白髪あると老けて見える!白髪に悩むアラフォー女性は59%。アラフォー女性たちの白髪対策

Marisol ONLINE
版権:Alliance/Shutterstock.com
版権:Alliance/Shutterstock.com

働くアラフォー女性480人に「白髪対策について」アンケート調査。

「白髪がありますか?」という質問に「YES」と回答したのは72%。アラフォー女性の7割に白髪があることが判明!

「白髪に悩んでいますか?」という質問に59%が「YES」と回答しました。

白髪に悩んでいる理由を聞いてみると

「白髪があるとそれだけで老けて見えてしまう!」

「白髪が一部に集中しているので、まとめ髪をするとかなり目立つ」(kanaeさん)

「白髪をそのままにしていると、手入れをしてないように見えてしまう」(ゆっきーさん)

「3週間おきにサロンに行かないと白髪が目立つので、時間とお金がかかる」(naokoさん)

「白髪を隠すために毎日いろいろな努力をしないといけないのが面倒」(SHIRAKABAさん)

「白髪染めを毎月しているので髪が傷まないか心配」(まりこさん)

「急に白髪がちらほら出てきたので、これから増えていかないか心配」(りくママさん)

白髪は「老けて見える」とマイナスなイメージを持っている人が多数いました。どんなにメイクや服装に気を使っていても、白髪があると一気に老けて見えてしまいますよね。でも、頻繁に白髪染めをすると髪が傷むし、時間もお金もかかるし……トホホ……。

「白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしていますか?」聞いてみると「YES」と回答したのは47%でした。

「どのくらいの頻度で白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしているか?」聞いてみるとこんな結果に(上の図)。
2週間~1ヵ月に1回、白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしている人が約50%。忙しいアラフォー女性たちですが、まめに白髪染めをしているようです。

白髪染め以外にしている白髪対策を教えていただきました。

【手軽に!】

「白髪隠しのパウダーを使っています。お手軽で便利です!」(yuuさん)

「顔まわりの白髪はマスカラタイプの白髪隠しを使っています」(カプチーノさん)

【頭皮ケア】

「毎日リファを使って頭皮マッサージをしています」(やまちさん)

「頭皮ケア用のシャンプーを使ってマッサージしながらシャンプーしています」(かえにんさん)

「アヴェダのパドルブラシで頭皮マッサージをしています」(niroさん)

「定期的に頭皮に美容鍼を打っています」(pupillaさん)

【生活習慣】

「しっかり睡眠を摂って、白髪予防にいいと聞いた海藻や乳製品を積極的に食べるようにしています」(ゆうさん)

「白髪に効果があるサプリメントとビタミン剤を飲んでいます」(みわさん)

「ストレスをためないようにしています」(さくらさん)

みなさん、いろいろな努力をしていますね。白髪が増えないように“予防”をしている人が目立ちました。「白髪を見つけたら抜く」という人も結構いましたが、毛根にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

「はじめて白髪を発見した時はショックでしたが、大好きな坂本龍一さんのように『白髪を染めない、抜かない!』が私のモットーです」(スモラクレさん)と、ありのままの自分を受け入れている人もいました。グレーヘアも注目されていますよね! 

でもやっぱり白髪があると「老けて見られる」「周囲の視線が気になる」「気分が落ち込む」といったネガティブな声が大半。自分自身が快適に気持ちよく過ごすためにも、自分に合った白髪対策をしていけるといいですね。

あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki
関連記事
  • 学びや健康維持のため、アラフォー女性たちの約3割が朝活中。朝活の内容とメリットについて教えていただきました!版権:Jacob Lund/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。朝の時間を有効活用している人は仕事で成功している人が多いそうです。また、夜にするよりも朝にする方が3倍の能力を発揮するともいわれています。ということは「朝活」の威力ってすごい! そんな朝活について、働くアラフォー女性たちに調査しました。「朝活をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは28%でした。約3割の人が朝活をしていることが判明。具体的にどんな朝活をしているのでしょう? 朝活の内容とメリットについて教えてもらいました!「毎朝、起きたら玄関とトイレ掃除を。週のはじめと毎月1日は氏神様にお参りをしています。<メリット>運気がよくなったように感じます」(ヒロコさん) 「4時半に起きて洗濯と掃除、前日のふり返りと当日の予定を手帳に記入します。また、15分英会話の勉強をしています。<メリット>ダラダラと1日を過ごすことがなくなりました。苦手な英会話を勉強できることがうれしいです!」(ひこねさん) 「5時半に起きてラジオ体操をしてから、コーヒーを飲みながら学会誌を読みます。<メリット>人に教える立場なので最新情報をインプットするための時間を確保できていることと、常にインプットをしているという事実が余裕をくれる気がします」(かにりんごさん) 「毎朝、瞑想とヨガをしています。<メリット>心が落ち着き、体がスッキリ、引き締まってきました」(まみさん) 「早朝にカフェに行き読書をしています。<メリット>朝から頭がよく働くようになり、インプットしたことをその日に活かせます」(やまちゃんさん)  「早起きをして夫とランニングをしています。<メリット>夫と話す時間が増え、体重が減りました」(makoさん)  「5時に起きて、子供が起きてくるまでにゆっくりメイクをして、パンを焼いたり焼き菓子を作ったりしています。<メリット>メイクがきちんとできていると、自信をもって会社に行けます。職場の人たちからおしゃれな人だと褒められます。それから人前で話す仕事の依頼があって引き受けたら、高評価をいただき昇格しました!」(あきこさん)  「通勤前にイタリア語教室に通っています。<メリット>残業でレッスンを休むことがなくなりました」(yumikoさん)  「5時起きで資格取得の勉強をしています。<メリット>資格が取得できました!」(みゆゆさん)  「15分ほどウォーキングをしてから、しっかり朝食を摂ります。<メリット>朝食を食べたほうがよく動けます」(てふてふさん)  「不定期ですが、興味がある分野の朝活セミナーに参加しています。<メリット>興味がある分野の人たちと出会いがあります」(totoさん)   みなさん4時起き、5時起きで朝活! でもその分、とてもいいことが起こっていますね。ちなみに朝活で多かったのがヨガ、勉強、読書、ウォーキングでした。今回の調査で、朝活をしている人は前向きで充実した日々を送っている人が多いと強く感じました。やはり「朝活」おすすめです!今までトライしたけど続かなかった人もいると思います。張り切りすぎてはじめから目標を高くしてしまうと、できなかった時にモチベーションが下がってしまうでしょう。まずは30分早寝早起きをするとか、15分だけ勉強をするとか、無理のない目標にしてみるといいかもしれません。あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
  • アラフォー女性たちのバスト悩みとは? 2人に1人が実践しているバストケアや美乳に見せる工夫について調査!版権:Roman Samborskyi/Shutterstock.com 働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 女性たるもの、いくつになっても美乳を手に入れたい願望、ありますよね。でもアラフォーになってバストの老化に悩まされている人も多いのでは!? そこで今回はバストの悩みと、実践している美乳ケアや美乳に見せる工夫について、働くアラフォー女性たちに調査しました。「バストに自信がありますか?」と聞いたところ「YES」と回答したのはたった14%でした。9割近いアラフォー女性がバストに自信がないことがわかりました。アラフォー女性のバストで一番多かったのは「Cカップ」で26%、次に多かったのが「Bカップ」で23%でした。「バストにまつわる悩みがありますか?」と質問したところ「バストに自信がない」と回答した人数と同率の86%が「YES」と回答しました。 具体的に「バストの悩み」について聞いてみると、「垂れ」41%、「小さい」39%、「ハリ・弾力」が32%でした。垂れたバストは老けて見えてしまいますよね。 バスト悩みを解消もしくは少しでも美乳に見せるためにアラフォー女性たちは何か工夫をしているのでしょうか? 「美乳に見せる工夫をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは「NO」同率で50%でした。アラフォー女性たちが実践しているバストケアや美乳に見せる工夫を教えていただきました!「バストケアクリームを塗り、バストに効くストレッチをしています。また、姿勢に気をつけて、1、2ヵ月に一度サロンでバストケアを受けています」(Yumikoさん)<ナイトブラや補正下着を活用> 「就寝時はナイトブラをつけています」(のりさん) 「バストがきちんときれいに見える下着を半年ごとに見直しています」(とんさん) 「バストのサイズや形を維持するために、ランニングなどバストを刺激することは一切しないようにしています。補正下着を着用していて、普通のブラジャーでもカップがアップしました」(ゆりさん) 「20代から補正下着を着用していたのでバストは垂れていません!」(あいきよさん) 「セミオーダーのブラジャーを使用。毎年サイズを細かく測ってもらっています」(azuleさん)<エクササイズ> 「腕立て伏せなどバストアップする筋トレをしています」(にゃんずさん) 「ヨガで教わった美乳のエクササイズをしています」(yukaさん)<マッサージ> 「就寝前にバストケア用クリームを塗って美乳マッサージをし、ナイトブラを着用しています」(じゅんさん) 「定期的にスクラブをして、デコルテからバストにかけての肌感がしっとりツルツルに見えるようケアしています」(まゆみさん) 「お風呂上りにあせも対策スプレーをして胸の谷間をキレイに。そのあとに美顔器を使って胸にビタミンC誘導体を入れ込んでいます」(グラッチさん) 「顔のスキンケアをするときに、バストも一緒に顔と同じアイテムでケアしています」(あずきさん) 寝ている間も美乳をキープするナイトブラや補正下着を活用している人がたくさんいました。多忙なアラフォーにおすすめです!補正機能のあるブラジャーをつければバストアップ、マッサージやエクササイズをすればハリのあるバストを維持できる可能性があるそうです。バストに自信がない方、お試しあれ。あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性たちが仕事&プライベートで言われて嬉しかった言葉。エピソード20白髪あると老けて見える!白髪に悩むアラフォー女性は59%。アラフォー女性たちの白髪対策アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■BABBI バリジェッタクリームサンド・ウエハースをチョコレートでコーティングした定番のヴィエネッズィ、一口サイズのバッビーノ、キューブチョコレートのクレミニ、ロールしたチョコレートウエハースのバベッティやシンプルなグランワッフェリー二など、BABBIの人気のアイテムがかわいいゴールドのポーチに詰まったコフレ「バリジェッタ」。美味しい中身を食べた後の楽しみも一緒に贈れるようで、ちょっとウキウキするギフトです。 ★BABBI(編集部注)ゴールドのポーチの入りのバリジェッタは松屋銀座もしくは阪急うめだ本店での取り扱いとなっています。数に限りもあるようですので、詳細は各店舗にお問い合わせを! 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■GENDYの「プレミアムビターキャラメルバー」3月の銀座店オープンで話題の「GENDY」。銀座店で入手可能なプレミアムキャラメルブランデーケーキも魅力的ですが、ビジネスの手土産として差し上げやすいのは、やはり青山店のプレミアムビターキャラメルバー。 1日50箱限定という希少性に加え、ほろ苦く、ほろ甘く、香ばしい美味しさ、そして食べやすくてある程度の日持ちもし、絵になるパッケージという、手土産に求めるすべてのことが叶えられている一品です!★GENDY 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 東京オリンピック、今秋9月に開催されるラグビーワールドカップと、スポーツ観戦ムードが高まっていますが、アラフォー女性の興味は?版権:Viktoriia Hnatiuk/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「スポーツ観戦」についてアンケート調査。アラフォー女性たちが好きなスポーツ観戦は?  「スポーツ観戦に興味がありますか?」という質問に「興味がある」「まあまあ興味がある」と回答したのは同率で32%でした。約6割がスポーツ観戦に興味があることがわかりました。 定期的にスポーツを観戦している人の割合は全体の66%!さらに詳しくスポーツ観戦の頻度について聞いてみると、「月に2~3回くらい」が25%で一番多く、次に多かったのが「月に1回くらい」で24%でした。一番好きな観戦スタイルについて聞いてみると、一番多かったのは48%で「現地で観戦」。次に多かったのは42%で「自宅でテレビ観戦」でした。やはり現地観戦は格別ですよね! アラフォー女性たちはスポーツバーや飲食店でワイワイ観戦するよりも、テレビでじっくり観戦がお好きなよう。 「スポーツ観戦は誰とすることが多い?」という質問に、38%が「家族」と回答。「ひとり」観戦も18%いました。 好きなスポーツ観戦について聞いてみると、「サッカー」が一番人気で60%、続いて「フィギュアスケート」が51%、「野球」と「テニス」が同率で43%という結果でした。上位スポーツの好きな理由は? <サッカー> 「子供と一緒に一体感を味わえる!」(ようこさん) 「周りの見ず知らずの人たちと喜びを共有できるところが魅力的」(みっきーちゃんさん) 「とにかく盛り上がるので」(チャコさん) 「チームプレーに感動! 大学時代にサッカー部のマネージャーをしていたほど好きです」(あやさん) <フィギュアスケート> 「ドラマがあります。フィギュアは衣装もきれいだし芸術的なスポーツだと思います」(水玉さん) 「羽生結弦さんのスケーティングが美しすぎてハマりました」(みわさん) <テニス> 「一球一球が真剣勝負で、ちょっとしたことで流れが変わるので目が離せません。観ていて心臓が痛くなることも多々あります」(soaさん) 「大坂なおみさんのキャラクターが好きでテニスを観るようになりました」(ちあさん) <野球> 「盛り上がる応援のスタイルが好きです!」(タコベエさん) 「ピッチャーとバッターの心理戦がとてもおもしろいです」(shucoさん)続いて、スポーツ観戦にまつわるエピソードをどうぞ! <こんな楽しみ方も!> 「スタジアムでビールを飲みながら観戦するのが一番楽しいです! 日焼けはしてしまいますが……」(かにりんごさん) 「野球が好きで、試合だけでなくキャンプも見に行きます」(Chibimameさん) 「自分が学生だった頃に選手だった人が監督になっているのが嬉しくて観戦しています。選手よりも監督を観ています!」(Shocoさん) 「Bリーグ(プロバスケットボール)を観戦しに行きますが、最近は体育館で花火が上がったりスモークがたかれたり、派手なパフォーマンスが多くてビックリします!」(yuuさん) 「ソフトバンク(野球チーム)ファンの息子にせがまれてヤフオクドームに観戦に行ってきました。想像していた以上に盛り上がり、会場の一体感がハンパなかったです!」(ようこさん) <きっかけはイケメン> 「好きなアイドルがサッカー番組によく出ていたのがきっかけで、スタジアムでサッカー観戦するようになりました」(梨沙さん) 「友人に誘われて観戦したプロバスケチームの試合で、イケメン選手を見つけ楽しくなってしまい、応援グッズを購入して観戦するようになりました」(HAPPY 39 LIFEさん) <感動エピソード> 「祖母が野球好きで、小さい頃から一緒にテレビ中継を観て育ちました」(niroさん) 「父とサッカー観戦するのが親孝行になっていると思います。できるだけ長生きしてほしいし、これからも父とサッカーの話をしたいです」(ひろたんさん) 「主人と仲良くなったきっかけが野球観戦でした。デートといえば野球場。結婚式のプロフィール写真もユニフォーム姿、新婚旅行は甲子園球場でした」(まゆみさん) <なるほどエピソード> 「私が観戦しに行くと応援するチームが必ず勝ちます。日本代表戦とか、私を呼んだ方がいいと勝手に思っています(笑)」(やまちさん)「月に1回くらいJリーグを観戦していたのですが、昨年からイニエスタ効果でチケットが高騰。さらにチケット争奪戦が熾烈化しなかなか取れなくなってきました。地元の人たちが気軽に観に行かれなくなるのはさびしいですね」(soaさん)最後に、「東京オリンピックもしくはパラリンピックを生観戦したいですか?」と聞いてみると、73%が「YES」と回答しました!アラフォー女性たちのスポーツ観戦への関心は高まっているようですね。日常では味わえない感動や一体感を味わうことができるスポーツ観戦。自分に合ったスタイルで、スポーツ観戦を楽しんでみては? 文/Yuko Aokiあなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性たちが仕事&プライベートで言われて嬉しかった言葉。エピソード20白髪あると老けて見える!白髪に悩むアラフォー女性は59%。アラフォー女性たちの白髪対策アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?
  • 「睡眠・休息の時間」が足りていないと感じているアラフォー女性が約6割。時間の使い方で工夫していることは?版権:Nikita Savostikov/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「時間の使い方の工夫」についてアンケート調査。「時間の使い方を意識していますか?」という質問に「YES」と回答したのは93%でした。「足りてないと感じている時間」について聞いてみると、最も多かったのが57%で「睡眠・休息の時間」。次に多かったのが48%で「趣味・娯楽の時間」でした。忙しいとどうしても削られてしまう時間ですよね。「大切にしている時間は?」という質問に最も多かった回答は「睡眠・休息の時間」で57%でした。アラフォー女性たちはややお疲れモード!? 仕事もプライベートも充実させるためには、しっかり体を休める時間が必要ですよね。続いてほぼ同率で「誰かと過ごす時間」が47%、「ひとりで過ごす時間」が46%という結果に。「時間の使い方で工夫していることがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは72%でした。では、具体的にどんな工夫をしているのでしょう? <スケジュール管理> 「スケジュール帳に些細なことでもTo Doを書き入れ、終わるたびにチェックするようにしています」(てんちゃんさん) 「夫と毎週日曜日の夜に1週間分のスケジュール調整をしています」(あゆたいゆさん) 「アプリでスケジュール管理しています」(りくママさん) 「手帳を活用して、やるべきこととやりたいことの両方を効率よくまわせるようにスケジュール管理しています。手を抜けるところは思い切って手抜きをします!」(ようこさん) 「1週間分のタイムスケジュールを立てます。まずは家事、子供関係、エステの予約など決まっていることを書き入れ、空いている隙間時間にやりたいことを入れていきます」(misaさん)<○○○しながら○○○をする> 「通勤時間を勉強時間にしています。家では勉強しません」(さぁささん) 「入浴時間を読書タイムにしています」(あきこさん) 「ランニングをしながら英語のリスニングの勉強をしています」(meguさん) 「入浴中に洗濯機をまわすなど、何かをしている時に並行して家事が進むよう工夫しています」(HAPPY 39 LIFEさん)<夕飯づくりを賢く時短> 「出勤する前に夕食の下ごしらえをしておきます」(あんぱんこさん) 「ネット宅配や家事代行を利用しています」(Megさん) 「煮込み料理を多めにして、その間に別にできることをするようにしています。おかずやご飯は数日分を一気に作って冷凍しています」(ねいちゃさん) 「一週間分の献立を立てて材料をまとめて生協で注文、週のはじめはミールキットを活用しています」(まりんさん)<メリハリ美容> 「毎日、完璧な肌のお手入れをする時間はないし疲れてしまうので、『今日はする! 今日はしない!』を決めて、自分のこだわりのお手入れを続けられるよう調整しています」(ふみるきーさん)<そのほか> 「家事は家電に頼って夜は早く寝て、朝は5時起きで家族が起きてくる前の時間を有効活用しています」(Ondinaさん) 「ドラマは録画して週末に早起きをして倍速で見ます。もちろんCMは早送りです!」(のりこさん) 「通勤や移動時間は早歩きをして少しでも時間を節約しています。ダイエット効果もあるので一石二鳥!」(ぷーぷーさん) 「本の要約サービスで読書時間を短縮しています。服のコーディネートは、プロのイメージコンサルタントに自分に似合うコーディネートを習い、ストックしています」(makoさん)1週間分のスケジュールを立てたり、To Doリストを作ったり、スケジュール管理をしている人がたくさんいました。また、ネット宅配や家事代行や最新家電をうまく利用している人も目立ちました。すべてを完璧にやろうとしないで「手を抜けるところは手を抜く!」。そうすれば気持ちに余裕が生まれてくるかもしれませんね。あなたにオススメの記事:アラフォー女性たちが仕事&プライベートで言われて嬉しかった言葉。エピソード20白髪あると老けて見える!白髪に悩むアラフォー女性は59%。アラフォー女性たちの白髪対策8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?文/Yuko Aoki
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■コガネイチーズケーキ「食べて後悔しないケーキ」をコンセプトにしたブランド「コガネイチーズケーキ」。白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物は一切不使用で、国産の無添加クリームチーズや生クリーム、砂糖不使用のドライフルーツにこだわり、果物の自然な甘さときび砂糖、はちみつ、メープルシロップや甘酒などでやさしい甘さが心地よい後味。ブランドストーリーを語りながら差し上げたくなる一口チーズケーキです。 フレーバーは、写真のきび砂糖プレーン、ビューティーベリー、黒豆、黒ごま、黒砂糖に抹茶をあわせた抹茶ノワールなどの定番に加え、サクラハニーレアチーズなどの季節限定も充実しています。 ★コガネイチーズケーキ 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 「嫌いなのにずっと考えてしまってつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】職場の「苦手な人」のことばかりを考えてしまいます仕事で、あまり相性のよくない人がいます。仕事なので大人の対応をし、波風立てないように努めていますが、仕事を離れた時にもその人のことばかり考えてしまいます。嫌いなはずなのに……つらいです。何か解決策、ありませんか? (東京都・もん・39歳・会社員・既婚)☆辛酸なめ子さんの回答誰かを苦手と思うのは環境が影響していることもあります。職場で苦手な人も、職場以外の場所で会った時は話しやすくていい人に思えたり。嫌いという感情はもしかしたら幻なのかもしれません。 ☆みうらじゅんさんの回答「解決策を考えない」というのも解決策のひとつかもしれませんもんさんは、その人のことが本当に嫌いなのでしょうか?  その人を、仮にXさんとしましょう。このお悩みの文面から判断するに、もんさんはXさんのことを好きなんじゃないか、と僕は思ってしまうんです。仕事を離れた時でもその人のことばかり考えてしまうのって、普通に考えればそれは「好き」ということではないでしょうか。  嫌いなはずなのに好きになってしまったというのは、恋愛においてはよくあることのようです。なので、もんさんも一度、「私はXさんのことが好きなのかも?」と考えてみると、案外早く解決策が見つかるかもしれません。  もんさんは、仕事の人間関係の中にいる(上司か先輩か同僚か、はたまた取引先の人?)Xさんと「あまり」相性がよくない。もし嫌いなら「相性が悪い」という表現になるような気がします。仕事を離れた時にも考えてしまうというのも、少なくとも〝気になる存在〟なわけですよね。「目の上のたんこぶ」なんて言うように、いやな相手が視界の中にちらつくことはあるでしょう。でも、考えることが「その人のことばかり」にはならないと思うんです。  そしてその状況が「つらい」と、もんさんはおっしゃる。これまで、多くのかたから相談が寄せられ、その中には高圧的な上司や失礼な後輩にイラついているという声が少なくありません。そういう人たちは「ぎゃふんと言わせたい」「痛い目にあわせるにはどうしたらいいか」と悩んでらっしゃる。でも、もんさんは違って、「つらいです」。特に僕が気になるのは、その前の「……」です。もんさんは、Xさんを好きだという自分の気持ちに気づいているのかもしれませんね。勝手に推測して、すみませんが。  さらに推測するところ、Xさんは男性では? もんさんが、プロフィールにあえて「※既婚」と書いてくださっているのは、「このままでは不倫をしてしまう……つらい」という気持ちの表れのような気がするのですが、どうでしょう?  図星、だとして話を続けますね。まずは、既婚者でも誰かを好きになることって、あると思うんです。そこですぐに「これはいけない」、「相手のことを考えてはいけない」と思えば思うほど考えてしまうもの。なので、今のところはXさんのことばかり考えていても、いいのかもしれません。そしてその思いをとりあえず胸の内にしまい、しばらく解決策を考えないでおく、というのもひとつの方法かもしれません。  そうこうするうちに時が解決してくれるというか、もんさんの心の中のもやもやも少しずつ整理されてきて、ご自身にとってよりよい答えを見つけられるような気がします。  ところで、ここまでの僕の推測が全部はずれている可能性もありますよね。その場合は……すみません、もう一度、お便りください。考え直してみます!●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
関連キーワード

RECOMMEND