「姑との同居が不安です」【40代お悩み相談】

Marisol ONLINE

【今月のお悩み】「姑との同居が未知すぎて不安です」

姑との同居が確実なものとなりました。今まで、夫婦2人の気ままな暮らしが心地よく、例えば、夕飯を作りたくない日は近所の居酒屋に行ったり……経済的にも余裕があります。姑との同居なんて、未知の世界。不安だらけです。
(長崎県・たら・42歳・自営業)

☆辛酸なめ子さんの回答

お互い不安オーラを発していると不穏な空気になりがち。インテリアやBGMなど平和な気持ちになる演出をするといいかもしれません。曲はヒーリング系など……。部屋にいると気づまりなら、快適なカフェに行くのもおすすめです。


☆みうらじゅんさんの回答

お姑さんを居酒屋にお連れし、後は大将にまかせるのも手、かと

 年齢的に、そろそろ「親との同居」の問題が持ち上がってくる時期ですよね。お姑さんとの同居について「未知の世界」とのことですが、たらさんの知人・友人の中に、すでに親御さんと同居なさっている人がいるのではないでしょうか。もちろん、家庭の事情や個々人の性格によって状況はさまざまだと思いますが、参考にはなると思うんです。また、嫁姑問題をテーマにしたテレビドラマも多いですよね。しかも、どれも視聴率が高いということは、 あの手のドラマには「あるある」なエピソードが満載なのでしょう。

 と考えると、お姑さんとの同居生活、たらさんもちょっとは想像できているのでは? いや、想像がつくからこそ「不安だらけ」なのではないでしょうか。

 なので、すでにたらさんもお気づきかもしれませんが、同居生活が始まれば、これまでのような気ままな暮らしはできないと考えたほうがいいんじゃないでしょうか。夕食を作りたくないから居酒屋へ、ということもむずかしくなるような気がします。

 たらさんの場合、どのような経緯でお姑さんと暮らすことが確実になったのか、お悩みの文面には書かれていないので、めったなことは言えませんが……本当は別々に暮らしたほうがいいような気がします。たらさん夫婦がダンナさんの実家近くに引っ越したり、あるいはお姑さんのために素敵なマンションを借りてあげたり。「経済的にも余裕がある」なら、それが一番いいんじゃないでしょうか。お互いのために。

   でもまあ、「確実なものとなった」のなら、同居するしか道はないのかもしれませんね。どうしたものか……。

 そうだ! 同居してわりと早いうちに、たらさんご夫婦行きつけの、その居酒屋にお姑さんをお連れする、というのはどうですか? 「おいしいお店があるんです」と言って。あらかじめ居酒屋の大将にはお姑さんを連れていくことを伝えておけば、大将もはりきって、ご高齢の女性の好みに合いそうな料理を作って待っていてくれる。そこでお姑さんが喜んでくれた ら大成功。これまでどおり、夕食を作りたくない時は3人でそこへ行けるでしょうし、うまくいけばお姑さんひとりでも行くようになるかもしれません。そうすればしめたもの。大将がお姑さんの愚痴の聞き役になってガス抜きをしてくれるんじゃないでしょうか。

 なんてったって、たらさん夫婦が来なくなれば常連さんを2人失うことになって、店としては痛い。でも、お姑さんに気に入ってもらえれば、顧客2人を失わなくてすむどころか、もう1人増えるわけじゃないですか。大将はきっと、はりきってお姑さんの好きな料理を作ってくれ、ご機嫌も取ってくれるような気がします。もちろん、たらさんにも助言や、時には厳しいひと言を呈してくれるのではないかと。これ、我ながら名案だと思うのですが……いかがでしょうか?

  • ●JUN MIURA:
イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など
    ●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など
  • ●NAMEKO SHINSAN:
漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある
    ●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある
【お悩み募集!】
※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。
※採用時は匿名にて掲載します。
※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。
撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
関連記事
  • 협재해변 ヒョプチェビーチ アクアマリン色の穏やかな海 島の西海岸にある、チェジュ屈指の遠浅、白砂の美しいビーチ。潮の満ち引きが速く、表情豊かで夕日の名所でもある。ビーチサイドには海を見渡す素敵なカフェも点在する。波打ち際でチェジュ名物の風に身を委ねると、心まで洗われるような気持ちよさだ。島にはユネスコ人類無形文化遺産の海女がいる海岸もあり、彼女たちの料理を楽しめる食堂も見逃せない。 MAP 올레의 돌담 オルレの石垣 海沿いの小道を歩く幸せ 島にはオルレ(チェジュの言葉で路地)と呼ばれるハイキングコースが全26あり、オルレによって1時間から8時間かかるそう。旅先ではとにかくよく歩くというジュヒョク。彼にとって、チェジュはまさに楽園のよう。ここはヒョプチェビーチからほど近い小さな港の集落のオルレ。火山島ならではの玄武岩を利用した風よけの石垣トルダムは島の風物詩だ。向こうに見える島は、飛揚島(ビヤンド)。 MAP 뉴저지 카페 ニュージョジカフェ みかん畑の倉庫をリノべ 彼がこの冬出演した「コーヒーフレンズ」というバラエティ番組は、チェジュのみかん畑の中のカフェが舞台だった。今回寄ったこの店も、みかん農家の倉庫を改装した落ち着く空間。カフェの名前はここの地名ジョジ里が由来だ。彼がオーダーしたのはチェジュの名産柑橘ハルラボンを使ったハルラボンエイドW6,000。ほか、アイスアメリカーノやチェジュウィットエールの生ビールも人気。 DATA 済州市翰京面緑茶盆栽路567−5제주시 한경면 녹차분재로 567-5064-773-7088営業時間:11時~23時(冬季〜21時)定休日:火曜 MAP 토리코티지X하시시박 トリコテージ×ハシシパク 暮らすようにコテージステイ 近年は都心から移住した若者が経営するおしゃれなコテージが増えている。「こんな家があったらな」と、すっかりくつろぎモードのジュヒョク。リゾートホテルに滞在するのが王道だが、レンタカーで移動し一棟貸しコテージに滞在するのも楽しい。2階のダイニングキッチンからは海が見え、テラスにはプールもついている。 DATA 済州市朝天邑朝天北6キル23제주시 조천읍 조천북6길 23010-9065-1186http://hasisipark.toricottage.com/ MAP紹介したスポットはこちら!
  • 1チェジュらしい景色に会いに行く チェジュに暮らす人々の自慢は、水のよさと、海産物、黒豚の美味しさ、そしてどこにいても海も山も10分、20分で行ける環境。象徴的な守護神トルハルバン(4)、世界自然遺産の城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)(1)、画家イ・ジュンソプの暮らした古民家(2)やオルレ14コース(3)などのどかな風景に足を止めてみて。 2アワビを思う存分食す ビタミンBやコラーゲンも豊富、薬膳でも知られるアワビ。鍋や釜飯で食すのも、旅のハイライトだ。チェジュ滞在中に肌の調子がいいのはアワビのおかげかも? サンバンサンチョガチプ(5)の鍋チョンボッヘムルジョンゴル(W45,000/2人前)には贅沢に11個も入っている! セリなど野菜の甘みもアクセント。締めはラーメン。ジョンダルスダトゥル(6)の釜飯チョンボットルソッパプW13,000。アワビのお粥も人気だ。生人参ジュースもおすすめ。 5 サンバンサンチョガチプ산방산초가집 DATA 西帰浦市安徳面和順海岸路189서귀포시 안덕면 화순해안로 189064-792-0688営業時間:10時~22時(LO20時30分)無休 MAP 6 ジョンダルスダトゥル종달수다뜰 DATA 済州市旧左邑龍眠岳路8제주시 구좌읍 용눈이오름로 8064-782-1259営業時間:10時~20時(LO19時)定休日:旧正月・旧盆 MAP 3チェジュの台所、五日市へ 豊かな食材が5日に一度集まる"五日市"。2と7のつく日にだけ立つ済州市民俗五日市場(チェジュシミンソクオイルシジャン)もそのひとつ。新鮮な食材は見ているだけで心躍る。チェジュといえば、アマダイの干物(10)、タチウオ、豊富な海藻類や、コサリと呼ばれる干したゼンマイ、柑橘ハルラボン(7)。ヨモギ入りのマッコリ饅頭(9)や、郷土菓子オメギトック(8、ヨモギ餅に小豆)なども。 済州市民俗五日市場제주시민속오일시장 DATA 済州市五日場西キル26제주시 오일장서길 26064-743-5985営業時間:8時~18時(毎月2、7、12、17、22、27日開催)※該当日が土曜の場合、9時~18時 MAP4牛島(ウド)クルージングへGO! 夜になるとほとんど人がいなくなるという牛島へ半日トリップ。15分ほどのクルーズで到着(11、乗船にはパスポートが必要)。電動自転車を借りれば快適に巡れる。のどかな島の魅力は尽きず(12〜14)、辛めの豚炒めと炒飯(16、W30,000〜)、名産ピーナツのアイスクリーム(15、W5,000)などに舌鼓。海を見下ろせるカフェ、ブランロシェ(17〜19)ではピーナツクリームラテ(W8,000)やチーズケーキのピーナツクリームがけ(W7,000)を食べてみて! 15 アンニョンユッチサラム안녕육지사람 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル792제주시 우도면 우도해안길 792010-2823-0170営業時間:10時~17時30分(季節変動あり)無休 MAP 16 プンウォン풍원 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル340제주시 우도면 우도해안길 340064-784-1894営業時間:9時~17時 無休 MAP 17~19 BLANC ROCHER블랑로쉐 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル783제주시 우도면 우도해안길 783064-782-9154営業時間:10時~20時(冬季〜18時) 無休(18 オリジナルボトル入りの小粒で美味しいピーナツ 各W5,000) MAP紹介したスポットはこちら! >>「俳優ナム・ジュヒョクと行く『眩しくて、チェジュ島』」特集TOPへ戻る
  • 少女漫画から出てきたような美男を、韓国では“マンチッナム”と呼ぶ。ナム・ジュヒョクが、まさにそれだ。色白で端正な顔だちに、身長188センチという恵まれたスタイル。ドラマコンテンツのグローバル化も手伝い世界中にファンが増え続け、彼には1050万人のインスタグラムのフォロワーがいる。3月に出版された、日本では初となる写真集『YOUTH』(ワニブックス刊)も好評だ。この春“国民の母”ことキム・ヘジャ、昨年主演映画で女優賞に輝いたハン・ジミンと「眩しくて」で共演。彼にとって“人生のドラマ”であり、代表作と絶賛されたこの作品で、さらに注目を浴びている。そんな多忙を極める彼が、たとえ1日のオフでも時間を見つけては通っているというのがチェジュ。韓国のハワイともいわれる島の魅力を聞いてみた。 「小さな頃にも来たかもしれないんですが、記憶に残っている初めてのチェジュは高校生のときの家族旅行です。ソウルからは飛行機で1時間ですし、短い滞在であってもリラックスできる場所なので、息抜きに来ます」 食べることが大好きなジュヒョク。「コギグクス(豚骨うどん)やカルチチョリム(タチウオの煮つけ)など食べ物も美味しくて、高い建物がなくて空が広いのがいい。生まれ育った釜山と、空が広いところや水平線が見えるところが似ていますね。朝も昼も夜も空を見上げると、空の姿が美しいんです。それからチェジュに来たら、とにかくよく歩きます。充電できる感じなんです」と続けた。旅の計画は立てない派だが、美味しい店をよく知る先輩俳優から教えてもらった行きつけの郷土料理の店もある。素材が素晴らしいのでイタリアンも美味しいと聞き、トライしたいとも。1万8000の神が宿るという、神話の島としても知られるチェジュは、彼が素になり気持ちがほどけ、エナジーチャージができる場所なのだ。 昨年初出演した映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめにし、この春の人気ドラマ「眩しくて」で若手実力派俳優として認められ、いままさに時の人。ロケ中も、老若男女のファンから「かっこいい!」「『眩しくて』全話観ましたよ」と声がかかる。どんなに注目されても、素顔の彼は浮ついたところがなく誠実で、「家族や一緒にいる人が幸せだと感じてくれればいい、そんな人でありたい」と穏やかに、かつきっぱりと話す。現在はネットフリックスオリジナルの世界配信ドラマの撮影中。映画の撮影も控えており、次のチェジュでの充電はちょっと先になりそうだ。 Profile 1994年、釜山生まれ。モデルを経て俳優に転身、数々のドラマの主役を演じ若手人気俳優となる。自身も放送を観て涙したという珠玉のドラマ「眩しくて(原題)」は日本でも放映中(KNTV)。目下、Netflixオリジナルドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」の撮影中だ。『ジョゼと虎と魚たち』のリメイク版主演も決定している。https://joohyuk.jp/ >>ナム・ジュヒョクの好きなチェジュ島
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • ストライプシャツで素敵にこなれて。雨の日OK小物で快適な一日に♪さらっとした着心地の白ブラウスにライトグレイの美脚パンツ。じめじめした季節も快適に過ごせる機能性コーデに『GU』のPVCトートで今っぽさをプラスして、外勤デーは万が一の雨対策もばっちり! 今日はカフェでの打ち合わせや街リサーチだから、ジャケットじゃなくシャツをはおってこなれた雰囲気に。クリーンなストライプ柄のビッグシャツなら、ちょい着くずしても知的でさわやかな印象になれるのがうれしいよね♪ 吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 ストライプ柄のビッグシャツ¥12000/AKTE 雨の日OKパンプス¥12000/オデット エ オディール 新宿店 ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 バッグ¥1990/ジーユー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • 日比谷のミッドタウン日比谷のミッドタウンに入ってすぐに LEXUSと書いた入口があります! その中にお洒落なカフェが! それが【THE SPINDLE】カフェです!レモン タイム エスプーマ ソーダを注文!!とっても爽やかでスッキリとした味でした! 暑い夏にはぴったりです!☀︎ タイムが入ってるので普通のレモネードよりも、さらにさっぱり!!涼んだあとは日比谷公園へ!のんびりカフェで涼んだ後は、 歩いてすぐの日比谷公園をお散歩するのが最高に気持ちよかったです!! 真夏になる前にのんびーりお散歩するなら この時期が一番かなと思いました! 他にもメニューがたくさん!他にも、サラダやおかず系のものを 好きにチョイスできるものや、 お酒などメニューが豊富だったので 是非行ってみてください♩ テーブルもカウンターもあったので、 お一人や、お友達、恋人などいろんなシーンでいけるカフェかなと思いました! ここまで見て頂きありがとうございました☺︎ モアハピ部 No.692 れい のブログ
  • こんばんは☻ 前回ブログに書いた、 ゆずちゃんとの代官山ランチの帰りに 恵比寿でお洒落なスムージーのお店に 連れて行ってもらいました♡✌︎ それがこちら、、marugo deli ebisuです❤︎!恵比寿駅西口から徒歩5分ほどの ところにあります☻ こちらのお店、 スイーツのような 「フレッシュジュース&スムージー」と 野菜をたくさん摂取できる 「ベジタブルジュース&スムージー」、 そして栄養たっぷり!の 「スーパーフードスムージー」の3つに 分かれているそうで、 常時20種類以上が揃っているようです\(^o^)/ 私が頼んだのは、、❤︎たくさんメニューがあって かなり迷いましたが、、 この日は何となくバナナベースのものが 飲みたかったので Banana Oatsをオーダーしました(^O^) 税込¥650です☻ バナナ、豆乳、オーツ麦、メープル が入ったヘルシーなスムージー❤︎プラス50円で有機ミルクへ、 プラス200円で有機アーモンドミルクへ 変更もできるようです\(^o^)/ ほかにも、アボカドやアサイーを 使ったスムージーがあり、 かなり気になりました❤️ また絶対リピートしたいと思います☻ 皆さんも恵比寿に行かれた際は 是非行ってみてくださいね✨marugo deli ebisuのHPはこちら❤︎カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • “肌が美しく見えること”を追求して数々の名品ベースメイクを生み出してきたカバーマーク。待望の新ファンデーションは、とっても使いやすく繊細な仕上がりのパウダリー。立ち向かうのは「毛穴」です。暑がりで汗っかきの私。真夏の身支度はそれこそ“戦い”です。朝シャワーで毛穴が開ききった肌を化粧水で引き締め、体温で溶け落ちそうなファンデーションを空調で冷やしながら手早く塗り固めて……って、ほとんどチョコレートのテンパリング。そこまで頑張っても一歩外に出れば汗が吹き出し、ファンデーションの毛穴落ちが頻発。疲れて見えるし老けて見えるし、お直しも大変! 夏の毛穴とファンデーション、この戦いは永遠に続くと思っていました。そこに現れたのがカバーマーク シルキー フィット。女性たちの肌悩みの上位に常に挙がる「毛穴」のカバーに特化したファンデーションです。毛穴カバーのカギは、パウダーの細かさと密着力。カバーマーク史上最少ミクロンの粉体が肌はもちろん毛穴の中までカバー。しかも独自の製法で塗布時に隙間なく均一に並ぶことで、粉体同士の結合力も強化。皮脂くずれを阻止する処方も施された、新時代のパウダリーです。レイシ・高麗人参・アロエ配合と大人肌の保湿対策万全なのも惹かれたポイント。そんな繊細なパウダリーの脇を固めるツールもすごいんです。まずこの専用スポンジ。細かい粉体の分散を高め均一な仕上がりをかなえる網状の目を持つスポンジで、密着力を高める“圧“を生み出す弾力あるスポンジをサンド。このミルフィーユ構造が粉っぽさを感じさせないなめらか肌を生み出します。で、実際に使ってみたら…すーっと肌をなでるだけでスポンジにとったパウダーがほどけるように広がり(なんか新鮮な感覚なんです!)、とってもきれいな仕上がり。ワンストロークで毛穴の目立たない、なめらかなシルキー肌に。毛穴が消えると、それだけで若見えするから不思議。そしてホントに粉が細かい! まるで霧のようにふんわりと肌を包み込み、ソフトフォーカスで柔らかそうな肌を演出してくれます。均一に粉が乗るから重ね塗りの必要もなく、ささっと仕上げられ時短にも貢献。こんなに簡単に美肌が手に入るとは! これで夏の朝の支度がずいぶんと楽になりそうです。ゴールドからピンクのグラデーションが美しいコンパクトケースも、実はこのファンデーションのための特別仕様。毛穴カバー効果を最大限に高めるため、独自のプレス技術で繊細に固められたファンデーションを優しく守るクッションつき(左)、そして中蓋式(右)なんです。これ、リフィルの交換も楽でいいかも。もちろんカバーマークですから、カラーラインアップも圧巻の9色展開。汗や皮脂で大人の肌の色が暗くくすんで見えないよう、肌に自然になじむカラーバリエーションが心強い!夏ファンデをお探しの皆さま、ぜひご自身の肌でこの毛穴レスパワーをお試しください。もう間もなく、7月5日(金)発売です。カバーマーク シルキー フィット (SPF32/PA+++)全9色 各¥5500、リフィル 各¥4000<7月5日(金)発売> ●「カバーマーク」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND