シャネルの春色ミニ財布で気持ちも金運もあげていこう!

Marisol ONLINE
春に新しお財布をおろすと
張る財布(春財布)と呼ばれ
金運アップにつながるとされている
のは皆さんも、もうご存知ですよね♡

私はそれに加えて、イエローが大好き
なのでここ何代かは毎回黄色の
お財布を選んでいます。
(黄色は金運アップカラーですしね!笑)
そして今回の春財布も、もちろん!黄色です。
昨年秋から、この春に使い出す
黄色いお財布をずっと探していましたが、
私が最後に選んだのは黒や赤、ブルーなど、
濃いめのカラーのイメージが強いシャネル!
甘いレモンイエローに一目惚れでした♡
ラッピングのカメリアもやっぱり可愛い!
今回このミニ財布をおろす予定の日は
2019年4月11日。
新しいお財布を使い始めるのに最適と
されている日の天赦日と金運アップの
期待できる寅の日が重なっている
貴重なラッキーデーなんです!

1/2

2/2

カードは3枚。
小銭入れは内側にあるタイプです。
汚れたお財布では運気が下がると言います。
この春、元号も変わる事もあり
新しいお財布で運気を上げていきたいと
思います♡
関連記事
  • ルイ・ヴィトンが2019年7 月19 日(金)~8月4日(日)、ポップアップストアをGINZA SIX 2Fにて開催! 【左】モノグラム LVポップ カンヌ/W15×H17×D15cm ¥317,000・【右】モノグラム LVポップ タンバリン/W18×H15×D8cm ¥268,000(どちらも日本限定製品・税抜) 今回のポップアップストアは、ニコラ・ジェスキエールによる2019 秋冬 ウィメンズ ・コレクションからレザーグッズをメインに展開されるもの。アイコニックな"モノグラム"と"ダミエ"をマッチングさせるなど 、メゾンのニュークラシックやアイコンに再解釈を加えた同コレクションから、多彩ラインナップが登場するそう! 日本限定のレザーグッズをはじめ 、アクセサリーやテキスタイルまで国内先駆けて展開されるので、いち早くチェックすべき。 【上】モノグラム LVポップ ジッピーウォレット/W10.5×H19.5×D2.5cm ¥108,000・【下】モノグラム LVポップ ポルトフォイユ・ゾエ/W7.5×H9.5×D3cm ¥66,000(どちらも日本限定製品・税抜) さらに店内は、パリで開催されたショー会場を想わせる空間。そんな特別なムードの中、ゆっくりと最新コレクションが見られるだなんて…これは行かずにはいられない! 夏のお出かけに、ぜひ立ち寄ってみて。 【LOUIS VUITTON WOMEN'S FW19 POP-UP STORE】<期間> 2019年7月19日(金)~8月4日(日) 10:30-20:30<場所>東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 2F シジェーム ギンザ 【ルイ・ヴィトン】公式サイトはこちら
  • 汗も皮脂も気になる季節に盛れる&崩れにくいメイクって? 紫外線に負けず、美肌を守るには? ――そのお悩み、プロが解決します!\回答してくれたのはこの方々/  美容ジャーナリスト鵜飼香子さん  美容誌『MAQUIA』のエディターを経て独立。女子たちのライフスタイルに沿った美容法を提案してくれる。  ヘア&メイクpaku☆chanさん トレンド感満載のメイクとモチッとした美肌作りに定評があり、ファッション誌でも美容誌でも引っ張りだこ。 ▶▶A リキッドのキラキラシャドウなら一日中映える&崩れにくい!「密着度の高いリキッドのグリッターなら落ちにくく、夜まできらめきが持続。黒目の上下だけにのせて輝きを楽しむのが今っぽ。まぶた全体に広げると、古い印象になってしまうので注意して!」(pakuさん)ブラウス¥5900/dazzlin イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya)ミラーホリック リキッドアイズ BE101 ¥1350/エチュードハウス キラキラの微粒子グリッターと、偏光パールで華やかな目元を演出。上まぶたの黒目上に 黒目の上部分に二重幅を避けてアイカラーをのせ、指でなじませる。 黒目下にも少量ON つけ足さずに①の残りを黒目下にのせ、指でトントンとなじませる。
  • 夏メイク、薄すぎて損していませんか?すっぴん風は夏老けのもと。涼を呼ぶきちんとメイクを!かつてナチュラルメイク全盛時代を過ごし、薄すぎ? 地味? と薄々気づいていても、メイクを濃くできないマリソル世代。「ちょうど盛り」の伝道師、小田切ヒロさんに薄すぎメイク脱出策を教わった。ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさんヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん「きちんとメイクは、決して厚づきではない」と小田切さん。 アイテムを細かく使い分けることで、猛暑でもくずれず、盛ることができる! 小田切ヒロさんが提案!薄すぎ脱出!の勘どころ 1.全盛りメイクはオバ顔のもと!盛りと抜きをバランスよく!しっかりメイクといっても全部を濃くするのは厳禁! 盛るところ、抜くところを覚えよう。2.ベースコスメはひとつですませようとしない! 薄すぎ脱出の第一歩はベースメイク。色つき下地やBBだけではきちんとメイクには見えません!3.パーツメイクは輪郭はっきり! 目もと、口もとのポイントは「エッジ」。あいまいになりがちな輪郭をはっきりさせると、キリリと素敵な大人顔に。【ベースメイク編】アイテムの使い分けでくずれにくく、メリハリ顔に!☆これを使用1.ひと塗りで毛穴レスなスムース肌に。テカリを抑えてサラッとマットな肌が持続。シリコンフリーで、毛穴づまりが気にならない。ミネラルポアレススティック¥2,500/エトヴォス 2.みずみずしさと透き通った感がアップする下地。ほのかにベージュみを帯びているが、肌にのばすと無色透明に。クリアカバー リキッドベース 30㎖¥7,500/アンプリチュード 3.中央のサーモンピンクが、クマカバーに最適。ミネラルコンシーラーパレットSPF36/PA+++¥4,500/エトヴォス 4.軽いつけ心地なのに、頰の赤みやシミ、キメの粗さをしっかりカバー。ツヤ肌仕立て。ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF50/PA+++ レフィル¥5,000・ケース¥1,300/NARS JAPAN 5.テカリを抑え、清潔感が持続。狙ったところに粉を打てる、付属の薄い平筆が秀逸。リタッチ プレスト パウダー 02¥6,500/SUQQU 6.みずみずしいツヤで肌をパンプアップ。ボーム  エサンシエル スカルプティング¥5,500/シャネルBase:1 まずは毛穴埋め小鼻、頰の毛穴ゾーンにポアカバーを毛穴をスムースにする下地1は、ベースメイクの最初に使用。小鼻、鼻の頭、頰の毛穴が目立つところだけに塗り、指の腹でフィットさせる。Base:2 下地は顔全体に手のひら全体で押さえづけ2を大きめのパール粒大取って、手のひらにのばし、顔全体を包み込むように押さえづけ。カットソー¥9,000/ストックマン(オットダム) Base:3 コンシーラーはクマの「フチ」のみあえてクマ全体をカバーせず「抜く」3の中央のサーモンピンクでクマをカバー。まつ毛ギリギリまで塗らず、クマの「フチ」だけになじませる。クマをあえて残して、シャドウっぽく。 Base:4 クッションファンデを押さえづけ顔の中心から外側に向けてスタンプ4を使い、3でカバーした部分の下あたりの頰から、外側に向かってスタンプづけ。額も中央から外へ。すべらせないのがきちんとカバーのコツ。Base:5 フェイスパウダーは必須眉と、眉間の「チビT」、まぶた、鼻の側面にフェイスパウダーを省略する人が多いが、夏は必須。ただし、メイクくずれが気になる箇所のみ。ピンポイント攻めできる5が便利。Base:6 ハイライトはへこみのみにへこんだ影を膨らませるようにハリを出す6のハイライターを指に取り、目と目の間の鼻すじの一番低い部分、こめかみになじませる。ここに光を「盛る」ことで、メリハリと肌のハリ感が出て、いきいき感がアップ。【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/小田ユイコ
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR本誌でも毎回人気のSLG企画。9月号は性別を問わずに身につけられる色、「黒」をテーマにしたレザーグッズ特集です。ファッションだけでなく、様々な分野でますます盛り上がりを見せるジェンダーレスの波に合わせて、オールブラックのSLGを紹介しています。 ブルーのマーブル模様のテーブルにSLGをのせた夏らしい爽やかな扉写真 は、ある男女の食事シーンをイメージしています。食後のお茶も楽しんだ後、お会計をしようと男性、女性どちらも同時に財布に手を伸ばしている瞬間を切り抜きました。男女ともに使いやすい黒色の財布とカードケースにあわせて、お会計のシーンでも「ジェンダーレス」を表現。財布をはじめとした定番品だけでなく、アクセサリー感覚で身に着けられる革小物も登場しています。新しい時代を強く生き抜くために、バックアップをしてくれるお守りのようなSLGをぜひチェックしてください。 SPUR9月号「彼と彼女のSLG」を試し読み(外部サイト)
  • 毎日がんばっている自分へのご褒美として、いつも身に着けていられるジュエリーを購入してみませんか? 40代にふさわしいご褒美ジュエリーをご紹介します。【目次】 ①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ! ②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」 ③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本!①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ!■シャネルのファインジュエリーシャネルを代表するファインジュエリー「カメリア コレクション」から、センターにダイヤを一粒あしらったピンクゴールドのシリーズが登場。「シンプルな着こなしにカメリア コレクションをひとつだけ身にまとう、そんな大人の女性が今年の目標です」と編集長イシダ。 ネックレス¥272,000・イヤリング¥522,000・リング¥254,000(すべてK18PG×ダイヤモンド)/シャネル(シャネル)▶ シャネルのファインジュエリー 詳細はこちら■ティファニーのブレスレットとリングTのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニーTトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。 ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレ ット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ▶ティファニーのブレスレットとリング 詳細はこちら■タサキのピアスTASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。 ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI▶タサキのピアス 詳細はこちら■マグノリア トゥエルブのリング「ざっくりとした冬のニットに色石のジュエリーをさりげなく。そんな大人のムード漂うコーディネートに仕上げたい」とスタイリスト福田亜矢子さん。旅を愛する日本人デザイナーが世界各地で出会った希少性の高い貴石や半貴石の個性を生かして作り上げた、世界でひとつだけのジュエリー。シックで辛口なムードが大人にぴったり。 リング(右)(オレンジムーンストーン×K18YG)・(左)(ブラックスターダイオプサイト×K18YG)各¥270,000/バーニーズ ニューヨーク(マグノリア トゥエルブ)▶マグノリア トゥエルブのリング 詳細はこちら■ハムのリングスタイリスト松村純子さんのひと目惚れは、ハムのリング。どこから見てもパールが楽しめるよう球体の真ん中より下にセッティングされた大き目のブラックパールとシルバーのリングで指輪ひとつでモードな手もとが完成する。 リング(K18WG×BD×Black lip pearl)¥186,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム ▶ハムのリング 詳細はこちら■ザ・キッス センチュリオンのリング「自分が手もとを眺めてアガるジュエリーを見つけました!」とスタイリスト大沼こずえさんがひと目惚れしたのが、ザ・キッス センチュリオンのフルエタニティリング。重ねづけしやすいのも嬉しい。ダイヤモンドのフルエタニティリング。 リング(右)(Pt950×Dia)¥170,000・(左)(K18YG×Dia)¥160,000/THE KISS カスタマーセンター(ザ・キッス センチュリオン)▶ザ・キッス センチュリオンのリング 詳細はこちら■チャン ルーのストーンつきバングルスタイリスト池田メグミさん推薦 「マットゴールドの質感にカラーストーンがさりげなく。少しずつ買い足して、レイヤードを楽しみたいです」。バングル各¥26,000/チャン ルー ジャパン ショールーム(チャン ルー)▶チャン ルーのストーンつきバングル 詳細はこちら■マリハのムーンストーンリングエディター坪田あさみさん推薦 「軽くてつけ心地がよく、華奢で女らしいので、最近はここのリングばかり愛用しています。次はまろやかな白いストーンを狙っています」。リング¥196,000/ショールーム セッション(マリハ) ▶マリハのムーンストーンリング 詳細はこちら②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」■ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレットひとつで、重ねて、シェアしてと辛口スタッズは楽しみ方も自在。スタッズの大きさやカーフスキンの色によって、表情がまったく異なるのが魅力。長さが調節できるベルトタイプなので、男性とシェアしやすいのもうれしい。 バングル(右から)¥24,000・¥24,000・¥33,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)▶ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレット 詳細はこちら ■ティファニーのバングルシルバーのクールな輝きを大胆に重ねて、モダンな手もとに。「ボーンカフ」と「ハードウェア」のラップブレスレット、主役同士のレイヤードもシルバーなら決して行きすぎない。 バングル¥131,000・ブレスレット¥165,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ワンピース¥68,000/ebure▶ティファニーのバングル 詳細はこちら■エルメスのブレスレットシンプルな中にも乗馬のモチーフが光るエルメスらしい逸品。エルメスの乗馬用の鞍についている鋲「クルー・ド・セル」をモチーフにしたブレスレット。レザー×メタルというちょっぴり無骨な組み合わせ、太幅のデザインがかえって腕を華奢に見せ、女らしさを引き立ててくれる。 ブレスレット¥102,000・ピアス¥108,000/エルメスジャポン(エルメス) ブラウス¥34,000/オーラリー▶エルメスのブレスレット 詳細はこちら ■ボッテガ・ヴェネタのハングルブランドの新たな魅力が味わえるミニマルで洗練されたゴールド。上質なレザーグッズのイメージが強いボッテガ・ヴェネタで、ひときわ新鮮に映るゴールドプレートのバングル。究極にシンプルでありながら、ドアノッカーを思せるデザインでその存在感は圧倒的。 バングル¥128,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶ボッテガ・ヴェネタのハングル 詳細はこちら③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本! ■ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングルフリーランスPR 栗原佐知子さん Ring:ディオール(右手人さし指) Bangle:フィリップオーディベール 「数多くをレイヤードするよりも、大ぶりなものをアシンメトリーに少量つけるのがマイブーム。クールな地金系を中心に、ステラハリウッドのカラーストーンリングで女らしさを底上げ」▶ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングル 詳細はこちら ■ショパールとティファニーのリング美女組No.90 miwakoさん Ring:ショパール(薬指ゴールド)、ティファニー(薬指プラチナ)  Bangle:メゾンボワネ(右手首)  Bracelet:ジュールクチュール(左手首) 「ジュールクチュールのブレスレットはシンプルながら立体的なデザインがお気に入り。カジュアルコーデに合わせたらほっこり防止に。ドレスアップ時にも映える華やかさも魅力です」 ▶ショパールとティファニーのリング 詳細はこちら ■ヌエールのリングとプラージュのバングル美女組No.164 kanaさん Ring:ヌエール(右手薬指、左手中指)  Bracelet:プラージュ(右手首) 「ベースはコンサバ派なのですが、手もとでアクセントをきかせるのが好きです。ちょっとデザインがきいたリングを、ややアンバランスにつけてメリハリを足しています」 ▶ヌエールのリングとプラージュのバングル 詳細はこちら ■ララガンとエルナンエルデスのリングエディター 野崎久実子さん Ring:ララガン(右手人さし指)、エルナンエルデス(右手薬指、左手小指) Bracelet:フミカウチダ(左手首上) 「以前は手首に盛りがちでしたが、そのバランスがリングに変化。エッジのきいたかなりゴツめデザインが好みです。シルバーのバングルのようにヴィンテージもチェックします▶ララガンとエルナンエルデスのリング 詳細はこちら※( )内の数値は縦×横×マチで、単位はcmです(編集部調べ)
  • 美容のプロたちの間で2019年注目を集めたコスメとは? 今っぽいピンクメイクにしてくれるアイシャドウや、肌なじみの良いティントリップ、不器用さんでも安心なにじみにくいアイライナーなどなど、この夏はプチプラコスメで夏メイクを盛り上げよう! 答えてくれたのは… 千吉良恵子さん(ヘア&メイク)、河嶋 希さん(ヘア&メイク)、Georgeさん(ヘア&メイク)、森山和子さ(美容エディター)、石橋里奈さん(美容ライター)、平 輝乃さん(美容エディター)、岡田知子さん(ヘア&メイク)、KUBOKIさん(ヘア&メイク) 〈華やかさと色気を約束するで賞〉 コーセー ヴィセ リシェ マイヌーディ アイズ BE-5 ¥1200 ほんのりピンクのニュアンスがオフィスOKな華やぎと色気をプラス(ヘア&メイク 千吉良恵子さん) (千吉良)日本人に似合う、目を大きく見せるブ ラウンやベージュを研究し尽くしたようなパ レット。一見ベーシックななかに、華やかさと色っぽさが潜ませてある、オフィスミュー ズカラー。¥1200(編集部調べ) 〈不器用さんでも簡単に描けるで賞〉 資生堂 インテグレート スナイプジェルライナー (シャドウタッチ)RD550 ¥950 太めの軟らか芯でシャドウとライナーのいいとこ取り! (ヘア&メイク 河嶋 希さん) (河嶋)するする描きやすく、繊細にも太くも簡単。汗や皮脂にも強くにじみにくいので、アイラインが苦手な人にも試してほしい。色っぽいボルドーがおすすめ。¥950(編集部調べ) 〈ストレスフリーな描き心地で賞〉 井田ラボラトリーズ キャンメイク クリーミータッチ ライナー 03 ¥650 なめらか、くっきり、にじまない締めつつ女っぽいブラウンが絶妙(ヘア&メイク Georgeさん) (George)きわまでスルスルスムースに描きやすい、1.5㎜の極細芯。芯の硬さがちょうどよく、ピタッと密着してくれて、落ちない! 引き締めつつ、やわらかい印象になるカラバリも絶妙。¥650 〈大人のピンクメイクに開眼したで賞〉 Clue フーミー アイシャドウパレット sunset pink ¥1230 ブリックオレンジと組み合わせたコンサバにならないピンクに感動(美容エディター 森山和子さん) (森山)「ピンクビギナーの私にも安心感を与えてくれるブリックオレンジとの組み合わせが、さすがのしゃれ感。30代にも似合うほどよいきらめきも、プチプラ価格もどこを取っても最高しかない! ¥1230 〈私イケてる♪を約束するで賞〉 コーセー ヴィセ アヴァン シングルアイカラー (右から)39・38 ¥800 思わずうぬぼれる旬カラー&質感を大人買いしたくなるプライスで(美容エディター 石橋里奈さん) (石橋)今シーズンのトレンドど真ん中のライム、目じりライナーとして使っても色っぽい朱色。シンプルな白Tの日も、これだけ塗ればこなれ感が出るから、ついそろえちゃう♡ 各¥800(編集部調べ) 〈着回し力が半端ないで賞〉 イミュ オペラ リップティント N 01 ¥1500 コスパがよくて着回し力抜群 オペラはいわば、口紅界のZARA(美容エディター 平 輝乃さん) (平)軽やかな塗り心地とシアーな発色。まるで自分の唇そのものが色づいてるようにまとえるから、肌から浮かず心地よい。安いから買うのではなく、オペラだから買う。それぐらい好き♡ ¥1500 〈夏っぽさが止まらないで賞〉 常盤薬品工業 サナ エクセル グレイズバームリップ GB07 ¥1600 透け感フルーティリップで塗ったそばからハッピーフェイス(ヘア&メイク 岡田知子さん) (岡田)フルーティな透け色が、夏っぽくて気分が上がる。合わせるファッションを選ばない、ほどよい攻め感も好き。ハッピーな気持ちになれるポジティブカラーで、唇から元気とエナジーを投入! ¥1600 〈爪へのやさしさとおしゃれ両立賞〉 SEP BEAUTY リキッドステッカーネイル チェリーブロッサム コレクション クラシック ヌード ¥1200 ぺりぺりはがせて、爪にやさしいパック感覚の桜ネイル(ヘア&メイク KUBOKIさん) (KUBOKI)手もとを繊細に見せる絶妙なニュアンスピンク〜ベージュの色展開。オフィスコードにもやさしい旬のムードを演出しつつ、爪にやさしくオフも簡単で文句なし! 9.5㎖ ¥1200 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈  ※BAILA2019年8月号掲載
  • 【防水&防風&透湿性に優れたレインウェア】 山や海に近ければ近いほど、夏の天候はとっても不安定。晴れていてもいきなりドシャァッと驚くような豪雨が襲ってきたり、逆に一日中しとしとミストのような雨で全身スッカリ湿ってしまうことも。しかもほとんどの夏フェス会場では傘禁止なので、雨ガッパはマスト。カッパといってもコンビニで売っているような透明ビニールガッパではガチで命に関わります。GORE-TEXファブリクスなど、防水耐久性・防風性・透湿性をトリプルで備えたアウトドア用のきちんとしたレインウェアを、肌身離さず携帯してくださいね。 【雨に強いシューズ】 フジロックを代表とするかなり過酷な山フェスに、よくあるキャンバス地のスニーカーやビーチサンダルでいらっしゃる初心者のみなさまーーー!!! 命にかかわりますよ!? 岩や雑草がゴロゴロワッサーしている泥道ですし、雨がちょっとでも降ったらあっという間にぬかるみます。晴れ予報なら防水耐久性&透湿性に優れたトレッキングシューズ(右)、雨予報なら軽い登山もいけるレインブーツ(左)などで、足もとの雨対策をぬかりなく! 【着圧式&厚手のスポーツor登山用ソックス】 夏フェスはほぼ終日オールスタンディングで、しかもステージからステージへの移動も多く、足がめちゃくちゃ疲れます......というわけで靴と同じくらい、ソックス選びが大事! 吸汗&透湿性に優れ、靴と足のわずかな透き間をうまく調整してくれる、クッション性の高い厚手生地の靴下を選んで。ランニング用(左)や登山用(右)がイチ推しです。サマソニなど、サンダルでもギリギリ参加できなくもない都市型フェスも、靴下を履くのと履かないのとでは足の疲れが段違いです! 【汗をニオイにしない高機能スポーツウェア】 晴れれば暑すぎ、雨が降っても蒸れまくり......どんな天候でも、とにかく汗をドッチャリかきやすいのが夏フェスというもの。汗自体は無臭ですが、身につけているものに付着してバクテリアが繁殖することで、イヤ~~~なニオイになるんです。そんな憎っくき雑菌の増殖を抑制する「ポリジン」など、抗菌&防臭テクノロジーに優れた素材を使ったスポーツ系のインナーやウェアがおすすめ。もちろん吸汗&速乾機能も◎。ブラトップ/ゴールドウィン(ダスキン) 【虫よけスプレー&お薬】 都会で生活しているとあまり気になりませんが、山には基本、虫がどっさり。むしろ、虫たちの生活圏に我々人間がちょっとお邪魔して、夏フェスを楽しませていただくのですから、彼らの生活を邪魔せず、ケンカしないでお互いに気持ちよく過ごすためにも、日焼け止めと同じくらい虫よけ対策も万全に。個人的に愛用しているのはタイガーバーム(左、シンガポールで購入)と北見ハッカ油です。万が一刺されたときのために、鎮静効果のあるかゆみ止め(沖島の愛用はムヒ)も携帯。 【いろいろ使えるビニールポーチ】 雨や汗で濡れてしまったものを入れたり、逆に絶対濡らしたくないものを入れたり、何かと使えるビニールポーチ。イチ推しの使い方はスマホ用の雨&汚れよけ。ビニールの上からでも操作可能なので、スマホを中にいれてしっかり閉じれば、雨の中でも操作できるし、砂埃や泥からも守ってくれます。沖島は、柄が可愛いイケア(IKEA)のものを愛用していますが、ファスナーつきのジップロックを使っている人もよく見かけます。 【ウェットティッシュ】 夏フェスのお手洗いは基本、ボックス型の仮設トイレです。手を洗うためのシンクが併設されている場合もありますが、ない場合も多数。ほかにも、ごはんを食べる前や何かをこぼしちゃったとき、汗をかきすぎて肌がベタついたときetc.、サッと手や肌を拭けるウェットティッシュがあると快適さが段違い! 沖島の愛用は香りで癒される「HERBAN ESSENTIALS」。コスメキッチン(cosme kitchen)などで購入できます。 【短め丈のワンピース&ポケットつきショートパンツ】 沖島のフェスウェアは基本、ナイロンやポリエステル素材でさらっと着られる短め丈ワンピース&下にポケットつきショートパンツを重ね着します(そしてポケットにお財布など貴重品を入れます)。ロング丈スカートやパンツだと、雨が降ったら裾から泥んこ&びしょ濡れに。また、よく「おすすめフェスコーデ」として登場するデニムパンツも、汗や雨で一度濡れてしまうと、なかなか乾かずに体を冷やしますし、重たくなって機動力が落ちるので、個人的にはおすすめしません。 【メッセンジャーバッグ】 万全の準備をしようとすると、どうしても大荷物になってしまいます。山フェスでは両手を自由にしておく必要があるので、バックパックやショルダーバッグがおすすめ。25リットルくらいのバックパックもおすすめですが、バックパック自体に防水機能がついたものが実はあまりないので、バッグ専用の雨カバーを別途買うか、雨が染みてもいいように、あらかじめ中身をポリ袋などに入れておく必要があります。これが面倒なズボラ沖島はここ数年、完全防水性のメッセンジャーバッグを愛用しています。写真はモンベルのもの。 【サコッシュ】 メインバッグのほかに、ファッション的なトレンドでもあるサコッシュ(肩から掛けられる小さめポシェット)やウエストバッグがあると、スマホやお財布・ペットボトル・リップなど、ポケットのない服でも貴重品がすぐ出し入れできて超便利です。モッシュエリアなど人混みに紛れるときも、短めにたすき掛けして前に抱えていればコンパクトですし、大事な荷物もほぼ安心。はしゃぎすぎて貴重品をなくさないように注意して楽しんでくださいね。 【タオルマフラー】 タオルを持っていかない人はいないと思いますが、ハンカチタイプよりも、写真のような細長いタイプがイチ推しです。理由はズバリ、紛失のリスクが少ないから! 首に巻いてもいいですし(首からかけておけば、首後ろのうっかり日焼けも防げます)、沖島は肌身離さずクロスボディしているサコッシュのストラップにぎゅっと巻きつけて、汗や汚れをフキフキしています。 【キャップ】 日焼け対策はもちろん、雨よけにもなる帽子。レインウェア同様、GORE-TEX採用などで防水・防風・透湿性に優れた素材のものをかぶりましょう。バケットハットタイプもおすすめですが、個人的なイチ推しはキャップです。晴れているときは今どき感が出せておしゃれですし、雨が降っても、レインウェアのフードを上からかぶりやすいんです。ハットだと後ろがつっかえてかぶりにくい気がします(個人の感想です)。 【45リットル以上の大きなゴミ袋&スーパーのポリ袋】 ゴミ袋として使うのはもちろん、地面に敷いてレジャーシートがわりにもできますし(スーパーのポリ袋はちょうど女子のお尻サイズ)、大きいほうは、アウトドア用の折り畳み椅子の上からスッポリかぶせれば雨よけにもなり、使い終わった後は、落ちているゴミを拾って入れながら帰れます。 【モバイルバッテリー&充電コード】 山でも海でも屋内でも、夏フェス会場ではスマホがライフライン! 基本的に会場内には充電スポットもコンセントも一切ないので、予備バッテリーと充電コードは必携です。2個持ちしていれば、インスタに気兼ねなく写真をアップできますし、同伴者とはぐれても安心して連絡がつきますし、「ケータイの充電がぁぁ」と泣くウッカリ仲間に貸してあげて、自分の株を上げることもできます! 【ポータブルハンディ扇風機】 もはや夏のマストハブグッズとして大人気の、手持ち型ポータブル扇風機。写真のニトリ(NITORI)のもののように、ハンドル部分にリチウム電池を内蔵し、お手持ちのUSBケーブルを使ってスマホの充電ができるタイプがおすすめです。この扇風機とケーブルさえあれば、涼もとれるし、スマホ電池切れの心配もなくなって安心♪ モバイルバッテリー機能つき 充電式3Wayハンディファン(HF314WHIQ)¥1990/ニトリ 取材・文/沖島麻美 ※クレジット掲載のないアイテムはすべて私物です
関連キーワード

RECOMMEND