髪の多さも軽減してくれる、くびれフォルムのミディアムヘア【40代のミディアムヘア】

Marisol ONLINE

くびれフォルム×ミディアムで抜け感のある印象に

鎖骨下のミディアムヘアに、リップラインから下にレイヤーを仕込んでくびれシルエットに。髪の重さが軽減するだけでなく、顔をすっきり見せるスタイルアップ効果が。また頬にかかるように前髪を流し、全体のフォルムに横幅を出すことで面長カバーも。肩でハネる長さをカジュアルに楽しめるスタイル。
【髪型データ】
量 :少☆☆★多
太さ:細☆★☆太
硬さ:軟☆☆★硬
くせ:無☆☆★有
パーマ:無★☆☆有
カラー:ココアブラウン
撮影/玉置順子(t.cube)スタイリスト/松村純子 取材・原文/松井美千代
関連記事
  • 思い切ってショートヘアにしました(^-^)本日のフレーバーティー表参道のヘアサロン dydi スタイリストの鈴木嵩平さんに担当していただきました 本日のフレーバーティー お茶のカップも可愛かった♡こちらがカット前カット後カラーリングはオリーブブラウンに♡ 久しぶりのショートヘア シャンプーもシャンプー後の髪のドライも楽チンです(^-^)美女組No.69かんちゃんのブログ
  • ショートヘアのトレンドは、耳を出したり、襟足をすっきりさせたり、どんどん短めにシフト中【FRONT】【スタイリング前】 このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。DATA 量・普太さ・普硬さ・柔クセ・強担当サロン「GARDEN Tokyo」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • マリソルオンラインで人気のボブヘアスタイルランキング月間TOP10を発表。トレンド感ある軽やかなボブヘアスタイルをチェック!【ボブヘア1位】ファッション、顔立ち、髪質。すべてを調和するのがボブスタイル硬くてしっかりした髪質でもセルフスタイリングでもニュアンスが出しやすく、軟毛×くせ毛の絶妙な動きに。「昔から撮影ではきれいめな服を着ることが多くて。服とのバランスを考えるとボブが一番ハマる。今日みたいなシンプルなトップスには、ちょっと動きのある抜け感ボブがいい感じ。ハーフドライの毛先に椿油をつけるだけで決まるし、セットが楽チンなところも続けている理由かな。私は乾燥毛なのでオイルをたっぷりつけて朝はセミウェットに。でも夕方には吸収されていい感じの素髪風に(笑)。質感で遊べるのもボブのいいところ!(高垣さん)」      【SIDE】【BACK】 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代     【ボブヘア2位】応用のきく長めボブが今の自分にしっくりくる自分に似合ってアレンジしやすい前髪、骨格を自然にカバーして外ハネっぽく無造作に動くフラットな毛先。各パーツにポイントをおいて、しっくりくる自分らしいボブを実現! 「ボブにしてから、自分にはやっぱり短めヘアのほうが合っているな、と日々実感。何十年もの付き合いの大親友と母も『絶対短いほうがイイ!』って言うので、きっとそうなんだろうなって(笑)。丸みのない今の切りっぱなし風ボブと、ダウンも流しも両方OKな前髪は、女性らしい服にもメンズライクな服にも、両方に合わせやすいのがポイントです。でも私、髪が伸びるのが早くって……本当はもう少し短くしたい! という願望も(佐田さん)」 【SIDE】【BACK】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子取材・文/松井美千代     【ボブヘア3位】ブローのみで再現できるナチュラルなシンプルボブヘアWバングスで、「大人可愛く」も「大人っぽく」も自由自在。       全体フォルムはフロントをやや長めにカットしている前下がりボブ。表面に重さとツヤのあるベーシックなスタイルは、毛先を内巻きにブローするだけでセルフスタイリングできるので、日々のライフスタイルでの手入れの楽ちんさも魅力。新しいポイントは"Wバング"。サイドは長め前髪にカット。前髪の中央には、眉の高さ×幅狭な前髪を作る。2 段階のWバングがあることで、前髪を下ろすと大人可愛く。サイドに流すこともできるので、服に合わせて大人っぽく。シーンに合わせて違うスタイルを楽しみやすい。 【DATA】 量・普通 太さ・普通 硬さ・普通 クセ・中      【SIDE】担当サロン「ABBEY2」 撮影/青柳理都子 メイク/藤本 希(cheek one) イワタユイナスタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【ボブヘア4位】ボブは柔らかいフォルムに進化中。 シャレ見えを約束する立体感スタイルスタイリングの際に動きが出やすくなる隠し技でスタイリッシュなボブヘアに。 扱いやすいワンレンボブベースだが、前髪は頰の下くらいの高さからレイヤーを入れて、動きを出しやすくしておく。毛先がパッツンとしすぎないように、全体の“角”を取っておくのもポイント。重く見えやすいボブなので、カラーリングはアッシュ系で黄みを抑え、透明感を与えてカジュアルに。 【STYLING POINT】 28㎜のヘアアイロンで全体の毛先を1 カールさせ、ハードワックスで毛束を残しつつくずす。トップに立体感を出し、前髪はかき上げ風にセット。【スタイリング前】担当サロン「ビュートリアム265」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ボブヘア5位】髪質カバーをかなえるワンレンボブは 洗練された印象も与えてくれる扱いにくい髪でも朝のスタイリングが簡単、毛先の動きで今っぽさを演出。硬・多・太という髪質をカバーするストレートのワンレンボブで、シャープな雰囲気に。毛量が多い部分の調整がしやすく、スタイリングで外ハネにセットすることで軽やかな印象に。毛先のみにハイライトカラーを入れて、重めの髪にさらに軽さをプラスして。 【STYLING POINT】 毛先を28㎜のヘアアイロンで内巻きに。オイル+ワックスで、ハチ下の内側の髪をおさえて。表面は手に残ったスタイリング剤で動かし外ハネに。【スタイリング前】 担当サロン「GARDEN Tokyo」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ボブヘア6位】くせ毛風パーマをプラスして女っぷりボブを簡単にスタイリングサイド&後ろはワンレンベース、長めの前髪はラウンドさせて幅広めに。大きなロッドで毛束を巻き込み、くせ毛風のふにゃっとした動きをつけておいて。つぶれやすい髪質も、スタイリングしだいでふんわり感をすぐに再現でき、女らしいソフトな動きもかなえられる。暗めアッシュベージュの髪色でモードっぽさもプラス。 【STYLING POINT】 髪がハーフウェットな状態で、バームを髪全体にもみ込み、なじませて。セミウェットな質感で、ゆるいパーマの動きを復活させ、楽しんで。【スタイリング前】担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ボブヘア7位】長めバングが流行の兆し!あえてのストレートボブで自分らしいおしゃれ感を演出前下がりシルエットなら膨らみやすい髪を落ち着いて見せてくれる効果あり。    ノーレイヤーのあご下3 ㎝のストレートボブ。フロントになるほど長くなる“前下がり”シルエットでふくらみやすい髪質のボリュームをおさえる効果も。ボリュームの出やすい髪は、前髪をアシメ風にスタイリングすることで今っぽさと髪質カバーに。髪色は10トーンのハニーベージュ。 【STYLING POINT】 ボリュームをおさえるためにストレートアイロンを。フロントは後ろへ流すようにアイロンをすべらせて。前髪をサイドパートで分けアシメ風に。【スタイリング前】担当サロン「ROI」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ボブヘア8位】毛先に表面に。パーマの使い分けで、軽やかでも膨らみを抑えた大人ボブヘア質感は軽やかに。ツヤがあるけれど脱ウェットな質感を叶えるには?前髪以外はほぼワンレングスのボブ。毛先に丸みが出るようにカットで調整を。毛先の髪は、内巻きと外ハネがMIXされるようにランダムなパーマをかけて。表面はゆるいスパイラルパーマをかけることで、自然な動きを演出しつつ、膨らみやすい髪質のボリュームダウン効果が。フロントは顔を包み込むマッシュフォルムの前髪を、子供っぽくならないよう斜めに流すようにスタイリング。スタイリングで束感を出すけれど、使用するスタイリング剤はウェットすぎずツヤの出るワックスを使用して。質感でもトレンドを意識。 【DATA】 量・やや多い 太さ・普通 硬さ・普通 クセ・中    【SIDE】担当サロン「PearL」 撮影/青柳理都子 メイク/藤本 希(cheek one) イワタユイナスタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【ボブヘア9位】表面のカジュアルな動きが今っぽい! ラフなニュアンスボブ仕込んだパーマとハイライトが立体感と軽やかさを演出。     ベースは丸みのあるシンプルなグラデーションボブ。毛先の動きを出しやすくするためのサポートに、ハチ下の内側の髪に毛先から1カールのパーマをかけておいて。内巻きにしておくと、外ハネにもスタイリングしやすくなり、セットが簡単に。耳上に極細のハイライトカラーを入れ、顔まわりに立体感を出している。 【STYLING POINT】 ジェルやグロスワックスなど、ツヤの出るアイテムをもみ込み、ランダムに動く毛先のニュアンスを出して。毛先を指でつまみクセづけすると簡単。【スタイリング前】担当サロン「PearL」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ボブヘア10位】フロントの大きなかき上げが軽やかさを演出。ふんわりボブヘア大きな揺れ感とかき上げ前髪で柔らかい髪をボリュームアップ。ボブにするとつぶれて見えるのが心配……という軟毛な髪質を、豊かなツヤボブに見せてくれるのは重めフォルムと毛先のパーマの絶妙なバランス。全体はあご下で重めにカットし、顔まわりは動きを出しやすくするよう少し短いリップラインでカット。レングスと前髪に差があるので、フロントをかき上げることでトップとフロントに自然な毛流れを作り、ボリュームが出しやすく、ボブをつぶさず軽やかにしてくれる効果が。膨らみやすい髪質の場合は、さらに毛量調整をプラスして動きを出しやすくするとチャレンジできる。 【DATA】 量・やや少ない 太さ・普通 硬さ・柔らかい クセ・なし【スタイリング前】担当サロン「ROI(ロイ)」 撮影/青柳理都子 メイク/藤本 希(cheek one)、イワタユイナ スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代※3月17日〜4月15日集計
  • 前髪の空気感、アップスタイルにした時に映えるレイヤーの束感、ちょっとしたニュアンスがポイント【FRONT】【SIDE】 【BACK】"蛯原ミディアム"はマリソル世代からも高い支持を得ているスタイル。「いろいろ失敗も経て、自分らしい髪型は柔らかくて空気感のある質感だなと気づきました。柔らかい雰囲気を左右するのはアレンジのきく前髪。以前、パッツン前髪にしていた時は、どう動かしても堅い印象になって洋服が似合わなくなってしまって。あとは内側やもみ上げにレイヤーを入れて、アップにした時の後れ毛ニュアンスも仕込んでいます(蛯原さん)」撮影/岡部太郎(SIGNO)ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd)スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 硬くてしっかりした髪質でもセルフスタイリングでもニュアンスが出しやすく、軟毛×くせ毛の絶妙な動きに【FRONT】【SIDE】 【BACK】「昔から撮影ではきれいめな服を着ることが多くて。服とのバランスを考えるとボブが一番ハマる。今日みたいなシンプルなトップスには、ちょっと動きのある抜け感ボブがいい感じ。ハーフドライの毛先に椿油をつけるだけで決まるし、セットが楽チンなところも続けている理由かな。私は乾燥毛なのでオイルをたっぷりつけて朝はセミウェットに。でも夕方には吸収されていい感じの素髪風に(笑)。質感で遊べるのもボブのいいところ!(高垣さん)」撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • マリソルオンラインで人気のショートヘアスタイルランキング月間TOP10を発表。若々しくて女らしいショートヘアスタイルをチェック!【1位】カジュアルな毛流れがあるからこそハードな素材の服も着こなせる鼻先まである長め前髪を流して、女っぽく。 トップにレイヤーを入れ、ボリュームを出しやすくしたグラデーションショート。あえて残した長めの襟足はフェイスラインをカバーするのに便利。短いながらもメリハリのあるフォルムにすることで、髪質や顔型の悩みカバーから、女性らしいイメージアップまで、幅広い希望をクリア。 STYLING POINT スタイリングにはくるくるドライヤーがおすすめ。毛先から巻き込むようにブローして、フォルムを丸くして。温風→冷風の繰り返しでツヤもUP。【スタイリング前】担当サロン「marr」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【2位】ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート軟毛でもあえてのストレート!ピュアなイメージで若見えを。 担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。 【SIDE】【BACK】担当サロン「ROI」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【3位】カール、フォルム……曲線だけで構成した女っぷりショート直線のないフォルムにすることで、レングスが短くても大人の女性の強さをやわらげ、親しみのある雰囲気を醸し出せる。全体のフォルムは、グラデーションカットや丸みが出るようにレイヤーを入れることで、曲線のあるシルエットに。さらに、ゆるくかかるコスメパーマという施術で、表面の髪に根元からボリューム感をプラスして。フォルムに甘さがあるぶん、カラーリングはバイオレットベージュを合わせて、ややクールダウン。甘×辛のバランスを取っているので、ファッションの幅も広く、さまざまなスタイルにチャレンジできる。 【DATA】 量・少ない 太さ・細い 硬さ・柔らか クセ・中【SIDE】【BACK】 担当サロン「ABBEY」 撮影/青柳理都子 メイク/藤本 希(cheek one) イワタユイナスタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【4位】かっこいいのに女っぽい。アクセ映えモードショート親しみやすさと凛々しさ。ヘアで二面性を楽しんで。       大ぶりアクセが映えるカットラインに、モードさを少しだけプラスしたおしゃれショート。サイドの耳まわりをシャープにカットし、かっこよさを表現。でもフロントやベースは丸みマッシュなので、柔らかさと親しみやすさも与えられる。モードなのにとがりすぎないので、トレンド服とも相性がよく、着こなしの幅が広がるスタイル。【SIDE】【BACK】 担当サロン「BEAUTRIUM265」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【5位】前下がりフォルムならメリハリスタイルをずっとキープ!表面には毛先1カールのパーマで動きをつけて、女っぽさを残して。襟足はスッキリ、フロントへ向かってだんだん長くなっていく“前下がり”なフォルムにカット。前髪が鼻下までのレングスなので、分け目を変えることでさまざまな印象に変化。この秋おすすめなのは、2:8のサイドパートに分けたハンサムなスタイリング。 STYLING POINT オイルをもみ込んでパーマの毛流れを復活させるだけ。フロントの分け目をサイドへずらし立ち上げ前髪に。アシンメトリーな印象でかっこよく。【スタイリング前】 担当サロン「Belle Ginza」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【6位】スッキリしているのに女性らしい。女っぷりフェミニンショート目にかかるフロントとコンパクトなフォルムのギャップが◎        サイド~バックの内側はコンパクトなシルエットに、表面の髪は長めのショートに。ツーブロック風のカットを施しているので、スッキリ感と長め前髪の色っぽさを両立できるスタイル。目にかかる“うざバング”と、肌をちらっと見せるフロントの動きで女っぽさを演出。潔く髪を切ったほうが女性らしいとほめられるフェミニンショート。 【SIDE】【BACK】担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【7位】短くても柔らかい動きが映える無造作な柔髪ニュアンスショート硬い髪質でもショートにしたい人にオススメなのがくせ毛風ゆるパーマ。       硬い髪質だと、ショートにした時に膨らまないか心配。ならばゆるいくせ毛風な質感をつくる"ピンパーマ"を取り入れて、根元は押さえつつ柔らかい毛流れを演出。ピンでつくる動きなので耳まわりの外ハネなど絶妙なニュアンスづくりが得意! 空気感のある毛流れ、今っぽい毛先の動きで、コンパクトショートでも女っぷりを上げて。【SIDE】【BACK】 担当サロン「BRIDGE」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【8位】くせ毛を生かしたフォルムがポイント。フェミニン曲線ショート女っぷりも輪郭補整もかなう大人の万能スタイル。柔らかい動きと丸みのあるボブ寄りショート。顔立ちがやせてくるマリソル世代は、横幅のあるフォルムで輪郭カバーするのが揺れショート成功のカギ。毛先の丸み、サイドの揺れ感は本人のくせをスタイリングで出すことで表現。襟足だけ暗めにしたカラーで首もとを引き締めて華奢に見せる工夫も。      【SIDE】【BACK】担当サロン「BEAUTRIUM265」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【9位】レイヤーを入れて軽やかに。 おしゃれ感ある清楚なフレアショートレングスが女らしい!鮮度の高いおしゃれショートヘア。       レングスは長めに残し、全体にレイヤーを入れて毛束を流したり、外ハネにしたり、ラフに動かしやすくしている。フレアに広がる動きが女性らしく、レイヤーショートでもカジュアルになりすぎないのがポイント。襟足は外ハネに、顔まわりはスイングするように、トップはボリュームを出すように、部位によってパーマを使い分けている。      【SIDE】【BACK】 担当サロン「ROI」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【10位】トレンドの長め前髪はショートヘアに女っぽさと今っぽさをプラスする計算されたフォルムや毛流れが女性らしいエレガントなショートヘア。丸みを出すためにグラデーションカットを施したマッシュベースのスタイル。前髪は鼻くらいまで長めに残し、サイドは“前上がり”になるようにカット。白髪もカバーできる6トーンのダークブラウンで、髪色はナチュラルなツヤを強調して。 STYLING POINT 26㎜のヘアアイロンで毛先全体を1カール巻いて。柔らかいファイバー系ワックスを全体へすり込むように塗布し、毛先を無造作にハネさせる。【スタイリング前】 担当サロン「Rougy」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代※3月1日〜3月31日集計
  • 自分に似合ってアレンジしやすい前髪、骨格を自然にカバーして外ハネっぽく無造作に動くフラットな毛先。各パーツにポイントをおいて、しっくりくる自分らしいボブを実現!【FRONT】【SIDE】 【BACK】「ボブにしてから、自分にはやっぱり短めヘアのほうが合っているな、と日々実感。何十年もの付き合いの大親友と母も『絶対短いほうがイイ!』って言うので、きっとそうなんだろうなって(笑)。丸みのない今の切りっぱなし風ボブと、ダウンも流しも両方OKな前髪は、女性らしい服にもメンズライクな服にも、両方に合わせやすいのがポイントです。でも私、髪が伸びるのが早くって……本当はもう少し短くしたい! という願望も(佐田さん)」撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • マリソルオンラインで人気のヘアスタイルランキング月間TOP10を発表。ショートヘアやボブヘア、ミディアムヘアなど、人気の髪型を参考におしゃれを楽しんで。【1位】耳まわりの柔らかな毛流れで 「脱マニッシュ」なベリーショートおちついたダークトーンの髪色が、おしゃれに見せてくれる。       全体にレイヤーを入れた丸みのあるマッシュベースのショートスタイル。フォルムの丸さで短いスタイルでもハンサムになりすぎないように。耳上に少し厚みを残し、小顔効果のあるひし形シルエットに仕上げている。カラーは7トーンでツヤっぽいカーキブラウン。 STYLING POINT 前髪は内巻きになるよう25㎜のヘアアイロンで軽く1カール。ワックス+バームのスタイリング剤をもみ込んでボリュームアップし耳まわりを流す。【スタイリング前】担当サロン「broocH」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【2位】ボブは柔らかいフォルムに進化中。 シャレ見えを約束する立体感スタイルスタイリングの際に動きが出やすくなる隠し技でスタイリッシュなボブヘアに。 扱いやすいワンレンボブベースだが、前髪は頰の下くらいの高さからレイヤーを入れて、動きを出しやすくしておく。毛先がパッツンとしすぎないように、全体の“角”を取っておくのもポイント。重く見えやすいボブなので、カラーリングはアッシュ系で黄みを抑え、透明感を与えてカジュアルに。 STYLING POINT28㎜のヘアアイロンで全体の毛先を1カールさせ、ハードワックスで毛束を残しつつくずす。トップに立体感を出し、前髪はかき上げ風にセット。 【スタイリング前】担当サロン「ビュートリアム265」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【3位】カジュアルな毛流れがあるからこそ ハードな素材の服も着こなせる鼻先まである長め前髪を流して、女っぽく。トップにレイヤーを入れ、ボリュームを出しやすくしたグラデーションショート。あえて残した長めの襟足はフェイスラインをカバーするのに便利。短いながらもメリハリのあるフォルムにすることで、髪質や顔型の悩みカバーから、女性らしいイメージアップまで、幅広い希望をクリア。 STYLING POINT スタイリングにはくるくるドライヤーがおすすめ。毛先から巻き込むようにブローして、フォルムを丸くして。温風→冷風の繰り返しでツヤもUP。【スタイリング前】担当サロン「marr」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【4位】髪質カバーをかなえるワンレンボブは 洗練された印象も与えてくれる扱いにくい髪でも朝のスタイリングが簡単、毛先の動きで今っぽさを演出。硬・多・太という髪質をカバーするストレートのワンレンボブで、シャープな雰囲気に。毛量が多い部分の調整がしやすく、スタイリングで外ハネにセットすることで軽やかな印象に。毛先のみにハイライトカラーを入れて、重めの髪にさらに軽さをプラスして。 STYLING POINT 毛先を28㎜のヘアアイロンで内巻きに。オイル+ワックスで、ハチ下の内側の髪をおさえて。表面は手に残ったスタイリング剤で動かし外ハネに。【スタイリング前】担当サロン「GARDEN Tokyo」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【5位】ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート軟毛でもあえてのストレート!ピュアなイメージで若見えを。担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。【SIDE】【BACK】担当サロン「ROI」 撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【6位】長めバングが流行の兆し!あえてのストレートボブで自分らしいおしゃれ感を演出前下がりシルエットなら膨らみやすい髪を落ち着いて見せてくれる効果あり。ノーレイヤーのあご下3 ㎝のストレートボブ。フロントになるほど長くなる“前下がり”シルエットでふくらみやすい髪質のボリュームをおさえる効果も。ボリュームの出やすい髪は、前髪をアシメ風にスタイリングすることで今っぽさと髪質カバーに。髪色は10トーンのハニーベージュ。 STYLING POINT ボリュームをおさえるためにストレートアイロンを。フロントは後ろへ流すようにアイロンをすべらせて。前髪をサイドパートで分けアシメ風に。【スタイリング前】担当サロン「ROI」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 【7位】抜け感のあるゆるやかな動きがミディアムにこなれ感をプラス自然なハネやドライな質感のスタイリングがポイント。鎖骨下3㎝のミディアムレングス。ノーレイヤーで重めにカットし、毛量調整をプラス。前髪はリップラインの高さでサイドの髪につながるようにカットして、なだらかな毛流れに。中間~毛先に大きめのカールのパーマをかけ、スタイリングをサポート。肩についてハネる長さや、ゆるい動きをキープして抜け感を出して。 STYLING POINT 少しぬれている状態で、根元に空気を入れながら立ち上げるように乾かす。毛先はパーマの動きをつぶさないようにドライに。シアバターで束感を。【スタイリング前】担当サロン「GARDEN Tokyo」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【8位】大人っぽさとカジュアルさを融合するパーマを取り入れた弾力スタイルほどよいゆるさのある髪型は、頑張りすぎず、老けて見えない、アラフォーの隠し技に 。長め前髪のグラデーションミディアムヘア。表面の髪だけ、顔まわりで動くようにレイヤーを入れているのは、全体にかけた1カールのパーマの動きを生かすため。つぶれやすい髪質にはこのパーマで弾力感とツヤをプラスし、スタイリングしやすく調整。 STYLING POINT 毛束を指に巻きつけ、ねじりながらドライを。パーマの動きを再現したら、オイル+ワックスで束感をくずし、毛先をランダムに。ツヤも加わる。【スタイリング前】担当サロン「Rougy」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【9位】くせ毛風パーマをプラスして女っぷりボブを簡単にスタイリングサイド&後ろはワンレンベース、長めの前髪はラウンドさせて幅広めに。大きなロッドで毛束を巻き込み、くせ毛風のふにゃっとした動きをつけておいて。つぶれやすい髪質も、スタイリングしだいでふんわり感をすぐに再現でき、女らしいソフトな動きもかなえられる。暗めアッシュベージュの髪色でモードっぽさもプラス。 STYLING POINT 髪がハーフウェットな状態で、バームを髪全体にもみ込み、なじませて。セミウェットな質感で、ゆるいパーマの動きを復活させ、楽しんで。担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【10位】セミロングはくずしやすさ重視! セットしやすい仕込みを鎖骨下5cmでフラットなセミロング。前髪のみラウンドさせて。長めヘアの場合、スタイリングでどうくずすかがおしゃれヘアの分かれ目に。ランダムな巻き髪と、クシュッとした毛先の動きを作ることを心がけて。今どきの動きはフォームで柔らかい雰囲気にするのがポイント。ワックスの硬い動きよりも、ソフトな印象を大切に。 STYLING POINT 34㎜のヘアアイロンで表面はリバース巻き、毛先は外巻きに。ロングを重く見せないため、トリートメントフォームをつけて、毛先を遊ばせて。担当サロン「S.HAIR SALON」 撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代※3月1日〜3月22日集計いかがでしたか?40代のための月間ヘアスタイルランキングを参考に、いつもと違う髪型にヘアチェンジして、髪型からキレイになろう!
関連キーワード

RECOMMEND