プライベートでのお花見には動きやすく表情のある大人デニムコーデで【2019/3/30コーデ】

Marisol ONLINE
連日のお花見。といっても明日は仲良しな女友達とのプライベートな会なので、リラックスできるデニムコーデで。定番の白Tシャツにデニムだけだとまだ肌寒いので、会社にも着ていったベージュジャケットを試しに羽織ってみると、これが妙にしっくり! ボーダーニットもアクセントに肩がけするとさらにこなれ感がUP。細い足首はさりげなく見せて女性らしさも忘れずに。
ジャケット¥65,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) Tシャツ¥25,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マディソンブルー) 肩がけしたニット¥12,000/TOMORROWLAND(マカフィー) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥50,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥74,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥18,500/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(カミナンド)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/高垣麗子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
関連記事
  • コーデの配色パターンが単調になったり、手持ちの夏服に迷いが出てきたら、モノトーンに立ち返って。色数を減らすと、涼しげで上品に見える効果も期待できる。心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)  プリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) いつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。 シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)撮影/金谷章平 ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/村山佳世子 モデル/SHIHO 取材・文/陶山真知子 
  • 着るとかっちり感のある黒テーラードジャケットは、肩がけをするとエレガントな雰囲気に夏風邪で入院してしまった同期のお見舞いへ。ゆっくりと身体を休めてほしいからお仕事中のかっちりした感じではなく、柔らかい印象で会いたいので、プレゼンのときはきっちりボタンを留めてきていたテーラードジャケットを、そっと肩に羽織って優しいイメージに変えてみる。明日は我が身でもあるので、自分も油断せずに体温調整できるようにジャケットを脱いだり羽織ったりと服装でも自己管理しなくては。ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) ニット¥5,990/プラステ スカート¥83,000/ebure バッグ¥115,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) メガネ¥38,000/ボウルズ(ジュリアス タート オプティカル×ハイク) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥565,000/ブライトリング・ジャパン(ブライトリング)撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼はおりものコーデの関連記事もチェック
  • あらゆるシーンで涼やかに着映える夏の味方「ワンピース」。今回は、休日のちょっとしたお出かけに着ていきたくなる、爽やか&鮮やか色のワンピース5着を厳選してお届けします。1.母と銀座で待ち合わせ、 七月大歌舞伎を堪能 動物柄が珍しいさわやかなプリントワンピース。ジャケットできちんと感も。 ワンピース¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット¥74,000(セヤ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥36,000 /オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ブローチ¥12,000/アナイ バッグ¥160,000/エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥36,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)2.学生時代からの仲よし グループで久々の女子会 気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)3.飛行機での移動は、ラクちんな ジャージー素材ワンピースで 伸縮性がありしわになりにくい素材のワンピースは、旅の移動時に重宝。黒ベースだから明るいイエローの花柄にも挑戦しやすく、黒小物と合わせれば引き締まった印象に。Vネックで顔まわりをすっきり見せてくれるのもうれしい。 ワンピース(共布ベルトつき)¥39,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)カーディガン¥24,000/スローン 帽子¥15,000/アナイ バッグ¥23,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ) 靴¥33,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat8月号掲載 
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day17は、スタイルUPも叶えてくれる涼やかな比翼仕立てのシャツワンピース。足もとはフラット靴をあわせて、ワインの試飲会へ!day 17ワインの試飲会へはフェミニンワンピースとフラット靴の組み合わせ涼やかで軽い素材の比翼仕立てのシャツワンピース。ウエストにゴムが入っているのでほどよくシェイプし、スタイルよく見せてくれる。 ★ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)サクラはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ8月号掲載
  • 先月号の予告から楽しみにしていた RepettoのPVCトートとレオパレードポーチ  PVCトートはどんなファッションにも 合うので普段からよく使っています。 また一つアイテムが増えて嬉しいです❤︎ まだまだ梅雨明けせず 肌寒い日が続きますね。 がっつり夏服だと少し不安… 今期出番の多いとろみジャケット 通気性もあるので湿度が高くても さらっと着れます。 ショートパンツはZARAのものです。 ベージュ×ベージュでセットアップっぽく! いろんなファッションに合わせて この夏たくさん使いたいです♡ そんな8月号のストレスフリーなECショッピングのページに出させていただきました。 試着ができなかったり 自宅で受け取れるタイミングがなかったり そんな不満を解消してくれる どんどん進化したECショッピング。 知らなかったことがたくさんで驚きました! BAILA8月号ぜひお手にとってみてください♪
  • "ギャップ"がミックス感につながり、好感度の高いブルーという色の可能性を、ぐっと広げてくれる!南国の海のようにまぶしい色、ネイビーに近い深い色、甘やかな水色まで。ブルーは色幅が多く、そのイメージも色の数だけ。このパートでは、そのイメージをいい意味で"裏切る"意外性のある着こなしを提案。【コバルトブルー】リゾートに訪れた島の、遠浅の海の色。心が浮き立つような明るく鮮やかな青を、そのアクティブな魅力はそのままに、着こなしで女らしくアレンジ。ボーダーTの新解釈! 黒タイトでカッコいい女っぷりを目ざして夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)彩度の高い着映えワイドをゆるっと、リラックスムードで涼しげなシャリ感と美しい発色を楽しめる一本。どんなベーシックカラーとも相性はいいけれど、例えばこんなキャメルベージュのリネンニットとなら、こなれ感漂う大人のムードにシフト。フラットのレザーサンダルやジュートバッグで、都会的なリゾートスタイルを満喫して。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(キャッツィ) バッグ¥30,000/TOMORROWLAND(アーロン) 靴¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マウロ デ バリ)×黒の小花柄ならきれい色もよりなじみ度がアップ小花柄のマーメイドフレアスカートが、色のもつ清涼感のおかげで甘くなりすぎないという効果も。スポーティなジップブルゾンと小物を黒でまとめれば、よりスッキリとした印象に。スカート¥20,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ブルゾン¥23,000/アルアバイル タンクトップ¥7,900(アンスクリア)・靴¥37,000(ロランス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000/TOMORROWLAND(ジェニーバード) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO
  • フラット靴なのに、ちゃんときれいで女っぽく見える。そんなフラットシューズの活用術と、アラフォーにぴったりのフラットシューズを一挙にご紹介します!【目次】 ①スカート派・蛯原友里の「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方 ②パンツ派・SHIHOの「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方 ③「ミニマルなきれいめフラットシューズ」カタログ①スカート派・蛯原友里の「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。スカート派・蛯原友里の「楽してきれい」なコーデ術をマスター!■パイソン柄フラットシューズ×シャツ×スカートコーデナチュラルなリネンスカートをパイソン柄でピリリと引き締め 着こなしが甘くなりがちなスカート派におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントに。ほっこりしがちなリネンスカートもどこかシャープに決まる。靴¥51,000/リエス(ペリーコ) シャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) カーディガン¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥25,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥59,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マージ シェアウッド) ▶パイソン柄フラットシューズ×シャツ×スカートコーデ 詳細はこちら■ゴールドのフラットシューズ×カットソー×スカートコーデヌーディなゴールドのフラットサンダルで休日コーデもきれいめに ふわりと広がるフレアスカートとフラットサンダルのカジュアルコーデも、サンダルがシャイニーなゴールドレザーになるだけでルーズすぎない印象に。トップスをスカートにインして腰高に見せれば、フラットサンダルでもすっきりバランスよく。サンダル¥29,000/ウィム ガゼット青山店(カジャック) スカート¥27,000/マルティニーク  ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カットソー¥19,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)▶ゴールドのフラットシューズ×カットソー×スカートコーデ 詳細はこちら■シルバーのフラットシューズ×ニット×スカートコーデブラック&カーキの辛口配色をシルバーのバレエ靴でフェミニンに導いて 歩きやすく、コーデにさりげない女らしさを足したい時に使えるのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、シックなトーンのコーデに夏らしい軽やかさを出して。バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) レギンス¥9,000/ebure ストール¥28,000(参考価格)/アマン(アルテア) バングル¥47,000/CHERRY BROWN バッグ¥27,000/TOMORROWLAND(ヴァシック)▶シルバーのフラットシューズ×ニット×スカートコーデ 詳細はこちら■赤いフラットシューズ×ジャケット×スカートコーデひとさじでも女っぷりがググッと上昇。頼れる赤を足もとに 手っ取り早く女っぽさを取り入れるなら、赤の魔法に勝るものなし。今年らしいけど太って見えるのがちょっぴり心配な白スカート×ベージュの淡い色コーデを、足もとにさしたパキッとした朱赤で引き締めて。女らしいけど甘すぎず、今年らしさもあるフェミニンコーデが完成。サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブロニ) ジャケット¥65,000・ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥54,000/ebure ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バッグ¥26,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ミロス) ▶赤いフラットシューズ×ジャケット×スカートコーデ 詳細はこちら■ドット柄フラットシューズ×ワンピースコーデドットパンプスとレースで作る、フレンチシックなバカンスコーデ フラット靴でもドラマティックに。そんな気分の時は一足でフレンチシックなムードが味わえるドットのパンプスを総レースのドレスに合わせて。全体の色のトーンを黒多めでシックに抑えれば、甘すぎず大人な着こなしに。靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure ターバン¥5,800/マルティニーク ル コント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ ストール¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド)▶ドット柄フラットシューズ×ワンピースコーデ 詳細はこちら②パンツ派・SHIHOの「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター!■スニーカー×ジャケット×パンツコーデ旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) ▶スニーカー×ジャケット×パンツコーデ 詳細はこちら■レースアップのフラットシュー×ブラウス×パンツコーデ靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)▶レースアップのフラットシュー×ブラウス×パンツコーデ 詳細はこちら■シルバーのフラットシューズ×ワンピース×クロップドパンツコーデクロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ) ▶シルバーのフラットシューズ×ワンピース×クロップドパンツコーデ 詳細はこちら■レースのフラットシューズ×カットソー×パンツコーデシンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)▶レースのフラットシューズ×カットソー×パンツコーデ 詳細はこちら■スリッパフラットシューズ×ブラウス×パンツコーデ涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND ▶スリッパフラットシューズ×ブラウス×パンツコーデ 詳細はこちら③「ミニマルなきれいめフラットシューズ」カタログ■サルトルのフラットシューズウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは、ゆったりとして夏の快適アイテム。とろみ素材のパンツと合わせるなら、レザーのスリッパサンダルがおすすめ。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ▶サルトルのフラットシューズ 詳細はこちら■ニナ リッチのフラットシューズネイビーのワントーンコーデをするなら、レースパンプスで女っぷりをプラス。甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) ▶ニナ リッチのフラットシューズ 詳細はこちら■カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのフラットシューズカラーのクロップドパンツにはシルバーの輝きで女っぽさを加えて。はおりとバッグは黒を選べば、シックな印象になる。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)  ▶カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのフラットシューズ 詳細はこちら■エドワード・グリーンのフラットシューズパンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めにしてもいい。靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン)▶エドワード・グリーンのフラットシューズ 詳細はこちら■ニコラス カークウッドのフラットシューズスリッパ感覚の履きやすさをかかとのパール&ブルーのスエードでリッチに。靴( 1 )¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ニコラス カークウッド)▶ニコラス カークウッドのフラットシューズ 詳細はこちら■ラオコンテのフラットシューズエレガントな光沢サテンは夏のパーティにも。靴( 1 )¥15,000/アルアバイル(ラオコンテ) ▶ラオコンテのフラットシューズ 詳細はこちら■アルムナエのフラットシューズクリアな白に甲浅のバランスが新しい。靴(0.5)¥53,000/エイチ ビューティ&ユース(アルムナエ)▶アルムナエのフラットシューズ 詳細はこちら■ファビオ・ルスコーニのフラットシューズ定番の黒は、旬のPVC素材で更新。靴(1.5)¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ・ルスコーニ)▶ファビオ・ルスコーニのフラットシューズ 詳細はこちら ■エーティーピーのフラットシューズなめらかなオフ白レザーが高級感あり。靴( 1 )¥32,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー) ▶エーティーピーのフラットシューズ 詳細はこちら■ネブローニのフラットシューズひとさじで女っぷりをアップさせるには、赤いシューズがおすすめ。パキッとした朱赤のサンダルなら、女らしいけど甘すぎず、今年らしいフェミニンコーデが完成。サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ▶ネブローニのフラットシューズ 詳細はこちら■ユナイテッドアローズのフラットシューズブラック&カーキといった辛口配色のコーディネートに女っぷりをプラスしたいときに重宝するのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、夏らしい軽やかさを出して。バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ▶ユナイテッドアローズのフラットシューズ 詳細はこちら■マノロ ブラニクのフラットシューズフラット靴でもドラマティックにしたいときは、フレンチシックなドットのパンプスをチョイス。黒メインのシックな配色にすれば、マキシ丈のワンピースを合わせても甘すぎず大人な着こなしに。靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク)  ▶マノロ ブラニクのフラットシューズ 詳細はこちら■ペリーコのフラットシューズ着こなしが甘くなりがちな時におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントになる。靴¥51,000/リエス(ペリーコ)  ▶ペリーコのフラットシューズ 詳細はこちら
  • 会議のあとに立ち話。敏腕アートディレクターと趣味の話で意気投合 今日は、企業のデザインリニューアルの会議。ポロニット×華やかスカートのコーデに、ネイビージャケットをプラスししてきちんと感を。清楚で涼しげ感もあるネイビーは、今期らしいベージュと相性がいいのがうれしい! 会議のあとで、アートディレクターの池上さんと立ち話。帰りぎわ、「そのジャケット似合ってるね!」のひと言。さらっと褒めてくれるのが素敵。モテるんだろうなぁ。ジャケット¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) ポロニット¥12000/SANYO SHOKAI(エムピーストア) スカート¥12200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥21000 /オー・ビジュー(ロゼモン) リング ¥14000/アデル ビジュー バッグ¥58000/エーディーエムジェイ(男性)シャツ¥25000/モアライド(ハリス ワーフ ロンドン) パンツ¥15000/トゥモローランド その他/スタイリスト私物 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【薄軽ジャケット】 コットンツイルのシングルジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に。¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) 【ポロニット】 ベージュのニットポロシャツはどこかノーブルな雰囲気になって、オンもオフも好感度高くまとまる。¥12000/SANYO SHOKAI(エムピーストア) 【ナローフレアスカート】 青みのあるピンクだから浮かずになじむ。ほどよいボリュームのナローフレアスカート。¥12200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
関連キーワード

RECOMMEND