引継ぎ用の資料をまとめる日はリラックス感のあるシャツワンピースで【2019/3/15コーデ】

Marisol ONLINE
デスクワークで忙しい日も、旬のブラウンと柔らかなリネン素材なら上品なリラックス感が醸し出される。すとんと落ちる細身シルエットのロング丈ワンピースは、自然と着やせがかなう一枚。足もとはデスクの下でこっそりと脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプのスニーカーにしてカジュアルに。
ワンピース¥22,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥29,000/FUN Inc(. フォンデル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥54,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴( 3 月中旬展開予定)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
関連記事
  • 梅雨が空けて蒸し暑い季節がやってきましたね! 夏の日の通勤は、ノースリーブが定番ですがオフィスでは肌寒いこともしばしば。そんな時活躍するのがカーディガン。「ノースリーブ×カーディガン」は夏の通勤コーデの王道と言っても過言ではありません。 BAILA8月号でも特集が組まれている「ノースリーブ×カーディガン」ですが、組み合わせる色みによっていつものコーディネートや印象がぐっと変化するのだとか。 そこで、今回はBAILA8月号を参考に「ノースリーブ×カーディガン」の色の組み合わせをアップデート。 白×ライトグレーの組み合わせで作る、アイシーなコーディネートについてご紹介します。 トップス|ZARA(ザラ) カーディガン|GU(ジーユー) スカート|nano universe(ナノユニバース) サンダル|SESTO(セスト) BAILA8月号で紹介されていた「なじませトーン」を参考に、白のノースリーブとグレーのカーディガンを組み合わせました。 全く同じ色を重ねるのではなくトーンが近い2色を馴染ませるいつもと違った新鮮な印象に。また、白とグレーの配色は涼しげなイメージはもちろん、どこか優しげに見せてくれるのでお気に入りの組み合わせです。 nano・universe(ナノ・ユニバース)の鮮やかなグリーンのペンシルスカートとも相性抜群。 また、グレーのカーディガンはGU(ジーユー)のもの。プチプラなのに、UVカットとウォッシャブルという機能性アイテムなんです。生地もとっても柔らかくて肌触りが良いところも嬉しいポイント。歩くたびにしなやかになびいてどこか優雅な印象を演出してくれます。 \着用イメージの動画もぜひご覧ください/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 カーディガンは顔映りの美しさを決める重要なアイテム。 今年の夏の通勤は、ノースリーブ×カーディガンの色みをアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:水ぎわ プールや海などの水ぎわスタイルはイタく見せないさじかげんが重要。☆美女組No.158 Tamamiさん「ハワイ旅行に向けて買ったバースデーバッシュのワンピ。鮮やかなブルーも海外なら気負いなく着られます」「長袖で露出具合が大人にちょうどいいボーダーの水着はLavish Gateのネット通販で」☆美女組No.112 junjunさん「大磯など海に行く時はドゥロワーのショートパンツに。大人でも挑戦しやすい膝丈がちょうどいい。ビーサンはTKEES」  ☆美女組No.146 rinさん「J.CREWの水着は腰まわりにシャーリングがあり、おなかが目立ちにくいのがお気に入り。ハワイで買ったダイヤモンドヘッド・ビーチハウスの透け感シャツをさらりとはおって」  ☆美女組No.69 かんちゃんさん「水ぎわではH&Mのシンプルな黒のカットソーワンピに小物で味つけをプラス。ハットはエクアアンディーノ、クラッチバッグはトフ&ロードストーン」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • シンプルなコーディネートのおしゃれを広げてくれる黒小物。素材や形いろいろ、バッグをご紹介。【1】 ヘレンカミンスキーのかごバッグオールブラックで大人っぽいかごバッグ。シックなので都会でもバカンス先でも重宝する。バッグ(縦24×横39×マチ15㎝)¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)【2】エルベシャプリエのマルシェバッグ手入れがしやすく、使いやすいビーチ&マルシェバッグはたたんでスーツケースに入れられるので旅先でも活躍しそう。内側の小粋なブルーも素敵。バッグ(縦27×横47×マチ13.5㎝)¥10,900/エルベシャプリエ代官山(エルベシャプリエ)【3】J&M デヴィッドソンのバッグPVCが涼しげで夏にぴったりの巾着バッグ。レザー×PVCがコンテンポラリーなアクセントに。バッグ(縦25×横20×マチ20㎝)¥105,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)   【4】オープン エディションズのバッグスーパーのレジ袋のようなデザインのバッグ。モノトーンにTHANK YOUのロゴが遊び心たっぷり。バッグ(縦56×横41㎝)¥6,000/エスケーパーズ(オープン エディションズ)撮影/金谷章平 スタイリスト/松村純子  取材/RINA ・原文/陶山真知子 【Marisol8月号 2019年掲載】
  • ハッピーオーラ満載な存在感のあるピンクスカートはシックなブラウンで大人っぽく誰からも愛される褒められ率の高いピンクのスカート。自分の顔からなるべく離してボトムスに取り入れると案外着やすいもの。そして、合わせるベースカラーをブラウンTシャツにするだけで、ぐっとトレンド感も出て、カジュアルよりなので意外とうまく着こなせる。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥49,000( 9 月上旬店頭展開)/ブルーバード ブルバード バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) スカーフ¥30,000/スローン イヤリング¥14,500/アビステ ネックレス¥72,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ピンクコーデの関連記事もチェック
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day22は、キャッチーなトレンド感をまとえる、鮮やかなフューシャピンクのワンピース。気のおけない女友だちとのおしゃべりも、コクーンシルエット&長めの袖なら体型についてつっこまれる心配もなし!day 22学生時代からの仲よしグループで久々の女子会気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • きちんと感のあるシャツワンピをこの夏はどう着こなす? 着方次第で、色々な表情に変えられるのもシャツワンピの楽しいところ。今回は「閉じる」「羽織る」「重ねる」の3パターンのアレンジ方法をご紹介します。 1.閉じて着る 胸元はのぞかせてウエストはしぼる。きちんと感のある一着こそ女っぽく ボタンの留め方を変えるとカシュクール風の合わせが楽しめるデザイン。一枚でシンプルに着こなす日は付属のベルトでメリハリを出しつつ、胸元のボタンを外して抜け感を。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥56000・リング(太)¥26000・(細)¥19000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥145000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥16500/ジネス ペリエ千葉店(シトラス) 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) 2.パンツと重ねる なじみ色のパンツとシックな黒小物がカジュアルなレイヤードを大人仕様に 品のよさを優先するならワンピースと同系色のパンツを選ぶのがコツ。ふんわりやわらかなベージュだから、引き締め力の高い黒をちりばめて、シャープなムードをプラス。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥23000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥4000・バングル¥6000/ラグナムーン ルミネ新宿 ベルト¥6000/ハリウッドランチマーケット(サンフランシスコ) バッグ¥29000/サード マガジン(インディゴアフリカ) 靴¥27000/メゾン スペシャル(ファビオ ルスコーニ) 3.ガウン風に羽織る Iラインスカートにさらりと合わせてほっそりスマートなシルエットを強調 バンドカラーのシャツワンピースは前をあけてももたつかず、顔まわりがすっきり見えるのが魅力。スカートの縦長シルエットと相まって、羽織るだけでスレンダーな着こなしが手に入る。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) スカート¥16800/メゾン スペシャル ネックレス¥52000/エストネーション(トフム) バッグ¥138000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子
関連キーワード

RECOMMEND