Whim gazette のスペシャルトークイベントへ

Marisol ONLINE
ご訪問頂きありがとうございます。


まだまだ気温が定まらずそろそろ春物を着たいな〜と思いつつも、


朝晩の寒さにダウンコートがまだまだ手放せない日々が続いています。


さて、先日スペシャルなトークイベントへ行ってきました。


ゲストは田丸麻紀さん!
店内でのトークショーだったので、凄く近くで拝見する事が出来ました。


キラキラのオーラに、ママに見えない!!とても眩しい!美しい!そんな印象でした。


今回「whim gazette」と田丸さんでコラボをしたお洋服についての解説や


普段の過ごし方や最近ハマっている事、質問コーナーでは洋服を購入する際に


どの様な点について注意しているか等興味深いトーク展開に時間は


あっと言う間に過ぎました。


とにかく今回のコラボはかなりこだわって作られたのが良く分かりました。
このジャケットとても素敵でした。きちんと感もあり、女っぽさも漂う…マリソル世代にもってこいです。
このジャケットとても素敵でした。きちんと感もあり、女っぽさも漂う…マリソル世代にもってこいです。
春が待ち遠しくなる様な春らしいカラーと質感。サラッと着こなしたい。
春が待ち遠しくなる様な春らしいカラーと質感。サラッと着こなしたい。
そして最後は1人1人とお写真を撮って頂けるというなんとも嬉しいサプライズが!


以前からブログやinstagramで拝見させて頂いていたので、


少しお話までさせて頂いてとても嬉しかったです。


至近距離は綺麗過ぎてとにかく緊張しました…。
whim gazette×田丸麻紀さんのコラボレーションぜひチェックしてみて下さいね!
関連記事
  • カジュアルすぎず、コンサバすぎず、絶妙なバランスでトレンドヘアに挑戦しやすい【FRONT】【スタイリング前】 きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱担当サロン「S. HAIR SALON」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 明日からGWですね❣️ 皆さまはどこかに行かれる予定はありますか? 私は友達と過ごしたり、実家でゆっくりしたりする予定です 晴れてる日はもうサンダルを履いてもおかしくないくらいの暖かさなので、今年の私の主役サンダルを購入しちゃいました 購入したのは、フェラガモのミュールとストラップサンダル 発色が良いピンクカラーに一目惚れしちゃいました フェラガモの靴は履きやすいし、デザインも女性らしさがあって大人可愛いので大好きなのです✨ ストラップサンダルはこの華奢なシルエットが好きなんです〜 シンプルなデザインですが、ラインが細いので、足をすっきり見せてくれる効果に期待です ミュールはフェラガモのリボン付き 足の甲までカバーしたデザインで、カジュアルさが強く出ないのも魅力✨ 早く履きたくて、うずうずしております 履いたコーデも今度紹介しますね❣️ それでは、皆さま素敵な連休を〜✨▶︎▶︎instagramはこちらスーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ
  • Dimi inutivo(ディミヌティーボ) スペイン語で「愛らしい」という意味を持つブランド名のカゴbag。 愛らしい、よりもう少しモダンでクールで大人っぽい印象。 白黒の色のイメージがそう思わせるのでしょうか。 しかし、可愛い! フリフリしてて、キラキラしてて、という可愛さとはまた違う、世界に一つしかないような、懐かしくて、でも新しくて、ほっこりしてるんだけど、モードな、、、 そういうあたたかい可愛いらしさがあります。 調べて、なるほど。 ハンドメイドでした! 同じ柄でも一つ一つ表情が違い、まさしく世界に一つ。   丈夫で、雨でもなんのその。 藤やラタンやジュートのカゴbagとはまた違う魅力があるプラスチックカゴ。 リサイクルできるプラスチック紐を使っているのも嬉しいところ! Tシャツ×デニム、、 ワンピース一枚、、、 これからのシンプルになりすぎコーディネートにポイントになること間違いない。 さて、私はどれにしようか。     — 4月27日~5月6日、THE LIBRARY全店とオンラインストアにて、ディミヌティーボのポップアップが開催されます。 麻琴さんも迷いに迷っているモノトーンのコレクションを中心に、別注バッグも2型登場。お見逃しなく! THE LIBRARY 公式サイト・オンラインストア THE LIBRARY 表参道店・自由が丘店・神戸バル店・京都バル店・天神店 ショップ詳細はこちら
  • 一般的に結婚式シーズンといわれている春ですが、4~5月はもっとも結婚式の多い時期。暖かくなって気候も過ごしやすいので結婚式にピッタリですよね。 でもお祝いの場にふさわしいドレスやアクセサリー選びって、着用マナーも守りながら、コーディネート全体のバランスも考えながら・・・と案外難しいもの。 そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、JUPITER (ジュピター)のパールアイテムです!パールは、昼夜関係なく着用できて、どんなドレスとも相性良く、華やかな印象が出せる万能アイテムです。 今回は、細部までこだわった繊細なクリエイションが魅力のJUPITER (ジュピター)のパールアイテム8選をご紹介します。   ▽ネックレス JUPITER/pearl squareネックレス【WEB限定】/¥19,000+税 極小のパールを甘くなり過ぎないようにスクエアモチーフにセット。四角モチーフは土台を固め、安定をもたらすという意味があると言われています。     JUPITER/tetrahedron pearlネックレス/¥20,000+税 モダンな表情が装いのポイントに。他にはない人気の幾何学デザインのK10ネックレスです。首元をすっきりと演出する程良い存在感で、デイリーコーデにも活躍します。     JUPITER/calm pearl Yネックレス【WEB限定】/¥21,000+税 トップでダイヤが輝き、ゆれるパールが目を惹くY字ネックレス。 逆三角形のモチーフは、自己探求や潜在能力を高めるといった意味のあるラッキーモチーフのひとつです。首回りをほっそりと見せる効果もアリです。   ▽ピアス JUPITER/pure pearlピアス/¥17,000+税 シンプル淡水パールで、大活躍する定番ピアス。 サイドから覗く小さなミルの粒が繊細な表情を見せ、高級感を演出します。   JUPITER/sophisticatedピアス【WEB限定】/¥17,000+税 モード感のあるシンセティックルビーが女性らしく揺れるパールキャッチピアス パールキャッチとルビーが揺れて、着こなしのアクセントに。パールキャッチは取り外してもお使い頂けます。   ▽イヤリング JUPITER/snow berryイヤリング/¥13,500+税 クリップを耳たぶに挟むだけの簡単な着け方で、痛くなりにくいクリップイヤリング。揺れるパールが華やかさを添えて、顔周りを明るく演出します。     JUPITER/glitter and pearlイヤリング/¥11,000+税 キラキラと輝く繊細なチェーンが耳元に視線を集める、存在感のあるクリップイヤリング。クリップを耳たぶに挟むだけの簡単な着け方で、痛くならないのも魅力です。     JUPITER/duo pearlイヤリング/¥13,500+税 アップしたヘアスタイルに合いそうなクリップイヤリング。大小の淡水パールとベネチアンチェーンが、甘過ぎず上品な印象です。   アクセサリーもコーディネートの重要なポイントですので、ご自分に似合う素敵なアクセサリーで結婚式に華を添えてくださいね。
  • そろそろ暖かい季節。シフォン生地のオールインワンでドレスアップ皆さまこんにちは! モアハピ部431.うたうゆきこ こと、シンガーソングライターの梶有紀子です。 春が訪れて、これからお出かけの多いシーズンに差し掛かってくると思います。 今回はミュージシャンならではのドレスアップをご紹介しようと思います。今回はオールインワンを。 さらりと着られて、こなれ感、オーラの出る、オールインワンが私は好きです。 all-in-one...H.A.K シンプルなのに存在感のある、ロイヤルブルーのオールインワンはお気に入りです。 シルエットや、シフォン生地のようなさらっとした素材感も好きです。見えにくいかも知れませんが、ポケットのところにリボンのモチーフが付いてます。 腰のところで切り替えになっているデザインも、雰囲気があって好きです。 皆様もパーティや、お食事の時にさらりと着られてみてはいかがでしょうか?これからも、ミュージシャンならではのファッションなどをご紹介していきますね! モアハピ部431.うたうゆきこ こと、シンガーソングライターの梶有紀子がお届けしました。 またの更新でお会いしましょう!モアハピ部 No.431 うたうゆきこのブログ
  • 週末のホームパーティーは、大好きな友達と特別な料理やトークを楽しむとっておきの時間。自分らしくリラックスできて、ちゃんとおしゃれにも決まるホムパ用コーデをご紹介します。DIESEL[ディーゼル]週末のホームパーティには自然体で過ごせる旬顔デニムで楽しみな週末のホームパーティ、友人たちとの暗黙のドレスコードは、笑顔が似合うリラクシングなデニムスタイル。動きやすく、さわやかなカラーのスキニー&さりげない肌見せのホワイトトップスで、ヘルシーな魅力をふりまいて。クーラーバッグいっぱいのおいしいものとブーケを手に、颯爽と。デニム¥25000・シャツ¥23000・バッグ¥39000・靴¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) デリクーラーバッグ¥2400/ザ・コンランショップ 新宿本店(ザ・コンランショップ)ボリュームあるアクセサリーは楽しい話題の的にもなってくれるテーブルを囲んでゲームやトークで盛り上がる。そんなときは思わず目に留まるしゃれ感アクセを。サークルとボールをつなげたモダンなピアスやシルバーのリングが、ちょっとしたしぐさや表情を生き生きと見せてくれる。ピアス¥29000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) リング¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) ブラウス¥33000/サードマガジン(サード マガジン)JILLSTUART shoe[ジルスチュアート シュー]玄関に並ぶ姿も愛しい!脱いでも絵になる自分らしい足もと出迎えられた玄関では、意外に足もとのおしゃれまで注目されるもの。気を抜かずに臨みたい。ラメをあしらったスポサン、スターモチーフつきのスニーカー、可憐なレースをシンプルフォルムに落とし込んだパンプス……甘さをひとさじ加えたトレンド靴のバリエーションが、その人らしさを雄弁に語ってくれる。(右から)サンダル¥14500・スニーカー¥14500・ヒールパンプス¥17500/モーダ・クレア(ジルスチュアート シュー)DIESEL[ディーゼル]大好きな仲間たちとの集まりには愛着のわくデニムジャケットと一緒に気心の知れた友人たちと、親交を温め合う機会。羽織っていくアウターも、ずっと愛していける定番のデニムジャケットがいい。ナチュラルなワインとオーガニックチョコを手土産に、休日のカジュアルスタイルにさらりと羽織って。ジャケット¥29000・キャップ¥9800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 椅子の上のワイン(右)春らしい色とフルーツの味わいのロゼ。¥4800・(左)果実味あふれるシャルドネ。¥6800/コスメキッチン 椅子の上の箱のチョコレート¥1980/サマーバードオーガニックヘアに巻いたスカーフが、くつろいだ表情をキュートに演出コーディネートはシンプルに、小物やヘアアレンジで自分らしさをきかせるのが、ホムパスタイルの基本。2色使いのスカーフを無造作に額の上で交差してヘアバンド風にまとめ、小ざっぱりと感じよく。スカーフ¥15000(マニプリ)・バングル(ソコ)¥13000/カレンソロジー 新宿 リング¥54000/ボウルズ(ハイク) ニット¥25000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)肩かけして身軽に! マイクロバッグと、レトロな手土産でお出かけ愛らしいパッケージのスイーツを持っていく日は、渡すときの相手の笑顔まで想像してうれしくなる。ボックス型のミニショルダーとチェーンつきカードケースで、両手をあけて、足取り軽く出かけたい。スモーキーなカラーも愛らしいアクセントに。(右)カードケース¥21000・(左)バッグ¥48000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)STRAWBERRY-FIELDS[ストロベリーフィールズ]ほどよいドレスアップが気分を盛り上げる春らしいラベンダーのワンピースその昔、イギリスでは、優雅な“ティードレス”を着てアフタヌーンティーを楽しむ習慣が。そんな貴婦人たちにならって、ほんのりドレスアップしてホムパを楽しむのも素敵。春色のロングワンピースはドレープが美しく華やかだけど、ゆったり着られるジャージ素材。昼下がりにリラックスして過ごすのにもちょうどいい。ワンピース¥24000・はおりもの¥16000・ピアス¥9300・バッグ¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)撮影/大辻隆広〈go relax E more〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/松野裕子 モデル/中村アン 取材・原文/久保田梓美 撮影協力/アワビーズ、ウツワ、タイトルズ、プロップス ナウ ※BAILA2019年5月号掲載
  • ドレスのセレクトは、ミニマルで、モダンなスパイスをプラスしたデザインが今の気分。大切なのはグリーンに似合う“軽やかさ”があること。すらっとしたシルエットや透明感あるマテリアルを武器に、自然に愛される都会的なブライズルックを叶えて。【ステラ マッカートニー】シンプルかつ印象的、心を奪うロングケープドレス¥450,000/ステラ マッカートニードレストレンドのひとつであるロングケープを取り入れた一着は、2018年11月から日本で展開をスタートした「ステラ マッカートニー」のブライダルコレクション「Made with Love」から。潔く華美な装飾は一切取り入れず、肌の露出を抑えたラウンドネックで品のある佇まいに。落ち感のある柔らかなケープを風に揺らしながら、グリーンの中を颯爽と歩む知的なブライズを目指したい。 ステラ マッカートニー カスタマーサービスhttps://www.stellamccartney.com/03-4579-6139【ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ】ピュアな魅力を引き立てるミニマルトップスドレス¥280,000(レンタル)/ヴィクター アンド ロルフ マリアージュきゅっと首の詰まった襟付きデザインに、3Dフラワーモチーフを飾ったチュールスカート。ドレス全体にちりばめられた甘いエッセンスを引き立てているのは、身体に沿ったシャープなフォルムのトップス。「ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ」ならではの洗練されたシルエット美が、スイートな印象をモードに格上げ。スタイリングはごくシンプルに、唯一無二のデザインを全身で楽しみたい。 ザ・トリート・ドレッシング アディション店https://www.treatdressing.jp/03-5778-3117【デルフィーヌ・マニヴェ】長袖×フロントアップ丈の絶妙なバランスドレス¥280,000(レンタル)/デルフィーヌ・マニヴェともするとカジュアルに見えがちな足見せスカートを、端正なロングスリーブと合わせることでモダンに昇華。ブライダルムーブメントを牽引する「デルフィーヌ・マニヴェ」ならではのセンスが光る一着は、ジャカード織りでさりげなく描かれたフラワーモチーフもガーデンにぴったり。軽やかな足元をポイントに、現代女性のバランス感覚を発揮して。 ハツコ エンドウ ウエディングスhttp://weddings.hatsuko-endo.co.jp/03-3563-1411【ソフィーエトヴォイラ】チュールの透明感でグリーンと相思相愛ドレス¥400,000(レンタル)/ソフィーエトヴォイラ昨年末にアジア進出の1店舗目となる銀座店をオープンさせた「ソフィーエトヴォイラ」。スペイン出身の女性デザイナーが手掛けるニューコレクションからピックアップするのは、ロングジレとセットになった2WAYのチュールドレス。披露宴会場では写真左のようにロングジレを羽織りアーバンな雰囲気に、ガーデンではジレをオフしてより軽快な装いにシフトするなど、シーンに合わせた着こなしができるのが魅力的。さらっと甘さを宿すバックリボンも心憎い。 ソフィーエトヴォイラトウキョウhttps://sophieetvoila.tokyo/03-3289-4122【アンヘル・サンチェス】スマートなラインを彩る構築的なラッフルドレス¥340,000(レンタル)¥1,000,000(販売)/アンヘル・サンチェス自然に包まれたオープンエアなシチュエーションに映えるのは、着心地が良く軽快な印象を与えるスレンダーライン。建築家としてのキャリアを持つアンヘル・サンチェス氏が手掛けるドレスは、アシンメトリーなラッフルが躍動感を生み、モードな雰囲気を創出。風に舞う花びらのようにランダムに飾られたフラワー装飾も美しく、心地よいガーデンの風景を物語ってくれる。 ノバレーゼ銀座http://dress.novarese.jp/03-5524-1117  
  • 会場から見えるグリーンの景色に癒され、そよ風にドレスを揺らす。自然に寄り添うウェディングだからこそ取り入れたい、スタイリングやフレグランス、パーティアイテムを一挙にラインナップ! センスがいいだけじゃない、遊び心と自然への思いやりを宿すヒントを見つけて。ブーケは“ビビッドカラー”を効かせるブーケ¥30,000/イーボル昨今、グリーンミックスや野花系のブーケが主流だったナチュラル志向のウェディング。そこにネクストブームとして挙がってきているのが、ビビッドカラーを大胆に使ったアレンジ。あえて個性的で色味の強い花同士を組み合わせることで、新鮮なインパクトをプラス。ポイントは葉を極力交ぜず、凹凸のある形を描くこと。パーティのテーマカラーを取り入れるのもグッドアイデア! イーボルhttp://www.e-v-o-l.com/info@e-v-o-l.com  みずみずしいフローラルの香りに包まれる(左)「オレンジ ブロッサム コロン」(デイジー リーフ柄)¥18,000、(右)「ピオニー & ブラッシュ スエード コロン」(ワイルド ローズ柄)¥18,000/ともにジョー マローン ロンドン記憶と密接に関わる香りは、結婚式の想い出を彩る大切なキーに。「ジョー マローン ロンドン」が花嫁のために贈るのは、ボトル全体にレース柄を刻印する特別なコロン。柄は2種類から好きな方を選んで、香りはブランド人気の6種類からセレクト。自然豊かな結婚式なら、オレンジの花が香る「オレンジ ブロッサム コロン」や、華やかなピオニーにジャスミンやローズが溶け合う「ピオニー & ブラッシュ スエード コロン」も素敵。式後も香りに触れるたび、幸福な記憶が蘇るはず。 ジョー マローン ロンドン お客様相談室 https://www.jomalone.jp/0570-003-770旬なメタルピンで緑映えする軽やかヘアを作る(左から)ピン¥20,000、ピン¥17,000、バレッタ¥22,000、ピン¥17,000/すべてアレクサンドル ドゥ パリ自然光が降り注ぐ心地よい会場では、盛りすぎ、キメすぎのヘアはトゥーマッチ。リコメンドしたいのは、トレンドアイテムとして注目のメタルピン。ベールの下やお色直しなど、ラフに束ねたヘアにランダムに飾れば、コーディネート全体に程よい抜け感をプラス。クールな素材感もドレスの甘さを和らげてくれるので、モード志向な花嫁にもおすすめ。 アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店https://alexandredeparis.co.jp/03-6264-5442軽快なスイングピアスでそよ風を感じる「ショート プレシャス クローバー ピアス」〈YG、ダイヤモンド〉¥126,000/マリーエレーヌ ドゥ タイヤックグリーンウェディングの大本命アイテムは、やっぱり自然モチーフ。今取り入れるなら“耳元にさりげなく”が正解。「マリーエレーヌ ドゥ タイヤック」のクローバーピアスは、中央にダイヤモンドをあしらって、リズミカルに3つずつセット。風に揺れる煌めく存在で、顔周りを軽やかに、愛らしく彩りたい。 エムアッシュテhttp://www.mariehelenedetaillac.com/                                                     03-5468-2703ガーデンに舞うバタフライを手元に飾る(左)「ラッキー アルハンブラ アントレ レ ドア リング」〈YG、マザーオブパール、タイガーズアイ〉¥655,000、(右)「ドゥ パピヨン アントレ レ ドア リング」〈YG、WG、ダイヤモンド、ラピスラズリ〉¥2,200,000/ともにヴァン クリーフ&アーペル甘い蜜に誘われるようにガーデンを舞う蝶々を連想させる、「ヴァン クリーフ&アーペル」のリング。そんな愛らしい存在で、ハレの日の手元を飾ってみては? 花嫁の手元は手紙を読んだり、パーティでもゲストの視線が集まるパーツ。ラピスラズリやタイガーズアイなど、素材ごとに異なるカラーもアイキャッチにぴったり。遊び心あるジュエリー使いで、ロマンあるストーリーを感じさせて。 ヴァン クリーフ&アーペル ル デスクhttp://www.vancleefarpels.com/0120-10-1906エッジの効いた涼やかなシューズで遊ぶサンダル(ヒール高1.5cm)¥104,000/セルジオ ロッシスタイリングの肝になるシューズは、ブライズルックでも大事なエッセンス。ミニマルなドレスには、足元で個性を主張したい。レコメンドしたいのは「セルジオ ロッシ」のフリンジサンダル。アンクルストラップまでフリンジが広がるボヘミアンデザインは、スタイルのアクセントに最適。開放的なシチュエーションにも似合う涼やかな一足で、リラックスして過ごせそう。 セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600エコを意識したペーパーアイテムをセレクト席次表セット(印刷つき、50セットの場合)¥29,500 ~/ウイングド・ウィール ※招待状セットは印刷つき、50セットの場合¥26,500~緑に祝福されるグリーンウェディングでは、環境負担が少ないエコマインドをぜひ取り入れたいところ。ペーパーブランド「ウイングド・ウィール」は、紙の原料にコットン(綿)パルプを配合した、環境負荷が少ない席次表や席札を展開。ウェディングを彩ってくれる緑や花々への想いを、ペーパーアイテムでスマートに伝えたい。 ウイングド・ウィール オンラインストアhttp://www.winged-wheel.co.jp/0120-842-657未来の自然を守るエシカルギフトを贈る(左)レザーコースター(5枚セット)¥2,200/エンダースキーマ、(右)フレーム(2Lサイズ)¥6,500/シボネ青山サスティナブルファッションが注目される今、環境へ配慮したアイテムを選ぶのも大人のセレクト。レザーグッズを作る際に出る端切れから生まれた「エンダースキーマ」のレザーコースターに、使われなくなった樹木のかけらを組み合わせたフレームなど、最近ではデザイン性の高いアイテムも豊富に登場。パートナーとの未来を考える結婚のタイミングで、地球のこれからにもぜひ目を向けてほしい。 シボネ青山http://www.cibone.com/03-3475-8017
関連キーワード

RECOMMEND