母の日のギフトやおもたせにも♡人気のお勧めお菓子3選。

Marisol ONLINE

皆さまこんにちは。

今日も冷え込んでさむいですねーーーーーーー泣。゚(゚´Д`゚)゚。

近所の桜はまだ5分咲きです笑

この寒さも明日までだそうなので、もうちょっと!



さて、最近珍しいお菓子を運良く買える機会が続いて、

母の日も近いし、ギフトに贈ろうかな?と考えています。



まずひとつめは、金沢の老舗和菓子屋さん、「落雁 諸江屋」さんの千代古禮糖(ちょこれいとう)。

先日とある旅番組で紹介されていて、その場でネット検索して、

すぐさまお取り寄せしました笑。(ミーハー)

せっかくなので他にも色々お試しで購入しました。商品の一部は全国の三越の菓遊庵にも取り扱いがあるようです。
せっかくなので他にも色々お試しで購入しました。商品の一部は全国の三越の菓遊庵にも取り扱いがあるようです。


落雁とあんこが層になっていて、周りがチョコレートでコーティングされています。

落雁のイメージが変わって面白いお味。

いつも似たようなものばかり贈ってるし、

ちょっと珍しいものを贈りたいな、なんて時にはいいかなと思います。



二つ目は、「菓子工房ルスルス」さんのクッキー缶。

こちらは行列に並ばないと買えない、

いや、並んでも買えない方もいらっしゃるというほどの、

今とても人気のお菓子。


行列スウィーツをさりげなくお渡しして驚かせる、

これも贈り物をする時の楽しみでもありますよね。

こちらは星空缶。
こちらは星空缶。


私が購入したのは銀座松屋さん。

いつも行列ができていて「なんだろう?」と思っていたら、このルスルスさんのクッキーと判明。

4/1からは予約販売(店頭での受付のみ)になるとの事で、

その受付開始の3/20にちょうど通りかかって運良く予約することができました。

確実に購入されたい場合はやはり予約がお勧めです。

こちらからルスルスさんのホームページを見て頂くとFAXやメールで注文できるそうなので、是非ご覧になってみてください。

こちらは鳥のかたちクッキー缶
こちらは鳥のかたちクッキー缶

見た目も可愛くて、とっても美味しいクッキーは、

年代性別問わず喜んで頂けるかなと思います。



とはいえ、入手困難なクッキー缶ですし、(^_^;)

手に入りやすくていいものはないかな?と探してみたら、

パン屋さんで有名なアンデルセンさんにも、とってもかわいいクッキー缶がありました♪

童話クッキーシリーズという商品で、とにかくかわいい!

3つ目はこちらをご紹介したかったのですが、

まだ実際に商品を購入しておらず、お写真でご紹介できずすみません。

こちらのURLからアンデルセンさんのホームページをご覧頂けますので、覗いてみてください。


贈り物を選ぶ時に喜んでもらえる顔を想像しながら選ぶのは楽しいものですね。


さて、どれにしようかな?




関連記事
  • 世界に先駆け、日本発のニューコンセプト《My First LALIQUE(マイ ファースト ラリック)》を始動。”体験型ストア”でラリックの世界を堪能できる。“クリスタル界のオートクチュール”と称されるライフスタイルメゾン、ラリックの旗艦店であるラリック銀座本店が、4月26日(金)にリニューアル・グランドオープンした。 ラリックは、1888年にフランスで創業され、〝クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のメゾン。創業者であるルネ・ラリックは、「モダンジュエリーの生みの親」とも言われ、またガラスを使った創作においても〝芸術の巨匠”といわれた人物だ。 その歴史あるラリックが、リニューアル・グランドオープンとともに、世界に先駆け、日本発のニューコンセプト《My First LALIQUE(マイ ファースト ラリック)》を始動。ギフトにもぴったりな上質なアイテムを取り揃え、より多くの人へラリックの創造的で詩的な世界感と魅力を伝えていくという。 ラインナップには、ホームウェアやアクセサリー、香水、香りで世界をめぐる「旅」がテーマのフレグランス、ラリックオリジナルのワインなどが揃う。 また、ワインをテイスティングしながら、まるで邸宅にいるかのようなリラックス感を味わいつつショッピングができる、”体験型のストア”というのも特徴だ。店内は、従来のラリックのイメージカラーであるモノトーンから離れ、ペールトーンのピンクやグレー、ベージュ、ゴールドといった明るいカラートーンを使用。これまでのラリックとはひと味違った雰囲気を楽しめる。 また、コンシェルジュカウンターが設置されたほか、インテリアデザインのオーダーメイドも可能となっている。カボションリング 各¥19,000コスチュームジュエリー新作「EURYDICE」 リング¥38,000~(6/10発売予定)レ コンポジシオン パフュメ オードパルファム 100ml各¥33,000(5月下旬発売)ワイン アソートメント「コフレ ラリック」 6本入り¥130,000 1本¥5,000~1921年の工房設立以来、すべてのクリスタル製品は熟練した職人の手作業によって生み出されてきたラリック。 そんな”クリスタルガラス界のオートクチュール”の世界を堪能しに、ぜひ一度足を運んでみてはいかが?ラリック銀座本店ラリック銀座本店東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル 営業時間:11:30~20:30問い合わせ先:ラリックジャパン株式会社 TEL:03-6226-5514https://www.lalique.com/jp
  • 5/28(火)に公式オンラインストア&アマゾンで販売スタート!!韓国・ソウル発のウェルネススキンケアブランド『ラゴム』が、ついに日本初上陸! 心待ちにしている女子も多いのでは♡? 肌の自ら潤う機能を正しく稼動させ、健康的な肌に導いてくれる全6アイテムが5/28(火)に発売されます。中でも注目は、ブランド人気ナンバーワンの日焼け止め乳液「サンジェル」。実は今回はじめて使ってみたのですが、“こりゃ人気なワケだわ......”と納得&すっかり気に入ってしまいました。SPF50+、PA+++と高いUVケア機能を持ちながら、韓国の肌刺激テストで低刺激判定を得ている優れもの。肌の水分保持力に着目した成分アクアリシアと、保湿成分のヒアルロン酸が、肌の潤いを保ってくれます。垂れてこない固めのテクスチャーで、ベタつかず、軽やかで伸ばしやすい。するりと肌に溶け込む、みずみずしい使用感です。塗ると白いクリームが透明になり、ツヤっぽい仕上がりに。私はメイクするとき、美容液などで肌を整えた後、化粧下地の前に「サンジェル」を塗っているのですが、心なしか化粧ノリもいい......! そして、崩れにくい......!! この夏、というかこの先ずっとお世話になりたいグッドアイテム:)♡ クレンジングフォームやミスト化粧水など、他の5アイテムも使ってみたくなるほどの良さ◎ みなさんにもこの感動を味わってほしい(笑)!!!渋谷と銀座の『ロフト』では現在先行発売中のようなので、一足お先にGETしたい人はぜひおでかけを。これからも、『ラゴム』をはじめとする韓国コスメから目が離せない!(ライター愛ちあん)ラゴム サンジェル 50ml¥3000/アリエルトレーディング
  • シンプルな定番ボーダーをフェミニンに着こなすコーディネート定番ボーダーにダスティピンク(くすみピンク)のふんわりスカートを合わせて、すっきりきれいめな着こなしに。 爽やかなボーダー配色とフェミニンなスカートで大人っぽいスタイリングが楽しめます。ボーダーの首もとがホワイトなので、顔映りをすっきり見せてくれる効果も。 ホワイトの分量が多いボーダーは爽やか度もアップ。 透け感のある素材のスカートなら、ロング丈でも涼やかです。 彩度が低いピンクなので甘さ控えめ。淡い色合わせでも、色相の異なる2色を組み合わせるとメリハリが生まれます。 スカートはサイドから見ても広がりすぎないシルエット。 トップスはウエストインするのがポイントです。 スニーカーならカジュアルに、パンプスならきれいめなコーディネートが完成します。 私はGW明けにサンダルを履き始めたら、もうパンプスに戻れなくなってしまい、毎日サンダルです。サンダルとかごバッグはブラウンで統一しました。 シューズとバッグなどの小物はホワイト、ブラック、ブラウンのセットを持っておくと便利です。tops MACPHEE skirt fifth sandals PICHE ABAHOUSE bag jungle jungle週末は気温が上がって30度にとどきそうな勢い。 心地よい季節はあっという間に過ぎますよね。暑くなる前に着たい服を着ておかないと、と思ってます。 美女組No.161 愛のブログ
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • 最近まわりに妊婦さんが増えてきました。出産経験者としては、ベビー用品のプレゼントももちろんうれしいけれど、変わりゆく自分の身体を気遣ったギフトが忘れられないくらいうれしかったのです。そこで、妊娠が分かった友人・知人にはボディケアアイテムを選んできました。直近で評判がいいのがMammaBabyのベビーオイル! ヨーロッパで支持されているという「スーパーグリーン」のブランドです。多額の費用がかかるオーガニック認証をうけない代わりに、良質な原料から生まれた製品を、なるべく手の届く価格で不安なく届ける、という次世代オーガニックのスタイルだそう。 こちらは500mlで2500円です。贈る側もそこまで負担なく、もらう側も気兼ねなく受け取れるプライスだと思います。ベビーオイルという名称ですが、妊娠線予防用オイルとしてプレゼントしています。ポイントは、プッシュ式であること(蓋つきに比べてとてもストレスフリー!)、たっぷり使っても惜しくない容量、そして人工香料フリーなので妊娠中の敏感なひとにもいい。現在5カ月の友人いわく「少量でもよく伸びていいですよ! 肌につけた後すぐに服を着ても、べたっと不快な感じにはならないところも、ずぼらな自分にはありがたい」とのこと。出産したら、もちろんベビーマッサージにも使えます。 お祝いギフトにお困りの方、おすすめですよ。 保存
  • オフィスではすっかりデジタル化&ペーパーレス化が定着したとはいえ、まだまだ私たちのお仕事に欠かせないのがペンやノート、メモ、マスキングテープなどの文房具。読者のみなさまもそれぞれ“愛用の逸品“をお持ちだと思いますが、BAILAエディターズに意外と人気なのが【無印良品】のステーショナリーです。今回は、元無印スタッフで現編集部員の編集バタコが実際に愛用している名品7アイテムをお届けします。元スタッフが溺愛する【無印良品】本当にコスパのいい文房具7選植林木ペーパーチェックリスト付箋紙(45枚) ¥250 「四角いチェックボックス&罫線が12列ある縦長のポストイット式メモパッド。サイズ(横45×縦98mm)、粘着力ともに手帳やデスクにちょい貼りするのにちょうどいい大きさで、ToDoリスト管理に愛用しています」(バタコ)ダブルリングノート無地(B6・80枚)¥190 「A4、A5、A6、A7、B5、B6と幅広いサイズ展開を誇る【無印良品】のノート。私が愛用しているのはB6サイズで、360°折り返せて、上下左右どちらからでも使えるダブルリングタイプ。カバー台紙がしっかりしているので、立ちながらの取材やメモ時にもとても便利です」(バタコ)ハンドシュレッダー ¥990 「ストレートカットの手回し式ハンディサイズのシュレッダーで、ハガキサイズくらいまでの紙をさくっと分解できます。コンパクトサイズ(約幅182×奥行50×高さ30mm)なので会社のデスクでも収納場所を取らず、しかも立てて置いておける自立型」(バタコ)ポリプロピレン小物ボックス ¥60 「クリップや画びょう、安全ピンなど、細かい文房具を入れておく用途のものですが、ピアスやリング、ネックレスなど小さなアクセサリー&ジュエリーのポータブル収納ケースとして活用する方法も! 使い道いろいろの万能ケースです」(バタコ)こすって消せるボールペン 各¥150 「キャップ部の専用ラバーでこするとインクが消えるボールペン。シンプルなデザインと書きやすさに加え、0.5mmという細すぎず太すぎない芯、インクの減り具合が一目瞭然なクリアケース、替え芯(¥120)があってエコフレンドリーなところもお気に入り」(バタコ)ポリカーボネイト シャープペン(ラバーグリップつき)¥80 「驚くほどプチプラなのに、とても丈夫な素材のポリカーボネイトを軸に使用し、指が滑りにくいラバーグリップで仕上げています。芯は0.5mm。個人的には“人生史上最も書きやすい”と思っています」(バタコ)マスキングテープ 3本組 各¥390 「華やかで可愛らしい柄と、貼りやすさ&はがしやすさ、テープの上から文字が書けるなど、文房具女子に根強い人気を誇るマステ。白い無地のもありますが、人気は3色パック(上)と伝統柄パック(下)。自分用はもちろんですが、海外の方へのお土産としても喜ばれます」(バタコ)以上、編集バタコ渾身の【無印良品】文房具プレゼンでした! どれもプチプラなので、みなさまも一度買ってお試しいただくことをおすすめします。ネットでも買える!【無印良品】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】生活まるごと頼っちゃう! 編集部が溺愛する無印良品の名品取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■ベイクドマロウの「焼マシュマロサンド」POPなグリーンのパッケージもかわいい「焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ」。 軽く塩味の効いたクッキーでふわふわ&なめらかな焼きマシュマロをサンドしているだけでも美味しいのに、クッキーの内側はマシュマロをさらに美味しくするチョコレートでコーティングされています。 出来立てのような食感が楽しめるベイクドマロウ、ボリュームがありますがなんといっても軽やかなので、あっという間にいただけてしまいます。★ベイクドマロウ 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 5月も終盤に差しかかり、6月に入ると、あの嫌なジメジメ湿気やじとっとした梅雨がやってきます。 そんな季節に入ると気になるのが、カビや繊維の生乾きですよね。 今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話です。 ▲洋服や服飾小物など幅広く使われていますが、今回は生活雑貨に注目 毎日使うハンドタオルやバスマット、パジャマやスリッパをリネンに変えると「なんて気持ちいいの!」と驚くほど、とにかく乾きが早く、表面がさらっと心地よい素材なのです。 産地やブランドによって素材感が少しづつ異なるので、バイヤー目線のレビューと一緒にご紹介いたします。   ▼お先にリネンのコンテンツを見たい方はこちらから!   \汚れやすいエプロンこそリネン素材/ Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税 きれいな発色、豊富なカラーバリエーションが人気のリネンフルエプロン。 一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しており、肌に当たってもチクチクしません。 薄すぎずしなやかで若干コシがある、身体に合わせやすい生地です。 梅雨でも4~5時間あれば乾き、家事をするのに頼もしいエプロンです。   \リネン初心者はキッチンクロスから/ fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税 「fogといえばリネンキッチンタオル」と呼ばれるほど、fogの代表作であるキッチンタオル。 使い始めはのりが付いていてパリッとしているので、3回ほど洗うと風合いが出てきます。 このパリッとしている感じが、逆にギフトや記念品に使いやすいです。   長さが65cmあるので、半分に折りたたむとランチョンマットにちょうど良い大きさに。 コーヒーをこぼしても、油染みがついても、直ぐにさっと洗ってパッパと手で伸ばして干せば、半日でまた直ぐ使えます。   Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税 fogとは対照的に、一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しているLino e Lina。 初めから使い込んだような柔らかさを得られるリネン生地です。 水周りの布ものには、リネン素材が最適です。 なぜかというと、リネンは繊維の奥まで水分が入り込まないうえ、汚れがつきにくい素材なのです。 カビや雑菌の温床になる水気をすばやく発散させるので、表面もカラッとしています。   ▲私はこんな感じで台所のハンドタオルにしています   ▲こっちは、水切りかご代わりに。食洗機に入らないものを洗浄後に置いています。   cushion/【Vaxbo Lin】ディッシュクロス/¥2,000+税 さらにもう1つ、スウェーデンにあるVaxbo Lin社のキッチン&ディッシュクロスです。 織機でざっくりと織ったクロスは、洗うたびに撚っていた糸がふっくらと変化し、使用年月を重ねるごとにふわふわの肌触りに育っていきます。   ▲光沢感のある丈夫で美しいリネンと織り目が特徴です   \バスマットもすぐ乾くリネン推し!/ cushion/【Vaxbo Lin】バスマット/¥3,800+税 さきほどご紹介したVaxbo Linから、今度はバスマットの紹介です。 こちらも織り目や素材はディッシュクロスと同じですが、たっぷりのリネン糸が吸湿速乾するため、お風呂上りが2~3番目でも足裏が気持ちの良いマットです。   \一旦ここでティーブレイク?!/ ━ リネンの洗い方のコツ ━ リネン生地は、自宅でお洗濯ができる素材です。上手に扱えば、洗濯機でも洗うことができます。洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」がポイントです。 先ほどのバスマットを洗濯機で洗って干したものがこちら↓ (畳んでいたので折り目ありますが…)ノーアイロンでも大丈夫そうな仕上がりです! 「弱水流」は、弱コースやおしゃれ着洗いコースなど、洗濯機の機種に合わせて水流の弱いコースを選んでください。 「脱水時間」は、私がいろいろ試した結果、2分を目安に脱水するとシワシワになりません。   《 脱水2分 》がこちら 触ると全体的に水分がまだ残っているような感じで重みもありますが、この重力で生地が伸び、素早く水分が発散されシワシワになる暇もない、といった感じです。   《 脱水7分 》がこちら 水分がだいぶ抜けて干したそばから乾き始めているような状況。 脱水のシワが付いたまま乾燥されるため、仕上がりもシワシワに。これではアイロンが必要です。   ということで、リネン素材を洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」に気をつけてお洗濯を意識してみてください。 これを守れば、リネン生地のお洋服もノーアイロンで着用できますよ!   では、本題に戻ります   \素足快適なリネンスリッパ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン ルームシューズ/¥4,800+税 みなさんはLIBECOのリネンはご存知でしょうか。ベルギーリネンのリーディングカンパニーかつ、限られたメーカーにしか称号が与えられない「マスター・オブ・リネン」を保有する、リベコ・ラガエ社のリネンブランドです。 そのLIBECOのリネン生地を使って、スリッパの産地・山形県河北町で作られたのがこちらのスリッパ。   ▲手前は太めの糸で織られたナチュラルな風合い、奥は細めの糸で織られた光沢感のある生地 さらっとした履き心地なので、夏は素足にこのスリッパを履くだけで、足を健やかに保てられそうです。 手洗いも一応可能なので、清潔にお使いいただけます。(手洗い後はすぐに乾燥させてください)   \一生モノのリネンパジャマ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン パジャマジャケット&パンツ/¥28,000+税 先ほどのLIBECOのリネンを使ったパジャマセット。 リネンは扱いを間違わなければ、状態の良い100年超えのアンティーク生地が見つかるほど、とにかく長持ちがする素材です。 お値段は綿のパジャマがいくつも買えるくらいですが、このセットが1つあれば何年も着まわせるかと思うと、高い買い物ではないです。   ▲ゆったりと、さらっと着こなせるシンプルなデザイン 今は女性用しかありませんが、男性用のご要望がありましたら是非コメントをお寄せください。   今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話でした。 リネンの、さらっと、カラッとした感じが伝わりましたでしょうか。   ▼ご紹介した商品はこちらでも見れます   ▼5月27日(月)13:59まで開催中! みんな急げ~♪   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
関連キーワード

RECOMMEND