ネイルもヴィーガンの時代!? 鮮やか&艶やかな マニキュリストグリーンの限定新色【マーヴェラス原田の40代本気美容 #85】

Marisol ONLINE

「マニキュリスト グリーン」、ご存知ですか? 洗練されたカラーが揃う、フランス生まれのマニキュアブランドです。創始者はルイ・ヴィトンやプラダを経て、トム・フォードの下でも働いたことがあるバリバリのキャリアウーマン。ファミリービジネスだったネイル事業を2015年に引き継いで「マニキュリスト」をここまで育てあげました。

そんな輝かしいキャリアの中で育んだファッションとカラーへの情熱を集約したのがこの「マニキュリスト グリーン」。最初でも触れたように植物由来の成分メイン、ココナッツオイルやバンブーエキスなどもリッチに配合してケア面もしっかりフォロー。大人の爪にふさわしいマニキュアです。なんと、ヴィーガン認証も受けているそう!

立ったまま塗ったので、はみ出しているのはお見逃しください~。
立ったまま塗ったので、はみ出しているのはお見逃しください~。

昨年お邪魔した「Biople」のイベントでも、ひときわおしゃれで目を引きました。吸い寄せられるように立ち寄って、気になる色を思うままに試した手もとがこちら。シックで洗練された色ばかりだから、こんなにあれこれ塗ったのになんだか調和しています。しかも、確か1度塗りのはずだけど発色ばっちり、ツヤッツヤで申し分なしの仕上がり。写真は撮り損ねましたが、刷毛がやや太めで先が丸くカットされているのもGood。爪のカーブにピタッとはまり、ワンストロークできれいに仕上げられるんです。

日常使いにぴったりのピンクからベージュのバリエーションもこんなに豊富!

で、この春の限定新色は手前の3色。“GO VIVID GREEN”をテーマに、思わずハッとするようなきれい色をリリースします。

左から順に「アルトラマリーン」「フューシャ」「シーグリーン」。どの色も、春夏ファッションのアクセントにぴったり。私はシンプルにTシャツの日や、マリンコーデに合わせたいなぁ。

「爪への負担を限りなく減らし、塗っている時の美しさはもちろん、塗っていないときの爪もできる限り美しくする」ことを目指すマニキュリスト グリーン。アセトン・酢酸エチル不使用、100%植物由来成分のネイルリムーバー(100mL ¥2900)もラインナップ。こちらもセットで使いたい!

今回の2019年 春夏コレクションは4月25日(木)限定発売。3月25日(月)から先行発売もあるそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マニキュリスト グリーン ナチュラルネイルカラー 限定3色 各15mL ¥2200/サハラ・インターナショナル

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連記事
  • ファッションだけじゃない⁉︎ネイルにもブラウンブームがきてます!こんにちは(^^) ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 朝晩が涼しくなり秋らしい陽気になってきましたね。 よく「ブラウンって何色と相性がいいの?」 と聞かれます。 白、黒、ベージュなど、もちろん相性が良いですが、個人的にオススメの組み合わせがネイビー×ブラウン。 今回はネイビーのリブニットにブラウンのフレアスカートを合わせたコーディネート。 先日、外出の際に着ていたらとても評判が良かったのでご紹介したいと思います。5分袖のネイビーのリブニットはfifth。 ブラウンのフレアスカートはEmma taylorものです。 靴はパンプスにするときれいめになりすぎてしまう気がしたのでアニマル柄のローファーにしました。 コーディネートのアクセントになるのでお気に入りです。 最近、ファッションがブラウン系のものが多くなってきたのでネイルもチェンジしてきました。ベージュピンクにブラウンを足してピンクブラウンのような色合いにしてもらいました。 ゴールドのスタッズとチェーンをプラスして少しだけ華やかに。 最近のお洋服とも相性がよくなりとっても気に入りました。秋はオシャレが楽しい季節ですね それでは本日も最後までご覧くださりありがとうございました(^^)美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 神崎恵がナビゲート!アラフォーの秋を、もっと素敵にする、色・質感・アイテムを厳選!秋のメイク、アラフォーはどんな色、どんなアイテムを選べばキレイになれるの? そんな疑問に答えるべく、おなじみ美容家の神崎恵さんが登場! 同世代らしいリアルな目線で、女っぷりをアップするカラーをセレクトしてくれた。美容家 神崎恵美容家 神崎恵■CHEEK 顔の印象を左右するチークやハイライト。今季はスモーキーなチークや穏やかな光感の ハイライトで、さりげなくメイク全体をまとめるのがおすすめ。■頰にハイライトをオンして、ツヤ、ハリ、立体感 <「顔がのっぺりしてくる大人は、ハイライトのひと手間が大事。頰のあたりにブラシでふんわりつけると、丸みが出て立体感。キュンとした可愛い顔になります」。パールが強すぎないものを選んでナチュラルに。>1)オレンジ〜ベージュのパウダーでヘルシー&リュクスな女。ハイライティング パウダー¥6,400(限定発売)/ゲラン  2)淡いパール入りのプレスト。ピンクとベージュが混じると、ほわっとまろやかな肌感がかなう。カムフィー プレストパウダー 02¥4,500/セルヴォーク■深みのある目もとには、 気配チークと覚えて <インパクトのあるアイカラーでメイクしたら、チークは目と口をつなぐくらいの"気配色"。「淡い色だけど血色感はあって、大人の顔色をカバーしてくれます。ふわりとのせてみて、肌が明るくなる程度の色がベストです」>3)クリーム質感が溶け込んで、肌の一部と化す。気配チークのお手本的なベージュ系レッド。クリーム ブラッシュ  RD451¥3,500(限定発売)/コスメデコルテ  4)「スキントーンとはこのこと」と言いたいようなくすみオレンジ。淡いパールで肌への寄り添い度が加速。チーキーシークブラッシュ 20¥3,000/THREE 5)肌なじみのいいスモーキーピーチとつややかパールで、美肌へまっしぐら。パパドントピーチ インフューズド チーク¥3,800(9/18発売)/トゥー フェイスド■肌から女っぽくなれる、新顔あずき色チーク <一方、ディープカラーのリップに似合うのはこんなチーク。「秋冬の景色になじむし、美肌も演出できる色。パキッとしすぎることなく、コントラストがつくのがいいところ」>6)白を塗ってローズを重ねると、上品な美発色に。肌から突出せずに、流行っぽさも楽しめる。コンスピキュアス チークス 08¥6,800/アンプリチュード 7)赤や紫のパールが麗しい。顔立ちに深さが加わるモードカラー。ルージュ  ブラッシュ 783¥5,700(限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール 8)アンニュイさと華やかさを感じる、熟プラムカラーでフェミニンに。ブラッシュクチュール 13¥6,000(限定発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) John Chan(物) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク&モデル/神崎 恵 スタイリスト/石関靖子 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 10月14日(金)から全国発売される、シャネルの新しいリクィッド リップ「ルージュ アリュール インク フュージョン」。待望の新作を最速でお試しできて購入もできる特別な空間が、ただいま表参道に出現中です!本を愛し、自らも多くの言葉を残したガブリエル シャネル。そんな言葉たちのインスピレーションから生まれたのが、今回のシャネルのスペシャル ビューティ イベント「-THE INK LIBRARY-」。会場の入口からして、まるでガブリエル シャネルが愛した書籍の中に飛び込むようなイメージ。もう、入る前からワクワク。会場のあちこちに、彼女が残した言葉たちが踊ります。エントランスの暗室でビッグサイズの本に映し出されるストーリーを楽しみ、さらに進むと雰囲気は一転、図書館をイメージした明るいタッチアップゾーンが広がります。壁面はまるでブックシェルフ! 随所にシャネルの新作アイテムがディスプレイされていて、テンションが急激にアップ。そしてこちらが今回の目玉。いちばん手前の6色はルージュ アリュール インクの新6色。右手中央列はこちらも新登場のルージュ アリュール インク メタリック(全6色)。一番奥が新製品のルージュ アリュール  インク フュージョン、全12色。いずれも¥4200、限定色もあるのでお早めに!薄膜マットな質感で2016年の発売以来、大人の女性に熱烈に支持されているルージュ アリュール インク、皆さまご存知のことと思います。新たに登場したルージュ アリュール インク フュージョンはその仕上がりをさらに追求。ウルトラマット&深く鮮やかな発色で、必ずや私たちの心と唇を鷲づかみする逸品リップです。となったらもう、試さずにはいられません! 広々としたタッチアップスペースへGO。こちらで試せるのは新作リップだけではありません。シャネルのエスプリを表現する3つのキーワード「Audacity(大胆さ)」「Freedom(自由)」「Passion(情熱)」に合わせたメイクアップアイテムが楽しめるスペースも。私は「Passion」をセレクト。あ、こちらのレ キャトル オンブルも限定色!センシュアルなボルドーが美しい、ルウール アルダント。目もとをボルドーで染めた私に、メークアップ アーティストの方がおすすめしてくださったのは新作ルージュ アリュール インク フュージョンの#806 ピンク ブラウンと、ルージュ アリュール インク メタリックの#208 メタリック レッド。ピンク ブラウンの上からメタリック レッドを唇の中央からほのかに重ねると、ぐっと立体感とドラマティックな雰囲気が備わってうっとり。とにかくどちらも本当になめらかな感触でごくごく薄膜。息苦しくないんです。まさにフュージョン! そしてインクのように唇を染め上げる発色。ネーミングの妙を唇でリアルに感じました。さらにマットなのに乾かない!唇が柔らかいまま!しかも落ちない!これは、実際に使わないと分からない感動かも。このタッチアップゾーン、メイクだけでも大満足ですが、そのほかにもコンテンツがモリモリ。こちらは、イベント限定ルックのメークアップ サービスが楽しめるゾーン(予約制)。唇の形をタブレットで読み込んで、その人のパーソナリティを診断してくれるコーナーも。ちなみに私は“険しい道ほど燃えてくる”ADVENTURER!(笑)。そしてお帰りの際には素敵な運試しも。ブックシェルフから好きなカラーや言葉を選ぶと、その結果に応じたギフトもいただけちゃいます!もちろんお買い物もOK。新製品のルージュ アリュール インク フュージョン、ルージュ アリュール インク メタリック、ルージュ アリュール インク(新色)の先行販売、さらに先ほどちょっとご紹介した店舗限定色のレ キャトル オンブル 2品も購入できるんです。今回のイベントは本日スタートして、9月23日(月・祝)までのロングラン開催。期間中に3連休が2回もあるんですもの、ぜひお出かけください!シャネル スペシャル ビューティ イベント -THE INK LIBRARY- 開催日時:9月23日(月・祝)まで      11:00~19:00 *9月14日のみ11:00-20:30 会場:SO-CAL LINK GALLERY[入場無料] (東京都渋谷区神宮前4-9-8 東京メトロ表参道駅A2出口徒歩3分) ●-THE INK LIBRARY- イベント特別サイトはこちら            WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • こんにちは(*'ω'*) 先日、撮影があった為、それに合わせて可愛いネイルをして頂きました(*⁰▿⁰*)コーラルピンクをベースに、その上にあるドライフラワーがとっても可愛いです♡ ピンクのドライフラワーだけだと可愛くなりすぎてしまいますが、シェルを入れる事でぐっと大人っぽい雰囲気になります(*´꒳`*)シェルはラメとは違って、さりげなく光沢感があるので派手すぎず、華やかな手元にしてくれます(๑>◡
  • ミルクタイプでありながら抜群のクレンジング力。しかも秋のお疲れ肌に優しくって、エイジングケア成分まで入っているなんて! いま私が注目している京都生まれのブランド「 VINTORTÉ(ヴァントルテ)」をご紹介します。ご存知ですか? VINTORTÉ(ヴァントルテ)というブランド。こちらは、京都生まれのナチュラルコスメ。敏感肌に悩む母親のため試行錯誤を重ねて誕生したという心温まるエピソードをはじめ、素材へのこだわりや無駄を削ぎ落としたシンプルパッケージなどなど、かなり語ることの多いブランドです。ミネラルやピュアシルクといった天然由来成分を軸につくられたファンデーションをはじめメイクアップラインも充実しているのですが、今回私が推したいのはスキンケア。なかでも、こちらのクレンジングをクローズアップしちゃいます。ヴァントルテのボタニカルモイストクレンジングミルクは、メープルウォーター&チシマザサ水という2種のボタニカルウォーターがベース。豊富な植物ミネラルを肌に与えつつ、皮脂を落としすぎずにハイレベルなクレンジングを実現。さらになんと、保湿効果の高いヒト型セラミドや3種の植物幹細胞も配合。洗い流してしまうクレンジングなのに成分に妥協がないところに俄然、惹かれまくって愛用中です。テクスチャーはちょっとジェルっぽく弾力があり、カサつきやゴワゴワが気になる時でも気持ちよく使えます。小鼻や目周りなど、ちょっとくぼんだパーツにも無理なく行き渡る感触にもにんまり。そして……くるくる円を描くようになじませるうちに、なんとなくテクスチャーがむっちり濃厚なタッチになるのがただ者ではない! やや濃いめのメイクの日でも楽勝、いらないものをしっかりと絡め取ってくれます。しかもこのクレンジング、W洗顔不要! 肌が敏感に傾いていても余計な刺激を与えないし、忙しいアラフォーのライフスタイルにもぴったり。クレンジング中のむっちり感とはうらはらに、すっきり跡形なく洗い流せるのにも大感激しました。正直、ミルククレンジングってパワーに不満が残るアイテムも多いなかで、このクレンジングは別格。しかも敏感肌にも使えるし、エイジング肌にも嬉しいリッチ処方ながらこのプライス。これ、使わない手はないでしょう!ボタニカルモイストクレンジングミルク 150g ¥3300/ヴァントルテ今回ご紹介できませんでしたが、美容液もおすすめ。シンプルながら頼もしい保湿力に思わずうなりました。ちなみに、クレンジングから保湿クリームまで約5日間分のスキンケアが入ったトラベルセット(ポーチつきで¥2400)もラインアップ。気になる方は入門編としてどうぞ。 ヴァントルテって「つけた瞬間から肌が!」みたいな攻め系コスメではありません。でも、使い続けるとなんだか肌がみずみずしく、日に日に元気に(そして柔らかく)なるのが分かります。ちょっと疲れた秋の肌にしみじみ良さがしみ渡るスキンケア、ぜひお試しあれ。最後にもう1つ、秋の新作に素敵なメイクアップアイテムがあったのでご紹介。こちらは、ミネラルシルク クリーミィチーク&ルージュ。とにかく薄型でコンパクト、するっとポーチにしのばせられます。ミネラルの優しい発色とシルクパウダーの保湿力をもち、指で触れるととろけるような柔らかさ。カサついた頰でも唇でも優しくひろがり、じゅわんと発色します。コーラル系(左)とピンク系(右)、肌のトーンを問わず使えるなじみのいいカラーの2色展開(各¥2800)。こちらもチャンスがあれば、ぜひお手にとってみてください! ●「ヴァントルテ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 【マリソル プチプラグランプリ2019】ハイスペックな機能を備えたプチプラコスメが大ブームの今。大人だって、そのよさを享受しなくちゃもったいない!美のプロが認めた"アラフォーが使える"アイテムを、新製品を中心に2019年版のランキングをリリース【アイメイク部門】<BEST 1>UZU BY FLOW FUSHIウズ アイオープニングライナー ブラウンブラック「目頭の繊細なラインも、目じりのフィニッシュも、ブラシ側が勝手に調整してくれます。アイラインを楽しむ余裕が生まれ、これがあればまだまだ新しい顔を見つけられるし、似合う服も増えるはず」(美容家神崎恵)。「肌から浮かないハーフマットな質感とくっきり描ける筆ペンで、色そのものに美しさがあり、ブラウンブラックなど、さりげなくも目もとを美しく引き立てる技アリ中間色の配色。全14色が一軍のアイライナー」(ヘア&メイクアップアーティスト岡田いずみ)。「適度なツヤ感とニュアンス発色。手ブレせず、なめらかに描けるので、忙しい朝でも、タクシー内のメイク直しも失敗なくキマります」(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。水、湿気、皮脂に強いウォータープルーフのフィルムを採用して、描いたラインを長時間キープ。「大和匠筆TM」で作られたコシと描き心地のよさで、テクニックいらずでも狙ったアイラインを引けると大好評。¥1,500<BEST 2> カネボウ化粧品ケイト ラッシュフォーマー(ロング)BK-1「初めてビューラーなしでまつ毛の毛先が上がったのがこれ。上がったまつ毛をさわってもカチカチじゃなく、柔らかくふさふさ。質感が限りなく自まつ毛に近いから、目がぱっと上下に開く印象で、撮影すると黒目にアイキャッチがしっかり入るようになりました」(美容ジャーナリスト鵜飼香子)。しっかりしたカーブを作るのが魅力的。¥1,400(編集部調べ)<BEST 3> コーセーヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-2「粉がスルスルーと転がるように肌の上を渡ってくれて、以前よりふんわり感のある眉が描きやすくなったような気がします。しっとりと肌に密着して、でも、ムラもできにくく、忙しい朝でもささっと仕上がり、とっても描きやすい」(広瀬)。3色を自由に組み合わせて、自分オリジナルのカラーが作れる。¥1,100(編集部調べ) <BEST 4> カネボウ化粧品ケイト スーパーシャープライナーEX2.0「筆ぺんのぺんてるとのコラボで実現したテーパー加工により、細く繊細なラインが美しく描ける。筆ペン感覚で、トメやハネも思いのまま。リキッドアイライナーが苦手な私でも大丈夫なほどの描きやすさ」(ビューティエディター・ライター 平輝乃)。繊維の先端に向かってじょじょに細く加工するペンテル独自の技術と、液含みのいい新繊維を採用。全3色¥1,200(編集部調べ)  <BEST 5> コーセーコスメニエンスファシオ パワフルフィルムマスカラ(ロング) BK001「マスカラは細ブラシ&お湯オフタイプが最強と思っている私にとって、このマスカラは永遠の友。年齢とともに、あちらこちらへと向きやすくなったワガママまつ毛を、クルンとしっかり整えながら、カールアップしてくれる」(前野)。カールダウンしやすいといわれるフィルムタイプの中で、キープ力は絶大。自然なファイバーも◎。¥1,200 <BEST 6> 資生堂マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダーリキッドエクステ EX「まつ毛にしっかりした存在感を出してくれるツヤに加え、細かくつく繊維が絶妙。しかも下まぶたに落ちにくいので、仕事終わり、疲れに拍車をかけるあのパンダ目になりにくいのが、なんと言ってもうれしい! お湯と石鹸で簡単&キレイに落ちるのに、もちがいいなんて本当にありがたいかぎり」(ヘア&メイクアップアーティスト広瀬あつこ)。¥1,200(編集部調べ)<BEST 7> 資生堂インテグレート スナイプジェルライナー(シャドウタッチ)BK999「体温でほどける設計の柔らかなジェルベースだから、よれよれし始めた目もとのキワにもぴったりフィットして、思いどおりのラインを描けるのがとても優秀。繊細なハネ上げラインも難なく描けて感激! ウォータープルーフ処方なのに、クレンジングの際にはさらりと落ちる、"去りぎわ"のよさも粋」(マリソル ビューティエディター ハラチノ)。¥950(編集部調べ)【Marisol9月2019年掲載】撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/山本瑶奈 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/松井美千代 大木知佳
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年8月27日(火)~ 9月9日(月)【6位】 乾かす手間なし、持ちもよし!ネイルは“貼って”楽しむ新時代へ★記事はこちら【5位】 メイクのり抜群!肌が求めるものを選択的に送り届ける機能派美容液 ★記事はこちら【4位】 アラフォーは「洗顔」に投資する!最先端の技術による新作洗顔料 ★記事はこちら【3位】 アラフォーはヘアケアこそ厳選すべし!BESTシャンプー・コンディショナー&ヘアマスクはこれだ! ★記事はこちら【2位】 アラフォーからの目力UPのコツ「パーツの衰えをメイクで修正」★記事はこちら【1位】 高い服を着る女と、安い服を着ても高そうな女と…【齋藤 薫エッセイ】 ★記事はこちら
  • MyAge/OurAge世代の生活から切り離せないヘアカラー。いつも美容師さんにおまかせしているせいか、知らないことも意外とたくさん。自分でもしっかり知識を蓄えることが、もっと上手に、長く楽しむコツです。お話を伺った人伊熊奈美さん1972年生まれ。大人世代向けの美容記事を手がけるエディター。毛髪診断士の資格も持つ岩上晴美さん1973年生まれ。人気ヘアサロン「kakimoto arms」の初代カラーリスト。ヘアカラー業界の第一人者Q1ヘアカラー、マニキュア、ヘナ…。その違いを教えて。ApHという、酸性かアルカリ性かの度合いが違います。弱酸性(pH低い)半永久染毛料・ヘアマニキュア・カラーリンス植物性ヘナ中性(pH中間)一時染毛料・ヘアマスカラ・ヘアファンデーション中性~アルカリ性(pH中間~やや高い)半永久染毛料ヘアカラートリートメントアルカリ性(pH高い)酸化染毛剤(永久染毛剤)・ヘアカラー・白髪染め(グレーカラー)・おしゃれ染め(ファッションカラー)・ヘアダイ脱色剤ブリーチ「水素イオン指数(pH値)で分けると、上のようになります。一般的なヘアカラーは酸化染毛剤といい、しっかり染まってなりたい色を実現できるけれど、刺激になる成分も含みます。一方、肌に優しいけれど、使い勝手やもちが不足するマニキュアやヘナ。それぞれにメリットとデメリットがあります」(伊熊さん)Q2白髪染めとおしゃれ染め、何が違うの?A白髪を染める茶色の色素の量が違います。「カラー剤に含まれる茶色の色素の分量の違いです。茶色が少なく、髪を明るくする力が強いのがおしゃれ染め(ファッションカラー)。茶色が多く、白髪を染める力が強いのが白髪染め(グレーカラー)で、黒髪を明るくしながら白髪も染まります。白髪率が10%未満と少なめなら、おしゃれ染めでも比較的満足できます」(岩上さん)Q3ハイライトって何?メッシュとどう違うの?Aどちらもウィービングという技術で、明るい毛筋を作ることです。「kakimoto arms」ではハイライト部分が伸びても、次回同じ毛筋をすくう技術が!写真提供/kakimoto arms「太い毛筋をアクセント的に作るメッシュに対し、ハイライトは一定の間隔で細かく毛束をすくって作ることで、とてもナチュラル。白髪が伸びても目立ちにくくなるうえ、立体感や透明感が出るなど、メリットがたくさん。明るい部分はブリーチが必須なので、傷みには配慮が必要です」(岩上さん)次回も今さら聞けないヘアカラーの疑問についてご紹介します。イラスト/sino 構成・原文/伊熊奈美
関連キーワード

RECOMMEND