いくつになってもときめきを。一歩先行く大人のピンクファッションコーデ実例|スカートやパンツ、トップス、小物アイテムまで

Marisol ONLINE

■気分が上がる「ピンクスカート」

【 1 】ピンクスカート×グレーコートコーデ

絶妙に重ねたアイスグレーの中にピンクを忍ばせて活性化。いつもならグレーのグラデーションで仕上げるところを思いきってフューシャピンクのロングプリーツスカートに。少しくすんだトーンと腰まわりをタイトに仕上げた細身のシルエットが大人向き。足もとは潔く黒で引き締めて、ぼんやりも回避。

【 2 】ピンクスカート×ネイビージャケットコーデ

ネイビージャケットの肩がけでオフィスにふさわしい甘×辛バランス。スカートのウエストは、デスクワークの日も着心地ラクな総ゴム仕様。幅広のしっかりしたつくりでデザイン性が高いから、トップスをインしてもきちんと感をキープできる。ギャザーが広がりすぎないシルエットバランスも秀逸。気張って見えないこなれ感と華やかさは、通勤のマンネリ解消に最適!

【 3 】ピンクのレーススカート×白ブラウスコーデ

上品なレースがきわだちフェミニンかつ華やか。透け感がほどよく品のあるレースを使用。すそにかけてほんのり広がるすっきりとしたシルエットだから、レース素材でもシャープな印象をキープ。スモーキーなピンクは合わせる色を選ばないのも魅力。

【 4 】ピンクスカート×カーキニットコーデ

甘い色を、子供っぽく見えないよう、キレイに着こなすのにも、カーキは有効!バッグや靴はカーキとピンクの中間のような赤みのあるブラウンカラーを選べば、全体をなじませてくれるのでコーディネートがうまくまとまる。

【 5 】ピンクスカート×ジャケットコーデ

いつもよりも可愛らしさを前面に出した大人ピンクコーデ。淡いピンクをしなやかに見せる、フレアシルエットのリネンスカートは、一枚でマリンなコーディネートをはっとするほど新鮮に。     

【 6 】ピンクスカート×黒カットソーコーデ

アラフォーの大人ピンクを最大限に引き立てる洗練ブラックの効果を堪能。フレンチマダムを意識したフレンチシックな黒アイテムを重ねてみる。ピンク×黒が小粋な可愛らしさを表現してくれるはず!

■一気に鮮度アップ「ピンクパンツ」

【 1 】ペールピンクパンツ×ベージュニットコーデ

まろやかなベージュ×ピンクの組み合わせ。ベージュのニットにはブランケット感覚の大判ストールをゆったりと巻いて、温かなニュアンスを。一見おなじみのワントーンのようでいて、ピンクのパンツが上品に、さりげなく映えるのが素敵。

【 2 】ピンクパンツ×トレンチコート&グレーニットコーデ

青みがかったピンクのきれい色パンツは、この春真っ先に取り入れたいアイテムのひとつ。トレンチのベージュ、ニットのグレーと柔らかなベーシックカラーでなじませるのがアラフォー流の粋な着こなし。ノーカラータイプなので、トレンチの上からカーディガンを肩がけするスタイルもぐっと新鮮に、おしゃれに決まる!      

【 3 】ピンクパンツ×トレンチコート&黒ニットコーデ

脱ぎ着しやすくON、OFFどちらも使えるトレンチコートには、彩度をおさえたサーモンピンクパンツと素材のまろやかさを合わせてみる。正統派トレンチのかっちり感と、首もとのスカーフやスクエアボストンなどエッジのきいた小物づかいが全体を引き締めてON仕様に。

【 4 】ダスティピンクパンツ×白ブラウスコーデ

セオリーの細身パンツ。甘すぎない絶妙な発色は、ベーシックカラーの延長感覚で意外と合わせやすい。

【 5 】ピンクパンツ×白ブラウスコーデ

トップスは一枚で着る時はもちろん、ジャケットインやカーディガンと合わせた時にも胸もとのギャザーや袖のスリットがポイントになってくれるのでオフィスコーデに重宝! ボトムスに桜色をとりこめば、柔和で華やかな印象を与えてくれるはず。

【 6 】モーヴピンクパンツ×ロングカーディガンコーデ

セオリーリュクスのクロップドパンツ。落ち着いたモーヴピンクならオフィスコーデでおなじみのベージュパンツを履く感覚で取り入れられるので是非試してみて! 首もとのドットスカーフとルージュレッドのぺたんこ靴で大人の女性の可愛らしさとフレンチシックな表情を引き出して。

■顔映り抜群「ピンクトップス」

【 1 】ピンクブラウス×ニットスカートコーデ

Iラインのすらりとした立ち姿をつくるワイドリブのタイトスカート。フェミニンな雰囲気にするには、スモーキーなピンクが大人っぽいゆったりしたシフォンブラウスをまとって。かごやポインテッドのストラップシューズなど小物づかいにも気を配り、手抜きに見せないシックなコーデを。      

【 2 】ピンクシフォンブラウス×パンツコーデ

腰高ワイドパンツがもつ主役感をフルに生かして。ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。

【 3 】ピンクブラウス×白パンツコーデ

体が泳ぐようなゆとりのあるフォルムと、とろみのあるしなやかな素材感が特徴的。フロントにたっぷり入ったギャザーの陰影が、ピンクベージュに奥行きを与えて。

【 4 】ピンクのタートルネックニット&カーディガン×グレーパンツコーデ

着心地のよいコットンシルクのタートルネックニット×カーディガンは今の気分を表すピンク色を。落ち着いたチェックやトープカラーできれいめにまとめれば、Happy感そのままに知的な印象もキープできる。     

【 5 】華やか柄トップス×デニムパンツコーデ

アラフォーが大人ピンクを着こなすなら、エスニック柄などの辛めを選ぶのが正解! デニムコーデには気楽なふんわりトップスを。       

■コーデに遊び心を「ピンク小物」

【 1 】ピンクバッグ×モカ&キャメルコーデ

陽気なホットピンクを淡トーンと合わせて、鮮度よく。モカとキャメルという安心感のある淡色と少量の白の中に、濃いピンクを。鮮やかな花のようなピンクがあるだけで、たたずまいを魅力的に。どこかレトロでいてチャーミングで、色っぽい。

【 2 】ピンクバッグ×パンツスーツコーデ

ネイビースーツにもっと遊び心を! ピンクマジックを堪能。

甘すぎないクリアな色みやカジュアルな素材感が、パンツスーツの端正さに意外なほど好相性。「ブーゲンビリア」の色名をもつ鮮やかな発色のハンドバッグで、ピンクをリフレインさせて。

【 3 】ピンクストール×カットソーワンピースコーデ

布地をたっぷり使ったTシャツ型のシンプルなカットソーワンピースでゆったりと。形がカジュアルな分、せめてカラーは黒を選んでシックに見せて。小物もすべて黒に統一するのも素敵だけれど、首もとにピンクのストールをぐるりと巻けば、視線が上がりバランスも女らしさも劇的にアップ。      

関連記事
  • 秋のモードをいち早く先取りするなら、まずは人気ブランドのアクセサリーをチェックして。ステイトメントなイヤリングや旬な胸元レイヤードを叶えるネックレス、レディなスタイルにマッチするブローチなど。カンバセーションピースにもなりそうな心ときめくアイテムで、おしゃれスタートダッシュは完璧。最旬レイヤードを演出する3連ネックレス【DIOR】「テディ・ディー」ネックレス¥220,000今秋も人気続行中なのが、ネックレスのレイヤードスタイル。チェーンやレジンパールなど、トレンド素材を自由奔放にハイブリッドしたディオールの3連ネックレスなら、着けるだけで瞬時に旬な胸元コーディネートを叶えてくれる。バタフライやメゾンを象徴するスター モチーフが、キャッチーなアクセントに。 クリスチャン ディオール https://www.dior.com/0120-02-1947 ‘80sのエッセンスが詰まった球体ピアス【LOUIS VUITTON】イヤリング¥61,00080年代の美学を引用した彫刻的フォルムが目を引くルックには、天体を彷彿させるビッグサイズの球体イヤリングをオン。マルチカラーのクリスタルがミラーボールのようにきらめき、フェイスラインに視線を集中させる。幾何学的なボリュームがコンテンポラリーなムードをアピール。 ルイ・ヴィトン クライアントサービスhttp://www.louisvuitton.com/0120-00-1854ミケーレ流デコラティブを体現【GUCCI】ブローチ各¥113,000ダブルGモチーフをセンターに、色鮮やかなストーンを飾った装飾豊かなブローチ。単品で着けるのではなく、エキセントリックなイヤーモチーフのブローチや色柄と掛け合わせ、テイストやルールを超越したスタイルに落とし込むのがアレッサンドロ・ミケーレ流。デイリーに取り入れるなら、トレンドのボウタイやスカーフの結び目にさりげなくあしらうのもおすすめ。 グッチ ジャパン クライアントサービスhttps://www.gucci.com/0120-99-2177可憐なフラワーでロマンスを薫らせて【PRADA】 フラワーイヤリング¥55,000(予定価格)クラシック&レディなムードにトレンドがシフトした今秋冬は、フェミニンなフラワージュエリーに注目。プラダがフラワーモチーフで描いたのは、強さと儚さ、ロマンティックと危険、夢と現実が織りなすロマンスの物語。フレッシュカラーに彩られたコサージュイヤリングが、シックなブラックドレスに華やぎを添える。 プラダ クライアントサービス http://www.prada.com/0120-45-1913 装いをアップデートするリボンの魔法【LOEWE】ピアス各¥39,000(1ピース)エレガント回帰の流れの中、リボンも気になるモチーフのひとつ。ノスタルジックにならず、今っぽく取り入れたいなら、ロエベが提案するリボンジュエリーをチェックして。インパクティブなビッグサイズのリボンピアスは、細いレザーにクリスタルをあしらったもの。繊細なシャンデリアタイプとは一味違う、エッジの効いたデザインが主役級の存在感。 ロエベ ジャパン カスタマーサービス https://www.loewe.com/03-6215-6116洗練のロゴブレスレットをアクセントに【BALENCIAGA】ブレスレット¥104,000カフのようにつけたいオーバーサイズのブレスレット。フロントにはヴィンテージゴールドのBBロゴ、バックにはエッフェル塔モチーフが描かれ、どこから見てもスタイリッシュ。重厚なボリュームながらシンプルなので、今季主流のクラシックなBCBGスタイルから、スポーティ&ストリートなルックまで幅広いスタイルにマッチ。 バレンシアガ ジャパンhttps://www.balenciaga.com0570-000-601 アイキャッチーなオイスターに注目【BURBERRY】ピアス¥82,000海にまつわるモチーフが多用された今季のバーバリー。オイスターモチーフのブラウスには、まるで本物のようなリアルなフォルムのオイスターピアスを合わせ、プレイフルなスタイルを完成。クラシカルなパールジュエリーの概念を再解釈し、貝殻の陰影までも美しく表現したデザインは、まるでアート作品のよう。 バーバリー・ジャパンhttps://jp.burberry.com/0066-33-812819 グラマラスに揺れるタッセル【SAINT LAURENT】イヤリング¥60,000イヴ・サンローランの生涯のミューズ、ルル・ド・ラ・ファレーズのスタイルを彷彿させるイヤリング。メゾンらしいタッセルがしなやかに揺れるデザインは、シャープな直線的シルエットが、女性らしい繊細さとグラマラスな華やかさを演出。フープディテールをチェーンで装飾しているのも今シーズンらしい。 サンローラン クライアントサービスhttps://www.ysl.com0120-95-2746 秋冬にまとうコーラルモチーフ【CHLOE】イヤリング¥60,000クロエらしいボヘミアンな香りのするアクセサリーが豊富に揃った今季。凍った海をインスピレーション源にした繊細なイヤリングが、秋冬のスタイリングに新鮮に映える。ゴールドとシルバーをミックスしたデザインは、他のジュエリーとミックスコーディネートしても楽しい。クロエ カスタマーリレーションズhttps://www.chloe.com03-4335-1750恋人たちをピンキーリングで詩的に描いて【VALENTINO】リング¥47,000見つめ合う恋人たちがバロックパールをそっと優しく包み込むポエティックなリングは、ヴァレンティノが描く麗しきロマンティシズムを体現。まるでアンティークのような趣きのデザインは、あえてピンキーリングとして着けるのがこなれて見えておすすめ。 ヴァレンティノ インフォメーションデスクhttps://www.valentino.com03-6384-3512イヤージュエリーの進化系【GIVENCHY】ピアス¥104,000アシンメトリーな耳元レイヤードはもはやスタンダードだが、今秋冬は“異なるデザイン”同士を1点ずつ組み合わせた耳元スタイリングが新鮮。フリンジという共通点をベースに、地金の色や素材、レングスに変化をつけたピアスは、力強くもエレガントに生きる現代女性のワードローブにお似合い。 ジバンシィ表参道店https://www.givenchy.com03-3404-0360 バードモチーフで耳元に視線を集中【ISABEL MARANT】イヤリング¥69,000「そのモチーフは何?」と思わず声をかけてしまいそうな、存在感抜群のステイトメントなイヤージュエリー。デフォルメした鳥モチーフにスタッズを飾ったデザインは、プリミティブかつアーティスティックな魅力に溢れている。インパクト満点のビッグサイズだが、シルバートーンなので実は合わせやすいのも好ポイント。 イザベル マランhttps://www.isabelmarant.com/03-5772-0412 photo:iMAXTREE/Zeta image   text:Makiko Awata
  • ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!【SQUARE TOE & SHORT BOOTS】 足もとにちょっと重みをもたせるのにぴったりのショートブーツがバリエ豊富にそろう。 カジュアルにもきれいめにも合う、少しニュアンスが加わるスクエアトゥも人気。1)足もとにボリュームをもってくるスタイルも多いので、レースアップに白羽の矢が。すっきりとした細身のシルエットを選べば大人っぽい。ブーツ¥126,000/ロンハーマン(ロシャス) 2)足もとインパクトを狙うならパイソンブーツも。黒ほど重くならず、無地感覚で使えるのが人気の理由。ブーツ¥75,000/アマン(ペリーコ) 3)ベルテッドデザインはブーツでも人気。足もとにポイントをつけることで、足首がすっきり細く見える効果も。ショートブーツ¥126,000/ドゥロワー 丸の内店(ロシャス)4)甲深パンプスのトレンドは秋も継続中。緩やかなスクエアトゥとボルドーカラーで、ほんのりレトロな雰囲気もおしゃれ。パンプス¥15,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 5)スタッズつきのスクエアバレエは、スイート派の引き締め小物にぴったり。シューズ¥31,000/エストネーション(チェンバー) 6)シルバーのアンクルリングから火がついた人気のパンプスも、かっちりとしたスクエアトゥにアップデート。バイカラ ーデザインもモードな味つけに。アンクルストラップシューズ¥87,000/カオス丸の内(ジル サンダー)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
  • 黒レザーのバッグ&ブーツで洗練感を高めて秋のオフィスカジュアルを格上げ!9月17日は語呂合わせで「キュートな日」だって知ってた? そんな日にぴったりなのが、ほどよく力の抜けたフェミニンコーデ。シックなブラウンチェックのプリーツスカートに優しげなオフ白のロングシャツ。さらにシャツと同色のニットを巻いてボリュームを出せば、さりげなく重心アップできて愛らしさも最高潮♡ あとは上質な黒レザー小物で平日のきちんと感を後押しするだけ。上品でクラシカルな佇まいのスクエアバッグとロングブーツが、秋らしさと気品を高めてくれる。スカート¥15400/シップス 有楽町店(シップス) バッグ(15×16.5×7.5)¥27200/シップス 有楽町店(ボルドリーニ) シャツ¥77400(クリスタセヤ)・肩にかけたニット¥17200(シップス)・ブーツ¥55000(ディビナ)・ピアス¥4500(ランド シヌール)・リング¥12700(メディスィン ドゥース)/シップス 有楽町店鈴木友菜の【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/小竹森久美 撮影/来家祐介 ヘア&メイク/間 隆行(Lila) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江
  • 作り手の思いを感じる帽子店「CA4LA(カシラ)」。代表・吉澤さんの方針で、“国内生産”にとことんこだわり抜き、ほとんどの商品が兵庫県西宮市にある自社工場で職人さんたちの手によって作られています。さらに、いつショップに訪れても新しい帽子に出会えるように短いスパンで商品を入れ替えていて、同じデザインのものを大量生産していません。斬新なニューアイテムを次々に生み出しているところも好きで足繁く通っています。 先日、「CA4LA(カシラ)」のAW展示会で一目惚れしてオーダーしたアイテムが2つ届きました。一つは、かなりギークなベレー帽。リバーシブル仕様で、サテン生地側にスーベニアジャケット風デザインの「BONSAI」刺繍、裏側は別珍生地に盆栽に関連した「剪定=Pruning」のハンドルチェーン刺繍が施されています。 被り口はフェイクレザーのパイピングになっており、「BONSAI」が醸し出す和の雰囲気とミスマッチなミリタリーテイストが可愛いのです。裏表で印象がガラッと変わるので、その日のコーディネイトに合わせて使いやすいのもお気に入りポイント。海外でかぶっていたら、歩いている人に「Awesome(すごい)!」と言われるなど対人ウケも良いです(笑)。 もう一つは、あまり見かけないロングバイザーキャップ。長いツバがかなり印象的なので、かぶるとたちまちコーディネートの主役に。ベースボールキャップやワークキャップなどに少しマンネリ気味な人にとっても新鮮な形だと思います。「The Exit Is The Entrance(出口は入り口)」などの哲学のようなウィットが書かれたタグがついていて、そのカラーもアクセントになって可愛い。ストリートな雰囲気のあるキャップなので、Tシャツ生地やサーマル、ナイロンなどサラッと軽い素材のトップスや、アウターなどと合わせようと考えています。(エディターTAKESHIMA) >>みずみずしい青春が詰まった『天使なんかじゃない』の新装再編版 #深夜のこっそり話 #1129 リバーシブルなので裏返すとシンプルな別珍生地のベレー帽に。ロングバイザーキャップは、オリーブ・ブラック・グレーの3色展開。それぞれ¥10,800。ストリートなオレンジのタグとGIベルトが可愛い。
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡トラッド+プリーツスカート=秋っぽ可愛い♡ざっくりチルデンニットベストに大きめフレームのメガネ、黒のレザー小物。正統派トラッドコーデならボトムはインディゴデニムやチェックのスカートを合わせるところだけど……この秋はプリーツスカートを採用! スモーキーなオレンジや実はアシンメトリーになった裾など、今までとはちょっぴり違うポイントが散りばめられてるから、まさに今っぽいコーデに仕上がるんだ♬▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!お仕事シューズにロングブーツがカムバック!お仕事コーデの足もとに、ロングブーツというお久しぶりの選択肢! 一足で途端にトレンド感が増すし、ショートパンツとのバランスも取りやすいし、美脚に見えるし高級感もあるし暖かいし……もういいことしかないじゃんっ♡ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!主役はオレンジ!……だけど実はワントーン!?内勤デー&夜は友達とラフな飲み会だから、スポーティでもOKな日。「彼のを借りてきちゃった♡」的なビッグスウェットに、変形プリーツスカート、ヘアバンド、大好きなコンバース。オレンジの鮮やかさに目が行きがちだけど、こんなにまとまりがいいのはスカートのブラウンやヘアバンドのベージュと同系色だから! 実は計算尽くのワントーンなんだな〜♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!特別な日には、女っぽモノトーン♡真っ白なプリーツスカートは、いつものコーデをちょっぴり特別にしてくれる。特別な日のコーデを、もっともっと特別にしてくれる♡ ただフェミニンに着こなすのは気分じゃないから、黒のハイネックトップスと白の甲深パンプスでトレンド感のあるモノトーンに。これ以上ない女っぽさで、彼をドキドキさせちゃうぞ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スポーツMIXには黄色のスカートが使える!ずっと大好きなボーダートップスと、秋のはおりにぴったりなマウンテンパーカでスポーツMIXを満喫。ここで大事なのは、あくまでも「MIX」だってこと! 美シルエットと明るい印象が手に入るイエローのスカートや、ミニショルダーの品の良さがあるからこそ、スポーティなアイテムが引き立つのです! ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 【20代におすすめの秋のジャケットコーデ】アウターが必要になる前の端境期、ジャケットさえあれば大丈夫! オフィスカジュアル向けの定番アイテムから、トレンドカラーのブラウンまで、20代におすすめのレディースコーデはこちら♪ [目次] 【秋のジャケットコーデ】20代におすすめのジャケットコーデ 【秋のジャケットコーデ】おすすめのアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【秋のジャケットコーデ】20代におすすめのジャケットコーデ【秋のジャケットコーデ】旬のフォトTシャツにばさっとはおって『アナカ ノワー』のシャツジャケット前を開けてもさまになるのがいいところ。フォトTときれい色プリーツで、休日に着たい高感度なカジュアルに。スカート¥26000/ショールーム セッション(アダワス) シャツジャケット¥25000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) Tシャツ¥11000/UTS PR(ジェーン スミス×マイク オマリー) バッグ¥42000/アルファ PR(アエタ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥1500/お世話や →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】季節が深まれば、タートルをインに重ねて『エメル リファインズ』のシャツジャケット肌寒くなったらタートルと重ねて。裾を前だけインすれば、プリーツの表情を生かしつつ好バランスに着こなせる。スカート¥22000/ルーニィ シャツジャケット¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PR →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】シンプルに一枚で、ただし裾はインしないこと『バナー バレット』のシャツジャケットブラウン×マスタードの今年らしい色合わせが映える着こなし方。スカーフやバッグなど小物でレディに転ばせて。スカート¥4990/スタディオクリップ シャツジャケット¥14800/バナー バレット 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥18700/ビヨンドザリーフ アトリエ スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥2900/サンポークリエイト バングル¥1500/お世話や →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】トップスの中に仕込んで、着こなしにさりげない立体感を『グリーンレーベル リラクシング』のシャツジャケット薄手ならインナーにもなってくれる。パイソン柄のスカートでシャープに。スカート¥9050/フリークス ストア渋谷 シャツジャケット¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 カットソー¥23000/スローン 靴¥19800/アルアバイル バッグ¥49000/ビショップ カチューシャ¥600・イヤリング¥1400/お世話や サングラス¥30000/アヤメ 時計¥24000/オ・ビジュー →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】秋流行の大本命、ブラウンのシャツジャケット『ルーマー』のシャツジャケット黒よりやわらかく、でもグレーより新鮮なブラウンはトレンドを“やりすぎず、あくまでさらりと”見せてくれる色。だから一枚で簡単に、そして絶妙に新しいおしゃれを楽しめる!こんなふうに一枚パッとはおるだけで気分が変わって、とびきりおしゃれに見えるのが理想的!シャツジャケット¥22000/アルファ PR(ルーマー) パンツ¥14000/AKTE カットソー¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥22000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(コルソローマ9) ネックレス¥8200/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) 帽子¥12000/CA4LA ショールーム →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】はおるだけで“ムードをまとえる”この秋いちばんのマスト!『カレンテージ』のシャツジャケットシャツよりシックで、ジャケットより軽やか。そんないいとこ取りの新星に、ブラウンの上品さや女性らしさが加われば無敵。Tシャツにはおるところから始めよう。シャツジャケット¥49000/ブランドニュース(カレンテージ) Tシャツ¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボ パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】きれいめ派の通勤服はブラウン×ラベンダーの新鮮配色でほめられ率UP!『エイトン』のジャケットTシャツ×プリーツスカートにジャケットをはおった初秋の定番きれいめコーデ。着慣れた通勤服だけど、”色の印象”でもっと今っぽいしゃれ感をゲットできる。ジャケットコーデの堅苦しさを和らげるブラウンと、大人っぽく華やぐラベンダーの組み合わせがまさにソレ! トーン違いのふたつのブラウンでトレンド感を高めたり、つやめくラベンダーで今まで以上の気品を漂わせたり♡ 職場で浮かない絶妙な色合わせで、しかもパッと目を引く新しさもあるって最高じゃない?ジャケット¥30000・Tシャツ¥16000(エイトン)/スピック&スパン ルミネ新宿店 スカート¥23000/デミルクス ビームス 新宿 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13800/セムインターナショナル(ペレッテリア べネタ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】会食の日のジャケットコーデをエレガントな光沢スカートで好印象に『ルクールブラン』のジャケット会食だからジャケットはマストだけど、じつは気心の知れた仕事相手でもある。だから今日は定番のボーダーカットソーで親しみやすい雰囲気に。きれいなパンツだとトップスの気さくさが浮いちゃうし、カジュアルなパンツだとちょっとくだけすぎ? それならエレガントな光沢ピンクの裾揺れスカートで、女らしさとさりげないトレンド感を添えてみて♡ 仕事用バッグが重たい印象にならないように、華奢なストラップサンダルや細ベルトの腕時計で品よく抜け感のある仕上げを。ボーダーカットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 テーラードジャケット¥17000/ルクールブラン サテン地スカート¥18000/ルーニィ サンダル¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) レザートートバッグ¥46000/アルファ PR (アエタ) フープピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス¥1400/お世話や 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】ジャケット気分で肩掛けできるチェックシャツ『シップス』のシャツジャケットジャケット気分で肩掛けできるチェックシャツは、シンプルコーデのこなれに必須。ロンT×きれい色パンツのワンツーコーデはをほどよくカジュアルダウンしてくれる。シャツジャケット¥14500・パンツ¥14000(シップス)・バッグ¥36000(マロウ)・ピアス¥10900(フィリップ オーディベール)・中指リング¥6300(ルアシーファー シップス)/シップス 有楽町店 長袖Tシャツ¥13000(ジェーン スミス)・小指リング¥23600(オンブル クレール)/シップス 渋谷店 →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】コーデュロイスカートコーデで……先輩にほめられた♬『ルクールブラン』のジャケットシンプルなワンツーに、トラッドっぽく決まるジャケットを投入して季節感を。イエローのコーデュロイスカートも、実は秋っぽさの演出に一役。いつもは怖い先輩に「あら素敵」とほめられた!コーデュロイスカート¥29000/ブルーバード ブルバード ボーダーカットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 テーラードジャケット¥17000/ルクールブラン ローファー¥19800/アルアバイル ミニショルダーバッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) ネックレス¥1400/お世話や 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) エコバッグ¥3900/ハリウッド ランチ マーケット(トンネル レコーズ+ビーチグッズ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】クラシックなバッグでハンサムコーデ『アンダーソン ベル』のジャケット甘くなくキリッと知的な印象。カジュアルに持つのも素敵! ラフなデニムスタイルにあえて♥ ギャップで魅せてハンサムな表情に。深みのある絶妙なグリーンで差がつく。A4サイズもすっぽり。フルラ アデレ L(28×35×14)¥74000・靴¥28000/FURLA JAPAN(フルラ) ジャケット¥31000/UTS PR(アンダーソン ベル) トップス¥15000・オーバーオール¥38000/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) サングラス¥25000/デミルクス ビームス 新宿(ブラン) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】美脚見えロングブーツと合わせたコーデ『バビロン』のジャケットお互いのシルエットを邪魔せず、相乗効果でスラッと脚長に見えるワイドかフレアなタイプのパンツを合わせてみて。座った時に肌がチラッと見えて残念、なんて状況にならないのもロングブーツならでは。セットアップと合わせればたちまちデキる女に。ジャケット¥26000・パンツ¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥15800/ビショップ(オーシバル) ネックレス¥23000/TOMORROWLAND(ダイアナブロッサード) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】大人女子のためのオーバーオール・サロペット『ルーニィ』のジャケット真っ白なオーバーオールは、ゆったりシルエットでもクリーンに着こなせるからオススメ。ブラウンのインナーとベージュのシャツではさめば、大人っぽいベージュトーンのコーデの完成!靴(1.5)¥10900/ア ドゥ ヴィーヴル ジャケット¥22000/ルーニィ サロペット¥19000/ブルーブルー カットソー¥6500/バーンブリーズ(キヌアブティック) バッグ¥5546/ザラ・ジャパン(ザラ) イヤリング¥2611・リング¥1926/サードオフィス(ROOM) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】カーキジャケットとワンピースコーデ『ハイク』のジャケットヴィンテージ風ワンピの甘さをほどよく中和してくれる、カーキジャケットも頼れる味方。「ちょっと甘いかな?」と思ったら即採用!ワンピース¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ジャケット¥38000/ボウルズ(ハイク) 靴¥16000/デミルクス ビームス 新宿(マリオントゥッフェ) バッグ¥12000/モットハウス・トーキョー(アバカ) ピアス¥4000/シップス 渋谷店(アディアキブラ) バングル¥1700/ジオン商事(スリーフォータイム) →秋のジャケットコーデを詳しく見る▲【秋のジャケットコーデ特集】トップに戻る 【秋のジャケットコーデ】おすすめのアイテム【秋のジャケットコーデ】ノーカラージャケットのセットアップ『シップス』のジャケット頑張る日こそおしゃれも完璧に! ノーカラージャケット+ロングスカートのセットアップ。そんなとびきりのカッコよさを、今こそ。クラシカルなヘリンボーン生地に、合皮のパイピングがアクセントになって。ジャケット(ベルトつき)¥18100・スカート¥14500/シップス 有楽町店(シップス) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】コーデュロイ素材のシャツジャケット『プラステ』のシャツジャケット¥9990/プラステ →秋のジャケットコーデを詳しく見る『ルーマー』のシャツジャケット¥30000/アルファ PR(ルーマー) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】チョコみたいな甘めブラウンのシャツジャケット『アッパーハイツ』のシャツジャケット¥27000/ゲストリスト(アッパーハイツ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る▲【秋のジャケットコーデ特集】トップに戻る 秋ファッション、秋コーデ関連特集もチェック♪【2019年】秋ファッションのトレンドは? - 注目のキーワードや、『ユニクロ』『ZARA』など人気ブランドの秋冬展示会秋のオフィスカジュアル特集《2019年版》- 20代におすすめのコーディネートは?ブラウンコーデ特集《2019秋》- この秋大流行のブラウンでつくるトレンドコーデまとめチェック柄コーデ特集《2019秋》- 秋のトレンド! 大人っぽくてかわいいおすすめコーデまとめ秋のワンピース特集《2019秋》- 花柄、ニット、シャツワンピ。20代におすすめのかわいいワンピコーデまとめ
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届け!本誌の連載「大人のカウンセリング室」や数々の美容特集で、いつでもアラフォーのための「キレイの種の育て方」について響くお言葉の数々を下さる神崎恵さん。 そんな恵さんのダイアリーブックの2020年版が届きました。こちら、ところどころに恵さんのミニコラムや、メイクや纏うもの色使いのアドバイスなども散りばめられており、もはや、ただのアジェンダ、ではなく、持ってるだけでキレイになれちゃいそうな、「ただものではない」アジェンダ! カバーの色もピンク、パープル、エメラルドグリーンとどれにしようか迷ってしまう美しい3色展開。夏も終わり、そろそろ来年のスケジュール帳選び、どうしようかな、なんて思っている方、いかがですか?
  • 本格的に検討するのはまだ先…なんて思っていて遅い! 年々早くなるアウター市場、さらに今年は10月から消費税アップとあって、9月から検討を始めている人が多数。買って間違いなし、大人を素敵に見せるアウター3着を厳選。売り切れる前にぜひ手に入れておいて。ebure×eclat ジロンラムメルトンコートシャツワンピースのようなデザインと上質素材で堪能する、ドラマチックロングコート素材は、オーストラリアのジロンラムウールで織られたリバーメルトン。細番手でていねいにメルトン仕上げされ、まるでカシミヤのような美しい光沢となめらかさが特徴。ロング丈ながら軽量で毎日はおりたくなる快適さ。やや高めのウエストベルト位置とドラマチックなスリットが特徴。前を閉じてドレスのようにベルトを絞って着ても。 ebure×eclat ジロンラムメルトンコート ¥94,000+税>>upper hights×eclat THE FIFTY ONE ライナーつきモッズコートライナーだけでも着られて3シーズンOK!!昨年大ヒットしたupper hightsの名品が登場! フードのファーがリッチなモッズコートは、コクーンシルエット&サイドスリット入り。中に重ねるキルティングジャケットは単体でも着られて、それだけでも十分絵になるクオリティ。表地は昨年よりも生地の光沢感が増し、いっそうきれいめスタイルにも似合う仕上がりに。重ねて着れば真冬もOK、秋や春先は一枚で。3シーズンたっぷり愛用したい。upper hights×eclat THE FIFTY ONE ライナーつきモッズコート>>HERNO ダウンコート取りはずせるファーをスタンドカラー部分にあしらって、エレガントな雰囲気に着こなすこともヘルノが誇る大人の冬に欠かせないラグジュアリーダウン。暖かさはもちろん、計算された美しいシルエットで、パンツにもスカートにも合う万能性が魅力。光沢ある上品なライトグレーで、冬のワードローブの主役に! ファーはフードの縁にも、スタンドカラーにも簡単に取りつけられ、前立て部分はフードごと着脱可能で細かな温度調節も可能。後ろ姿もすっきり。HERNO ダウンコート ¥225,000+税>>
関連キーワード

RECOMMEND