白のテーパードデニム

Marisol ONLINE
こんにちは
yasukoです



ホワイトデニムを選ぶ時のシルエットがキレイに見えるデニムはテーパード


アラフォーの体型の悩みは
やはり腰まわり

私の場合は
ウエストは入るけど腰から太ももがなんかピッチリしている


そんな時出会ったデニムが
AGのホワイトデニム


*程よい生地の厚み
*腰回りに少しゆとりあり
*丈感も160センチの私が、フラットのパンプスを履いても裾上げなしでいけました。
それ以上ある方なら
くるぶし丈でさらに
いい感じになると思います
160センチ以下の方はヒールがあるパンプスや厚底の靴を履くとバランスが取りやすい










outfit ☆







コート ENFOLD
インナー BLISSPOINT
デニム AG
バックFENDI
パンプス PELLICO



テーパード型のパンツは
アラフォーの悩みを解決してくれる嬉しい型














さて
先日は中学生以来 笑
米米CLUBのライブへ行ってきました
あの頃あんなにファンクラブに入るほど好きだったんだろうと客観的にあの頃の自分を観察

エンターテイナーとして素晴らしいし
ユニオンジャック🇬🇧の衣装もカッコイイなあとインスピレーションを受けたりと
音楽もファンクが好きとあらためて実感

で なぜ今回の衣装がユニオンジャックだったかと、、

ユニオンジャックが米マークだからだそうです 笑


やっぱりライブ楽しかったです






yasuko
関連記事
  • 今月の1曲 『平成終わるってよ』SASUKE作詞・作曲/SASUKE今年3月に発表された、SASUKEの2ndデジタルシングル。SASUKEは15歳ながら「新しい地図 join ミュージック」へ楽曲提供したことでも話題に。 今回紹介するのはなんと15歳のトラックメイカーSASUKEの衝撃作。リアルな15歳のビジュアルと歌声に反してバキバキのトラックにバキバキのダンス。これからブレイクしないわけがない逸材なんですが、その彼が新元号について歌った曲の歌詞が秀逸です。 平成が終わり令和になったということで各メディアがお祭り騒ぎですが15歳の天才少年は冷静に俯瞰しているんですよね。「平成最期のなんちゃらとか言ってる間に時間は経ってる」そう。昭和生まれが「平成終わるよー」と感傷に浸っている間に時代は過ぎている。彼は未来しか見えてないのね。「終わるだけよ?ほら次の時に向けて」そう。終わるだけ。「平成平成じゃなくてネクストブレイクは誰だか」もう振り返るのはいいじゃない。 令和にどれだけ新しいことをできるか、新世代のアーティストはもうそっち見てるんですよ。われわれも時代遅れにならないように軽く言っちゃいましょうよ。「平成終わるってよ」。  ● ひゃだいん  音楽クリエーター。京都大学卒業後、本格的な作家活動を開始。様々な楽曲提供を行いタレントとしても活動。神様、僕は気づいてしまった『20XX』発売中 ワーナーミュージックジャパン 素顔やメンバーのプロフィールなどが明らかにされていない4人組ロックバンド。疾走感のあるサウンドがあふれた1stフルアルバム。 関取花『逆上がりの向こうがわ』発売中 ユニバーサルシグマ 伸びやかな歌声と優しいサウンドが心地よい、注目新人のメジャーデビューミニアルバム。初夏のさわやかな日にぴったりの1枚。 選曲・原文/ヒャダイン web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • シンプルな定番ボーダーをフェミニンに着こなすコーディネート定番ボーダーにダスティピンク(くすみピンク)のふんわりスカートを合わせて、すっきりきれいめな着こなしに。 爽やかなボーダー配色とフェミニンなスカートで大人っぽいスタイリングが楽しめます。ボーダーの首もとがホワイトなので、顔映りをすっきり見せてくれる効果も。 ホワイトの分量が多いボーダーは爽やか度もアップ。 透け感のある素材のスカートなら、ロング丈でも涼やかです。 彩度が低いピンクなので甘さ控えめ。淡い色合わせでも、色相の異なる2色を組み合わせるとメリハリが生まれます。 スカートはサイドから見ても広がりすぎないシルエット。 トップスはウエストインするのがポイントです。 スニーカーならカジュアルに、パンプスならきれいめなコーディネートが完成します。 私はGW明けにサンダルを履き始めたら、もうパンプスに戻れなくなってしまい、毎日サンダルです。サンダルとかごバッグはブラウンで統一しました。 シューズとバッグなどの小物はホワイト、ブラック、ブラウンのセットを持っておくと便利です。tops MACPHEE skirt fifth sandals PICHE ABAHOUSE bag jungle jungle週末は気温が上がって30度にとどきそうな勢い。 心地よい季節はあっという間に過ぎますよね。暑くなる前に着たい服を着ておかないと、と思ってます。 美女組No.161 愛のブログ
  • 数あるデニムパンツの中でも、ダントツに着回しやすいのがスキニー。フェミニンなブラウスと合わせたり、ガウンを羽織ったりすれば甘辛コーデに。ビッグシルエットのTシャツと合わせれば、シンプルで今っぽな着こなしが完成するよ♪【スキニーデニム春夏コーデ】 格子柄のチュールで大人の可愛げを漂わせて もともとワークウエアであるデニムに、女性ならではの素材をミックスして意外性を。レディなチュールブラウス×濃色スキニーの甘辛バランスが最高! 【スキニーデニム春夏コーデ】 フェミニンなブラウスに遊びを加えるポップな柄! カラフルなダイヤモンド柄と細かなドット柄のコンビが大人可愛い。 【スキニーデニム春夏コーデ】 レギンスよりもきちんと見える黒スキニーでワンマイルコーデを格上げ ビッグシルエットのTシャツ×黒スキニーの相思相愛コーデにカーデを巻いて可愛くこなれて♡ 他の画像を見る
  • マリソル編集部とソフールが、“自分が本当に着たい服”にとことん向き合ったコラボ服、初夏バージョンが完成! Marisol×SOFUOLコラボ商品はこちら   注目1:白ベースのセットアップ 存在感は残しつつ、強すぎないデザイン ワンピース感覚でさらっと着ても上品にまとまります SOFUOL/カラー&ボーダー半袖ブラウス/¥11,000+税 SOFUOL/ボリュームパンツ/¥15,000+税   注目2:ホワイトコーデ リネンのジャケット&ブラウスにはあえてツヤのあるパンツをチョイス ワントーンコーデも素材感の違いでメリハリをつけるのがポイント SOFUOL/リネン100%Vカラージャケット/¥19,000+税 SOFUOL/リネン100%スリーブレスブラウス/¥11,000+税 SOFUOL/ハンサム楽チンパンツ/¥13,000+税   注目3:鉄板の白スカート 白でも透けにくく、着膨れしないカッティングにこだわったスカート シャツはカーキで辛口にしつつ、透け感で女らしくやわらかい印象 SOFUOL/5分袖シャツ/¥11,000+税 SOFUOL/フレアースカート/¥15,000+税   注目4:ハンサムゆるパンツ タイトすぎないストレートの白パンツ 涼しいリネン素材を採用しつつ透けないよう裏地にも注力 SOFUOL/リネン100%ゆったりテーパードパンツ/¥15,000+税   注目5:ドラマティックブラウス ディテールにこだわった大人が着たい甘ブラウス 高級生地を使用したボリュームあるスカートスタイリング SOFUOL/スモックタイプブラウス/¥15,000+税 SOFUOL/ふんわり素材のギャザースカート/¥19,000+税   他にも、蝦原友里さんが素敵に着用しているコラボアイテムが満載! 大人の上品な白コーディネートにチャレンジして、今年らしいおしゃれを楽しんでくださいね。 SOFUOLの商品ページはこちら Marisol×SOFUOLコラボ商品はこちら  
  • こんにちは。 暑くなりましたね! ワンピース好きには嬉しい季節です。 今年も数枚LaVivant ワンピースを新調いたしました。 Newワンピースの中でもお気に入りかつ、LaVivantで売れに売れている秀逸なワンピースがこちらです。   ワンピースもサンダルのストールもLaVivantコレクションから。 今年お気に入りのパンダのカゴバッグはミラベラから。   デザインはとってもシンプル。 すっぽりかぶるだけ。 どこも締めつけられず楽ちん。 なのにスタイルがよく見える!     そして、色選びとコーディネートで、全くイメージがかわる上に、着る人を選ばず、誰でもきれいに着こなせます!   中村江里子さんはレギンスにサンダル。 中井美穂さんはエレガントなサンダルと帽子で。 モデルの椿ちゃんはデニムにコルクサンダルで。   小柄で華奢なスタイリストの坂本さんはコルクサンダルで。 朝生さんも小柄で華奢なのでヒールで。 白はもっとカジュアルにコーディネート。   昨日LaVivantインスタにあげたところ、アクセスたくさんいただきました。   なわけで、私なりにこのワンピースの人気の裏にある、デザインの良さを考えてみると。   ロング丈なのに、身長が小さな方でも大きな方でも、きれいにみえる、すとんと下に落ちるIラインぽい美しさ。 裾にかけては、さりげなく広がるAラインぽいフレア感。 身長が低くても、高くてもきれいに決まる丈感。     後ろと前の、キリッとしたタックの入り方。   脇は見えないくらいの、ほんの少しのフレンチに腕の細さも太さも感じさせない開き具合。 顔周りをすっきり見せるVネック。 背中がすっきりみえる、後ろタック。 ポケットがあるのも嬉しいです。 そしてコットンなのにハリがあり、お値段以上に見えるのも嬉しいデザインです。   ピンクと黒は追加販売いたしましたが完売してしましたが、テラコッタ色の新色が入荷しています。 これから初秋にも映える色です! 重ね着もできるクローゼットにあると便利な一枚で。 秋もこんな秀逸のワンピースを探したいと思います。   https://flagshop.jp/lavivant/shop/g/g338705/?aid=lvtp_ranking_rc_item   Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属      
  • カジュアルもオフィスも、白の力を借りて爽やかに5パターン☆Marisol6月号よりこんにちは。 5月から早くも夏日ですね! Marisol6月号は 内容の濃いコンテンツばかりで また勉強させてもらってます☆ メインテーマの「白の力」を読んで 最近仲間入りしたアイテムたちでコーディネートしてみました。 …〜……〜……〜……〜まずはプリーツスカートで、白春先にかなり使ったアイテムで ちょっと心が離れていたところを ドラマ「私、定時で帰ります。」に出演中の 吉高由里子さんが、プリーツスカートを履かれていて 素敵だなぁ~と思って また再燃♡ (ドラマ、ご覧になってる方もきっと多いですよね。  働き方について、とても考えさせられます。) …〜……〜……〜……〜コットンレースで、白ZARAで見つけた、コットンレースのトップスは 丈が短くて、 ハイウエストのボトムスとの相性◎ ミントグリーンと合わせたり バギーデニムと合わせたり…etc 甘いテイストも、 プライベートで楽しみたくて購入しました。 小柄なので、目線の位置を高く スタイルアップできるのもポイント高いですね。 …〜……〜……〜……〜シャツで、白以前のブログでも書いた 金ボタンがお気に入りの ゆるっとした白シャツ。 ニットワンピの上に羽織ってきるのが お気に入りです。 …〜……〜……〜……〜ジャケットで、白Jacket:Le.coeur blanc Setup:SENSE OF PLACE by U.R Shoes:モードエジャコモ夏のお仕事コーデを、爽やかにまとめてくれる 白ジャケット。 色で涼しげ効果を狙って…! (ジャケットって着てると暑いけど…) …〜……〜……〜……〜 白はやっぱり王道カラーなので 数年愛用のものもたくさんありますが 最近仲間入りしたものをご紹介させていただきました! お読みいただきありがとうございました^^美女組No.165 Marikoのブログ
  • シャツ¥8900/ROSE BUD新宿店 スカート¥11000/ココ ディール イヤリング¥1100/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥2490/GUゆるめのシルエットと胸元のビッグポケットでこなれ感MAXのホワイトシャツ。ハリのあるリネン素材だから1枚でも、はおりとして大活躍。トレンドのALLホワイトコーデには、デニムスカートをチョイス。コンサバになりすぎずカジュアル感をキープできるよ!モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ストラップサンダルコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND