アラフォーのスタイルUPに欠かせない!やっぱり落ち着くマキシ丈スカート

Marisol ONLINE
tops:urbanresearch/coat:drawer/shoes:jcrew/bag:ludrow
tops:urbanresearch/coat:drawer/shoes:jcrew/bag:ludrow
昨年の秋に展示会でオーダーした
ブルーバードブルーバードのリネンマキシスカート

3月初旬に届いて以来、すでに何回きたでしょう???
リネンですが、裏地もしっかりついているで、今の時期から3シーズンは着れます。


  • 正面
    正面
  • 裏面(ジップ部分がさりげなく可愛い♪)
    裏面(ジップ部分がさりげなく可愛い♪)
裏地はなんともビビットなピンク!

足を組んだ時などさりげなく見えるこのピンク。
見えない部分までお洒落なところがまたニクい(笑)

表面はいたってシンプルなネイビーだけど、実は・・・みたいなポイントが
着ているとテンション上がります♪
本当に最近ヘビロテ中。

顔タイプ診断でお客様に会う時も
メイクインストラクターの資格の勉強の時も
子供のサッカーのつきあいの時も
家族でお出かけの時も

ON・OFFとわず着ています。


1/4

2/4

3/4

4/4

家族とショッピングは、
きれいめカジュアルが定番です。


Tops:gap
denimjacket:helmutlang
bag:celine
shoes:repetto

子供のサッカーのおつきあい時にスニーカーでもスタイルUPコーデ

Tops:journal standard relume
shoes:convers
bag:j&mdavidson

講座受講で1日中、メイクの勉強の日。
バックは大きめサイズが使えます
。パンプスは一日履いても疲れないプチプラ名品。

Tops:letroyes
shoes:amiami
bag:gap
gakets:lafontanamaggiore
顔タイプで似合うと分かったボーダーはカジュアルになりすぎないよう気をつけます。

Tops:muji
shoes:gu
bag:giannichiarini
セールは大好きですが、それ以上に失敗も繰り返してきて最近気づいたことの一つ

「シーズンはじめに本当に欲しいのもを買って、沢山着ること!」

タンスの肥やしも増えないし、シーズンはじめに買うので沢山着て、
1回分に換算するとコストパフォーマンスも良く、効率が良いのではないかと思うのです。

そのためには、常に自分のクローゼットの服の管理をして事も合わせて重要です。
そうすると、今自分に必要な物がすぐ分かります。

私は、クローゼットの服を全部撮影してみて
(コレ以前ブログにかいたので良かったらご覧下さい↓)

自分の服の管理が出来ているので、無駄な買い物が本当に少なくなりました。
服をむやみにふやさない事もこころがけています。

顔タイプ診断で似合うが分かった事も本当に大きいです。
今まで、単純に物(服、アクセサリー、靴)単品で、可愛い!好き!という基準で
購入していたので、好きだけど自分に似合うかという視点で物を選べるようになったのは
大きな収穫でした。


そして最後に話はそれますが、
プチプラコスメのおすすめのご紹介です。
オルビス パーフェクト コンシーラー ¥1,620(税込)
オルビス パーフェクト コンシーラー ¥1,620(税込)
先日、人にメイクをできるようになりたくて、メイクアドバイザーのレッスンを受けてきました。
メイクについて20時間以上学ぶってとても新鮮で楽しい時間でした。

顔タイプ診断でいろいろなお客様にお会いするとメイクを知りたいと言う方が
多いこと!
私自身もきちんと学びたくて、受講しました。

そこで、使ったメイク用品、プチプラ~デパコスまで色々とあったのですが、
プチプラで良かった物のご紹介です。

20代~50代の肌タイプもカラータイプも様々な方にメイクをしたのですが、
多くの方が、目の下のクマの悩みを持っています。

オルビスのパーフェクトコンシーラーで、目の周りを明るくすると、見違えるように
顔が明るくなります。

伸びも良く、筆タイプなので、使いやすいのもポイントです。

早速、私のメイク道具の仲間入り。
いまではかかせないメイク道具の一つです。
特に青グマにお悩みの方おすすめです。

関連記事
  • 黒、白、グレーの無彩色のアイテムで統一したモノトーンコーデ。洗練された雰囲気を醸し出し、クールでシックなモノトーンコーデはアラフォー女性の強い味方。2019年版の最旬モノトーンコーデをご紹介します! 【目次】 ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ ②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ■白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデすっきりとした縦長シルエットに、適度なボリューム感が好バランス シルバーエンボスレザー×ホワイトソールで見た目にも涼やか。「大人のダッドスニーカーは、イージーにもポップにも履かないこと! 選びも着こなしもきれいめ&シックが、断然おしゃれです」(スタイリスト・徳原さん)。 スニーカー¥74,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥76,000/マディソンブルー Tシャツ¥14,000/ebure スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バングル¥21,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(レベッカ ピンス) バッグ¥75,000/ウィム ガゼット青山店(ヘイワード)▶白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ清潔感のある白に、きゅっと結んだ大きめのリボンが甘すぎない女らしさを添えて 黒トップスを合わせただけのシンプルなモノトーンコーデも、リボンのアクセントのおかげでほどよく華のある着こなしに。ウエストにメリハリが生まれることでスタイルアップも狙える。スカート¥28,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥18,000・手に持ったカーディガン¥24,000/スローン 帽子¥28,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオネ) ピアス¥305,000・ネックレス¥335,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥330,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデすそからのぞく繊細なレースで、単調になりがちなワンツーコーデもセンシュアルなムードに 数ある素材の中でも、レースがもつ女らしさは格別。きれいめコーデももちろん素敵だけど、あえてこんなカジュアルなスタイルに投入するのもおすすめ。シンプルなTシャツが、たちまちフェミニンに見違える。スカート¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) Tシャツ¥9,000/ebure サングラス¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000/エスケーパーズ(モダン  ウィーヴィング) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ ブザードライフォル) バッグ¥101,000・靴¥62,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)▶グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)▶Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデプリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新 リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ ▶黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ甘くレトロな黒ドット。白の奥行き+モダンなベージュで、ヘルシーに 黒べースのドットスカートの甘さをさわやかに演出するのが、カットソーとざっくりニットの「クリーンな白」のレイヤード。アイキャッチなデザインのベージュバッグとシャープなヒールで、今っぽい気分を加味。カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥29,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート( 9 月下旬以降展開予定)¥29,000/インターリブ(サクラ) ピアス¥21,000・バングル¥38,000/フラッパーズ(シンパシー オブソウル スタイル) バッグ¥48,000/コード(ヴァジック) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデアスレジャーはシックな黒が大人の正解。白&ベージュで洗練と上品さをプラス スポーティな気分は秋も継続。ゆるめブルゾンとタイトスカートで、サイズ感にコントラストをつけるのが今っぽい。ヘルシーな白Tとスニーカーに加え、ベージュのサングラスや端正なバッグで上品さをトッピング。 ブルゾン¥39,000/サード マガジン スカー¥32,000/ebure Tシャツ¥11,000/サンスペル  表参道店(サンスペル) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(モダン  ウィーヴィング) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー  ザ センセズ) バッグ¥90,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)▶グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら ■グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデウールニット×レーススカート、冬の異素材MIXの定番を春夏にアレンジするなら? 正解は「ちゃんとカジュアルなTシャツ」合わせ。つるんとしたきれいめ素材より少しザラッとした質感のほうが、ツヤのあるレースとのMIX感がよりアップ。 Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージ ュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデパリッとした白シャツ×黒のロングスカートで気持ちが引き締まるコーデ。定番の白シャツと違って、オーバーシルエットだったり、バンドカラーだったりと少しカジュアル感があるのでカチッとしすぎない。モノトーンで統一することですっきりした印象に。 スカート¥18,000/アッシュ・スタンダードアトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) イヤリング¥9,000/アビステ 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)▶白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ辛口ドットスカートでしゃれたムードに 甘くなりがちなドット柄はタイトめシルエットで辛口な女らしさを意識。足もとはカジュアルなスニーカーでもフレンチエッセンスのきいたタイトスカートなら女らしさのバランスは損なわない。 スカート¥32,000 レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニー)  Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エピー ストゥディオ) カーディガン¥24,000/スローン ネックレス(2本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ▶黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデかっちりした印象の黒テーラードジャケットに、しゃらりと繊細に流れるアコーディオンプリーツの白スカート、モノトーンで統一することで、トレンドを楽しみながらも信頼感が得られる今どきの組み合わせに。小物はシルバーにすることで、シャープさと華やかさを添えて。 ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) カットソー¥6,800/スローン スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥16,000/アビステ バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ"辛口ブルゾン×ちょっと辛口スカート"このMIX感、かなり新鮮! 幅の異なるプリーツを組み合わせた変型デザインは、ライダースジャケットのような主張の強いアイテムにも負けない存在感を放つ。×ふんわりギャザースカートという定番の甘辛MIXとはひと味違う、とびきり鮮度の高い着こなしが完成! 足もとはぺたんこサンダルで抜け感を出すのも今年らしさのポイント。スカート¥19,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ¥14,000/ebure サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥27,000/essence of ANAY(I LUCHENTI) ▶黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデブラウンTという選択で、スカートコーデの幅が広がる! ミラノマダムが愛するシックな色合わせも、アイテムが軽く、カジュアルになるとぐっとフレッシュな印象。洗いをかけて風合いを出したブラウンTシャツは、コンパクトなサイズ感も特徴。ふわっと広がるシフォンスカートにインしてバランスよく。Tシャツ¥9,000/アパルトモン 青山店(レミ レリーフ) スカート¥72,000/ドゥロワー 丸の内店(ティーマット マサキ パリ) ピアス¥9,800(ニナアンドジュール)・靴¥46,000(バルダン)/フレームワーク ルミネ新宿店 ネックレス¥42,000/ebur(e アル ズニ) バングル¥78,000/エーピー  ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥343,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ■黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデいつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)▶黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒ブラウス×白パンツのモノトーンコーデストレスなくはけて、リッチで清潔。おしゃれの理想が一本に” ドレスや下着にも使用される、なめらかなビスコース素材がベース。真っ白という色の潔さも手伝って、リネンパンツにありがちなほっこり感とは無縁に。ここはクールなモノトーン配色で、着こなしも凛と。パンツ¥26,000/エリオポール代官山(バレナ) ブラウス¥31,000/エディション 表参道ヒルズ店(アーチ ザ) 帽子¥52,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ピアス¥25,000・バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥43,000/エストネーション(バルダン)■黒パンツ×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに 黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ黒のレースブラウスをメンズライクに ラフさと上品さのいいとこどり!鮮度の高いモノトーンコーデ。レースブラウス+テーラードジャケットのエレガントなセットを、白のベイカーパンツでほどよく着くずして。ブラウス¥58,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥21,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ジャケット¥82,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルル フロスト) バッグ¥17,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナー/スタイリスト私物▶黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入 着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイ リーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデMUJIのプチプラTシャツ×白パンツでクリーンかつ女性らしさのある着こなしに。スカーフ、バッグ、サンダル、メガネは全て黒でまとめてコーデを引き締め、ジュエリーはシルバーで抜け感をプラス。 Tシャツ¥3,695/無印良品 池袋西武(MUJI Labo) パンツ¥56,000/ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店 スカーフ¥12,000/アパルトモン 青山店(ベンビエン) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000・ブレスレット¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥235,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥120,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥8,800/ビショップ(ティキーズ)▶白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ何げないのにカッコいい!〝あえてのグレーコンバース〞が映える グレーTシャツと白パンツのシンプルコーデに、ニュアンスのあるグレーのコンバースがこなれ感を演出。シンプルな合わせだからこそ、Tシャツの袖丈やパンツのシルエットの選びが重要に。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥28,000/ebure サングラス¥16,000(TOMORROWLAND)・バッグ¥90,000(ワンドラー)/TOMORROWLAND バングル¥35,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ガブリエラ アルティガス) ▶グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ
  • メンズだけじゃなくレディースでも人気に火がついたCPOジャケットはライトグレーを投入!会社帰りの外の気温がめっきり涼しくなってきた今日この頃。ちょっと羽織れる軽アウターはボタンを全部留めてシャツのように着るとロングスカートは然り、意外とどのボトムにも合わせやすい。一枚仕立てのCPO(Chief Petty Officerの略=アメリカ海軍下士官)ジャケットなら堅苦しくないので、長時間のデスクワークでも仕事の邪魔をしないぴったりな一枚。ライトグレーを選べば、大人っぽくシックにキマる。CPOジャケット¥125,000/マディソンブルー ロングスカート/エイトン、バッグ/J&M デヴィッドソン、バレエシューズ/スペルタ、ネックレス/ebure(スタイリスト私物)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼シャツコーデの関連記事もチェック
  • スウェット¥11000/Champion For Her Shinjuku LUMINE EST(チャンピオン) スカート(太ベルトつき)¥14000/リランドチュール バッグ¥3900/ギャレット(EDT) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)スイートなイメージの強いふんわりスカートはあえて真逆のパーカやウエストポーチと合わせてカジュアルミックス。ラフさとガーリーさがちょうどいいバランスで、こなれ感MAX! パーカとスニーカーはグレーでリンクさせて落ち着いた雰囲気も。モデル/貴島明日香 撮影/峠雄三 ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スニーカーコーデ記事一覧はコチラ
  • 気温や日差しが穏やかになってさわやかに感じられる秋。ホッとして肌のお手入れを手抜きしてしまうと、夏のダメージによる老化やトラブルが発生してしまうことも。秋も丁寧なスキンケアで美肌を目指しましょう! 【目次】 秋のスキンケア①「高機能プチプラ・スキンケアアイテム」で夏の肌ダメージを一掃! 秋のスキンケア②エイジングケアもできちゃう優しいクレンジングでうるおい洗顔 秋のスキンケア③この秋注目のブランドで輝くシルクスキンに!秋のスキンケア①「高機能プチプラ・スキンケアアイテム」で夏の肌ダメージを一掃!ハイスペックな機能を備えたプチプラコスメが大ブームの今。大人だって、そのよさを享受しなくちゃもったいない! 美のプロが認めた"アラフォーが使える"アイテムで、夏に受けた肌ダメージをしっかりケアしましょう。  「高機能プチプラ・スキンケアアイテム」ランキング ■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム1位第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX「ジュワーっと美容液が肌にしみわたるような気持ちのいいシートマスクで、美容成分をたっぷりと届けながら、夏のほてり肌をクールダウン。肌の明るさを引き出してくれる」(トータルビューティーアドバイザー水井真理子)。美白はもちろん透明感やハリ感まですべてのアプローチを強化して、従来製品よりもパワーアップ。(医薬部外品) 20㎖× 4枚¥1,800(編集部調べ) ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム1位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム2位 ヴェレダ・ジャパン スキンフード リップバター「朝、メイクアップをスタートする前に、多めに塗って唇パック。夜、眠る前にも、分厚く塗って唇パック。パソコンの横に置いて、ポーチに入れて、いつでもどこでも。ほのかなハーブの香りがリフレッシュにもリラックスにもなる」(美容エディター松本千登世)。唇をじっくりケアして、プロテクト。ひと塗りでグロスのようなツヤをプラスする。8 ㎖¥1,200 ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム2位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム3位ファンケル ディープクリア 洗顔パウダー「酵素&炭&泥の力で、毛穴や黒ずみをケアしながら、敏感肌にも安心な処方。1 日おきにこれでケアすると、じょじょに肌の透明感が上がってきて、気づくとファンデーションのりのいい肌に!」(美容エディター前野さちこ)。毛穴をごっそり掃除した後、水分が蒸発しにくい処方で、肌のうるおいをしっかりキープしてつっぱらない。1回分×30個¥1,800 ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム3位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム4位資生堂 d プログラム リップモイストエッセンス N「唇をしっかり包み込んでうるおいを逃さない、コクのあるテクスチャーなので、表面が固くなってゴワついたり、皮むけで荒れてしまった状態を、柔らかくなめらかに修復してくれます。また、ツヤを与える効果も高いので、厚めに重ねることで立体感をきわだたせてくれるからグロスとしても活躍」(ヘア&メイクアップアーティトAYA)。(医薬部外品)10g¥1,500▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム4位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム5位資生堂 アクアレーベル ホワイトケア ローション RM「こちらの化粧水をたっぷりと。これだけで肌が変わるのを実感できるはず。肌の奥がひんやりするまで何度も何度も重ねると、ふっくらとしたハリツヤと失くした透明感が復活するのを実感。肌が変わり始めるときめき、透明感への手応えを実感できるローションです」(美容家 神崎恵)。実力派の薬用美白化粧水。(医薬部外品) 200㎖¥1,400(編集部調べ) ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム5位 詳細はこちら ■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム6位資生堂 アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(オイルイン)「資生堂が誇る数種のエイジングケア成分を大盤振る舞いで配合。ジェルがぱしゃっと弾けて肌に広がるテクスチャーも気持ちいい。お金も手間も最小限でちゃんとエイジングケアができるというのが、本当にすばらしい!」(ビューティエディター平輝乃)。皮脂の構成に近い、2 種のオーガニックオイルとスクワランを凝縮。90g¥1,980(編集部調べ) ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム6位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム7位ファンケル ホワイトニング化粧液 Ⅱ(しっとり)「"プチプラ"という言葉がそぐわないほどの実力派。美容液のようなコクとうるおいが続いて、乾燥しやすい肌にも頼もしい。大人になるほどしつこく 残りやすくなるシミにしっかりアプローチしつつ、肌が日々澄んでくるのを感じられる。ぜひ乳液とペアで!」(美容コーディネーター 弓気田みずほ)。とろりとした質感でなめらかになじむ。(医薬部外品) 30㎖¥1,700▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム7位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム8位クオリティファースト オールインワンシートマスク グランモイスト(高保湿タイプ)「ぴたっと密着してぐんぐんうるおい補給。はがした後は、ぱっと明るく、もちっと吸いつく。たった3 分でキメが整い、毛穴やシワなど凹凸が目立たなくなり、顔中の影が気にならなくなる。私にとっては、メイクアップのファーストステップとしてツヤやハリを仕込む、不可欠なアイテム」(美容エディター松本千登世)。32枚入り¥1,500 ▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム9位 詳細はこちら■秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム9位カネボウ化粧品 フリープラス マイルドシャワー「お風呂あがり、汗だくの顔&ボディに何もつけたくない時も、これなら心地よく、ふわっと全身にうるおいのベールをまとえます。低刺激なので、軽い日焼け後や寝不足で肌がゆらいでいる時も安心。霧が細かくメイクの上からでも使えるので、エアコン乾燥対策に愛用中」(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。スプレーした瞬間から肌がうるおう。165g¥1,800▶秋のスキンケア/高機能プチプラ・スキンケアアイテム9位 詳細はこちら秋のスキンケア②エイジングケアもできちゃう優しいクレンジングでうるおい洗顔ミルクタイプでありながら抜群のクレンジング力。しかも秋のお疲れ肌に優しくって、エイジングケア成分まで入っているなんて! いま私が注目している京都生まれのブランド「 VINTORTÉ(ヴァントルテ)」をご紹介します。WEB美容エディター 原田千裕WEB美容エディター 原田千裕ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。ご存知ですか? VINTORTÉ(ヴァントルテ)というブランド。 こちらは、京都生まれのナチュラルコスメ。敏感肌に悩む母親のため試行錯誤を重ねて誕生したという心温まるエピソードをはじめ、素材へのこだわりや無駄を削ぎ落としたシンプルパッケージなどなど、かなり語ることの多いブランドです。ミネラルやピュアシルクといった天然由来成分を軸につくられたファンデーションをはじめメイクアップラインも充実しているのですが、今回私が推したいのはスキンケア。なかでも、こちらのクレンジングをクローズアップしちゃいます。 ヴァントルテのボタニカルモイストクレンジングミルクは、メープルウォーター&チシマザサ水という2種のボタニカルウォーターがベース。豊富な植物ミネラルを肌に与えつつ、皮脂を落としすぎずにハイレベルなクレンジングを実現。さらになんと、保湿効果の高いヒト型セラミドや3種の植物幹細胞も配合。洗い流してしまうクレンジングなのに成分に妥協がないところに俄然、惹かれまくって愛用中です。テクスチャーはちょっとジェルっぽく弾力があり、カサつきやゴワゴワが気になる時でも気持ちよく使えます。小鼻や目周りなど、ちょっとくぼんだパーツにも無理なく行き渡る感触にもにんまり。そして……くるくる円を描くようになじませるうちに、なんとなくテクスチャーがむっちり濃厚なタッチになるのがただ者ではない! やや濃いめのメイクの日でも楽勝、いらないものをしっかりと絡め取ってくれます。しかもこのクレンジング、W洗顔不要! 肌が敏感に傾いていても余計な刺激を与えないし、忙しいアラフォーのライフスタイルにもぴったり。クレンジング中のむっちり感とはうらはらに、すっきり跡形なく洗い流せるのにも大感激しました。正直、ミルククレンジングってパワーに不満が残るアイテムも多いなかで、このクレンジングは別格。しかも敏感肌にも使えるし、エイジング肌にも嬉しいリッチ処方ながらこのプライス。これ、使わない手はないでしょう!ボタニカルモイストクレンジングミルク 150g ¥3300/ヴァントルテ今回ご紹介できませんでしたが、美容液もおすすめ。シンプルながら頼もしい保湿力に思わずうなりました。ちなみに、クレンジングから保湿クリームまで約5日間分のスキンケアが入ったトラベルセット(ポーチつきで¥2400)もラインアップ。気になる方は入門編としてどうぞ。 ヴァントルテって「つけた瞬間から肌が!」みたいな攻め系コスメではありません。でも、使い続けるとなんだか肌がみずみずしく、日に日に元気に(そして柔らかく)なるのが分かります。ちょっと疲れた秋の肌にしみじみ良さがしみ渡るスキンケア、ぜひお試しあれ。 ▶エイジングケアもできちゃう優しいクレンジングでうるおい洗顔 詳細はこちら秋のスキンケア③この秋注目のブランドで輝くシルクスキンに!キーワードはシルク。カネボウが海外で育ててきた秘蔵っ子、SENSAIが日本に凱旋帰国! 日本らしい成分をオートクチュールのように組み合わせた贅沢なエイジングケア、なかでもマイクロバブルの炭酸ローションは感動モノ。絶対試して頂きたい!WEB美容エディター 原田千裕WEB美容エディター 原田千裕ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 今まで日本で買えなかったカネボウがあるのはご存知ですか? Kaneboの名で1983年にロンドンの老舗デパート・ハロッズで展開をスタート、ヨーロッパや中東のアンチエイジング命!なマダム達の欲求を満たし続けてきた噂のブランド「SENSAI」が満を持して日本に凱旋帰国しました。 キー成分は日本古来から存在する希少種の蚕が生み出す「小石丸シルク」。シルクの中でも極細の繊維でありながら強くしなやか、驚くほどなめらかな手触りと奥深いツヤを持つとびきりの絹です(歴史的な美術品修復にも使われるらしい!)。SENSAIは、この小石丸シルク由来の成分を柱にしたエイジングケア成分を採用。シルクのような感触のはりツヤ肌へと導くテクノロジーに満ちています。 すでに40年近くも海外で愛されていたこともあり、スキンケアからメイクアップまでフル展開でのスタートですが、まずは日本上陸の直前に発表された最新のエイジングケアライン、センサイ AS シリーズから手にとってみることをおすすめします(海外ではABSOLUTE SILKの名で展開されているようで、だからASなんですね)。 左から センサイ AS クリーム 40mL ¥18000、センサイ AS マイクロ ムース トリートメント 90ml ¥18000、センサイ AS フルイド 80mL ¥18000/カネボウ化粧品 基本のケアはいたってシンプル。化粧水に、お好みで乳液orクリームを合わせるだけ。しかし!この写真の中央に鎮座する化粧水がただものではないんです。 センサイ AS マイクロ ムース トリートメントは、なんと炭酸泡のローション。しかも毛穴よりも小さいマイクロバブル化を実現した、言うなれば“肌に入り込む”化粧水。 どうです、まるで繭玉のようにこんもり、なめらかな光沢を持つ泡! 肌の上でハンドプレスするようになじませれば……炭酸と美容成分が肌の凹凸なんて関係なく、じんわりと溶け込んでいく未経験の気持ち良さ。泡が弾けた後は美容液のようなまろやかさで肌を包んでくれます。即座に肌がワントーン明るく、なめらかになることが実感できるはず。その上から私はクリームを。センサイ AS クリームは、まるでヨーグルトのようにトロンとしたテクスチャー。シルクを肌にまとうようにスルリと柔らかく肌に沿うのに、密着感が半端ない! さらりと重ねた絹がそのまま肌に同化したかのように、お手入れ後の肌のなめらかさといったらもう! まさにうぬぼれ級。 言い忘れましたが、香りも絶品です。“シルクの布を纏った瞬間”をイメージした「シルキィフィールの香り」は、ホワイトフローラルの底にしなやかなムスクが流れ、優しい気分になれる優美な香り立ち。こちらもぜひ体感してほしい! さらなる高みへ!という方のためには最高級エイジングケアライン、UTMシリーズもラインアップ。 ちなみにこちらのセンサイ UTM ザ クリームは¥58500! 小石丸シルク由来成分のほか、サクラや米ぬか由来というこちらもジャポニズム、かつ希少な成分を採用。ひと際輝くシルクスキンへと導いてくれます。このほかにも日本発のブランドらしく“清潔こそが美しさの礎”という価値観のもと、さまざまなタイプのクレンジング&洗顔がそろうSPシリーズ(全9品!)も。こちらも要チェック。 本当にアイテムが多くてご紹介しきれないのですが、メイクアップライン・SENSAI カラーズも素敵なので少しだけ! シルクスキンを極めるベースメイクに、女っぽい真紅からたおやかなベージュまで発色に魅せられるリップカラー……もう、ただただため息。 なかでも欲しい!と思ったのがこちらのセンサイ アイカラーパレット(全4色 各¥7500)完璧なハーモニーを奏でるパレットは、薄型でスタイリッシュ。これがポーチから出てきたら、絶対一目置かれる! メイクする姿まで磨かれるはず……と妄想は尽きず。 類まれなシルクの質感とオーラをまとうSENSAI。この秋、アラフォー女性に真っ先にチェックして頂きたいブランドです。現在は伊勢丹新宿店と阪急うめだ本店で展開中(成田のDFSにも!)。ご紹介しきれなかったアイテムがたーくさんあるので、ぜひぜひ!店頭で手にとってみてください。▶秋のスキンケア③この秋注目のブランドで輝くシルクスキンに! 詳細はこちら
  • 秋の気配は感じるものの、まだ暑い日。そんなときは何を着る?!もう夏服は終わりかなぁ、と思っていたら 暑さを感じる今日。 でも夏っぽい服装はもう着たくない。 そんなときは、色に頼ります。 ワンピース:birthday bash / カーディガン:PLSTブラックのノースリーブワンピースは、 完全に夏っぽいアイテム。 それに、 この秋冬のメインカラーになるブラウンのカーディガンを。 ちなみにカーディガンも 夏のUV加工のコットンカーディガンです。 ですが、 ブラウンをさすだけで、 秋ぽくなるので不思議。 夕方以降涼しくなれば、 カーディガンを羽織れるので 便利。便利。 ▶︎▶︎My instagram 美女組No.113michiのブログ
  • カジュアルなスウェット×スニーカーをリネンジャケット合わせで一気にオフィスモードに変換秋らしいオレンジスカートにゆったりした黒スウェットを合わせればさりげなく体型カバーをしてくれるから、仕事にも集中できるというもの。明日は役員が出席する会議のためにジャケット着用必須だけれど、そんなリラックスコーデに合わせることができるのはオーバーサイズのリネンジャケットに限る! きちんと感とリラックス感を兼ね備えたコーデで会議に挑んで。リネンジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) スウェット¥24,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥26,000/ロンハーマン 靴¥8,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「グレー」の関連記事もチェック
  • 【Marisol10月号】大好きなブラウンで、今〜肌寒くなるまでのコーディネートパターン皆さま、こんにちは。 Marisol10月号 「大人の秋は上品ブラウン」 大好きなブラウンカラーが盛りだくさんで 毎日ブラウンコーディネートでも良いくらい(^^) まだまだ半袖で過ごせる気候なので 今から、肌寒くなるまでの リアルな ブラウンコーディネートを Pick up☆まずは今の気候の ご近所スタイル。 ≪半袖期≫ ◆白×ブラウン TShirt:UNIQLO U Hat:GU Skirt:12closet Shoes:Toryburch Bag:Marisol10月号≪長袖ブラウス期≫ ◆ベリーカラー×ブラウン Shirt:nano universe Pants:PLST Bag:CHRISTIAN VILLA Shoes:Odette e Odile ≪ニット1枚期≫ ◆パープル×チェック×ブラウン Knit:nano universe Skirt:ZARA Bag:MARCO BIANCHINI Shoes:RaboKigoshi≪羽織り必要期≫ ◆赤×ブラウン Jacket:nano universe Shirt:Hanes Skirt:BARNYARDSTORM Shoes:Odette e Odile Bag:MARCO BIANCHINI——*…*——*…*——*…*——*…*— こんな感じで ちょっとずつ秋支度♪ 最後までお読みいただき ありがとうございました。 ——*…*——*…*——*…*——*…*—美女組No.165 Marikoのブログ
  • 目元のエイジングケアをしながら、下まつ毛、目頭、目尻、細部まで美しく。「プチプラ」優秀コスメ「モテマスカラ」で美まつ毛完成こちらのマスカラがプチプラなのに優秀です! フローフシ モテマスカラ MICRO幅2.5㎜の極小ブラシ 極小の四角柱のマイクロブラシが、下まつ毛や、目頭、目尻の塗りにくいまつ毛までも一本一本しっかりキャッチ。 ダマにならず綺麗なまつ毛に仕上がります。 わたしは2度塗りしていますが、しっかりなのにナチュラルな仕上がり。 また朝つけて夜までしっかりキープ。パンダ目にもなりません。(お湯で簡単オフ←ここも私的に重要) さらに! 独自の配合成分が塗るだけでまつ毛だけでなく目もとのエイジングケアまでしてくれるそうですよ。 これぞオトナのためのマスカラ。 あくまで個人の感想にはなりますが、とにかく塗りやすく綺麗に仕上がる!おススメです。 下まつ毛の中央(黒目部分)が1番長くなるようにマスカラを塗ると目の縦幅が強調できます♪細部まで美しい人は、その方の美の意識や心の余裕さえも感じます。 指先、毛先、まつ毛。 人が(特に女性が)目につくところって、意外とそんな小さなところですよね。 また細部まで美しくしていると自信に繋がる気がする。 おおざっぱな性格ですが、小さなところこそ手を抜かないように気をつけたいものです^ ^ 美女組No.164 kanaのブログ
関連キーワード

RECOMMEND