愉快な仲間とお洒落BBQ♪...とBBQコーデ。

Marisol ONLINE
暖かい日が続き、気持ちの良い季節がやってきましたね〜

先週末はお友達familyとBBQでした。
6家族、総勢22名の大人数!

キャンプ、アウトドア通のお洒落familyたちのおかげで、今年も感動の素敵な素敵なBBQでした。

色々なオシャレグッズや、食材が次々と出てきます。

コストコで調達して来てくれた、肉も、海老も、アヒージョもこんな素敵に大変身です❤︎
鶏肉と野菜の色とりどりキレイな串焼き。
鶏肉と野菜の色とりどりキレイな串焼き。
コストコの[USAビーフ ミスジ]柔らかくて、でも噛みごたえがあって最高〜❤︎トリュフ塩で頂くとさらに美味でした!
コストコの[USAビーフ ミスジ]柔らかくて、でも噛みごたえがあって最高〜❤︎トリュフ塩で頂くとさらに美味でした!
こちらもコストコのゆでむき海老。こんな飾り付けにするだけでオシャレ❤︎ご指導頂き並べてみました!エビをこうやって並べたの初めて笑。
こちらもコストコのゆでむき海老。こんな飾り付けにするだけでオシャレ❤︎ご指導頂き並べてみました!エビをこうやって並べたの初めて笑。
そしてこちらもまたコストコのアヒージョ!火をかけるとグツグツガーリックの良い香りが〜❤︎
そしてこちらもまたコストコのアヒージョ!火をかけるとグツグツガーリックの良い香りが〜❤︎
豆から挽く珈琲も深くて最高!このデザートも手作り♪デコレーションは子どもたちが楽しめるように準備してくれた、さっちゃん素敵女子すぎる〜←さっちゃん:オシャレfamilyのセンス抜群友人。夫婦でセンス抜群!!
豆から挽く珈琲も深くて最高!このデザートも手作り♪デコレーションは子どもたちが楽しめるように準備してくれた、さっちゃん素敵女子すぎる〜←さっちゃん:オシャレfamilyのセンス抜群友人。夫婦でセンス抜群!!
他にも飛騨牛の牛しゃぶ、牛タン、味噌ステーキに、美味しいワイン、美味しいチーズ。

食べて、呑んで、笑って、最高に幸せな休日でした。
こんなにお洒落で素敵なBBQは、ふと、ここ岐阜?という感覚に陥りました。笑

子どもたちも遊具で遊んだり、鬼ごっこしたり、ドッジボールをしたり、全力で遊んで楽しめたよう☺︎

最後は、
地元に戻り、中華で〆るという...お腹いっぱいなはずなのに、ガッツリ中華頂きました!笑
そして、春のBBQコーデ。
何着て行こう?
迷わずカットソーとデニムに決めました!
動きやすい!汚れても洗える!が前提。loveなボーダーを着て。
カットソー1枚で着れる気候が嬉しい。


このスリッパタイプのミュールは、titivateのもの。
脱ぎ履きしやすいタイプのものはこんな日にも快適です!

保育園の送り迎えなどにも、さらっと履いていけて、活躍中!
ラタン素材が春夏らしい❤︎プチプラです!
ラタン素材が春夏らしい❤︎プチプラです!
関連記事
  • 20代におすすめのおしゃれなデニムコーデ【2019年夏】カジュアルだけど女っぽくて美脚見えも叶うデニムで、夏のコーデをさらにかわいくおしゃれに♡ この夏もアクティブに楽しめそうな人気ブランドや注目のデニムコーデはこちら! [目次] 【20代におすすめ夏のデニムコーデ1】『リーバイス®』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ2】『アーヴィン』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ3】『ローラス』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ4】『テクスチャーウィーメイド』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ5】『スライ』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ6】『シップス・ブルーブルー』の白デニムスカート 【20代におすすめ夏のデニムコーデ7】『テクスチャーウィーメイド』のデニム×かごバッグのコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ8】『リー』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ9】『ヤヌーク』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ10】『シー』のデニムコーデ×ピンクチーク 【20代におすすめ夏のデニムコーデ11】『GU』のデニムコーデ ※記事発信時点での情報のため、限定商品など販売が終了している場合があります。【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『リーバイス®』のデニムコーデ気になるアノ人からのお誘い、これってデート? 親しみやすいボーイフレンドデニムに、ほんのちょっとの期待を込めてボリューム袖が愛らしいブラウスを合わせて。淡いブルーとクリーンな白の爽やかコンビなら好印象間違いなし。バレエシューズやかごバッグ、揺れるイヤリングで可愛く仕上げたら、「似合ってる!」ってお褒めのひとこと。もしかして、平成最後の日に奇跡が起こるかも♡パンツ¥10000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) ブラウス¥45000/TOMORROWLAND(Merlette) ジャケット¥30000/ビームス ハウス 丸の内(オーラリー) 靴¥22200/カージュ ルミネエスト新宿店 バッグ¥24000/ルーニィ イヤリング¥2900/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥35000/バフ【今日のコーデ】白ブラウスと淡色デニムの爽やかなミックスコーデで平成最後の日をハッピーに♪ <佐藤栞里>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『アーヴィン』のデニムコーデ脚長美脚が叶う旬のフレアデニムに、品よく透けるシアー素材のブラウス。インナーはキャミよりタンクでヘルシーな色気を演出して。ほんの少しの”女性らしさ”があればデニムコーデがやりすぎ感なく格上げできる。さらにシャツをアウトにするとホラ、動くたびにふわっと揺れて軽やかさもこなれ感も絶妙でしょ? 大ぶりイヤリングやグリーンのラウンドポーチで休日のハッピー感をプッシュ!パンツ¥13000/ジャパン ブルー ジーンズ 児島店(アーヴィン) シャツ¥18000/コンバース トウキョウ 代官山 タンクトップ¥1200/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥46000/フラッパーズ(ウェルデン) イヤリング¥2296/サードオフィス(ROOM)【今日のコーデ】デートびよりの土曜はシアー素材のシャツでデニムカジュアルをほんのり女っぽく♡ <比留川 游>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『ローラス』のデニムコーデホームパーティーにお招ばれした日は好感度の高いワンピ一択! モノトーンの花柄&シャツデザインなら、大人っぽさと媚びない可愛さのイイトコ取り。トレンドのカットオフデニムとのレイヤードで、親近感のあるおしゃれアピールも。淡いブルーだからきれいなワンピースともすんなりマッチするしね。初めましての人もいるから、レディな赤バッグとベージュ系パンプスできれいさも3割増しに仕上がった♡パンツ¥12800/ジャック・オブ・オール・トレーズ(ローラス) ワンピース¥10800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥33000/FUN Inc.(ベルメール) イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya) ブレスレット¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)【今日のコーデ】一枚でも絵になる花柄ワンピだけどデニムの裾をのぞかせればもっと今どき! <佐藤栞里>【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『テクスチャーウィーメイド』のデニムコーデ▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る スカーフじゃなくて、バンダナを巻いてみる。「カジュアルなアイテムを使ってきれいめをつくる」という新しさ。首に何かを巻くというシックな装いを、バンダナを使うことで真面目すぎないテンションに!シャツ¥22000/ビームス 新丸の内(TICCA) バンダナ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット パンツ¥16000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985)シャツが見違える10の"ちょい足し"テク♡ 「何を着るか」の次は「どう着るか」だ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『スライ』のデニムコーデ上品なブラウスに、フレアデニムでちょうどいい遊びのニュアンスを添えて。ライトブルーのデニムを選んで、淡いトーンの愛されコーデを意識!パンツ¥11990/バロックジャパンリミテッド(スライ) ブラウス¥14000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) 靴¥17000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥54000/リエス(メゾン ボワネ) ピアス¥2900/AKTE ブレスレット¥1800/お世話や(Osoin)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『シップス・ブルーブルー』の白デニムスカートタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ)フレアやプリーツも!? 「白いデニムスカート」がものすごい進化を遂げている!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『テクスチャーウィーメイド』のデニム×かごバッグのコーデ【デニム×かごバッグ】フランス語で「マルシェ(MARCHE)=市場」という意味ですが、最後に「R」を足すと「MARCHER=歩く」という意味になるそう。ブランド名のとおり、おしゃれを一歩先に進めくれる、トレンド感溢れるデザインが豊富!バッグ¥18000(マルシェ)・リング¥10000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ パンツ¥18000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ブラウス¥23000/アナディス(エルマフロディット) 靴¥12000/シップス 有楽町店 ピアス¥2481/サードオフィス(ROOM)とびきり今っぽいかごバッグパレード☆ 注目したいのはこの5ブランド!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『リー』のデニムコーデ急な夏日には、新しいライトブルーデニムでひと足お先に夏っぽコーデにトライ! ちょい太めのパンツにきれいな水色カーデをインして女性らしさをプラス。デニムでワントーンって意外とやったことなくて新鮮だし、シルエットにメリハリを出すだけで気軽なカジュアルコーデがちょっと素敵に。すっきりVネックや足首の抜け感も美人なポイント♡ オフ白の靴&バッグで軽快に仕上げて、最高に爽やかな初夏スタイルを満喫して。パンツ¥12000/リー・ジャパン カスタマーサービス(リー) カーディガン¥23000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥45000/TOMORROWLAND(LOQ) バッグ¥3990/アメリカンイーグルアウトフィッターズ ピアス¥14000/バフ ネックレス¥4200/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥19000/フォーティーン ショールーム(リリーズ)【今日のコーデ】気温25度を超えたらライトブルーデニムでさわやかなワントーンコーデ! <土屋巴瑞季>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『ヤヌーク』のデニムコーデボーイズライクなコーデも脚のラインで華やかに! 旬のベストとも相性よし。"シルエットがフレア"、それだけで上級者っぽいカジュアルに仕上がる。パンツ¥24000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) Tシャツ¥8000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴¥18500/グラビテート(カミナンド) バッグ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ/ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『シー』のデニムコーデ×ピンクチークデニムコーデの日に「チーク」が必要なワケ。服がシンプルならメイクはほんのり甘く&愛らしくが正解なんです! ピンクチークをほお全体に広く、ふわっと入れてにじみ出るような血色感を。チャーミングな愛らしさにキュン。パンツ¥28000/エスストア(シー) カットソー¥15000・バッグ¥7000/フィーニー タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 靴¥58000/ピルグリム サーフ+サプライ(マルティニアーノ) イヤリング¥1300・リング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER)デニムコーデの日に「チーク」が必要なワケ。服がシンプルならメイクはほんのり甘く&愛らしくが正解なんです!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『GU』のデニムコーデシンプルな白Tとでも一瞬でさまになるのは、今っぽさをたっぷり含んだフレアデニムのおかげ。色は濃いインディゴ、小物は女性らしく。パンツ(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー Tシャツ¥4500/シップス 有楽町店 ジャケット¥59000/ブルーブルー 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・スカーフ¥16000(マニプリ)/フラッパーズ ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 20代におすすめ夏のデニムコーデ関連特集もチェック♪夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどオフィスカジュアルまとめ《2019年夏》- 20代におすすめのコーディネートとは?プチプラブランド特集 - 2019年夏に、20代女子が実際に買ったものは?普通の服とメイクの"おしゃれな関係"、知ってる?《2019春夏》- 20代女子のメイクで変わる毎日コーデデニムコーデ特集《2019春》- 20代におすすめのおしゃれなデニムは?(レディース)
  • 独特の魅力を持つ「白アイテム」。ワードローブに投入すれば、オンオフ問わず毎日のコーディネートがもっと素敵に! 40代を輝かせる夏の白コーデをお届けします。 【目次】 40代・夏の白コーデ:ジャケット編 40代・夏の白コーデ:トップス編 40代・夏の白コーデ:パンツ編 40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編40代・夏の白コーデ:ジャケット編■白のサファリジャケット×スカートコーデふんわり広がるマキシフレアのボリュームを、ショート丈が軽やかに受け止める。サファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケットとスカートの詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツコーデマニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出。アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケットワイドパンツの詳細はこちら■白のサファリジャケット×デニムパンツコーデフレンチマリンなデニムコーデに大人の余裕を漂わせて。大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケットとデニムパンツの詳細はこちら■白のデニムジャケット×ワンピースコーデブラウン×白の合わせはアラフォーを美人に見せてくれる配色。背中がVあきのブラウンのロングワンピースに白デニムジャケットを羽織ることで上品さをプラスして。かごバッグとサンダルで抜け感と夏らしさを演出。 ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶白のデニムジャケットとワンピースの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:トップス編■白シャツ×レギパンコーデレギパンにビッグシャツの逆三角形シルエットで、バランスよく! 伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。 パンツ¥37,000/REYC シャツ¥9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶白のシャツとレギパンの詳細はこちら■白のシルクブラウス×リネンパンツコーデ動くたびにドラマティックに揺れる、たっぷりとしたボリューム袖や、シルクならではのなめらかなテクスチャーが女らしさを生むスモックブラウス。リヨセル、ポリウレタンを混紡することでハリ感を高めたリネンベースのグルカパンツと合わせ、異素材&甘辛のダブルMIXコーデに。シルクブラウスのもつコンサバさがほどよく抑えられ、大人のための上質なカジュアルコーデに仕上がって。ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥24,000(スタニングルアー)・靴¥65,000(アレクサンドル バーマン)/スタニングルアー 青山店 バッグ¥134,000/ジミー チュウ▶白のシルクブラウスとリネンパンツの詳細はこちら■白のブラウス×ワイドのデニムパンツコーデおしゃれな見た目はもちろん体型カバーも叶うワイドのデニムパンツに、女性らしいサンダルやふんわりブラウスで華やかさをプラスして。ブラウスはボトムインにして清潔感を。ワイドパンツはずっと座っていても太ももまわりに余裕があってきつさを全く感じないストレスフリーな休日コーデ。ブラウス¥25,000/サード マガジン デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥98,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヤング&オルセン) 靴¥28,000/アマン(イルサンダロ オブ カプリ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(ヴィクター&ロルフ)▶白のブラウスとデニムパンツの詳細はこちら■白のカットソー×グレーのタイトスカートコーデ白×グレーで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに。体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、カットソーの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のカットソーとタイトスカートの詳細はこちら■白Tシャツ×ワイドデニムパンツコーデ白Tシャツとデニム、王道アイテムこそアップデートが必要。今年らしいワイドのデニムパンツに大きめの白Tシャツをイン。カジュアルになり過ぎないように小物で大人っぽくシフト。このままディナーにも行かれるようにベージュのジャケットを持って。Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) 手に持ったジャケット¥57,000/ebure デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) 靴¥22,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥46,000/ココシュニック バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)▶白Tシャツとデニムパンツの詳細はこちら■白ブラウス×美脚パンツコーデほどよく地厚な素材なので脚のラインを拾いにくく、美脚に見せてくれる優秀パンツに、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたオフィスコーデ。バッグと靴はベージュで統一しきちんと感を。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶白ブラウスとパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×ワイドパンツコーデすっきり見えがむずかしい白系のワントーンも、バランスよく! Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶白Tシャツとジャケットの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:パンツ編■ネイビーのブラウス×白デニムパンツコーデ大人のホームパーティはきれいめ感はキープしつつ動きやすい服装がマスト。切りっぱなしでほどよくカジュアルな白デニムは、そんなシーンの強い味方に。トップスは清潔感のあるネイビーブラウスをチョイスしてきちんと感も演出。デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥20,000/ココシュニック バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)▶ブラウスと白デニムパンツの詳細はこちら■ブラウンのカットソー×白のワイドパンツコーデメンズライクなボリュームシルエットのワイドパンツに女性らしいラインを加えて。独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) ▶カットソーと白ワイドパンツの詳細はこちら■グリーンニット×白デニムパンツコーデ白デニムパンツ×グリーンニットのさわやか配色で。ボートネックで鎖骨がきれいに見えるリブニットは着痩せ効果も抜群。クリアなピアスとバッグが夏ムードを盛り上げる!デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック)▶グリーンニットと白デニムパンツの詳細はこちら■マスタードカラーのブラウス×白ワイドパンツコーデ清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶ブラウスと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーTシャツ×ジャケット×白ワイドパンツコーデシワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり。細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ定番ボーダーとは一味違うマルチカラーボーダーなら、しゃれ感と清潔感が一挙両得! 洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶべし。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×白ショートパンツコーデきれいめに着られる珠玉の白Tシャツを味方に、トレンドを満喫。上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。メガネ、ベルト、バッグは黒でコーデを引き締めて。Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白Tシャツと白ショートパンツの詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白のテーパードパンツコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに。黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。夏素材ならではのパキッとしたクリーンさが、着こなしにさわやかな清涼感をもたらしてくれる。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶シャツワンピースと白のテーパードパンツの詳細はこちら■黒の7分袖ニット×白のマリンパンツコーデマリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ニットと白のマリンパンツの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編■ネイビーのブラウス×白プリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白プリーツスカートの詳細はこちら■白ニット×白プリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツスカート。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■レースの白ワンピース×レギンスコーデアラフォー的エスニックの正解! やや甘めのエスニックテイストが流行の今シーズン、目白押しなのがサックドレス。繊細な総レース、それも明度の高い白を選べば、ぐっと都会的かつフェミニンな印象に。シルバージュエリーやかごバッグでさらにエスニック気分を重ねて、一歩先行く大人の休日スタイルを満喫して。ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ レギンス¥12,000/サード マガジン ペンダント¥91,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ) 太ボールショートネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 細ボールロングネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ラバー) かごバッグ¥21,000/シティショップ(カテリナ ベルティーニ)▶レースの白ワンピースの詳細はこちら■白シャツワンピース×イエローストールコーデ少し高めの位置でシェイプされたウエストコンシャスなデザインの白のシャツワンピースは、メリハリボディと脚長感を演出。さらに清潔感があってクリーンな印象。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶白シャツワンピースの詳細はこちら■肩掛けカーディガン×白シャツワンピースコーデクリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピースならではの清潔感を全面的におしだして。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。バッグとビットスリッパサンダルは黒でコーデを引き締めて、大人のカジュアルコーデの完成。ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶カーディガンと白シャツワンピースの詳細はこちら
  • みんな大好きかごバッグ、狙うならこのブランドだ!今やシーズンレスで使えるアイテムになっている、かごバッグ。でもやっぱり春夏が本領発揮時期でしょう! どんなデザインがはやってるの? 自分のコーデに合うのはどれだろう? 今買っておくべきなのは? 毎年恒例のお悩みは、この5ブランドを知れば解決されるかも☆1.MARCHER マルシェ フランス語で「マルシェ(MARCHE)=市場」という意味ですが、最後に「R」を足すと「MARCHER=歩く」という意味になるそう。ブランド名のとおり、おしゃれを一歩先に進めくれる、トレンド感溢れるデザインが豊富! バッグ¥18000(マルシェ)・リング¥10000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ パンツ¥18000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ブラウス¥23000/アナディス(エルマフロディット) 靴¥12000/シップス 有楽町店 ピアス¥2481/サードオフィス(ROOM)2.eb.a.gos エバゴス 言わずと知れたかごバッグブランド『エバゴス』。ボール型やファーのふたつきなどの個性的なデザインや、「どんぐり」「チューリップ」「ゆりかご」といったキュートなネーミングもファンの心をくすぐります♡ ずっと愛せる名品をお探しならぜひ! バッグ¥49000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(エバゴス) ワンピース¥28000/グッドスタンディング(リノ) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥75000/アルアバイル(ニナリッチ) カチューシャ¥300/お世話や ピアス¥10000/TOMORROWLAND(ソコ) バングル¥25000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) 3.LUDLOW ラドロー かごバッグだけでなく、レザーやメッシュ、コードなど様々なデザインのバッグが揃う『ラドロー』。遊び心たっぷりのデザインは、周りとかぶりたくないあなたへ! Tバッグ¥48000(ラドロー)・シャツ¥6000(MACPHEE)/TOMORROWLAND パンツ¥13800/ビショップ(ダントン) ブラウス¥7500/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥43000/アルアバイル(バルダン) ピアス¥4000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール)4.TOINO ABEL トイノ アベル MORE6月号のデニム特集で、吉岡里帆さんのコーデに使われていたのは『トイノ アベル』。ポルトガル出身のデザイナーが代々受け継がれてきたバスケットを作る技術を用いて、全ての工程を手作業で行っているブランドです。伝統的な編み模様と、ひとつずつ違う表情を楽しんで♬ バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) パンツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥32000/フィーニー Tシャツ¥11000・ネックレス¥24000・ブレスレット¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) リング¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ベルト¥18000/1LDK me.(サイ)5.rada ラダ 『ラダ』は、実はイタリアのアクセサリーブランド! そのためか、アクセサリー感覚で持てる、デザイン性の高い小さめなかごバッグに注目が集まっているんです。 バッグ¥36000/エリオポール代官山(ラダ) ジャケット¥32000・パンツ¥16000/ルーニィ クルーネックTシャツ¥8000/ビショップ(ハンドバーク) 靴¥46000/フラッパーズ(ネブローニ) 帽子¥3600/フリークス ストア渋谷 ピアス¥6400/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール) ネックレス¥23000/カドー 伊勢丹新宿店撮影/嶌原佑矢(游分) 三瓶康友(栞里、巴瑞季、理央分) 三宮幹史(吉岡さん分) ヘア&メイク/中村未幸(Lila/游分) paku☆chan(Three PEACE/吉岡さん分) 河嶋 希(io/栞里、巴瑞季分) 野口由佳(ROI/理央分) モデル/内田理央(モア専属) 佐藤栞里 土屋巴瑞季 比留川游 吉岡里帆 スタイリスト/石上美津江 高野麻子 撮影協力/丸ビル三菱地所
  • 世界に先駆け、日本発のニューコンセプト《My First LALIQUE(マイ ファースト ラリック)》を始動。”体験型ストア”でラリックの世界を堪能できる。“クリスタル界のオートクチュール”と称されるライフスタイルメゾン、ラリックの旗艦店であるラリック銀座本店が、4月26日(金)にリニューアル・グランドオープンした。 ラリックは、1888年にフランスで創業され、〝クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のメゾン。創業者であるルネ・ラリックは、「モダンジュエリーの生みの親」とも言われ、またガラスを使った創作においても〝芸術の巨匠”といわれた人物だ。 その歴史あるラリックが、リニューアル・グランドオープンとともに、世界に先駆け、日本発のニューコンセプト《My First LALIQUE(マイ ファースト ラリック)》を始動。ギフトにもぴったりな上質なアイテムを取り揃え、より多くの人へラリックの創造的で詩的な世界感と魅力を伝えていくという。 ラインナップには、ホームウェアやアクセサリー、香水、香りで世界をめぐる「旅」がテーマのフレグランス、ラリックオリジナルのワインなどが揃う。 また、ワインをテイスティングしながら、まるで邸宅にいるかのようなリラックス感を味わいつつショッピングができる、”体験型のストア”というのも特徴だ。店内は、従来のラリックのイメージカラーであるモノトーンから離れ、ペールトーンのピンクやグレー、ベージュ、ゴールドといった明るいカラートーンを使用。これまでのラリックとはひと味違った雰囲気を楽しめる。 また、コンシェルジュカウンターが設置されたほか、インテリアデザインのオーダーメイドも可能となっている。カボションリング 各¥19,000コスチュームジュエリー新作「EURYDICE」 リング¥38,000~(6/10発売予定)レ コンポジシオン パフュメ オードパルファム 100ml各¥33,000(5月下旬発売)ワイン アソートメント「コフレ ラリック」 6本入り¥130,000 1本¥5,000~1921年の工房設立以来、すべてのクリスタル製品は熟練した職人の手作業によって生み出されてきたラリック。 そんな”クリスタルガラス界のオートクチュール”の世界を堪能しに、ぜひ一度足を運んでみてはいかが?ラリック銀座本店ラリック銀座本店東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル 営業時間:11:30~20:30問い合わせ先:ラリックジャパン株式会社 TEL:03-6226-5514https://www.lalique.com/jp
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • 数あるデニムパンツの中でも、ダントツに着回しやすいのがスキニー。フェミニンなブラウスと合わせたり、ガウンを羽織ったりすれば甘辛コーデに。ビッグシルエットのTシャツと合わせれば、シンプルで今っぽな着こなしが完成するよ♪【スキニーデニム春夏コーデ】 格子柄のチュールで大人の可愛げを漂わせて もともとワークウエアであるデニムに、女性ならではの素材をミックスして意外性を。レディなチュールブラウス×濃色スキニーの甘辛バランスが最高! 【スキニーデニム春夏コーデ】 フェミニンなブラウスに遊びを加えるポップな柄! カラフルなダイヤモンド柄と細かなドット柄のコンビが大人可愛い。 【スキニーデニム春夏コーデ】 レギンスよりもきちんと見える黒スキニーでワンマイルコーデを格上げ ビッグシルエットのTシャツ×黒スキニーの相思相愛コーデにカーデを巻いて可愛くこなれて♡ 他の画像を見る
  • こんにちは。 暑くなりましたね! ワンピース好きには嬉しい季節です。 今年も数枚LaVivant ワンピースを新調いたしました。 Newワンピースの中でもお気に入りかつ、LaVivantで売れに売れている秀逸なワンピースがこちらです。   ワンピースもサンダルのストールもLaVivantコレクションから。 今年お気に入りのパンダのカゴバッグはミラベラから。   デザインはとってもシンプル。 すっぽりかぶるだけ。 どこも締めつけられず楽ちん。 なのにスタイルがよく見える!     そして、色選びとコーディネートで、全くイメージがかわる上に、着る人を選ばず、誰でもきれいに着こなせます!   中村江里子さんはレギンスにサンダル。 中井美穂さんはエレガントなサンダルと帽子で。 モデルの椿ちゃんはデニムにコルクサンダルで。   小柄で華奢なスタイリストの坂本さんはコルクサンダルで。 朝生さんも小柄で華奢なのでヒールで。 白はもっとカジュアルにコーディネート。   昨日LaVivantインスタにあげたところ、アクセスたくさんいただきました。   なわけで、私なりにこのワンピースの人気の裏にある、デザインの良さを考えてみると。   ロング丈なのに、身長が小さな方でも大きな方でも、きれいにみえる、すとんと下に落ちるIラインぽい美しさ。 裾にかけては、さりげなく広がるAラインぽいフレア感。 身長が低くても、高くてもきれいに決まる丈感。     後ろと前の、キリッとしたタックの入り方。   脇は見えないくらいの、ほんの少しのフレンチに腕の細さも太さも感じさせない開き具合。 顔周りをすっきり見せるVネック。 背中がすっきりみえる、後ろタック。 ポケットがあるのも嬉しいです。 そしてコットンなのにハリがあり、お値段以上に見えるのも嬉しいデザインです。   ピンクと黒は追加販売いたしましたが完売してしましたが、テラコッタ色の新色が入荷しています。 これから初秋にも映える色です! 重ね着もできるクローゼットにあると便利な一枚で。 秋もこんな秀逸のワンピースを探したいと思います。   https://flagshop.jp/lavivant/shop/g/g338705/?aid=lvtp_ranking_rc_item   Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属      
  • カジュアルもオフィスも、白の力を借りて爽やかに5パターン☆Marisol6月号よりこんにちは。 5月から早くも夏日ですね! Marisol6月号は 内容の濃いコンテンツばかりで また勉強させてもらってます☆ メインテーマの「白の力」を読んで 最近仲間入りしたアイテムたちでコーディネートしてみました。 …〜……〜……〜……〜まずはプリーツスカートで、白春先にかなり使ったアイテムで ちょっと心が離れていたところを ドラマ「私、定時で帰ります。」に出演中の 吉高由里子さんが、プリーツスカートを履かれていて 素敵だなぁ~と思って また再燃♡ (ドラマ、ご覧になってる方もきっと多いですよね。  働き方について、とても考えさせられます。) …〜……〜……〜……〜コットンレースで、白ZARAで見つけた、コットンレースのトップスは 丈が短くて、 ハイウエストのボトムスとの相性◎ ミントグリーンと合わせたり バギーデニムと合わせたり…etc 甘いテイストも、 プライベートで楽しみたくて購入しました。 小柄なので、目線の位置を高く スタイルアップできるのもポイント高いですね。 …〜……〜……〜……〜シャツで、白以前のブログでも書いた 金ボタンがお気に入りの ゆるっとした白シャツ。 ニットワンピの上に羽織ってきるのが お気に入りです。 …〜……〜……〜……〜ジャケットで、白Jacket:Le.coeur blanc Setup:SENSE OF PLACE by U.R Shoes:モードエジャコモ夏のお仕事コーデを、爽やかにまとめてくれる 白ジャケット。 色で涼しげ効果を狙って…! (ジャケットって着てると暑いけど…) …〜……〜……〜……〜 白はやっぱり王道カラーなので 数年愛用のものもたくさんありますが 最近仲間入りしたものをご紹介させていただきました! お読みいただきありがとうございました^^美女組No.165 Marikoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND