まるでランジェリーのように、ヌーディな指先にひとさじの色気を加えて【春待ちネイル】

Marisol ONLINE

■Sensual Beige

ヌードでいるよりランジェリーを身につけているほうがエロティックなように、ベージュに少しだけ要素をプラスするだけで、ぐっと色っぽく。

色気のボルドーで斜めフレンチに

【How to】すべての指先に②を二度塗りしたら、①で斜めフレンチに。斜めフレンチを上手に仕上げるポイントは始点の取り方。右手は左端を4 分の1あけたところを始点に右下に向かって、左手は右端を4 分の1あけたところを始点に左下に向かって、ごく緩やかなカーブを描くように色を入れる。

☆使用アイテム

❶艶やかでグラマラスなボルドー。ネイル ラッカー 04¥4,000/トムフォード ビューティ 
❷温度感のあるコーラルベージュが明るい手もとを演出。ザ ネイルポリッシュ シャトーバスク¥1,800/アディクション


☆Others

星屑を思わせる微細なビーズをのせて

【How to】
すべての指先に③を二度塗りしたら、薬指にトップコートを塗り、クリアとベージュのストーンをのせる。上から星屑が降りそそぐようなイメージで。さらに薬指以外の指の先端中央にクリアのストーンを2 〜3 点置く。さらにシルバーのスタッズを好みで数点混ぜても。

❸クリアな発色が魅力のベージュ。何度レイヤーしても透明感は損なわれず、ピュアな手もとが完成。ザ ネイルポリッシュ マニアック¥1,800/アディクション


マーブルと極細フレンチのマッチング

【How to】
マーブルのデザインをのせたい指以外の指先に④を二度塗りする。マーブルの指先には⑧を全体に一度塗りし、④を数カ所に点置きしたら、⑦でぼかす。さらに⑤のボルドーで細く流れるような線を入れ、再び⑦で全体をほんのりぼかしてマーブル状に。最後にポイントで⑥を入れたら完成。

❹洗練されたムードのグレイッシュベージュ。ネイル ラッカー 39・❺ポイント使いでもインパクトをもたらすボルドー。同 04各¥4,000/トム フォード ビューティ
❻ラグジュアリーなシルバーのグリッター。ネイルポリッシュ 26(SH)¥1,500/RMK Division
❼ほのかに色づくミルキーな白。ウカ カラーベースコート ゼロ 7/0・❽上品なサンドベージュ。同 5/0各¥2,000/ウカ

【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/神戸健太郎(人物) 小坂茂雄(物) ネイリスト/渡邉季穂(uka) スタイリスト/郡山雅代 モデル/井上早央里 取材・文/前野さちこ 構成/原 千乃
セルフネイル派もサロン派も、アラフォー読者ブロガーのリアルな冬~春ネイルをチェック!仕事でもOKなシンプルなネイルデザインや遊び心があるネイルアートなど、好みのデザインを探してネイルから気分を上げていこう。
関連記事
  • お店も料理もグレーの世界!シェフのこだわりがたっぷり詰まったお洒落フレンチを堪能してきました♡。モダンな雰囲気の入り口。無彩色のグレーで統一されています。大きなリースと個性的なオブジェがセンス光る個室。こちらもグレーで統一されています。遊び心たっぷりな1品目。見た目もさることながら食感も新鮮。オマール海老のエキスたっぷり!他の画像を見る先日、結婚記念日のお祝いを兼ねて 話題のミシュランフレンチ「ode」へ伺ってきました。 ミシュランガイド東京2019で1つ星を獲得したとの事で 平日のランチでしたが、老若男女問わず大勢のお客様で賑わっていました。 オーナーシェフである生井氏が作り出すグレーの世界。 入口は無機質なグレーで統一されていて 秘密の扉を開けるような、ワクワク感。 内装もグレーを基調としたグラデーションで センスの光るモダンな雰囲気ですが、 インテリアには木材も用いていて どこか温かみがあってゆったり寛げました。 肝心のお料理は旬の素材を用いた独創的なプレゼンテーション。 見た目にも美しく、味も初めての食感や組み合わせ。 全てが記憶に残る、五感で楽しめる素晴らしいお料理でした。 結婚記念日ということで素敵なプレート皿を用意していただきました! しかも生バラのプレゼントも♡ 若いスタッフの方が多かったですが サービスも丁寧で堅苦しくない接客がとても好印象でした。 生井シェフの想いが一貫していてブレのない徹底された世界観。 今度はディナーでも伺ってみたいなと思います。■Restaurant Ode (オード)■My Instagram■ yukie_ota美女組No.109yukieのブログ
  • 手持ちのベーシックを活性化する、それぞれの「ちょっとの冒険」と着こなしにフォーカス!■フェミニン派のための「1点投入服」とは?軸となる〝甘めアイテム〞を投入しつつコーデは大人に!せっかく"可愛い"アイテムが増える春。年相応の上品さも大事だけど、おしゃれって楽しい! と思う気持ちも大切。蛯原フェミニン派は自分の欲求に素直に、わくわくする"甘めアイテム"から投入!コーデの軸となるアイテムが決まったら、そこからコーデで甘さを引き算して全体の印象を大人っぽく仕上げればOK。1:柄スカートフェミニン派の主役、スカートはより華やかな柄ものを選択!面積が大きいぶん、着こなしのイメチェン力も絶大なティアードスカート。トレンドカラーのグリーンにドットがさわやかな一枚を、透け感のあるブラックニットでクールに。さらにジャケットやおじ靴など、マニッシュなアイテムでシックなムードづくりを意識して。スカート¥25,000/TOMORROWLAND(マリハ) ニット¥13,000/アルアバイル ジャケット¥118,000/マディソンブルー ピアス¥39,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) バッグ¥14,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) インナー/スタイリスト私物 2:リネン素材のボリューム袖トップス大好きな甘めシルエットを、リネン素材で大人っぽく更新して一枚で女らしい華やかさが手に入るボリューム袖ブラウスはいつだってフェミニン派のマストアイテム。今季更新するなら、さわやかな抜け感のあるリネン素材がおすすめ。コーディネートはタック入りのチノパンでやや辛口に。仕上げはゴールドのピアスで、さりげなくリッチなツヤ感をプラスして。シャツ¥29,000/ビームス ハウス 丸の内(31チャペルレーン) パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 3大女っぷりスタイルって?マリソルが数年前から打ち出している、“女っぷり”というファッションコンセプト。その中には「シンプル」「カジュアル」「フェミニン」の3つテイストが。本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!【Mariso4月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/Dai Michishita  メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里
  • 春の定番トップス「シャツ」。王道の白シャツよりも実は使いやすい、ベージュシャツならではの魅力とは? ▶【前編】はコチラBEIGE SHIRT3 ボトムのインパクトを受け止める鮮やかなプリントスカートのトップス選びにもう迷わない! チェック、フラワー、ドット……この春百花繚乱の柄アイテム。なかでも取り入れやすいのがスカートだけど、「上に何を着ていいかわからない!」という人も多いのでは? そこで、ベージュシャツの出番! 派手な柄や強めの色を、「白黒つけない」ベージュのあいまいさでスルッと受け止めてくれる。定番ボトムには華を添え、華やかボトムには中和効果を発揮する万能ぶり。モデル着用は、今年らしいバンドカラーのプルオーバータイプ。麻×レーヨンのしなやかな質感で、スカートスタイルをより女らしく。 シャツ¥22,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカート¥68,000/ebure バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)BEIGE SHIRT4 ジャケットコーデに女らしさが宿る襟もとや袖口からのぞかせて、フェミニンさをひとさじ テーラードジャケットはインに何を仕込むかが重要。白シャツのキリッとした清潔感ももちろん素敵だけど、リネンベージュの力みのない女らしさもまた格別。シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) ジャケット¥37,000(ドレステリア)・ピアス¥17,500(リュー ベル)/ドレステリア 銀座店 パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ネックレス¥11,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) ブレスレット¥7,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥136,000・ストラップ¥29,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) BEIGE SHIRT5 とろみシャツにこなれ感が生まれるとろみベージュなら、コンサバとこなれのいいとこどり! 黒や白ほどドレッシー&フォーマルな印象にならず、王道のコンサバとカジュアルMIX、どちらの着こなしにもマッチ。そう、とろみシャツだって実はベージュがおすすめ! 肩を落とした比翼仕立ての一枚は、とろんとした素材感とほのかにピンクを帯びた淡い色みでより女性らしい雰囲気に。きれいめパンツにもデニムにも合うけれど、こんなリッチなブラウンのスエードタイトスカートとなら、一歩先行く女っぷりカジュアルを楽しめる。シャツ¥29,000/ebure スカート¥56,000/サード マガジン ピアス¥6,000/ビームスハウス 丸の内(デミルクスビームス) サングラス¥19,000/アマン(スペクトル) かごバッグ¥9,900/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 靴¥29,000/ベイジュ(PIPPICHIC)▶実は白より使いやすい!ベージュシャツだからできる5つのおしゃれ【前編】【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/鷺坂 隆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA
  • 春の定番トップス「シャツ」。王道の白シャツよりも実は使いやすい、ベージュシャツならではの魅力とは? ▶【後編】はコチラおしゃれプロが証言 \ベージュシャツはここがスゴイんです!/ 「アイテムに備わるキリッと感と、色みがもつ柔らかさ。シャツが苦手という人も、きっとベージュなら着こなしやすいと思います」 スタイリスト 石毛のりえさん「モデル着用の『チノ』のシャツは、ベージュカラーを別注しました。肌なじみのよさ、女性らしさ、ほどよい抜け感が魅力です。」『ユナイテッドアローズ』PR 水口絢詠さんBEIGE SHIRT1 シャツ×デニムをもう一度、楽しめる永遠のスタイルこそ、色のもつパワーでアップデート! 目のつまったツヤのあるリネン素材、キャメルに近い深めの色み、そしてVあきのノーカラーと胸もとのフラップポケット。シンプルながら主役感たっぷりの一枚を、再ブレイクのフレアデニムにイン。定番の組み合わせこそアイテムの新しさが大切、というおしゃれの黄金ルールを実感! シャツ¥30,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) デニムパンツ¥33,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥10,000/マルティニークルコント梅田(アプレ スキー) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥21,000/ANAYI BEIGE SHIRT2 定番ボトムの鮮度を上げるいつもの黒パンツで実感! ベージュのおしゃれ効果 白シャツとの違いが最も表れるのがこんなシンプルな着こなし。ともするとリクルートや制服のようにも見えかねない黒の細身パンツとの組み合わせも、ベージュという色ならではの適度な"ハズシ感"が、ぐっとおしゃれ度を引き上げてくれる。ビッグ&ロングシルエットのタイプライタータイプは、きれいめにもカジュアルにも着回しやすく、オンオフ問わず活躍してくれる。シャツ¥21,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) パンツ¥31,000/サード マガジン 肩がけしたニット¥12,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ピアス¥52,000/カオス丸の内(ホリーライアン) バッグ¥139,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥30,000/ベイジュ(PIPPICHIC)▶実は白より使いやすい!ベージュシャツだからできる5つのおしゃれ【後編】【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/鷺坂 隆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA
  • BIOPLE FES(ビープルフェス)とは、Biople by CosmeKitchenで販売されるアイテムをいち早くチェックできる展示会。そこで出会ったたくさんの新製品から注目のアイテムをピックアップしてご紹介。すべて本日、4月24日(水)から限定・先行でお目見え。駅近なショップも多く、オーガニックをぐっと身近にしてくれる「Biople by CosmeKitchen」。ビューティはもとより、ヘルスケアからちょっとした食品まで並ぶ店内はついつい長居してしまう楽しさと驚きに満ちています。今回はそんなBiople by CosmeKitchen主催の「BIOPLE FES」で出会った注目コスメをご紹介。すべて本日4月24日(水)から限定または先行で店頭&サイトでゲットできます。まず今回目立ったのは、アサ由来の成分カンナビジオールを含むCBDを筆頭にしたヘンプ関連アイテム。もともと医療分野で痛みの軽減や抗炎症、睡眠障害の緩和などに用いられていた成分が美容面、とりわけアンチエイジングケアとして注目されている印象を受けました。上の写真はCBD会社のパイオニアと言われる「ENDOCA(エンドカ)」のヘンプボディバター(¥17000)とリップ&スキン(¥1600)。先行発売です。「アンダルーナチュラルズ」は、さまざまな植物やフルーツの幹細胞に着目してきたスキンケアブランド。その新作がアサ幹細胞エキスを採用したエイジングケアライン「Canna Cell(キャナセル)」。クレンジングフォーム(¥2800)、ビューティーオイル(¥4600)、ナイトクリーム(¥4600)など、気軽なプライスでアサ美容にトライできる5品がラインナップ。こちらも先行発売。ちなみに、こちらのジャーに入っているのがヘンプシード。 飲むCBDも続々。「エリクシノール」のリトリートオイルカプセル(写真右端の白い容器・¥8800)はタピオカ由来のカプセルに、CBDオイルとともに必須脂肪酸であるオメガ3&6脂肪酸を豊富に含むオーガニックヘンプシードオイルをIN。 フレーバーつきのオイルも発見! アメリカで医療大麻薬局を営んでいた夫妻が立ち上げた「grön」は、ココナツオイルをベースにCBDを500mgと高配合。ミント、レモンライムと2つのフレーバーが揃います。デザートや飲み物にブレンドして楽しんでもOK。各¥13500、先行販売。 ヘンプ関連以外ももちろんあれこれありました。なかでも、その愛らしさに惹きつけられたのがこの「BLUME edena(ブルーメエデナ)」のコンセントレートクリアシリーズ。 でも愛らしさだけではないんです。まずは、こちらの「コンセントレートクリアエッセンス」(¥6300)に注目。アロエ葉水をベースに、福寿草由来の希少な植物性アスタキサンチン、美白コスメでよく耳にするアルブチンやエラグ酸を豊富に含むクマコケモモエキス、さらにスーパーフルーツと言われるサジーの果実油などを配合。植物が紫外線などから身を守るために自らつくり出した成分が、日焼け肌や紫外線を浴びた肌を優しく整えてくれます。水も乳化剤も使わずに作り上げた濃縮美容液は、化粧水にブレンドしたり、気になる部分にはダイレクトに使ってもOKとフレキシブル。甘ずっぱい香りでサラッとみずみずしいテクスチャーですが、7種もブレンドされたボタニカルオイルのおかげか薄くピタッと肌に寄り添ってくれるうるおいのヴェールをつくり、べたつかず実に快適な使い心地。これは夏のケアにぴったり! 「ベリーベリーシュガースクラブパック」(¥3900)はラズベリー・いちご・ブルーベリーといったビタミン・ポリフェノールたっぷりの果実のエキスに、肌を整えてくれる紫根エキスをプラス。粒子の細かい甜菜糖で角質をオフしながら保湿できる、ナチュラル仕立てのスクラブパックです。たぶん紫根由来の色なのでしょう、この美しいピンクの色合いと甘ずっぱいベリー系の香りにノックアウト。さらになめらかしっとりの洗い上がりにうっとり。すべてに魅せられました! ラストはこちらの「Mastiha(マスティハ)」。マスティハとはギリシャ・ヒオス島の南部に生息するマスティハの木から採れる天然樹脂。抗菌・抗酸化・抗炎症作用が強く、古来からエイジングケアや肌トラブル改善の妙薬として人々に愛され、医療現場でも用いられているそう。 これがそのマスティハの樹脂。まるでジュエリーの原石のよう! マスティハの伝統的な収穫や生産方法は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているんですって。 聞くところによると、現地の人々はこの樹脂をガムがわりに噛むとか。それって最高のオーラルケアでは!?と私もトライさせてもらいました。かすかに松ヤニっぽい香りはあるもののほぼ無味、そしてなかなか減らないので、いつまでも噛んでいられます。顔のエクササイズ用にこれも販売してほしい(笑)。今回Biople by CosmeKitchenで先行発売されるのは写真右の100%ピュア マスティハウォーター(¥2600)。その名の通り、マスティハから蒸留によって採取される100%天然、混じりっけなしの樹脂水です。 こちらはブースターとして洗顔後のまっさら肌にどうぞ。“The樹木”といった香り、そしてシャバシャバの“水”テクスチャーに、思わず一瞬ひるみました。が、あら不思議。グイグイと肌に吸い込まれていき角質がしっかりうるおうのを実感。肌が柔らかくなり、次の化粧水を受け入れやすいようばっちり整えてくれます。顔色もワントーン明るく見えるような。お手ごろ価格だし、これは使い続けそうな予感。こうなると隣のソープも気になるところです。 と、私が目をつけたアイテムを紹介してきましたが、今回はこの辺で。次回はヘルスケア系をご紹介しようと思っています。 ●「Biople by CosmeKitchen」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 男前パンツはダンガリーシャツで肩の力が抜けた大人カジュアルにパープルのカラーラインが入った今年らしいグレンチェックのパンツは、太めシルエット、ダブルのすそとメンズライクなデザイン。ダンガリーシャツと白のバレエシューズで柔らかさを添えて。パンツ¥19,000/ナノ・ユニバース(オドラント) シャツ¥39,000/マディソンブルー バッグ¥16,000/オルサ(オルセット) バレエシューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥9,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • フラットシューズで大人気のレペット(Repetto)と、 フランス2つ星シェフ、ティエリー・マルクス氏が手掛ける「ティエリー・マルクス / ダイニング(THIERRY MARX /dining)」がコラボレーションしたスペシャルなデザート の試食会に行ってきました! 期間限定で、2019年5月8日(水)から5月22日(水)まで、東京・銀座のティエリー・マルクス / ダイニングにて提供されます ドリンクはノンアルコールのミモザをチョイス!レペットのシューズと同じピンクのギンガムチェックチェックのテーブルコーディネート そして、ペールピンクをベースに、バレエのチュチュをイメージしたデザインのスウィーツ。 見た目がものすごく可愛くて、フォトジェニックなのはもちろんのこと、味が美味しすぎました メニューに書いているものが全て入っていて、お口の中で広がるコンビネーションが美味!! ルビーチョコレートのクリームがベースになっていて、ルバーブのコンポートで酸味をプラスし、爽やかな味わいのココナッツとライチのソルべがのっています。 くるみのクランブルがサクサクとしているのがツボでした 上には、今回のレペットのコレクションのテーマでもあるバレエのチュチュをイメージした桃のチュイールが添えられています そして、レペットの新作のシューズやバッグの展示もありました♡欲しくなる...!!!限定スイーツの期間中、目と鼻の先にあるギンザ シックスでは、レペットの期間限定ストアがオープンするそうです このデザートを注文された方には、可愛いオリジナルノベルティがもらえるキャンペーンを行うそうですよ✨ 【Repetto × THIERRY MARX Collaboration】 場所: THIERRY MARK/ dining (中央区銀座5-8-1) 期間: 2019 5/8-5/22 価格: 2,800円(ドリンク&デザート)※税別 ランチタイム: 11:30-14:30 ティータイム: 14:00-16:30 ディナータイム: 18:00-22:00 ※ティータイム以外は要予約 ※1日30食限定 【GINZA SIX 期間限定ストア】 期間:2019年5月1日(水)~5月28日(火) 場所:レペット GINZA SIX 3F THE POP UP 3rd 住所:東京都中央区銀座 6-10-1 女子会や、母の日にプレゼントとしてお母様と行かれてみるのもいいですね とても優雅な時間を過ごすことができました♪ 期間中、私もまた行きたいです✨金城華乃子のInstagram スーパーバイラーズ 金城華乃子のブログ
  • 清潔感のある肌を作る “透明感の積み重ね”ケアのススメ。だからこそ、アラフォーは、毎日のスキンケアが大事に女性の美しさは清潔感なくしては語れない。なのに、哀しいかな、年齢を重ねれば重ねるほど清潔感は失われていく……。でも、あきらめないで。大人の清潔感を育む方法を美のプロが考察。簡単ひと工夫と日々のケアで肌も存在感も曇りなく!トータルビューティアドバイザー・美容家 水井真理子トータルビューティアドバイザー・美容家 水井真理子その人の肌を見ただけで、生活習慣から食の嗜好、スキンケアのクセまでピタリと当てる肌診断が評判。女性のキレイを総合的に応援一朝一夕には清潔感は宿らない。5つのケアで透明感を積み重ねて「肌はその人の清潔感を最も語るパーツと言えますね」と水井さん。その言葉に思わずドキッとなるアラフォー女子も少なくないはず。 「肌は内臓の鏡と言われているでしょう。例えばちょっと胃腸が荒れただけでも肌にブツブツができてしまう。清潔感はその人の内側の健康的な美しさの表れでも。それを反映しているのが肌なんです」  とはいえ、忙しいアラフォーにとって、ストレスや不規則はつきもの。 「もちろん、生活習慣から改善できればそれが一番。でも、アラフォーのかたにはそれがむずかしい。だからこそ、スキンケアなんです。不規則を強しいられて、肌にくたびれ感が宿ったら、それをお手入れで取り戻す。疲れたら、またお手入れして取り戻す。そうすることで、清潔感は育てられていくと思うし、アラフォーなら、それが可能な年代。やったらやった分だけ必ず戻ってきますから」  では、清潔感を感じる肌にするにはどんなスキンケアが有効? 「肌の奥からあふれ出ているような透明感があると、清潔感につながると思いますね。でも、この透明感はつけ焼き刃ではかなわないところがある。いろんなステップを積み重ねて、初めて清潔感につながる最上級の透明感が手に入るんです」  透明感を積み重ねるその最初のステップは“守る”ケア。 「シミやくすみなどの原因となるUVを徹底的に防ぐこと。透明感というプラスを増やしていくためにはマイナスを作らないことが大前提。日中の日焼け止めは絶対です」  続くステップは“浄化する”ケア。「定期的に古い角質をケアしてターンオーバーを整えることも大切」■透明感のある肌へ。美白ケアの5STEP美白STEP 1 守る「アラフォー世代は、紫外線によるシミ以外にも、肝斑などの大人ジミや、糖化による黄ぐすみまでどんどん出てきますよね。だから、もう、これ以上はシミを作らせないこと。それには徹底したUV対策を。日焼け止めはただなじませるだけでなく、肌に密着させるよう意識して。防御しつつ、最近はベースメイクで美白ケアができるものもありますから、濃いシミや頑固なシミは、そういうアイテムで日中もじわじわケアするのがいいですね」 ☆先端UVケアで透明感を死守!❶シミやシワなど光老化の要因となるUVB、UVA、ブルーライト、近赤外線をカット。透明感もコラーゲンも守り抜く。アベイユ ロイヤル UV スキンディフェンス SPF50・PA++++ 30㎖¥9,000/ゲラン ❷高い防御率のサンスクリーンパウダーに、美白美容液の効果も搭載。黄ぐすみを進める糖化にもアプローチ。ナチュラルホワイトングミネラルパウダーサンスクリーン SPF50+・PA++++ 全2 色各6 g¥6,300/MiMC ❸紫外線を強力にブロックしながら、エイジングケアもかなえる日焼け止め。シミはもちろんシワなどの要因からも守る。サンレイヤ G.E. SPF50+・PA++++ 50㎖¥27,000/シスレージャパン ❹汗をかいても落ちにくい酷暑の季節にうれしいUV。高い防御効果なのに、薄くフィットする使用感も◎。ビオレ UV アスリズム  スキンプロテクトエッセンス SPF50+・PA++++ 70g(オープン価格)/花王 ❺紫外線、ブルーライト、近赤外線に加えて、保湿コーティングミネラル配合で乾燥もブロック。ミネラルUVパウダー SPF50・PA++++ 5 g¥2,800/エトヴォス ☆ベースメイクで守って攻める❻今季一番の話題のファンデーションは、美しい仕上がりと本格美白ケア力のハイブリッド。シミをカバーしながらシワも改善。HAKU 薬用 美白美容液ファンデ SPF30・PA+++ 全4 色各30g¥4,800(編集部調べ・医薬部外品)/資生堂 ❼シミを予防する亜麻仁抽出エキスを新配合。ブラン エクスペール クッションコンパクト L n SPF36・PA+++ 全2 色各¥5,200・ケース¥1,300/ランコム ❽シミをカバーするコンシーラーに強力UVカット効果と美白効果の三位一体ケアが実現。トランシーノ 薬用 ホワイトニングUVコンシーラー SPF50+・PA++++ 2.5g¥2,600(医薬部外品)/第一三共ヘルスケアMARIKO'S【UVケアのPOINT】日焼け止めは最後のひと手間。肌に密着させると持続力UP日焼け止めはケチらず適量をたっぷりと。均一にのばしたら、手のひらで押さえながら肌にしっかり密着させて。美白STEP 2 浄化する「40歳でターンオーバーがくずれてくると、肌が薄くなって敏感がちになる人、角質がはがれ落ちないで厚くなってしまう人の2タイプに陥りがち。敏感な人は、夜はクレンジングのみ、朝もぬるま湯だけという人も多いかと思いますが、週に1回くらいは酵素洗顔を取り入れてよけいなタンパク質を落とすようにするといいですね。ゴワつきがちな角質がたまっている肌は週に1回ぐらいはクレイやスクラブを取り入れ新陳代謝を整えて」 ☆ゆらぎがちな肌は酵素洗顔で優しく❶洗浄成分タンパク質分解酵素と皮脂クリア成分配合。毛穴の黒ずみから、ざらつき、くすみまで優しく洗い上げてクリアに。フレッシュフローラルの香りも心地いい。ルシェリ酵素洗顔パウダー0.4g×32包¥1,400(編集部調べ)/コーセー ❷酵素や炭、吸着泥が毛穴汚れをすっきりオフしながら、ヒアルロン酸やアミノ酸系洗浄成分がうるおいを守る。ディープクリア洗顔パウダー30個¥1,800/ファンケル( 5 月16日発売) ☆ゴワつきが気になる肌にスクラブ習慣❸柔らかな果肉や葉肉で構成された大人の肌のためのスクラブはゴマージュ苦手派にもノンストレスな贅沢感触。肌の輝きが蘇る。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ100g¥12,000/ITRIM ❹ボタニカルスクラブ、炭、クレイ配合の黒いマスク。ナチュラル由来成分は90%以上。抜け感のある肌を実感。アウェイク ギブクラリティ クレイマスク100g¥3,000/コーセーMARIKO'S【UVケアのPOINT】意外にくすみがちなおでこや頰の高い部分も優しく小鼻まわりだけでなく、大人は意外におでこなど広い面の部分が角質だまりでくすんでいる場合も。忘れずケアを。【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
関連キーワード

RECOMMEND