いつでも使える!好感度ナンバーワンのネイビーファッションコーデ実例|ネイビーパンツやネイビースカート、ワンピースなど

Marisol ONLINE

■オフィスコーデで大活躍「ネイビーパンツ」

【 1 】ネイビーパンツ×ブラウンニットコーデ

全体的に落ち着いたトーンのコーデのときには、せめて足もとのバレエシューズにシャンパンゴールドカラーを取り入れて、春らしさを先取りしてみる。どこかに女性らしさを取り入れるならバッグにスカーフをつけてみる。歩いたときに風でゆらぐそのしなやかさにエレガントな雰囲気が宿るはず。      

【 2 】ネイビーのオールインワン×トレンチコートコーデ

カジュアルテイストの強いオールインワンアイテムも、お仕事で着るならダークカラーのネイビーをチョイスすべし。さらに羽織るものはさらりと着流すゆるフェミニントレンチコートなら、シックにまとまる。エレガントを加えるなら小物選びにも気を遣って。

【 3 】ネイビーパンツ×淡色ブルーシャツコーデ

シンプルなニット×パンツのオフィスコーデ。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくってコーデの鮮度をアップ。足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。

【 4 】ネイビーパンツ×シアーブラウスコーデ

ギャザー入り&ふんわり袖の甘めシアーブラウスに、コットンツイルのマリンパンツで、カジュアル感を足しつつ腰高でスタイルアップに。シルバーのチョーカーやパイソン柄パンプスで、キレのいい女らしさを演出。

【 5 】ネイビーパンツ×ネイビーシャツ&スニーカーコーデ

オールネイビコーデならいろんなシーンに対応!フルレングス丈のパンツのすそから、ちらっとのぞくグリッターな光沢が、地味になりがちなネイビーのワントーンコーデに今どき感をプラスしてくれるはず。 

【 6 】ネイビーパンツ×ブルーシャツコーデ

レオパードの細ベルトが、ネイビーパンツに上品な遊び心を加えて、×ブルーシャツの着こなしも真面目にならず女らしく。黒のレザーバッグやパールネックレスで、クラシカルなムードを盛り上げて。

【 7 】ネイビーパンツ×ボーダートップスコーデ

足もとに、今年らしい抜け感を演出して。合わせれば、端正なイメージのネイビーパンツが、たちまちこなれた雰囲気に。

【 8 】ネイビーパンツ×白ニットコーデ

ツヤネイビーがあるからシンプルカジュアルも女らしく。ほんのりツヤを放つネイビーパンツは、女っぷりカジュアルの強い味方に。

■品よく仕上げる「ネイビースカート」

【 1 】ネイビースカート×トレンチコート&ボーダートップスコーデ

ハンサムトレンチのベージュにきかせるならこっくりしたオレンジがおすすめ。ネイビーのプリーツスカートと合わせれば誰からも好感度を持たれるコーデに。ボーダー×プリーツスカート×トレンチ×パンプスの定番コーディネートも、色合わせしだいでこんなに新鮮!      

【 2 】ラメ入りネイビースカート×黒ニットコーデ

黒のタートルニットにはさりげなくきらめくプリーツスカートを合わせてシックにきめて。そこにレオパードのバッグを肩がけしてポイントに。アクセサリーはシンプルに耳元で揺れるピアスで、華やかさをプラスして。

【 3 】ネイビーのプリーツスカート×ブラウンシャツコーデ

実はしっとりブラウン×艶ありネイビーはお地味にならずにエレガントに見える組み合わせ。

【 4 】ネイビーのギャザースカート×ネイビーニットコーデ

品よくオールネイビーに身を包んで。イレギュラーなギャザー使いで軽やかに揺れるネイビーのスカートを、半袖のハイゲージニットと合わせて上品な甘さに。さらにパープルのサテンパンプスでツヤっぽい女らしさを足したら、仕上げに白いハットをオン。

【 5 】ダークネイビースカート×ネイビーシャツ&きれい色バッグコーデ

ブルー系で全体のトーンを揃えれば、女っぽすぎるのが苦手な人にもおすすめの配色に。何にでも合わせやすいネイビーコーデも、きれい色を合わせるとうまくいく。     

【 6 】ネイビースカート×オリーブ色のリブカットソーコーデ

オリーブ色のリブカットソー&ネイビースカートという組み合わせが新鮮で大人っぽい 。オリーブがかったベージュのコットンリブカットソーをインすれば、フィット&フレアなシルエットの美しさはそのままに、よりカジュアルなムードに。オフィスでも穏やかな印象を与えること間違いなし。       

【 7 】ネイビーのフレアスカート×ブラウスコーデ

深い色同士の組み合わせはウエストのくびれを生かしたコーデで、メリハリと軽やかさを意識。ポイントは、丸みのあるフォルムのブラウスは、リネン混のフレアスカートにインにすること!そうすることでウエストのくびれを強調させて女性らしいシルエットの完成。

■いつでも頼れる「ネイビートップス」

【 1 】ネイビーブラウス×白パンツコーデ

少し横に広いハイネックがクラシックな可愛さを演出してくれるブラウス。オフィスやオケージョンなど、改まった席でも使えるネイビーなら、同窓会などのイベントにもぴったり。裾が切りっぱなしのホワイトデニムを合わせたとしても、甘めトップスならカジュアルな中にもクリーンで上品な印象をキープできる。

【 2 】ネイビーシャツ×ベージュパンツコーデ

きちんと上までボタンを留めればノーブルに、襟を抜いて着るとほんのり色香を感じさせ印象をがらりと変えてくれるシャツ。ネイビーは凛とした女性らしさと誠実さを、トレンドのハイウエストパンツは、共布のリボンベルトがシンプルなスタイリングを少しだけ甘く仕上げて優しさを与えてくれる。

【 3 】ネイビーのボーダートップス×白レーススカートコーデ

定番の白×ネイビーではなく、ブルー×ネイビーにすることで、都会的な印象を目指して。ボーダーカットソーとレーススカートの組み合わせのなかにも、真面目さを印象づけるためにもシックなネイビー配色を心がけて。 

【 4 】ネイビーシンプルニット×ツヤスカーフ&パンツコーデ

ネイビータートルニットに、大きめのシルクスカーフをゆったり巻いて、顔まわりを華やかに。チノワイドパンツで今っぽくカジュアルダウンするのがポイント。

【 5 】ネイビーニット×パープルスカートコーデ

ネイビーニットとトーンがなじみつつ、ほどよく華やかさも添えてくれるアイテムとは? 答えは、濃パープルのプリーツスカート。寒色系でまとまりやすいネイビー×パープルは、好相性。揺れるスカートなら、洗練された女らしさも確約。

【 6 】ネイビーニット×ベージュのワイドパンツ&パールネックレスコーデ

おしゃれな人から取り入れている、ナバホパール。その長めの二連ネックレスも、ネイビーニットの上に連なれば、クールな存在感がきわだつ。ハイウエストのチノワイドパンツを合わせて、ミニマムながらしゃれ感漂うカジュアルコーデに仕上げて。

【 7 】ネイビーのフェミニンブラウス×デニムパンツコーデ

いつもはきちんとスタイルで活躍しているブラウスをデニムとコーディネートすれば、女っぷり溢れる大人カジュアルの完成! 例えばこのコーデなら、かっちりとしたトートバッグとパンプスを合わせれば、デニムOKな職場の通勤にもクールにマッチしそう。     

■華やかさを演出「ネイビーワンピース」

【 1 】ネイビーワンピース×トレンチコートコーデ

いろいろなシーンに着回せるネイビーワンピースは、感度の高い女友達との集まりにでも実は重宝する一枚。例えば袖まくりをしてゆったりとコートを着こなせば、おしゃれ上級者の貫禄が漂って。

【 2 】ネイビーワンピース×黒小物コーデ

シワになりにくいとろみワンピースは宴会場がテーブル席でもお座敷タイプでもどちらでも万能なアイテム。とろんとしていてもウエストリボンやスキッパー襟でだらしなく見せないのがポイント。ネイビー×黒小物でシックにまとめれば知的で頼りがいのある女性に見られること間違いなし。

【 3 】ネイビーのシャツワンピース×レギンスコーデ

大人のカジュアルレギンスコーデ。シャツワンピースと合わせる鉄板コーデでシンプルに着こなしたときこそ、かっちり形のあるデザインでインパクトのあるバッグがおすすめ。大人っぽい赤だから季節を選ばずに使えちゃうのもうれしい。

【 4 】ネイビーのシアーワンピース×デニムパンツコーデ

後ろ姿までドラマティック! レイヤードも楽しい一枚。シンプルなデニムコーデに、艶のある女性らしさをまとって。

関連記事
  • 本気で買って良かったチークを紹介こんにちは yasukoです チークは今までリキッド派でしたが 夏はパウダーに変えてみました CHANEL #69 コーラルカラー 頬の高い位置に乗せるだけで 少しの量で色付いてくれますので コストパフォーマンスは高いです 普段のメイクは 日焼け止めクリーム 下地 眉ライナー リップ という簡単メイクですので チークが鮮やかに入るだけで、一気に お顔が華やぎます つける瞬間 ほんのりローズの香りも女っぷりを高めてくれる気がします yasuko 美女組No.162 yasukoのブログ
  • 洗練度が上がる、アラフォーのきれいを本気で格上げする技術とセンス満載の最新鋭。この夏、選ぶならココからが正解!アラフォーの表情を彩るカラーアイテムは、長く使えるベーシックから夏らしいビビッドなアイテムまで大充実。テクニックがなくても美しく仕上がる秀作ぞろいで、どれを買っても間違いなし!【メイクアップ部門】リップカラー<<BEST 1>> ☆シャネル ルージュ ココ フラッシュ #92 「なめらかになじんで、しっとり大人っぽいツヤを残して発色。細身のパッケージも洗練された印象で、唇に品格を与えてくれる珠玉のリップスティック」(ビューティジャーナリスト 安倍佐和子)。「唇にのばすたびに喜びを感じられるようなとろけるテクスチャーと、清潔感がほとばしる美しい透け感、やっぱり欲しかったのはこういう口紅。尻込みしてきたダークな色まで守備範囲となる喜びも。とりわけレッド系の物憂げな印象美は、ボリューム感が加わるから質感の勝利!」(美容ジャーナリスト 齋藤薫)。ワンストロークで見たままの発色が唇上に実現。一度体験したらやめられないつけ心地。¥4,000<<リップカラー BEST 2>>☆THREE デアリングリィデミュア リップスティック 05  とかく無難になりがちなコーラル系のリップなのに、唇にのせると一瞬ですごく今 っぽい表情になるのが、さすが。健康的なのに、さりげなく華がきくコーラルは、大人の雑誌にも多くお気に入りとして紹介したほど!」(ヘア&メイクアップアーティスト千吉良恵子)。多種のオイルが絶妙なバランスで配合され、ジューシーな質感を演出。縦ジワ補整効果も抜群。¥3,900¥6,000<<リップカラー BEST 2>>☆ポーラ B.A カラーズ 「マット口紅はモードすぎてデイリー使いしにくいし、グロスだと正装感が欠けるし、というマリソル世代にジャストな美人口紅。肌がぱっと明るく透明感を高めてくれる鮮やかな色みぞろいで、ニクいほど色調に合ったセミマット質感。試さないと損です♡」(ビューティエディター&ライター 近藤須雅子さん)。 表情に寄り添うように、唇の動きにフィット。¥6,000【メイクアップ部門】アイカラー<<BEST 1>> ☆NARS JAPAN ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 1191 「捨て色ナシのパレットとはまさにこのこと。赤みのある暖色ブラウンがそろっていて、単色使いはもちろん、アラフォーが挑戦するとリアル90年代感が出ちゃうグラデも、どう使っても必ず今っぽく仕上がる!」(美容エディター前野さちこ)。「今年のアイメイクトレンドであるテラコッタオレンジ、ヌーディベージュなど全部入りで、ファッションとのシンクロ率100%なパレット。さりげなくもメリハリのある立体感設計、下まぶたメイクにも効果的な色やテクスチャーなど、アーティストブランドならではの出来!」(ヘア&メイクアップアーティスト岡田いずみ)。6 色入りの豪華さ。¥4,500<<アイシャドウ BEST 2>>☆SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 「肌なじみのいいカラー。濁りのないピンクをポイントに、可愛らしいニュアンスを出しながらも、大人な雰囲気に」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野いずみ)。 甘いチェリーピンクとパステルミントのスイートな組み合わせ。一見、大人女性が敬遠しがちだけど、そこはさすがのSUQQU。見事に甘さ控えめなうえに、品格だけをプラスしてくれる。¥6,800<<アイシャドウ BEST 3>>☆トム フォード ビューティ アイ カラー クォード26 「完璧に今っぽい。このパレットを使うだけで、いきなり旬顏に生まれ変わるからおもしろい。旬の顔になるキラーカラーは、ともすれば大人の顔から浮き立ち、ぎこちない仕上がりになってしまうけれど、これは完璧。大人の肌に見事に重なり、美しく映える。見慣れた顔も服も新しく、しゃれ感と品を両立できるのもすごい」(美容家 神崎恵)。¥9,200【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 大木知佳
  • 憧れブランドの話題の新作アイテムやファッションの最新のムードをいち早くキャッチしてお届け!斜め掛けでどこへでも。軽やかにお出かけしたいDIORの新作バッグ 馬の鞍からイメージを得た優美なカーブが魅力の「サドル」バッグ。ディオールの大人気シリーズに、このたび要チェックなポシェットタイプの新作が仲間入り! 同じフォルムのジップポーチを3つ合わせたようなボディに、細めのショルダーストラップがついた、よりスマートな仕上がり。「サドル」らしい気品あふれるムードはそのままに、いつものスニーカースタイルに合わせて今すぐお出かけしたくなっちゃうような軽やかさがハタチからの名品にぴったり。 リッチなブラックレザーのボディに、ジップの引き手を飾るゴールドカラーのイニシャル「C」が映える。反対側には「D」のパーツがついていて、バッグのどちらの面が表になっても可愛いルックスを保証する仕掛け。 レザー「サドル」ポーチ(縦16×横21×マチ3cm)¥160000/クリスチャン ディオール(ディオール) 憧れのシグネチャー「ディオール オブリーク」キャンバスなら、コーディネートの主役になること間違いなし。ネイビーカラーが大人っぽさのなかに可愛げを添える。 キャンバス「サドル」ポーチ(縦16×横21×マチ3cm)¥135000/クリスチャン ディオール(ディオール) ▶FASHION SCOOP!はコチラ撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) スタイリスト/鈴木美智恵 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • こんにちは! バイラーズの吉田有希です。 お花が大好き。花瓶には必ず何かお花があるという生活をしております。 お花が好きになったのは、自分の結婚式の準備をしていた時に知り合ったfloristさんがきっかけでした。 お花ですごく色々な世界を表現することができるところに魅了されました。 お気に入りの、フミカウチダのワンピースを着てみました。 このお花はスモークツリーといいます。フワフワしてて可愛い♡ この日はすごく風が強くて… でもお花は頑張ってくれました! また詳細などはインスタの方でご紹介しています。 よかったら見てください(^^)Instagramスーパーバイラーズ 吉田有希のブログ
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年6月4日(火)~6月17日(月)【6位】 美女医・貴子先生の「メイクを崩さない」アイテムとテク教えます! ★記事はこちら【5位】 シャネルの白いタマゴみたいなハンドクリーム、8月に黒が登場! ★記事はこちら【4位】 実はメンタルが大きく影響する更年期。考え方しだいで、症状はグッとラクに! ★記事はこちら【3位】 一度使えばリピート必至。プチプラリップの雄、OPERAのリップカラーがリニューアル【マーヴェラス原田の40代本気美容 #118】 ★記事はこちら【2位】 アラフォーになって体や心に不調が現れ…これって、もしかして更年期!?★記事はこちら【1位】 【もしかして更年期!?】女性ホルモンが減ると体にどんな変化が起きる? ★記事はこちら
  • 【CANMAKE】カラフルネイルズに新色!夏ぽいキラキラ☆『N27 クラシックネイビー』&『N24 トゥインクルドロップ』どちらもカラフルネイルズの新色です! 《クラシックネイビー》は、 海の青を思わせるようなクールで爽やかなネイビー わたしの感じる色の印象はこんなかんじ!(一昨年研究で奄美沖を航海したときの写真です◎)夏ぽいですよね! ポイントにしても 単色でも、オシャレに決まる色です!《トゥインクルドロップ》は、 パールとラメの配合色で、 ラメがカラフルだけど、オーロラぽさを感じて 上品な印象です♡ 派手なはなりすぎず、爽やかな夏らしいラメです☆ ☆フットネイルにしてみました☆夏らしい☆ラメが角度によって色の見え方がかわるので、 カラフルでかわいいです! ネイビーとカラフルなラメが、 爽やかで遊び心のある感じに! これからサンダルのシーズンですが、 ネイビーなので、どんなサンダルともあわせやすくて 存在感と夏らしさを演出できますね♡わたしは、自然を感じるときに 美を感じるタイプなので 海の写真でイメージ伝えてしまいました(笑) カラフルネイルズは、¥360とお手頃なので 他の新色も試してみたいです☆ インスタやってるので 是非ご覧ください♡maguchan*Instagramモアハピ部 No.680 まぐちゃん のブログ
  • 昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか? 少し体に沿うワンピース避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。 ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ) 「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操るIラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。 湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。 ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー) 辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物 「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物  「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ) 今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。 むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。 デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。 そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。 ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram 雨の日のお出掛け、憂鬱ですよね…梅雨対策も考えつつステキなコーディネートで気分をあげたい! 雨で肌寒い今日は、長袖のワンピースをチョイス。トゥエルブクローゼット #12closet とスタイリスト石上さんのコラボワンピースは着ているとみんなに褒められる!丈が長いので、雨の日はベルトでブラウジングするのがいいかも。足元にはRAINFUBSのレインシューズで雨対策を完璧に。バッグは濡れても気にならないL.L.Beanのトートを。 @leemarche には、他にも雨の日を楽しく快適に過ごせるアイテムをたくさんご用意しています。ぜひチェックしてくださいね! A post shared by @ leemarche on Jun 14, 2019 at 6:20pm PDT   【ここで買える/12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/\16,800+税】  
関連キーワード

RECOMMEND