余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープ【40代のショートヘア】

Marisol ONLINE
40代ショート フロント

1/3

40代ショート サイド

2/3

40代ショート バック

3/3

【FRONT】
【SIDE】
【BACK】
このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。

DATA
・普
太さ・普
硬さ・柔
クセ・強

【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代
関連記事
  • つい先ほどの編集会議で自分のダイエットの話を散々したあとに、しれっとここでクリームソーダの話を書こうとしています。素敵なアドバイスやショップを紹介してくださった諸先輩方の目に、この記事がどうか止まりませんように! 食べ物については、一度ハマると飽きるまで食べ続けるという癖があります。そんな私にいつまでたっても飽きがこないもの。そのひとつがクリームソーダです。 最近は、ピンクやブルーといったトレンド感満載のクリームソーダも多いですが、メロンソーダのグリーンとアイスクリームのホワイトのノスタルジックな組み合わせに、何よりときめきます。こんなに大好きなのに、仕事帰りの22時くらいからふらっと飲めるクリームソーダって少ないんです。なので、今日は22時くらいから家に帰る24時くらいまでで、疲れた体を優しくいたわってくれる大人のためのクリームソーダを紹介したいと思います。 まず1軒目。いきなり閉店してしまったところを紹介するのは、少し気が引けるのですが、とにかくここのクリームソーダには最大限の敬意をはらいたくて……。つい先日、ビルの老朽化のための取り壊しで惜しまれつつ閉店した渋谷にあるアメリカンダイナー「オンザコーナー」のクリームソーダです。ここはソフトクリームが盛り盛りで濃厚なところがポイント。真っ赤なチェリーが控えめながらも愛らしく存在感を発揮していて、大好きでした。よく打ち合わせで使っていたのですが、仕事の打ち合わせで突然クリームソーダを注文しはじめる私を、みなさん呆れながら突っ込んでくださったという甘酸っぱい思い出とともに、またどこかで再開できる日まで、大切に胸にしまっておきたいと思います。 2軒目は、代々木上原駅近くにある「終日one」のクリームソーダ。クラフトビールも飲めるバーなのですが、メニューのなかでひときわ輝くのがクリームソーダ。可愛いオリジナルのグラスに入っていて、24時まで営業しているのも嬉しい。 3軒目はちょっと遠征して大阪へ。レトロな「純喫茶アメリカン」のクリームソーダは、昔ながらの正統派。まぁるいアイスクリームが上品なグラスにすっぽりと入って登場します。店内もクラシカルで、ウェイトレスさんの制服もキュート。ノスタルジックな気分に浸っていると、隣の知らないおじさんに「それ美味いやろ?」と普通に声をかけられ現実に引き戻されるので、注意が必要です。 お手頃だけど意外とあなどれないのが「バーガーキング」のメロンソーダフロート。メロンソーダ界の“チープ&シック”です。ゴロゴロした氷が多めで、全然飲んだ気がしない(笑)。けれどソフトクリームは、値段から想像できないくらいミルク感が強くて上品!です。 ふらっと寄って、ほんのちょっと心が満たされる。深まる夜に一杯、クリームソーダ。まだまだ暑さが続くこの時季にいかがですか。(エディターYONEKURA) >>ガールズスケーターへの道 #深夜のこっそり話 #1128 代々木上原駅すぐ近くにある「終日one」のクリームソーダ(¥750)大阪にある「純喫茶アメリカン」のクリームソーダ(¥720)お手頃価格でつい手が伸びる「バーガーキング」のクリームソーダフロート(¥230)
  • さし色使いした肩かけカーデは、冷房のキツい通勤電車に便利 ブラウンとグリーンの主張の強いアイテムは、白トップスで中和。足もとは肌なじみのいいキャメル色パンプスで脚長効果を狙って! かっちりしたバッグできちんと感をプラスすれば、通勤らしさもアップ。肩かけカーデは、電車だけでなく夕方以降冷え込む社内でも便利。午後のプチミーティングで、私が前回かかわった広告が好評だという話が! 「絵美里、最近頑張ってるね!」と上司からお褒めの言葉♡ うれしすぎて、帰りの足取りが軽い♪ ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) カーディガン¥33000/エッセンス オブ アナイ(ジョン・スメドレー フォー アナイ) パンツ¥9900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥62000/トゥミ・カスタマーセンター(トゥミ) 靴¥44000/アルアバイル(ネブローニ) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) 【今月のPROFILE】表参道のデザイン事務所勤務、WEBデザイナー・絵美里大手メーカーの広告を手がけるWEBデザイナーとして働く31歳。仕事に邁進するあまり、買い物に行く時間がないほど多忙。持ち前のリサーチ力を生かし、ECサイトにハマり中。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【「N.O.R.C by the line」のブラウンパンツ】 トレンドのブラウンで秋を先取り。センタープレスのテーパードは、足首の見えるほどよい丈感で美脚見え。着回し力の高さは格別! ¥9900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 【グリーンカーディガン】 屋内での冷房対策やさし色役に重宝。¥33000/エッセンス オブ アナイ(ジョン・スメドレー フォー アナイ) 【シンプル白ニット】 合わせるボトムを選ばず万能。¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/坂田幸一(物) スタイリスト/門馬ちひろ 取材/道端舞子 WEB構成/衛藤理絵
  • きちんと感も華やぎもかねそなえた今季のトレンド「オフホワイトのプリーツスカート」を3つのシーンで着回します!このスカートを着回し!女性を一番キレイに見せる白は、まろやかな色みが合わせやすい。細かいプリーツが流麗な動きを演出。¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ  DAY1 気鋭の陶芸作家との打ち合わせで工房へ。初対面は白でクリーンに 最近注目される若手の陶芸作家・池上幸平さん、初の個展を手がけることに。全身白ベースのスカートスタイルで、クリーンな第一印象を意識して。 スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥317,000/アパルトモン 青山店(マーク クロス) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥16,000/アビステ ダブルリング¥14,000・リング¥12,000/ボウルズ(ハイク)  DAY2 週末は、のんびり鎌倉散策。白いプリーツスカートが海風になびく 海に似合う白スカートに、さらっと着心地のいいTシャツを。色がブラウンだとシックにまとまる。実は、器屋さんも多い鎌倉。散策に疲れたら、浜辺の喫茶店でのんびり過ごそう。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) 帽子¥44,000/アパルトモン 青山店(フィル ハッツ) 靴¥25,000/ステディスタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥746,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)  DAY3 海外からの顧客をアテンド。動きやすさときれいな印象を両立して はるばる海外からやってくる器コレクターに、商品だけでなく、工房を案内したりするのも仕事のうち。移動が多いから、足もとはスニーカーで機動力を確保しつつ、白~ベージュのグラデーションで上品な印象も忘れずに。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ジャケット¥8,990/プラステ ニット¥5,990/プラステ 靴¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) 時計¥565,000/ブライトリング ジャパン(ブライトリング) バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 池上幸平 取材・文/東原妙子
  • 『トムウッド』『シハラ』etc、セノビ気分でつけたいジュエリーブランド6カジュアルになりがちな夏こそ、ちょっぴり“セノビ”をして少しいいアクセサリーを手に入れたい。物作りへのこだわりやコンセプトに、確かな背景のある憧れブランドを身につけることが、“モノ”を選ぶ審美眼を養うひとつの方法でもあるから。手もとに視線を落とした時、ふと鏡に映る自分と目が合う時。キラリとした輝きがひとりの大人としての自信を高めてくれるはず……♡トムウッド TOM WOODノルウェー発のブランド。マーケティングに長年携わってきたデザイナーが生み出す知的で洗練されたデザインは、世界中のおしゃれさんたちからの支持を集める。人気のプレートリングを主役に、細リングとバングルで、感度の高いスタイルに。リング(人さし指)[SV925]¥30000・リング(薬指)[SV925]¥43000・バングル[SV925]¥36000/ステディ スタディ(トムウッド) Tシャツ¥11000/バーニッシュ(サイ) オーバーオール¥22000/ブルーブルー(トムソン スペシャル エクスクルーシブフォー シップス・ブルーブルー) スカーフ¥11000/ホームズ アンダーウェア(マニプリ)シハラ SHIHARA装飾的要素を削ぎ落とす中に美学を感じる、凜としたカッコよさが特徴。ミニマルでグラフィカルなデザインは、左右の耳で違うモチーフをつけるのもおしゃれ。(1)シャープなスクエアデザイン。ピアス[K18 YG]¥37000(2)鋭角な三角が都会的。ピアス[K18 YG]¥28000(3)S字フックのような個性的なフォルム。耳に通す部分を変えるだけで違った印象を楽しめる。ピアス[K18 YG]¥32000(4)シンプルながら大きめのスクエアで際立つ存在感。ピアス[K18 YG]¥28000(5)立体のスクエアがモードな雰囲気へと導く。ピアス[K18 YG]¥45000(6)フープは2個買いしてチェーンのようにつなげてアレンジすることも可能。ピアス[K18 YG]¥28000/シハラ ラボ(シハラ)ヒロタカ Hirotakaニューヨークでスタートしたジャパンブランド。繊細で緻密なデザインは、日本国内の職人により手作りされたもの。(1)連なるサークルモチーフが印象的。チェーン部分にまで耳を通せば、2重のフープピアスに。ピアス[K10 YG]¥28000(2)フロントにパールを配したオリジナリティあふれるフープ。ピアス[K10 YG×アコヤパール]¥48000(3)弓のようなしなやかなカーブにプチダイヤをトッピング。イヤカフ[K10 YG×ダイヤモンド]¥38000(4)すっきりとした辛口デザインで他アイテムとの重ねづけも楽しめる。イヤカフ[K10 RG]¥28000(5)矢をイメージしてデザイン。上品なパールがキリッとした印象に。ピアス[K10 WG×アコヤパール]¥32000/ショールーム セッション(ヒロタカ)マリア ブラック MARIA BLACK大胆でユニークなデザインが人気のデンマーク発ファッションジュエリーブランド。デザイナーでもあるマリアの情熱と旅の経験をソースとしたデザインは、まるで芸術品のよう。いびつなパールをサークルモチーフにセッティングしたチャームは、ブランドを象徴するアイテム。リズミカルなチャームつきブレスレットと、ボリュームのあるゴールドのリングで、スタイリッシュにまとめて。ネックレス(チャーム)[SV×K18 YGコーティング×バロックパール]¥16000・(チェーン)[SV×K18 YGコーティング]¥11000・ブレスレット[SV×K18 YGコーティング×バロックパール]¥26000・リング[SV×K18 YGコーティング]¥26000/エストネーション六本木ヒルズ店(マリア ブラック) シャツワンピース¥10000/AKTE ワンピース¥27000/アンシェヌマン(アナカ) 帽子¥14000/パリゴ 銀座店(シャポードオー)アルティーダ ウード ARTIDA OUDインドのジャイプールより厳選した原石の、ありのままの輝きを大切にした、オリエンタルなジュエリー。(1)美しい透明感あるアメジストをメレダイヤがぐるり。リング[SV925×K18 YGプレーティング×アメジスト×ダイヤモンド]¥24000(2)光を受け輝くオリーブの実のよう。リング[K10 YG×K18 YGプレーティング×ペリドット]¥24000(3)ピンクがかった紅色で愛らしさと品を。リング[K10 YG×K18 YGプレーティング×ルビー]¥34000(4)水晶の中に針状のルチル(鉱物)をとじ込めいっそう印象的に。ピアス[K10 YG×K18 YGプレーティング×ゴールドルチルクオーツ]¥35000(5)レモンの木がイメージソース。リング[SV925×K18 YGプレーティング×ダイヤモンド]¥24000(6)揺れるコインがエキゾティック。ネックレス[K10 YG]¥37000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)イディアライト IDEALITE「トレンドに左右されず、日常に寄り添う名脇役」がコンセプト。スタイリッシュでクールなデザインはモア世代にもぴったり。(1)テイストを選ばず身につけられるシンプルなチェーンは、大きさの異なるパーツでさりげない個性を。ブレスレット[SV]¥25000(2)エッジのきいた楕円のフォークリング。着こなしに鮮度を添える。リング[SV]¥16000(3)定番のサークルモチーフも、ふっくら太めのフォルムで存在感抜群。ピアス[SV]¥21000/ジョリー&コー(イディアライト) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/道端舞子 撮影/水野美隆(zecca/モデル) 山口恵史(製品) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/大平典子 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES ●本文中[ ]内のアルファベットは、YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、SV=シルバー、K=金の純度の略です
  • トレンド感もあり女性らしくもあるニュートラルな色でデキる女性を演出してまだまだ相変わらずの暑さではあるけれど、お盆を明けたら少しずつ色味だけでも秋を意識したコーディネートへとシフトしたくなるもの。そこで選びたいのは大人の女性を一番感じさせてくれるベージュ。地味にならないようにフェミニンなバレエシューズにアニマル柄でスパイスをとりいれて。ニット¥40,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥35,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ドレステリア 銀座店(ポルセリ)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ベージュコーデの関連記事もチェック
  • 歩きやすいフラットサンダルは、夏に欠かせないアイテムのひとつ。デイリーから旅行、レジャーなど、あらゆるシーンで大活躍。そんなフラットサンダルで足元からおしゃれを作り上げる、エクラ華組の夏コーデをご紹介します。1.レースアップ フラットシューズで ワンランク上のコーディネート (大垣佳世さん) pippichicのレースアップ フラットシューズにあわせるのは、ZARAのワイドパンツ。このパンツは、ラインがきれい、シワにほぼならない素材、ハイウエストなど魅力が満載。普段使いには勿論、旅行などでも活躍します。足元の編み上げが涼しげで、シンプルなスタイルも一瞬でワンランクアップコーディネートになるのでおすすめ。 2.フリンジでトレンド感たっぷり! 夏のお散歩コーデ (豊田真由美さん) 暑さが落ち着く夕方から、愛犬とまったりお散歩。バナリパのジャージ素材の楽チンワンピに、ZARAのフリンジサンダルをあわせました。ワンピはカラーも長さもバッチリで、長身の人でも安心。歩くたびに揺れるフリンジは、足元に動きをプラスしてくれるだけでなく、女性らしさをアップさせてくれます。 3.「ZARAのスポサン」で フェミニンなかわいらしさをプラス (近藤和子さん) 少し丈が短めの黒いコットンワンピースにレギンスを合わせ、足元はZARAのスポーツサンダルで。カジュアルになちがちな黒のスポサンも、ビジュー付きでフェミニンなかわいらしさをプラス。手元は、ハウス オブ ロータスのクラッチバッグで色を足しました。 他の画像を見る ※写真・本文は本人ブログより抜粋 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。
  • 実はポイントメイクにも肌を明るく見せるテクアリ! さりげなく仕込んでみんなと差をつけて♡頬とまぶたが同じ色になるだけで顔に統一感が出るよチークポップ 15 ¥3300/クリニーク 下地にも同じラベンダーカラーを入れているので、肌なじみも抜群。日中の黄ぐすみを抑えてくれる効果も!透けブルーは発色ではなくあくまでもニュアンス! 透明感仕込みにはブルーをまぶた&涙袋に。重ねる色は赤みのないベージュがベスト。透明感のある目元が完成♪他の画像を見る▶▶教えてくれたのは Georgeさん non-noをはじめ、さまざまな女性誌で引っ張りだこのヘアメイク。分かりやすく理論とイマドキのトレンドをかけ合わせたメイクが得意。モデル/大野幸 古川友希凪(2人ともnon-noカワイイ選抜) 撮影/千葉太一(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/斉藤ミク 構成・原文/与儀昇平 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル  
  • 最旬のおしゃれを熟知し、さまざまなスタイルをかっこよく着こなすミラノマダム。彼女たちの「素敵の理由」を、スタイリストの戸野塚かおるさんがナビゲート!色の組み合わせや個性の表現も、自由で開放的。その空気感が楽しい!スタイリスト 戸野塚かおるさん 本誌をはじめ、雑誌やカタログ、広告などで活躍するアラフィー屈指の人気スタイリスト。コレクションの視察や買い付けのオファーなど、ファッションブランドからの信頼も厚い。意思表示するような個性的な足もとが印象的つい先日まで出張でミラノにいたのですが、壁も道も石づくりの街中は、色のある装いが抜群に映えるんです。このスナップを見ていても、まず目に飛び込んできたのは、マダムたちの美しい色使い。配色も自由で、一人ひとりが思いのままに楽しんでいる様子が印象的でとっても素敵! 自由といえば、マダムたちの足もともそう。私自身が靴が大好きだということもありますが、足もとは、おしゃれの仕上げであり要(かなめ)で、それは意思表示でもあるし、個性が表れているポイントだと思うんです。アニエーゼ/MILANO(ブランド勤務) エンポリオ アルマーニのカーキパンツに、GUのプリントTシャツ。グッチのローファーで大人仕様に。例えば、写真(上)のカジュアルなプリントTシャツにパンツスタイルの女性。もっとラフな靴を選びそうなところを、グッチの細身のビットローファーを合わせています。だからカジュアルなのに、確実に装いが洗練されます。また、世界的なトレンドとしてスニーカーというひとつの“主流”があったとしても、その選び方も個性的でバラバラ(笑)!  思わず二度見してしまいそうな、デコラティブでボリューミーなダッドスニーカーの女性(下)も、ちゃんと自分のスタイルに落とし込んでいるのは、さすがです。ラッフィ/MILANO(主婦) 主役はグッチのダッドスニーカー。ヘビーなボリューム感にぐるりと配されたビジューで圧巻の存在感!逆に、インパクトのある洋服に対して、足もとはミニマルなサンダルで抜け感を加えたり、バッグと靴紐の色をリンクさせているかわいらしい女性もいたりと、自由な空気が流れているお国柄だからこそ、思いのままに装うことを楽しんでいることが、彼女たちの足もとから読み取れます。それが、ミラノのマダムたちの素敵の理由なんですね。フェミニンさや華足しは体の先端で、さりげなくサンダルスタイルに、赤いペディキュアをしているマダムがなんと多いこと! 指先の赤いネイルは、赤いリップをさすのと同じくらい効果的。足もとの、さらにその指先のごく狭い面積ではあるのですが、そこは女性の色気が宿る特別なパーツなんです。マダムたちはそれも熟知しているのでしょう。ボディラインを強調するよりも、体の先端の、うんと小さいところで女らしさを主張をするほうが、ずっとセンシュアルで華やかなんです。それは手もとのおしゃれにも共通しています。ネックレスやピアス、ブレスレットなどでジュエリーを散らすよりも、ぎゅっと凝縮して手もとにさし込むほうが印象的ですし、こなれた感じがします。スナップのマダムの手もとをよく見ると、ファインジュエリーとジャンクなものを合わせていたり、相反するものをミックスしているところも新鮮です。華奢なゴールドのリングを指に散らしていた女性の手もとは、ガツンと大きなリングをつけているのとはひと味異なるパンチがありますね。着こなしならぬ、そういう“つけこなしの妙”は、私も早速まねしてみたいと思いました。ゴールドでまとめて手もとはリッチに。右手は極細のものを並べ、左手はパンツと同じ赤と繊細なリングをミックス。フラットなシャネルのベージュサンダルに赤いネイルの足もとが華やか>>パリ&ミラノの夏マダムSNAP 一覧はこちら撮影/Makoto Nakashima、目黒智子(戸野塚さん) コーディネート/Midori Tateno 取材・文/松井陽子 ※エクラ9月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND