ヴィンテージ感のある小花柄ワンピースはレギンスとのレイヤードで【2019/3/16コーデ】

Marisol ONLINE
オフィスシーンではなかなか着ていく機会のないクラシカルな花柄ワンピース。週末だからこそ、ヴィンテージライクに着こなしたいところ。小物はすべて黒を選びつつ、さらに黒レギンスを下に重ねて、甘い花柄ワンピースをシャープな印象に導いてみる。バッグはラウンド型のショルダーで、モダンを感じさせられれば可憐に今どき感たっぷりで着こなせる。
ワンピース¥39,000/RHC ロンハーマン(RHC) デニムジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) レギンス¥9,000/オーラリー バッグ¥53,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ワンピースコーデをもっと見る
関連記事
  • 気に入ったアイテムは色違いで購入! 楽チンシャツ、楽チンワイドパンツは私の定番。友人がdoclasseのアンバサダーをしているという事もあり、友人のFBやInstagramなどでdoclasseの洋服をよく目にしていました。 éclat4月号でも「春のリッチベージュ」として、ニットアンサンブル、ジャケット、プリーツスカートなどが取り上げられています。 doclasseは実店舗もあるので、洋服を買うときは生地感や丈の長さなど、いろいろ確認したい私にとっては嬉しい通販サイトです。 もちろん店舗に行けない方にも、購入する前に気になることがあれば、細やかな対応をして頂けます。シンガポール旅行には、ワイドパンツを三本持参。スーツケースの中にクルクルっと小さく丸めて場所要らず。 通気性もよく、ウエストもゴムなので、楽チン。万能アイテムです 去年の夏はヘビロテしてました 今年も活躍してくれる事、間違いなし!シャツも色違いで3枚購入 ストライプとオリーブは以前即買いしたので、今回は春用に明るいピンクを購入してみました。アバクロの白パンツに合わせてéclat掲載のベージュアイテムも、早速チェックしてみようと思います。doclasseさんのサイトはこちらからお時間ありましたら、Instagramも覗いてみてください Instagramはこちらから華組 豊田真由美ブログ
  • 今年はその白を足もとで、しかもスニーカーではなく、きれいめ靴で取り入れるのがトレンドちょっと抜け感を出したい時に、効果的な「白」。通勤服にも似合う品のよさと、カジュアルの女度がぐっと上がる華やかさ――そのどちらをも備えた"真っ白"に絞って、間違いなし!【CASUAL】 大好きなデニム×ぺたんこが新鮮に、かつしゃれ感たっぷりに映るのは、やはり最旬カラーの"真っ白"あってこそ。インパクトは絶大、でもドット柄のブラウスや華やか色のバッグにもすっとなじむ柔軟性もあり。そんな使い勝手のいい色、見逃すわけにはいきません!  靴( 2 )¥85,000/アッシュ・ペー・フランス(ルパート・サンダーソン) ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥172,000/ジミー チュウ ピアス¥82,000(マリハ)・リング(人さし指)¥88,000(ヒロタカ)/ショールーム セッション リング(薬指)¥20,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード)【ELEGANT】子供っぽくないか、オフィスで浮かないかなど、いきなり"真っ白"な靴に不安がある人は、面積の少ないサンダルから始めてみるのも手。色そのものはどちらかというと辛口。だからこそデザインはほんのり甘いくらいが好印象。靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ) ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック)❶細いストラップが足首までを覆うグラディエータータイプ。白と少しの ヒールのおかげで、ラフになりすぎないのがいい。(3.5)¥52,000/アマン(ペリーコ) ❷今年のトゥはラウンドよりスクエア。パールをあしらったバ ックストラップも目をひく。( 6 )¥110,000/シジェーム ギンザ(ニコラスカークウッド) ❸時にはこんな甘口なデザインに挑戦してみても。脱い でも可愛いコーラル色のインソールも人気。( 1 )¥86,000/ドゥロワー 丸 の内店(ロシャス)他の画像を見る※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol 4月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/田澤美香 モデル/竹内友梨 取材・文/伊藤真知
  • アラフォーの春の鉄板アウター「トレンチコート」をもっと楽しむためのコーディネートをベージュ、カーキ、ネイビーの色別にご紹介。カジュアルに、女らしく、フェミニンに、かっこよく、軽やかに……着こなしや選び方次第でトレンチコートはもっと楽しめるんです!※商品は販売を終了している場合があります【目次】 ・40代の定番アウター「ベージュのトレンチコート」コーデ ・ワークな気分に「カーキのトレンチコート」コーデ ・上品さを味方に「ネイビーのトレンチコート」コーデ【1】40代の定番アウター「ベージュのトレンチコート」コーデ40代の鉄板アウター「ベージュのトレンチコート」。トレンド感や女らしさ、こなれ感を取り入れてベージュトレンチのコーディネートを楽しんで。■ベージュのトレンチコート×リブニットのセットアップコーデ着心地のよいリブニットのセットアップには、トレンチコートのハリのあるギャバジン生地を重ねてぼやけがちなベージュのワントーンに奥行き感を。合わせる小物はブラックがベスト! かっこいいサファリ風スタイルを意識すると粋な感じで着こなせる。 トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) ニット¥32,000・スカート¥31,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥3,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリオン ゴダール) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥48,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ) ▶リブニット&トレンチの異素材ベージュで織りなすデキる女コーデ■ベージュのトレンチコート×黒パーカ&白コンバースコーデ黒パーカでスポーティさも意識しつつ、フレンチシックなドット柄スカートでカジュアルなモノトーンコーデの完成。パーカの下のインナーTシャツや白コンバース、白バッグが春らしい雰囲気に。    トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) パーカ¥29,000/八木通商(ルトロワ) Tシャツ¥8,000/マルティニークルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) メガネ¥33,000/オプティカルテーラー クレイドル  青山店(アイヴァン) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグインプログレス) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)     ▶春トレンチには大人ブラックと白小物でカジュアルシックにキメて■ベージュのトレンチコート×ボーダー&プリーツスカートコーデ 春に向かって色ものが増えてくるこの時期、ハンサムトレンチのベージュにきかせるならこっくりしたオレンジがおすすめ。ネイビーのプリーツスカートと合わせれば誰からも好感度を持たれるコーデに。ボーダー×プリーツスカート×トレンチ×パンプスの定番コーディネートも、色合わせしだいでこんなに新鮮! トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) ニット¥28,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥38,000/ロンハーマン ネックレス¥23,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ) ▶こっくりオレンジを効かせたエレガントネイビーには知的ベージュを■ベージュのトレンチコート×白ニット&チェック柄スカートコーデトラッドの王道ともいえるチェック柄&トレンチコートの組み合わせ。ともすると学生っぽくなりがちだけれど、肩まわりのゆったりしたシルエットと膝下タイトとのバランスのおかげで、大人っぽい仕上がりに。フロントにボタンや飾りがない着流しトレンチコートだからこそ、大きめチェック柄とも合わせやすく、今どきの着こなしが完成! トレンチコート¥84,000・スカート¥35,000/ebure ニット¥98,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ケイト) サングラス¥27,000/バーバリー アイウエア(バーバリー) バッグ¥128,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥30,000/ベイジュ(PIPPICHIC)▶インパクトのある柄スカートにはイノセントな白ベージュでまとめて■ベージュのトレンチコート×グリーンパンツ&白バレエシューズコーデマディソンブルー初のドレストレンチ。高密度のコットンギャバジンを使用しているため、ウエストベルトをきゅっと結んだ時に絶妙なハリ感が出て、計算しつくされた美しいシルエットが出現。肩落ちデザインながら腕まわりは細めに設計され、女性らしいエレガントな雰囲気に。パンツはもちろんフレアスカートとも。 トレンチコート¥120,000/マディソンブルー ニット¥19,000/スローン パンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥19,000/オデットエ オディール 新宿店(パオラ ヌッティ) バレエ靴¥39,000/ルック ブティック事業部(レペット)■ベージュのトレンチコート×イエローニット&白プリーツスカートコーデイタリアのテキスタイルメーカー「Cangioli」社の生地を使用した、プリーツのようなシワ感が特徴的なロングトレンチ。たっぷりめの袖口をきゅっとたくし上げることで、女性らしい柔らかなシルエットに。プリーツスカートなど揺れる素材と合わせてもスタイリッシュにきまる。 トレンチコート¥120,000・スカート¥59,000/ebure ニット¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) バッグ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴァジック) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ)▶一枚で女っぽくきまって、旬の空気!気になるブランドの“ネオトレンチ”をチェックせよ■ベージュのトレンチコート×デニムパンツコーデ ベージュトレンチ×デニム。定番コーデもシルエットでフレッシュに。 旅先でも、日常でも。トレンチコートを気負わず楽しめる軽やかな女性が選ぶのは、薄手素材のベージュトレンチ。肩落ちのゆったりしたシルエットも大人の余裕を感じさせて。トレンチコート¥78,000/オーラリー ニット¥25,000/ロンハーマン(ロンハーマン) デニムパンツ¥23,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥47,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ピアス¥68,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥134,000・パンプス¥67,000/ジミー チュウ スーツケース/私物▶このトレンチコートを選ぶのはどんな女性?5人の女性像×トレンチコートの選びと着こなし■ベージュのトレンチコート×ニット&オレンジのラップスカートコーデこっくりカラーもツヤのあるスカートや明るめのベージュ、白小物で軽やかに。首もとのスカーフやラップスカートのツヤ感は、ぐっとコーデを華やかにしてくれる。トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) カットソー¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン) スカート¥29,000/アマン(ベルウィッチ) イヤリング¥10,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーブ) スカーフ¥42,000/アトリエ  ニノン(ラスパイユ) バッグ¥142,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥27,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ファビオ ルスコーニ) ▶花粉症のマスク姿でもツヤ感のあるスカートで華やかさを忘れずに■ベージュのトレンチコート×ネイビーのオールインワンコーデカジュアルテイストの強いオールインワンアイテムも、お仕事で着るならダークカラーのネイビーをチョイスすべし。さらに羽織るものはさらりと着流すゆるフェミニントレンチコートなら、シックにまとまる。エレガントを加えるなら小物選びにも気を遣って。ポイントは黒のヒールパンプスやハット、フリンジつきクラッチなどの辛口小物で女性らしさを演出すること。 トレンチコート¥84,000/ebure ニット¥28,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) オールインワン¥69,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥22,900/カシラ ショールーム(CA4LA) バッグ¥23,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥30,000/ベイジュ(PIPPICHIC)▶オールインワンにはフェミニントレンチを着流して大人カジュアルに■ベージュのトレンチコート×ロングスカートコーデベーシックトレンチコートはマニッシュにも着られるけれど、実はロングスカートと合わせれば、女性らしい着こなしへと変化させる実力が。高めの位置でウエストマークすることで自然と脚長効果も期待できそう。下から覗く揺れるプリーツの裾でエレガントな印象に。トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(グーセンス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M  デヴィッドソン) 靴¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ)▶やや長めの今どきベーシックトレンチにはロング丈のスカートが好相性■ベージュのトレンチコート×グレーニット&ピンクパンツコーデ青みがかったピンクのきれい色パンツは、この春真っ先に取り入れたいアイテムのひとつ。トレンチのベージュ、ニットのグレーと柔らかなベーシックカラーでなじませるのがアラフォー流の粋な着こなし。ノーカラータイプなので、トレンチの上からカーディガンを肩がけするスタイルもぐっと新鮮に、おしゃれに決まる!きれい色はボトムスで取り入れるのが初心者にはおすすめ。トレンチコート¥84,000・ニット¥23,000/ebure カーディガン¥52,000/ロンハーマン(ロンハーマン) パンツ¥56,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) バッグ¥136,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥27,000/フラッパーズ(スペルタ)▶ドキッとさせるゆるフェミニントレンチは着流して着るのが今どき■ベージュのトレンチコート×黒ニット&サーモンピンクパンツコーデ帰宅する頃には少し冷えてくる今の季節。脱ぎ着しやすくON、OFFどちらも使えるトレンチコートが大活躍。お地味な色味にならないように、彩度をおさえたカラーパンツと素材のまろやかさを合わせてみる。正統派トレンチのかっちり感と、首もとのスカーフやスクエアボストンなどエッジのきいた小物づかいが全体を引き締めてON仕様に。パンツ¥18,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) トレンチコート¥79,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) サングラス¥19,000/ロンハーマン スカーフ¥39,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー) バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)▶ハンサムトレンチコートにフェミニン色パンツ投入でスタイリッシュに■ベージュのトレンチコート×艶ブラウス&パンツコーデきれいめなブリティッシュテイストを意識して。秋らしいチェックパンツに艶ブラウスを投入すればマニッシュになりすぎず、大人の女らしさが香る着こなしに。 ブラウス¥35,000/クルーズ(ELIN) コート¥145,000/マディソンブルー パンツ¥53,000/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) ピアス¥10,000/エリオポール代官山(ドミニク ドゥネーヴ) メガネ¥31,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バッグ¥41,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(アンソロジーパリ) 靴¥68,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶男友達と野球観戦&ディナーへは秋らしいブリティッシュテイストで■ベージュのトレンチコート×ブルーシャツ&ネイビーパンツコーデさわやかなブルーシャツを、ワイドパンツとスカーフで品よく女性らしくを心がけて。ボトムにボリュームの出る着こなしも、縦長ラインを強調するロングカーディガンですらりと決まる。コート¥85,000/ボウルズ(ハイク) カーディガン¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シャツ¥20,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) パンツ¥23,000/アルアバイル スカーフ¥24,000/エストネーション(キンロック) バッグ¥28,000/ジュエルチェンジズ 新宿店(フリン) 靴下¥2,600/ドゥロワー 青山店(パンセレラ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶送別会ウィークがスタート!お座敷OKのゆるワイドパンツと靴下で■ベージュのトレンチコート×華やか柄スカートコーデジャカード織の柄スカートを主役にしたフェミニンなコーディネートを、ベージュトレンチのもつ「きちんと感」でより上品なムードに導いてみる。これにパンプスも美しいけれどスキがないので、ここはゆるっと感を加えてみること! ぺたんこの王道バレエシューズや丸いバニティバッグでちょっぴり可愛らしい抜け感も添えてみて。 トレンチコート¥105,000/ビューティフルピープル 青山店(ビューティフルピープル) ニット¥61,000/マディソンブルー スカート¥46,000/アマン(アンスクリア) バッグ¥21,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店(クリスチャン ヴィラ) 靴¥33,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶華やか柄スカートには春トレンチできちんと感&ぺたんこ靴で抜け感を■ベージュのトレンチコート×ピンクスカート&白スニーカーコーデ着る人を選ぶフューシャピンクは顔から離すとしっくりくると聞いたのでボトムスに採用。ベーシックなトレンチコートだからこそ、スエードのタイトスカートは、遊べるピンクにトライしてみて。 スカート¥49,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) トレンチコート¥73,000/ebure シャツ¥39,000/マディソンブルー メガネ¥37,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バングル¥8,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥67,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥25,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)▶軽やかに歩くだけでちら見えする大人ピンクでドキっと通勤コーデ■ベージュのトレンチコート×ボタニカル柄スカートコーデスカート以外はシンプルに!柄の存在感を引き立てて、40代にふさわしいノーブルな印象を。トレンチを合わせて華やかなスカートをコンサバになじませるのがアラフォー流の着こなし。スカート¥38,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) トレンチコート¥73,000・ニット¥26,000/ebure バッグ¥164,000/アパルトモン 東京店(マウロ ゴヴェルナ) 靴¥25,000/SHOP Marisol(ファビオ ルスコーニ)▶華やかなボタニカルプリントで私の中の女っぷりが一気に開花する!■ベージュのトレンチコート×白ニット&デニムパンツコーデシンプルベーシック好きは「トレンチとデニムに似合う」を基準に考えると靴&バッグ選びは簡単。シンプルベーシックなニット&デニムにトラッド小物を合わせて大人のカジュアルを楽しんで。 ライナーつきトレンチコート¥198,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥29,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) デニムパンツ¥11,000/アルアバイル(ドミンゴ) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ(16×14×8.5cm)¥42,000/ANAYI(メゾン・ボワネ) ローファー(3cm)¥55,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(チーニー)▶外ハネロブにするため美容院へ。ハンサムなトレンチコーデも女っぽく■ベージュのトレンチコート×ロングジレ&パンツコーデシャツ+パンツのきれいめコーデに重ねるだけで今っぽさときちんと感を両立するのはロングジレ!ロングジレ¥36,000/インターリブ(サクラ) コート¥85,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) シャツ¥15,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥38,000/オーラリー ストール¥52,000/エリオポール銀座(ジョシュア エリス) サングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥61,000/フラッパーズ(アロン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)▶納会でも動きやすく、きちんと見えるロングジレコーデで仕事納め!■ベージュのトレンチコート×ボウタイブラウス&プリーツスカートコーデフォーマルな場所に着ていくコートはダウンよりもかっちりしたトレンチをチョイス。ボウタイブラウスとプリーツスカートを同色ネイビーでつなげて、レディなワンピース風にアレンジしてみる。ブラウス¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) スカート¥20,000/アルアバイル コート¥215,000/マディソンブルー 靴¥39,000/デミルクス ビームス 新宿(ロランス) サングラス¥33,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バングル¥6,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥39,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(メゾン ボワネ) ▶会社帰りにバレエ鑑賞。ネイビーでつなげてレディライクな雰囲気に■ベージュのトレンチコート×花柄ワンピースコーデいつの時代も愛される「トレンチ+ワンピース」の王道コンビ。今季はこんなほんのりレトロなムードが気分。大人が花柄ワンピースを選ぶなら、黒ベースが上品でおすすめ。柄のサイズは大きすぎると派手に、細かすぎるとガーリーで甘くなるので、このくらいの"中花柄"がベスト。仕上げにスタッズつきのバッグでほんのり辛口要素を加えて。トレンチコート¥90,000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥54,000/サザビーリーグ(エキップモン) ピアス¥50,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥175,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)■ベージュのトレンチコート×ニット&スカートコーデインを白のワントーンに。ベージュとなじみ、適度に華やかさが生まれ、スタイルアップもかなう。簡単なのに、いいことずくめ!ワントーンにすることで上半身と下半身が分断されず、コートをはおった時すらりと縦長な印象に。トレンチコート¥69,000/ラヴァンチュール マルティニーク ニット¥17,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥38,000/CHERRY BROWN バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥52,000(ジョシュア エリス)・靴¥98,000(アレクサ ワグナー)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店■ベージュのトレンチコート×カットソー&パールネックレスコーデパールを足す場合は、女っぽいコーデではなく、あえてカジュアルなパンツ合わせに。上質感漂う大人のこなれコーデが完成。"品格"を感じさせるアイテム同士、パールとトレンチの相性は格別。ただしコンサバに合わせると場合によっては古く見えてしまうので、あえてカジュアルコーデに投入するのがおすすめ。トレンチコート¥99,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥36,000/マディソンブルー Tシャツ¥10,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) パンツ¥39,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥43,000/ウィム ガゼット青山店(アヴェニューセッサンタセッテ) ▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【後編】■ベージュのトレンチコート×ニット&チェック柄パンツコーデトレンチコートはチェックと合わせてブリティッシュに着る。トレンチコートとチェックパンツという一見メンズライクな組み合わせを、ヒールパンプスと上質なバニティ型バッグで女らしく仕上げて。トレンチコート¥43,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ニット¥26,000/アマン(アンスクリア) パンツ¥60,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ピアス¥156,000/ハム 神宮前アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥359,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) 靴¥76,000/カオス表参道(ニナ リッチ)■ベージュのトレンチコート×肩掛けカーディガンコーデトレンチのベージュと赤は好相性。女っぽいのに甘すぎず、着こなしがドラマティックな表情に。トレンチの凛としたムードを引き立てつつ、さりげなく女っぽさを演出してくれる赤。あえてストールできかせるのではなく、肩がけしたニットで無造作に投入し、こなれ感を出して。トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥19,000・カットソー¥10,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥9,200/ビームス ハウス 丸の内(べべ)■ベージュのトレンチコート×ボーダーカットソー&デニムパンツコーデ彼のものを借りたような大きめサイズをバサッと着るのも今年の気分。逆に華奢さと女らしさがきわだつ。タイトなカットソー&デニムで華奢なボディラインを引き立てて。色はモノトーンでシックに。トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) カットソー¥19,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥21,000/RHC ロンハーマン(RHC) 帽子¥7,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン デ リリー) ピアス¥296,000/ハム 神宮前アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥77,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【2】ワークな気分に「カーキのトレンチコート」コーデ定番のベージュ以外なら、ワークテイストなカーキトレンチを選んで。トラッド感が薄まり、ユニセックスなコーデも楽しめる。■カーキのトレンチコート×カーディガン&チノパンツコーデカーキトレンチを太パンツに合わせ颯爽と歩く。忙しい毎日を支えてくれるのはワークテイストのカーキトレンチ。コーヒーを片手に足早に歩く彼女が堂々として見えるのは、きっと忙しくても"好きなもの"を大切にしているから。くしゃっとまくりやすい袖も、長めの丈も、しっかり防寒できる素材感も。吟味して選んだとっておきの一枚とともに、日々を駆け抜けて。トレンチコート¥59,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) カーディガン¥57,000/マディソンブルー チノパンツ¥28,000/オーラリー メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥60,000/ミキモト(ミキモト) バングル¥38,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥102,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)▶このトレンチコートを選ぶのはどんな女性?5人の女性像×トレンチコートの選びと着こなし■カーキのトレンチコート×ボーダーカットソー&パンツコーデキチンと見えする黒のセンタープレスパンツを合わせて。いつものトラッドなコーディネートも、カーキトレンチをはおるだけでぐっと今どき感が増してくる。トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥29,000/マディソンブルー パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) パンプス¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▶仕事帰りのフラワーレッスンへはシンプルな大人ボーダーコーデで■カーキのトレンチコート×ワンピース&バレエ靴コーデテラコッタ色のワンピースは、スタンドカラーやギャザー使いなどクラシカルなディテールが満載。会食に行くなら同じようなテイストのコートを合わせるけれど、お仕事には、あえてテイストの異なるカジュアルなトレンチコートと合わせてみて。自然と抜け感が生まれてこなれたMIXスタイルに。仕上げにマットなゴールドのバレエシューズ、ワンハンドルのバッグなど小物使いで上品にまとめて。 トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥33,000/ショールーム セッション(ポティオール) バレエ靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) イヤリング¥17,000/essence of ANAYI(ラダ)▶テラコッタ色クラシカルワンピースをカジュアルダウンして今どき感を■カーキのトレンチコート×ニット&デニムパンツコーデニット&デニムパンツの王道休日コーデ。そこに女性らしさをどう効かせるのかがアラフォー女子の腕の見せどころ!例えば色みの雰囲気がワイルドな印象のカーキトレンチコートの襟や、パンプスのポインテッドトゥのシャープさを加えるだけで、洗練された印象に変わるはず。そして、やや光沢のあるナイロン素材がリッチな香りを漂わせてくれる。 トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥23,000/FUN Inc.(フォンデル) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) バッグ¥42,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) パンプス¥54,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶カーキトレンチは元気よく襟をたててデニムパンツをきれいに仕上げて■カーキのトレンチコート×ブラウス&パンツコーデ例えばこんなダークトーンのカーキ。ベージュに比べてトラッド感が薄まり、ぐっとシックで〝かっこいい”印象に。シンプルなパンツスタイルにガウン感覚でさらりとまとうだけで絵になる。トレンチコート¥69,000/カオス表参道(カオス) ブラウス¥15,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ピアス¥66,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥160,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【後編】【3】上品さを味方に「ネイビーのトレンチコート」コーデコーデを品よくまとめたいなら、ネイビートレンチコートの出番。正統派な中にも遊び心のあるコーディネートを心がけて。■ネイビーのトレンチコート×黒ニット&タイトスカートコーデトレンチコートのボタンをとめずに中のコーデをチラ見せするとさりげなくスタイルアップ効果が。センターが開くことでⅠラインが強調されつつ、膨張しないダークカラーでまとめれば、いつもよりほっそりと見えるはず。洋服が落ち着いている分、小物は明るめを選んでバランスをとってみて。 タートルニット¥25,000/スローン スカート¥21,000・コート¥¥63,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) バッグ¥31,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・ドヌーヴ・パリ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶トレンチコートの下は黒タートルニット&タイトスカートですっきりと■ネイビーのトレンチコート×黒ニット&グリーンパンツコーデニット×パンツといった定番コーデにトレンチコートを羽織って。全体をダークトーンでまとめていても、ディープグリーンを差し込めば、お地味にならずに着こなせる。 パンツ¥20,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ブレスレット¥29,000(ラバー)/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 トレンチコート¥76,000/エリオポール代官山(エリオポール) タートルニット¥26,000/レリタージュ  マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ストール¥52,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジョシュア エリス) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶倦怠感がある日は落ち着きのある定番コーデでにんにく注射を注入■ネイビーのトレンチコート×イエローのワンピースコーデイエローのワンピースを日常に落とし込むネイビートレンチの上品さを味方に。華やかなカラーを身にまとっても、どこか品のよさを感じさせる。そんな女性のクローゼットには、ネイビーのトレンチコートがあるはず。ほんのりツヤ感のあるコットンナイロン素材や、手もとをきゅっと絞れる袖デザインなど"正統"なだけじゃない遊び心も。トレンチコート¥93,000/ebure ワンピース¥28,000/デミルクス ビームス 新宿(ア ピューピル) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) バレエ靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) ピアス¥17,500/ドレステリア 銀座店(ルー ベル)▶このトレンチコートを選ぶのはどんな女性?5人の女性像×トレンチコートの選びと着こなし いかがでしたか?40代の鉄板アウター「トレンチコート」のコーディネートを参考に、新鮮で女らしい着こなしを楽しもう。
  • 好感度かつ使い回せる「ネイビーの軽やかワンピース」。これさえあればどんなシーンも好印象にキマる! ネイビーの軽やかワンピースを着回し!デザインは端正ながら、薄手で軽やかさがあり、デイリーからオケージョンまで幅広く使える。¥29,000/インターリブ(サクラ) day01昔から定期的な情報交換をしているかたとのディナーはレディな着こなしで 銀座の歴史あるレストランでのディナーには、昔からお世話になっている目上のかたも来られるから、ネイビーのワンピースとヒール靴で、品よく端正に。会社を出る時、ミニチェーンバッグとこっくりカラーのリップにチェンジして、レストランのムードに合わせて。ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) 靴\74,000/ジミー チュウ イヤリング¥17,000/essence of ANAYI (ラダ) バッグ¥120,000/カオス表参道(ザンケッティ) リング¥210,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)day02足さばきのよいワンピースで関西へ日帰り出張 合同企業説明会のため、大阪出張へ。当日の運営は前乗りしている部下にまかせ、自分は運営会社のかたがたへの挨拶や、エージェントとの会食がメインのため、品よく見えつつ、長時間座っても楽でいられるワンピーススタイルで。スカーフと靴で赤みを足して、オールネイビーコーデが地味になりすぎないよう、華やかさを調整して。トレンチコート¥90,000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) スカーフ¥16,000/スローン バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)day03旬のレイヤードスタイルで学生時代からの女友達とビストロごはんへ おしゃれ好きな女友達と会う日は、トレンド感がありつつ、肩の力が抜けた着こなしがぴったり。リラックスワンピースにデニムパンツを重ねて、足もとはシャイニーなぺたんこバレエシューズを。フォルムとビビッドカラーに遊び心の宿ったバッグを、アクセントに。ワイン片手に、話はいつまでもつきない! ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) パンツ¥19,800/ショールーム セッション(サージ) バッグ¥42,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット)  【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里
  • 今年はベージュ小物が豊富! レースやシェル素材の小物なら、より女らしく仕上がる。クラシカルなレース×シャープなラインストーン。繊細なだけでない、エッジのきいたパンプス。 パンプス(H9㎝)¥133,000/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ハート型が可愛い、シェルとパールを組み合わせた大人スイートなプチピアス。 ピアス¥23,000/TOMORROWLAND(リジーフォーチュネート) ミルキーなピンクベージュのバッグもダーク色のコバが引き締めてモダンな雰囲気に。 バッグ(H14.5×W25×D12㎝)¥40,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/石毛のりえ 【Marisol4月号2019年掲載】
  • 首筋がきれいに見えるボートネックでさりげなく写真映えを狙って明日は部内の送別会。といっても、私ではなくご主人の転勤とともに隣の島を去る後輩女子のための会。私はというと結局上司に説得されて、特に転職先があるわけでもなく絶対やめなければならない理由も見当たらず、とりあえず退職話はふりだしに。もやもやしていた気持ちは、このトップスのようにまっさらにしてとりあえず気持ちを切り替えて。首がきれいに見えるボートネックと、ほどよくフィットする五分袖で、ひそかに写真映えを期待してみる。カットソー¥11,000(エムセブンデイズ)・スカート¥20,000(ヌキテパ)・ラタン2wayショルダーバッグ【Kiwi shoulder】¥16,000(フリーストア)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
  • この春のバッグは例年に比べ、主張のあるデザインが多くバリエも豊富!コーデの主役になるお気に入りを見つけて■GREENアースカラーがトレンドのこの春。ベージュやブラウンといった旬色になじみつつ、上品なアクセントにもなるグリーンへの注目が急上昇。(右)しっかりとしたレザーにノット(結び目)デザインが個性的な巾着型。こっくりした濃いめのトーンで合わせやすい。バッグ(18×16×10)¥32,000/コード(ヴァジック) (中)大人の遊び心を感じさせる上質なレザーのバスケット。若草のようなさわやかな色が素敵。バッグ(16×17×17)¥94,000/スタニングルアー 青山店(WAI WAI) (左)スエードならではの柔らかな質感で女っぽく持てるカーキグリーン。たっぷりあしらわれたフリンジも華やか。バッグ(18×25× 7 )¥96,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)■YELLOW春らしい明るさがありつつ甘さ控えめなイエローは、アラフォーも取り入れやすいおすすめのトレンドカラー。(右)さし色をきかせるのが苦手な人も、こんな小ぶりサイズならトライしやすいはず。まだ寒い時期のコートスタイルもこれひとつで一気に春らしく。バッグ(14×15×10)¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) (左)かっちりとした上品な形で、ポケットも充実。お仕事コーデに華やかさを添えたい時にもおすすめ。ショルダーストラップつき。バッグ(16×21×11)¥128,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ)■BLUE海や空を思わせるきれいなブルーも今季は豊作。清潔感をアップさせ、着こなしを軽やかにする効果も。(右)ミニチュア感のあるサイズが可愛いトート。ほんのり甘さのあるパステルカラーをきかせて。ショルダーストラップつき。バッグ(16×28×11)¥128,000/フォクシー 銀座本店(フォクシー) (中)羊革を使用したふかふかの手ざわりが気持ちいいキルティングバッグ。素材が上質なので、鮮やかなカラーでも大人っぽく。ショルダーストラップつき。バッグ(19×29×15)¥128,000/アマン(ザネラート) (左)今季も変わらず人気のバケツ型バッグは、色で遊んで新鮮味を。パープルがかった色みが上品。バッグ(18.5×17×17)¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO)※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol3月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/室井由美子 モデル/SHIHO 取材・文/東原妙子
  • 今から秋までずっと使える、大人が選ぶべきはこのカラーこの時期買い物がやめられません(涙)。いい感じに「~日まで10%オフ」「2枚で~%オフ」的な企画もたくさんあるんですよね。 先日、よくわたしがウロウロしている新宿ルミネで満足に買い物をし、「もう帰ろ~~♪」と思って通り過ぎた「IENA(イエナ)」にて、ハッと目を引かれるもを発見。1日歩いて体力気力ともにもう見る元気はなかったのですが、それでも吸い寄せられるように店内へ。 それがこのイエローのアンサンブルニット!マリソル4月号(P58・59)を見て「いいな~イエロー♡」と頭の中にインプットされていた今年らしいカラーです。 イエナのアンサンブルはグリーンに続き2セットめ。今回は、とにかくこのきれいなイエローに惹かれました。 上質なイタリア糸を使用したアンサンブルは毎年の人気商品で、わりとすぐ売り切れてしまいます。「次はもうないかも」。やっぱり本日最後の買い物に追加しました。 以前購入したものより半袖ニットの袖がゆったりと5分丈の長めになっているので更に着やすい!わたしの腕では肘上5cmほどの所まできてくれるので、露出も控えめで夏でも安心。これってけっこう大事ですよね。20代のキャピキャピしていた頃は、イエローをがっつり映えさせるホワイトのピタピタパンツやタイトスカートに合わせ、髪をグルングルン巻いて飛ぶように出かけていました。 でも今は違う。合わせ方も随分変わるもんだな~~と時の流れをしみじみと実感。「茶系」がしっくりする日が来るなんて!このイエローは不思議で、合わせるものによって色味が変化するのです。例えばホワイトに組み合わせると「レモンイエロー」のようなクリアな爽やかさ、ブラウン系だと「マスタードイエロー」のような落ち着いた雰囲気に。 なので、うまく着回せばこの春夏から初秋にかけて半年くらいは着られるであろう、意外に長く使える色なのでした。アンサンブルは「着回し」の代表選手のようなもの。セットはもちろんカーディガンと半袖ニットの単品使いで色のアクセントにもなり、バリエーションは無限です。【Day1】ベージュ系でまとめたパンツコーデ↑イエローの大人らしい着こなしにおすすめのブラウンやベージュ系。ここでパンツをホワイトにするとコントラストが強すぎてイエローが際立ってしまうのでベージュで馴染ませました。 パンツの素材は春夏らしいGUのリネン。それだけでは全体の色がボヤけがちなため、濃いブラウンの小物を。ハットは手作り感のある「ミュールバウアー」、サンダルはペタンコの「ネブロー二」が抜け感をプラスしてくれます。【Day2】カーディガンをTシャツに合わせた爽やかなデニムコーデ↑ホワイトを合わせると爽やかな明るいレモンイエローに。白はボトムスより、インするTシャツや小物など小さい場所に入れるとイエローの強調も控えめ。デニムはリーバイスの濃いインディゴブルーが「ネイビー」の役割になりカジュアルでも上品に。バッグは「VASIC」のホワイトでTシャツの白に合わせ、「バルダン」のストラップサンダルで女っぽさを上げました。【Day3】プリーツスカートに合わたフェミニンコーデ↑イエローはネイビーとの相性も抜群。ツヤのある光沢プリーツは、ニットの良質な生地感と色を更にきれいに引き立ててくれます。小物のバッグとシューズはスカートの光沢に合わせたゴールドやシルバーのメタリックで。【Day4】半袖ニットをジャケットにインしたお仕事コーデ ↑半袖ニットを相性の良いグレーに合わせれば、明るいイエローも程よいアクセントになってベーシックな通勤服に春らしさをプラス。半袖丈が長めなので、脱いでもカジュアル感は控えめです。ジャケットとパンツはユニクロで合わせても7,000円以下。なので小物は少し良いもので! 【Day5】濃いブラウンのマキシスカートに合わせたマスタードコーデ↑濃いめのブラウンと合わせるとマスタードのような落ち着いた雰囲気になり大人におススメの合わせ方。薄めよりダークブラウンのような濃い色のほうがメリハリが出しやすいです。アメリカンホリックのマキシスカートは、涼しくてシワにならない今年もヘビロテの2年め。サンダルも同じチョコブラウンです。 着てみるとこんな感じに↓今は落ち着いた色合わせをするようになったイエロー。あの頃のキャピキャピ感はないけれど、これはこれで悪くはないです。 50、60代になった頃は、何を組み合わせて着てるのだろう。その時もこうやっておしゃれしていればいいけれど!▶IENA(イエナ)「filartex アンサンブル」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.7★ 「100円ショップの行楽グッズ」 いよいよお花見シーズン到来!桜もいいけど、楽しみはやはりお食事♪大人の行楽を盛り上げるクールなデザインが、今年も100円ショップでたくさん見つかります。 先日「Seria(セリア)」に行ったら「お花見コーナー」が特設されていて、こんなにシックな大人デザインがありました。黒白のモノトーン! ストライプに水玉がおしゃれすぎます。ドリンクカップは蓋つきなので、不安定な飲み物が倒れても安心。ちょっとしたパーティーの雰囲気で盛り上がりそうです★「お花見なんだから、わたしはもうちょっと明るいほうがいいな」という方にはコチラ↓ ジャジャン!フルーツデザインです♡一瞬で食事が華やかになる4種類のフルーツの色彩は、どれもリアルなかわいさ。お皿は2枚ずつで計8枚、カップは3個ずつ入って計12個で108円(泣)! 配る時に「どれがいい?」と聞かれたら、「なんでもいいよ」と言いながら心の中では「スイカ来いっ!」と念じてそうなわたし(笑)スイカがやたらとカワイイし☆子連れのママ会でも盛り上がりそうですが、「あれがいい、これがいい」で取り合いになりそうですね!「日本に住んでいてよかったな」と思うこの美しい一瞬のひととき。みんなでワイワイもいいけれど、一人で見るのもけっこう好きなわたしです。思いきり楽しみましょう! 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連キーワード

RECOMMEND