花粉症のマスク姿でもツヤ感のあるスカートで華やかさを忘れずに【2019/3/8コーデ】

Marisol ONLINE
インナーの色が渋めだとしても、アウターであるトレンチのベージュとマスクの白から色をリンクさせた白小物で明るさをプラスして。首もとのスカーフやラップスカートのツヤ感は、ぐっと華やかにしてくれるだけでなく、花粉攻撃からもさらりと守ってくれる。話題の手土産探しで外に出なくちゃならない日もこれならおしゃれしながら身を守れそう。明日は帰りに耳鼻科に行かなくちゃ。
トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) カットソー¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン) スカート¥29,000/アマン(ベルウィッチ) イヤリング¥10,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーブ) スカーフ¥42,000/アトリエ  ニノン(ラスパイユ) バッグ¥142,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥27,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼スカートコーデをもっと見る
関連記事
  • "今欲しい!"明日から着たい!"アイテムを豊富にラインナップ今シーズン取り入れたいトレンドを、大人が着やすいデザインに。着る人がスタイルアップして見えるよう、色やシルエットにもこだわり抜いた、まさに"お値段以上"のクオリティ!エムセブンデイズ ■リネンライクシャツ&リネンライクマキシスカート上下でそろえておけば着こなしの幅は無限大!リネンライク素材のさらっとした肌ざわりが心地よい。ほんのりリラックスシルエットのシャツとたっぷり揺れるフレアスカートは、それぞれ単品でも大活躍間違いなし。さわやかなサックスのほか、オケージョンに使えるネイビーもおすすめ。シューズ¥24,000/SHOP Marisol(コルソローマ ノーヴェ) ピアス・バングル・バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズリネンライクシャツカラー:サックス、ネイビーサイズ:1、2¥13,000 ■エムセブンデイズリネンライクマキシスカートカラー:サックス、ネイビーサイズ:1、2¥15,900 エムセブンデイズ ■トレンチ風ジレ春秋と長い時期着られるジレタイプのコートカットソー+デニムのようなスタイルに合わせると、スタイリングがぐっと凝った印象に。ベルトつきだから、スカートの日には前を閉じてウエストマークするのもおすすめ。デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパ¥24,000(ファビオ ルスコーニ)サンダル/SHOPMarisol カットソー・帽子・ネックレス/スタイリスト私物■エムセブンデイズトレンチ風ジレカラー:ベージュサイズ:F¥28,000 エムセブンデイズ ■上品サーマルプルオーバーほどよいゆるシルエットがこなれ見えの理由スウェットほどカジュアルになりすぎず、Tシャツよりもしっかりとした素材感できれいめに着こなせる。首もとをすっきり見せる少しだけ横に広いネックライン、軽やかな七分袖の袖口は長めのリブがポイント。凹凸感のあるサーマル素材は洗濯を繰り返してもへたりにくく、清潔な印象をキープできるのもうれしい。サングラス・バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズ上品サーマルプルオーバーカラー:ライトグレー、ネイビー、ホワイトサイズ:1、2¥9,500 ■エムセブンデイズ腰高ワイドパンツカラー:ベージュ、ネイビーサイズ:0、1、2¥16,500 エムセブンデイズ ■美鎖骨ニットカーディガンおしゃれで着こなしやすい旬のニュアンスカラーを厳選身頃のバランスや丈感などを調整することで、はおりとしてもプルオーバーとしても活躍するシルエットに。ほんのりブラウンがかったオリーブと、深みのあるピーコックブルーは、どちらもベーシックカラーに合わせるだけで洗練された雰囲気になれる。ピンクバレエシューズ¥29,000/SHOP Marisol(ポルセリ) ピアス・バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズニットカーディガンカラー:オリーブ、ピーコックブルーサイズ:F¥14,000 ■エムセブンデイズさらさらマキシスカートカラー:ホワイトサイズ:1、2¥15,000 【Marisol 4月号2019年掲載】 撮影/長山一樹(S-14/SHIHO) 黒沼 諭 (aosora/五明) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹(SHIHO) メイク/AIKO ONO(angle/SHIHO) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini./五明) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 五明祐子 取材・文/発田美穂
  • 一枚でおしゃれヒロインになれるミニドレスにオレンジ色の靴が映えて交際3年ともなれば彼の好みは熟知してる。王道フェミニンよりも基本カジュアル好き、でもやっぱり女の子らしいワンピースに目がナイ!(笑) だから特別な日は、胸もとのギャザーやボリューム袖の可愛さを大人っぽい黒で引き締めたミニドレスで勝負。ほんのり甘くて、でもこの季節に”黒”っていう意外性に彼もドキッとするはず♡ ヘルシーなさし色のストラップ靴でレディなムードもハッピー感も満点に。海辺のドライブから素敵なディナーまで似合う、まさに記念日デートにぴったりの着こなしに。ワンピース¥47000(リー マシュー)・靴¥46000(ネブローニ)/TOMORROWLAND バッグ¥45000/アルファ PR(アエタ) カチューシャ¥3000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(マ シェール コゼット?) イヤリング¥2400/サンポークリエイト(mimi33)本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/横山創大 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/大平典子
  • 一点投入するだけで、春夏の薄手&シンプルコーデが一気に華やぐハイブランドのバッグから、セレクトショップがリコメンドするバッグ、マリソル編集長イシダがぐっときたバッグなど、アラフォーが選ぶべき最旬バッグを一気にお見せします!【目次】 1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグ 2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ 3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグ 4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く! 5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!※商品は販売を終了している場合があります1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグアラフォーの心を動かす美しいバッグでデイリーコーデを格上げしましょう! アラフォーが狙うべきハイブランドの「ときめくバッグ」はこちら。 ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELのバケツ型バッグの詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」の詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIOR「サドル」バッグの詳細はこちら2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ人気セレクトショップだけで手に入れることのできるものや別注、カスタマイズなど、人気セレクトショップ発おすすめバッグをお届け。 ■BARNEYS NEWYORK/フォンタナ ミラノ 1915のバッグトップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶ォンタナ ミラノ 1915のバッグの詳細はこちら■Ron Herman/ラドローのかごバッグ上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグの詳細はこちら■BEAMS/エレメのコラボバッグ通常の太ストラップ(写真)に加え、細ストラップも特別に別注。気分に合わせてつけ替え可能。 バッグ(20×27×15)¥64,000/デミルクス ビームス 新宿(エレメ×デミルクス ビームス)▶エレメのコラボバッグの詳細はこちら■Chaos/ア バケーションのトートバッグ先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶ア バケーションのトートバッグの詳細はこちら■ESTNATION/バルダンのスクエアショルダーバッグ型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグの詳細はこちら■TOMORROWLAND/J&M DAVIDSONのコラボバッグ「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグの詳細はこちら3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグラグジュアリーブランドの2019年春夏バッグの新作から、編集長イシダがぐっときた逸品バッグをご紹介! ■SAINT LAURENT「キャンバスバッグがクラッチになったりシーンに応じて顔を変えて楽しめるのがなにかと忙しい大人向きですよね」(編集長イシダ) (右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・(左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶「アップタウン」と「ショッピング・テ ディ」バッグの詳細はこちら■BOTTEGA VENETA「美しいキャメルカラーは、極上のレザーならでは。こんなビッグクラッチをラフに持ちたい!」(編集長イシダ) 若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶「THE POUCH」バッグの詳細はこちら■BALENCIAGA「定番色のグレーなのに、しゃれ感がある!機能的な使い勝手も備えているのがいい」(編集長イシダ) 人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶「EVERYDAY LOGO」バッグの詳細はこちら■LOEWE「着こなしに抜け感を加えてくれるリネンのバッグ。でもそれだけじゃない、品格もあるのが大人好みです」(編集長イシダ) オープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶「BALLOON」バッグの詳細はこちら■STELLA McCARTNEY「荷物がたくさん入って、使いやすさ抜群のシリーズ。白×ネイビーは、新鮮かつ凛々しくて惹かれます」(編集長イシダ) サンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶「ステラ ロゴ」バッグの詳細はこちら■CHLOÉ「今季、シンプルな中に存在感のあるロゴ使いが新鮮に映ります。ノーブルなたたずまいが本当に素敵」(編集長イシダ) 新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶「Chloé C」バッグの詳細はこちら4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く!おしゃれが映える「グリーン」、爽やかな印象を与える「ブルー」、華やかで元気な「 イエロー」。トレンドカラーのバッグを取り入れればいつものコーデぐっとが新鮮に!■GREEN/グリーンカラーのバッグアースカラーがトレンドのこの春。ベージュやブラウンといった旬色になじみつつ、上品なアクセントにもなるグリーンへの注目が急上昇。  (右)しっかりとしたレザーにノット(結び目)デザインが個性的な巾着型。こっくりした濃いめのトーンで合わせやすい。バッグ(18×16×10)¥32,000/コード(ヴァジック) (中)大人の遊び心を感じさせる上質なレザーのバスケット。若草のようなさわやかな色が素敵。バッグ(16×17×17)¥94,000/スタニングルアー 青山店(WAI WAI) (左)スエードならではの柔らかな質感で女っぽく持てるカーキグリーン。たっぷりあしらわれたフリンジも華やか。バッグ(18×25× 7 )¥96,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)▶グリーンカラーのバッグ3点の詳細はこちら■YELLOW/イエローカラーのバッグ春らしい明るさがありつつ甘さ控えめなイエローは、アラフォーも取り入れやすいおすすめのトレンドカラー。 (右)さし色をきかせるのが苦手な人も、こんな小ぶりサイズならトライしやすいはず。まだ寒い時期のコートスタイルもこれひとつで一気に春らしく。バッグ(14×15×10)¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) (左)かっちりとした上品な形で、ポケットも充実。お仕事コーデに華やかさを添えたい時にもおすすめ。ショルダーストラップつき。バッグ(16×21×11)¥128,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ) ▶イエローカラーのバッグ2点の詳細はこちらBLUE/ブルーカラーのバッグ海や空を思わせるきれいなブルーも今季は豊作。清潔感をアップさせ、着こなしを軽やかにする効果も。 (右)ミニチュア感のあるサイズが可愛いトート。ほんのり甘さのあるパステルカラーをきかせて。ショルダーストラップつき。バッグ(16×28×11)¥128,000/フォクシー 銀座本店(フォクシー) (中)羊革を使用したふかふかの手ざわりが気持ちいいキルティングバッグ。素材が上質なので、鮮やかなカラーでも大人っぽく。ショルダーストラップつき。バッグ(19×29×15)¥128,000/アマン(ザネラート) (左)今季も変わらず人気のバケツ型バッグは、色で遊んで新鮮味を。パープルがかった色みが上品。バッグ(18.5×17×17)¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) ▶ブルーカラーのバッグ3点の詳細はこちら5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!チャームやストラップで、イニシャルで。アラフォーが大好きなブランドのバッグに自分らしい遊び心をトッピングしてみては? ■フェンディのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶フェンディ「モン トレゾール」バッグの詳細はこちら■ディオールのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶ディオール「LADY DIOR」バッグとストラップの詳細はこちら■プラダのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▼プラダのバッグとロボットチャームの詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▼グッチの『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグの詳細はこちら
  • デニム×ブラウスのネイビーワントーンコーデでカジュアルなのに厳かな雰囲気で※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます週末デニムで若干カジュアル感はあるけれど、選挙なのできちんと感を意識してインディゴブルーのデニムときれいめブラウスでネイビーのワントーンコーデを。政治には透明性を持って欲しいから、シースルーバッグでさりげなく願いをアピールして。デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 4/13(土)〜4/19(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!4月13日(土)末はデコルテと足首見せで上品でカジュアルな犬とのお散歩コーデ 4月14日(日)野球観戦は甘めカジュアルに応援するチームカラーをほんのり意識して 4月15日(月)新入社員研修で指導係としてスピーチする日はセットアップで凛として他の画像を見る
  • 天候が優れないことも多いこの時季には、レインウェアが必携。今季、ユーティリティと洗練されたルックスを兼ね備えた新鋭が揃っている。それらを傘は差さないハンズフリースタイルでスマートに。スコールにも、小雨にも負けないモードな装いで、街へ! レザーのようなマットな質感のコートは薄く軽量な「ゴアテックスシェイクドライ™」素材。表面に水を吸収しないメンブレン(防水透湿膜)が優秀。耐久性やストレッチ力も抜群だ。中にはレース模様が配された半透明のコートを重ねニュアンスをプラス。ロングブーツとオールインワンは白のワントーンで揃え、悪天候でもシックな着こなしに。 コート「ラミナーコレクション」¥129,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ブーツ¥16,500/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) 中に着たコート¥261,000/コロネット(ニナ リッチ) オールインワン¥59,000/SUPER A MARKET(ガブリエラ コール ガーメンツ) ピアス/スタイリスト私物タフなハットにフードを仕込み、ペザント風に 防水・透湿性の機能を備えつつ、エレガントなムードが漂うゴアテックスハットが珍しい。広めにとられたつばや縫い目のシームテープの加工で、雨をしっかりと防ぐ。その下に水玉模様のレインフードを仕込めば、どこかドリーミーな趣に。 帽子¥8,800/ザ・ノース・フェイス スタンダード(ザ・ノース・フェイス) コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 下にかぶったフード¥4,000/ジャンティーク ポケッタブルなコートの、春色スタイル "歩くための機能服"をコンセプトにしたブランドより、超撥水素材のコートをセレクト。ゆったりとしたシルエットでバックパックなどの上から羽織れる。リフレクタープリントが随所に配され、夜間も安心。やわらかいカラーでまとめたら雨の日でも気持ちは軽やかに。 コート¥39,000/フェニックス クリエイティブ セレクト ストア(アルクフェニックス) シャツ¥62,000/アデライデ(エフティシア) パンツ¥34,500/エドストローム オフィス(クレージュ) ピアス¥16,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥35,000/TOMORROWLAND(マリアム・ナッシアー・ザデー) 大胆な存在感のレインコートで、ドレスアップ 動きやすいレインコートを主役に。ウエスト部分のジップを開ければ、裾をまくらずにパンツのポケットなどにスムースにアクセスできるのもうれしい。街に映えるブルーに総柄のニットドレスを選んで華やかに。足もとのクリアなサンダルはぬれても安心。 レインコート¥14,000/カリマージャパン(カリマー) ニットドレス¥82,000(パコ ラバンヌ)・中指のリング( 3 本セット)¥77,000(シャルロット シェネ)/エドストローム オフィス 人さし指のリング¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) トングサンダル¥6,000/TOMORROWLAND(イゴール)ブーツとハットで、気分は映画俳優 ミニマルなセットアップに、雨対応のキャッチーな小物を。1965年に誕生した老舗ブランドのロングブーツは、プレイフルなカラーリングがユニーク。ワンポイントのロゴにも遊び心が。つややかなブラックのPVCハットを頭にのせれば、どこかシネマティックな装いに。 ブーツ¥12,000(参考価格)/ワイエスインターナショナル(ケーウェイ) ジャケット¥71,000・パンツ¥45,000(ともにメンズ)/クリスチャンダダ トウキョウ(クリスチャンダダ) 帽子¥25,000/SUPER A MARKET(クライド) 肩ひもの色を、着こなしのフックに 超軽量ポリエステルのパッカブルなコートは、どんな装いにもなじむベージュカラー。内側にセットされたブルーの肩ひもは、晴れたら背負って乾かしつつ、ハンズフリーもかなえる優れもの。シックな色は、シルバーのワンピースのアクセントにも。スタイリングの一部として効果を発揮する。 コート(メンズ)¥28,000/マッキントッシュ ジャパン(トラディショナル ウェザーウェア) ワンピース¥48,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) すっきりとしたロングブーツはドレッシーにも シックなブーツはなんと折りたためる! 旅行など携帯用にも最適だ。スリムなシルエットだから雨の日でももたつかず洗練された足もとに。さりげないレースアップのデザインが、より都会的なムードを薫らせる。 ブーツ¥17,000/エーグルカスタマーサービス(エーグル) バッグ¥157,000/エドストロームオフィス(パコ ラバンヌ) ワンピース¥48,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) 降っても晴れても、モードでいたい 都会のためのユースフルなレイングッズが勢揃い。雨の日でもモダンに!SOURCE:SPUR 2019年5月号「雨降りの春には」photography: Yuto Kudo styling: Tomoko Kojima hair: kazuhiro naka〈KiKi inc.〉 make-up: ANNA〈S-14〉 model: Chelsey cooperation: BACKDROPS=STUDIO BASTILLE ミルクホワイトカラーのビニールにメッシュ生地が挟まれた、防水素材のアイテムをセットで。バッグ〈H33×W56×D20〉¥3,800・ポーチ〈H15×W25〉¥1,500/アメメ アーバンリサーチ NU茶屋町プラス店(アメメ)トゥやトリミングの光沢感とマットなボディというブラック同士のコントラストを堪能。スタイリッシュなルックスに、シグネチャーのスタースタッズが強さを加える。ロングブーツ¥45,000/JIMMY CHOOブランドを体現するモチーフやカラーリングを採用したサイドゴアのブーツ。ころんとしたフォルムも愛らしい。厚めのソールで歩きやすさも。ショートブーツ¥14,000/エイアンドエフ(ペンドルトン)エジプトのスフィンクスコットンという上質な素材を限界まで高密度に織り上げたトレンチコート。超撥水加工が施されており、紙のようなテクスチャーがユニーク。チェックコート¥84,000/オーラリー透湿性もあるハットは、顔がぬれにくい広めのつばが特徴的。一部がクリアな素材に切り替えられ、視界も良好にキープ。帽子¥11,000/フェニックス クリエイティブ セレクト ストア(アルクフェニックス)ビニールコートにはプリーツを施し、ドレスライクな空気感をプラス。ウェルダー加工された縫い目が完全防水を実現。プリーツコート¥37,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)サイドゴア仕様に加え、かかと側にもプルストラップが配され、脱ぎ履きがスムース。ショートブーツ¥13,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)コートではなく、レインジャケットというのが新鮮。少しダッドな空気感でまとうのも気分だ。ストレッチで着心地も快適。ジャケット(メンズ)¥38,000/ザ・ノース・フェイス スタンダード(ザ・ノース・フェイス)
  • ワンピじゃないの、サマードレス!が気分なの。リゾート、ボヘミアン……。新しいトレンドは全部“楽しい”。そこに“もうすぐ10連休”なんてワクワク感が乗っかれば、出かけたくなる休日ドレスが、欲しくならないはずがない!ベリーカラーのティアードドレスはじけるような日差しに似合う色を着て、太陽を待ちわびる。太陽の光に映えるきれい色は、これからの季節の変わらない憧れ。ふわり軽やかに舞うようなティアードデザインは、今の気分のトレンド。さらりとまとう、それだけで幸せ。ワンピース¥40000/ヌキテパ AOYAMA(NE QUITTEZ PAS BLACK) 靴¥31000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥15000/ブランドニュース(サラ マリカ) ピアス¥36000/TOMORROWLAND(アグメス) ブレスレット¥8600/アンティットレトロ柄のマキシドレスノスタルジックなおしゃれ感に浸るのは、これからの季節の特権。ヴィンテージみたいなこんなドレスは、きっとずっと好き。クリーンな白やハイテクスニーカーで“ほっこり”より“しゅっと”着るのが新しい気分。ワンピース¥38000/ショールーム セッション(ジャン_ヌレ) ジャケット¥30000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) バッグ¥7000/ブランドニュース(サラ マリカ) ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥37000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ)オープンカラーのシャツドレス空の色やさわやかな風まで味方につけた“夏のお嬢さん”♡ オープンカラーやベルトマークの“おしゃれなレトロ感”も今のトレンド。甘酸っぱい気分を呼び起こすようなユニフォームライクなシャツドレスは、とにかくさわやかに着るのが正解。天気も気温も最高、さあどこへ行こう?ワンピース¥32000/メゾン ド ベージュ 靴¥7300/ゴールドウイン(エレッセ ヘリテージ) リング¥7500/LIFE's 代官山店 ブレスレット¥36000/UTS PR(ルフェール)リネンのチュニックドレス (右)ウエストのひもでブラウジングできるので、デニムやレギンスを重ねるのもおしゃれ。¥11000/フリークス ストア渋谷  (左)トルコのカフタンドレスのような雰囲気で、街で着るのはもちろん、旅に出たくなる一枚。¥32000/ヌキテパ AOYAMA(ne Quittez pas)オードリー・ヘプバーンみたいなサマーブラック (右)すとんと落ち感あるシルエットと袖のボリューム感のバランスがおしゃれ。¥36000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)  (左)クラシカルで大人っぽく着られるスクエアネック。べったりしない軽やかな黒の色味も素敵。¥45000/FUN Inc.(アイロン) ジェーン・バーキンみたいなサマーレース (右)ヴィンテージドレスみたいに繊細なレースとエクリュな白。¥60000/ブランドニュース(シー ニュー ヨーク)  (左)ボタンを開ければはおりにもなるので、たとえばTシャツとデニムにさらりと。5月中旬発売予定。¥21000/アニエスべー(トゥービー バイ アニエスべー)レトロ柄のマキシドレス (右)幾何学柄のような花柄のような大人っぽさ。実はリバーシブルなのもスゴイ。¥6900/ラコレ (左)ほんのりドレスアップ気分を楽しめるカシュクール。¥24000/ヌキテパ AOYAMA(ne Quittez pas)オープンカラーのシャツドレス (右)季節感もトレンド感も満点の明るいストライプ。¥6500/AG バイ アクアガール  (左)実は女っぽいカーキのドレス。かごバッグやシルバーのアクセサリーと。¥40000/FUN Inc.(アイロン)ベリーカラーのティアードドレス (右)赤とピンクの中間みたいなハッピーカラー。5月中旬発売予定。¥22000/アニエスべー(トゥービー バイ アニエスべー)  (左)ティアードに切り替わる位置が高いので、ふんわりしながらもすっきり着られる。¥27000/シップス 渋谷店(マリハ) ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/横山創大(モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/大平典子
  • クリーン&ラフな白スウェット投入でサテンパンツもたちまちヘルシーに同僚に誘われて週末は車に乗っていちご狩りへ。今年らしい光沢のあるサテンパンツも、ドローストリングス(引き紐)のコンフォートパンツなら、いちご狩りのように立ったり座ったりするときも楽なのでおすすめ。カジュアル感と清潔感のある白スウェットも、実は黒に比べて蜂が寄ってこないと言われているので、虫除けを兼ねて合わせてみるとバランスが。パンツ¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スウェット¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) かごバッグ¥52,000/エイチ ビューティ&ユース(セスタ コレクティブ) スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) パールネックレス¥2,900/ジューシーロック撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND