スポーツ観戦に興味があるアラフォーは6割以上!好きなスポーツ観戦は?どのように楽しんでいる?

Marisol ONLINE
版権:Viktoriia Hnatiuk/Shutterstock.com
版権:Viktoriia Hnatiuk/Shutterstock.com

働くアラフォー女性480人に「スポーツ観戦」についてアンケート調査。アラフォー女性たちが好きなスポーツ観戦は?  

「スポーツ観戦に興味がありますか?」という質問に「興味がある」「まあまあ興味がある」と回答したのは同率で32%でした。約6割がスポーツ観戦に興味があることがわかりました。

定期的にスポーツを観戦している人の割合は全体の66%!

さらに詳しくスポーツ観戦の頻度について聞いてみると、「月に2~3回くらい」が25%で一番多く、次に多かったのが「月に1回くらい」で24%でした。

一番好きな観戦スタイルについて聞いてみると、一番多かったのは48%で「現地で観戦」。次に多かったのは42%で「自宅でテレビ観戦」でした。やはり現地観戦は格別ですよね! アラフォー女性たちはスポーツバーや飲食店でワイワイ観戦するよりも、テレビでじっくり観戦がお好きなよう。

「スポーツ観戦は誰とすることが多い?」という質問に、38%が「家族」と回答。「ひとり」観戦も18%いました。

好きなスポーツ観戦について聞いてみると、「サッカー」が一番人気で60%、続いて「フィギュアスケート」が51%、「野球」と「テニス」が同率で43%という結果でした。
上位スポーツの好きな理由は?

<サッカー>

「子供と一緒に一体感を味わえる!」(ようこさん)

「周りの見ず知らずの人たちと喜びを共有できるところが魅力的」(みっきーちゃんさん)

「とにかく盛り上がるので」(チャコさん)

「チームプレーに感動! 大学時代にサッカー部のマネージャーをしていたほど好きです」(あやさん)

<フィギュアスケート>

「ドラマがあります。フィギュアは衣装もきれいだし芸術的なスポーツだと思います」(水玉さん)

「羽生結弦さんのスケーティングが美しすぎてハマりました」(みわさん)

<テニス>

「一球一球が真剣勝負で、ちょっとしたことで流れが変わるので目が離せません。観ていて心臓が痛くなることも多々あります」(soaさん)

「大坂なおみさんのキャラクターが好きでテニスを観るようになりました」(ちあさん)

<野球>

「盛り上がる応援のスタイルが好きです!」(タコベエさん)

「ピッチャーとバッターの心理戦がとてもおもしろいです」(shucoさん)

続いて、スポーツ観戦にまつわるエピソードをどうぞ!

<こんな楽しみ方も!>

「スタジアムでビールを飲みながら観戦するのが一番楽しいです! 日焼けはしてしまいますが……」(かにりんごさん)

「野球が好きで、試合だけでなくキャンプも見に行きます」(Chibimameさん)

「自分が学生だった頃に選手だった人が監督になっているのが嬉しくて観戦しています。選手よりも監督を観ています!」(Shocoさん)

「Bリーグ(プロバスケットボール)を観戦しに行きますが、最近は体育館で花火が上がったりスモークがたかれたり、派手なパフォーマンスが多くてビックリします!」(yuuさん)

「ソフトバンク(野球チーム)ファンの息子にせがまれてヤフオクドームに観戦に行ってきました。想像していた以上に盛り上がり、会場の一体感がハンパなかったです!」(ようこさん)


<きっかけはイケメン>

「好きなアイドルがサッカー番組によく出ていたのがきっかけで、スタジアムでサッカー観戦するようになりました」(梨沙さん)

「友人に誘われて観戦したプロバスケチームの試合で、イケメン選手を見つけ楽しくなってしまい、応援グッズを購入して観戦するようになりました」(HAPPY 39 LIFEさん)


<感動エピソード>

「祖母が野球好きで、小さい頃から一緒にテレビ中継を観て育ちました」(niroさん)

「父とサッカー観戦するのが親孝行になっていると思います。できるだけ長生きしてほしいし、これからも父とサッカーの話をしたいです」(ひろたんさん)

「主人と仲良くなったきっかけが野球観戦でした。デートといえば野球場。結婚式のプロフィール写真もユニフォーム姿、新婚旅行は甲子園球場でした」(まゆみさん)


<なるほどエピソード>

「私が観戦しに行くと応援するチームが必ず勝ちます。日本代表戦とか、私を呼んだ方がいいと勝手に思っています(笑)」(やまちさん)
「月に1回くらいJリーグを観戦していたのですが、昨年からイニエスタ効果でチケットが高騰。さらにチケット争奪戦が熾烈化しなかなか取れなくなってきました。地元の人たちが気軽に観に行かれなくなるのはさびしいですね」(soaさん)

最後に、「東京オリンピックもしくはパラリンピックを生観戦したいですか?」と聞いてみると、73%が「YES」と回答しました!

アラフォー女性たちのスポーツ観戦への関心は高まっているようですね。日常では味わえない感動や一体感を味わうことができるスポーツ観戦。自分に合ったスタイルで、スポーツ観戦を楽しんでみては?

文/Yuko Aoki

あなたにオススメの記事:

関連記事
  • 「年を取っていく自分の姿を見るとつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!【今月のお悩み】「自分の老化を受け入れられません」鏡を見ると、年々老化していく自分の姿が……自然のことと思いつつも受け入れられない自分がいます。半分ムダと思いながら、高級スキンケアやエステに散財。この費用も馬鹿になりません。今後、どのような心構えで加齢を迎えればいいのか、ご教示いただけますでしょうか。 (埼玉県・かほ・48歳・会社員)☆辛酸なめ子さんの回答洋画などを観ていると男性の俳優のシワ祭りみたいになっていて、中高年男性はシワが年輪というか魅力になっている風潮がずるいです。誰か勇気ある女性セレブが加齢の魅力を見せつけて価値観を変えてほしいです。 ☆みうらじゅんさんの回答今、起きている現象は「老化」ではなく 「進化」。楽しんじゃいましょう!老化をなかなか受け入れられないという気持ち、よくわかります。僕もある朝、顔の肉がたるんでいるのに気づいて、「あれ? 酒の飲みすぎでむくんだかな」と思い、ほっぺたをパンパン叩いてたもんですよ。でも、次の日もそのまた次の日も、むくみはとれない。そこでようやく「あ、飲みすぎじゃなく、肉が重力に逆らえなくなったんだ」と初めて気づいたしだいで(笑)。  子供のころは「努力をすればなんとかなる」と教わったものです。さらに少し大人になると、「お金をかければどうにかなる」と信じるようになって。でも、こと老化にかぎっては努力が報われにくい。高級な化粧品やエステにしたって、老化した部分を補修したりスピードを遅らせる効果はあるかもしれませんが、完全に若さを取り戻せるわけではありませんから。そのことは、かほさんも気づいてらっしゃるからこそ「この費用も馬鹿にならない」と憤っていらっしゃるわけでね?  これはもう、老化や加齢をつらいものとして「受け入れる」のではなく、生きる者として当然のことだと受けとめるしかありませんよね。僕もまだ、ピンときてませんが、どうやら老化はずっと続くわけではなく、「死」というオチが待っているっつーじゃないですか。つまり、われわれは死に向かって「進化」しているわけで。  何も、かほさんだけが老化しているのではありません。「若いころのようにならなきゃ」というような強迫観念にみな、かられがちです。〝老化〟って言葉がいけないんですね、きっと。死への〝進化〟。これも嬉しくないですよね。やっぱ、ここは「老いるショック!」ってギャグでどうにか笑ってやりすごせないもんですかねぇ。  例えばですけど、かほさんの過去の姿を知らない人が集まる場所に行くというのは、どうでしょう。  かほさんはきっと、もともとおキレイなのだと思います。だからこそ、若いころの姿と今を比べて落ち込んでしまうのでしょう。だとしたら、今のかほさんしか知らない人ばかりの場所を見つけて出かけません? 習い事でも趣味のサークルでもなんでもいいと思います。そこで出会う人は、努力されている現在のかほさんを見て「キレイ」「若々しいですね」と言ってくれるでしょう。  もっとも、その人たちの目もやがて慣れ、ほめてくれなくなるかもしれません。そうしたらまた新しい場所に移ればいいんじゃないでしょうか。  本当は身近な人に「若々しい」と言ってもらえるのが一番の若返りの薬のような気がしますがね。ちょっとおしゃれをして、これまでと違った場所に出かけてみる。そのうち、時間を忘れて夢中になれるものに出会えるかもしれません。そうなればしめたもの。鏡をのぞいてため息をつく暇もなくなると思いますよ。●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • セックスに不満を感じているアラフォー女性は21%。不満を感じた人が実践した不満解消法について聞きました。 版権:puhhha/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に、「セックスの満足度」と「セックスの不満解消法」についてアンケート調査。「セックスの頻度」について聞いてみると、「週に2~3回」9%、「週に1回」9%、「2週間に1回」17%、「1ヵ月に1回」14%、「セックスレス」51%でした。1ヵ月以上セックスをしていないセックスレスの人が2人に1人いることが判明。「パートナーとのセックスの満足度」について聞いてみると、「とても満足している」8%、「まあまあ満足している」32%、「どちらともいえない」39%、「やや不満」6%、「とても不満」15%という結果でした。パートナーとのセックスで不満を感じている人が5人に1人いることが判明しましたが、「パートナーにセックスの不満を伝えたことがあるか?」聞いてみると、「YES」と回答したのは44%でした。「セックスの不満を解消したことがあるか?」という質問に「YES」と回答したのは15%でした。セックスの不満を解消したことがある人たちに、どのように不満を解消したのか教えていただきました!<素直に話す> 「自分がしてほしくないことをパートナーに話したら、理解してくれました」(まりょんさん) 「何でも話せる相手なので、セックスについても話します。2人だけで旅行するときは必ずセックスするようにしています」(akiさん) 「月経中はもちろん、月経前後の心身の不調や変化をパートナーに赤裸々に話して理解してもらいました」(こもれびさん) 「不満を感じたときは、素直に言葉で伝えるようにしています」(rikaさん) 「パートナーに“不満”ではなく“要望”をしました」(gachocoさん)<自ら誘う> 「自分がしたい時は自分からパートナーを誘うようにしています」(mirukuさん) 「子供ができてから家ではなかなかしにくいので、2人でホテルに出かけようと誘い出しました」(とんさん)<別のパートナーを探す> 「ほかの相手を探しました」(あまんさん) 「セフレをつくりました」(ゆうこりんさん)<スキンシップ> 「自分がセックスを拒否してセックスレス→夫がセックスを拒否してセックスレス……合計8年くらいセックスレスの時期がありましたが、少しずつスキンシップを増やしセックスレスを解消しました」(あかねこさん)「“不満”ではなく“要望”として伝える」という、素敵な解消法をしている人がいました! パートナーを傷つけることもありませんし、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。パートナーと長くいい関係を続けるには、やはり素直に気持ちを伝えることが大切ですね。その場は不満を我慢しても、いずれ不満が爆発してしまうかもしれません。不満は早めに解消し、セックスを通してパートナーとより深い関係が築いていけるといいですね。 あなたにオススメの記事:▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!▶アラフォー女性たちの約9割が「親孝行」を意識!どんな親孝行をしたい?▶景気は向上!? 2019年夏のボーナス支給額はどれくらい?使い道は?▶副業をしたいアラフォーは70%。実際に副業をしているのは15%!アラフォーの副業事情。▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?文/Yuko Aoki
  • 働くアラフォー女性たちの2019年夏のボーナス事情をアンケート調査。支給額100万円超えが40%も! 版権: Africa Studio/Shutterstock.com会社員にとって待ち遠しいボーナス。令和初のボーナスはどれぐらい支給されたのか? 支給額や使い道について、働くアラフォー女性480人にアンケート調査。「夏のボーナスは支給されましたか?」という質問に「YES」と回答したのは58%でした。YESと回答した人に「昨年の夏のボーナスと比べて支給額が増えましたか?」と聞いてみると、「YES(増えた)」と回答したのは58%! やっぱり景気は良くなってきているのかも!? 続いて、気になる支給額。「夏のボーナスの支給額はどれくらいですか?」と質問してみると……「130万円~150万円以上」13%、「100万円以上130万円未満」27%、「70万円以上100万円未満」13%、「50万円以上70万円未満」16%、「30万円以上50万円未満」18%、「10万円以上30万円未満」が13%という結果に。 「夏のボーナスの使い道」について聞いてみると、ボーナスが支給された人のうち37%が「旅行」、34%が「貯金」と回答しました。金融庁が公表した、公的年金以外に老後資金2000万円が必要との報告書が話題になりましたしね。貯金、大事です。でも、やっぱり頑張ったご褒美にも使いたい! アラフォー女性たちのご褒美=旅行という人が多いようです。旅は最高の自己投資のひとつですし、素敵な使い道です! 貯金と旅行以外の使い道をまとめると…… 「老後の為の貯金が8割で、残りの2割は買い物か旅行の予定」(mirukuさん) 「引越し費用にあてます」(ysuruさん) 「住宅ローンの返済と子どもの教育資金にします」(とんさん) 「毎月の不足額を補填します」(みわこさん) 「結婚式と新婚生活の費用にあてます」(ようこさん) 「家具をひとつ買い替えて、マイホームの繰り上げ返済にまわします」(こもれびさん) 「自己研鑽に使います」(Y恵さん) 「ずっと欲しい100万円超えのジュエリーを購入するために貯金します」(チョコさん) 貯金、旅行の費用に続いて、住宅ローンの返済、子供の教育資金、という声が多数ありました。ローンは少しでも早く返済したいですし、子供の教育資金も貯められるときに貯めておきたいですよね。 結婚したり、家を買ったり、子供が生まれたり……タイミングによって使い道が大きく変わると思いますが、ボーナスは計画を立てて有意義にえるといいですね。あなたにオススメの記事:▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?▶アラフォー女性の平均睡眠時間と睡眠の満足度はどれくらい?実践している快眠テクとは?▶副業をしたいアラフォーは70%。実際に副業をしているのは15%!アラフォーの副業事情。▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!文/Yuko Aoki
  • 「親孝行」に対する意識をアンケート調査。アラフォー女性たちはどんな親孝行をしたいと思っているのでしょうか?版権: Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com自分が歳を重ねるとともに、両親も年齢を重ねていきます。いつも自分のことを思ってくれる両親に、親孝行がしたいと思ったことはありますよね。今回は「親孝行」について、働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 「親孝行をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは56%でした。約半分の人たちが親孝行をしていることが判明。親孝行をしているという人たちに、「どんな親孝行をしていますか?」と聞いてみ ると…… 「定期的に実家に帰り、美術館巡りや観劇など両親の趣味に付き合っています」 (myporinaさん) 「定期的に子供を連れて会いに行きます。会えない日も頻繁に子供とビデオ通話し ています」(ちかさん) 「月に一度は親の家を訪問し、定期的に贈り物をしています」(みわこさん) 「誕生日などの記念日に食事会をしています」(チョコさん) 「実家が遠く離れているので、こまめに電話やメールをしています」(ふじこさんん) 「長期休暇の時に一緒に旅行をします」(まりこさん) 「月に一度は両親と義両親に会いに行きます。また、子供の写真は平等に両親と義 両親にメールで送っています」(こもれびさん) 「両親の介護費用を積み立てています」(Ondianさん) 「通院の送り迎えと付き添い、買い物の付き添いをしています」(Seiさん) 「両親にお小遣いとローンの援助をしています」(りょーちゃんさん) 「義父と同居しています」(チャロさん) 「年に2回旅行に連れていきます」(gachocoさん) 定期的に会いに行っている、贈り物をしている、一緒に旅行をしているという人が多数いました。自分の両親だけでなく、義両親のことも大事にしている人も!  「これから親孝行をしたいと思いますか?」という質問に「YES」と回答したのは89%でした。「これからどんな親孝行をしたいですか?」と聞いてみると…… 「両親が望んでいる結婚をします」(sayuさん) 「結婚をして子供をつくり、安心させてあげたいです」(myporinaさん) 「今年、金婚式なので海外旅行をアテンドします」(rikaさん) 「両親が元気なうちにたくさん旅行やお出かけをして思い出を作りたいです」(MR さん) 「将来的に介護をしたいです」(マッシーさん) 「今後、金銭面で援助をしてあげたいです」(まりょんさん) 「ゆくゆく両親と暮らしたいと思っています」(ちかさん) 「とにかく心配させない!」(syuruさん) 「運転免許の返納をうまく促したいので、父親の次の誕生日に運転卒業のお祝いパーティを盛大にしたいと思っています」(akiさん) 判断能力が低下してきた高齢の親の運転を、ハラハラしながらみているアラフォー世代が増えてきているかもしれません。何かが起こる前に、自主返納を上手に促すのも親孝行のひとつになるかもしれませんね。 親孝行をしたいと思っていても、さまざまな事情で実行できないアラフォーもたくさんいるでしょう。忙しい合間を縫ってメールや電話をするだけでも、親を気遣う気持ちはきっと伝わるはずです! 「親孝行したい時分に親はなし」。時間は限られています。後悔しないためにも、できることから親孝行はじめてみてはいかがでしょうか。あなたにオススメの記事:▶アラフォー女性がお酒を飲む理由は?「お酒にまつわる失敗談」をセキララ告白!▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶ボディメイクに興味があるアラフォーは96%!ボディメイクする理由やボディメイクしたい部位は?▶アラフォー女性の平均睡眠時間と睡眠の満足度はどれくらい?実践している快眠テクとは?▶副業をしたいアラフォーは70%。実際に副業をしているのは15%!アラフォーの副業事情。文/Yuko Aoki
  • 「家族内のコミュニケーションが不足していてとても疲れる」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!【今月のお悩み】「理系人間の夫&息子との会話がはずみません」理系人間の夫や息子との会話が、続きません。彼ら2人は、くだらない会話をしないため家族間でのコミュニケーションが不足していて私は毎日、とても疲れます。どうすればもっとラクに、楽しく暮らせるのでしょうか? (福井県・みい・41歳・主婦)☆辛酸なめ子さんの回答身近な理系男子を見ると、A Iスピーカーのように質問に答えてくれたりします。ゴシップや下世話な話もプログラムに組み込めば相手をしてくれることでしょう。ただ俗なものとは無縁のピュアさが魅力でもありますが……。☆みうらじゅんさんの回答おすすめは「だまし&盛る」戦法。そのうち話し上手にもなるかも?いますよね、こっちが何げなく言ったことでも「そう思う根拠は?」とかって、いちいち理屈を求める人。ダンナさんがそのタイプだって、みいさんは結婚前からわかっていらしたんでしょうけど、息子さんもそのDNAをしっかり受け継いじゃって、理詰めダブルになってしまったわけですね。その息苦しさ、お察しします。  でもまあ、ご主人と息子さんの性格を変えるのは、かなりむずかしいでしょう。となると、問題は「くだらない会話」の内容ですよね。くだらない話でも、おもしろければ理詰め人間にも勝てるんじゃないかと思うんです。  とはいえ、おもしろい話というのは、そうそう誰にでもできるわけではありません。そこでひとつご提案したいのが「だまし&盛る」戦法です。  まず、相手に「またくだらない話か」と思わせないよう、理系人間に聞き覚えのある言葉やフレーズから話に入ってみてください。例えば、「アインシュタインって、こうじゃない?」というように。私も理詰めじゃないのでよくわかりませんが(笑)。みいさんの話の内容は、それとはまったく関係なくていいんです。要するに“つかみ”の部分ですね。人って、自分の領域の言葉には反応するもんじゃないですか。ダンナ&息子さんも「お?」と思って、みいさんの話に耳を傾ければしめたもの。さぞ2人に関係ありげに、顔の表情や身ぶり手ぶりを大げさにして、いつものくだらない話に入っていきましょう。  その際も、「あなたはどう思う?」というようなセリフをたまにはさめば、2人はそもそも真面目なタイプでしょうから、みいさんの話に付き合って、少しは考えるような気がします。  いつもと違う話だと思って聞いていた2人は「なんだ、いつもと同じか」と思うでしょう。でも、話の最後まで聞かせることができたら、みいさんの勝ちです。彼らは、不覚を取られたと思いつつ、わが妻(わが母)の、くだらない話をなんとかおもしろくしようとする努力に感心するのでは? 今後、みいさんの話を無視しちゃいけないな、と思い始めるんじゃないでしょうか。  みいさんとしては、「なぜ私がそこまでしなくちゃいけないの」と思うかもしれません。でも、これは僕の推測ですけど、みいさんもダンナ&息子さんの話を「わけわかんない」と切り捨てているところがありませんか? それって、彼らがみいさんの話を「くだらない」と言って取り合わないのと同じなのではないでしょうか。それじゃあコミュニケーションは永遠に成り立たない気がします。すべては「話せばわかる」。この場合、おもしろそうに話せばいいわけです。「わからない」なら、わかろうとする。「くだらない」けど聞いてほしいなら、おもしろく話す。夫婦・家族間こそそんな努力や工夫が必要なんじゃないでしょうか。世界中がそうなれば、本当の意味の平和が訪れるはずだと思います。●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • 魅力的な体をづくりを目指す人が増えています。アラフォー女性たちのボディメイクに対する意識とは? 版権: G-Stock Studio/Shutterstock.com働く女性480人にアンケート調査。 美や健康に意識的な女性を中心に、生活を向上させる、自分をより輝かせる、といった目的でボディメイクを行う人が増えていますよね。世の中はボディメイクブーム! 働くアラフォー女性たちのボディメイク事情を調査しました。 「ボディメイク(魅力的な体をつくるためのエクササイズ)に興味がありますか?」と聞いたところ「大変興味がある」と回答したのは64%、「まあまあ興味がある」が32%、「どちらともいえない」が2%、「それほど興味がない」が1%、「全く興味がない」が1%でした。ボディメイクに興味がある人が96%いることが判明したところで、「いまボディメイクをしていますか?」と質問をしてみると、「YES」と回答したのは61%でした。興味はあっても取り組めていない人が30%ちょっといるようです。続いて「ボディメイクする理由」について聞いてみると…… 服をきれいに、かっこよく着たい! 「かっこよく服を着こなしたいから」(misaさん) 「常に水着を着られるようにしたい。理想の服を理想的に着たいから」(らんぼるぎーにさん) 「いつまでもミニスカートがはけるように」(やまこさん) 「若く見られたい。好きな服をきれいに着こなしたいから」(niroさん)若く、ヘルシーに見られたい! 「食べることが大好きなので、太ることを気にせずに食べたいから。太ってしまうとオバさんに見えてしまうので」(salt0923さん) 「加齢とともに衰えていく身体に逆らいたい!若く見られたいから」(サクラさん) 「美容と健康維持のために。ヘルシーな見た目でいたいから」(みゅーさん)自信をつけたい! 「自分に自信が持てるように」(まゆみさん) 「自分に対してガッカリしないようにしたいから」(saraさん) 「身体が重いとすべてにおいて消極的になりがちなので、そうならないために」(akikoさん) 「ボディメイクすることが毎日をたのしむモチベーションになっています」(さちさん) いつまでも若々しく輝いていたいと願うアラフォー女性が多いこと! そういう気持ちがやる気を起こさせますよね。 では、アラフォー女性が一番気になっている部位はどこでしょう?「一番、ボディメイクしたい部位」をランキング化すると…… 1位・・・お腹(ウエスト)まわり 2位・・・二の腕 3位・・・太ももお腹のお肉、本当になくしたいですよね。夏はデニムにウエストインしたい! ノースリーブからのぞくたくましい二の腕は、おばさんに見えてしまいますよね……。 ボディメイクをしている人たちに、「実践しているボディメイク」を教えていただきました!「パーソナルトレーニングを2週間に1回」(emikさん) 「ピラティス、ヨガ、パーソナルトレーニング」(misaさん) 「週に1回加圧トレーニング」(まちゃりんさん) 「自宅でピラティスと24時間営業のジムでジョギング」(bullさん) 「サーキットトレーニングと自宅で筋力トレーニング」(solaさん) 「食事管理、自宅で筋力トレーニング、屋外で有酸素運動」(ニーコさん) 「ウォーキングと自宅で筋力トレーニング」(らんぼるぎーにさん) 「自宅でストレッチと筋力トレーニング」(あんぱんこさん)ジムやスタジオなどの施設を利用し、パーソナル、ピラティス、サーキットトレーニングといった本格的なボディメイクをしているのは約40%。地道に自宅でボディメイクしている人の方が多いことが判明。筋力トレーニングだけでなく有酸素運動をしっかり組み合わせている人も多く、ストイックなアラフォーがかなりいました。素晴らしい!最後に「理想の男性の体型」について聞いてみるとこんな結果に。 スリム・・・9% 中肉中背・・・33% 細マッチョ・・・44% マッチョ・・・12%が ぽっちゃり・・・2%やはり「細マッチョ」が一番人気でした! かなり本格的に鍛えている男性が増えてきていますが、やり過ぎはちょっと抵抗ありなんですね(笑)ボディメイクをして体力や外見を高めると自信がつき、積極的になれたり、人生をより有意義に過ごせそう!  「自分で鍛えてつけた筋肉は裏切らない!」ボディメイクはじめてみてはいかがでしょう。 あなたにオススメの記事:▶スポーツ観戦に興味があるアラフォーは6割以上!好きなスポーツ観戦は?どのように楽しんでいる?▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶アラフォー女性の平均睡眠時間と睡眠の満足度はどれくらい?実践している快眠テクとは?▶キャリアチェンジ経験者は46%。経験者たちのキャリアチェンジ成功の秘訣とは?文/Yuko Aoki
  • お酒が好きなアラフォー女性は65%。「お酒を飲む理由」や「お酒を飲む時に気をつけていること」について調査しました! 版権: miya227/Shutterstock.com20代からアラサーの時と今って、お酒を飲む理由や飲み方が変わってきている人も多いのでは? 働くアラフォー女性480人に「お酒」についてアンケート調査。「お酒を飲むのが好きですか?」という質問に「YES」と回答したのは65%でした。想像していたよりも少なめ!?「お酒を飲む理由」について聞いてみると、以下のような結果に!やはりお酒を飲んで「楽しい気分になりたい!」という回答が1位でした。「リラックスしたいから」「ストレスを発散したいから」という人も多く、働く女性がお酒を飲む理由として、一日の疲れをリセットしたり、気分転換を求めていることがわかりました。 「お酒を飲むときに気をつけていることがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは72%でした。「YES」と回答した人たちに「気をつけていること」を聞いてみると……「3杯以上飲むときは、自分の体調と明日の仕事の影響を考えます。一緒に飲む相手も選びます」(Hisakoさん) 「次の日が仕事の場合は飲まないようにしています」(マカロンさん) 「次の日の予定を考えて飲む量をセーブします」(たかじゅんさん) 「職場の親睦会的な飲み会では酔わないように気をつけています」(おにぎりさん) 「連日で飲み会の約束は入れないようにしている。途中でソフトドリンクに切り替えています」(さえさん) 「年々、翌朝に酔いが残るようになっているので、平日に飲むのはかなり控えています」(akikoさん) 「太りにくいワインやハイボールを飲むようにしています」(じゅんじゅんさん) 「太るので、家では週にビール1缶までと決めています」(まちゃりんこさん) 「健康と体型維持のため量を控えています」(meさん) 「無理して付き合いでは飲まず、飲みたい時に自分のペースで飲みます」(さくらさん) 「お酒に飲まれないように気をつけています」(あずきさん) 「たまに休肝日をつくっています」(ぽんぽんさん) 「お酒を飲むときは必ず水も大量に飲むようにしています」(ゆうこりんさん)自分の適量を把握しておくことが大事ですよね。仕事や翌日の予定、健康を意識して、マイルールを設けている人が多数いました。さすが大人女子!とはいえ、“大人”になるまでにはきっと数々の失敗もあったはず。ということで、「お酒にまつわる失敗談」を教えていただきました!「飲み過ぎてしまい二日酔いのまま仕事をしていたら、同じお客様に二度電話してしまったことに気が付かなかった」(ちゃんよさん) 「飲み過ぎて睡魔に負け、初対面の人の膝枕で寝ていた」(rikaさん) 「酔っぱらって気づいたら捻挫をしていた。当時付き合っていた彼に背負われて帰った」(niroさん) 「飲んだ後に貧血を起こし、つり革につかまっていたはずが、おでこが痛いと思って目が覚めたら、電車の床の上で土下座をしていた」(キャンベルさん) 「記憶が全くないのですが、朝起きたら職場の人の家で寝ていた」(ゆうさん) 「酔っぱらって駅前の植え込みに座り込んで起き上がれなくなっていると、見知らぬ人が水とウコンの力をくれた」(ゆみこさん) 「飲み過ぎて、お酒を飲むと蕁麻疹がでる体質になってしまった」(レイナさん) 「泥酔してしまい、知らない中年の男性にタクシー乗り場までおぶって連れて行っていただき、タクシーに乗せてもらった」(キッカさん) 「泥酔し救急車で運ばれ、夜中に病院で目が覚めて勝手に帰ろうとした」(ニーコさん) 「酔っぱらって同期とタクシーでキスをしてしまった」(ユキさん) 「飲み過ぎて気分が悪くなり、電車を1駅ずつ降りてはトイレへ……。本来は30分で帰れるのに2時間以上かかってしまった」(さーふさん)結構やっちゃったな~感のある失敗談も出てきましたが、私も経験あるある!という人もいましたか!?お酒は気分やシチュエーションに合わせて、さまざまな役割を担っているといえるでしょう。マイルールを設けて、末永くお酒を楽しめるといいですね!あなたにオススメの記事:▶セットアップの詳細はこちら副業をしたいアラフォーは70%。実際に副業をしているのは15%!アラフォーの副業事情。▶アラフォー女性の平均睡眠時間と睡眠の満足度はどれくらい?実践している快眠テクとは?▶キャリアチェンジ経験者は46%。経験者たちのキャリアチェンジ成功の秘訣とは?▶働くアラフォー女性たちは「初対面の人のどこを一番最初に見るのか?」▶アラフォー女性たちの86%がバストに自信がない!バストケアや美乳に見せる工夫について調査文/Yuko Aoki
  • 働き方改革の流れで、副業を考えている人がどんどん増えていますが、アラフォー女性たちは副業に興味があるの?版権: fizkes/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 働き方改革の一環として、政府は副業を推進。副業を解禁する企業も増えてきています。副業が気になっているアラフォーも多いのでは?? ということで、今回は副業について調査しました!「副業をしたいと思いますか?」という質問に「YES」と回答したのは70%でした。やはり副業をしたいと思っている人はかなり多め。「いま副業をしていますか?」という質問に「YES」としたのはぐっと減って15%でした。副業をしたいと思ってはいるものの、実際に副業をしている人はまだひとにぎりであることが判明しました。そして気になる収入! 副業をしているという人に「副業で得られる1ヵ月の平均収入」について聞いてみると、以下のような結果に。 割合としては10万円以上の収入を得ている人が一番多い!   ではどんな副業をしているのか? 副業をしている人たちに内容について聞いてみると、最も多かったのが「講師」でした。講師だと収入も期待できそうですよね。今回のアンケートにあがった副業: 乙女ゲーム脚本家、ユーチューバ―、ハンドメイド作家、パーソナルカラーと顔タイプ診断、通訳と翻訳、執筆(ライター)、エステティシャン、ヨガインストラクター、モデル、ネットショップ経営、イメージコンサルタント最後に、副業をしている人たちに「副業のメリットとデメリット」について教えていただきました。「メリットしかないです!副業があるから本業で無理をしなくても生活ができています」(めぐりんさん) 「多少疲れますが、お小遣い稼ぎに!」(にっちさん) 「自分の好きなことができる!副業は休日にしているため、休む時間を意識的に確保しないと働きづめになってしまいます」(くぷさん) 「自身の気分転換と友達の助けになっています」(ゆうこりんさん) 「好きなことを好きなタイミングでできるのはとてもいいですが、安定はしません」(まゆみさん) 「副業で自分がやりたいことをしているので、副業で成功したら自己肯定感が高まります」(ねこむらさん) 「充実感があって楽しいです!」(まみさん) 「収入が増えるし、気分転換になります」(gachocoさん) 「新しい学びがあります。業界の未来を担う学生と向き合えること、視野が広がることもメリットです」(Hisakoさん) 「趣味でやっているのでメリット、デメリットを意識はしていませんが、密かな楽しみという感じです」(なおっちさん)夢の実現、気分転換、充実感、自己成長など、副業をすることで得られるものって大きいですね。副業をやってみたいと考えている方、本業とのバランス、目的、稼働スタイルなどをイメージしてからはじめてみるといいと思います!文/Yuko Aoki
関連キーワード

RECOMMEND