大人の華やかさにきく!ドラマティックトップスはカジュアル素材で選ぶ!

Marisol ONLINE
ウエストコンシャスなドラマティックトップス

1/3

ボリューム袖のドラマティックトップス

2/3

大人レースのドラマティックトップス

3/3

【ウエストコンシャス】ドライなリネン素材で甘さを抑えてリラックスムードに

透け感のある薄手のリネンが大人の色気を引き出して
体に沿わせるように着る、リネン100%のウエストリボンブラウス。同系色のワイドパンツと合わせ、旬のサファリテイストに。リボンはサイドで無造作に結んで。
ブラウス¥24,000/ザストア バイシー 代官山店(コキュカ) キャミソール¥3,800/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) パンツ¥26,000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥57,000/essence of ANAY(I オーエーディー ニューヨーク) ピアス¥33,000/ココシュニック(ココシュニック) バングル¥20,000/ドレステリア 銀座店(ドミニク ドヌーヴ)

【ボリューム袖】ふんわり袖×ラフなニットでほどよい抜け感を

ボリュームあるパフスリーブを×タイトスカートで引き締めてたっぷりと
ボリュームのある袖デザインが目をひくアイボリーカラーのニット。ハイウエストのタイトスカートで今季らしいふわぴたバランスに。
ニット¥24,000/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥17,000/リエス ショルダーバッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) イヤリング¥13,000/マルティニーク丸ノ内(ルーカス ジャック) リング(左手)¥210,000〜/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥196,000・リング(右手)¥246,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)

【大人レース】コットン素材で肌見せレースをヘルシー方向に

肩~背中レースの透け感もネイビーのコットンでとびきりさわやか
両肩が透けるデザインのレースブラウス。ヘルシーな肌見せ感と、ふんわりシルエットが春らしい軽やかさを呼び込んで。×スリムデニムですっきり着こなし、かごバッグやサングラスの先取り夏小物で大人の遊びをプラス。
ブラウス¥15,000/TOMORROWLAND(フィル) デニムパンツ¥20,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バッグ¥108,000(ワイワイ)・ブレスレット¥280,000(リジー マンダラー)/ロンハーマン サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

【Marisol4月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子
大人の華やかさにきく、「ドラマティックトップス」をデザイン×素材のタイプ別にご紹介。
ベーシックこそ更新、はアラフォーのおしゃれの永遠の合言葉。今春アップデートすべき定番アイテムは?
Marisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案。今回は着るだけで春らしく&今年らしくなれる“春トップス”のランキング。通勤に大活躍のボウタイブラウス、休日のデニムコーデに合わせしたいニットや定番のボーダーは今年らしいカッティングのものが人気です!
トゥーマッチな甘さはイタく見えがちだけど、上手に取り入れることができれば女らしさが増し、かつ無難にはまらない
甘いレースアイテムをこなれさせる定番かつ最強のテクニック「ミリタリーMIX」。「脱カーキ」に更新して、一歩先行く洗練を手に入れて
関連記事
  • 誰でも簡単テクニックでこなれて見える、アラフォーのための涼感ヘアアレンジをご紹介。さわやかな髪型から夏のおしゃれの幅を広げて!シンプルなひとつ結びこそ、その時代の“こなれポイント”を押さえる必要が! レングス別に今旬なテクを伝授。 ■ミディアム×ひとつ結び鎖骨下レングスのミディアムは、ゆるっとしたおしゃれ感のあるひとつ結びを。後れ毛を出しすぎないのが大人のポイント!SIDEなだらかな丸みが今の旬後頭部はなだらかな丸みフォルムに。後れ毛は出さず、落ちてくるレイヤー毛を利用すると"脱・お疲れ感"に。シャツ¥17,000/アンシェヌマン(アナカ ノワー)ピアス¥24,000/ジュピター代官山店(ジュピター) リング(オニキス)¥18,000・(ツイスト)¥7,200/UTS PR(ルフェール)★アレンジ前の仕込みテク1.乾いた髪にカールミストを表面~内側までまんべんなく塗布する。ハーフドライの状態くらい、しっとりぬらして。2.ドライヤーの温風を当てて、トップから毛先までをもみ込みながら完全に乾かす。髪のクセを 出してニュアンスをつけるカール状態をキープ。スティーブンノル  プレミアムスリークハイドロリニュー  ミスト カール 250㎖¥1,300(編集部調べ)/コーセー☆How to 1.耳にかかるように結ぶ耳に髪をかぶせながら低い位置でひとつ結びに。結び目を押さえながら、手を"熊手"にして頭頂部の髪を引き出す。2.頭頂部の丸みを出す頭頂部からゴムの結び目までを3 等分に分け、その中間にあたる位置の後頭部の髪を手を"熊手"にして引き出して。 3.耳上の髪をゆるませるワックスを少量取り、耳のすぐ上の毛束を引き出してゆるませる。ゴムに届かないレイヤー毛束にもワックスを。【これを使用!】 柔らかい質感ながら、毛束をきわだたせ、自然な動きをキープしてくれる。PEACE ハードwax40g¥1,500/アリミノ【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/今井りか 竹内友梨 取材・文/松井美千代
  • 近ごろ、巷では「くびれサギ」が多発中! ウエストマークをするだけで今っぽさもスタイルアップも叶っちゃう。そんなおいしい話に乗らない手はない♡クール派は太ベルトをガツン!リラックスムードの着こなしに軽快なメッシュが好相性 メッシュなら太くても強すぎない。 ベルト¥1900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ブラウス¥18000/TOMORROWLAND(トゥモローランド) ワンピース¥15000/ヒロタ(31 Sons de mode) ピアス¥2769/ザラ・ジャパン カスタマーサービス(ザラ) バッグ¥1990/GU 靴¥13800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY)気楽なニットワンピも アシメベルトのくびれ効果で女っぽ♡ デザイン性のある太ベルトが主役。さらっと体に沿うニットワンピに、くびれが出現。 ベルト¥5000/Noela ワンピース¥5990/AG バイ アクアガール パンツ¥8900/RANDA イヤリング¥27500/メゾンソワリー堀江店(ソワリー) バッグ¥3880/fifth 靴¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)きれいめワンピがくびれてあか抜ける!太ベルトのインパクト お行儀のいいシャツワンピ。ゴールドのバックルをきかせた太ベルトで今っぽ顔にスライドを。 ベルト¥1998/SPINNS ワンピース(共布ベルトつき)¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 バッグ¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(アーロン) 靴¥4500/EVOL(イリマ)他の画像を見るモデル/鈴木ゆうか 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/KITA(Nord) スタイリスト/石田綾 構成・原文/東原妙子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 8/17(土)〜8/23(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!8月17日(土)京都・鴨川で涼を感じさせる大人デートは白ベージュの軽やかさで ★コーデの詳細はこちら >8月18日(日)アクティブ派な彼とのグランピング体験。洗えるワンピースはマストで ★コーデの詳細はこちら >8月19日(月)定番のボーダーなれどマンネリにならぬためにはボトムに色を ★コーデの詳細はこちら >8月20日(火)お盆明けはほんのり秋を感じさせる大人ベージュでモダンを意識して ★コーデの詳細はこちら >8月21日(水)ジムに寄る日はゆるパンツ&スニーカーで。鮮やかニットでキレイめに ★コーデの詳細はこちら >8月22日(木)エアコンの効いた会場ではハンサムな洗練ブラックで映えを意識して ★コーデの詳細はこちら >8月23日(金)年に一度の写真撮影。レフ板効果のある白ブラウスでシミをとばして ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 甘めフェミニンOLがデートにスニーカーを履いていくなら、おすすめはおしゃれ感と女性らしさを兼ね備えた秋色ローテクスニーカー。暖色系なら可愛げな印象がさらに高まって。可愛くなりすぎないボルドーやキャメルはさし色にもなってgood! 甘めフェミニンOL絵美里は、暖色系秋色ローテクで可愛げを こっくりボルドーで女っぽさと秋感をひと盛り 可愛すぎず、ほどよい女らしさのあるボルドー。主張しすぎないローテクなら、甘派の定番、色スカートとも好相性。靴「MASTERS 319 1」¥13500/ラコステお客様センター(ラコステ) Tシャツ¥11000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) スカート¥19000/RHC ロンハーマン(エリーン) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥21000/CPR TOKYO(パラ) リング(太)¥135000・(細)¥80000/イセタンサローネ 東京ミッドタウン(カラットアー) バッグ¥37000/ブランドニュース(ストラスベリー) (男性)靴「ML574」¥9900/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) ニット¥7990/プラステ Tシャツ¥7800/スローン パンツ¥24000/フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス(フリーマンズ スポーティング クラブ) 履いたのはコレ! LACOSTE[MASTERS 319 1] 靴ひもまで赤で統一することでまとまりよく。「MASTERS 319 1」¥13500/ラコステお客様センター(ラコステ) これもおすすめ! さし色にぴったりなボルドー。「U220」¥6900/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) キャメルやソールのラインなど、どこかヴィンテージっぽい一足。「ERA」¥6000/ヴァンズ ジャパン(ヴァンズ) くすみがかったパープルが大人な雰囲気。「PANTHER JOGGING」¥16000/世界長ユニオンお客様相談室(パンサー) オールスター100周年限定モデル。チョコレートブラウンが大人な甘さを演出。「ALL STAR 100 PKG COLORS OX」¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/絵美里、山中修平 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載
  • まだまだ暑い日が続くけれど、スタイリングでは秋の気分をいち早く取り入れたい! そんなときにオススメなのが、今すぐ着られて秋らしさも満喫できるチェック柄アイテム。コペンハーゲン・ファッションウィークのオフランウェイスナップから、チェック柄を上手に取り入れたスタイリングをご紹介マドラスチェック柄シャツでトムボーイにPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesマルケス アルメイダのチェック柄シャツを着た、インフルエンサーのスワンティ。ビッグサイズのシャツの袖をロールアップして、トムボーイのように着こなした。白いインナーや黄色のパンツ、ブルーサンダルのカラーリングが、シャツのマドラスチェック柄に使われた色と呼応してフレッシュなムードに。サンダルのストラップをパンツの裾上から結び、シルエットを変えているところにも注目!チェックとタイダイを大胆ミックス!Photo by Christian Vierig/Getty Images 黄×黒のチェック柄スカートに合わせたのは、なんとタイダイ柄のトップス! トレンドの柄2種をミックスした意外性のあるスタイリングがまとまって見えるのは、彼女のセンスの高さゆえ。トップスとブーツをタイトなシルエットでまとめ、ボリュームのあるスカートと対比させた。エッジィな中にも女性らしさの感じられる着こなしに。フレッシュな水色のシャツドレスを主役にPhoto by Christian Vierig/Getty Images 水色のチェック柄シャツドレスがよく似合っている、フリーライターのアリッサ。ドレスを主役にしたシンプルなスタイリングながら、ドット柄のバッグを足していたり、スクエアトゥの二連ストラップパンプスをチョイスしていたりと、彼女のこだわりが光る。ドレスはニュージーランドのブランド、ハリス タッパーのもの。今すぐ着たい、秋らしいチェック柄ブラウスPhoto by Christian Vierig/Getty Images今すぐ着たい秋アイテムの筆頭候補が、チェック柄のブラウス。インフルエンサーのティーヌは、秋らしいブラウンのチェック柄をチョイス。肩を落として着たり、ボウタイを背中に垂らしたりと、無造作に着崩して抜け感をプラスした。ブラウスのフェミニンな表情を、スリムパンツやブーツでクールに引き締めて。ブラウンのセットアップでシックにまとめてPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのリンダは、バイ マレーネ ビルガーのチェック柄チュニックとパンツをセットで着て。風になびくワイドパンツの裾やラフに結んだ共布ベルト、フラットサンダルを履いた足もとに、エフォートレスな雰囲気が漂う。全身をブラウンカラーで揃え、秋らしいシックなムードでまとめた。格子模様のパンツに、ノスタルジックなニットベストをPhoto by Christian Vierig/Getty Images スタイリストのエミリが着たウェアはすべてスティーヌ ゴヤのもの。黒い格子模様がモダンなパンツに、フリルブラウスとニットベストを合わせ、ガーリーな雰囲気をプラス。ノスタルジックなブラウス&ベストを、パンツのジオメトリックな柄が引き締めている。さらにプラダのクラッチバッグで色を足した。白地のプリントアイテムに、小物で色をプラスPhoto by Christian Vierig/Getty Images格子柄のパンツに、小さなドット柄のトップスを合わせて。柄と柄をミックスしたスタイリングだが、どちらも白を基調としているので、クリーンな雰囲気でまとまって見える。ボーイのバッグのピンクと、シューズのピスタチオグリーンで、くすんだカラーをプラス。パンツスタイルにフェミニンな表情が加わった。ムードの違うチェック柄を重ねて、モダンな表情にPhoto by Christian Vierig/Getty Images ハイネックトップスとラップスカートで、表情のまったく異なるチェック柄を重ねて。トラッドなチェック柄のスカートが、トップスとの相乗効果でぐっとモダンに変身した。トップスのタイトなシルエットと、光沢のあるスカートの素材感が、着こなしにモードなひねりをプラス。優しい色とビッグシルエットでコントラストを描いてPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesチェック柄のビッグシャツを羽織った、インフルエンサーのクレール。チェック柄に使われたピーチピンクを、バッグとパンツでリフレインして、スタイリングに統一感を出した。たっぷりしたシャツとフレアパンツが生み出すシルエットが新鮮! メンズライクなざっくりとした素材感のシャツには、優しいピンクの色みでガーリーな表情をオン。トレンチコートをハット&フーディでカジュアルダウンPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのサラは、早くもトレンチコートでチェック柄を取り入れた。トラッドな雰囲気の正統派コートは、バケットハットやフーディでカジュアルダウン。足もとはスニーカーではなく、センシュアルなストラップパンプスを選んで変化をつけた。PVCとレザーのコンビネーションバッグはボーイのもの。チェック柄ドレスのアクセントに、ネオンカラーのバッグをPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesエディターのハンナが着たミニドレスとバッグはガニーのもの。クラシカルなブラウンのチェック柄に、バッグのネオンイエローが現代的な表情をプラスして。ふくらんだ袖とタイトなミニスカートのバランスにも、旬のムードが漂う。フェミニンな印象のドレスに対して、足もとはショートブーツでエッジィに。 text : Chiharu Itagaki
  • 今日は、ホテルでのティータイム。気さくな時間を過ごす友人ではなく、お客様の場合。 こんなスタイルで出かけました。 暑い中、昼前から早めのティータイム。 今日は、お仕事です。 友人とワイワイするのではなく、大切なお客様をお迎えするのに選んだスタイルをご紹介します。ペールブルーのシフォンのノースリーブブラウスに、レースのベージュスカート。 ビジネスの場なので、裏地なしのジャケットを肩から羽織りました。 このユナイテッドアローズのジャケットが超優秀!! (残念ながら、今期のものではないのですが。) ポリエステル素材でシワにならないので、 暑い外ではくしゃっとバッグに入れていても、全く問題なし。 ホテルでは、シワなしで着ることができます。 ホテル内はクーラーが効きすぎて肌寒いことも多いので、 こういう素材のものは、一つあるととっても便利です。 温かいお茶で、冷えをとりながら・・・。 夏も羽織りものは、絶対外せない私なのでした。美女組No.154 吉 ちえりのブログ
  • 今からでも遅くない!秋まで使えるシューズカタログこれから夏の靴を買うのは遅すぎる? いいえ、そんなことはありません! “夏から秋まで使えるぺたんこ靴”が、こんなにたくさんあるんだから♡ これからやりたいおしゃれに合わせて選んでみて。まったく同じものじゃなくっても、デザインや色使いをぜひ参考にしてくださいね。洗練されたさし色は《グリーン》に決定!華やかさと大人っぽさ、両方とも欲しい人へ。スタイリッシュさが際立つ、青みグリーンを。(上)ぺたんこサンダルもグリーンのしゃれ感でカジュアルすぎない。ブラウンとの配色がいかにも今年風。(1.5)¥31000/ココロ(セレナテラ)(中右)グリーン、スエード、ポインテッドトウ。トレンド要素がつまった一足は、後ろリボンの甘めデザインとカラーのコンビネーションが絶妙。(1.5)¥15800/カルネ(ダニエラ&ジェマ)(中左)つややかなグリーンがスタイルにモードをひとさじ。ぺたんこでも大人っぽいストラップデザイン。(1)¥10000/ダイアナ 銀座本店(下)スタッズも相まって、カッコよくはけるローファーに。夏は素足に、秋以降は靴下やタイツと。(1)¥10000/プールサイド マロニエゲート銀座2店ラフな抜け感をくれる《華奢トング》は見つけたら即買い抜け感を出すのに最適なトングは、たとえばあえてきれいめ服に合わせたり、秋コーデの足もとに選んだり。その意外性が最高におしゃれ。デザインは華奢であればあるほど素敵に見える。(上)くるくると巻きつけるタイプのストラップは、足首を華奢に見せ、センシュアルなムードを盛り上げる。まぶしい色は、意外と使えるから見つけたらぜひ。(1)¥5990/ロコンド(MANGO)(中)究極にシンプルなトングは、レザー調でシックに。ジャケットスタイルのはずしとして合わせるのがおすすめ。今年はもちろん来年の夏だってきっと出番あり!(1)¥4500/ヌオーヴォ(下)まぶしいピンクが夏の日差しに映える。親指が固定されて歩きやすいのもいい。ペディキュアとのコーデも楽しそう。(1.5)¥12000/ディアナ ドットきれいめコーデにもなじむ《メッシュ編み》上品ながらも力の抜けた雰囲気を演出。(上)ナチュラルなムードが光るセパレートパンプスは、フレンチシックなコーデに。(1.8)¥6500/ダブルエー オリエンタルトラフィック(ダブルエー)(中右)ローファーだってメッシュ編みなら、涼しげ。大人っぽい表情で、着こなしに上品さが。(1)¥16500/モーダ・クレア(ランバン コレクション)(中左)シルバーカラーなら、大好きなバレエシューズもまたひと味違った印象に。(1)¥3990/ヌオーヴォ(下)ソフトなスエードメッシュは、はき心地もこなれ感も。さっとはいてパッとお出かけ♡(2)¥10000/ブルーブルー(パオロ ボーヴ)大人の可愛さをさすなら《パープル》カラーで甘すぎず女っぽい、モア世代らしい可愛さを体現。フェミニンなデザインでいっそう美人。(右)リボンの可愛げに加えてスクエアトウでレディな魅力も。秋の着こなしにももちろん似合う。(1.8)¥22000/ラ ジュンヌ ブティック(ファビオ ルスコーニ)(中右)深いパープルがいい女感を醸す。ゴールドのヒールもリッチ。これから先のシーズン、人気のニットパンツに合わせてみたくなる!(1)¥5900/カミーユビスランダ(中左)アートなステッチに遊び心を感じて。アンクルストラップは秋も注目のデザインのひとつ。(2)¥19000/ディアナ ドット(左)優しいラベンダー色は、オンオフ限らず大活躍。甲深なアッパーは、ボトムともバランスがとりやすい。(1.5)¥14800/カルネ(ジェマ リン)大注目の《レオパード柄》は気軽に足もとから、が正解春先からジワジワ人気が上昇中のレオパード柄。気になるけど勇気が……という方に朗報。靴でも続々と登場しているから、さりげなく足もとに取り入れられます! なかでも強すぎないバレエ靴がモア読者にがおすすめ。(右)黄色みベージュとブラウンの優しい配色が1足目にぴったり。丸みシェイプも可愛げをプラス。(1)¥9500/Fin(中)今どき甲深シルエットは、ほどよいボリュームでどんなボトムとも合わせやすい。(1)¥7000/ABE(カオリ プラス)(左)細身フォルムは足を華奢に見せて女度UP。(1)¥10000/プールサイド マロニエゲート銀座2店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/高野麻子
  • 朝イチに届いたスカートをはいて美容室でトリートメント♡ 夏の日差しでダメージを受けた髪もすっかりツヤツヤに戻った! この前ECブランドで頼んだスカートがもう到着♡ すぐさま着たくなって、休日コーデに取り入れ。パッと目に飛び込む明るいキャメルスカートは、落ち着いたトーンだから派手すぎず、大人っぽさと"秋先取り感"をかなえてくれる。ストライプのトップスを合わせれば、旬らしさがさらにアップ! 今っぽいサングラスやバッグで、思いっきりトレンドを楽しんで。美容師さんから、「いつもおしゃれですね。スカートも高そう」って! コスパアイテムと伝えたら驚かれちゃった(笑)。 ブラウス¥6000/ナチュラルビューティーベーシック スカート¥4590/ティティベイト リング¥9000/ジュエッテ バッグ42000/コード(ヴァジック) サングラス¥25000(ブラン)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥9000/ジュエッテ 【今月のPROFILE】表参道のデザイン事務所勤務、WEBデザイナー・絵美里大手メーカーの広告を手がけるWEBデザイナーとして働く31歳。仕事に邁進するあまり、買い物に行く時間がないほど多忙。持ち前のリサーチ力を生かし、ECサイトにハマり中。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【「titivate」のキャメルスカート】 旬と定番のバランスが絶妙。ほのかなフレアシルエットが大人の可愛げをかなえ、リネンライクの素材感が上品さを後押し。ハイウエストで脚長効果も抜群。¥4590/ティティベイト 【ストライプ柄ブラウス】 細見えするストライプ。¥6000/ナチュラルビューティーベーシック 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/東 京祐(人)、坂田幸一(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/絵美里 取材/道端舞子 WEB構成/衛藤理絵
関連キーワード

RECOMMEND