洗いざらし風のスタイルはレイヤーでくせ毛を絶妙に動かして【40代のロングヘア】

Marisol ONLINE
40代ロングヘア  フロント

1/3

40代ロングヘア 横

2/3

40代ロングヘア バック

3/3

【FRONT】
【SIDE】
【BACK】
「ずっとワンレングスだったから、自分のくせ毛を生かしたナチュラルな髪型にしたいと思って、海から上がったばかりの"ビーチヘア"風に。でも本当のビーチヘアだとパサパサだから(笑)、ヘアケアは大切。長めヘアだけど、きちんと乾かしてから寝るとかね。セットも顔まわりはヘアアイロンで動きをつけています。ナチュラルな髪型こそ、手をかけないと!(ブレンダ)」
撮影/酒井貴生(aosora)ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ブレンダ 取材・文/松井美千代
関連記事
  • 一点投入するだけで、春夏の薄手&シンプルコーデが一気に華やぐハイブランドのバッグから、セレクトショップがリコメンドするバッグ、マリソル編集長イシダがぐっときたバッグなど、アラフォーが選ぶべき最旬バッグを一気にお見せします!【目次】 1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグ 2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ 3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグ 4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く! 5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!※商品は販売を終了している場合があります1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグアラフォーの心を動かす美しいバッグでデイリーコーデを格上げしましょう! アラフォーが狙うべきハイブランドの「ときめくバッグ」はこちら。 ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELのバケツ型バッグの詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」の詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIOR「サドル」バッグの詳細はこちら2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ人気セレクトショップだけで手に入れることのできるものや別注、カスタマイズなど、人気セレクトショップ発おすすめバッグをお届け。 ■BARNEYS NEWYORK/フォンタナ ミラノ 1915のバッグトップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶ォンタナ ミラノ 1915のバッグの詳細はこちら■Ron Herman/ラドローのかごバッグ上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグの詳細はこちら■BEAMS/エレメのコラボバッグ通常の太ストラップ(写真)に加え、細ストラップも特別に別注。気分に合わせてつけ替え可能。 バッグ(20×27×15)¥64,000/デミルクス ビームス 新宿(エレメ×デミルクス ビームス)▶エレメのコラボバッグの詳細はこちら■Chaos/ア バケーションのトートバッグ先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶ア バケーションのトートバッグの詳細はこちら■ESTNATION/バルダンのスクエアショルダーバッグ型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグの詳細はこちら■TOMORROWLAND/J&M DAVIDSONのコラボバッグ「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグの詳細はこちら3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグラグジュアリーブランドの2019年春夏バッグの新作から、編集長イシダがぐっときた逸品バッグをご紹介! ■SAINT LAURENT「キャンバスバッグがクラッチになったりシーンに応じて顔を変えて楽しめるのがなにかと忙しい大人向きですよね」(編集長イシダ) (右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・(左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶「アップタウン」と「ショッピング・テ ディ」バッグの詳細はこちら■BOTTEGA VENETA「美しいキャメルカラーは、極上のレザーならでは。こんなビッグクラッチをラフに持ちたい!」(編集長イシダ) 若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶「THE POUCH」バッグの詳細はこちら■BALENCIAGA「定番色のグレーなのに、しゃれ感がある!機能的な使い勝手も備えているのがいい」(編集長イシダ) 人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶「EVERYDAY LOGO」バッグの詳細はこちら■LOEWE「着こなしに抜け感を加えてくれるリネンのバッグ。でもそれだけじゃない、品格もあるのが大人好みです」(編集長イシダ) オープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶「BALLOON」バッグの詳細はこちら■STELLA McCARTNEY「荷物がたくさん入って、使いやすさ抜群のシリーズ。白×ネイビーは、新鮮かつ凛々しくて惹かれます」(編集長イシダ) サンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶「ステラ ロゴ」バッグの詳細はこちら■CHLOÉ「今季、シンプルな中に存在感のあるロゴ使いが新鮮に映ります。ノーブルなたたずまいが本当に素敵」(編集長イシダ) 新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶「Chloé C」バッグの詳細はこちら4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く!おしゃれが映える「グリーン」、爽やかな印象を与える「ブルー」、華やかで元気な「 イエロー」。トレンドカラーのバッグを取り入れればいつものコーデぐっとが新鮮に!■GREEN/グリーンカラーのバッグアースカラーがトレンドのこの春。ベージュやブラウンといった旬色になじみつつ、上品なアクセントにもなるグリーンへの注目が急上昇。  (右)しっかりとしたレザーにノット(結び目)デザインが個性的な巾着型。こっくりした濃いめのトーンで合わせやすい。バッグ(18×16×10)¥32,000/コード(ヴァジック) (中)大人の遊び心を感じさせる上質なレザーのバスケット。若草のようなさわやかな色が素敵。バッグ(16×17×17)¥94,000/スタニングルアー 青山店(WAI WAI) (左)スエードならではの柔らかな質感で女っぽく持てるカーキグリーン。たっぷりあしらわれたフリンジも華やか。バッグ(18×25× 7 )¥96,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)▶グリーンカラーのバッグ3点の詳細はこちら■YELLOW/イエローカラーのバッグ春らしい明るさがありつつ甘さ控えめなイエローは、アラフォーも取り入れやすいおすすめのトレンドカラー。 (右)さし色をきかせるのが苦手な人も、こんな小ぶりサイズならトライしやすいはず。まだ寒い時期のコートスタイルもこれひとつで一気に春らしく。バッグ(14×15×10)¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) (左)かっちりとした上品な形で、ポケットも充実。お仕事コーデに華やかさを添えたい時にもおすすめ。ショルダーストラップつき。バッグ(16×21×11)¥128,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ) ▶イエローカラーのバッグ2点の詳細はこちらBLUE/ブルーカラーのバッグ海や空を思わせるきれいなブルーも今季は豊作。清潔感をアップさせ、着こなしを軽やかにする効果も。 (右)ミニチュア感のあるサイズが可愛いトート。ほんのり甘さのあるパステルカラーをきかせて。ショルダーストラップつき。バッグ(16×28×11)¥128,000/フォクシー 銀座本店(フォクシー) (中)羊革を使用したふかふかの手ざわりが気持ちいいキルティングバッグ。素材が上質なので、鮮やかなカラーでも大人っぽく。ショルダーストラップつき。バッグ(19×29×15)¥128,000/アマン(ザネラート) (左)今季も変わらず人気のバケツ型バッグは、色で遊んで新鮮味を。パープルがかった色みが上品。バッグ(18.5×17×17)¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) ▶ブルーカラーのバッグ3点の詳細はこちら5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!チャームやストラップで、イニシャルで。アラフォーが大好きなブランドのバッグに自分らしい遊び心をトッピングしてみては? ■フェンディのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶フェンディ「モン トレゾール」バッグの詳細はこちら■ディオールのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶ディオール「LADY DIOR」バッグとストラップの詳細はこちら■プラダのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▼プラダのバッグとロボットチャームの詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▼グッチの『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグの詳細はこちら
  • 数あるエイジングケアブランドの中でもブレない信念を持ち、シンプルなのに存在感満点のルックスが目を惹く「ITRIM」(イトリン)。この春に発売された新作2品、ぜひマリソル世代に手にとって欲しいので遅ればせながらご紹介します。(左から時計回りに)ITRIM エレメンタリー スキンローション 125mL ¥18000、同スキンエマルジョン 75mL ¥20000、同スキンクリーム 35g ¥38000とにかく、初めて使った時から「ITRIM」には驚かされました。 ごくごくシンプル、だけど触れるだけで癒されるまろやかなフォルムや磨りガラスの質感。蓋を開けて中身を手にとった時、そして肌にのせた瞬間に鮮烈なほどに広がる凜とした芳香。古から受け継がれている伝統的な有用植物と天然素材のチカラが、元気をなくしたアラフォーのエイジング肌にガツンと響きます。アイテムに共通配合されたキー成分は最上級のメリッサ精油・ビワ葉エキス・メロン種子油。それ以外にも、いずれも“土から育てる”ことにこだわり、使用部位にこだわり、最適な抽出方法にこだわり……。丁寧に丁寧に作り上げられた多機能な美容成分ぞろい。それをアイテムの用途別に綿密にレシピを練り上げ、「顔」「体」「髪」全てに揺るぎない美しさをもたらす充実、そして圧巻のラインナップを誇ります。なんて能書きはこれぐらいにして……ホントにITRIMのアイテムは本能で「気持ちいい!」と感じるアイテムばかり。インパクト満点の香りを嗅いだ瞬間から脳レベルで、心も肌も前向きなお手入れモードのスイッチが入るんです。ちなみにこちらは化粧水・乳液・クリームという夜の3ステップ。これだけでもう、余計なものはいりません。私は特にクリームがお気に入り。ちょっとバームに近いテクスチャーで固めなのに体温でするりととけ、肌を抱擁するように溶け込み、滑らかに整えてくれます。(左から)ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000、同フェイシャルプロテクション<SPF45/PA+++> 80g ¥12000そんなITRIMがこの春リリースし、すでに話題になっているのがこちらのゴマージュ&プロテクション。ゴマージュで肌をなめらかに整え、肌にピタッとフィットするプロテクターで紫外線だけではなくブルーライトや大気汚染物質など多種多様な外的ストレスから大人の肌をガード。スキンケアで築き上げた美肌を守るコンビです。まずご覧ください、このジュレのようなテクスチャー! 文句なく美味しそうでしょ? 入っているのは、肌にも地球にも優しい5つの天然植物スクラブ。コンニャク、アロエベラ、ライチ種子……ここまでは分かるんです。さらになんと、庄内柿に山形さくらんぼの果肉や果汁から作られたパウダースクラブも入っているんです。どうりで美味しい香りがするわけだ!(笑) ちなみにさくらんぼは、食用ではなく受粉樹として用いられるため廃棄される運命にある果実を利用。そう、ITRIMはとってもサスティナブルなブランドでもあるんです。ジュレのようなこのスクラブ、使用感もとっても楽しい。よくあるザラっとした感触は一切なく、まさに“果肉粒”的なプルプルの肌あたり。マンダリンオレンジの香りと色を楽しみつつデコルテ・肩先までクルクル。洗い流すとまるで美容液で洗い上げたようなしっとり、なめらかな肌に。微粒子のレッドクレイも配合されているので、くすみも払ってくれて一気に朝から気分が上がります。なめらか&ピュアに整った肌を守るために、セットで使いたいのがプロテクション。アンチポリューションに効果的と言われるオオグルマギクエキスをカギに天然由来成分、実に97%。このピンク色が色ムラ補正に一役買ってくれるのですが、とにかく質感が秀逸。スーッと伸びる!そしてピタッとつく!嫌なベタつきなし!だけどそこはさすが大人向け、日中の肌を守る美容成分もぬかりなく配合されているから最近の初夏じみた陽気でも肌を乾かしません。 ちなみに香りは、ゴマージュよりスッと背筋が伸びるシャープな印象かな。本当に香りに包まれるのが待ち遠しく、ケアが楽しみになるITRIM。この他にもボディケア、ヘアケアなどご紹介したいものがたくさんあるのですが本日はここまで。まずは、これからのシーズンにぴったりの新作2品、ぜひチェックしてくださいね!●「ITRIM」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • こんにちは♪マキアアンバサダーpinkmimiです。昨日から暖かい~♪こちら広島、お昼間は半袖でもOKな暖かさです。スキンケアやメイクも気候に合わせて変えたいな…とファンデも新しく♫  いつまでも女性として永遠(とわ)に美しくとの願いを込め誕生したコスメ『TWANY』から表情の動きに合わせストレッチする素材を配合した新作ベースメイクが登場。エレガントなパケが高級感ありな大人コスメ♡トワニー アクアバランス ベース30g 4,000円【税抜】トワニー アクアバランス リクイド全6色 オークルC30g 5,000円【税抜】共にSPF30 PA++ 年間用 2019年3月16日発売  顔の表情に合わせて働くストレッチ素材配合で崩れにくく、これからの季節にお勧め♡ポリプロピルシルセスキオキサンという皮膜形成剤&トワニーの商品に配合されているうるおいキープ成分 ボタニカルエッセンスも入っていますよ♪自然なカバー力とツヤで好みの仕上がり♡(40代厚塗りは厳禁です。)スキンケアの延長で使えるベースは軽いのにきちんとお肌の凹凸をフラットにしてくれます♪みずみずしい使い心地が暑い季節にうれしい♡ファンデは私は指にとり、お肌にぽんぽんと指でなじませ、スポンジで手直ししています。ストレッチするだけあり、お肌に一体化。しわに入り込みファンデの浮きが悪目立ちするいった心配もなし。うるおいキープ力が高いので時間経過後も乾燥を感じさせない使用感です。これからの崩れやすい季節にに一役買ってくれそうなストレッチファンデ。ぜひチェックしてみて下さいね♡TWANY公式サイトhttps://www.kanebo-cosmetics.jp/twany/
  • 思い切ってショートヘアにしました(^-^)本日のフレーバーティー表参道のヘアサロン dydi スタイリストの鈴木嵩平さんに担当していただきました 本日のフレーバーティー お茶のカップも可愛かった♡こちらがカット前カット後カラーリングはオリーブブラウンに♡ 久しぶりのショートヘア シャンプーもシャンプー後の髪のドライも楽チンです(^-^)美女組No.69かんちゃんのブログ
  • こんにちは!   ディレクターの内山です。   最近、着物熱が高まっています。   着物熱のはじまりは、2018年LaVivant秋冬号で米沢織りのワンピース作りのために、山形の米沢織りを取材してから。 そこで出会った『紅花染め』の反物から、私の着物熱ははじまりました。   山形の米沢で明治17年から続く、紅花織りの「新田」さんで見せていただいた紅花染めの反物。   山形県の花に指定されている「紅花」色で染まった反物。   山形で紅花が咲き始める7月。   咲き始めてから、1週間で満開になる紅花は、棘がまだ柔らかい早朝に摘まれます。   摘まれた花は、洗われ、足で踏み傷つけ、発酵することで、鮮やかな赤い色が生まれます。   自然の紅花の色で染められた糸から布へ。   こちらも「新田」さんで見せていただいた紅花染め。   吸い込まれるような美しい紅色です。   そんな紅糸から織られた反物に、取材中に一目惚れしました。   ピンクから紫、ピーチオレンジと広がる縦シマの紬。   優しい色でありながらモダンです。         実は、数年前に、「きものsalon」という雑誌の編集長を務めていたこともあり、母も着物好きで、一通りのものは揃えてもらっていましたので、着物はもちろん、帯も小物も見るのも触るのも大好き。   喜久子先生も持っていてくださった、編集長を務めていた頃の「きものsalom」。   しかし、編集長当時は「私、着物着ません」と宣言していました。   というのも、日々の忙しさのなかで、時間的にも余裕のない生活をしていましたし、なんといっても、性格的に着物を着るときにまつわる、ちまちましたこと(着るときに必要な紐やらなんやらを用意したり、脱いだ後の手入れや整理)が面倒で、「性に合わない」と思っていたのです。   それが   出会いってあるものですね。(笑   人って変わるものですね。(笑   この反物にもう一目惚れ!!   あれ? 着物は着ないんじゃなかった??と声が聞こえる中   こんな素敵な仕事の旅先で出会えた紬は、地域の唯一無二の工芸品であり、着て広めることが地域貢献!という言い訳を自分にして、お持ち帰りをしたのです。   自宅で、何度、反物を箱から取り出して眺めてはニヤニヤしたことでしょう。     それがやっと仕立て上がりました!   そして久しぶりに、仕立て上がった着物に、腕を通した時、   あれ??こんなに着物体系だったかしら??と思うくらい、着物が体にぴったり。   帯はモダンなすくい帯。   そうなんです!   50代後半になり、下半身にボリュームができて、着物がきれいに着こなせる、まあるい体系になっていたのです。(笑   これにはびっくり!!   洋服は似合うものがだんだん限られてくるというのに。着物が似合ってきましたか!?と何かすとんと落ちるものがありました。   40代後半の夏着物。まだ着物が馴染まないほっそりした体系でした(笑   こういう時は、いい出会いがあるもので、着物と帯を扱っている、隠れ家のようなお店「嶋屋」の山口喜久子先生に出会えたことも大きく、帯との合わせや、反物から仕立てるときの美しさのこだわりを教えていただきました。   それからというもの、実家で眠っていた着物を、チェックしたり、きもの編集長時代に憧れていた、黒ベースの小紋柄も仕立ていただきました。   黒のような、紫のような、茶色のようなモダンな小紋。   先生との出会いもあり、50代後半にしてやっと着物をたくさん着たい!という思いがふつふつと湧いてきたのです。   とはいえ、これからの着物。   今は、茶道もしていませんし、パーティーがたくさんあるけではない、結婚式に出席なんてほぼない年齢。(笑)   そして、好みの着物も、はんなり「京好み」ではなく、 小紋や紬が好きなのでどちらかというと「江戸好み」。   そう、訪問着ではなく小紋や紬を、ワンピースを着るように、カジュアルに楽しんで着たい!のです。 髪型もボブのままで着られる着物。   なので、自分でさっと着物が着られるようになりたくて、喜久子先生に着付けを習うことにしました。     そして、実家から全く袖を通してなかった、朱赤の絞りに、結城紬も自宅にお引越し。     着物に合う、帯や帯締めを考えるのがとっても楽しいです!   先日、先生のところでこちらの小紋にも一目惚れ。   明るいベージュに四季折々の小紋柄がなんて美しいこと。   着物の沼に入らない程度に楽しみながら(笑   60歳になったら、着物もワンピースも同じ感覚よ!なんてことが言える素敵なマダムになっていたいです。   あと4年。   その前に、まずは着物を収納できる場所つくりから始めねば。   GWはクローゼットの断捨離です。   ★山口喜久子先生の連絡先 きものと帯「嶋屋」 03(3303)7562       Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属
  • ショートヘアのトレンドは、耳を出したり、襟足をすっきりさせたり、どんどん短めにシフト中【FRONT】【スタイリング前】 このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。DATA 量・普太さ・普硬さ・柔クセ・強担当サロン「GARDEN Tokyo」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • ロングスカートで足長!ポチっと安心して買えるのは、この通販だからです最近自分が「ピンクのスカートマニア」なのではないかと思える今日このごろ。マリソル5月号の通販ページをパラパラめくっていたら、また見つけてしまいました。こんな小さなところに素敵なピンク♪↓「またピンクか!」…先日「VIS」のピンクスカートをご紹介させて頂きました。すでに「超お気に入り」を発掘済みなので、自分でも「もうピンクはいいかな」と思っているんです(泣)。でも気になる。 デニム好きな人が他人から「同じのたくさん持っているよね」と言われるのときっと同じ感覚です。自分としては色も素材も丈の長さも同じではなく「持ってない」! で、1日だけ悩んで次の日ポチリ。…やっぱり買っちゃった。 今シーズン2枚めの「ピンクスカート」は、こちらマリソルオリジナルブランド「M7days(エムセブンデイズ)」のリネンのロングスカート。スタイリスト徳原文子さんとのコラボ商品です↓大人っぽくてカッコいい、そして品がある徳原文子さんのスタイリングはとても勉強になります。特に印象に残っているのは、少し前になりますが、マリソル2018年1月号の「白」の特集。本当に素敵でした↓だからこの価格でコラボ商品は本当にビックリ。価格だけみると「VIS」の4ケタにはかないませんが、コラボでしかできない内容がギュッと詰まった価値あるスカート。それを知るとかなりのプチプラに思えるのですよ! ちなみに「ピンク」ではありますが、「VIS」のスカートと並べるとまったく違うのです(言い訳)。まずはこの価格で「日本製」というところがすごい。加えてリネン100%で大人が着られる「ピンク」は、わたしの中ではほとんど見たことがなかったのです。だから惹かれました。 ピンクでも深みのある大人色。「ピンク」なのか「レンガ」のような茶系レッドなのかを迷うような「あいまいカラー」です。「あいまい」だからこそ合わせる色幅が広がります。ベージュやネイビーなどのシックなカラーがよく合い、40代でもコーディネートしやすい。それにリネン100%がさらに大人の雰囲気を盛り上げてくれます。↑ウエスト回りも数センチ切り替えになっているので、インした時にはスッキリとしたきれいな印象に見えます。ポケットもついているのがうれしいです。 でも、何よりもまずは着用のシルエットが大事ですよね。「これ間違いないな」と思ったのは、一番上の写真でモデルの五明さんが着用されているシルエットを見た時です↑「足長っ!」。そして、ロングスカートなのにものすごくスッキリして見えます。そこにはやはりワケがありました。 ↓これはうしろ姿なのですが、スリットが大きく入っているのです。なのでロングでも重く見えずに歩きやすく、後ろ姿がきれいで女性っぽい。また、裾に向かって広がるように下方にボリュームのあるデザインなので、ウエストあたりがスッキリと細く見えるのです♪おなか回りスッキリ&下方にボリュームで、トップスをインすると足長に見えます。ロングでも軽やかにみえるバランスや、後ろ姿まで美しいシルエット。人気のスタイリストさんならではの計算された商品が16,000円(税抜き)ならこれはお得です。 深みのあるピンクにはダーク系やベージュなどの落ち着いた色がぴったり。1枚で色々な着方が楽しめます♪【土曜日】ネイビーを合わせ、旅行の下調べに本屋さんへ↑大人が安心してピンクを楽しめるカラー合わせのひとつ、ネイビー。「イレーヴ」のカットソーの美しさはご存知の方も多いのでは?リネン素材にはかごバッグやサンダルが雰囲気をUPしてくれます。「ネブロー二」の深いブラウン、これは本当に合わせるものを選ばないプチプラを輝かせる名品です!【日曜日】スニーカーを合わせたラフスタイルで、近所のカフェで読書↑レンガっぽいの赤系のスカートにブラウンは相性抜群。シャツをインしてもスッキリと着られます。「マディソンブルー」は胸の開き具合が絶妙に決まるので重宝なシャツ!くるぶし丈のマキシにはハイカットもよく合います。 ↓長めのトップスをかぶせるように着るのもおススメ。また違ったテイストが楽しめます。 一番上の写真で五明さんが持っているバッグは「GIANNI CHIARINI(ジャンニキアリー二)」なのですが、わたしも小さいサイズを持っています↓イタリアの人気ブランドですが、マリソル通販ではスカートと一緒に買えてしまうのもうれしいです。しかも、インポートにしてはかなりお手頃! マリソル通販が利用しやすい点は、アイテムを着用した動画が見られることですね(すべてではありませんが)。写真だけでは判断しにくい服の動きがみられるので、通販でもイメージと相違が少ないのが助かります。 (長めのスリットがお気に入り↓)「同じの持ってる」…そう言われてもめげないぞ! でも、この夏はもうピンクのスカートは買いません(笑)▶M7days(エムセブンデイズ)「【徳原文子さんコラボ】リネンスカート」の詳細はこちらをチェック▶GIANNI CHIARINI(ジャンニキャリー二)「ショルダー付2WAYバッグ」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.14★ 「100円ショップの付箋&メモパッド(各108円)」 メモや付箋はすぐに捨てるものですが、かわいいデザインはもらってうれしいし書いても楽しめます。お仕事でも使いますが、子どもの学校で役員をやっていると、親同士の物の受け渡しも多く伝言メモが必須。どうせなら普通のものよりも見て楽しいほうがいいなと、普段から可愛いものを見つけると買ってしまいます。 最近のお気に入りはこちら↓「キャンドゥ」でみつけました。リップスティックはセロファン素材で強度があり、目立つ色もわかりやすくカワイイ★そしておじさんが何か叫んでいる付箋!これが楽しい。 これは立たせることができるのでとても便利です。叫んでいる絵がインパクトがあり印象に残るので、見てもらいたい伝言にはぴったり!大したことないメモでもちょっと楽しくなります。 リアルにおいしそうなフルーツはメモパッド。これも捨てたくないくらいかわいい♪LINEのスタンプと一緒で、メモってその人の雰囲気が出ますよね! 書いていても楽しくなるメモ、100円なら惜しみなく使えます♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • そろそろ日傘の出番かな、と思う今日この頃。アラフォーたるもの、外からのUV対策に加え、内側からのこんなケアもプラスして将来の美肌を死守!がお約束です。 先月、Marisol ONLINEでアラフォーのUVケア意識調査の記事がありましたが(8割以上が通年ケアをしているという結果に感動!)、まだまだパーフェクトとはいかず、不安や不満があるみたいです。 例えば、UV下地や日傘etc.でプロテクトしてもなかなか逃れられないうっかり焼け。ズボラな私はどうもボディのUV対策が甘いようで、毎年毎年、腕や背中に悔恨の跡を残してしまいます(特にサンダルの跡!)。しかも、若い頃より焼けやすく、抜けにくくなったような……。これもすべてエイジングですね(涙)。 そこで頼りになるのが、近年リリースが相次いでいる“飲む日焼け止め”。なかでも今年は、これに決めました。ビタブリッドのホワイトポリフェノールCは、別名“ホワイトポリフェノール”とも言われるフラバンジェノールをキー成分にしたサプリメント。フラバンジェノールとはフランス南西部の海岸で、海からの強風と年中降り注ぐ紫外線の中でたくましく成長する松の樹皮から抽出されたポリフェノールです。美容だけではなく血流作用などのエビデンスも豊富で、欧州では医薬品にも配合されているそう。そこに、シナジー効果のあるナイアシン、女性としてありがたいザクロエラグ酸、各種ビタミンに果てはルティンなどなど、アラフォーが欲するビューティ&ヘルス成分がてんこ盛り。 しかもこのサプリ、今日の太陽の影響だけではなく、過去に浴びてしまった紫外線の“記憶”にも働きかけてくれるというから、なお嬉しい。これはもう、飲まない理由がないでしょ!というわけで毎朝、家を出た瞬間から紫外線に対抗できるよう、少なくとも出勤30分前には飲むことにしています。摂取目安は1日3粒。小粒なので、一度に口に含んでもつるっとイケます。これで全身のUV対策を補強できるんだからありがたい!毎年積み重なっていく“太陽の記憶”。これからの肌に後悔を残さないためにも、内から外から万全の対策をぜひ!ホワイトポリフェノール C 90粒入り(約1ヶ月分) ¥5600/ビタブリッドジャパン●「ビタブリッドジャパン」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND