老けないベージュコーデを考えた結果。

Marisol ONLINE
ベージュが醸し出すリッチで上品な雰囲気が、30代までは若さと上手く中和して『オシャレな大人』にしてくれたように思う。

けれど、40代半ばともなれば話は変わってきますよね。

『今までと同じが通用しない』
とゆうのを切実に感じるようになりました。

かと言って、パッと急に何かを変えれるわけでもなく…

しばらく本当に悪戦苦闘してました。


そうして最近、ようやく行き着いたのが…
こんな感じのベージュコーデ。


変えたのはパンツと靴。
細身ではなくゆったり、九分丈ではなくフルレングス、ヒールではなくスニーカー。


一方、トップスのニットは大昔の、いつ買ったか思い出せないくらい前のもの。

どこかカジュアルな、けど砕け過ぎず大人としてのリッチ感もある…

それが今の理想。
ベージュのコンバースは、1年ぐらい前に通勤用にと買ったもの。

ピタッとハマるボトムスが無くて、結局いつも白ばかりで出番なし(^^;;

ようやく陽の目を見た次第です。

ボトムスと上手く馴染むと白ほどカジュアルにならないんですねぇ♬

「ハズし」とゆうほど大袈裟にならず、ニュアンス色のイメージを崩さずカジュアルダウンしてくれる感じ、とても気に入ってます。

coat:lappartement deuxiemeclasse

knit:johnsmedley

pants:plage

bag:hayward

shoes:converse
このタイミングで先日、美女組のakaneさんから『ベージュと言えばbemiさんの印象。何か着こなしのコツってありますか?』との質問を頂きました(^^)


やはり皆、思う所は同じなんですネ(^_^)

タラタラと語ったのですが、先週の日曜日の記事に書いて下さってます!

ので、そちらもチェックしてみて下さいね♬

本来、クリックしたら記事に飛べるようにするんでしょうけど…アナログ人間でスミマセン!(笑)
関連記事
  • 10連休は目前! ストレスなく着られてサマになる服や小物は旅先に欠かせないアイテム。気軽に羽織れる軽アウターから細見えするリラックスパンツ、ノンストレスのピアスまで旅のお供に連れていきたい名品をご紹介。GWをおしゃれに、そして快適に過ごすためのアイテムをぜひチェックして!E by éclat 鹿の子カットソーライダースさっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。E by éclat 鹿の子カットソーライダース ¥18,000+税>>ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ機能性とクオリティの高さは折り紙つき1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ ¥59,000+税>>L’UNE サルエルパンツ“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)L’UNE サルエルパンツ ¥38,000+税>>MOY Paris コットンパールピアスふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテムパリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)MOY Paris コットンパールピアス ¥6,700+税>>
  • ワンピースを「カッコよく」着る、そのコツは?一枚さらっと着るだけで決まるのが、ワンピースのいいトコロ♡ でも、今知ってほしいのは“一枚で着る”のちょっと先。下にはく、上にはおる、小物を足す……そんなひと工夫で、いつものワンピースが見違えるように「カッコよく」なる!!手持ちのワンピでOK♡ カッコよくなる【8つの小技】小技1.カットソーワンピにはきれいなパンツを カットソーの持つリラックス感を、パンツで引き締めるイメージで。重ねることで少しモードに、ぐっと大人に。あえて“ゆるいもの同士”でまとめることでこなれ感も生まれる。クリーンな白にブラウンをきかせた、ありそうでなかった洗練配色も素敵! ワンピース¥6990/プラステ パンツ¥31000/FUN inc.(アイロン) コート¥42000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥83000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥39500/ピークス(ロゼモン)小技2.黒い細ベルトでウエストマーク 確実におしゃれ上級者を気取れる、黒パンツと黒ベルトの合わせ技。ベルトをすることで、より女っぽいニュアンスとシルエットが生まれる。 ワンピース¥25000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) パンツ¥14000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13000/ハリウッド ランチ マーケット(ローラ ディ マッジオ) ピアス¥8000/ガス ビジュー 青山 時計¥25000/ピークス(ロゼモン) ベルト¥990/ジーユー小技3.ビッグシャツワンピにはハイネックを 春のシャツワンピはトラッドに着たい気分、だからTシャツじゃなくハイネックがいい。カラーワンピに初トライするなら深いグリーンがおすすめ。白いカットソーと黒いカーディガンの肩かけで、さらに気負わずに着やすくなる。 ワンピース¥7400/KBF ラフォーレ原宿店 ニット¥26000/デミルクス ビームス 新宿(リト) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5900/クリア インプレッション イヤリング¥6800/ルーニィ 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥5500/ノジェス 靴下¥800/タビオ小技4.あいまい配色×素足で女っぽく オートミールみたいな色のクリーム色のワンピには、ライトグレイのカットソーを。あえての“あいまいな配色”が春らしさと優しげな印象を連れてくる。小物はかっちりしたバッグとベーシックなローファーを、靴下ははかずに素足で。きちっとしすぎず、女っぽさも忘れたくないから。 ワンピース(ベルトつき)¥28000/ヤマトドレス(&ディアー) ニット¥12000/モットハウス・トーキョー 靴¥36000/リーガル コーポレーション バッグ¥14000/ダイアナ 銀座本店 時計¥7800/コモノ東京小技5.ブラウンストライプとオレンジカーデの好相性に頼る “ワンピとカーデ”は定番だけど、ブラウンのストライプとオレンジになるとこんなに新鮮。レギンスはスリットタイプでさらに軽快に。 ワンピース¥32000/フィーニー レギンス¥1490/ジーユー ニット¥10800/セント ジェームス代官山店 靴¥16000/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(マルコ ビアンキーニ) ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) 時計¥36500/デミルクス ビームス 新宿(ラーソン&ジェニングス) 小技6."きちんと"なトレンチと"きちんとしすぎない"ためのレギンス トレンチを今年らしく着るために、ストライプは太めで爽やかな色がいいし、足もとは素足よりもレギンスでひとクセあったほうがいい。 ワンピース¥19000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店 レギンス¥2200/タビオ コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥16000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥1500/お世話や 小技7.長×長バランスにトライ 体のラインにそうワンピも、繊細な揺れ感のプリーツスカートも、それぞれ着るよりも“狙っている感”が出ないのがいい。髪に巻いたスカーフ、足もとの赤いバレエ靴。ちょっとフレンチシックなムードも漂わせて。 ワンピース¥19000/ルーニィ スカート¥11000/ペルルペッシュ 靴¥1490/ジーユー バッグ¥49000/FUN inc.(ベルメール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥3500/ルクールブラン小技8.きれい色スカートを重ねる 透けるニットワンピース、優しげなコーラルオレンジ、フェミニンな魅力が加速する。靴だけは辛口なパイソン柄、それもまた今っぽい。 ワンピース(ウエストリボンつき)¥23000/ルーニィ スカート¥27000/インターリブ(サクラ) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥51000/リエス(ペリーコ) バッグ¥24000/パリゴ 丸の内店(モダルー) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) 時計¥61000/アガット ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/野口由佳 モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES
  • きれいめにもカジュアルにも万能なくるぶし丈パンツ。スニーカーやミュールなど、休日のコーディネートにおすすめの靴をご紹介。【1】ペリーコ サニーのパイソン柄スリッポンオフの日に重宝するスリッポン。ボリュームのある厚底スリッポンは細身のくるぶし丈パンツとの相性もいい。パイソン柄がアクセントなって大人の着こなしに。スリッポン( 3 ㎝)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)【2】マリ ジウディセリの型押しミュール太めのリネンパンツなど、エフォートレスなコーディネートの足元を引き締めたいときは、レザーミュールがおすすめ。型押しとチャンキーヒールでモードな味付けを。ミュール(4.5㎝)¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ)【3】デイトのスニーカー  きれいめなくるぶし丈パンツとあわせたいのがゴツさのあるダッドスニーカー。足首の細さを見せて女らしい抜け感を出して。服もスポーティになりすぎないようトラッドなものを選ぶのがポイント。パンツ¥22,000/ANAYI スニーカー( 5 ㎝)¥31,000/ウィム ガゼット青山店(デイト) 【4】ペリーコのサンダルトレンドのナイロンアウターなど、スポーツテイストの服を着るなら、くるぶし丈パンツと足元はきれいめを選んで。シルバーのヒールサンダルならクールに女っぷりをプラスできる。サンダル( 9㎝)¥50,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/松村純子  【Marisol5月号2019年掲載】
  • MAQUIAのAはあやこのABefore&Afterとかメイクブラシとか収納とかニッチな内容が得意です。ねぇ。てゅか聞いて。もう自己紹介5回もしてるんですよ。そうなの。もう紹介するネタなんてないの笑。困っちゃったからこれ出してみるわ。無人島に持ってくものは旦那です。でもせっかくだからね今までの私の自己紹介の軌跡を紹介するね。あやこの自己紹介 第1回目そうなんですよ。私は2015年4月にマキア女子に加入したんですね。(赤字をクリックしたら見れますよ~)いや、だから?って話なんですけど。それまでブログなんて書いたことも何したこともなく、ただただオタクな生活しかしてなかったのでようは、この記事が人生で初めて書いたブログということ。今回の自己紹介記事で、第1回目から数えるとなんと404回目。キリは全くよくありませんが404回書いてるうちに、ブログのスキルもちょっとは上がったんじゃないだろうか?気のせいかね?いや、気のせいだな。あやこの自己紹介 第2回目え。待って?気づいたけど私のプロフィール写真が、この時に変えて以来、、、変えてないことが発覚しました笑。逆に何年、このままで通用するか試してみたいと思います。あと5年たったらただの詐称。特技は変顔と書いてますが、最近は多分やってません。もう大人だからね♡あやこの自己紹介 第3回目個人的には、この回が一番気に入ってます。特に基準はありませんが。2017年からアンバサダー(現トップブロガー)をやっておりますね~~~。好きな食べ物は“こんにゃく”とこのページで書いてますが、いまも変わらず好きな食べ物はこんにゃくです。世界が終わる最後の日も絶対こんにゃく食べます。あやこの自己紹介 第4回目正直に言うと、去年は可もなく不可もなくオチもなく、笑いもなく、みたいな。微妙な自己紹介を書いてますね。1年たって反省しましょう。ついでにもうひとつ反省することを付け加えるならインスタ頑張ります!と宣言して全く頑張らなかった件。やるやる詐欺ではありません。いつも気持ちだけが前向きです!!そんなわけで、もう大して公表できることもないのですが、、、せっかくなので、今まで話したことのないあやこのブログの書き方(?)を少しだけ話してみるとね!!私が、はじめてマキアブログを読んだのは関西美容番長のギ☆姉さんのブログです。ブログの記事の構成とか内容とかレビューの仕方とかというか長文なのに読むのがめんどくさくならない。ていうのに、この人スゴイな~。と思ったのを覚えてます。(文章力のある人の記事って長文でもスラスラ読めるんですよね。)今でもギ☆姉さんの記事は完全読破してますな~。おすすめです。はい超好きです(告白)とはいえギ☆姉さんの記事を真似しようにもあやこにそんなことは無理なので別のスタイルをとってますwあやこのブログの1行目はキャッチーな言葉を私の気持ちの言葉から始めたりとか喋りかける言葉で始めたりいろいろありますが、印象に残る言葉から始めるのをセオリーにしとります。1行目は2行目を、2行目は3行目を。3行目は5行目。5行目は最後まで読んでもらうためにある。と思っておりまして、次は?次は?とみんなが気になる文が書きたいのです(希望)がしかし、私の文章はアクが強すぎるのでwぜひ、ギ☆姉さんを参考にどうぞ♡もうひとつ、こだわってるとすれば『息継ぎをするタイミングで改行』ですかね?ここはひとぞれぞれだと思いますけど。あとは、スマホで見た時に区切りの良い位置とか。(ただ、これはよく失敗しますw)なるべく読みやすいように。というのを一応考えてたりねwうーん。あとはなんだろう?タイトルとタグに共通で検索に強い言葉を入れるとかしら??文章の中にもやたら入れたり。そうしてるといつの間にか人気記事が一丁あがったりすることもある♡ラッキー。結局、大してまとまりのない自己紹介になってしまいました。ありがちなやつな。でもね。私の自己紹介記事のリンクを全部クリックしてしまったそこのあなた。もうこれで逃れられませんw(なににw)最後にもっかいこれ見ておくことを強くオススメします。みんな仲良くしてね♡以上!おわり!Ayako
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
  • 一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。20代後半から40代まで趣味でチョコレートを作っていたという磯辺さんは、周りの声に後押しされ、昨年ビーガンチョコレートのサロンをオープン。これまでの経緯やこれからについてのお話を伺いました。チョコレート製作チョコレート歴21年。周囲の声が高まり、昨年サロンを開業礒辺美樹さん(No.65 ショコラティエ・51歳) 周囲に自宅サロンを開く友人が多く、昨年末はグルーデコとアロマを専門とするふたりと一緒にイベントを企画し、大盛況!珍しいビーガンチョコを開発。顧客が増えサロン開業へもともと料理が大好きで、20代のころには料理研究家のアシスタント経験もある腕前。29歳で通いはじめた製菓スクールでチョコレートと出会い、一気にとりこになったという。 「チョコレートは数ある洋菓子の中でもちょっと別格で、手間もかかるし時間もかかるしで好き嫌いがはっきり分かれるジャンル。私は見事にハマったタイプでした(笑)。できあがったチョコレートはまるで宝石のようにキラキラして美しい! ずっと見ていたいほど惚れ込んでしまい、講師のショコラティエがプライベートでやっていた販売を手伝うようになりました」 クリスマスやバレンタインなど大量の注文が入る時期に日参して、プロと一緒にチョコレートを作る。子供が生まれても赤ちゃんを背負って通っていたというから、礒辺さんのチョコレート愛は半端ない。自分でもよくチョコレートを作り、ちょっとした手みやげやお礼などで周囲にさしあげていた。「ただチョコレートを作ることが楽しくて自分のためにしていたことですが、40歳のころ、ママ友からぜひ売ってほしいといわれて。え、私が作ったチョコを買ってくれるの?と、とても驚きました。申しわけないので材料費だけいただいたのですが、それ以来、オーダーを受けてお譲りするという機会が増えていきました」  46歳でマクロビの勉強を始めると、乳製品アレルギーのある人などからマクロビでチョコレートを作れないかと問い合わせがくるように。 「試行錯誤を繰り返して、生クリームのかわりにカシューナッツクリームを使うなどオリジナルのレシピを開発しました。フェイスブックにのせたらオーダーが入るようになり、作り方を教えてほしいという声も多くいただいたので、昨年ビーガンチョコレートのサロンを開くことにしました。かつてキッチンをリフォームする際、いつかお料理教室を開けるといいなと思って広々としたアイランド型にしていたのですが、思いがけず今、チョコレートのサロンで役立っています。好きなことをして皆さんに喜んでいただけるなんて、私は幸せ者です!」 レッスン後に作ったチョコを試食しながら歓談するのも楽しみのひとつ持ち帰り用のラッピング素材にもこだわる レッスン前に道具や手作りのテキストを準備自宅のアイランドキッチンがサロンスペース撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
  • 地元にUターンする30代が急増中の今、実際に地元に戻って幸せに過ごしている方に、Uターンにまつわるリアル&ヒケツを伺いました。 【アラサー女子、ハッピーUターンのヒケツ 】人とのゆるくて濃いつながりを大切にしていくこと!松下さんの家から見える海。東かがわ市の人口は3万人で、過疎地域とされているんだそうtet.ブランドマネージャー 松下 文さん(31)東京都⇒香川県 (3年前)ー仕事について地場産業で起業しました!「東かがわ市は手袋の国内シェア90%で、日本一の手袋の産地なんです。生産の拠点が海外に移りつつあるなかで、地元の手袋産業も盛り上げたいと立ち上げた会社です」ーUターンで不安に思っていたことは?8年つきあった彼氏と遠距離になること「彼は背中を押してくれたけれど、確実に婚期は逃すなと不安に(笑)。彼は大手企業で働いていたのですが、1年後に移住を決めてくれて、こっちで結婚しました!」ーお金関係最初は収入が少々減額。しかし、生活コストがさらに減額!「収入はやや下がりました。けれど3〜4部屋ある家が5万円で借りられたり、近所の人から大量に野菜をもらえたりするので、むしろ生活は豊かになっていますね」ーUターンしてよかった?全部よかった! 不満はWi-Fiが飛んでないことくらい!「不安に思っていた細かいことは、実際に地元で暮らしてみたら“そんなことなかった!”ということばかり。強いて言えばWi-Fi環境が少ないかな(笑)」取材・文/東 美希 ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND