理想の旬デニムをUNIQLOで。

Marisol ONLINE
皆さまこんにちは。

この春、わたしはデニムを更新したくて、デニム探しをしています^ ^


デニムは大好きだけど、腰張りタイプでお尻の大きいわたしのデニム選びはなかなか難しい...

インスタで人気沸騰中のプチプラデニムを試着しに行ってもやっぱりモデルさんのようにはならず...
チーンとなって帰る...


春になり、デニムをはきたい熱がぐんぐんあがり、
そろそろ本気で運命のデニム探しをしよう‼︎

と思っていた矢先、
UNIQLOで見つけてしまいました。

プチプラのデニムは諦めていましたが、
ダメ元ではいてみたら、びっくり。
これぞ、理想の形だったのです。

ハイウエストで、ゆるっとストレートが今っぽい。
体のラインを拾わず美脚効果も抜群。
まさにこんなの欲しかった‼︎というデニムでした。

しかも伸縮性が抜群なので快適に過ごせるのが嬉しいところ。


いつもなら家に帰ってすぐ部屋着に替えることが多いのですが、
このデニムの場合は気づいたらずっとはいて過ごしているほど、はき心地が楽ちんです。

そんなUNIQLOのデニムはこちら。
ハイライズストレートジーンズ ¥3990+税
ハイライズストレートジーンズ ¥3990+税
ヒールを合わせると一気に女っぷりup感
ヒールを合わせると一気に女っぷりup感
ヴィンテージな風合いも旬
ヴィンテージな風合いも旬
最近のプチプラブランドは素材も形もどんどん進化しているので上手に取り入れていきたいですね。


ぽかぽか日和の休日。
公園コーデもこのデニムが活躍。
ワンピースとのレイヤードスタイルも、デニムのストレート感が今っぽい。
ワンピースとのレイヤードスタイルも、デニムのストレート感が今っぽい。
ちなみにこちらの黒のワンピースもプチプラ。global work(グローバルワーク)のものです。
左サイドのボタンを外すと深めのスリットで、抜け感を出して着れます。

動きやすくて楽ちんで洗濯ジャバジャバできて、こんな日はプチプラバンザイ‼︎
華やかイエローバック投入。
華やかイエローバック投入。
今はグレーのデニムを探し中です。
おススメあったら教えてください。


今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。
関連記事
  • グラフィカルなデザインとゴールドやシルバーカラー、ブラックが目を惹く小物をご紹介。【1】ティファニーのブレスレットとリングTのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニー Tトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。 ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) 【2】ジミー チュウのバッグ「スターモチーフ好きならずとも見逃せないこの可愛さ! クロスボディにもなるチェーンストラップもあり、機能性も抜群!」と副編集長S田が絶賛するのがジミー チュウの新作バッグ。ブランドのアイコンであるスターモチーフを、マトラッセキルティングで施した。一見派手に見えつつ、実はどんな服にも合わせやすいシルバーは、春夏に最も重宝するカラー。コンパクトなのに収納力もあり、軽量なのもうれしい。 バッグ(縦16×横23×マチ13㎝)¥238,000/ジミー チュウ【3】TASAKIのピアス  TASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI【4】カンフォラのサンダルイタリア・カプリ島で伝統的な技法を用い手作業で作られるカンフォラのサンダルは、ジャクリーン・ケネディが愛用していたことでも有名。昨年ロンハーマン限定で復刻したモデルを、今年はブラックで別注。「カジュアルな着こなしを格上げしてくれる頼れる存在。歩きやすくて、どんな服にも合わせやすいのが魅力です!」とスタイリスト室井由美子さん。サンダル¥79,000/ロンハーマン(カンフォラ)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ  【Marisol5月号2019年掲載】
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【4月19日(金)〜4月25日(木)のコーデ】4月19日(金)のコーデ 白ベースのプリーツスカートコーデは、インを好感度ボーダーにして愛され感をアップ!4月20日(土)のコーデ 休日は今期らしい大人のカジュアルMIXが気分。スポーティなってブルゾン&スニーカーに、きれいめなニットとスカートを加えて♪4月21日(日)のコーデ デートの日は、彼ウケするワンピースをチョイス。ラベンダー色のニットと白スニーカーでリラックス感を演出して♡4月22日(月)のコーデ ブライトカラーのパンツスタイルで、さわやかに通勤! カラーバッグで遊び心をトッピングしつつ、ベルトでウエストマークして美脚見せも意識。4月23日(火)のコーデ 肩ひじ張らないカジュアルな白スカートスタイルは、差し色小物でリズムを。ベージュサンダルで、足もとに抜け感を作るのも忘れずに♡4月24日(水)のコーデ ベージュやオレンジなど、旬な色を加えたほんのりスパイシーな春コーデの秘訣は、ベースを白にしてすっきり仕上げること♪4月25日(木)のコーデ ジャケット&パンツの正統派通勤スタイルを今っぽく振りたいなら、フレッシュな淡色でまとめて。華やかさ足しには、甘すぎないメタリックバッグが◎。1ヶ月コーデのアイテムまとめはこちら!撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/川上さやか モデル/松島 花 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
  • ピッチの細いストライプが爽やかなワンピースは、ロンドンのブランドTEIJA のもの。そこに、切り替えが豊かな表情を生んでいるAALTOのデニムジャケットを合わせた。後ろ身頃が長くなっており、バックスタイルもひねりが効いている。 全体をブルーでまとめつつ、アクセントとして差し色の赤を。インナーは歌舞伎町にあるショップTHE FOUR-EYEDで購入した、目の細かいソフトメッシュのトップス。ソックスは、「集英社スペシャル6月号 SPUR6月号ソックス付き特別版」の特別付録、カルツェドニアのレッドだ。(※付録にはグレーのソックスも付いてきます! 特別版は売り切れ次第終了です。詳しくはこちら)程よいグリッターが上品に輝き、印象的な足元へと導いている。   ジャケット:AALTOワンピース:TEIJAシューズ:3.1 Phillip Limソックス:CALZEDONIA
  • 今日は、夏の必須アイテム「Tシャツ」を集めました♪ トレンドに敏感なバイヤーたちが、この夏すすめたい逸品を着こなしとともにご紹介します。 大人の夏を彩る”洗練Tシャツ”はコレ! ◆白スカートはモスグリーンのTシャツで抜け感をプラス ↓着たのはこれ! FRUIT OF THE LOOM/HEAVY WEIGHT TEE/¥3,000+税 Flower Days/【ペチコート付】ミモレ丈ランダムプリーツスカート 詰まり気味のネックと幅広の身幅でトレンドを押さえた一枚。 洗うたびに風合いが増し、ヴィンテージ感を醸し出します。 しっかりした生地なので、透けの心配もなし!   ◆上質な白Tでチノパンとの鉄板コーデも品よく仕上げる ↓着たのはこれ! Scye/オーガニック度詰天竺フレンチスリーブトップ/¥11,000+税 THE SHINZONE/ハイウエストチノパンツ/¥19,000+税 着回し力抜群のコンパクトなデザイン。 オーガニックコットンを度詰めで編むことで絶妙な肉感を表現。 素肌に溶け込むようなソフトな肌触りは、一度着たらやみつきに!   ◆今季も旬のブラウンコーデはブラック小物で引き締めて ↓着たのはこれ! MICA & DEAL/”WIKEED”プリントTシャツ/¥8,000+税 MICA & DEAL/ギャザーマキシスカート/¥15,000+税 フロントロゴがトレードマークのプリントTシャツ。 腕周りをきれいにカバーできるよう袖幅にゆとりを持たせています。 裾のスリット効果でゆったりしたボトムスとも好相性。   ◆黒のリネンでこなれ感を上げた大人のTシャツスタイル ↓着たのはこれ! FABRIQUE en planete terre/オーバーサイズリネンTシャツ/¥7,900+税 RED CARD/Anniversary Highrise/¥19,000+税 ゆとりのあるボックスシルエットと前後差デザインがこなれた雰囲気を演出。 自然と体型をカバーする絶妙な丈感も魅力です。 シャリ感のあるリネン素材にリピーター続出!   《バイヤーのイチオシアイテム》特集はこちらから⇒
  • 6つの法則を使って4大デニムの着倒しにチャレンジ! 大人っぽく新鮮な着こなしサンプルが満載!▶︎6つの法則の記事をチェック!【 濃色スキニー 】▼コレをはき回し太もも部分が色落ちし、立体感のある美脚を狙える。濃色で引き締め効果も。 デニムパンツ¥7900/ライトオン(BACK NUMBER)◀︎着回しコーデをCHECK▶︎透けチェックブラウスの爽やかな甘さを堪能して くすみ淡ブルー~インディゴのグラデーションが爽やか。ヌーディカラーの小物を合わせて大人見えを後押し。エアリーなブラウスはドット柄で大人可愛く キュートなドットブラウスに、レディな赤パンプスをきかせてフレンチシックに。たぷんとした袖も可愛い。ネイビー揃えの上品小物が白×デニムにお似合い 白のトップスレイヤードで簡単にこなれて見える。他の画像を見る 1枚目 ブラウス¥5900/MIIA バッグ¥2500/ギャレッツ渋谷109店 サンダル¥16500/サン・トロペ(アルネ) 2枚目 ブラウス¥9500/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥900/お世話や(Osewaya) バッグ¥2990/ギャレッツ渋谷109店 靴¥5900/R&E 3枚目 カーディガン¥9800/ココ ディール Tシャツ¥3200/ビームス ボーイ 原宿(フルーツ オブ ザ ルーム×ビームス ボーイ) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥14000・パンプス¥15000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 4枚目 ボウタイブラウス(参考商品)/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 イヤリング¥6000/アビステ バッグ¥8800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 パンプス¥5900/R&E 5枚目 シャツ¥6900/MURUA イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) クリアバッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 パンプス¥7900/RANDA 6枚目 カーディガン¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) ベレー帽¥3900/カオリノモリ ラフォーレ原宿店 バッグ¥3490/ライトオン(BACK NUMBER) 靴¥6500/REZOY 7枚目 コルセットつきトップス¥11000/SNIDEL イヤリング¥1100/お世話や(Osewaya) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 パンプス¥22000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ) モデル/高田里穂 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE・モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/菊池美里 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 薄着になるこの季節は、1+1で素敵に見える着映えアイテムが必須。LEE5月号に掲載の人気アイテムの中から、身につけるだけで自信が持てる、価値ある服をご紹介いたします!     しなやかでさらりとしたリネンの風合いが大人のカジュアルを格上げしてくれる O’Neil Of Dublin/リネンロングスカート/¥18,800+税 オニール オブ ダブリンの人気定番、ゴムウエストで気楽にはけるうれしいリネンスカートが到着しました。上質生地を惜しみなく使った贅沢なスウィングスカートは、ドレープたっぷりで歩くたびに美しく揺れて華やかさ120%。印象が重くならない絶妙なミモレ丈だから、フラットなサンダルやスニーカーとの相性も抜群です。       裾に向かって細くなるスティックラインで美脚&バランスUPは思いのまま RED CARD/マデリン/¥19,000+税 裾に向けてゆるやかにテーパードしたシルエットが、ももやひざ下を細くまっすぐ見せてくれる人気モデル「マデリン」。ぺたんこ靴でもバランス良好な短め丈と、明るいカラーリングで、夏までずっと活躍必至です。高めについたポケットで後ろ姿も脚長に。     ゆったりなのに華奢見えする着やせトップスの決定版 Traditional Weatherwear/ビッグ マリン ボートネック シャツ/¥11,000+税 ブランドを代表する「BMB」ことビッグマリンボートネックシャツは、大きくドロップしたショルダーと太めの袖、ほんのり広がったAラインの身頃が特長。二の腕やぽっこりおなかなど、上半身の気になる部分をカバーしてくれる名品です。加えてテクニックなしでこなれ感のある印象に仕上がるのもいいところ。薄手でサラッとした風通しのいい素材を使用。   合わせるボトムを選ばない白は、きちんとシーンにも最適。     カットソー地でもこんなに優雅!360度美しいパネルワンピース TICCA/Tシャツワンピース/¥17,000+税 適度にハリのある生地を縫い合わせることでドラマティックなフレアシルエットを実現したワンピースは、きれいめシーンにも自信を持って着て行けるドレッシーさが魅力。カットソー素材で、自宅洗いが可能なのもうれしい。   フォーマル感のあるブラックは、より幅広い場面で使えます。     ゴールデンウィークのお出かけにも取り入れやすいアイテムばかりなので、是非この機会にご覧ください!  
  • 「アウトドアや街歩きに取り入れやすい」「自分らしさを忘れずに自然を楽しみたい」というスタイリスト・福田麻琴さん。街でも、山でも、機能的で快適に過ごせるコーディネートを教えてもらいました。 trip to Natural Heritage(日本の自然遺産)!!スタイリスト 福田麻琴さん世代を問わず、女性誌からWEBメディアまで幅広く活躍する人気スタイリスト。代名詞ともいえるパリシックな着こなしにファンが多数。次のトレッキング旅行は長野・天狗岳を計画中だそう!「自然遺産でトレッキングを楽しむときも普段のワードローブの延長で私らしさをキープ」足場が悪いところもあるので、衝撃を受けても丈夫なアウトドア用のキャリーにパッキングします。トレッキングだからといってそのときだけの特別なものはなくて、街で使えるものが大前提。たとえば、アウトドア用のアウターは目立つ色がいいかもしれないけれど、私は普段着になじむようなベージュや黒を選びます。そうすることで街歩きとトレッキングで兼用できるものが増え、荷物もコンパクトに。肌に身につけるものは日数分持っていき、快適に過ごせるようにしています。愛用しているのはパタゴニアのキャリー。トレッキングではマックパックのリュック、街歩きはポシェットを使い分けて。「いかにシワにならないようにコンパクトにできるかを考えながらの荷造りは楽しいし得意!」自然にふれるのが好きという福田さん。「富士山はあまりにもつらすぎて泣きながら登りました(笑)。しんどさも含めて美しい景色を見た記憶って一生残る」「知床半島ではクマにおびえながら雪の中をトレッキング。自然遺産でアクティビティを楽しむ、挑戦型の旅にワクワクします」街でも山でも! 自然を楽しむ高機能なワードローブ[街歩き]Tシャツ+デニムを土台にはおりもので体温調整街歩きの基本スタイルは、Tシャツとデニムにカーディガンを羽織って完成。寒ければアウトドア用に持ってきたパーカやフリースで体温調整を。身軽でいられるようメインバッグはポシェットにして、イザベルマラン エトワールのエコバッグはサブに。マキシワンピはレストランでのディナーや部屋着としても使えるので必ず一着。「ばさっと着られる楽なもので、汚れが目立ちにくい柄物を選ぶのがポイントです。エイトンやヘインズなどのTシャツは日数分持っていきます」[アウトドア]機能性アイテムは“タウン使いできるか”で選ぶTシャツにショートパンツとスパッツ、気温に合わせてフリースやパーカを羽織るのが基本コーデ。足もとはテバのサンダルか、ブランドストーンの防水ブーツを合わせて。いかにもという感じがないので普段使いしても違和感なし。ラルフローレンの厚手のバスタオルはひざかけやちょっとしたラグとして使っても。「ユニクロユーの水着を下着代わりにして、いつでも泳げるようにスタンバイ(笑)。このセットがあればトレッキングだけでなく、ヨガやスポーツも楽しめます」洗濯物は旅先で仕分け! スリッパ代わりになるビルケン「フィルソンのドライバッグはぬれたものもOK、自立するのでランドリーバスケットとして使っています。仕分けしておくことで帰ってからすぐに洗濯機へポン。ビルケンのサンダルはコテージ内のスリッパ代わりにしたり、ちょっとした移動にも便利なんです」撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
  • こんにちは、海野尾です 先日フラッと立ち寄ったUNIQLOで 発見したスカートのご紹介♪UNIQLO ティアードロングスカート ¥2,990でトレンドの形が手に入る! え、こんなに安いの??って思わず二度見! ポケットもついてて実用性もある、 さすがUNIQLOさん。 あまりカジュアルに合わせてしまうと 子供っぽくなりそうなので、 この日はオールブラックにしました。 横から見てもあまりボリュームがでないので 普段使いしやすくて嬉しい。 ティアードスカートって可愛いけど ボリューム満点だとなんだか恥ずかしいなあ〜 なんて思っていたので! ウエストゴムが見えてもいいように 縫製されているのでインしても安心♪1枚で着ても透けない安心感も UNIQLOならでは。 シワになっても気にならない生地は 旅行にも良さそう! GW活躍の予感… 是非チェックしてみてください Instagramはこちらスーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
関連キーワード

RECOMMEND