に変えて、「1+1=無限」の広がりが生まれる楽しみを味わえる逸品だ。 「Les Sables Roses」は、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、ルイ・ヴィトン表参道店および公式サイトにて発売中。https://www.louisvuitton.com/
  • おしゃれも春夏モノへのシフトが完了した今日この頃。冬物の収納見直しに着手し始める……という人も、実は多い季節のようです。 LEE100人隊の3名も、新たな収納道具を取り入れ。 まずはハンガーの見直しから。TB あけみさん、No.094 さわこさんは、定番のマワハンガーを投入していました。 黒ハンガー・094 さわこさん「今まで、見て見ぬふりをしていたクローゼットの中身を見直すことにしました。アパレル関係の仕事のせいか、洋服大好き、洋服がなかなか捨てられない性格なのですが、思い切って整理。見た目もすっきりさせたくて、衣類が滑り落ちないハンガー、MAWAハンガーで統一することにしました」 黒ハンガー・094 さわこさん「噂通り、幅も取らなくて、色も黒に統一したら、すっきりコンパクトに(白と迷いました)!ちなみにアイテムによって、2種類のハンガーを使い分けています」 黒ハンガー・094 さわこさん「エコノミック。襟のない丸首のシャツやブラウス、ニットなどに。お気に入りのシャツやブラウスなど、肩部分にハンガーのあとがつかず、ズルズルと滑り落ちることがありません」 黒ハンガー・094 さわこさん「シルエット。襟付きジャケット、型崩れしてほしくないトップスに。まだまだクローゼットの中身は見直し中ですが、程よい余裕とすっきりとした見た目で、お洋服選びも簡単に、スムーズになった気がします。まさに時短。忙しい朝、少しでも時間が節約できると気分よく過ごせる。ママが気分がいいと、子供もご機嫌な気がします」 白ハンガー・TB あけみさん「衣替え。今年は、まずは服の断捨離から。有難いことに、数年前からミモレ~ロング丈が流行り、もはや定番となってきたので、年齢的にもそちらにシフト…膝丈のものはほぼ処分。これだけでもだいぶスッキリ。ただ、ロング丈のもので困るのは収納。私の寝室のクローゼットは高さが無いので、ロング丈のものをそのまま吊るせず。今まで平置きにしてごちゃごちゃしていたのですが、mawaハンガーの白を投入(右端にある黒いハンガーは以前購入したmawaのもの)」 白ハンガー・TB あけみさん「ワンピース、ロングスカートは畳んでパンツ用のハンガーに。シャツ、カーディガンも吊るして。Tシャツ、カットソーは置くスペースが無いので別の部屋に。ひとまず、これが使い易い」 色や形も豊富なマワハンガー。手持ち服を見直して、必要な形状、本数を見極めたいですね。 続いては、TB わちさんが冬物整理に迎えたアイテムをご紹介。 わちさんが新たに購入したのは、段ボールを収納箱にできるクリップ、GENERAL VIEW BOX LATCH。 TB わちさん「GENERAL VIEW BOX LATCHで冬物整理。段ボールを収納箱にできるクリップ」 TB わちさん「BOX LATCHとは、段ボールの蓋をした状況でサイドから差込み……」 TB わちさん「真ん中までスライドさせると、蓋が開いちゃったりしなくなるクリップです」 TB わちさん「段ボールもとりあえず、今まであったものを使うことにしましたので、ボロい。夫の本格的なピーコートや息子のお下がりでまだサイズが大きいものなど。ラベルもそのうちちゃんと貼ろう」 わちさんが段ボール収納に乗り出したきっかけも気になるところ。 「冬物は今まで、引き出しタイプのプラスチックのケースに入れていたのですが、 ・ニットやウールは通気性のあるものに入れたい と思っていました。木製のタンスを買うことも考えたのですが、 ・今後、子供の成長に合わせて家具のレイアウトを変える可能性有。 ・自分ひとりで動かせる。 ・やっぱり違う収納にしたくなったとき、資源ゴミに出せる。 ・ローコスト という条件を並べてみて、段ボールと、このBOX LATCHを組み合わせて季節外の衣類を収納してみることにしました。欧米の日用品を扱う通販サイト、GENERAL VIEWで買いました」(わちさん) 「以前は、段ボールに紐をかけたり、ホコリがはいらないように紙をかけたりしていましたが、そんな必要もなくなりました。出し入れも楽になりました」と使い勝手にも満足している様子です。 収納に段ボール、斬新な発想ですね! 衣類見直しと、暮らしに合った収納アイテムの選択。あたたかいこの季節に進めておきたいものですね。
関連キーワード

RECOMMEND