髪型からキレイになる!40代のための人気ヘアスタイル月間ランキングTOP10

Marisol ONLINE

【1位】耳まわりの柔らかな毛流れで 「脱マニッシュ」なベリーショート

おちついたダークトーンの髪色が、おしゃれに見せてくれる。       

全体にレイヤーを入れた丸みのあるマッシュベースのショートスタイル。フォルムの丸さで短いスタイルでもハンサムになりすぎないように。耳上に少し厚みを残し、小顔効果のあるひし形シルエットに仕上げている。カラーは7トーンでツヤっぽいカーキブラウン。

STYLING POINT

前髪は内巻きになるよう25㎜のヘアアイロンで軽く1カール。ワックス+バームのスタイリング剤をもみ込んでボリュームアップし耳まわりを流す。

【スタイリング前】

担当サロン「broocH」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【2位】ボブは柔らかいフォルムに進化中。 シャレ見えを約束する立体感スタイル

スタイリングの際に動きが出やすくなる隠し技でスタイリッシュなボブヘアに。

扱いやすいワンレンボブベースだが、前髪は頰の下くらいの高さからレイヤーを入れて、動きを出しやすくしておく。毛先がパッツンとしすぎないように、全体の“角”を取っておくのもポイント。重く見えやすいボブなので、カラーリングはアッシュ系で黄みを抑え、透明感を与えてカジュアルに。

STYLING POINT
28㎜のヘアアイロンで全体の毛先を1カールさせ、ハードワックスで毛束を残しつつくずす。トップに立体感を出し、前髪はかき上げ風にセット。

【スタイリング前】

担当サロン「ビュートリアム265」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【3位】カジュアルな毛流れがあるからこそ ハードな素材の服も着こなせる

鼻先まである長め前髪を流して、女っぽく。

トップにレイヤーを入れ、ボリュームを出しやすくしたグラデーションショート。あえて残した長めの襟足はフェイスラインをカバーするのに便利。短いながらもメリハリのあるフォルムにすることで、髪質や顔型の悩みカバーから、女性らしいイメージアップまで、幅広い希望をクリア。

STYLING POINT

スタイリングにはくるくるドライヤーがおすすめ。毛先から巻き込むようにブローして、フォルムを丸くして。温風→冷風の繰り返しでツヤもUP。

【スタイリング前】

担当サロン「marr」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【4位】髪質カバーをかなえるワンレンボブは 洗練された印象も与えてくれる

扱いにくい髪でも朝のスタイリングが簡単、毛先の動きで今っぽさを演出。

硬・多・太という髪質をカバーするストレートのワンレンボブで、シャープな雰囲気に。毛量が多い部分の調整がしやすく、スタイリングで外ハネにセットすることで軽やかな印象に。毛先のみにハイライトカラーを入れて、重めの髪にさらに軽さをプラスして。

STYLING POINT

毛先を28㎜のヘアアイロンで内巻きに。オイル+ワックスで、ハチ下の内側の髪をおさえて。表面は手に残ったスタイリング剤で動かし外ハネに。

【スタイリング前】

担当サロン「GARDEN Tokyo」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【5位】ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート

軟毛でもあえてのストレート!ピュアなイメージで若見えを。

担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。

【SIDE】

【BACK】

担当サロン「ROI」

撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代

【6位】長めバングが流行の兆し!あえてのストレートボブで自分らしいおしゃれ感を演出

前下がりシルエットなら膨らみやすい髪を落ち着いて見せてくれる効果あり。

ノーレイヤーのあご下3 ㎝のストレートボブ。フロントになるほど長くなる“前下がり”シルエットでふくらみやすい髪質のボリュームをおさえる効果も。ボリュームの出やすい髪は、前髪をアシメ風にスタイリングすることで今っぽさと髪質カバーに。髪色は10トーンのハニーベージュ。

STYLING POINT

ボリュームをおさえるためにストレートアイロンを。フロントは後ろへ流すようにアイロンをすべらせて。前髪をサイドパートで分けアシメ風に。

【スタイリング前】

担当サロン「ROI」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 

【7位】抜け感のあるゆるやかな動きがミディアムにこなれ感をプラス

自然なハネやドライな質感のスタイリングがポイント。

鎖骨下3㎝のミディアムレングス。ノーレイヤーで重めにカットし、毛量調整をプラス。前髪はリップラインの高さでサイドの髪につながるようにカットして、なだらかな毛流れに。中間~毛先に大きめのカールのパーマをかけ、スタイリングをサポート。肩についてハネる長さや、ゆるい動きをキープして抜け感を出して。

STYLING POINT

少しぬれている状態で、根元に空気を入れながら立ち上げるように乾かす。毛先はパーマの動きをつぶさないようにドライに。シアバターで束感を。

【スタイリング前】

担当サロン「GARDEN Tokyo」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【8位】大人っぽさとカジュアルさを融合するパーマを取り入れた弾力スタイル

ほどよいゆるさのある髪型は、頑張りすぎず、老けて見えない、アラフォーの隠し技に 。

長め前髪のグラデーションミディアムヘア。表面の髪だけ、顔まわりで動くようにレイヤーを入れているのは、全体にかけた1カールのパーマの動きを生かすため。つぶれやすい髪質にはこのパーマで弾力感とツヤをプラスし、スタイリングしやすく調整。

STYLING POINT

毛束を指に巻きつけ、ねじりながらドライを。パーマの動きを再現したら、オイル+ワックスで束感をくずし、毛先をランダムに。ツヤも加わる。

【スタイリング前】

担当サロン「Rougy」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【9位】くせ毛風パーマをプラスして女っぷりボブを簡単にスタイリング

サイド&後ろはワンレンベース、長めの前髪はラウンドさせて幅広めに。

大きなロッドで毛束を巻き込み、くせ毛風のふにゃっとした動きをつけておいて。つぶれやすい髪質も、スタイリングしだいでふんわり感をすぐに再現でき、女らしいソフトな動きもかなえられる。暗めアッシュベージュの髪色でモードっぽさもプラス。

STYLING POINT

髪がハーフウェットな状態で、バームを髪全体にもみ込み、なじませて。セミウェットな質感で、ゆるいパーマの動きを復活させ、楽しんで。

担当サロン「S.HAIR SALON」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

【10位】セミロングはくずしやすさ重視! セットしやすい仕込みを

鎖骨下5cmでフラットなセミロング。前髪のみラウンドさせて。

長めヘアの場合、スタイリングでどうくずすかがおしゃれヘアの分かれ目に。ランダムな巻き髪と、クシュッとした毛先の動きを作ることを心がけて。今どきの動きはフォームで柔らかい雰囲気にするのがポイント。ワックスの硬い動きよりも、ソフトな印象を大切に。

STYLING POINT

34㎜のヘアアイロンで表面はリバース巻き、毛先は外巻きに。ロングを重く見せないため、トリートメントフォームをつけて、毛先を遊ばせて。

担当サロン「S.HAIR SALON」

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代

※3月1日〜3月22日集計

いかがでしたか?40代のための月間ヘアスタイルランキングを参考に、いつもと違う髪型にヘアチェンジして、髪型からキレイになろう!

関連記事
  • 夏も近いからダイエットしたいし、健康的な肌にもなりたいし、冷え性も改善したいなあ。 運動だけではなくて、身体の内側から綺麗になりたいなあ。と最近思ってたのですが。。 ぴったりなもの、見つけちゃいました!飲みやすくて美味しいハーブティー発見👀💙こちらー!! ハーブティー専門店《enherb》の「グレフル美巡茶」というハーブティー。 ちなみに期間限定の商品で、今確認してみたら売上ランキング1位になっていて、びっくり! 写真撮る場所に迷ってコーヒーメーカーの横に置いてしまいましたが、ティーパックに詰めてお湯を入れるだけで大丈夫です◎グレフル美巡茶の効能とは✍🏻主な効能は、ダイエットのサポートをしてくれるとのこと。グレープフルーツの香りがするので、食欲を抑えてくれるみたい。 ビタミンCが豊富なローズヒップもブレンドされてるから、お肌にもいい!嬉しいことばかり!私は冷え性なので温かくして飲むけど、アイスもおすすめって店員さんが教えてくれたよ♡ 実際に試飲させてもらったら、甘さが強くなって美味しかった〜!販売は7月末まで 💨こちらの商品は期間限定なので7月末になりますが、他にも色々な種類が揃ってるので、同じような効能のハーブティーや、自分が求めているものがあるはず。 ハーブティーはノンカフェインなので夜でも気にせず飲めて、リラックスもできるから気になる方は是非お試ししてみて〜☺!モアハピ部 No.633 未有 のブログ
  • Marisol8月号 素敵な人は「黒」を着ている 夏の黒8月号のMarisol 素敵な人は「黒」を着ている モノトーン配色もいいし、素材で透ける黒も素敵♡ その中で私も買ったN.O.R.Cのワンピースが掲載されていました(^-^) 話題のウェブ限定ブランド ノークの人気型 裾にかけて広がるボリュームのあるシルエット この日は雨だったので、ハイカットのゴアテックスのコンバースを合わせました Marisol8月号に掲載かごやトングサンダルと合わせても可愛い ブラックワンピース ブラウンの存在感のあるネックレスも素敵水ぎわのイベントコーデMarisol美女組の私たちにちょうどいい 「イベントコーデ」の水ぎわコーデでは H&Mの黒のワンピースでちょこっと参加させて いただきました ブラックワンピース 小物の合わせ方で色んな表情を楽しめていいですね美女組No.69かんちゃんのブログ
  • 「BETTER THAN SEX」「HANGOVER」……。これ、実はコスメの名前。カルフォルニア生まれのメイクブランド「トゥー フェイスド」の日本上陸が決定。ポップでガーリーなパッケージで、ミレニアル世代がターゲット、なんて言われていますがクオリティはホンモノ。手に取らないともったいない! 早速、おすすめアイテムをお見せします!多くのスターアイテムを抱えるToo Faced(トゥー フェイスド)。日本デビューと同時に、目移りするほどたくさんのアイテムがお目見え予定。こんなふうに、アメリカンな外箱を並べただけでもキュート! ワクワクします。真っ先に惹かれたのは、このダイヤモンドライト マルチユース ハイライター(¥4500)。ダイヤモンドパウダーを配合し、ひとつひとつハンドメイドで作られるというハイライターは、パッケージもまるでジュエリーボックス!ケースを開けば、そこにはダイヤモンドの輝きが。揺らめくような輝きはもう、見ているだけでも幸せ! 頰の高い部分の透明感出しや鎖骨をなぞるようにのせてみるとか、顔以外にもあれこれ使えそうです。お次はこのネーミングが気になりすぎて手に取った1本。その名も「BETTER THAN SEX」! よっぽど自信がおありのようです(笑)。その正体はマスカラ。マットなメタリックピンクのパッケージは、アラフォーのポーチにもしっくり。ブラシの形は「砂時計」型。しっかり液を含んでとかし上げ、上向きのボリュームまつ毛を叶えてくれます。両端の膨らんだ部分が目尻までちゃんとキャッチしてくれるので、数回のストロークできれいに仕上がりますよ。こちらは¥3000、9月18日(水)発売。同じ名前のアイライナー(¥2500)も発売されます。もうひとつ、名前で惹かれて実力に感動した1品を。それがこちらの「Papa don’t peach」(品名は品名はパパドントピーチ インフューズド チーク)。マドンナのあのヒット曲ですね、きっと。めちゃくちゃ可愛い缶入りなんですが、ゴールドピンクのパール入りでどんな肌の色にもなじんで、なおかつ肌をきれいに見せてくれる、大人にぴったりの万能カラー。こちらも9月18日(水)発売、¥3800です。品名はボーン ディス ウェイ アンディテクタブル ミディアム/フルカバレッジ ファンデーションあと、ガガ様の名曲と同じ名前のファンデーションも発見! 全12色のファンデーション「BORN THIS WAY」(各¥5000)は、オイルフリーで軽いつけ心地なのにカバー力もありロングラスティング。まさに“生まれたて肌”をキープできます。ココナッツウォーターでしっとり感をキープして、若見え肌もお約束。このファンデーションと好相性のプライマーもあります。その名も……「HANGOVER」! こちらもココナッツウォーター配合で、飲みすぎちゃってはしゃいじゃった翌朝のお疲れ肌をケア。アラフォーのパサついた肌もプリッとしっとりさせてくれます。ほんのり香るココナッツで、気持ちまでまろやかに。20mL ¥2200~、ファンデーションと一緒にこちらも9月18日(水)発売。この他にも使えるカラーがぎっしりのアイシャドウパレットやキラッキラのグリッターなどなど。メイクを楽しくしてくれる、もう本当に目移りしちゃうラインアップ。7月31日(水)~8月6日(火)には伊勢丹新宿店でポップアップショップを開催、9月18日(水)には名古屋松坂屋に常設1号店がオープンします。今後、日本中に旋風を巻き起こすこと間違いなしのトゥー フェイスド、ぜひチェックしてくださいね。*公式サイトは今後オープン予定。公式インスタグラムは@toofacedlovesjapan「トゥー フェイスド」公式インスタグラムはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • おしゃれプロのリコメンド付き! 新調したくなる夏小物をご紹介。 サングラスはこのカタチ!夏の日射し対策&おしゃれに欠かせないサングラスは、丸みのあるフレームが今年っぽい。 (左)「肌になじむようなクリアフレームのサングラスなら優しい印象をキープ」(スタイリスト松村純子さん)。¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)・(中)「セルのかっちり感とメタルのシャープさのいいとこどり。メタルだけだときつく見えることがありますが、その心配もなし」(スタイリスト田澤美香さん)。¥61,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)・(右)「全体的に丸みのある"パント"と呼ばれるフレームの、上の部分だけシャープなカッティングを施した"クラウンパント"。ほどよい個性をプラスしてくれます」(スタイリスト池田メグミさん)。¥29,000/コンティニュエ(YELLOWS PLUS)  大人色のビーチサンダル「ビターな大人の色のビーチサンダルをハワイで発見!マットな質感と華奢なストラップは大人が街中で履いても素敵です!」(スタイリスト徳原文子さん)足裏が触れる面は柔らかくてクッション性があり、アウトソールには地面をとらえて歩きやすい硬い素材を使用した二層構造で、疲れにくいとリピーター続出。サンダル(右)¥3,200・(左)¥2,800/ハイアン インフォメーション(ハイアン)デイリーカジュアルをハズシに使える、アースカラーの“スポサン”ラクチンで手放せないスポサンは、スポーティなビビッドカラーよりもダークカラーを選びたい。「黒だけでなく、チョコレートブラウンやキャメルなど、おしゃれなニュアンスカラーも増えています。また、足首をホールドするデザインだけでなく、つっかけタイプや厚底のものなどバリエーションも豊富。旬のマキシスカートとの相性も抜群です」(スタイリスト池田メグミさん)。サンダル(左から)¥8,800/ブルームーンカンパニー(シャカ)・¥13,000/アパルトモン 青山店(スイコック)・¥4,500/シップス 渋谷店(テバ)大人のかごバッグは、黒で決まり!「ナチュラルカラーのかごバッグは、どうしても可愛く素朴なムードになりがち。クールな黒ならきれいめのスタイリングにも合わせやすく、シャープに持てます。レザーの黒ほど重たくならないので、夏のスタイリングを軽やかに仕上げるのにぴったり。また、カッチリ固い籐のかごバッグよりも、ラフィアなど柔らかい素材のほうが実際に使いやすいのでおすすめです」(スタイリスト松村純子さん)。バッグ(左から)¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ)・¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ パリ)・¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂【Marisol8月号 2019年掲載】
  • 近ごろ、肌の機嫌が悪い。もしかしてその原因は"落とすケア"にあるのかも。与えるケアに比べて、とかく軽視しがちなクレンジングや洗顔を見直して、今すぐ肌をランクアップ☆私がお答えします!トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんトータルビューティアドバイザー 水井真理子さん美容誌・女性誌などのスキンケア指南で活躍。肌を見るだけでその人のふだんのお手入れ法を見抜くカウンセリングは神業!?落とすケアこそ大人の美肌への近道!「何をしても肌の調子が上向かない。そんな時は落とすケアを見直してみませんか」と水井真理子さん。「与えるケアも大事ですが、正しいクレンジングや洗顔をマスターすると、本当に肌は変わります」。うるおって、透明感が上がって、ツヤも出る。さらにエイジングもゆるやかに。とはいえ、アラフォーになると、肌は刺激に弱くなっていく。「クレンジングや洗顔は、刺激になりやすいケアですが、それをいかに肌にいい方向にもっていくかがカギ。負担なく、うまく落とせたら肌はそれを見逃さないし、日々“なんか調子いい”状態に。落とすケアこそ大人の美肌への近道なのです」■クレンジング&洗顔をめぐる都市伝説ウソor ホント??誰もが子供のころから行っているあたりまえのケアだからか、クレンジングや洗顔には、まことしやかに囁ささやかれるたくさんの"ウワサ"が。その真偽のほどを水井さんが検証。■オイルは肌に悪いクレンジングオイルは必要なうるおいまで取ってしまうと言うけれど……。「今の製品はテクスチャー、界面活性剤の質など、すべてにおいて進化しているので悪者ではありません。ただし大人向けの保湿力の高いものを選ぶ必要はあり」 ■ダブル洗顔は必要「ダブル洗顔不要の製品は別ですが、原則的にクレンジング後は軽く洗顔料で洗うことで、クレンジングでオフしきれていない汚れを、泡で落として完了するのが理想」。特に夏は、ハードな乾燥肌の人以外は必ず。■スクラブは肌に悪い「悪くありません! スクラブ剤というと、ゴシゴシこすって落とすというイメージがあるけれど、今は肌に穏やかな製品が主流。むしろ代謝が落ちた肌を助けるためにうまく使ってほしい」。量をケチらず、肌の上で軽く転がして。大人に優しいスクラブ剤も登場! (右から)肌上でくずれる植物由来の粒子で安心。クレイと竹炭で吸着効果も。クレイ ピューリファイング スクラブ 75g¥5,000/SUQQU 弾力ある5 種類の粒子で穏やかに汚れを取り除く。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g¥12,000/ITRIM■泡は手にこんもり立てないとダメ泡は手のひらいっぱいに立てないと……というのもよく聞く話。「泡が多すぎると、髪をぬらしたくないからと、額やフェイスラインまできちんと広げず、洗いが不十分になるのでNG。泡はピンポン球2個分くらいに」■朝、洗顔料は使わないほうがいい「夜につけて吸収されず残ったクリームなどを洗顔料で落とす。すると朝のケアが有効に働きます。また夏は皮脂が出やすい季節。皮脂を落とす意味でも洗顔料を活用して」。なお、乾燥性敏感肌の人だけは使わないほうがいい場合も。■クレンジングでマッサージすると効果ありついやりがちなこのケア法。でも、「クレンジング料は落とすためのもの、マッサージはほぐして栄養を与えるためのものと目的が違います。クレンジング料でのマッサージは、肌を乾燥させ、負担になるので避けましょう」■洗う時間は短いほうがいい「洗う=水にうるおいを流出させている状態です。時間をかければ、肌の負担も増すため、短時間ですますに越したことはありません」。洗顔料の質は年々よくなっているとはいっても、泡を長く肌に置きすぎないように注意。■洗顔料は安いものでOK「年齢を重ねた肌を立て直すには、落とすケアも質を意識することが大切。肌にうるおいを残して磨き上げる大人向けの洗顔料を」。安いと必ずしも悪いわけではないけれど、「なんでもいい」といいかげんに選ぶのはなし!【Marisol8月号2019年】撮影/押尾健太郎(人物) 河野 望(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 構成・文/小田ユイコ
  • 毎年、夏になる前に必ず一本新調する制汗剤。 今まではスプレータイプを使っていたけど、今年は話題のスティックタイプに切り替えました!デオコ 薬用デオドラントスティックポーチインできるサイズ感で、まるで大きなリップクリームみたいです。 スプレーじゃないから洋服が濡れることもないし、噴射の音も気にしないで良いし、脇下、首筋、胸元…ピンポイントでささっと使えるのでとても便利。そして、何より香りがよい(^^) 香水とは違う、コロンのようなフローラル系の香りは、触れ込み通り「若い女の子の香り」♡朝、脇の下に塗って、日中カーディガン脱いだ時、ふわっと良い香りがして、あれ自分??って、自分自身から発するなんとも新しい香りにドキっとしました(笑) その後一日さらさらキープ。制汗効果も長そうです。若い女性特有の「良い香り」は加齢とともに失われていくそうで、その「匂いの曲がり角」は35歳くらいなんだそうです。そして、男性だけかと思ってた加齢臭、実は女性にもあることで、男女とも40代を過ぎると抗酸化力が弱まり加齢臭が気になるようになるのだとか。。 臭いに無頓着だった自分が恥ずかしい 今年は若い女の子気分を味わいながら、しっかりデオドラントしたいと思います♪美女組NO.119 NOKOのブログ
  • 加齢とともに表れるヘアトラブルに負けず、エイジレスヘアをキープする3人の秘密に迫った。 小泉深雪さん(モデル) 安心して使えることを基準にナチュラル系を選んでます 「もともと髪が健康なうえ、20代でパーマもヘアカラーもやめてしまったので、これまでとくにヘアトラブルで悩むことはありませんでした。そんなこともあり、普段のヘアケアは"自分"ではなく、あくまでも"子どもが安心して使えるか"がセレクト基準。今は、M-markのシャンプー&コンディショナーを愛用しています。ただ、二人目の出産を機に、髪のまとまりにくさが気になっていることもあり、仕事で髪をセットしたあとや傷みがあるときは、リカバリー用としてウカのヘアケアシリーズにチェンジ。また、自分へのご褒美として、気になったときにウカのヘッドスパとトリートメントを受けてリラックスするようにしています。時短も大切なキーワード。スーキンのオイルはその使用感はもちろん、全身に使えるのでスキンケアの流れでヘアケアもできるのが気に入っています。仕事柄、今はヘアスタイルを大きく変えることはできませんが、50代になったらショートヘアなどいろいろなスタイルに挑戦したいですね」 PROFILE1997年からモデル活動をスタート。日本国内の雑誌にとどまらず、パリコレクションのランウェイに出演するなど、グローバルに活躍。結婚、2 回の出産を経て、アラフォーの今も変わらぬ美しさをキープ。 1 「仕事後のハードスタイリングを落とすときやダメージが気になるときに愛用。ウカのヘアスタイリストさんにすすめられて以来、ずっと使い続けています」。(右から)ウカシャンプー ウェイクアップ!(300㎖)¥2,750・ウカ ヘアトリートメント グラマラスナイティナイト(200㎖)¥3,300/uka Tokyo head office 2 「家族で温泉旅行に行った際出合ったシャンコン。余計なものが入っていないシンプル処方なので子どもにも安心して使えます。家族の評判もよく、何より香りに癒やされます」。(右から)M-mark ローズマリーのアミノ酸せっけんシャンプー・同 ローズマリーのPH調整コンディショナー(各600㎖)各¥1,150/松山油脂 3 「オーストラリアのお土産でいただいて以来、プレシャンプーや入浴後の保湿のため全身に使っています」。スーキン ローズヒップオイル(25㎖)〈日本未発売〉 MICHIRUさん(メイクアップアーティスト) 結局美しい髪は頭皮から。頭皮環境を整えるケアが中心 「美しい髪は頭皮の環境にかかっているので、ヘアケアは頭皮が中心。毎月、"ヘナ"のトレーナーの方にカラーリングと同時に、ヘッドスパ&マッサージを自宅で行なってもらっています。ホームケアでは、シャンプーは2日に1 回。いつも髪を束ねているので単純に汚れがつきにくいから。ただ、ブラッシングは朝晩必ずが基本です。ブラッシングで汚れを落としたあと、オイルでマッサージをしてから洗うようにしています。また、髪が長いと乾かすのに時間がかかりますが、トリートメント後、冷水を髪にかけるとキューティクルが引き締まると同時に、乾かしやすくなることを数年前に発見。以来、冬でも行なっています。意外と体が冷えることはありません」 PROFILE渡仏、渡米を経て帰国後、国内外のファッション誌、映像、女優やアーティストのメイクアップ、商品開発のクリエイティブ・ディレクションなども手がける。美への探求心を体現する自身のライフスタイルは常に注目の的。 4 「防腐剤、乳化剤、抗菌剤、水はいっさい使わず、ローズマリーエキスと白樺樹液だけで作られているところに惹かれて。頭皮に活力を与え、髪にツヤが出ます」。FUKUBISUI スカルプローション(60㎖)¥5,800/福美人 5 「シャンプー前、ブラッシングをしてからデトックス効果のあるインディゴオイルでマッサージをするとすっきり感が違います」。インディゴ オイル プレオイル シャイン&スカルプ(50㎖)¥3,500/メルヴィータジャポン 6 「ダメージヘア用なのに重すぎず、髪1本1本に空気が入ってサラサラに。もう6 年くらい使っていますが、違うものを使ってもやっぱり戻ってきてしまうほど気に入っています」。(右から)オーガニックウェイ リビルディングヘアバス(240㎖)¥3,600・同 ヘアマスク(150㎖)¥3,400/AMATA 垣谷弥生さん(「白雪ふきん」商品開発) 髪が豊かな義母を見習い、シャンプーは2日に1回に 「義母は80歳を超える今でもボリュームがある美しい髪の持ち主。聞けば、洗髪は週に2 ~ 3回サロンで行うだけとのこと。ちょうど年齢的に髪の細さが気になっていたときだったので、私も洗髪を2 日に1 回に。保湿のために毛先に椿オイルを塗布したり、デトックスを期待して塩で洗ったりしていたところ、2 日に1回の洗髪でも頭皮のニオイや不快感はなく、それどころか乾かすときに髪の根元からハリを実感するように。今は、シンプルな処方を好む自分に合ったソルトシャンプーを見つけたのでこちらを愛用しています。また、3週間に1 回はカラーリングでヘアサロンに行くので、美容師さんからすすめられたブラシを使うなど、そのアドバイスも頼りに」 PROFILE19年前に奈良にある蚊帳製造業の家に嫁ぎ、蚊帳生地を改良したふきん製造に携わる。従来にない吸水性と長期にわたり白さを保つ「白雪ふきん」が評判に。現在は自身が使いたいと思うものを商品開発。営業、PRもこなす。 7 「熱を加えず圧搾するコールドプレス処理のため、さらりとしてベタつかない。シャンプー前の髪表面の保湿、乾かしたあとのツヤ出し、爪などの乾燥対策にも使っています」。桜島つばき油 ピュアプレミアム(30㎖)¥3,000/桜島ミュージアム 8 「イギリス発の大人気ブラシは、目が細かく、コームのように使えるので髪をまとめるときに大活躍。毛量の多い私の髪でも絡まず、マッサージしやすいところも気に入ってます」。タングルエンジェル オリジナルホワイト¥2,100/キヌガワカンパニー 9 「手前味噌ですが、このタオルは、吸水性がいいのでドライヤー時間を短縮できます。保湿効果の高いスクワランを練りこんであるので枕カバーにもおすすめ」。白雪スクワラン湯上りたおる ヘアケアサイズ(約35㎝×100㎝)¥2,500/白雪ふきん 10 「週1の頭皮ケアとしてこちらを使用。海塩を60%配合。ミネラル微量元素が自然のバランスでイオン化されて配合されているから髪の根元から元気になります」。スフィア・ソルト・マッサージ・シャンプー フォー スカルプ(160g)¥3,220/空と地 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら
  • "ギャップ"がミックス感につながり、好感度の高いブルーという色の可能性を、ぐっと広げてくれる!南国の海のようにまぶしい色、ネイビーに近い深い色、甘やかな水色まで。ブルーは色幅が多く、そのイメージも色の数だけ。このパートでは、そのイメージをいい意味で"裏切る"意外性のある着こなしを提案。【コバルトブルー】リゾートに訪れた島の、遠浅の海の色。心が浮き立つような明るく鮮やかな青を、そのアクティブな魅力はそのままに、着こなしで女らしくアレンジ。ボーダーTの新解釈! 黒タイトでカッコいい女っぷりを目ざして夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)彩度の高い着映えワイドをゆるっと、リラックスムードで涼しげなシャリ感と美しい発色を楽しめる一本。どんなベーシックカラーとも相性はいいけれど、例えばこんなキャメルベージュのリネンニットとなら、こなれ感漂う大人のムードにシフト。フラットのレザーサンダルやジュートバッグで、都会的なリゾートスタイルを満喫して。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(キャッツィ) バッグ¥30,000/TOMORROWLAND(アーロン) 靴¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マウロ デ バリ)×黒の小花柄ならきれい色もよりなじみ度がアップ小花柄のマーメイドフレアスカートが、色のもつ清涼感のおかげで甘くなりすぎないという効果も。スポーティなジップブルゾンと小物を黒でまとめれば、よりスッキリとした印象に。スカート¥20,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ブルゾン¥23,000/アルアバイル タンクトップ¥7,900(アンスクリア)・靴¥37,000(ロランス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000/TOMORROWLAND(ジェニーバード) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO
関連キーワード

RECOMMEND