1週間分のケアを5分に圧縮!? 今だけの「ランコム ハピネスサロン」で驚きのスキンケア体験を【マーヴェラス原田の40代本気美容 #87】

Marisol ONLINE

いわずと知れたランコムのロングセラー「ジェニフィック アドバンスト」。洗顔後すぐの肌に使うだけで時間を巻き戻したような、なめらか肌が手に入る美容液です。そんなジェニフィック アドバンストを使った贅沢なお手入れを体験できるイベント「ランコム ハピネス サロン」に行ってきました。

場所は六本木ヒルズカフェ。パリの街角のカフェがそのまま引っ越してきたような雰囲気と、あちこちにバラがあしらわれているフォトジェニックさで足を踏み入れた瞬間から気分が上がること間違いなし。

私が伺った際にはバラ色のピアノを弾くイケメンが。絵になっていて、もうこれだけでうっとり。

で、今回受けられる“輝き肌体験”の主役たちはこちらのジェニフィック アドバンストと店頭で使われている超音波ブースター。1秒間に300万回の振動で浸透を強力にサポートして、名品ジェニフィックの恩恵をしっかり届ける黄金コンビです。

しかも、今回のイベントでは超音波ブースターが二刀流で使われます!! わずか5分のトリートメントで見違えるような肌になれるらしい。これはもう、ワクワクが止まらない。早く試させてください!

2台の超音波ブースターを巧みに操り、たっぷりとなじませたジェニフィックアドバンストをぐいぐい送り込んでいきます。目の下は優しく、ほうれい線は引き上げ、さらに首筋まで……。ホントに5分、たった5分。なのに“輝き肌体験”の名のとおり、パーッと肌が明るくなったのにびっくり! そしてしっとり・モチモチの弾力が即座に。まさに肌が息を吹き返した感じです。ちなみにこの5分のトリートメントは、ジェニフィックを7日間使い続けた肌に匹敵する効果が望めるとか……。ああ、このブースター、販売してくれないかな。

終了後はメイクアップサービスも。恐れ多くもオープン時のイベントゲスト、戸田恵梨香さんが使用したものと同じ色のリップで仕上げてもらいました。ちなみに左側の通称“大理石リップ”「ラプソリュ トーン アップ バーム」は、限定発売したものの瞬く間に売り切れた幻のアイテム。実は限定で復活するんです! 悔しい思いをした方は、こちらも要チェック。

会場の様子を指定のハッシュタグつきでSNS投稿すると、こちらのワゴンのローズが頂けたり、なんと抽選で1年分のジェニフィックが当たる(!)宝探しゲーム「ハピネスハント」も実施。もちろんサンプリングもあります。

そして、写真映え抜群のローズの壁も。すべて生花で埋めつくされた壁、その美しさに圧倒されること間違いなしです(私は早速スマホの壁紙にしました・笑)。

「輝き肌体験」は事前にネット予約もできますので、興味がある方はお早めに! 
この週末、ぜひ六本木でプリプリの若肌を手に入れてくださいね。

「ランコム ハピネス サロン」

開催日時:3月10日(日)まで

     11:00-20:00(輝き肌体験の最終受付は19:30)

開催場所:ヒルズカフェ/スペース

(東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド2F)

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連記事
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2019年4月8日(月)~4月21日(日)【5位】<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3【基本編】膣を締めて、骨盤底筋を引き上げる【3位】「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った! 【3位】「左右非対称で不自然」悩める美女組が運命の眉に出会った! 他の画像を見る
  • 春だもの、メイクを変えたい! ならばまず今年らしいリップを一本ヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんラ・ドンナ所属。トレンドを取り入れつつ、個性をきわだたせ、大人をキレイに見せるメイクが評判。著書に『AYAMAKE』(宝島社)がある「つけるだけで今年顔になれるのがリップのいいところ」とAYAさん。とはいえ、同じ色でも質感によって今風になったり、そうでなかったりするので、色×質感のバランスに気を配るのが、あかぬけるポイントだ。「例えばオレンジなら、元気に見えるツヤツヤ質感、ベージュなら、引き締まった印象を与えるハーフマット質感というように」。またアラフォーの口もとには、リップライナーが必須。「あいまいになった輪郭をカバーして、唇本来のフォルムを生かすことができますよ」。今回はAYAさんがオレンジ、ピンク、ベージュのリップをセレクト。■ピンク×ちょいツヤ ピンクを今風につけこなしたいなら、青みピンク。 「旬を感じさせる色ですし、黄ぐすんだ肌を冴えて見せる効果が。昔っぽくならないよう、ほどよくツヤがあって、軽やかにつくタイプを選択」(AYAさん)☆使ったのはこれ!一見、強い色だけど、透明感が高いバームだからつけこなしやすい。青みで肌をトーンアップ。SHISEIDO メーキャップ カラージェル リップバーム 113¥3,500(5/1発売)/資生堂【Point】肌を明るく見せるちょいツヤ青みピンク。「唇の輪郭どおりラインを引いたらじか塗り。シアーな質感なのでより美しく発色します」☆other items目もとも頰も青みでコーディネート「ピンクの青みとリンクさせるように、目もとにもブルーを使って、肌にも透明感を」。チークも青みピンク。目と頰で肌色の彩度を上げることで、唇が悪目立ちしない。【Items】A:夏らしいゴールド&ブロンズを目もとに。サンク クルール 696¥7,700(5/3限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール B:チークも青み系でクリアな肌づくり。広く逆三角形に。キッカ フローレスグロウフラッシュブラッシュ 07¥5,000/カネボウ化粧品 C:どんなリップにも合わせやすいベージュ。ディグニファイド リップライナーペンシル  04¥2,800/セルヴォーク D:優しいマットブルーはまぶた全体に。ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー  002¥1,200(編集部調べ)/コーセー【Marisol5月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 日中は軽く汗ばむ日も多くなってきましたね。こうなると、ちょっと悩ましいのが香りのセレクト。あまりドラマティックで重たい香りはつけたくないし、とはいえアラフォーとして、あまりキャピッとした香りも気がひけるし。そんな皆さまにお知らせしたいのが6月6日(木)に発売されるSABONの新作。 香りに惹かれてつい衝動買いしてしまうことが多いブランドといえばSABON。そのボディケアアイテムの中でも、とりわけ人気を集める5つの香りから、香水「オー ドゥ サボン」と「ボディジュレ」が登場します。気になるラインナップはこちら。神聖なパチュリと優しいラベンダー、バニラを合わせたちょっとセンシュアルな「パチュリ・ラベンダー・バニラ」。トップはシトラス系で、透明感と華やかさを併せ持つ「グリーン・ローズ」。肌になじむにつれ、優しい気分になれる香り。まるでジャスミンのブーケのようなすがすがしさ! 緊張をほぐし、気分をリフレッシュしてくれそうな「デリケート・ジャスミン」。弾けるように前向きな華やかさを持つシトラスで始まり、ミドルノートのジャスミン、ラストノートのバニラやムスクが女っぷりを盛り上げる「シトラス・ブロッサム」。穏やかでピュア。ローズやジャスミンに彩られ、まるで休日のひと時のように寛いだ気分を呼んでくれる「ムスク」。こちら、単品で使うのもいいですが、なんと香りのペアリングができる!というのも大きな特徴。例えば、シャワー後にこちらの「グリーン・ローズ」のボディジュレを。これ、本当にフレッシュな香りなんです! 優しいのに爽やか、だけどラストノートにフワンと香るホワイトムスクが実に女っぽい。夏にぴったりです。話が逸れちゃいますが、テクスチャーも最高! ヨーグルトみたいにふるふるとみずみずしくて、スーッと溶け込みます。仕上がりはスルスル&しっとり。それでいて、びっくりするほどべたつかずシルキーな美肌が持続。脚になじませたら自分でもほれぼれするくらい透明感が出ました。これは真夏のボディケアに大活躍の予感!で、ペアリングの話。5つのフレグランスと5つのボディジュレで25通りの組み合わせが成り立つわけですが、私が夏に向けて選んだのはこちらの「シトラス・ブロッサム」。「グリーン・ローズ」のボディジュレで整えた肌に重ねづけすると……ボディジュレのトップノートとフレグランスのシトラスが共鳴して、幸福感が急上昇! まさに自分だけの香りとなって、1日中ハッピーに過ごせました。オー ドゥ サボンはオー ドゥ トワレなのですが、上質な香料を選りすぐっているゆえかほのかで心地いい香りがとても長〜く続くんです。だから仕事中でも、ふとした瞬間に香りのオーラが感じられて瞬時に幸福スイッチが入ります。やっぱり香りって、心の支えになる!って感じました。 ぜひ、皆さまも自分だけの最高のペアリングを探してみてくださいね。 SABON オードゥサボン 80mL 全5種 各¥6800、同ボディジュレ 200mL 全5種 各¥4500/SABON Japan<6月6日(木)発売> ●「SABON」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 美容ジャーナリストの鵜飼香子さんが「幸福オーラが漂っている」と言われた訳はこのアイテムのおかげでしたランコム ラヴィエベル フラワーズ オブ ハピネス オードゥ パルファン気づけば私もアラフォーのいい大人。若作りではなく肩の力の抜けた素敵な大人でいたい。さらには自分だけではなく、ひとりよがりでもなく、人にも幸せを分け与えられる余裕をもちたい。まさにそんな私の人生観と重なったこの香りとコンセプトに、久しぶりに震えました。育児や仕事が思いどおりに進まない時も、ひと吹きで心が安らぎ「幸福そう」と言われるほどに! きっと自律神経にもいい作用があるはずと愛してやまない一本です。「ピオニー、ジャスミン、ローズ、スズラン。愛らしさも可憐さも、強さも華やかさも、すべてを秘めた花のブーケ。透明でどこかパウダリーな雰囲気も」(鵜飼さん)。30㎖¥7,000美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん 【Marisol5月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 40代も半ばを過ぎ、シミやシワと上手に付き合わねばと思う今日この頃。過度なアンチエイジングや、マイナス○歳というフレーズには興味がないけれど、自分が心地よく居られるツヤやかな肌を目指し基礎化粧品を更新しました。化粧品に関しては興味も浮気心も大いにあり、肌の状態や気分で更新しています。加齢と共にポイントを置くようになったのが「ツヤ」で、ケアは保湿第一。今回更新したのはコチラです!左から ★オバジ アクティブサージプラチナイズドローション(化粧水) ★オバジ ステムリフトクリーム(保湿クリーム) ★ランコム ジェニフィック アドバンスト アイセラム ライトパール(目元美容液) ★ランコム ジェニフィック アドバンスト(美容液)オバジ製品は選択肢多めなラインナップですが、保湿力が高そうなのでエイジング製品を投入。ローションの使用感がとても好みです。いつまでもヌルヌルせず浸透力高め。保湿クリームはサッパリした使用感なので春夏向きかもしれません。今回更新した中で一番のお気に入りがランコムのアイセラム。フタにマッサージ用のアプリケーターが付いており、これがかなり秀悦!ツボへのフィット感が良く、マッサージするのが楽しみになります。寝る前にお手入れしておくと翌朝いつもより瞼が軽い!暫くアイケア製品ジプシーでしたがリピ決定です。私の肌は薄くて敏感。化粧水の前は拭き取り化粧水より導入美容液の方が落ち着くタイプです。ジェニフィックアドバンスト(美容液)は化粧水の前に使用するタイプで、浸透がよくベタつかないテクスチャー。オフィスでの水分蒸発問題も解決しそうな保湿力です。フタを開けるとスポイトに1回分の量が吸い上げられているのも便利!ランコム製品はちょっとした気遣いが嬉しいです。新しい化粧品を使う時のワクワクはいくつになっても変わりませんね。社会人生活も20年を越え性格はすっかり逞しく男前になりましたが、女性らしいツヤっぽさは忘れないようキープして行きたいものです。ちょっとハードル高いかも。笑美女組No.93ゆっきーのブログ
  • 「2度と太る気がしないダイエット」の美女組はづきさんのメソッド再び! “のばしゆらし体操”に注目今、独自のメソッド"のばしゆらし体操"で話題なのがパーソナルトレーナーでマリソル美女組の橋本はづきさん。このメソッド、実は疲れない体づくりにも効果的! 疲れやすいマリソル世代のために、その方法を伝授!☆私が解説します!パーソナルトレーナー 橋本はづきさんパーソナルトレーナー 橋本はづきさんマリソル美女組No.95。ヨガインストラクター。骨盤矯正インストラクター。「アウェイク鎌倉」主宰。独自のメソッドで9㎏の減量に成功。著書『運動してもヤセなかったアラフォーの私が9㎏ヤセたのばしゆらし体操』(主婦の友社)が話題深い呼吸ができるだけで疲れはとれやすくなる本誌の「2度と太る気がしないダイエット」企画で、キレイにやせるメソッドを教えてくれて大好評だった美女組のはづきさん。最近、独自のメソッド〝のばしゆらし体操〟の本も発売され注目を集めているけれど、この体操、疲れにも効くというので、今回は疲れがたまりやすいマリソル世代のためにその方法を教えてもらうことに。「疲れをとるためにまず大事なのは、深い呼吸ができるようにすることです。深い腹式呼吸ができると、リラックスをもたらす副交感神経が優位になって血流もよくなり、体と脳の疲れがとれやすくなります。それだけでなく、おへその下にある〝丹田〟という場所に力がつきます。丹田は体で最もエネルギーが集まる場所と言われ、ここに力が入るようになると骨盤がしっかり立つようになって座っていても疲れにくくなりますし、内臓下垂が改善して機 能が高まるので代謝も上がり疲れにくい体になるのです。現代人のほとんどは、ストレスが多くて呼吸が浅くなっているので、深い腹式呼吸ができるようになるだけでも疲れのとれ方がずいぶん変わりますよ」 そのほか、体を〝ゆるめる〟ことと〝のばす〟ことも大事なのだそう。「体に硬くなっている部分や、縮んでいる部分があると姿勢がくずれて筋肉がアンバランスになり、特定の筋肉が偏って使われ負担がかかります。すると肩や首のコリや腰痛などが起きて疲れやすくなり、睡眠の質も下がります。なので硬い部分はマッサージなどでほぐしてゆるめ、縮んだ部分はストレッチをしてよくのばす必要があるのです」  はづきさんがマリソル読者のために組んでくれた、疲れにくい体をつくるメニューを紹介!■疲れない体をつくる3つのポイント!①呼吸現代人の多くは呼吸が浅いため交感神経が過剰に優位になりリラックスできない状態。深い腹式呼吸ができるようになると副交感神経が優位になって血流もよくなり体と脳の疲れが解消。 ②体をゆるめる体にはおなかの表面の腹直筋や、側頭部の筋肉など使いすぎて硬くなりやすい部分が。そんな部分をマッサージしてゆるめると、体の緊張がほぐれて血流もよくなり、疲れがとれやすくなる。③体をのばすふだんの姿勢が悪いと、脇腹の腹斜筋や肩や首、腕など体のあちこちが縮んでしまい筋肉がアンバランスな状態に。するとコリや痛みが生じ、疲れやすくなるので、よくのばすことが不可欠。●動かす筋肉はこれ!まずは、ここから 「ほぐす呼吸」からスタート!「深い腹式呼吸ができるようにするには、縮んで硬くなりやすい表面の腹直筋はゆるめてのばし、脇腹の腹斜筋は縮んで衰えやすいので、のばしながら引き締めて。そしてインナーマッスルの腹横筋はゆるんで衰えている人が多いので、ここはしっかりと鍛えて丹田に力をつけるのがポイント。これを寝る前などにできるだけ毎日続ければ、疲れがとれて睡眠の質もアップ!」 ■腹直筋をほぐす呼吸 おなかの深部の腹横筋は丹田のある部分でもあり、しっかりと力が入らなければいけない部分。ゆるんでいる人が多いので力が入るよう練習を。1.あばら骨の内側をもみほぐすあおむけに寝て両膝を立て、足を少し開く。両手の指先をあばら骨の内側に入れて、よくもみほぐす。硬くなっていることが多いので、柔らかくなるまでもみほぐして。2.胃に手を当て、息を吸う次に、あばら骨の下の胃のあたりに両手を重ねて当て、息を吸っておなかに空気を入れてできるだけ大きく膨らませる。3.息を吐き恥骨へなで下ろすゆっくりと息を吐いておなかをペタンコにしていき、胃から恥骨までをなで下ろす。これを2〜3 回。縮んでいる腹直筋をのばしてほぐすイメージで行って。■腹斜筋をほぐす呼吸腹斜筋は、猫背姿勢などで縮まりやすいので、長くなるようマッサージしてよくのばして。1.両手をあばら骨の下に当てるあおむけで両膝を立て、軽く足を開く。両手を左右のあばら 骨の下あたりに当て、息を吸っておなかを膨らませる。2.腸骨へとなで下ろす息を吐きながらおなかをへこませていき、腸骨(骨盤の左右に広がる骨)に向かってなで下ろす。これを3回。【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/齋藤裕也(t.cube) ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂
  • 数あるエイジングケアブランドの中でもブレない信念を持ち、シンプルなのに存在感満点のルックスが目を惹く「ITRIM」(イトリン)。この春に発売された新作2品、ぜひアラフォー世代に手にとって欲しいので遅ればせながらご紹介します。(左から時計回りに)ITRIM エレメンタリー スキンローション 125mL ¥18000、同スキンエマルジョン 75mL ¥20000、同スキンクリーム 35g ¥38000とにかく、初めて使った時から「ITRIM」には驚かされました。 ごくごくシンプル、だけど触れるだけで癒されるまろやかなフォルムや磨りガラスの質感。蓋を開けて中身を手にとった時、そして肌にのせた瞬間に鮮烈なほどに広がる凜とした芳香。古から受け継がれている伝統的な有用植物と天然素材のチカラが、元気をなくしたアラフォーのエイジング肌にガツンと響きます。アイテムに共通配合されたキー成分は最上級のメリッサ精油・ビワ葉エキス・メロン種子油。それ以外にも、いずれも“土から育てる”ことにこだわり、使用部位にこだわり、最適な抽出方法にこだわり……。丁寧に丁寧に作り上げられた多機能な美容成分ぞろい。それをアイテムの用途別に綿密にレシピを練り上げ、「顔」「体」「髪」全てに揺るぎない美しさをもたらす充実、そして圧巻のラインナップを誇ります。なんて能書きはこれぐらいにして……ホントにITRIMのアイテムは本能で「気持ちいい!」と感じるアイテムばかり。インパクト満点の香りを嗅いだ瞬間から脳レベルで、心も肌も前向きなお手入れモードのスイッチが入るんです。ちなみにこちらは化粧水・乳液・クリームという夜の3ステップ。これだけでもう、余計なものはいりません。私は特にクリームがお気に入り。ちょっとバームに近いテクスチャーで固めなのに体温でするりととけ、肌を抱擁するように溶け込み、滑らかに整えてくれます。(左から)ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000、同フェイシャルプロテクション<SPF45/PA+++> 80g ¥12000そんなITRIMがこの春リリースし、すでに話題になっているのがこちらのゴマージュ&プロテクション。ゴマージュで肌をなめらかに整え、肌にピタッとフィットするプロテクターで紫外線だけではなくブルーライトや大気汚染物質など多種多様な外的ストレスから大人の肌をガード。スキンケアで築き上げた美肌を守るコンビです。まずご覧ください、このジュレのようなテクスチャー! 文句なく美味しそうでしょ? 入っているのは、肌にも地球にも優しい5つの天然植物スクラブ。コンニャク、アロエベラ、ライチ種子……ここまでは分かるんです。さらになんと、庄内柿に山形さくらんぼの果肉や果汁から作られたパウダースクラブも入っているんです。どうりで美味しい香りがするわけだ!(笑) ちなみにさくらんぼは、食用ではなく受粉樹として用いられるため廃棄される運命にある果実を利用。そう、ITRIMはとってもサスティナブルなブランドでもあるんです。ジュレのようなこのスクラブ、使用感もとっても楽しい。よくあるザラっとした感触は一切なく、まさに“果肉粒”的なプルプルの肌あたり。マンダリンオレンジの香りと色を楽しみつつデコルテ・肩先までクルクル。洗い流すとまるで美容液で洗い上げたようなしっとり、なめらかな肌に。微粒子のレッドクレイも配合されているので、くすみも払ってくれて一気に朝から気分が上がります。なめらか&ピュアに整った肌を守るために、セットで使いたいのがプロテクション。アンチポリューションに効果的と言われるオオグルマギクエキスをカギに天然由来成分、実に97%。このピンク色が色ムラ補正に一役買ってくれるのですが、とにかく質感が秀逸。スーッと伸びる!そしてピタッとつく!嫌なベタつきなし!だけどそこはさすが大人向け、日中の肌を守る美容成分もぬかりなく配合されているから最近の初夏じみた陽気でも肌を乾かしません。 ちなみに香りは、ゴマージュよりスッと背筋が伸びるシャープな印象かな。本当に香りに包まれるのが待ち遠しく、ケアが楽しみになるITRIM。この他にもボディケア、ヘアケアなどご紹介したいものがたくさんあるのですが本日はここまで。まずは、これからのシーズンにぴったりの新作2品、ぜひチェックしてくださいね!●「ITRIM」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 美女組メンバーになると、どんどんキレイになるとの噂。キレイを更新し続ける美女組たちの美のアンテナを大公開大人になるほど「キレイ」に対して、前向きにトライし続けている女性たちは、どんどん「キレイ」が加速していく……という噂に迫ります。 【情報交換美人】美女組同士の情報交換で、美の資格取得が広がる!■美女組No.141 カキノキさん「アラフォーになり、今までのカジュアルな服(写真右)が似合わなくなり『顔タイプアドバイザー』資格を取得。服の幅が広がり、自信のある振る舞いができるように」→No.141 カキノキさんのブログ■Macoさん 美女組No.100「カキノキさんのブログで資格を知り、社会復帰のために自分も勉強することに。同じショートヘアでも自分に似合うスタイルがわかり、モチベーションが上がります」→No.100 Macoさんのブログ■美女組No.126 好美さん「同期のカキノキさんに診断をしてもらったのがきっかけで資格を取りました。診断結果、自分が『子供顔』タイプだとわかり、大人っぽいメイクを取り入れるようになりました」→No.126 好美さんのブログ【運動美人】筋肉つけたい! 40過ぎたら、さらに大事。■美女組No.121 いずみさん「子供の習い事をきっかけに週1でスイミングへ。ほとんど泳げなかったのですが、自分もキレイに泳ぎたいと一念発起。一生続けられるライフワークにしたいです!」→No.121 いずみさんのブログ■美女組No.111 tomoさん「ランニングを始めて1 年半。目標の3㎏減を達成! 週末は7㎞、平日は4㎞を週2~ 3回実践。体重のコントロールもできるし、気持ちのエネルギーチャージにも!」 →No.111 tomoさんのブログ■美女組No.164 kanaさん「出産後の+ 5㎏を減らすため、ながら筋トレとヨガをスタート。好きな洋服を着続けるために『継続は力なり』という気持ちで4年継続中。今年は美尻を目標にしてます」 →No.164 kanaさんのブログ【Marisol 5月号2019年掲載】取材・文/松井美千代
関連キーワード

RECOMMEND