スタイリング楽々で好感度もアップ!40代のためのショートヘア【40代のショートヘア】

Marisol ONLINE

幅広い世代からの好感度高し!ヘルシー&セクシーなグラデーションショート

グラデーションというカットで全体に丸みをもたせたシンプルなショートヘア。そこへトップにレイヤーを仕込んで、毛束がラフに動くように調整を。スタイリングは髪をクシュッとしながら乾かし、ワックスで動きをつけるだけ。手をかけなくても、サラっと決まるナチュラルな好感度スタイルに。
【髪型データ】
量 :少☆★☆多
太さ:細★☆☆太
硬さ:軟★☆☆硬
くせ:無★☆☆有
パーマ:無★☆☆有
カラー:ベージュブラウン
撮影/玉置順子(t.cube)スタイリスト/松村純子 取材・原文/松井美千代
関連記事
  • LEE5月号掲載!五明祐子さんのお買い物、マネしていいですか!?にて、大反響となり、瞬く間に完売を繰り返しているROTHCOミリタリージャケット。 五明さん私服テーマに繰り返し登場し、メンズライクなミリタリージャケットを、ゆるりとしたオーバーサイズで今っぽくアップデートした一着は、パンツにもスカートにも相性のいい万能さがウリ。薄くて軽いコットンの一枚仕立てだから、持ち運びもしやすく、秋口まで大活躍すると評判です。 ROTHCO/ミリタリージャケット/¥9,800+税 WEBでも、現在、受注予約受付中なのですが、さまざまなコーディネート合わせで、複数サイズを購入したいという声をいただいています。 サイズ左からXS、M、L 着比べをしたいというご要望をかなえたく、FLAG SHOP リアルショップの下記2店舗に、全サイズのサンプルを、4月25日(木)よりご用意させていただきます!サイズ感などで迷われる場合は、実物を見ていただけるので、不安なくご予約いただけます。ぜひご来店ください。 ※現物商品は現在完売のため、サイズをご確認いただいたうえでのWEB受注予約になります。 【リアルショップへのお問い合わせ】 そごう横浜店3Fシーガルコート内:045(461)4115(直通) 東急プラザ銀座4階 HINKA RINKA内 :03(3572)0050(代表電話) ぜひ、様々なスタイリングに合わせて、お試しください!  
  • こんにちは。   スタイリストの坂本陽子です。 やっと春らしくなって来ましたね。 気分も軽やかに、春夏シーズンは、是非、新しいアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?   私がおすすめするアイテムは、「ロング&ミモレ丈スカート」。   今回は、3月末からスタートしている春夏コレクションのなかから、パンツ派の皆様にも、是非挑戦して欲しいロングスカートの選び方や、着こなしをご紹介したいと思います。   私も、以前は毎日パンツばかりでしたが、ロングスカートをワードローブに取り入れてから、着こなしの幅がグンと広がりました。   春は華やかに、トレンド感を取り入れられますし夏は、意外に涼しく、機能的にもかなり納得出来るアイテムなんですよ。   又この時期、女性らしい格好をしたいけれど、肌はあまり露出したくない! そんな大人の女性のわがままに答えてくれるアイテムがロングスカートなんです。   まず、キモとなる選び方は、「無難な物を選ばない」!   柄物や、あるいは、素材、ディテールにこだわった物を選ぶようにしましょう。 着ていて、気持ちがウキウキするような、そして、コーディネイトの主役になるような物を選ぶと、失敗がありませんよ。 無難な物は、古くさく、オバさんぽく見えてしまう可能性があるかも?     こちらのニュアンスプリーツスカートは、1パーツずつ手で絞りを入れたスカートです。 エアリーだけれど、適度なシャリ感があり、ヒップラインもカバーしてくれるのが嬉しい。 黒よりも軽やかで、トップスの色を合わせ易いストーングレーが、着回し易いと思います。 春は、ヨットパーカーにスニーカーでカジュアルに、夏は、コンパクトなトップスにサンダルで上品に、とシフトチェンジも簡単ですよ。 又、同素材のブラウスもあるので、ワンピース風にしても素敵。     そして、レオパード柄も見逃せません。 敬遠されがちな柄ですが、このスカートならば、派手過ぎず、 上品なイメージに仕上がるので、是非、挑戦してみて下さいね。     光沢感のある軽い素材で、履き心地が抜群です。 適度なドレープが女性らしく好印象。 トップスは、なるべくシンプルにコンサバなアイテムを選ぶのが、 失敗しないコツです。 初めてレオパード柄に挑戦する方なら、春は、トレンチコートなどの羽織物からチラ見せ?して練習(笑) 夏は、締め色の黒や茶のTシャツを合わせて、クールに。 今ある手持ちのアイテムにプラスするだけで、新鮮な着こなしが完成します!   そして、綺麗めで、着る場所を選ばないネイビーのスカート。   シワになりにくく、さらっとした素材です。 歩く度に、のぞく白のプリーツが、ポイント。 春は、定番のボーダートップスと合わせても、カジュアル過ぎない着こなし になります。 足元は、ローファーでもオシャレですね。 夏は、差し色として、ヴィヴィットカラーのトップスと合わせると、エッジの効いたこなれた印象に。     ラヴィヴァン春夏コレクションの主役スカートで、 より上品なワンランク上の女性に。 表情豊かな華やかスカートを素敵にはきこなして下さいね♪       Article By Yoko Sakamoto 坂本陽子(スタイリスト)40代から50代向けの女性ファッション誌を中に幅広く活躍。大人世代のワードローブを知り尽くしたスタイリングに定評がある。「alohadog co,ltd」主宰 1960年5月5日生まれ  
  • アラフォーにピッタリはまる永遠にときめく小花柄ワンピースこんにちは yasukoです 今年はよく見かける小花柄ワンピース 正直 自分のキャラに似合うかなとか 思ってましたが 今年は挑戦してみたいと思い 自分の思う ときめくワンピースをみつけました 私がピピときた小花柄ワンピース N.O.R.C outfit ☆ マキシワンピース N.O.R.C パンプス reppet バック PIERREHARDY N.O.R.C は Marisolでもスタイリングされている福田亜矢子さんと斎藤くみさんのディレクションするブランド 私がワンピースを選ぶ際に 気にしていたのは *アラフォーも着れるシックな小花柄 *かっこよく着れる *思い切ったチャレンジだったので出来るだけプチプチ価格で それを全て満たしてくれたN.O.R.C *ベースがブラックで大人っぽい *Vネックなのでスッキリみえる *袖がゴム使用で夏でも簡単に袖を上げて軽さを出せる *マキシ丈で大人っぽく *ウエストが調整できてしかもハイウエストだからスタイル良くみえ間違いなし アラフォーの事情を知り尽くしたブランド ほかにも シャツやスカートもカッコ良くてステキです ↑ ウエスト調整できる 袖丈を自分好みに調整 ★ N.O.R.C クリック大人の為の究極のコスパブランドと思います Marisol4月号にモデルの五明祐子さんも美しく着られてます yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 永遠のベーシックと思いきや、デニム離れしているアラサーも増加中。「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今っぽい着こなしにするには?」という読者の悩みに、デニム好きを公言するスタイリストがお答えします!お悩み「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今その着こなしをすると、ものすごく地味」➡トレンド柄をプラスすれば、即今っぽいし女らしさも、華やかさも増量します!(スタイリスト・石田 綾さん)「今季はドットやストライプなど柄が豊富。ベーシックな色みをチョイス」。(モデル)パンツ¥23000(アッパーハイツ)・靴¥46000(ルチェンティ)/ゲストリスト ブラウス¥19000/ラヴァンチュール マルティニーク タンクトップ¥7900/RHC ロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥33000/ショールーム セッション(ポティオール) スカーフ¥16000/スローン (物上から)ブラウス¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) シャツ¥7900/N.ルミネエスト新宿店教えてくれたのは……スタイリスト 石田 綾さん誰よりも流行に敏感な早耳スタイリスト。トレンドを上手に取り入れたカジュアルなスタイリングは、デイリーに着こなしやすいと評判。撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 イラスト/高篠裕子 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • みんなの簡単ヘアアレ公開!服が軽くなってきたら、ヘアアレでおしゃれを盛りたくなるよね♡ ぐっとこなれ見えするための+テクにも注目!仕込みでしっかり巻けば手の込んだポニテに  #non-noカワイイ選抜 No.82 武藤南 さん- HOW TO -全体をランダムに巻いてからスタイリング剤を手に2cmくらい取って全体にもみ込む。大人っぽく下のほうでまとめたら、前髪横と、耳手前の毛束を出してニュアンス足し。バランスを見つつ後ろとサイドの毛束をつまみ出し、後れ毛を巻き足して完成。他の画像を見る撮影/冨樫実和 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 目力はアップさせたいけど、わざとらしい目元にはしたくない! そんな全女子のために、誰でもコツをつかめば、ナチュラルに盛れるアイラインテクを伝授! さりげなく目力を底上げしちゃお♡何もしてないみたいにナチュラル。でも盛れてる目元に♡ 使ったのはコレ!スタイリング リキッド アイライナー BR301 ¥3000/コスメデコルテ くっきり濃密なつややか発色。 - HOW TO -① パウダーで油分をオフ! 目元に油分があると、ラインが落ちる原因に。最初にパウダーで描きやすくしておこう。 ② まつげは先に上げておくこと ラインを描いた後にビューラーを使うと、まぶたに当たってラインが落ちてしまう原因に! ③ 鏡を持って少し上を向きながら やりがちだけど、目線より下に鏡を置いて描くと、まつげのキワにうまく描けないのでNG! 他の画像を見るトップス¥36000/MIDWEST(STAIR) ピアス¥2900/MURUAモデル/馬場ふみか 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io) スタイリスト/石田綾 イラスト/Bob Foundation 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • ネイリスト兼イラストレーターとして多忙な日々を送る関根祥子さん。ニュージーランドに行くときは大自然に包まれ解放的な気分になるんだとか。現地で心地よく過ごせるために用意したスキンケアポーチの中身をご紹介します。mojo nail ネイリスト 関根祥子さん抜け感のあるデザインで、モデルや女優にもファン多数。ネイリストのほか、イラストレーターとしても活躍。「旅先に合わせたネイルをして楽しんでます!」 trip to New Zealandニュージーランド行き【メイクポーチSKIN CARE(スキンケアポーチ)風景にも溶け込むようなやさしい香りのものを「選抜基準は刺激の強くないもの。特別なことをするよりは普段のケアを旅先でも続けたい&心が落ち着くような香りで癒されたい!」「登山をしたり湖でボートに乗ったり、日中はアクティブに動くので、ケアタイムはリラックスすることも兼ねて香りのよいものを。お風呂にはフランキンセンス2、朝の目覚めにはSHIGETAのモーニングスパーク4、現地で買ったフローラルな香りのするティートゥリーオイル3はニキビができたときなどに。3種類くらいを持っていき使い分けます。スキンケアはE-Oil5をなじませたあとに、イソップの化粧水1の出番」「化粧水のあとはドクタージャルトのクリーム6でふたをしてます」「ニベアがあればヘアスタイリングもばっちり」「癒しをくれる心地よい香りと気分を上げるカラーコスメで旅に彩りを添える」「ニュージーランドに行くときは、自分が心地よくなれるものだけをポーチに詰めて向かいます。香りものだったり、肌や髪の色に合うリップだったり。日々の生活とはかけ離れた大自然がある場所に行くことで解放感も生まれ、気持ちも肌もノンストレスな状態に。メイクもいつもより気合が入ります♡ それでも気になる乾燥や、ちょっとした疲れをすぐリセットできるようなコスメだけは必ず持っていくようにしています」次回は関根祥子さんの【ニュージーランド旅行に持っていくメイクポーチ】を大公開。お楽しみに。撮影/さとうしんすけ 取材・原文/浦安真利子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • デザイナーやバイヤーら、ファッションプロはフライト経験が豊富。「ロスト・バゲージに備えて」「なるべくコンパクトに」……と機内持ち込みのこだわりも格別だ。手荷物だけで旅する派と預け入れもする派の必携アイテムを一挙ご紹介! 手荷物のみ! 「預けない」私の機内セット 国内やアジアなら機内持ち込みオンリー! 手荷物だけで軽やかに旅する人のミニマルな中身を公開 機内でも"ファッション"を常に意識 榎本実穂さん 外資系ブランドのMDや大手セレクトショップのバイヤーなど長くファッション業界で勤務。その後2015年の春夏に「ELIN」をスタートさせた。 メインのバッグは約10年前にヨウジヤマモトで購入した、スーツケースにもリュックにもなる優れもの。服はインナーを変えれば着回しもきくヴィンテージロンパースをメインに、ELINのカットソーと光沢のあるショルダーバッグを合わせて。「常に快適さとファッション性の両立を意識しています!」 1 機内ではコンタクトをはずしてメガネを2 エルメスによるコンセプトショップ「petit h」で購入したノート3〜5 筆記用具とペンケース6 香水などの液体系をまとめるエルベシャプリエのポーチ7・10・11 色やサイズが豊富なプラダのポーチは、家に20個(!)ほど所有。「つい空港で購入してしまいます(笑)」と榎本さん。気分や用途に合わせて選び、サプリやティッシュなどを整理して収納している8 旅先で見聞きしたものの詳細やアイデアの記録用に持ち歩くiPad Pro。ここからコレクションの方向性を考えることも多い9 むくみ対策に。顔と体に使えるリファは機内での必需品12 ロンパースの下に着ているものと色違いのELINのカットソー。着心地がよく、女性らしさもあるため旅には2枚常備13 「ディナーにも対応できるレースのアイテムはマストで」。基本的に服は現地のショップで購入するため、荷物に入れるものは厳選 14 消臭用のファブリーズ15 自分で調合したアロマオイル。「ユーカリやオレンジにウッドやスパイス系を足してリラックスできる香りにしています」16 保湿にはクラランスのボディ オイル"トニック"17 BYREDOのフレグランス。ローズノワールは甘くなくすっきりとした香りが魅力。「人前に出るときの嗜み用に」18・19 顔の保湿にはエンビロンのクリームとジェルを 20 エルメスの長財布21 ヴィンテージのレイバン。「アイウェアフリークなので気分に合うものを持っていきます」22 iPhone XR23 シャネルのリップ バーム24 M・A・Cのプロ アイ パレット ザ デイム。榎本さんはバームに重ね、リップカラーとしても活用25 シャネルのレーヴル サンティヤント 212。「赤のグロスはアクセサリー感覚でスタイリングにプラス」26 アディクションのアイライナー ペンシル SOURCE:SPUR 2019年6月号「機内持ち込みの天才」photography: kimyongduck text: Mai Ueno
関連キーワード

RECOMMEND