春の5大定番トップス、2019年春のトレンド傾向は?|アラフォーファッション

Marisol ONLINE

※商品は販売を終了している場合があります

1.ONにもOFFにも大活躍トップス「シャツ」

■カーキシャツ×ローズピンクスカートコーデ

春気分が満載のローズピンクのスカート×ハンサムシャツで甘辛MIXコーデ。甘いスカートはメンズライクなトップスを合わせる着こなしがアラフォーにはしっくりくる。このスカートはサイドがゴム仕様なので、ボリュームシャツをインしてもすっきり着られます。

シャツ¥22,000(アールジュビリー)・スカート¥15,000(エムセブンデイズ)・2WAYショルダートートバッグ【SUPERLIGHT】¥37,000(ジャンニ キアリーニ)・アンクルストラップサンダル¥27,500(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol サングラス・バングル/スタイリスト私物

■バンドカラー&着丈長めの白シャツ

白シャツは、バンドカラー×長め丈が気分。右:ワイドな袖&ビッグサイズのほどよいデザイン性と、ハリのある生地で、一枚でもサマになる。日本初上陸ブランドというキャッチーさもおしゃれ心を満たしてくれます。左:ロング丈で使いやすいサイズ感。

右:シャツ¥34,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アーチ ザ) 左:シャツ¥9,900/ノーク

■ニュアンスカラーのシンプルシャツ×デニムパンツコーデ

贅沢な素材を使い、座った時も苦しくないようはき心地を追求したコンフォートテーパードのデニムをチョイス。そこに合わせたいのはニュアンスカラーのシンプルなシャツ。ゴテゴテと飾りっ気のない潔さが、凛とした印象のエレガントな女性に映りそう。

デニムパンツ¥41,000/ドゥロワー 青山店(ゴールドサイン) シャツ¥29,000/ebure ピアス¥14,000/ティアラ(ルーカス ジャック) バッグ¥52,000/ジャンニキアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■淡色ブルーシャツ×パンツ×スニーカーコーデ

ブルーシャツ×シンプルニット×パンツのさわやかお仕事コーデで。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくれば、何ともさわやかな印象に! 足もとはややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。

ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 

■繊細なピンタックが美しいブサムシャツ

この春デビューしたフィータは世界中の優れた工場や職人と組んで、上質な物作りを目ざすブランド。繊細なピンタックが美しいブサムシャツを見れば、ていねいな物作りを実感できるはず。布帛のパリッとした感じが苦手な人にたまらないざらっとした質感が魅力。細身のカラーパンツとも相性抜群!

シャツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ)

2.女性らしい華やかさを演出してくれるトップス「ブラウス」

■リネン素材の「ウエストコンシャス」なブラウス

リボンでウエストマークするほかに、ギャザー入りのブラウスも。光沢のあるリネン混素材やハリ感のあるリネンなど、同じリネン素材でもさまざまな表情になる。ワイドパンツはもちろん、細身デニムとの相性もいい。

(右)ウエスト部分にギャザーを寄せた比翼仕立てのシャツブラウス。ブラウス¥17,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) (中)フォーマルな印象のあるネイビーブラウスも、リネンのカジュアル感でふだん使いしやすく。ブラウス¥19,000/インターリブ(サクラ) (左)太いリボンが印象的なドルマンスリーブのブラウス。ハリ感があるリネン素材で、女性らしいシルエットに。ブラウス¥32,000/ebure

■コットン素材の大人レースブラウス

大人が肌を見せるなら、セクシーではなくヘルシーに。白いブラウスは袖のサイドをレース使いにすることでボディはすっきり、上品な華やかさに。前後Vあきデザインの黒ブラウスならビターな甘さに、ロングブラウスも袖のレース使いで軽やかな印象で着こなせる。

(右)生地と同色の黒レースが縦に配され、細見え効果も期待できる。トップス¥31,000/エイチ ビューティ&ユース(フィータ)(中)綿100%のさらっとした素材感とボートネックが上品な白いコットンブラウス¥26,000/ティッカ (左)夏の日差しにも似合いそうなマスタードイエローのブラウス¥14,000/ヌキテパ 青山(ヌキテパ)

■ボリューム袖の白ブラウス×ネイビーのタイトスカート

ボリューミーな袖の真っ白なブラウスは今季注目のトレンドアイテム。きちんと感のあるネイビーのタイトスカートと合わせれば好感度の高い通勤コーデが完成。

ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 

■ノスタルジックな花柄ブラウス×ブーツカットデニムコーデ

トレンドトップスの花柄ブラウスを青みが強くスラブ感の少ない、ゆとりのあるブーツカットのデニムに潔くウエストイン。センタープレスがきいているデニムなら、切りっぱなしのすそもラフな印象になりすぎないので安心。

デニムパンツ¥24,000/UTS PR(ジェーン スミス) ブラウス¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ストール¥27,500/カオス丸の内(アソースメレ) バッグ¥64,000/ダニエル & ボブ ジャパン 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

■背中あき&リボンブラウス×ベージュのパンツコーデ

お仕事服とデート服を両立してくれるアラフォーコーデ。オフィスではテーラードジャケットでびしっと決めつつ、夜のデートでは上着をそっと脱いで、背中あき&リボンの意外性で魅せる着こなしを。そのぶん、ボトムは飾らずカジュアルにおさえておくのが若見えポイント。お仕事帰りのデートなのに肌見せがあるギャップに。

ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィムガゼット) ジャケット¥59,000/ebure パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥110,000/アイワ(カラットアー) 靴¥75,000/エストネーション(ニナ リッチ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 

3.春らしいキレイ色トップスを取り入れるなら「薄手ニット」

■深Vシルクのシンプルニット

シンプルニットは深V&シルク混で女らしくが今季のトップスのトレンド。右:上質なカシミア×シルク素材ゆえの澄んだ発色で、Vあきもエレガント。ニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク 中:.落ち感があるシルクカシミア素材がアラフォーの体をきれいに包んでくれる。うなじに入ったロゴの刺繡もポイント。ニット¥75,000/ブラミンク 左:コットン×シルクの新作。深めVとややロング丈が新鮮。ニット¥27,000/スローン

■きれいなイエローのアンサンブルニット

「イエナのアンサンブルはグリーンに続き2セットめ。今回は、とにかくこのきれいなイエローに惹かれました。上質なイタリア糸を使用したアンサンブルは毎年の人気商品で、わりとすぐ売り切れてしまいます。『次はもうないかも』。やっぱり買い物に追加しました。以前購入したものより半袖ニットの袖がゆったりと5分丈の長めになっているので更に着やすい!わたしの腕では肘上5cmほどの所まできてくれるので、露出も控えめで夏でも安心。これってけっこう大事ですよね。」(美女組Akane)

■きれい色のふんわりフェミニンなボリューム袖ニット

ふんわりフェミニンなボリューム袖は、ラフなニットでほどよく抜け感を演出して。リブならよりカジュアルに、シルク混のハイゲージは女らしい印象になる。ボトムはタイトスカートで今季らしいふわぴたシルエットに。

右:鮮やかなイエローの細リブニットは、大きめのパフスリーブとボートネックのバランスが新鮮。ニット¥20,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) 中:旬のショート丈、ボリューム袖とベーシックながら今季らしさがつまったグレーニット。ニット¥22,000/エストネーション(エストネーション) 左:シルク混のツヤ感がきれいなグリーンニットは、パフ袖と後ろリボンのさりげない甘さに心くすぐられて。ニット¥34,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス)

■女性らしい桜色の細リブニット×デニムパンツコーデ

ほどよくつまったネックに、袖スリットが入った今年らしさ満載の細リブニット。少し内側に入ったアームなど体をきれいに見せる工夫も。こだわり随所に広がる旬ニットなら、デニムに合わせるだけでスタイリッシュな週末の春コーデに。

ニット¥13,000(エムセブンデイズ)・デニム¥25,000(アッパーハイツ)・オリジナル・ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム(オープントップ)¥6,900(エルエルビーン)・クロスバックルサンダル【VACCHETTA LATTE】¥19,000(コルソローマ)/SHOP Marisol

■洗練された色使いのボーダーニット×白のワイドパンツコーデ

洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。アラフォーがボーダーを着るなら上質なものを。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、裾をアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。

ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ

4.永遠の定番トップス「ボーダーカットソー」今年は背中Vあきデザインも!

■背中Vあきデザインのボーダーカットソー

今季トレンドのトップスといえば、背中Vあきのボーダーカットソー。Vの深さはマチマチなので、自分に似合うタイプを探して。

右:前後2wayで使えるうれしいデザイン。カットソー¥11,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ルミノア) 中:ワイドな身幅と潔くあいた背中が新鮮。カットソー¥13,000/ブルーバード ブルバード 左:毎年気になる『ルミノア』と『セントジェームス』のボーダー。今季は前者の前後Vあきタイプに注目。カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア)

■イエローのボーダーカットソー×ネイビーパンツコーデ

さわやかなイエローのボーダーカットソーにセンタープレス入りのネイビーパンツを合わせれば、カジュアル過ぎない休日のお出かけコーデに。歩きやすい上質レザーのフラットシューズをチョイス。トップスに合わせてイエローを選べばオシャレ感がアップ!

トップス¥12,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥24,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) 靴¥64,000/エイチ ビューティ&ユース(マルティニアーノ) 

5.2019春トップスのトレンド大本命「スウェット」

■あせたキャンディーカラーのスウェットパーカー

太陽の光で色あせたような色みと、柔らかな風合いで、こなれ感のあるカジュアルスタイルを演出できるパーカー。「コンパクトさと、あせたキャンディカラー、フードの立ち上がり具合、これはタイプでした!色違いで買いたい!」と副編集長S田。

プルオーバー各¥18,000/ラルフ ローレン

■メンズライクなベージュのスウェット×白スカートコーデ

まるで着古したような味わいがありながら、絶妙に上品。ヴィンテージやメンズアイテムにも精通したデザイナーが手がけるだけあって、シルエットから素材感まで、妥協のないこだわりを感じる一枚。パンツにもスカートにも合うやや短めの丈でどんなボトムでもスタイルよく決まるから、朝つい手に取ってしまうこと間違いなし。

スウェット¥21,000(アンスクリア)・靴¥48,000(ペリーコ)/アマン スカート¥18,000/エストネーション 帽子¥26,000(ジャネッサ レオネ)・バッグ¥240,000(ビーネン デイヴィス)/アパルトモン 青山店

■白のフードパーカー×レーススカートコーデ

スポーティを都会的なムードに落とし込むのがお得意な「ハイク」の新作は、柔らかい手ざわりの薄手生地で、オーバーサイズでももたつかずすっきりと着られる。素材にほどよく上質感があるのでカジュアルになりすぎず、甘めのスカートなど、フェミニンなアイテムとも合わせやすい。 

スウェット¥35,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥86,000/ebure ピアス¥38,000/エドストローム オフィス(オールブルース) バッグ¥78,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■女性らしいシルエットがかなうグレースウェット×パンツコーデ

一時期おしゃれな人はみんな持ってた、といっても過言ではないほど一大旋風を巻き起こした「ドレステリア」のスウェットが今また人気に! 袖とすそのリブが長く、女性らしいシルエットがかなうのが特徴。サイズも以前より豊富になったので、今の気分に合う一枚を探して。

スウェット¥12,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) パンツ¥21,000/エリオポール代官山(バレナ) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン) 靴¥43,000/カオス丸の内(バルダン)

定番トップスのアラフォー的トレンドはつかめましたか? 薄手になってくる春から夏にかけてはトップスの選びが重要です。トレンドをおさえたトップスで春のアラフォーファッションを楽しみましょう!
関連記事
  • 埼玉県の飯能市にある、 ムーミンバレーパークに行ってきました❁ もうね、、 ムーミンの世界観がほんとに素敵です! 平日に行ったので、ゆっくりたくさん写真撮れました! なので、写真いっぱい載せますね〜☺︎ まず、入り口にたくさんの傘があって、さっそく映えスポット とっても綺麗。 ここを抜けると宮沢湖が一面に広がります。 大自然って感じ。空気がとっても美味しかった☺︎ 湖沿いを歩いて行くと、おしゃれなカフェがあったり、、 もう少し進むと音楽が流れてきて、、 エントランスに着きます☀︎ ❁はじまりの入り江エリア ❁ムーミン谷エリア ❁コケムス ❁おさびし山エリア の4つのエリアに分かれています! 《はじまりの入り江エリア》 ムーミンと仲間たちのウェルカムゲートが 当日券はここで買えます!大人1500円。 中に入るとさっそくレストランとムーミングッズ売り場があって、、 お店の中もムーミンの世界で溢れていてとってもかわいいです❁ 湖沿いをもっと歩いて行くと、、 《ムーミン谷エリア》 こんな感じで、とってもかわいい空間☺︎ フォトスポット満載です 映えな写真がたくさん撮れました✌︎コーディネートはムーミンの世界観を意識して、 北欧っぽいフレンチなワンピースにしました❁ GRLで2000円ちょっとでしたよ❁ ムーミンたちも遊びに来てたので、一緒に写真 平日だったので、すんなりと撮ってもらえました! これは、ムーミンパパがフォトスポットに連れて行ってくれてるところです (笑) あとこのエリアでは、1日3回、無料で観れるショーもやっています (私たちは時間が合わず、見れませんでしたが ) 《コケムス》このエリアは、ムーミン谷エリアのすぐ隣なのですが、 カフェやグッズ売り場、展示のお部屋などがあります☺︎ 他の画像を見る他の画像を見る ゆっくり見たり、写真撮ったりできました☀︎ 《おさびし山エリア》 アドベンジャーぽい感じのエリアです! 別料金で、アスレチックや宮沢湖の上を滑空できるアトラクションがあったり、、 わたしたちは今回やりませんでしたが、やってる方々とっても楽しそうでした あとは、灯台! 写真撮ったのですが、曇ってて残念☁️ 以上です レストランやカフェ、ショップなどの建物もひとつひとつ、お話のイメージが取り込まれていてほんとに素敵でした☺︎ 気になった方は是非行ってみてください 《アクセス》 飯能駅か東飯能駅からバスで10分ちょっと ❁佐久間 梨奈❁カワイイ選抜 No.66 佐久間梨奈のブログ
  • Marisol8月号 素敵な人は「黒」を着ている 夏の黒8月号のMarisol 素敵な人は「黒」を着ている モノトーン配色もいいし、素材で透ける黒も素敵♡ その中で私も買ったN.O.R.Cのワンピースが掲載されていました(^-^) 話題のウェブ限定ブランド ノークの人気型 裾にかけて広がるボリュームのあるシルエット この日は雨だったので、ハイカットのゴアテックスのコンバースを合わせました Marisol8月号に掲載かごやトングサンダルと合わせても可愛い ブラックワンピース ブラウンの存在感のあるネックレスも素敵水ぎわのイベントコーデMarisol美女組の私たちにちょうどいい 「イベントコーデ」の水ぎわコーデでは H&Mの黒のワンピースでちょこっと参加させて いただきました ブラックワンピース 小物の合わせ方で色んな表情を楽しめていいですね美女組No.69かんちゃんのブログ
  • 次のお休みに行ってみて!MORE着回しに登場したおしゃれスポット素敵な場所に、映えるコーデで行ってみたい!……って気持ちはやまやまだけど、もう大人だから「浮かない」こともとっても大事。着まわしのきくワードローブは、どこでも映えてくれるのか!? MOREに登場した週末行きたいおしゃれスポットを、栞里のコーデとともにご紹介♡ @新国立競技場東京オリンピックもついに来年か〜彼氏と来られるのかしら……本日は担当案件の現場視察、というわけで。動きやすくて、でもきちんと感は忘れないカジュアルな組み合わせを。そしたら工事監督さんとまさかのポロシャツかぶり。「佐藤さんが着るとおしゃれに見えるね〜」って、もう! ほめ上手だなぁ♡ 帰り際通った新国立競技場、思った以上にできててテンションUP。ニットポロシャツ¥20000/スローン チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト)@プラネタリア TOKYOノー残業デーのひそかな楽しみは夜の“おひとりプラネタリウム”なのですきれいめTシャツにプリーツスカートのオールホワイトコーデで、気分は王子様を待つ可憐な姫……。って、え、ウソ!? 気づいたら終わってた! 誰か起こしてくれてもよくない? まあいっか。仕事のモヤモヤさえ吹き飛んで、この服みたいにまっさらな気持ちになれちゃう、最高なアフター6なのでした。五分袖白Tシャツ(メンズサイズ)¥8500/ビショップ(ハンドバーグ) プリーツスカート¥19000/リエス カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1100/お世話やリラックスした体勢で満天の星を楽しめるプレミアムシートや、VRでバーチャル空間を楽しめるスペース、惑星をイメージしたカクテルなどなど……。仕事の疲れが癒されまくりなコンテンツが満載! な次世代型プラネタリウムが登場。◆東京都千代田区有楽町2の5の1有楽町マリオン9F ☎03・6269・9952 10:30〜22:00(土・日曜、祝日〜22:30) 無休@Galaxy Harajukuな、なんじゃこりゃ。自分の写真に囲まれるって、すごくない?外回りのあき時間中「あ、ここ話題のとこっすね」と同僚が言うので寄ってみることに。どれどれ何がすごいのかしら、ってワオ! 私の写真が床から天井までびっしり。「ギョーザの写真多っ(苦笑)」ってうるさいなぁ(笑)。でもほら、過去の写真より今日のほうが大人っぽく感じるのは、さりげなく女っぽい袖から伸びるロングタイトとのYシルエットの効果かな♡チルデンベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード ローファー¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)『Galaxy』の革新的な最先端技術を無料で体験できる施設。4階の「Social Galaxy」は、自分のInstagramに投稿した写真に囲まれるという不思議な体験ができる、絶好の“インスタ映え”スポット!◆東京都渋谷区神宮前1の8の9 70120・085630 11:00〜20:00 無休@FORTUNER tea-box「飲んだことないんすか!?」とか言われたから。最新のやつ、ください!新人ちゃんたちがいつも飲んでるアレ、飲んでみたかったんだよね〜ということで、昼休みにダッシュで来てみました話題店! トレンドスポットで埋もれないように鮮やかなグリーンで華やかに、会社では浮かないように小物は黒で締めて……って、うまぁ!きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) 帽子¥5200/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500・バングル¥1000/お世話や今話題の、日本初「チーズティー」専門店。フレーバーティー×ふわっふわにホイップされたチーズクリームの組み合わせは絶品♡ 豊富なカスタマイズができるから、自分好みの一杯を見つけてみて。◆東京都渋谷区神宮前3の27の15・FLAG 1-F ☎03・6721・1261 11:00〜19:00 不定休@SOLSO PARK明日の先輩夫婦の来訪に備えて。お部屋に飾る新しいグリーンを探そう!開衿シャツはそのままサラッと、×チノパンでラフに。座ったり立ったり、ガシガシ動けるようにトップスはINしたりパンツの裾をちょっと折ってみたけど、実はラフになりすぎないコツだったりして。開衿シャツ¥6900/ノーク チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) 帽子¥14800/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500/お世話や サングラス¥30000/アヤメ バングル¥1000/お世話やグリーンや花好きさんから絶大な支持を得る週末限定の緑のテーマパーク『SOLSO FARM』の、待望の都市型マーケット店舗。いつでも好きな時に、本格的でおしゃれな植物たちを見られると大人気。◆東京都港区南青山1の12の13 ☎03・6812・9770 10:00〜19:00 不定休 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/tokyobike プロップス ナウ アワビーズ
  • おしゃれプロのリコメンド付き! 新調したくなる夏小物をご紹介。 サングラスはこのカタチ!夏の日射し対策&おしゃれに欠かせないサングラスは、丸みのあるフレームが今年っぽい。 (左)「肌になじむようなクリアフレームのサングラスなら優しい印象をキープ」(スタイリスト松村純子さん)。¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)・(中)「セルのかっちり感とメタルのシャープさのいいとこどり。メタルだけだときつく見えることがありますが、その心配もなし」(スタイリスト田澤美香さん)。¥61,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)・(右)「全体的に丸みのある"パント"と呼ばれるフレームの、上の部分だけシャープなカッティングを施した"クラウンパント"。ほどよい個性をプラスしてくれます」(スタイリスト池田メグミさん)。¥29,000/コンティニュエ(YELLOWS PLUS)  大人色のビーチサンダル「ビターな大人の色のビーチサンダルをハワイで発見!マットな質感と華奢なストラップは大人が街中で履いても素敵です!」(スタイリスト徳原文子さん)足裏が触れる面は柔らかくてクッション性があり、アウトソールには地面をとらえて歩きやすい硬い素材を使用した二層構造で、疲れにくいとリピーター続出。サンダル(右)¥3,200・(左)¥2,800/ハイアン インフォメーション(ハイアン)デイリーカジュアルをハズシに使える、アースカラーの“スポサン”ラクチンで手放せないスポサンは、スポーティなビビッドカラーよりもダークカラーを選びたい。「黒だけでなく、チョコレートブラウンやキャメルなど、おしゃれなニュアンスカラーも増えています。また、足首をホールドするデザインだけでなく、つっかけタイプや厚底のものなどバリエーションも豊富。旬のマキシスカートとの相性も抜群です」(スタイリスト池田メグミさん)。サンダル(左から)¥8,800/ブルームーンカンパニー(シャカ)・¥13,000/アパルトモン 青山店(スイコック)・¥4,500/シップス 渋谷店(テバ)大人のかごバッグは、黒で決まり!「ナチュラルカラーのかごバッグは、どうしても可愛く素朴なムードになりがち。クールな黒ならきれいめのスタイリングにも合わせやすく、シャープに持てます。レザーの黒ほど重たくならないので、夏のスタイリングを軽やかに仕上げるのにぴったり。また、カッチリ固い籐のかごバッグよりも、ラフィアなど柔らかい素材のほうが実際に使いやすいのでおすすめです」(スタイリスト松村純子さん)。バッグ(左から)¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ)・¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ パリ)・¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂【Marisol8月号 2019年掲載】
  • 着るとかっちり感のある黒テーラードジャケットは、肩がけをするとエレガントな雰囲気に夏風邪で入院してしまった同期のお見舞いへ。ゆっくりと身体を休めてほしいからお仕事中のかっちりした感じではなく、柔らかい印象で会いたいので、プレゼンのときはきっちりボタンを留めてきていたテーラードジャケットを、そっと肩に羽織って優しいイメージに変えてみる。明日は我が身でもあるので、自分も油断せずに体温調整できるようにジャケットを脱いだり羽織ったりと服装でも自己管理しなくては。ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) ニット¥5,990/プラステ スカート¥83,000/ebure バッグ¥115,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) メガネ¥38,000/ボウルズ(ジュリアス タート オプティカル×ハイク) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥565,000/ブライトリング・ジャパン(ブライトリング)撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼はおりものコーデの関連記事もチェック
  • こんにちは☺︎ 少し前からレオパード柄のスカーフを探していたのですが、 安くて可愛い私好みのスカーフをGUで見つけたので即買いしました♡レオパードプリントスカーフ ¥790+税スカーフは数あると嬉しいので値段も重視したいところ。 ¥1000以上の物が多いなかGUは¥790! レオパード柄ですが派手過ぎない色味なのも嬉しい♡首元スカーフ今日はデニムに白Tと、とてもシンプルなコーディネートだったので首元に巻きました☺︎ シンプル、カジュアルな服装にはアクセントになるので他の柄もよく巻いています。ヘアアレンジ私はヘアアレンジがとても苦手で… いつもワンカール、外ハネ、ポニーテールなど簡単なアレンジに逃げてきました(T . T)頑張って練習します(笑)カラーは2色展開レオパード柄の中でも ベージュ、グレーの2色があります。 ¥790なので2つ購入しても◎ 他にもヴィンテージ柄などもすあるのでぜしチェックしてみて下さいね☺︎ 見て下さりありがとうございました。Instagram : @ayano_730Instagramでも日常を更新しています♡モアハピ部 No.635 Ayano のブログ
  • ----- vol.9-----これを着回し!楽ちんなジャージー風素材だけどセンターシームできちんと見え。 パンツ¥13000/AKTEON +ロングカーデできれい見えIラインを作る すとんと落ちるシルエットのパンツにリブロングカーデを合わせて、きれい見え縦ラインの完成! 細いストラップサンダルで肌を見せて、足元はすっきりさせるのがポイント。 ブラウス¥5990/MEW’S REFINED CLOTHES カーディガン¥9800/ココ ディール ネックレス¥3800/Noela 時計¥28000/オー・ビジュー(ロゼモン) 靴¥9000/ルクールブラン OFF クロシェトップスとリゾっぽ小物で今年顔 トレンドのクロシェニットを合わせて、夏ならではの涼しげなモノトーンコーデに。イヤリング、バングル、サンダルはリゾート風でまとめれば今っぽい。 トップス¥10500/Supreme.La.La. バッグ¥1600/カージュ ルミネエスト新宿店(ヒントヒント) イヤリング¥4900/キャセリーニ バングル(各)¥1600/ゴールディ 靴¥9500/シャルロット(SKA)モデル/金城茉奈 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ ワタベウェディング
  • “春夏秋冬”のライフスタイルを提案する、富岡佳子さんの連載。「夏休みの予定は?」今年もあいさつがわりにそんな会話が飛び交う季節。この時期、旅行はもちろん、都会での街歩きにもサンダルが欠かせない。あまたあるブランドからは毎年、新作が発表されるけれども、富岡さんが手にとるのは老舗のもの。「ヨーロッパの高級リゾート地から生まれたような、歴史があって、ストーリー性のあるブランドのサンダルが好きです。そういうところは、ブレずに真摯なものづくりをしている。履きやすさはもちろん、リゾートで雨風にさらされてもへこたれない耐久性もあり、シンプルで洗練された、普遍的なデザインです」写真はヨーロッパ有数のリゾート地、ギリシャのエンシェント・グリーク・サンダルズのもの。 化学染料を使用しないナチュラルなタンレザーを用い、代々受け継がれてきた伝統的な技術をもつ職人が、ハンドメイドでつくっている。 「コンサバで端正なデザインは、白いTシャツにデニムやショートパンツのようなシンプルなコーディネートにも合うし、洋服によってはモード感も演出してくれます。天然素材で履き込むほどにかっこよくなり、合わせやすく、飽きもこないですね。結局、出番が多いのは、こういうサンダル。いろいろ履いて得た、今の私なりの結論です」 エンシェント・グリーク・サンダルズのサンダルは古代ギリシャの神々・神話・器・ジュエリー・彫刻などからインスパイアされたデザイン。素材を生かした、繊細でフェミニンな美しさが特徴。ナチュラルなタンレザーは、履くほどに風合いが増す。 [写真上]サンダル¥26,000(参考価格)/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) ハット¥36,000 /ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ストール¥19,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) その他/私物 [富岡さん]サンダル¥24,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) プルオーバー¥61,000・スカート¥205,000/マディソンブルー ハット¥36,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ)撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 石山とみ子(インテリア) 取材・文/鈴木奈代 ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND