ゴールドやシルバーカラーがキャッチー!おしゃれプロがひと目惚れした小物

Marisol ONLINE

【1】ティファニーのブレスレットとリング

Tのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニー
Tトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。
ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

【2】ジミー チュウのバッグ

「スターモチーフ好きならずとも見逃せないこの可愛さ! クロスボディにもなるチェーンストラップもあり、機能性も抜群!」と副編集長S田が絶賛するのがジミー チュウの新作バッグ。ブランドのアイコンであるスターモチーフを、マトラッセキルティングで施した。一見派手に見えつつ、実はどんな服にも合わせやすいシルバーは、春夏に最も重宝するカラー。コンパクトなのに収納力もあり、軽量なのもうれしい。

バッグ(縦16×横23×マチ13㎝)¥238,000/ジミー チュウ

【3】TASAKIのピアス

 

TASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。
ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI

【4】カンフォラのサンダル

イタリア・カプリ島で伝統的な技法を用い手作業で作られるカンフォラのサンダルは、ジャクリーン・ケネディが愛用していたことでも有名。昨年ロンハーマン限定で復刻したモデルを、今年はブラックで別注。「カジュアルな着こなしを格上げしてくれる頼れる存在。歩きやすくて、どんな服にも合わせやすいのが魅力です!」とスタイリスト室井由美子さん。
サンダル¥79,000/ロンハーマン(カンフォラ)
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ  【Marisol5月号2019年掲載】
関連記事
  • ストライプシャツ×デニムの正統派スタイルに肩がけカーディガンで知的にアクティブにデートといってもメンズではなく女子大時代からの本好きな友人と女だけの図書館デート。彼女の本のセレクトはいつも秀逸でその時々の私の悩みを本で解消してくれるから、明日は久々に彼女のアドバイスを聞いて大量に借りる予定。たくさん本が入る大きめのブラウンバッグを主役にテーパードデニムパンツでカジュアルにきれいめに、読書の秋を堪能しよう。デニムパンツ¥24,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) シャツ¥21,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) カーディガン¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥59,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) 靴¥34,000/スティーブン アラン フタコタマガワ(スティーブン アラン) 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデの関連記事もチェック
  • 20世紀フィンランドを代表する偉大なデザイナーの足跡を辿る「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」が、2019年9月21日(土)〜12月25日(水)、神奈川県立近代美術館 葉山で開催される。 「2744」タンブラー 1953-67年/吹きガラス/ヌータヤルヴィ・ガラス製作所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin 「フィンランド・デザインの良心」とも呼ばれるカイ・フランクは1911年生まれ。ヘルシンキ中央産業工芸学校(現・アアルト大学)で学んだ後、デザイナーとして活動を開始した。45年にはフィンランドの代表的陶磁器ブランドであるアラビア製陶所のプロダクトデザイン部門のディレクター、そして50年にはアートディレクターに就任。また、ガラスの分野では46年にはイッタラ、50年にはヌータヤルヴィ・ガラス製作所のデザイナーに就任している。 53年にはアラビアより、現在はイッタラブランドのもとで販売されている大ベストセラー「ティーマ」の原型となった現代的なテーブルウェアシリーズ「キルタ」で一世を風靡。大衆のためのデザインを目指し、アノニマスなものづくりを志向した彼は、使いやすく、スタッキングができ、丈夫で、絵柄などを入れず単色で仕上げることで価格を抑えた食器の数々で、幅広い層から支持された。 ソルト・シェイカー 1959年/ファイアンス焼き/アラビア製陶所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin本展はフィンランド唯一の公立ガラス研究機関であるフィンランド・ガラス博物館と、フランク本人から直接入手した多くのプロダクトを収蔵しているタウノ&リーサ・タルナ・コレクションの協力のもと、フランクの生み出した幾何学的造形に着目して構成されたもの。前出の「キルタ」などをはじめとしたおなじみのプロダクトや、技巧を尽くしたアートピースなど、全部で約300点が展示される。 「ポカーリ(トロフィー)」ゴブレット 1970年代/吹きガラス/ヌータヤルヴィ・ガラス製作所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin 50年代来日した際にフランクが撮影した、風景写真や人物写真の展示も。幼少期から日本に興味を持っていたというフランクは、この時に鎌倉の北大路魯山人や益子の濱田庄司、京都の河井寛次郎、美濃の加藤土師萌などの窯を訪れて交流。また、各地の農村で出会った職人たちによる手仕事や意匠などに注目した。58年には通産省の工業技術院産業工芸試験所の招聘で再来日して講演などを行い、日本のデザイナーにも大きな刺激を与えている。なお、今回一部の展示室の空間デザインは、国内外で注目を集めるデザイナー、熊野亘が担当。アアルト大学で学び、7年もの間フィンランドで暮らした気鋭のデザイナーとフランクの作品とが共演する空間は必見! 「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」会期:2019年9月21日(土)〜12月25日(水)会場:神奈川県立美術館 葉山 展示室2・3(神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1)時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)休館日:月曜(9月23日、10月14日、11月4日は開館)観覧料:一般 ¥1,200/20歳未満・学生 ¥1,050/65歳以上 ¥600※11月3日(日・祝)は無料/ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜:10月6日、12月1日)は18歳未満の子供連れの家族は割引料金(65歳以上を除く)http://www.moma.pref.kanagawa.jp/text : Shiyo Yamashita
  • オレンジリップ派七瀬&赤リップ派ゆうかが毎日イメチェン! 赤リップ派もオレンジリップ派も最強に盛れるコスメセットなら、どんなシーンにも神対応!赤リップ派ブラウス¥6800/N. パンツ¥3990/UNIQLO ピアス¥12800/deal. こんな人には赤リップがおすすめ!  リップメイクで盛りたい  写真映えする華やかさが欲しい  肌を明るく見せたい 定番3+秋色4の盛れコスメ7 高発色リップが際立つように、引き立てる色と質感のアイテムを揃えて、バランスをとって!マット系のディープな赤リップ シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム 130 ¥4200/シャネル カスタマーケア 美人顔の立役者に! 上質なワインみたいな赤で、塗ったとたんに大人顔にシフト。マットなのになめらかで、程よくメイクのポイントに。 パウダータイプの赤系チーク アナ スイ スイ ブラック パウダー ブラッシュ 401 ¥3500/アナ スイ コスメティックス 女っぽさが上がるほのツヤ感アリ 余分な皮脂を吸着し、時間がたってもヨレにくく、美発色。ほんのり輝くパールでワンランク上の仕上がりが完成。単色のラメアイシャドウ エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル GR04 ¥1800/エレガンス コスメティックス グリーンを感じるゴールドがおしゃ♡ 落ち着きのある輝きで目元をさりげなく盛り上げ! さっとのせても均一に仕上がる、高密着なパウダーが秀逸。他の画像を見る  品ありレディなメイクを楽しむ! 最強盛れコスメ7のメイク着回しは non-no11月号で チェック!モデル/鈴木ゆうか 撮影/花盛友里(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/浦安真利子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 
  • WHOMEEの秋新色は、目元印象に変化を出すアイシャドウパレットを筆頭に、自分史上最高の顔にアップデートするためのアイテムがラインナップ。ここでは、全25種の中から3つのアイテムを紹介。 フーミー アイシャドウパレット(左から)Y.B、I.B 各¥1,800(2019年9月20日発売) 人気ヘア&メイクアップアーティスト、イガリシノブならではの配色センスが光る3色アイシャドウパレットに、5つの新色が仲間入り。注目カラーは、黄緑やアイシーブルーがベースや下まぶたのアクセントに活躍するイエローブルーのY.B。そして、赤みのあるテラコッタブラウンが今年らしいアイボリーブラウンのI.B。どの色もキャッチーでありながら肌なじみ抜群。3色の組み合わせ次第で、さまざまな表情を楽しむことができる。 フーミー ロング&カールマスカラ 全4色 各¥1,500(2019年9月20日発売) 目元にも「抜け感」が重要な今の気分にぴったりなカラーマスカラが新登場。色は、チョコブラウン、テラコッタピンク、ストロベリーレッド、キャロットオレンジの全4色。ロング&カール処方で目元印象を強めつつ、絶妙なニュアンスカラーが洒落感を演出する1本は、今季のマストハブになりそうな予感。保湿成分やトリートメント成分もたっぷり配合し、まつ毛にやさしい配慮もうれしい。 フーミー ブレンドチークカラー 新2種 各¥1,800(2019年9月20日発売) チークカラーの新色は、ひとはけで顔色がパッと明るくなるポピーレッドと、イエロー系のカラーが新鮮なサンフラワーの2種が追加に。血色感が欲しいときにはポピーレッド、リップや目元に主張があるメイクのときは、ナチュラルに色づくサンフラワーがおすすめ。保湿成分だけでなく抗炎症作用のある成分を配合したり、柔らかなブラシを採用するなど、肌への負担を最小限にするための工夫も見事。 こなれ感も血色感も思いのままに操れるアイテムが、手に取りやすいプチプラ価格で揃うWHOMEEの秋新色で、自分自身の新たな魅力を引き出して。   Cluehttps://whomee.jp/03-5643-3551 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース ⇩WHOMEEの秋新色はここからチェック!
  • 初秋コーデを盛り上げてくれる、優秀すぎるGU小物をピックアップ。いつもの服にプラスするだけで、途端におしゃれ上級者に見えちゃう♡ プチプラはもちろん、クオリティも満足のGUから目が離せない! - 目次 - ミニバッグ スニーカー スカーフ キャップ イヤリング ヘアターバン      No.1|ミニバッグデイリーはもちろん、旅行やアウトドアなどで大活躍するネックポーチは、リラックスコーデのアクセントにも◎。今っぽいゆるシルエット&あいまいカラーにメリハリをつけてくれる。 ▶記事を詳しくチェック    1つは持っておきたいレザーのショルダーバッグは、ベーシックなブラックを選んで秋コーデの引き締め役に! じつはウエストポーチにもなる2wayが嬉しい。 ▶記事を詳しくチェック    ハンサムなスタイルもボアのきんちゃくバッグをあわせてカジュアルにシフト。少し暑さの残る時期も、小物の素材を変えるだけでいっき秋らしくアプデ☆ ▶記事を詳しくチェック         No.2|スニーカー王道のキャンバススニーカーが1000円台で手に入る! 使い勝手のいい黒のスニーカーは、白ソールで軽さを加えて抜け感を出すのがポイント。 ▶記事を詳しくチェック    ソールまでベージュのワントーンなら、ダッドシューズもシックに履けちゃう! 大きめのチェックシャツやミニスカートに合わせても大人っぽく仕上がる。 ▶記事を詳しくチェック    足元にソックススニーカーを合わせれば、今っぽさ満点のスポミックスコーデに。パーカは前だけインしてくしゅっとさせると更にこなれ感アップ。 ▶記事を詳しくチェック         No.3|スカーフスカーフを使ったおしゃれが今季のトレンド。バンダナみたいなペイズリー柄ならカジュアルにつけこなせる。シャツのボタンを開けてのぞかせて。 ▶記事を詳しくチェック    ニットワンピにヴィンテージ風スカーフを投入♡ 視線が上がって簡単にスタイルアップが叶うよ。 ▶記事を詳しくチェック         No.4|キャップコーデュロイ素材を選ぶだけでこなれ感。ボーダーとカラーをリンクさせてキャッチーに。 ▶記事を詳しくチェック    スポミックス初心者さんは、淡い色のキャップから挑戦してみて。ほかの小物も白で統一して全体のトーンを揃えれば、こなれた雰囲気を演出できる◎。 ▶記事を詳しくチェック         No.5|イヤリングつけてるだけでしゃれ感が上がるゴールドアクセは、肌見せが少なくなる秋冬のお助けアイテム。ベルトなどの他の小物とリンクさせて、統一感を持たせて。 ▶記事を詳しくチェック    華奢見せ効果を狙うなら大ぶりのイヤリングがおすすめ。揺れ感を味方につければ、顔周りがいっきに華やかに★ ▶記事を詳しくチェック    つけてるだけで女っぷりが上がるパールのイヤリング。フェミ⇔カジ使えて万能な上に、どんなコーデも格上げしてくれるから買って損なし♡ ▶記事を詳しくチェック         No.6|ヘアターバンテクなしで簡単に盛れちゃうヘアターバン。ひとつ結びやおだんごにも合うから、いつものアレンジにプラスして印象変えに挑戦してみて♪ ▶記事を詳しくチェック    ボリュームのあるクロスデザインのターバンなら、小顔効果も期待できる♡ 後ろ側のゴムの伸縮にもこだわっているから、つけやすさもピカイチ。 ▶記事を詳しくチェック  
  • 東京・南青山の地に誕生した「ザ・クローゼット」が、ニュースタイルのブライダルサロンとして注目を集めている。洗練された店内ではセレクトされたドレスが美しく並び、ひとつ上のフロアではフォトスタジオ「SWITCH表参道」を展開。衣装選びにとどまらず、フォトウェディングまで幅広いニーズに応えてくれる。 ドレスコレクションはテイストの異なる2つのデザイナーズブランドから厳選し、レンタルだけでなく専属デザイナーによるカスタムメイドも対応。アンティーク素材を用いて“今”の感性に響くドレスを作る「マリア エ マリエ」に、日本人女性の体形を美しく見せることをモットーにする「アンジェリ」。手仕事が光る多彩なマリエの数々が、花嫁の心に高揚感を与えてくれる。 自然ロケーションにも優しく馴染む「マリア エ マリエ」のドレス。美シルエットが際立つ「アンジェリ」。ヘッドアクセサリーやネックレスもオリジナルでデザインしている。ドレスをセレクトしたら、次に訪れたいのは「SWITCH表参道」。“ハイセンスで自然なフォトウェディング”をコンセプトに、大手アパレル企業とコラボレーションしたスタジオは撮影背景を20種類以上用意。ニーズの高い和装の前撮りをはじめ、屋外でのロケーションフォトも見逃せない。 こだわりの撮影セットで、モダンな和の世界観を構築。フォトジェニックが大事なキーワードになっている昨今のウェディング、こだわりたいけれど時間がないというワーキング花嫁にもぜひリコメンドしたい。 ザ・クローゼット住所:東京都港区南青山6-11-1 スリーエフ南青山ビルディング2Fhttp://wedding-square.com/shop/closet03-6712-5492(The Closet)03-6892-1010(SWITCH表参道)
  • 神崎恵がナビゲート!アラフォーの秋を、もっと素敵にする、色・質感・アイテムを厳選!秋のメイク、アラフォーはどんな色、どんなアイテムを選べばキレイになれるの? そんな疑問に答えるべく、おなじみ美容家の神崎恵さんが登場! 同世代らしいリアルな目線で、女っぷりをアップするカラーをセレクトしてくれた。美容家 神崎恵美容家 神崎恵■LIP 黄みベージュにはトライしたい! けれど、やっぱり深い色やキュートな色にも惹かれるのが女心。その気持ちを満たしながら、去年と同じにならないためには、どうするべき? 神崎さんのセンスあふれるセレクトをご覧あれ!■ヌードメイクの鮮度を上げる黄みベージュ <「赤みを抜いた黄みベージュがおしゃれすぎる! 定番顔に頼らないという大人の余裕が感じられる色です」。唇の色が透けて血色感が加わるので、見た目ほど黄色っぽくならず、誰にでも似合う。>1)オレンジ寄りの色だから着こなしやすい。唇がふわっと色づくマット質感。ディグニファイド リップス EX04¥3,200(限定発売)/セルヴォーク 2)繊細に輝くうるおいリップ。明るい肌色、小麦色肌、どちらにも似合うカラー。ルージュ シュペルブ 11¥3,800/エレガンス コスメティックス 3)みっちり密度の高いソフトマットテクスチャーとこっくり色でエレガントさもプラス。ザ ルージュ ベルベット BR302¥3,500/コスメデコルテ 4)つければ即、今年顔。モードでカッコいいオレンジブラウン。リップスティック2967¥3,300(9/20オフィシャルサイト限定発売)/NARS JAPAN■いつでも美人になれる色を一本持っておく <濃い色がすっかり定着した今、次に選ぶべきは? 「去年との違いを出すポイントは"秘めてる感"。ボルドーでもない、赤でもない、少々毒っけありの色を狙えば、個性的に。肌色もキレイに見えます」>5)熟したブドウっぽいパープルレッドなら濃い色でも優しげ。リップスティック CS 116¥2,000・同 ケース CS 052¥1,000(限定発売)/ポール & ジョー ボーテ 6)パッと目をひく色が唇をビジューに変える。くすみ系なので案外なじみがいい。ラプソリュ ルージュR 02¥4,000(9/13発売・ケースのみ限定)/ランコム 7)優雅なレディになれる赤みパープル。洗練ツヤで唇に立体感を。ピュア カラー デザイアー リップスティック 102 ¥4,900/エスティ ローダー 8)濃密な発色。ブラウンとも紫ともつかない曖昧色が粋。ルージュ アンリミテッド アンプリファイド A R797¥3,300(9/18発売)/シュウ ウエムラ■質感リップで唇の風”合いを変えて、セクシーに <いつものリップを変身させたい。ならば質感チェンジャーで決まり! 「唇に深みが出て、色っぽい顔に。色や光が複雑なものを選ぶと今年風です」。重ねる以外に、単色でつけるのもおもしろい。>9)顔の向きを変えるたび、ピンクがかったりブルーがかったり。貝殻の裏の光沢を連想させる、あでやかな偏光系グロス。リップカラー 06¥3,200/イプサ 10)ブラックチェリーのカラーで唇が憂いを帯びる。単色でつければ大胆に、重ねれば陰影が。ルージュココ グロス 816¥3,600/シャネル 11)ゴールドメタリック質感で、見慣れた口紅もリュクスに。カネボウ リクイドニュアンスルージュ EX04¥3,500/カネボウインターナショナルDiv. 12)パープル? グリーン?虹みたいに変化する"あやかしリップ"で唇に魔法を。リリカルリップトリップ X01¥3,500(限定発売)/THREE■ふわり、ピーチマットリップは絶対的正義! <無条件に可愛さが出るのが、マット質感のピーチカラーリップ。「目もとにしっかり色を入れる、イエローやブラックシャドウを使うといった工夫をすると、ただの"可愛い"で終わることもありません」>13) パウダリーな質感と淡いピーチカラーのナイスなマッチング。ルージュ アリュール  リクィッド パウダー 974¥4,200/シャネル 14)唇を前に出し、愛らしく存在を主張させる濃厚ピーチ。エレガンス クルーズ フラッフィ カラースティック BR01¥2,500/エレガンスコスメティックス 15)色気とポップさが共存するビビッドピーチ。ルージュリキッドルミヌ マット 103¥5,000/クレ・ド・ポー ボーテ【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) John Chan(物) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク&モデル/神崎 恵 スタイリスト/石関靖子 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 9/14(土)〜9/20(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!9月14日(土)旅行に出かける友人に頼まれ犬のお世話。お散歩するならスニーカーで 9月15日(日)Tシャツ×デニムコーデにシャカシャカ素材のトレンチでドライブへ 9月16日(月)敬老の日は親族が集まっておしゃれな祖父とリンクコーデを楽しんで他の画像を見る☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
関連キーワード

RECOMMEND