今すぐ、始めたい!毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【後編】

Marisol ONLINE
美容ジャーナリスト 齋藤薫

美容ジャーナリスト 齋藤薫

女性誌の編集を経てフリーに。表面的な美しさだけでなく、精神性にまで及ぶ切り口で美容分析する説得力のあるエッセイが幅広い女性たちの支持を集める

歳をとること=清潔感を失うこと。
だから今から始める「毎日3つ、清潔感を作って出かける」美習慣

→齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」

→【前編】毎日、清潔感を育てるための8のアイデア

アイデア:5
メイクから服まで、全身スキニーピンクで清潔感の魔法をかける
どんな色みであれ、ワントーンには清潔感がきちんと宿る。特に、肌色も含めてのワントーンを成立させる"ベージュトーン"は、究極の清潔仕立てとなるが、ここでちょっと注意しなければいけないのは、とても意外だけれど、年齢とともにベージュが肌をくすませ、似合わなくなる傾向があること。ここは血色を感じさせるスキニーピンクのワントーン。メイクも服も同系色でまとめると、全身に清潔感がほとばしる。

ニット¥24,000/フローレント リング¥28,000/ヴァンドー
ムヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ)
ニット¥24,000/フローレント リング¥28,000/ヴァンドー ムヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ)
(右)ブラウス¥24,000/フローレント (左)ニット¥9,000/ノーリーズソフィー品川店(ノーリーズソフィー)



アイデア 6:

ともかく毛穴と色ムラのない、均一な透明肌は清潔感の命
歳をとることは、肌から清潔感を失うこと……でもだからこそ、肌にも清潔感を意識して宿すことが何より大事。決して諦めずに毎日毎日、"清潔肌"を 育てて欲しい。決め手は、毛穴が見えないこと。色ムラがないこと。そして透明感が目に見えること。そして、均一な肌色を作りながらも青み系の淡いピンクのチークをふんわり加えると、青みピンクが血色と血管の青みを両方イメージさせるから、メイクでもちゃんと清潔感が作れること、覚えておいて。

タンクトップ¥9,800/アナディス
タンクトップ¥9,800/アナディス



アイデア 7:

後れ毛まで神経が行き届いた、手間のかかったヘア

では髪型はどうだろう。まず髪質について、驚くかもしれないけれど、じつは髪にも透明感が宿る。真に上質な髪にはツヤやハリとともに透明感が生まれることを知っておいて。そういう美しい髪なら、後れ毛も美しいけど、ちゃんと計算された手間のかかったナチュラルヘアであることが大切。つまりどんな髪型であっても、1本1本まで神経が行き届いている痕跡が清潔感の鍵なのだ。

シャツ¥15,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ノーリーズ)
シャツ¥15,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ノーリーズ)



アイデア 8:

そして最後はやっぱりセンス。趣味が良く品がいい。それだけで清潔感
趣味の良い服選びができる人は、結局のところいつ見ても清潔。何故なのだろう。センスがある人、野暮ったくない人は、いつも清潔。おしゃれのセンスとは、何を着ても"下品に見えない"、"汚く見えない"テクニックだと言っても良いくらい。またその年代年代の自分を一番素敵に見せるものは何なのかを、きちんとアップデートできることも含めて、全て解っているクレバーな女性ほど清潔、そうも言えるのかもしれない。

ニット¥12,000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) リング(人さし指)¥6,501/レイアロハアクセサリー リング(薬指)¥8,800/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ソコ) メガネ/スタイリスト私物
ニット¥12,000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) リング(人さし指)¥6,501/レイアロハアクセサリー リング(薬指)¥8,800/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ソコ) メガネ/スタイリスト私物
【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
年齢とともに失われていく清潔感を、私たちアラフォーに宿す方法を美しさの分析といえばこのかた、ジャーナリスト齋藤薫さんが提案
本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、“人を褒めること”についてのお話。
関連記事
  • ワンツーコーデで、一枚で、簡単に。手抜きに見せないアラフォーの「デイリーな黒」ならこれ■BLACK DRESS  STYLE 1大人の可愛らしさも色っぽさも。心地よく、表情豊かな黒上質な生地をふんだんに使ったマリハのコットンドレス。胸もとはすっきりとしたVあきでギャザーをたっぷり寄せたシルエットはどこから見ても文句なしに華やか。ワンピース¥43,000/マリハ(マリハ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥76,000・リング(太)¥210,000・(細)¥110,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ)STYLE 2気分に合わせ、小物使いをあれこれ試したくなる一枚話題のウェブ限定ブランド、ノークの人気型。すそにかけて広がるボリュームのあるシルエットで、ドレープ感がきれい。かごやベアなトングサンダル合わせでも街で浮かず、着やすいと評判。素材や色で季節感を取り入れた小物選びしだいで、いろんな表情を楽しめる。ワンピース¥8,900/ノーク(ノーク) バッグ¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ  パリ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) ネックレス¥38,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ)STYLE 3一枚でどこにでも。きれい見えシャツドレスに委ねて夏の特別なお出かけにも通勤にも。エキップモンのリネンシャツは長めの丈をウエストマークするデザイン。きちんと着てもコンサバすぎず、大人のセンスをアピールできる。袖口のさりげないリボンがチャームポイント。ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(エキップモン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • TSURU by MARIKO OIKAWA 2019 Winter Collection~ GOOD GIRL~ なかなか梅雨明けしませんが、気付けば7月・・秋冬の展示会も多く開催され、少しずつトレンドが見えて来ました。美女組NO.98 ayaさんと向かったのは「TSURU by MARIKO OIKAWA 2ND展示会」ご招待いただき、プレスルームへお邪魔して来ました。 前回の1STでミルキーでスモーキーな女っぷりカラーが来ているとお伝えしましたが、まず目に入って来た綺麗色のくすんだパープル。 いままでの濃いめのパープルとは違い、今秋冬では”ミレニアル・パープル”がトレンドカラー。TSURUだけではなく、実は市場でも多くのデザイナーさん達がおすすめしているカラーです。また、レオパードなどのアニマル柄も復活の兆し!何らかのアニマル柄を持っていて、毎年大胆に取り入れる場合も多かったりしましたが・・今季はスモーキーカラーがトレンドだけに、落ち着いたマスタードやベージュをベースにして大人っぽく仕上げるのが旬のアイテムなようです。他にも春夏に人気だった白靴や白ブーツがハラコ×パールで”かっこいいのに可愛い”で登場していたりと、秋冬が待ち遠しいです(何となく秋冬の方がコーデにしてもテンション上がるのはわたしだけではないはず・・) Marisol8月号での蛯原友里さん着回しでも登場していたツルのスカート。同じものを1STでオーダーしていますが、概ね年間通して着れるスカートが多いのも特徴。 SALEも始まり、昨年から伊勢丹での取扱いも開始されたので手に入れやすくなっているかと思います。投資してもあらゆる場面で活用できる幅広さがあるので人気が高い。トレンドは足元で取り入れつつ、何だかお洋服は”夏の黒”が継続して”冬の黒”も登場するような気がしています。美女組No.70Keiのブログ
  • 梅雨でありながら、間には少しずつ猛暑の日も見え始めました。本格的な夏に向けて家での美白ケアもよりしっかりさせたいところ。最近、新規投入したのが "ビタミンC誘導体" が配合されたドクターケイのケイホワイトミルク先月号のMAQUIAでもビタミンC誘導体アイテムとして紹介されていました。今年4月にリニューアルし、価格はそのままで機能性のアップやテクスチャが柔らかくさっぱりしたものに。1ヶ月使ってみて実感した2つのポイントを紹介します。その2つとは””毛穴と美白”<毛穴>ドクターケイの代表的な成分「カクテルビタミン」にナイアシンアミドと呼ばれるビタミンB3が新しく配合。これが美肌作用を兼ね備えており、お肌に潤いを与え滑らかに整えてくれます。毛穴の開きの原因となる乾燥を防いでくれ、少しずつ気になっていた鼻周りの毛穴が目立たなくなってきました。<美白>キウイエキス、ワイルドタイムエキスが配合され、以前のミルクより更に力強く透明感のある肌に導いてくれるそうで、私の肌ではくすみがちだった目元がワントーン明るくなりました。2つのポイントを叶えてくれつつ、このジメジメした時期に嬉しいさっぱりとしたミルクのテクスチャーが私の中で一番のこのミルクの一押しポイント。お肌の潤いを閉じ込めつつ、毛穴も美白も叶えてくれる欲張りミルクです。今回はスタートセットで購入したので、トラベルサイズのローションとミルクが付いてきてとってもお得に。ただ、なかなかサンプルも手に入れられず、現品を購入するのは勇気がいるので、初心者の方には2800円で試せるトラベルセットがライン使いもできてお得でおすすめです。ピンクのコスメや、使ってみて良かったスキンケア、息子のことなどInstagramではより日常的な投稿をしているので、気軽にフォローください。コメントもいただけると、色々情報交換ができるので嬉しいです。
  • こんにちは!pippiです♡各美容雑誌でベスコスが発表されてから、しっかりコスメハントしてました…笑本日は、爆買いしたい気持ちを抑え、選びに選んで購入したベスコス受賞コスメをご紹介します!まずは、最近自分の中でブラウンリップブームが続いていることもあり、系統の違うブラウンリップを2種購入。1つ目はこちら。シャネル ルージュ ココ フラッシュ56 モマン¥4,000(税抜)するすると伸びが良く、透け感と艶感が美しいリップ。リップクリームのような軽いテクスチャーで潤い感も◎!一見濃くブラウン味が出そうですが、透け感があるのでベージュピンク寄りの発色に。普段使いしやすく、お仕事メイクにも使えそう!塗り重ねるほど発色し、濃さも調節しやすい!2つ目はこちら。セルヴォークエンスロール グロス03 テラコッタ¥3,000(税抜)ディグニファイド リップスのテラコッタが大人気のセルヴォーク。そのグロス版がこちら。美しい艶と発色で、唇にぴたっと密着してくれるリップグロス!もちろん保湿感も◎!こちらはオレンジ味の強いブラウンで、まさにテラコッタ。一気におしゃれ顔に!!かなり発色が良く、一塗りで見たまま発色。お仕事というよりは女子会メイクに使いたい!腕出しするとこんな感じ。全く違うタイプのリップですが、みんな違ってみんな良い!!どちらも好き!!最近のスタメンコスメにランクインです♡次のページではスキンケアアイテムをご紹介!→→→最後に購入したのはこちら!ルナソルスムージングジェルウォッシュ150ml ¥3,200(税抜)毛穴汚れや角質をしっかりオフしながら、潤いも守ってくれるルナソルのジェル洗顔。顔を軽く濡らし、くるくると肌になじませてから洗い流すだけ。ジェル洗顔は泡立てなくてよいのが便利!透明でみずみずしいこってりとしたテクスチャーのジェルで、するすると滑るので肌にも負担になり辛い気がします。水切れが良く、肌にぬめぬめと残ることもありません!洗い上がりの肌はもっちりしっとり!ちなみに香りは少々くせのある香りですが、私は好きです!笑やはり1回で毛穴汚れすっきり!とまではいきませんでしたが、使い心地が好きなのでとりあえず1本使い切ってみたいと思います!今回のベスコス買いコスメはどれも大満足のクオリティ!ベスコス受賞しただけありました…!下半期もどんなコスメがランクインするのか楽しみです♪★instagram: @pcpcpin ←follow me♡
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡なんだかんだで、白×ベージュが大人っぽいでしょ!カジュアルな白のオールインワンに、インは白T。あぁ爽やか! でももう大人だもの、ベージュのジャケットを肩掛けして、足もとはきれいなストラップサンダル。あぁ大人っぽい! 休日はバケツ型かごバッグ&夏らしいアクセで楽しさを盛って、お仕事の日は上品なレザーバッグ&控えめなシルバーアクセに変えればOK♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!今モテるのは“寒色系女子”だったりして!?ブルーグリーンのブラウスと、ライトブルーのロングスカートで、清涼感たっぷりと。締め色に黒のバッグとサンダル、アクセは軽やかなシルバーで統一。ジメジメした天気の中、なんだか私だけ涼しそうじゃない? 今近寄りたいのって、こんな女子なんじゃない!? なーんて気持ちは隠して、涼やかにニコリ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!有給をもらってハッピーコーデを満喫♡たまには何もない日に有給とっちゃう! 有意義な1日を過ごすためには、まずコーデで気分をあげなくちゃね♬ 淡いピンクのTシャツに、オレンジストライプのスカートでハッピー感満載♡ 白小物でまとめて、色使いも足取りも軽やかに。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!夏のデニムの“きれいな”着こなし方夏にリジットデニムは重たく見える? 答えはNO! ほんのり肌が透ける白ブラウスと、肌なじみのいいヌーディなサンダルで“ほんの少しの肌見せ”を意識すればいい感じ♡ きれいな印象にできたから、赤いビーズバッグをアクセ感覚で持ってみたりして。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!「おしゃれ!」って言われる“あと一枚”今日の夜はおしゃれな友達との予定アリ! 多少のファッションチェックが入るだろうから(笑)、いつものボーダー×デニムに“もう一枚”。白レースのスカートを重ねたら、カジュアルの良さはそのままに華やかさアップ♡夏を感じるかごバッグを持って、いざ出勤!▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • カーディガンは1枚はおるだけで、エアコンによる冷えや日焼けから守ってくれる便利アイテム。お気に入りの1枚を見つけて、今夏を乗り切りって。【目次】 ①2019年夏のトレンドの全身バランスが手に入るロングカーディガン ②夏の快適&おしゃれコーデは〝肩がけ”カーディガンが旬! ③オンにもオフにもヘビロテ確実なツインニット①2019年夏のトレンドの全身バランスが手に入るロングカーディガン01 GALERIE VIEのリブロングカーディガン「リブニットといえば、という安心感のあるブランド。細リブと軽やかな素材、しっかり長め丈がお気に入り」(スタイリスト田澤美香さん) カーディガン¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)▶GALERIE VIEのロングカーディガン 詳細はこちら02 Deuxième Classeのロングカーディガンニュアンスのあるショールカラーや 体が泳ぐシルエットなど、さりげなくはおるだけで旬のムードに。別注色のナチュラルなベージュはきれいめにも着られる万能カラー。デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ラタンハンドルバッグ¥9,800(ユティリテ)・親指ビジューサンダル¥28,000(イルサンダロ オブ カプリ)/SHOP Marisol サングラス・ピアス・バングル/スタイリスト私物▶Deuxième Classeのロングカーデ 詳細はこちら03 HYKEのロングカーディガン大きめのシルエットでボタンなどの装飾がないロングカーディガン。シャツワンピースと丈感を揃えてきても、きれい色のワイドパンツとあわせても今年らしいバランスになる。ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク)▶ HYKEのロングカーディガン 詳細はこちら②夏の快適&おしゃれコーデは〝肩がけ”カーディガンが旬!01 シャツワンピース×イレーヴのカーディガン涼しげなシャツワンピースは、ルーズすぎないシルエットで。これからの季節に重宝する涼しいシャツワンピース。ルーズすぎないシルエットを選べば、オフィスカジュアルとしても対応。きれい色バッグとヒールサンダルが、きれい見えを後押し。ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) カーディガン¥32,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥21,000/エストネーション(ヴァレット) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) バングル¥185,000/アパルトモン 神戸店(バウボウ デザイン)▶シャツワンピースとカーディガンの詳細はこちら02 ノースリーブ×エーピー ストゥディオのカーディガン腰まわりや太ももが気になる人も華やかにすっきり見え! 上半身をコンパクトなノースリーブTシャツ、下半身を華やかなフレアスカートにしたAラインシルエットですっきり見え! カーディガンを肩がけすれば二の腕カバーも完璧。Tシャツ¥14,000/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) スカート¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ニット¥19,000(エーピー ストゥディオ)・靴¥69,000(カサディ)/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ ピアス¥34,000・バングル¥43,000/エドストローム オフィス(オール  ブルース) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) トートバッグ¥6,000/エスケーパーズ(OPEN EDITIONS)▶ノースリーブとカーディガンの詳細はこちら03 トップスと同色のカーディガン夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶トップスとカーディガンの詳細はこちら③オンにもオフにもヘビロテ確実なツインニット01 ブラウンのツインニットなめらかな着心地のコットン100%。首がつまったクルーネックで、二の腕を出しても清潔感キープ。カーディガン¥32,000・ノースリーブニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)▶ブラウンのツインニット 詳細はこちら02 レッドのツインニットシーンを問わず使えるからセットアップでそろえたい! 少しハイネックになった、ノースリーブニットが新鮮! カーディガンと合わせて持っていれば、オンにもオフにもヘビロテ確実。コットンハイネックノースリーブニット¥17,000・コットンクルーカーディガン¥21,000(マルティニーク)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・バッグ【RAY CHIARINI】フリンジスウェードクラッチ¥20,000(ジャンニ キアリーニ)・サンダル¥52,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶レッドのツインニット 詳細はこちら
  • 書店で心の栄養補給。暑さや忙しさを忘れてしばし優雅な時間を 月曜日は、気分を上げるためにおしゃれもちょい盛り。透けブラウスとスカーフに、ゆるくまとめたヘアでエレガントに。スカートは、トレンドのブラウンで旬を意識して。資料集めに立ち寄るアートブックの書店は、私のとっておきのイマジネーションスペース。店員さんから「いつも素敵ですね」って褒められた!  ブラウス¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) スカート¥38000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥74000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) スカーフ¥3500/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) タンクトップ¥4800/シンゾーンルミネ新宿店(ザシンゾーン) 時計¥21000 /オー・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥ 36000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【透け感ブラウス】 ほどよく肌が透けるブラウス。ギャザー袖や裾リボンの甘めディテールも、ネイビーなら大人っぽくまとまる。¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) ● 旬のブラウンはエレガントな裾揺れスカートで取り入れて。¥38000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 毎日エステに通っているかのように肌の調子が整うという美容のプロ一押しのクレンジングアイテムとは? 「一ヵ月後の肌の透明感が歴然!」「肌のみっちりもっちり具合は最高峰」と絶賛するほど。頑張ったご褒美に最高のケアで自分を思い切り甘やかしてみては? 【水井&ナベ嬢’sベスト】 ヴァルモン ワンダー フォールス 肌の常在菌バランスにも着目。200㎖ ¥16500 /CVLコスメティックス・ジャパン 毎日エステ通ってる級肌の調子がエベレストで賞 「毎日エステに通っているような気持ちよさ。1カ月後の肌のきめや透明感が、歴然!」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)「いやまじでワンダー!後肌のみっちりもっちり具合は最高峰。まっさら肌のスタート地点が高いと、肌平均値が上がる」(BAILA美容班 肩出しナベ嬢) 【谷口’sベスト】 ローレル shiro タマヌ クレンジングバーム 古来、健やかな肌を保つことで知られるタマヌオイルで、いたわりながら洗う。90g ¥6500 心のくすみも快晴に!やさしさでできているで賞 「汚れはもちろん、心まで解きほぐすような、とろけるテクスチャー。しっかり毛穴汚れを落とし、くすみも晴れて潤いも持続。肌や気持ちがゆらいだときでも、そっと寄り添ってくれるやさしさでできたクレンジング」(美容ライター 谷口絵美さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND