やっぱりいい浅草!母との時間旅。

Marisol ONLINE
母と浅草に行ってきた時の思い出話にお付き合いくださいませ^^
出不精の母ですが、本人の中で「ここは行きたい」と思うスイッチがあるようで、スイッチが入れば身軽になります。

浅草は「スイッチ」の一つで、父曰く「行くと決まるとソワソワ楽しそう」なんだとか。
ツンデレというか、私(娘)に直接言うことはまずないんです。
楽しみー!とか一緒に出かけられて嬉しいー!とか(笑)
まったくない。
でもすごく楽しみにしてくれているようです。
浅草といえば浅草寺。
先ずはお参りして、それから自由行動です。
私は荷物持ちと道先案内人(方向音痴ですけども)ってところでしょうか。

もうお互いにいい年(笑)なので、行きたい場所を詰め込むことはなく、少し歩いたら気になるカフェに入ったり、また歩いたらご飯処に入ったり、とにかく休みが多いけど話が尽きることなくあっという間に日が暮れていきました。

お昼にはトップ写真のとろろ御膳を。
何にしようか~?と一応考えるのですが、結局いつも、浅草といえば麦とろだよねと落ち着き、こちらのお店に伺います。
日がくれる前に間に合ったのでスカイツリーを!
いつもこの橋のたもとに来ると船も乗ってみたいねと話しますが、まだ実現していません。
春は花粉、夏は暑い、秋は寒い、冬は忙しいと、なかなか日程調整が難しいのでした。

どの時期でも混んでいて、世界中から人が集まる浅草。
歩きにくくなっても、それでもやっぱり好きな街でした。
関連記事
  • 협재해변 ヒョプチェビーチ アクアマリン色の穏やかな海 島の西海岸にある、チェジュ屈指の遠浅、白砂の美しいビーチ。潮の満ち引きが速く、表情豊かで夕日の名所でもある。ビーチサイドには海を見渡す素敵なカフェも点在する。波打ち際でチェジュ名物の風に身を委ねると、心まで洗われるような気持ちよさだ。島にはユネスコ人類無形文化遺産の海女がいる海岸もあり、彼女たちの料理を楽しめる食堂も見逃せない。 MAP 올레의 돌담 オルレの石垣 海沿いの小道を歩く幸せ 島にはオルレ(チェジュの言葉で路地)と呼ばれるハイキングコースが全26あり、オルレによって1時間から8時間かかるそう。旅先ではとにかくよく歩くというジュヒョク。彼にとって、チェジュはまさに楽園のよう。ここはヒョプチェビーチからほど近い小さな港の集落のオルレ。火山島ならではの玄武岩を利用した風よけの石垣トルダムは島の風物詩だ。向こうに見える島は、飛揚島(ビヤンド)。 MAP 뉴저지 카페 ニュージョジカフェ みかん畑の倉庫をリノべ 彼がこの冬出演した「コーヒーフレンズ」というバラエティ番組は、チェジュのみかん畑の中のカフェが舞台だった。今回寄ったこの店も、みかん農家の倉庫を改装した落ち着く空間。カフェの名前はここの地名ジョジ里が由来だ。彼がオーダーしたのはチェジュの名産柑橘ハルラボンを使ったハルラボンエイドW6,000。ほか、アイスアメリカーノやチェジュウィットエールの生ビールも人気。 DATA 済州市翰京面緑茶盆栽路567−5제주시 한경면 녹차분재로 567-5064-773-7088営業時間:11時~23時(冬季〜21時)定休日:火曜 MAP 토리코티지X하시시박 トリコテージ×ハシシパク 暮らすようにコテージステイ 近年は都心から移住した若者が経営するおしゃれなコテージが増えている。「こんな家があったらな」と、すっかりくつろぎモードのジュヒョク。リゾートホテルに滞在するのが王道だが、レンタカーで移動し一棟貸しコテージに滞在するのも楽しい。2階のダイニングキッチンからは海が見え、テラスにはプールもついている。 DATA 済州市朝天邑朝天北6キル23제주시 조천읍 조천북6길 23010-9065-1186http://hasisipark.toricottage.com/ MAP紹介したスポットはこちら!
  • 1チェジュらしい景色に会いに行く チェジュに暮らす人々の自慢は、水のよさと、海産物、黒豚の美味しさ、そしてどこにいても海も山も10分、20分で行ける環境。象徴的な守護神トルハルバン(4)、世界自然遺産の城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)(1)、画家イ・ジュンソプの暮らした古民家(2)やオルレ14コース(3)などのどかな風景に足を止めてみて。 2アワビを思う存分食す ビタミンBやコラーゲンも豊富、薬膳でも知られるアワビ。鍋や釜飯で食すのも、旅のハイライトだ。チェジュ滞在中に肌の調子がいいのはアワビのおかげかも? サンバンサンチョガチプ(5)の鍋チョンボッヘムルジョンゴル(W45,000/2人前)には贅沢に11個も入っている! セリなど野菜の甘みもアクセント。締めはラーメン。ジョンダルスダトゥル(6)の釜飯チョンボットルソッパプW13,000。アワビのお粥も人気だ。生人参ジュースもおすすめ。 5 サンバンサンチョガチプ산방산초가집 DATA 西帰浦市安徳面和順海岸路189서귀포시 안덕면 화순해안로 189064-792-0688営業時間:10時~22時(LO20時30分)無休 MAP 6 ジョンダルスダトゥル종달수다뜰 DATA 済州市旧左邑龍眠岳路8제주시 구좌읍 용눈이오름로 8064-782-1259営業時間:10時~20時(LO19時)定休日:旧正月・旧盆 MAP 3チェジュの台所、五日市へ 豊かな食材が5日に一度集まる"五日市"。2と7のつく日にだけ立つ済州市民俗五日市場(チェジュシミンソクオイルシジャン)もそのひとつ。新鮮な食材は見ているだけで心躍る。チェジュといえば、アマダイの干物(10)、タチウオ、豊富な海藻類や、コサリと呼ばれる干したゼンマイ、柑橘ハルラボン(7)。ヨモギ入りのマッコリ饅頭(9)や、郷土菓子オメギトック(8、ヨモギ餅に小豆)なども。 済州市民俗五日市場제주시민속오일시장 DATA 済州市五日場西キル26제주시 오일장서길 26064-743-5985営業時間:8時~18時(毎月2、7、12、17、22、27日開催)※該当日が土曜の場合、9時~18時 MAP4牛島(ウド)クルージングへGO! 夜になるとほとんど人がいなくなるという牛島へ半日トリップ。15分ほどのクルーズで到着(11、乗船にはパスポートが必要)。電動自転車を借りれば快適に巡れる。のどかな島の魅力は尽きず(12〜14)、辛めの豚炒めと炒飯(16、W30,000〜)、名産ピーナツのアイスクリーム(15、W5,000)などに舌鼓。海を見下ろせるカフェ、ブランロシェ(17〜19)ではピーナツクリームラテ(W8,000)やチーズケーキのピーナツクリームがけ(W7,000)を食べてみて! 15 アンニョンユッチサラム안녕육지사람 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル792제주시 우도면 우도해안길 792010-2823-0170営業時間:10時~17時30分(季節変動あり)無休 MAP 16 プンウォン풍원 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル340제주시 우도면 우도해안길 340064-784-1894営業時間:9時~17時 無休 MAP 17~19 BLANC ROCHER블랑로쉐 DATA 済州市牛島面牛島海岸キル783제주시 우도면 우도해안길 783064-782-9154営業時間:10時~20時(冬季〜18時) 無休(18 オリジナルボトル入りの小粒で美味しいピーナツ 各W5,000) MAP紹介したスポットはこちら! >>「俳優ナム・ジュヒョクと行く『眩しくて、チェジュ島』」特集TOPへ戻る
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • 先日のお休みに、 友達と朝ごはんを食べに代官山へ 代官山 / gardenhousecraftsヘルシーに女っぷりを高める サファリカラー、、 =ブラウン・カーキ・ベージュなど この夏のトレンドカラーみたいです。 BAILA7月号に載ってた 「旬な夏のワントーンコーデ」のページを参考にお洋服を選んでみました〜♡ GUアイテム二着で「¥3980+tax」でした。。恐るべしコスパ。 詳細続きます↓gu.《アイテム》 ワンピース:GU(※S着用) スカート:GU(※S着用) ジャケット:韓国 シューズ:EDITION バッグ:Spic&Span 帽子:CA4LAGU / Iラインワンピース ¥1990+tax→商品ページ 丈、色、シルエット、全てが完璧で 二の腕がカバーされるという◎なデザイン ほどよく薄手で心地よい生地ですが、 透け感もなくポイント高め。 サイドスリットもお洒落度up!! GU / サテンエアリーロングスカートZ ¥1990+tax→商品ページ上品な光沢があって軽やかな素材で この値段には見えないですね。。 高見えアイテム♡ オフィスやデート、女子会どんな時でも 迷わず使える一枚だと思います(^^) 沢山はきたいな〜! 鮮やかなピンクも狙い中。最後までお読みいただき ありがとうございます♡。 BAILA7月号、ぜひチェックしてみて下さいね! インスタグラムも更新中です^^ instagramスーパーバイラーズ 櫻田結子のブログ
  • ストライプシャツで素敵にこなれて。雨の日OK小物で快適な一日に♪さらっとした着心地の白ブラウスにライトグレイの美脚パンツ。じめじめした季節も快適に過ごせる機能性コーデに『GU』のPVCトートで今っぽさをプラスして、外勤デーは万が一の雨対策もばっちり! 今日はカフェでの打ち合わせや街リサーチだから、ジャケットじゃなくシャツをはおってこなれた雰囲気に。クリーンなストライプ柄のビッグシャツなら、ちょい着くずしても知的でさわやかな印象になれるのがうれしいよね♪ 吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 ストライプ柄のビッグシャツ¥12000/AKTE 雨の日OKパンプス¥12000/オデット エ オディール 新宿店 ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 バッグ¥1990/ジーユー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • 日比谷のミッドタウン日比谷のミッドタウンに入ってすぐに LEXUSと書いた入口があります! その中にお洒落なカフェが! それが【THE SPINDLE】カフェです!レモン タイム エスプーマ ソーダを注文!!とっても爽やかでスッキリとした味でした! 暑い夏にはぴったりです!☀︎ タイムが入ってるので普通のレモネードよりも、さらにさっぱり!!涼んだあとは日比谷公園へ!のんびりカフェで涼んだ後は、 歩いてすぐの日比谷公園をお散歩するのが最高に気持ちよかったです!! 真夏になる前にのんびーりお散歩するなら この時期が一番かなと思いました! 他にもメニューがたくさん!他にも、サラダやおかず系のものを 好きにチョイスできるものや、 お酒などメニューが豊富だったので 是非行ってみてください♩ テーブルもカウンターもあったので、 お一人や、お友達、恋人などいろんなシーンでいけるカフェかなと思いました! ここまで見て頂きありがとうございました☺︎ モアハピ部 No.692 れい のブログ
  • こんばんは☻ 前回ブログに書いた、 ゆずちゃんとの代官山ランチの帰りに 恵比寿でお洒落なスムージーのお店に 連れて行ってもらいました♡✌︎ それがこちら、、marugo deli ebisuです❤︎!恵比寿駅西口から徒歩5分ほどの ところにあります☻ こちらのお店、 スイーツのような 「フレッシュジュース&スムージー」と 野菜をたくさん摂取できる 「ベジタブルジュース&スムージー」、 そして栄養たっぷり!の 「スーパーフードスムージー」の3つに 分かれているそうで、 常時20種類以上が揃っているようです\(^o^)/ 私が頼んだのは、、❤︎たくさんメニューがあって かなり迷いましたが、、 この日は何となくバナナベースのものが 飲みたかったので Banana Oatsをオーダーしました(^O^) 税込¥650です☻ バナナ、豆乳、オーツ麦、メープル が入ったヘルシーなスムージー❤︎プラス50円で有機ミルクへ、 プラス200円で有機アーモンドミルクへ 変更もできるようです\(^o^)/ ほかにも、アボカドやアサイーを 使ったスムージーがあり、 かなり気になりました❤️ また絶対リピートしたいと思います☻ 皆さんも恵比寿に行かれた際は 是非行ってみてくださいね✨marugo deli ebisuのHPはこちら❤︎カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND