40代の服装に取り入れたいトレンドやおすすめのブランドは? | アラフォーレディースファッション

Marisol ONLINE
シンプル&ベーシックになりがちな40代の服装に必要なのはひとさじの「甘さ」。媚びるような甘ったるさはいらないけれど、いくつになっても心がちょっぴり浮き立つ「甘さ」と上手につきあえば、女らしさもおしゃれ度もぐぐっと上がること間違いなし!

※商品は販売を終了している場合があります

1. 40代の服装に「甘さ」をプラスするなら?

好みの甘アイテムとともに、着こなしで気をつけていることや、この年齢ゆえの迷い、悩みなど、40代のファッションに関するリアルな本音を徹底調査!

辛口派も甘口派も。40歳は「服装の甘さ見直し期」

アンケートで「自分のファッションテイスト」について質問したところ、「辛口/どちからといえば辛口」と答えた人が58%、「甘口/どちらかといえば甘口」が 42 %という結果に。また、辛口派の8割の人が「甘めのファッションに苦手意識がある」と回答。  

40歳は「甘さ見直し期」!「好きな甘アイテム」を尋ねると「特になし」はゼロ! 「ふだんは辛口派ですが、甘いアイテムにもチャレンジしたい。甘いだけより、甘いものをどうやってカッコよく着こなすかがテーマです」(42歳・モデル)という積極派がいる一方、「40歳を過ぎ、好きだった辛口シンプルなテイストが、逆に老けて見えるように……。最近ピンクのアイテムを探すようになりました」(43歳・会社員)と、辛口一辺倒から、甘さの必要性を感じ始めている読者が非常に多かった。  

甘口派のほうを見てみると、「子供っぽい甘さはイタさにつながる気がします。スカートは膝が見えない丈を死守。また、甘めでもきちんと感が出るよう、質のよさにこだわって選びます」(41歳・大学教員)、「イタく見えないよう〝甘いアイテムは全身に 1点だけ〟がマイルール」(37歳・看護師)と、甘さと隣り合わせの「イタさ」をいかに回避するかが命題に。

辛口派は「甘さの魅力」を見直し、甘口派は「甘さの使い方」を見直す。まさにアラフォーは「甘さ見直し期」。そして甘さと上手に付き合うことができれば、40歳からのおしゃれの可能性は確実に広がるということ。   

2. 40代の服装に甘さをプラスするなら、この3大アイテム

【 1 】ピンク

「ピンクには桜のようにまわりを華やかにする力があると思います。肌色との相性がむずかしいので、ボトムで取り入れるのが好き。(40歳・会社員)」

「2年前から愛用のピンクのフレア スカート。先日合わせてみたら、色も形もしっくりこない……。もしかしてピンクは卒業⁉ とあせってます。(42歳・通信)」

【 2 】花柄

「去年の夏、思いきって花柄のスカートに挑戦。はくだけでおしゃれになったような錯覚を受け(笑)、すごく新鮮な夏になりました。(42歳・会社員)」

「全然嫌いじゃないのですが、一歩間違えるとおばあちゃん風味になる危険が……。失敗しない選び方を知りたい!(39歳・自営業)」

【 3 】レース

「この年齢になって、レースの魅力に気づきました。特にタイトスカートは大人にこそ似合うアイテムだと思います。(44歳・会社員)」

「レースは値段! いいものだとすごく上品に見えるし、安物だと全体が安っぽく見える。若い子なら可愛いけど。(41歳・主婦)」

3. 課題がわかれば攻め方もわかる!40代の服装に取り入れたい「3大甘アイテム」の攻略ポイント

【 1 】ピンク
まずはボトムに絞り、顔映り問題を回避。また色には流行がある。旬の色みに更新するのも大切!
(右)今年のピンクの大きな特徴は、トーンがぐっと淡くなっていること。それでいて、デザインは辛口という点が新しい! スカート¥49,000/エイトン青山(エイトン) 

【 2 】花柄
小花か大花か、色みはどうする…?花柄はとにかく柄選びがすべて! 失敗しない選び方にフォーカス
(中)プリントワンピースも春の注目アイテム。黒地×ブルー系の小花柄の一枚は、甘すぎず大人向け。ワンピース¥39,000/RHC ロンハーマン(RHC)  

【 3 】レース

大人のレースにはリッチ感が必要。長く愛用できる上質な一枚を、オンだけでなくデイリーに楽しもう
(左)40歳からのレースは素材が命。スカラップつきのカットワークレース素材は黒を選んでほんのりモードな印象に。ブラウス(一部デザイン変更予定)¥78,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー)

4. 40代の服装に取り入れたい3大甘アイテム「ピンク」のおすすめアイテム

優しげで、洗練された大人のためのサーモンピンクの春色ヒール靴

柔らかな色をまとい、かかとからすっと伸びるシャープなヒールパンプスが次々と。この女っぷりを手に入れずにはいられない。ブーツやフラットシューズに頼っていた足もとを春こそヒールパンプスに変えて。肌色をきれいに見せてくれるサーモンピンクのスエードパンプスは、アースカラーとの合わせが上品で都会的。サファリジャケット×レーススカートという辛×甘コーデに最高の女っぷりを。

靴(8.5)¥74,000/ジミー チュウ ジャケット¥49,000(ボールジィ)・バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン別注)/TOMORROWLAND ニット¥28,000・スカート¥82,000/ebure ピアス¥13,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ラウラ ロンバルディ)

桜色ピンクの細リブニットで完成するカジュアルフェミニンな春デニムコーデ

ほどよくつまったネックに、少し内側に入ったアームなど体をきれいに見せる工夫が随所に広がる旬ニットなら、デニムに合わせるだけでスタイリッシュな週末服に。

ニット¥13,000(エムセブンデイズ)・デニム¥25,000(アッパーハイツ)・オリジナル・ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム(オープントップ)¥6,900(エルエルビーン)・クロスバックルサンダル【VACCHETTA LATTE】¥19,000(コルソローマ)/SHOP Marisol

シアーで繊細な素材感が女らしいロンハーマンのセットアップ

上下で着れば華やかなのに、デニムやスウェットなどと合わせればデイリーカジュアルに。シワになりにくいのも嬉しい。「袖の膨らみやスカートすそのフリルなど大人可愛いツボがいっぱい!この春こそピンクに挑戦したい」と副編集長SGUR。

ニット(キャミソールつき)¥25,000・プリーツスカート¥25,000/ロンハーマン

男前なタックパンツをピンクに!パーカコーデも一気に鮮度アップ

ピンクのボトムといえばスカートのイメージも強いけれど、今年はパンツが豊作! アラフォーにはちょっと勇気のいる淡いピンクも、パンツなら甘さを上手に引き算。Tシャツとパーカを合わせたら、大人のリラックスカジュアルが完成。

パンツ¥39,000/エイトン青山(エイトン) パーカ¥21,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥39,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥27,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ファビオ ルスコーニ)

よりきれいめを狙うなら……「青み&ツヤ素材」のピンクのパンツ

グレー、白とのトリコロールは鉄板配色。パンツの選び方でよりきれいめ感UP。上のコーデと同じ配色でも、やや青みがかったピンクの色みとほんのり光沢のあるワイドパンツのきれいめ感で、ぐっとシャープな印象に。グレーニットから白シャツをのぞかせて、いっそうクリーンさに磨きをかけて。

パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥69,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) シャツ¥24,000/アストラット 新宿店(アストラット) メガネ¥42,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) イヤリング¥11,500(ルーカス ジャック)・バッグ¥76,500(フリン)/CPRトウキョウ 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

お仕事にもはくなら……「くすみカラー」のピンクのパンツ

彩度を下げることでなじみ度アップ。 いつもの通勤コーデに女らしさをプラス。ややブラウンがかったくすみピンクなら、ベージュの延長線上で着られるから取り入れやすい。コシのあるツヤ素材とセンタープレスで端正さもあり、ベーシックなトレンチコートを合わせれば、ほどよく華のある通勤コーデに。インのリブニットやパンプスで随所に黒をさし、メリハリをつけて。

パンツ¥33,000/ebure トレンチコート¥96,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(サンヨー) ニット¥20,000/オーラリー バッグ¥44,000(ペリーコ)・靴¥44,000(ネブローニ)/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店 ピアス¥14,000/CPRトウキョウ(ルーカス ジャック)

「ちょいモード系」ピンクのスカート

今季はスカートだって辛口シフト! モード風味の一枚を、優しいトーンで。麻素材をベースに、片側だけツヤ素材のプリーツをあしらって。少しエッジのきいたデザインだからこそのほの甘感が新鮮!トップスは淡ブラウンのざっくりニットで、ニュアンスたっぷりのグラデ配色に。ラフさと上品さを両立した、大人の余裕漂うスカートスタイルを満喫。

スカート¥54,000/ebure ニット¥26,000/サザビーリーグ(デミリー) サングラス¥36,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) バッグ¥101,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

5. 40代の服装に取り入れたい3大甘アイテム「レース」のおすすめアイテム

(上)真っ白のコットンレースこそ、質のよさが大人っぽさのカギ。スカラップデザインで上品な甘さに。スカート¥100,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) (下)ごく繊細な、ヴィンテージ調レース。ほんのり肌が透けて、センシュアルで女らしい雰囲気に。ブラウス¥39,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(エイベリー ロウ)

白コットンのスカート

イノセントな雰囲気のスカートも、パーカ&レギンスのスポーティさで大人のデイリーに落とし込んで。実はパーカはシルク混。ここも格上げの決め手に。

スカート/上と同じ パーカ¥56,000/アンフィル Tシャツ¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) サングラス¥35,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥68,000/CPRトウキョウ(フリン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

レースのブラウス

甘さはブラウスだけ。それでもここまで女っぽく! デリケートな黒レースのブラウスに、シャリ感のある真っ白のフードつきコート。甘辛と配色、2 つのコントラストを楽しんで。いつものデニムスタイルもがぜん女っぷりが上昇。

ブラウス/上と同じ コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) デニムパンツ¥62,000/ロンハーマン(リダン) バッグ¥37,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジャンニキアリーニ) 靴¥44,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物

黒のレースブラウス

ラフさと上品さのいいとこどり!鮮度の高いモノトーンコーデ。レースブラウス+テーラードジャケットのエレガントなセットを、白のベイカーパンツでほどよく着くずして。

ブラウス¥58,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥21,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ジャケット¥82,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルル フロスト) バッグ¥17,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナー/スタイリスト私物

ヴィンテージライクなレースのスカート

ミルキーなワントーンで甘辛MIXもぐっと優しげ。一張羅レースこそカジュアルに落とし込んで、気負わず等身大で着たい。ヴィンテージライクなスカートにトーンを合わせた優しげなカラー采配で、女らしいスタイルに導いて。

スカート/上と同じ ジャケット¥9,800/ジャーナル スタンダード 表参道店(ロスコ) ニットパーカ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

6. 40代にちょうど良い甘アイテムが見つかる4大ブランドは?

【40代におすすめの甘ブランド1】Drawer(ドゥロワー)

デザインだけでなく、生地作りや縫製など、そのこだわりは半端なし! ずっと愛し続けたい上質なアイテムがそろう。

「まさにドラマティックなアイテムの宝庫。花柄も、色ものも、レースも……どれも甘いけれど、甘すぎず、とっても上品。着こなしに彩りを添えてくれるものばかり。なかでもボリュームスカートが好きです。(スタイリスト 池田メグミさん)」

「一点投入で抜群の格上げ力を誇るインパクトデザインも、決して華美になりすぎない、そのバランスがさすが。花柄や色ものなど、ここでしか出会えないから投資の価値あり!(エディター 塚田有紀子さん)」

①たっぷりとしたタック使いとグログランリボンで、脱コンサバなツイードスカートが完成。スカート¥59,000(ドゥロワー)
②シルク混レースを贅沢に使ったラップスカートは、上品なライトブルーで、クリーンな甘さに。スカート¥125,000(ドゥロワー)

③華奢デザインが女らしい。靴¥80,000(ニナ リッチ)

④揺れるデザインで視線を独占。ピアス¥35,000(グーセンス パリ)
⑤ピンクからパープルまでの強めカラーながら、ボウタイデザインでレディな一枚。ブラウス¥68,000(ドゥロワー)
⑥ファンが多いニットも袖口の切り込みなど、常にアップデート。ただのベーシックで終わらせず、細部までこだわりを発揮。ライトピンクの色みも可憐。カーディガン¥52,000(ドゥロワー)
すべてドゥロワー 丸の内店

【40代におすすめの甘ブランド2】martinique(マルティニーク)

気分が上がる大人のリアルワードローブの宝庫。強すぎないさりげない甘さは、シンプル好きの人にもおすすめ。

「大人になっても"可愛げ"を忘れたくない人におすすめ。クラシックだけど今っぽい、そのさじかげんが上手!デニムに合わせるだけで決まる、着映え力も頼もしい。(スタイリスト 田澤美香さん)」

「トレンドを絶妙に取り入れた、ベーシックアイテムのバリエが豊富です。カジュアルだけど、ほんのりフェミニンで、大人がリアルに使える甘さがすごくいい。体をきれいに見せてくれるワンピースも絶品。(スタイリスト 松村純子さん)」
①たっぷりギャザーのブラウスは着るだけでドラマティック。ブラウス¥19,000(マルティニーク)
②ギンガムチェックのパンツも、ワイド&ハイウエストにアップデート。パンツ(共布ベルトつき)¥23,000(マルティニーク)
③ややノスタルジックな刺繡とレースのスカートも、ブラウンでほんのりビターな味つけに。スカート¥39,000(マルティニーク)
④ハリ感があるワンピースは、はおりとしても使える2WAYデザイン。後ろデザインで、360度可愛らしい印象に。ワンピース(共布ベルトつき)¥36,000(マルティニーク)
⑤ラフィアのワンハンドルがクラシックムード満点。バッグ¥39,000(カパフ)
⑥べっ甲風のモチーフで顔まわりを引き締めて。ピアス¥10,000(アプレスキー)/すべてマルティニーク ルコント ルミネ有楽町店

【40代におすすめの甘ブランド3】ebure(エブール)

女っぷりの高いブランドを数々手がけてきたデザイナーが、究極の〝好き〞を表現。ふだんは辛口派の人からも支持多数!

「"大人のための上質服"を知りつくしたデザイナーが作る甘テイストの服は、文句のつけどころがない完成度!"かっこよさのあるフェミニン"が、即手に入ります。レースアイテムは特に秀逸。(エディター 磯部安伽さん)」

「パッと見の印象は極めてシンプルなのに、身頃のゆったりかげんや、袖のボリューム感などが絶妙。袖を通してわかる、大人にふさわしい女らしさが光ります。(エディター 発田美穂さん)」
①ブラックオックスのワンピースは、すそフリンジデザインで、素材のもつフォーマルさに抜け感をプラス。取りはずせるレースベルトで印象チェンジ。ワンピース¥52,000(エブール)
②シンプルな白のカットソーも、体のラインを拾いすぎないサイズ感が絶妙。共布ベルトでウエストマークすれば主役感たっぷりに、はずしてさらっと着ればコーデの名脇役にも。カットソー¥17,000(エブール)
③太めのウッドソールがフェミニンアイテムにマッチ。靴¥36,000(ブラドール)
④ブランドお得意のレースも、今季はややシャリ感のある素材感でシャープさを加味。スカート¥86,000(エブール)
⑤ノーブルなネイビーのスカートはフラワージャカード柄でリッチに。スカート¥73,000(エブール)/すべてebure

【40代におすすめの甘ブランド4】VERMEIL par iéna(ヴェルメイユ パー イエナ)

フレンチベーシックがお得意のイエナから派生した大人ライン。デイリーに着られて、どこかキュートな甘さはここならでは。

「"大人の女性のために"と、ブランドがデビューしたのは3年前。こんなの欲しかった! という、ほどよく華のあるラインナップが優秀。レディライクな小物類もおすすめ。(スタイリスト 徳原文子さん)」

「パッと目をひくきれい色やプリントものもそうですが、大人にちょうどいい"甘さのさじかげん"はさすが。ちょっとしたデザインの差で、おしゃれに見せてくれます。(スタイリスト 福田亜矢子さん)」

①スポーティさのあるポンチ風素材だから、鮮やかピンクでもヘルシー。コート¥39,000(ヴェルメイユ パー イエナ)
②カシュクールになったデザインで胸もとに女らしさが香る。ニット¥15,000(ヴェルメイユ パー イエナ)

③マリンパンツのフレンチテイストは甘め服と好相性。ハイウエストとゴールドボタンで着やせ効果もあり。パンツ¥21,000(ヴェルメイユ パー イエナ)

④小ぶりでも存在感を発揮。イヤリング¥38,000(グーセンス パリ)

⑤ベーシックな配色で合わせやすい。ロゴスカーフ¥9,800(ヴェルメイユ パー イエナ)

⑥シフォンリボンに胸キュン。靴¥78,000(タビサ シモンズ)

⑦今っぽいボリュームシルエットに、太カフスやくるみボタンでメリハリをプラス。ブラウス¥23,000(カーサ フライン)すべて/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店

いかがでしたか? 「甘さ」を服装に上手に取り入れることができれば女らしさが増して、かつ無難にはまらない、一歩先行くおしゃれを実現できますよ。ぜひ取り入れてみて。

関連記事
  • BAILA8月号でも特集が組まれている「2019年上半期ベストコスメ」。 みなさん、もうチェックされましたか? BAILA8月号では、業界きっての美のスペシャリスト総勢35名の方が、BAILA世代にぴったりなベストコスメをご紹介しています。スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで幅広いアイテムが掲載されていて読み応えたっぷりですよ。 今回は、BAILA8月号にならって、私が選ぶ「2019年上半期ベストコスメ」についてご紹介していきます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 私が「2019年上半期ベストコスメ」に選んだアイテムがこちら。 【アイシャドウ】リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014 【ハイライト&チーク】THREE スリー シマリング グロー デュオ01 【リップ】ロレアルパリルージュシグネチャー 112  こちらの3アイテムを選びました。 本当はベースメイクやファンデーション・アイブロウなど、他のアイテムもご紹介したかったのですが、2019年上半期を通して継続的に使い続けたり「これいい!」と思ったアイテムに出会えず・・。なので、2019年上半期に本当にヘビロテして、底が見えるくらい溺愛したアイテムを選出してみました。 では、早速1つずつご紹介して行きます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'; text-decoration: underline} span.s2 {text-decoration: underline} span.s3 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} まずは、アイシャドウ。 私が2019年上半期にヘビロテしたアイシャドウは「リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014」です。お値段が1,620円という2,000円以下のプチプラアイシャドウ! 昨年の秋に発売されたアイテムですが、オレンジ系ブラウンのバレットなのでシーズン問わず活躍するアイシャドウとして重宝しています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 4色全部使うとヴィンテージ感漂う深みのある目元になるのですが、私は左下のオレンジ感強めのカラーをアイホール全体に、そして右下の濃いブラウンをアイライン代わりに締め色として使っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 伸びがよく、粉とびもないので、忙しい朝にも重宝しています。 また、ラメのようなギラギラ感は全くなくベルベッドのような輝きで目元を上品に彩ります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 実は昨年にもブログでご紹介したこちらのアイシャドウ。 お気に入りすぎて2個目に突入です! p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} お次はリップ。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年の春に出会って5月頃に急にヘビロテし始めた「ロレアルパリルージュシグネチャー 112 オレンジブラウン」です。 「透け感マットリップ」と言われているロレアルパリルージュシグネチャー。 さらさらとした軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方なので、とてもみずみずしいタッチを実現。鮮やかなカラーが唇にぴたっと密着し、唇の質感が透けるようなソフトな発色を叶えてくれます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 唇の輪郭にフィットするフェザー型アプリケーターが、とにかく塗りやすくてお直しにもぴったり。 香りはフルーティーの中に微かなバニラを感じさせる少し甘い感じです。 そして何より、発色・キープ力が抜群に良いリップなのに、乾燥しない!という優秀さが2019年上半期ベストコスメに選出した理由です。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フレッシュなオレンジでとっても健康的なカラー。オレンジの中にも微かにブラウンが配合されているので、カジュアルな抜け感のあるオレンジリップに仕上がります。 この夏トレンドのサファリカラーのコーディネートとも相性抜群です。 ロレアルパリルージュシグネチャーは、他にもカラー展開があるので秋冬になったらまた新しいカラーを追加しようか検討中です。 最後は、ハイライト&チーク。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} こちらは有名なアイテムなので、知っている方がほとんどなのではないでしょうか? 私は2019年上半期ベストコスメに選んだのは「THREE シマリング グロー デュオ01」です。 この底見え加減から、どれだけヘビロテしたのかお分かりいただけるかと思います。 THREE シマリング グロー デュオは、肌の内側から発光しているかのようなツヤ肌を作ってくれる「明るめのハイライト」とブラウンの「シェーディング」の2色がセットになっています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} クリーム状のハイライトとシェーディングなのですが、肌にのせるとパウダーのように変化するので、私はファンデーションやお粉の後に使用しています。 明るいカラーは、元々ハイライトとして使っていたのですが、2019年上半期にハマったのは「シェーディング」カラーの方。このカラーをチークとして使うのにハマりました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 明るいカラーを、ハイライトとしてCゾーン、鼻筋、目頭の少し下に塗っていきます。(*グレーの囲み参照)これだけで顔にメリハリが付き、ツヤ肌だけではなく目元をグッと印象的な雰囲気にしてくれます。 最後にシェーディングカラーを頬骨の辺りを中心に、横に広げるイメージで塗っていきます。塗る前はブラウン系の濃いカラーに見えますが、実際に肌にのせるとナチュラルな血色感のあるカラーに。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} オレンジ系のアイシャドウやリップにハマっていたこともあり、チークは赤やピンク系よりもTHREE シマリング グロー デュオのシェーディングカラーがしっくりきて、2019年上半期はとにかくヘビロテしていました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 最後に、2019年上半期ベストコスメに選出したアイテムでメイクをした時がこちら。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 全体的にオレンジ系のカラーで、ツヤ感重視のメイクが定番となった2019年上半期でした。 2019年下半期は、スキンケアやベースメイクを開拓したいと思います! みなさんの2019年上半期のベストコスメはなんですか? ▶︎ instagramはコチラ
  • クールな黒に+レースで甘盛り♪ 着回し力抜群な黒ショーパン。何色とも合うけれど、主役使いするのなら白と合わせるのが正解。レースのトップスで涼やかさと甘さをいいとこ取り。 ショートパンツ¥6900/MURUA レーストップス¥3900・ヘアターバン¥1600/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ベルト¥2990/UNIQLO イヤリング¥4862/アビステ バッグ¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 無敵の合わせやすさを誇る万能カラー(左)幅広が旬。 カチューシャ¥1000/お世話や(Osewaya) (右)ドット柄がガーリー。 ヘアゴム¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店甘さたっぷりだからカジュアルボトムと相性抜群。 トップス(インナーキャミつき)¥10500/SNIDELティアードスカートは、Tシャツでカジュアルに。 スカート¥5990/titty&Co.ルミネエスト新宿店他の画像を見る 甘めレースも黒なら大人っぽい表情に 甘ブラウスに、デニムとヒールの高いサンダルを合わせて、ドキッとさせるほどの色気をプラス。クリアなPVC素材のバッグで、トレンド感まで欲張っちゃう。 レーストップス¥11500/Noela デニムパンツ¥2490/GU ピアス¥1990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 バッグ¥7900/アンビリオン(カカトゥ) サンダル¥6900/RANDA モデル/新木優子 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • こんにちは☺︎ 今号のBAILA x repettoコラボの付録バッグが、可愛すぎてバイラーズで話題になっています! 夏流行りのpvc素材に、秋っぽいレオパード柄の組み合わせがおしゃれ感満載ですよね♡ おしゃれなだけじゃなく、色々なコーディネートにも合わせやすいんです! 全く違うタイプのコーディネートで紹介します。 甘めのカジュアルコーデ。 これにカゴバッグを合わせると甘すぎですが、pvcが抜け感、レオパード柄がワンポイントになります! サファリカラーのリラックスコーデ 下手したらご近所感が、、!なコーディネートですが、トレンドたっぷりなrepettoコラボバッグでお出かけコーデに☺︎ しかも、小さいけれどちゃんと入ります! ミニウォレット、キーリング、日焼け止め、リップが入れば、お出かけにも充分ですよね。 pvcバッグだけにして、水着を入れても可愛いかも♡ この夏大活躍間違い無しのこのバッグ、皆さんもぜひゲットしてくださいね。
  • 毎年、夏になる前に必ず一本新調する制汗剤。 今まではスプレータイプを使っていたけど、今年は話題のスティックタイプに切り替えました!デオコ 薬用デオドラントスティックポーチインできるサイズ感で、まるで大きなリップクリームみたいです。 スプレーじゃないから洋服が濡れることもないし、噴射の音も気にしないで良いし、脇下、首筋、胸元…ピンポイントでささっと使えるのでとても便利。そして、何より香りがよい(^^) 香水とは違う、コロンのようなフローラル系の香りは、触れ込み通り「若い女の子の香り」♡朝、脇の下に塗って、日中カーディガン脱いだ時、ふわっと良い香りがして、あれ自分??って、自分自身から発するなんとも新しい香りにドキっとしました(笑) その後一日さらさらキープ。制汗効果も長そうです。若い女性特有の「良い香り」は加齢とともに失われていくそうで、その「匂いの曲がり角」は35歳くらいなんだそうです。そして、男性だけかと思ってた加齢臭、実は女性にもあることで、男女とも40代を過ぎると抗酸化力が弱まり加齢臭が気になるようになるのだとか。。 臭いに無頓着だった自分が恥ずかしい 今年は若い女の子気分を味わいながら、しっかりデオドラントしたいと思います♪美女組NO.119 NOKOのブログ
  • 暑い夏がやってきました!今回もLIVEファッションを振り返っていきます!みなさまこんにちは! モアハピ部431.うたうゆきここと、シンガーソングライターの梶有紀子です。 今回も夏のファッションをLIVE写真から振り返っていきます!今回は、大阪駅で開催された、グランフロント公認ストリートライブ 「MUSIC BUSKER UMEKITA」に出演してきました。 Cap...new era tops...2%TOKYO pants...ne-net sandal...Dr.Martens この日のポイントはシースルーのトップスです。看板の模様が書かれたTOPSは2%TOKYOのもの ブルーとブラックの色合いが涼しげで、気に入っています。 今回はシルエットが少し変わったパンツと合わせてみました。 ボーイッシュなnew eraのキャップでワンステージ目は演奏しました。2ステージ目は、ベレーでいきました。 béret...kangol そして後ろからのシルエットはこんな感じです。 柄がよく見えるでしょうか...?ちなみに、この特徴的なイヤリングは、 私の美容師さんのオリジナルです! クールなファッションにぴったりかなと思い合わせてみました。 今回も、LIVEからファッションをご紹介しました。 またまたレポートしていきますので、次回の更新もお楽しみに! うたうゆきここと、シンガーソングライターの梶有紀子がお届けしました。モアハピ部 No.431 うたうゆきこのブログ
  • item / #fujiko シェイクシャドウ02 イビサオレンジ  油分ゼロ!水×光の粒をシェイクして使う新感覚のオールウォーターベースアイシャドウ 油分ゼロ!水×光の粒をシェイクして使う新感覚のオールウォーターベースアイシャドウ 従来のシャドウよりも皮脂に強くてヨレにくくて、ピタっとまぶたにフィットするというところと魅力的♪ 肌にも優しそうな印象でお化粧落としも楽そうだな~と思ってトライした1本目がすごく良かったので、トレンドのオレンジカラーもゲットしました^^ チップでポンポンとテキトーに乗せたシャドウを指で軽く伸ばすだけ たったそれだけでキラキラの微粒子ラメがいい感じにゆらめいてまぶたにピタっとフィット! 重ねても変にギラつかないので、大人が楽しめる上品なラメ加減がとっても嬉しい♪ 目ヂカラ、アップします 女っぷり、上がります(感想に個人差あり)   目ヂカラ、アップします 女っぷり、上がります(感想に個人差あり) …圧の強い真顔&カメラ目線で失礼します(失笑) アイメイクのご紹介って難しいなと日々勉強中。。 単色ながらも光の取り込み方で発色が変わるので立体感のある印象的な目元がこれ一本! そしてイビサオレンジは夏にこそオススメです^^ ・・・styling point・・・ 陰影を与えて印象的に輝かせるシアーな高発色で『塗った瞬間、いきなり可愛い』を叶えてくれるフジコシャドウ◎完全ウォーターベースで透けるようないろっぽ質感になるところ、品のある華やかさを感じるラメ感をクリアタイプのカラーペーパーやスパンコールで表現。弾ける常夏カラーのイビサオレンジはぐっと目を惹くバレンシアオレンジタイプの壁紙で ・・・・・・・・・・・・ Instagram
  • 涼しげなPVCトートと、オリジナルのレオパード柄をアレンジしたポーチがセットの 8月号付録は、可愛さも使いやすさも最強! 水にも強くビーチやフェスに、優れた収納力でデイリーにと、幅広い夏のシーンに大活躍間違いなし。BAILAスタッフはどんなふうに楽しんでいるかな? しゃれ感アップの使いこなしをチェック! BAILAスタッフは、こんなふうに楽しんでいます! STYLIST 川上さやかさん バカンス先のお供にもぴったり 「水場でも使いやすいPVC素材のバッグは、ビーチやプールに行くときにも重宝。レオパード柄のポーチに合わせて、水着やはおりもブラウン系で大人っぽくシックにまとめました」 EDITOR 伊藤真知さん 旬のグリーンとトレンド感満点に 「持ち手のロゴやポーチの柄がハッキリしているので、ビビッドな夏色とも相性◎。女らしい細身のスカートに合わせれば、お仕事やデ ートなど“街”にも使いやすくて便利です」 STYLIST 池田メグミさん きれいめコーデのアクセントとして 「バッグにトレンドがぎゅっと詰まっているぶん、着こなしは白シャツ+薄色デニムでさわやかに。パールのネックレスや高めのヒール 靴を合わせて、品よく仕上げるのもポイント」 編集U かごの代わりにワンピに合わせて 「甘めのワンピース+かごバッグが夏の定番セットでしたが、今年はこのPVCトートへ更新。辛口なレオパード柄やスポーティなロゴのおかげでほっこりせず、しゃれ感もアップ!」 特別付録【レペット(Repetto)】コラボPVCトートバッグ&ポーチ 撮影/ケビン・チャン 取材・文/伊藤真知 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 次から次へと新作が生まれるリップスティック。すでにたくさん持っているはずなのに新しいものを試すと、そのテクスチャーや色味に惚れ込んで、また買ってしまうんですよね。ランコムの新作もまた、驚くほど美しいうえ、ひと塗りで今っぽさを出してくれるから、新たな必携コスメとなりそうです!(LEEweb担当・タカミー) ランコム ラプソリュ マドモワゼルシャイン 全21色 各¥3800(税抜) ※7月19日一部限定発売 新作リップスティック「ラプソリュ マドモワゼルシャイン」は、さっと塗るだけでフレンチシックな表情を叶え、自信が生まれる逸品。その理由は ①絶妙な透明感 ②鮮やかな発色 ③なめらかなうるおい力 のバランス感にアリ! ローズオイルを配合したこだわりのフォーミュラで、塗ると瞬時に唇に馴染み、透けるように、でもしっかり鮮やかに発色!顔立ちまで華やかに!! 全21色のなかでも特に大人女性につけやすい3色がこちら。 品番は、左から順に157、168、368 左から順にそれぞれ、「透けパプリカ」、「透けチェリー」、「透けカシス」という、なんともジューシーなキャッチコピーが。 なかでも157の「透けパプリカ」をお試し! 鮮やかな色味と透け感のおかげで、表情がパッと明るく若返って、つけるたび気分が上がる♪ それでいて品もあるのは、さすがはランコムです。カジュアルなコーディネートが多いデイリーにも活躍してくれそうです。(LEEweb担当・タカミー)   DEBUT || 7月19日(金)一部数量限定発売 BRAND || ランコム ITEM ||  ラプソリュ マドモワゼルシャイン CATEGORY || 口紅 KEYWORD || #透明感リップ #フレンチシック #ローズオイル PRICE || 全21色 各¥3800(税抜) TEL || 03-6911-8151 HP ||  ランコム (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
関連キーワード

RECOMMEND