ランチの前に選挙へ。シースルーバッグは政治の透明性向上を願って【2019/4/21コーデ】

Marisol ONLINE
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
週末デニムで若干カジュアル感はあるけれど、選挙なのできちんと感を意識してインディゴブルーのデニムときれいめブラウスでネイビーのワントーンコーデを。政治には透明性を持って欲しいから、シースルーバッグでさりげなく願いをアピールして。
デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ファッションまとめ記事もチェック
関連記事
  • 11/30(土)〜12/6(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!11月30日(土)スウェット感覚で着られるプルオーバーニットでデニムパンツを格上げ ★コーデの詳細はこちら >12月1日(日)週末デートは、もっさり見えない美ボディラインな大人ニットコーデで ★コーデの詳細はこちら >12月2日(月)月曜の朝に余裕をもたらしてくれるのは鉄板ネイビーのセットアップ! ★コーデの詳細はこちら >12月3日(火)Xmasに向けて女を磨く強化月間開始!まずはワンピースで女性らしく ★コーデの詳細はこちら >12月4日(水)ほっこり感を払拭してくれるトレンドの白ブーツでアクティブに出勤 ★コーデの詳細はこちら >12月5日(木)買い物に便利!両手が自由になるボディバッグは同系色でなじませて ★コーデの詳細はこちら >12月6日(金)怒涛の忘年会ラッシュ。絶好調な自分を表すオレンジコートで元気よく ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • ヴィンテージならではのデザインと買いやすいプライスでつい手が伸びてしまうアクセサリー古いもの好きとしまして(笑)、まず初めにご紹介したいのがエルメスとティファニーのヴィンテージアクセサリーです。 年代はそこまで古いものではないと思いますが、新品とはひと味違ったデザインと雰囲気が気に入って気づいたら結構集まっていました。 新品と比べて買いやすい価格も魅力的です。 ボリューム感のあるものも自然になじみながらアクセントになってくれるのでシンプルコーデにも重宝します。手前のリングはエルメス、その他は全てティファニー赤リップとふわふわニットに少しハード目なチェーンブレスのバランスがお気に入りです。こちらはティファニーのゴールド&シルバーのコンビリング。太くて大ぶりですがヴィンテージならではの落ち着き感があるのでしっくりと馴染みます。いつもネイルをしないのでボリュームのあるリングで手元を華やかにします。美女組No.179 Ikumiのブログ
  • この冬買うべきスカートは、揺れる裾が女らしいプリーツスカート。とくに“透け感”のある素材なら重く暗くなりがちな冬のコーデに軽やかさを与えてくれるのでおすすめ。ふんわりと広がるタイプ・ほっそりとまとまるシルエットなど好みのデザインを探してみて。 女性らしい余韻を残す【透け感プリーツ】 細かなプリーツとエアリーな素材感が、重たくなりがちな冬の着こなしに効く。少し長めの丈感でたっぷりと揺らしてはくのがカギ。 シンプルだけどしゃれ見えする肌なじみのいいベージュワントーン 細かいプリーツとほっそりしたシルエットで体がキレイに見える。加えて、シアーな質感がベージュのやわらかさを後押しし全体的にやさしい雰囲気に。スカート¥38000/オーラリー タートルニット¥8990/ユニクロ ネックレス¥46000/エスケーパーズ(タプレイ) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(モックバーグ) バッグ¥45000/アマン(ア ヴァケーション) ジャケット¥28000/ロペ マドモアゼル 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 左右が長いイレギュラーヘムは動くたびに美女感上々 ミルキートーンにふわりとした裾がマッチして女らしさがきわだつ。スカート¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) カーディガン¥37000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ブラウス¥19000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ピアス¥23000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥72000/アマン(ペリーコ) 黒なのにどこか女っぽいセンシュアルなスカートを主役に 重なり具合で表情が変わる大胆な透け感。繊細な黒の大人なムードでさらに盛り上げて。スカート¥48000/ボウルズ(ハイク) コート¥27000/メゾン スペシャル ニット¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ピアス¥168000/フラッパーズ(プラウ) スカーフ¥10000/アナイ バッグ¥101000/ジャーナル  スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) タイツ¥1200/タビオ 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) 美光沢がありちょっぴりモード。ドラマチックな透け感のある裾でどんな着こなしにも小粋な洒落感を足してくれる。¥16800/メゾン スペシャル ドレス感のあるチュール素材はニュアンスグレーで大人顔に引き寄せて。¥22000/シュガー・マトリックス(イチエ) 裾へ向けて広がるランダムプリーツで腰まわりがもたつかず、すっきりはける。¥33000/アナイ 撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/KUBOK〈I ThreePEACE〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 構成・原文/田畑紫陽子〈BAILA〉 撮影協力/東京ミッドタウン日比谷 ※BAILA2019年12月号掲載
  • こなれカジュアルが得意なふみかは、コーデュロイ素材のパンツに注目。色やシルエットで遊べば、ワンツーコーデも見違える! フレアシルエット+甘ブラウスでレトロに ヴィンテージな雰囲気漂うフレアシルエットのパンツは美脚見え効果も◎。フリルがあしらわれた上品な花柄ブラウスを合わせて、’70年代風に決めて。 パンツ¥12000/リー・ジャパン(ラングラー) ブラウス¥4900/アズ ノゥ アズ ピンキー ピアス¥3000/Supreme.La.La. バッグ¥4990/ロコンド(MANGO) 靴¥18000/ディアナ ドット アイシーなグレーで白っぽワントーン パーカとパンツの定番ワンツースタイルも、配色にこだわれば今っぽさが急上昇! 白~グレーグラデなら大人顔に。 パンツ¥4500/アダストリア(ローリーズファーム) パーカ¥10500/AKTE ピアス¥15500/ソワリー バッグ¥3900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) 靴¥7990/ロコンド(MANGO) キャッチーな赤はベージュでさらっと中和 一点投入でパッと華やぐ赤のパンツを主役に、他アイテムは色を抑えて上級者風カジュアルを満喫。ミニバッグがレディなアクセント♡ パンツ¥3990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) ニット¥8900/AKTE ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥2490/ロコンド(MANGO) 靴¥6500/ダブルエー(オリエンタル トラフィック)モデル/馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ボウタイやフリルディテールなど、クラシカルなルックスのブラウスは、今シーズンのトレンドアイテムのひとつ。これからの季節も、ジャケットやニットのインとして活躍してくれること間違いなしだ。世界のファッショニスタはどう取り入れているか、スナップをチェックして参考にしよう! タキシードジャケットでボウタイブラウスをハンサムに着るPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images モデルのカロリナが着たボウタイブラウスは、トリー バーチのもの。フリルのあしらわれたフェミニンなブラウスの上からタキシードジャケットを羽織り、ハンサムに取り入れた。ボディラインにフィットしたデニムパンツでカジュアルダウンして。優しいラベンダーカラーのブラウス&パンツPhoto by Edward Berthelot/Getty Images インフルエンサーのクセニアは、テーラードジャケットのインにステラ マッカートニーのブラウスを。ブラウスとショートパンツを同じラベンダーカラーで揃え、ジャケットとブーツはグレーのトーンでまとめた。鮮やかなグリーンのクラッチバッグが、意外性のある差し色に。ロングブラウスにはショート丈ジャケットをオンPhoto by Christian Vierig/Getty Images J.W. アンダーソンのロングブラウスを着た、ファッション・ディレクターのヤスミン。裾にポイントのあるデザインのブラウスと、クリームイエローのスカートが見事に調和している。ショート丈ジャケットを重ねてバランスを取りつつ、マニッシュな要素をプラスした。ボウタイブラウスをデニムパンツでカジュアルにPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images フランスのファッションアイコンで、自身のブランドも手がけるジャンヌ。ヴァレンティノのボウタイブラウスは、「V」のロゴがジオメトリック柄のように並んだ一枚。ジャケットとデニムパンツで、フェミニンなブラウスを気負いのないカジュアルスタイルに落とし込んだ。ライダースジャケットでフリルブラウスにエッジをプラスPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのメアリーは、フリルブラウスの上にノースリーブのライダースジャケットをレイヤード。エレガントなブラウスに、エッジィな表情が加わった。タイトなレザーパンツを合わせて、さらにクールなスタイルに。ロングコートの下から主張するボウタイブラウスPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images 紫のロングコートの下からボウタイをのぞかせた、フォトグラファーのタム。クリームイエローのブラウス&パンツと、コートの色合わせが印象的だ。イタリアのブランド、サラーのバッグのラウンドシェイプが、洗練されたスタイリングにユーモラスな表情を添えている。パワーショルダージャケットをブラウスでフェミニンに着てPhoto by Christian Vierig/Getty Images バレンシアガのジャケットとボウタイブラウスを着た、インフルエンサーのヴィクトリア。パワーショルダー&ウエストシェイプシルエットのジャケットを、フレッシュなストライプ柄のブラウスでフェミニンに取り入れた。ボッテガ・ヴェネタのクラッチバッグがアクセントに。
  • おしゃれな女友達と会う日は可愛いあのチョコをオマージュ 今日は久しぶりの友人との女子会。ビターなチョコ茶とスイートなピンクのコーデは、おやつの名作"アポロ"にも似た配色で可愛すぎると大好評。ドットブラウスをちらっと見せた、大人の遊び心もよかったみたい。ここにあえての色小物で、センスのよさもアピール。たっぷり食べて語った後は、久しぶりにカラオケに。大声で歌って、日頃のストレスを発散♪ ニット¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ブラウス¥18000/イエナ ラ ブークル スカート¥29000/ウエスト(ブルーバード ブ ルバード) 靴¥48000(ペリーコ)/アマン バッグ¥64000/アマン(エレメ) ピアス¥23000/デ・プレ(エレナ ローナー) 【今月のPROFILE】千代田区OL・絵美里メーカー広報部勤務。コスメやサプリ、美顔器など美容関連の商品を扱うメーカーでPRを担当。甘い雰囲気とは裏腹に、心と仕事ぶりはなかなかの男前。夢見る彼と半同棲中。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【使えるブラウンアイテム】チョコ茶ニット今季一枚は手にしておきたいチョコブラウン。色の差がつけやすくワントーンコーデにも重宝。ニット¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) 【ブラウンに合う敏腕アイテム】ドット柄ブラウス小さめのドット柄&透け素材が大人向き。ボウタイは取り外し可。ブラウス¥18000/イエナ ラ ブークル  【ブラウンに合う敏腕アイテム】ピンクタイトスカート甘さ控えめのベージュピンク。縦長効果のあるコーデュロイも細見えにひと役。スカート¥29000/ウエスト(ブルーバード ブルバード)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/大平典子  本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  
  • カーディガン編。色々な長さのカーディガンがある中で、クローゼットの中に生き残った丈の長さはコレでした。クローゼットの整理のブログに お付き合い頂きありがとうございます。 クローゼット整理、 スタイル探しは 難航しており、 前回ボトムスのパンツ編に続き、 今回はスカートと思っていたのですが、 すいません。 今回はカーディガンについて 書かせてもらいます。 カーディガンといっても 色々な長さがあり 長さで使い方も雰囲気も変わるアイテム。 わたしは、季節の変わり目の マストアイテムは、 ロングカーディガン!!! (左から)gu / Priv. Spoons Club / BARNYARDSTORM ロングカーディガンなしでは 季節の変わり目は過ごせません。 ですが、 コートが必要になってくる この季節になると ロングカーディガンの長さが コートの丈に合わなくなってきてしまい ネイビーのラクーンニットカーディガン : martinique膝上くらいのこの長さがちょうどいい。 ずっとこの長さを冬は使っていたのですが、 最近ショート丈のカーディガンが使えるかも? と思い始め、 今年2枚買いました。 左から ADEAM / Tommy Hilfiger / MOSCHINO腰骨くらいのいわゆる普通のカーディガンの丈の長さのは わたしには中途半端な長さで 使いにくかったので クローゼットの中にはナシ! カーディガンを着ずに 肩にラフに掛けたり、羽織ったり、 そういうのはなで肩のわたしにはできないので あくまでちゃんと着る!ことを メインに考えて断捨離しました。 ショート丈は、 スカートにもパンツにも バランスが取りやすく、 布の面積が小さいので 少しデザインが入っていたり 色に冒険できたり できるのがいいです。 今シーズン買った2枚は、 白地に肩の部分がレースになっていて、 袖丈は長め。 黒地にキラキラのドット柄。 ボタンはなし。 どちらとも本当に何にでも合うので 気に入っています。 クローゼットの中を整理してみると、 トップスのアイテムの中で 一番多かったのが カーディガン でした。 なんの根拠もない 自論ですが お洒落な人はカーディガンを着ない、 と思っているので、 お洒落な人には程遠い、 という結末でしたが、 今の自分のスタイルに合った カーディガンの丈の長さが分かり、 迷いがなくなり スッキリとしました。 ▶︎ ▶︎instagramではファッションを中心に発信しています。@miilly360美女組No.113michiのブログ
  • はじめまして! 『ザ・日本人体型の私でも、オシャレに見える服選び』を、日々研究しています。 美女組ブログを通じて、発信していきたいと思います。はじめまして!2019年12月より、マリソル美女組として活動させて頂く事になりました。 東京に住む、働くアラフォーママです。 宜しくお願い致します。 30代で出産し、体型変化によりおしゃれ迷子に… 若作りも痛いし、オバちゃんファッションは嫌だ。 中途半端で、悶々とした日々を過ごしておりました。 同じ経験をされた方、多くいらっしゃると思います。 アラフォーファッションの悩み ・体型カバー ・服のマンネリ化 ・服の地味化 ・仕事服と私服が混在し、毎朝迷う ・プチプラ服を上手く着こなせない ・品を出したいオーバーサイズのブラウスにスリムパンツを合わせて着やせ効果私は、モデル体型ではありません。 かつては、Sサイズも着れましたが、今はM〜Lサイズ…(/ _ ; ) ザ・日本人体型ですので、似合わない服はたくさんあります。でも、似合う服もあります! そんな自分ですが、『雰囲気美人』を目指して、日々ファッションを中心に研究し、【着やせコーデ】【ミニマルファッション】【コスパアイテム】などを発信していきたいと思っています^ ^ 若さではない、新しいスキルを身につける事で輝く世代。 働いてるけど… ママだけど… もっと、新しい事に挑戦したい! 人生一度きり! やらない後悔はしたくない! Marisol読者さんは、上昇志向の高い方が多いのかな。と感じております。 「賢く」「生き生きとした」「魅力溢れる」自分になる為に、『変化はチャンス!』 Marisol世代に突入した私。 どんどん新しい事に挑戦し、エイジングを楽しむ、前向きなブログにしていきたいと思います。 これから楽しみです! 宜しくお願い致します^ ^サイドの丸みある切り込みデザインが、オーバーサイズでもスッキリ感を演出tops BLAMINK bottoms yori shoes PELLICO★インスタも同時に進行しておりますので、そちらもご覧になって頂けましたら嬉しいです(^^) ご意見なども、インスタのコメントでお待ちしています^ ^ Instagram(@tomo_benico_7)インスタのネームタグです。タップorスキャンしてみて下さい^ ^美女組No.170 マッキーのブログ
関連キーワード

RECOMMEND