古い人に見えない!スカーフの最旬の巻き方をスタイリスト福田亜矢子さんがレクチャー

Marisol ONLINE
スカーフ×シャツ×パンツコーデを着たモデルの竹内友梨さん

1/5

スカーフ×カットソーコーデを着たモデルの竹内友梨さん

2/5

スカーフ×トレンチコート×デニムコーデを着たモデルの竹内友梨さん

3/5

スカーフ×ジャケットコーデを着たモデルの竹内友梨さん

4/5

スカーフを使ったヘアアレンジをしたモデルの竹内友梨さん

5/5

Method1


スカーフはねじって無造作に小さく巻く



Ayako's Comment


「かつては巻き方本が出版されるほど、スカーフを主役にした華やかな巻き方が主流でしたが、今はとにかく"シンプルにさりげなく、目立たせない"ことが大事。スカーフはあえてきっちり折らず、適当にねじりながら巻くことで、力が抜けて見えます」(福田さん)



スカーフとシャツの色を合わせると、スカーフが全体に溶け込みしっくりなじむ。巻く時は首にぴったりさせず、少しすき間があるくらいルーズに巻いて。シャツは襟を抜いて肌が見えるくらいがちょうどいい。スカーフ(89×89㎝)¥7,800/アダム エ ロペ シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥59,000/アマン(アンスクリア) ブレスレット¥600,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥62,000/ガリャルダガランテ 表参道店(メゾン ボワネ) 靴¥80,000/ジミー チュウ


Method2


スカーフとトップスの色をなじませて使ってみる



Ayako's Comment


「一見無地にも見える色数が少ないスカーフは、カウボーイ巻きのように広い面積で使っても目立ちすぎません。トップスの色と同系色を選べば、さらになじませやすくデイリーに活躍。洗いをかけたシルク素材はエレガントすぎないところもおすすめ」(福田さん)



スカーフとカットソーをブラウン系で統一。バンダナ柄のスカーフは、一見カジュアルながらシルク素材だから、ふんわりとした風合いが肌に気持ちよく、大人なムードも演出してくれる。スカーフ(71.5×71.5㎝)¥13,000/ガリャルダガランテ 表参道店(オズマ) カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥22,000/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)


Method3


大人の上質ベーシックにスカーフで華やぎを



Ayako's Comment


「顔から遠いのでどんな色柄でも楽しめるバッグのハンドル巻きは、さらりと巻くだけでコーディネートが洗練された印象に。トレンチやデニムなどベーシックなアイテムや、マニッシュな着こなしに取り入れるとコンサバにならずちょうどいいバランス」(福田さん)



王道柄こそバッグで楽しむ。スカーフ(89×90㎝)¥13,000/バーニーズ ニューヨーク トレンチコート¥18,500・デニムパンツ¥16,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 5 連リング¥46,000・バングル(細)¥30,000・(太)¥22,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥69,000/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)


Method4


赤いバンダナ柄スカーフで大人の遊び心を満喫



Ayako's Comment


「目立たせすぎないスカーフ使いが私の定番ですが、色をさしたい時は赤が便利。なかでもバンダナ柄はカジュアル色が強いので派手な印象にならず、バブル感を出さずに使いこなせます(笑)。ジャケットやボーダーなど定番服と合わせると失敗しません」(福田さん)



ジャケットとパンツのセットアップに、赤いバンダナ柄のスカーフを小さく効かせて。スニーカーとのボーイズライクな着こなしだからこそ、赤の可愛らしさが引き立つ。スカーフ(53×53㎝)¥7,800/フラッパーズ(マニプリ) ジャケット¥62,000・パンツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥11,000/エイトン青山(エイトン) ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥120,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)


Method5


頭に巻くとスカーフはもっと楽しくなります



Ayako's Comment


「最近撮影でヘアメイクさんによくお願いするスカーフを使ったヘアアレンジ。ちょっともの足りないかなくらいのコーディネートの時に加えると着こなしがおしゃれにまとまります。髪の色に近い色柄から始めて、徐々に華やかなものに挑戦してみては」(福田さん)



大判スカーフを対角線上に折って三角形にしたものを使用。頭の後ろから前に持ってきて交差させ、襟足に戻して結ぶターバン巻きに。折り方によって現れる色柄は違うので、着こなしに合わせて研究したい。スカーフ(88×88㎝)¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) ブラウス¥33,000/クルーズ(ELIN) パンツ¥44,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ピアス¥66,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)


【Marisol3月号2019年掲載】撮影/来家祐介(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • 夏の鉄板アイテム「白Tシャツ」。編集部おすすめの白Tシャツのなかから、コンパクトサイズとゆるめシルエット2種類の白Tシャツを使った9コーデをご紹介します。 <目次> 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 【着回したのはこれ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【着回し1】こなれ感抜群のオールホワイトコーデ Tシャツとスカート、同じ白でも素材を変えてメリハリを出すことで新鮮に。ピアスやスカーフ、パンプスなど印象に残るきれい色小物をトッピングして夏らしく。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥6800/ルーニィ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 【着回し2】さわやかなツートーンカラーコーデ 白とネイビーでいさぎよくシンプルに。Tシャツがしっかりした生地だから、だらしない感じにならず織り地のスカートともなじんでくれる。小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまる。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック) 【着回し3】×ワイドチノのらくチンコーデ コンパクトTをワイドチノにインすれば、今期らしいバランスが簡単に。オフィス映えする小物を“盛る”ことでコーデを引き立たせるのも、ベーシックな白Tだからできること。 Tシャツ¥9000/セオリー パンツ¥28000/ebure メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥23000/アンタイトル(アーロン) 【着回し4】スーパーベーシックな白T&デニムコーデ アクティブに動きたい日は、自分らしさが出せるスーパーベーシックな白T&デニム。カジュアルすぎないよう、黒ジャケットをプラスすれば、Tシャツの質感もあいまってきれいめコーデにシフト。 Tシャツ¥9000/セオリー ジャケット¥62000/ebure パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) チョーカー¥10000/シティショップ(マライカライス) 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 【着回したのはこれ】白バックロゴTシャツ  ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ 【着回し1】×ストライプパンツで抜け感ワントーン 白のワントーンとストライプで縦長にまとめ、スタイルアップ。今期らしいスリットの入ったロングカーデでこなれ感をあげて、さし色に鮮やかブルーのサンダルで気分もアップ♪  Tシャツ¥8400/ティッカ ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥28000/エストネーション ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) ピアス¥22000/アガット バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ 【着回し2】Tシャツの素材感で涼し気に コットンTシャツにリネン素材のスカートを合わせて暑い日も快適に。旬のアースカラーに白Tがさわやかなイメージを運んでくれる。足もとに寒色の差し色サンダルを足して、華やかさ&女っぽさも後押し! Tシャツ¥8400/ティッカ スカート¥18000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) チョーカー・バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥21000/アナイ 【着回し3】ホワイトコーデを小物で大人っぽく 白Tシャツに白タイトスカートを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、ほんのりスパイシーなアクセントに。 【着回し4】白×オレンジの強コントラストコーデ ミニマルなオールホワイトのインに、今っぽいオレンジのシャツワンピを羽織って。ワンピはさりげなくストライプが入っていて爽やか見え。少ない色数でコントラストを強く着こなせば、印象美人に。 Tシャツ¥8400/ティッカ 白デニム¥26000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) リング¥8000/アガット 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)  パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)  時計¥22000/松竹梅(ロバー)
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:水ぎわ プールや海などの水ぎわスタイルはイタく見せないさじかげんが重要。☆美女組No.158 Tamamiさん「ハワイ旅行に向けて買ったバースデーバッシュのワンピ。鮮やかなブルーも海外なら気負いなく着られます」「長袖で露出具合が大人にちょうどいいボーダーの水着はLavish Gateのネット通販で」☆美女組No.112 junjunさん「大磯など海に行く時はドゥロワーのショートパンツに。大人でも挑戦しやすい膝丈がちょうどいい。ビーサンはTKEES」  ☆美女組No.146 rinさん「J.CREWの水着は腰まわりにシャーリングがあり、おなかが目立ちにくいのがお気に入り。ハワイで買ったダイヤモンドヘッド・ビーチハウスの透け感シャツをさらりとはおって」  ☆美女組No.69 かんちゃんさん「水ぎわではH&Mのシンプルな黒のカットソーワンピに小物で味つけをプラス。ハットはエクアアンディーノ、クラッチバッグはトフ&ロードストーン」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • シンプルなコーディネートのおしゃれを広げてくれる黒小物。素材や形いろいろ、バッグをご紹介。【1】 ヘレンカミンスキーのかごバッグオールブラックで大人っぽいかごバッグ。シックなので都会でもバカンス先でも重宝する。バッグ(縦24×横39×マチ15㎝)¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)【2】エルベシャプリエのマルシェバッグ手入れがしやすく、使いやすいビーチ&マルシェバッグはたたんでスーツケースに入れられるので旅先でも活躍しそう。内側の小粋なブルーも素敵。バッグ(縦27×横47×マチ13.5㎝)¥10,900/エルベシャプリエ代官山(エルベシャプリエ)【3】J&M デヴィッドソンのバッグPVCが涼しげで夏にぴったりの巾着バッグ。レザー×PVCがコンテンポラリーなアクセントに。バッグ(縦25×横20×マチ20㎝)¥105,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)   【4】オープン エディションズのバッグスーパーのレジ袋のようなデザインのバッグ。モノトーンにTHANK YOUのロゴが遊び心たっぷり。バッグ(縦56×横41㎝)¥6,000/エスケーパーズ(オープン エディションズ)撮影/金谷章平 スタイリスト/松村純子  取材/RINA ・原文/陶山真知子 【Marisol8月号 2019年掲載】
  • ハッピーオーラ満載な存在感のあるピンクスカートはシックなブラウンで大人っぽく誰からも愛される褒められ率の高いピンクのスカート。自分の顔からなるべく離してボトムスに取り入れると案外着やすいもの。そして、合わせるベースカラーをブラウンTシャツにするだけで、ぐっとトレンド感も出て、カジュアルよりなので意外とうまく着こなせる。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥49,000( 9 月上旬店頭展開)/ブルーバード ブルバード バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) スカーフ¥30,000/スローン イヤリング¥14,500/アビステ ネックレス¥72,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ピンクコーデの関連記事もチェック
  • こんにちは! いつもblogを読んで頂きありがとうございます❤︎ バイラーズの下里朋美です☺︎ 今までの記事はこちら❤︎ 今日は今月の付録でもあるRepetto! そんなRepettoのバレエシューズを使ったコーディネートをご紹介します♪ Repetto Repettoとは1947年に設立されたフランスのパリのシューズを中心としたファッションブランドです。 特に人気なのがバレエシューズ❤︎ 先が丸いバレエシューズ サンドリオン 先が尖っているバレエシューズ ブリジット 私のバレエシューズはブリジットエナメルです❤︎ 丸いのも可愛くて悩みましたが、キレイめなコーデが多いのでこちらのタイプにしました❤︎ ちょこんとついたリボンが可愛い❤︎ 箱から可愛かったので動画でご紹介♪ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 箱から高級感がありとても可愛い こちらはシューズを入れる巾着とシューズクリーム❤︎ お手入れもこまめに大事に長く愛用出来るように! こちらの巾着もとても可愛かったので、こちらに長財布を入れて一緒に今月の付録であるpvcトートに入れて使いました♪ レオパードポーチには三つ折り財布が入りますが長財布の方はこちらの様な巾着に入れるのがおススメです♪ では早速こちらのバレエシューズを使ってコーディネートしたのでご紹介します❤︎ オールホワイトでバレリーナ風コーデ❤︎ フレアのロングスカートに今月の付録のpvcトート、お団子ヘアでバレリーナ風を意識してみました♪ オールホワイトは夏にぴったりのコーデです♪ レトロ風コーデ❤︎ 続いてデニムにドットスカーフでレトロ風を意識したコーデ❤︎ 少しロールアップしてシューズを見せるのがポイントです! 1日中履いていましたが本当に履きやすくて楽です❤︎ 冬は靴下を合わせて履くのが楽しみ❤︎ 可愛いRepettoのバレエシューズ&今月号のBAILA8月号チェックしください❤︎ それではまた更新します! instagramはこちら❤︎
  • ワンツーコーデで、一枚で、簡単に。手抜きに見せないアラフォーの「デイリーな黒」ならこれ■BLACK DRESS  STYLE 1大人の可愛らしさも色っぽさも。心地よく、表情豊かな黒上質な生地をふんだんに使ったマリハのコットンドレス。胸もとはすっきりとしたVあきでギャザーをたっぷり寄せたシルエットはどこから見ても文句なしに華やか。ワンピース¥43,000/マリハ(マリハ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥76,000・リング(太)¥210,000・(細)¥110,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ)STYLE 2気分に合わせ、小物使いをあれこれ試したくなる一枚話題のウェブ限定ブランド、ノークの人気型。すそにかけて広がるボリュームのあるシルエットで、ドレープ感がきれい。かごやベアなトングサンダル合わせでも街で浮かず、着やすいと評判。素材や色で季節感を取り入れた小物選びしだいで、いろんな表情を楽しめる。ワンピース¥8,900/ノーク(ノーク) バッグ¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ  パリ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) ネックレス¥38,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ)STYLE 3一枚でどこにでも。きれい見えシャツドレスに委ねて夏の特別なお出かけにも通勤にも。エキップモンのリネンシャツは長めの丈をウエストマークするデザイン。きちんと着てもコンサバすぎず、大人のセンスをアピールできる。袖口のさりげないリボンがチャームポイント。ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(エキップモン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
関連キーワード

RECOMMEND