カジュアルも格上げしてくれる「レディなクラシックバッグ」【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】

Marisol ONLINE

■「レディなクラシックバッグ」で上品仕上げ

きれいめにもカジュアルにも難なくフィット。エルメスやサンローランの支持率高め。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

★ヤナ/通訳/パリ
サンローランのサック・ド・ジュールを愛用。どんな着こなしにもすっと溶け込む、万能さが魅力。

★アレキサンドラ/モデル/ミラノ
持つだけでサマになる、ちょうどいいサイズ感のバッグはザラで見つけたもの。ハンサムなパンツスタイルを端正に引き立ててくれる。

★ミラノ
エルメスのケリーのハンドルに華やかなスカーフ KEYWORD08を巻いてオリジナリティをプラス。

★ミラノ
オーストリッチレザーを使ったスクエアバッグはオーダーメイド。 

★ミラノ
一生もののエルメスのケリーは飽きのこないベーシックな黒をセレクト。

【Marisol2月号2019年掲載】[パリ]撮影/新村真理 コーディネーター/岡本真実 [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネーター/高玉あかね 文/野崎久実子
美女組No.52 bemiさんに、絶対に失敗しない買い物術とこの冬のキーアイテムを教えてもらいました!
一昨年湘南に移住し、現地のムードや気候にさまざまな影響を受け、着こなしが変化したという坪田さん。もっと自由に、軽やかに進化した、坪田さん流「大人の湘南カジュアル」とは?
単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が累計4万部を超える大ヒットを記録中! 長く愛せる「一生もののおしゃれ」を提案する村山さんにこの冬愛用する「一生ものアイテム」と、それらとの「付き合い方」をインタビュー
関連記事
  • カジュアルすぎず、コンサバすぎず、絶妙なバランスでトレンドヘアに挑戦しやすい【FRONT】【スタイリング前】 きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱担当サロン「S. HAIR SALON」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 週末のホームパーティーは、大好きな友達と特別な料理やトークを楽しむとっておきの時間。自分らしくリラックスできて、ちゃんとおしゃれにも決まるホムパ用コーデをご紹介します。DIESEL[ディーゼル]週末のホームパーティには自然体で過ごせる旬顔デニムで楽しみな週末のホームパーティ、友人たちとの暗黙のドレスコードは、笑顔が似合うリラクシングなデニムスタイル。動きやすく、さわやかなカラーのスキニー&さりげない肌見せのホワイトトップスで、ヘルシーな魅力をふりまいて。クーラーバッグいっぱいのおいしいものとブーケを手に、颯爽と。デニム¥25000・シャツ¥23000・バッグ¥39000・靴¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) デリクーラーバッグ¥2400/ザ・コンランショップ 新宿本店(ザ・コンランショップ)ボリュームあるアクセサリーは楽しい話題の的にもなってくれるテーブルを囲んでゲームやトークで盛り上がる。そんなときは思わず目に留まるしゃれ感アクセを。サークルとボールをつなげたモダンなピアスやシルバーのリングが、ちょっとしたしぐさや表情を生き生きと見せてくれる。ピアス¥29000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) リング¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) ブラウス¥33000/サードマガジン(サード マガジン)JILLSTUART shoe[ジルスチュアート シュー]玄関に並ぶ姿も愛しい!脱いでも絵になる自分らしい足もと出迎えられた玄関では、意外に足もとのおしゃれまで注目されるもの。気を抜かずに臨みたい。ラメをあしらったスポサン、スターモチーフつきのスニーカー、可憐なレースをシンプルフォルムに落とし込んだパンプス……甘さをひとさじ加えたトレンド靴のバリエーションが、その人らしさを雄弁に語ってくれる。(右から)サンダル¥14500・スニーカー¥14500・ヒールパンプス¥17500/モーダ・クレア(ジルスチュアート シュー)DIESEL[ディーゼル]大好きな仲間たちとの集まりには愛着のわくデニムジャケットと一緒に気心の知れた友人たちと、親交を温め合う機会。羽織っていくアウターも、ずっと愛していける定番のデニムジャケットがいい。ナチュラルなワインとオーガニックチョコを手土産に、休日のカジュアルスタイルにさらりと羽織って。ジャケット¥29000・キャップ¥9800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 椅子の上のワイン(右)春らしい色とフルーツの味わいのロゼ。¥4800・(左)果実味あふれるシャルドネ。¥6800/コスメキッチン 椅子の上の箱のチョコレート¥1980/サマーバードオーガニックヘアに巻いたスカーフが、くつろいだ表情をキュートに演出コーディネートはシンプルに、小物やヘアアレンジで自分らしさをきかせるのが、ホムパスタイルの基本。2色使いのスカーフを無造作に額の上で交差してヘアバンド風にまとめ、小ざっぱりと感じよく。スカーフ¥15000(マニプリ)・バングル(ソコ)¥13000/カレンソロジー 新宿 リング¥54000/ボウルズ(ハイク) ニット¥25000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)肩かけして身軽に! マイクロバッグと、レトロな手土産でお出かけ愛らしいパッケージのスイーツを持っていく日は、渡すときの相手の笑顔まで想像してうれしくなる。ボックス型のミニショルダーとチェーンつきカードケースで、両手をあけて、足取り軽く出かけたい。スモーキーなカラーも愛らしいアクセントに。(右)カードケース¥21000・(左)バッグ¥48000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)STRAWBERRY-FIELDS[ストロベリーフィールズ]ほどよいドレスアップが気分を盛り上げる春らしいラベンダーのワンピースその昔、イギリスでは、優雅な“ティードレス”を着てアフタヌーンティーを楽しむ習慣が。そんな貴婦人たちにならって、ほんのりドレスアップしてホムパを楽しむのも素敵。春色のロングワンピースはドレープが美しく華やかだけど、ゆったり着られるジャージ素材。昼下がりにリラックスして過ごすのにもちょうどいい。ワンピース¥24000・はおりもの¥16000・ピアス¥9300・バッグ¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)撮影/大辻隆広〈go relax E more〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/松野裕子 モデル/中村アン 取材・原文/久保田梓美 撮影協力/アワビーズ、ウツワ、タイトルズ、プロップス ナウ ※BAILA2019年5月号掲載
  • トレンドも大切だけど 自分らしさはもっと大切にしたい! といつも思っています 顔のパーツの中で わたしが自分らしさを出せるのは 眉毛かなあと思っています 量が多いしっかり眉 10代の頃は形を整えて細くしていたけど 大人になるにつれて 眉そのものの形を活かすようになりました わたしの眉は基本的に"ボサ眉" 実は………ペンシルを使ったことがありません! う、うまく、描けないのです……… 濃過ぎてしまったり 左右非対称になってしまったり そんなことありませんか? (わたしだけじゃないという願いを込めて問いかけ。笑) なので、わたしの眉毛は もっぱらアイブロウパウダー頼み! ずーーーっと使っているのはこちら✔︎CEZANNE ノーズ&アイブロウパウダー何回リピートしたか分からないほど愛用 色みが抜群に好きです 基本的には淡色の2色を混ぜて 濃い色は、きりっと見せたいときに使います。 髪がハイトーンだったときは 眉毛をブリーチしたりしていましたが 最近は髪色も落ち着いているので自眉です。 ✔︎POINT今月号のBAILAにも 上手な眉の作り方、載っていましたね・・・♡ わたしはとにかく自眉が立派なので 眉頭などは特に、濃くならないように気を付けています。 最後にスクリューブラシでしっかりとぼかすのが 私的ポイントです◎ 眉毛ってすごく顔の印象を左右するパーツだと思うのです。 キリリとした印象にも ふんわりとした印象にも 眉毛を変えるだけでなれちゃいますよね。 わたしはとにかく抜け感!を目指しています◎ 自然体で飾らない雰囲気を出せたらいいなと。 どんな雰囲気になりたいか それを考えるだけでも 自分に合う眉毛、自分に合う顔になれるのかなって思います。 最近メイク用具をピンクベージュのものに一新しました♡ 毎回メイクするときにうっとりとして 乙女心のボルテージが上がります。 これまではコスメに付属されていたものを使用していましたが、 メイク道具、大事ですね…♡InstagramWEARスーパーバイラーズ 渡邉美可のブログ
  • 先日の韓国旅行で購入したティントとチークをご紹介します!韓国コスメはティーンだけのものじゃない!韓国コスメはスキンケアだけじゃなく、ティントやチークなどのコスメも超優秀です。 韓国通のライターさんやインフルエンサーがオススメしていた商品をお試ししてきました。Mamondeの「Creamy Tint Color Balm Glide」韓国のリップといえばティント! プチプラなのに発色がよく落ちにくいのが特徴です。 そのなかでも、各所でイチオシされていた「Mamonde」の「Creamy Tint Color Balm Intence」。 こちらは艶なしタイプのティントなのですが、アラフォーにはやはり艶があったほうが顔色が映える、ということで今回は「Creamy Tint Color Balm Glide」の方を購入しました。 ちなみに「Mamonde」は韓国のARITAUMというコスメショップに入っています。 私が購入したカラーはNo.1とNo.8。 こちらがNo.1こちらがNo.8どちらも発色がよく、No.1は少しオレンジっぽいお色、No.8はベルベット系のお色でした。 Mamondeのティントはどれも鉛筆型で見た目もかわいい! お値段はなんと1+1のキャンペーン中に購入したので、2本で12000w(約1200円)という破格! そしてこのティント、サイトや雑誌でも落ちにくいと言われているのですが、確かにかなり落ちにくいです。 飲み物のカップには多少つきますが、まるっとお食事した後でも色味が唇に残っているほど。 このお値段とこの発色、韓国に行ったら絶対買いです! 「innisfree」の「Petal Blusher」こちらは韓国在住のお友達からプレゼントでいただきました。 innisfreeのPetal Blusherは、ネイルポリッシュのようなリキッドタイプのチーク。 全部で5色展開されており、私がいただいたのは#2のお色で、薄づきのピンク色。 少量でもかなり発色がよく、頰に1、2ヶ所置いて指でなじませて使用しています。つけるのも馴染ませるのも簡単な上に、かなり顔色よく見えるのでお気に入りです。 ぜひこちらも韓国にお越しの際は手にとってみてください! 以上韓国コスメレポートでした。★instagramはこちら★美女組No.143 ASUKAのブログ
  • ドレスのセレクトは、ミニマルで、モダンなスパイスをプラスしたデザインが今の気分。大切なのはグリーンに似合う“軽やかさ”があること。すらっとしたシルエットや透明感あるマテリアルを武器に、自然に愛される都会的なブライズルックを叶えて。【ステラ マッカートニー】シンプルかつ印象的、心を奪うロングケープドレス¥450,000/ステラ マッカートニードレストレンドのひとつであるロングケープを取り入れた一着は、2018年11月から日本で展開をスタートした「ステラ マッカートニー」のブライダルコレクション「Made with Love」から。潔く華美な装飾は一切取り入れず、肌の露出を抑えたラウンドネックで品のある佇まいに。落ち感のある柔らかなケープを風に揺らしながら、グリーンの中を颯爽と歩む知的なブライズを目指したい。 ステラ マッカートニー カスタマーサービスhttps://www.stellamccartney.com/03-4579-6139【ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ】ピュアな魅力を引き立てるミニマルトップスドレス¥280,000(レンタル)/ヴィクター アンド ロルフ マリアージュきゅっと首の詰まった襟付きデザインに、3Dフラワーモチーフを飾ったチュールスカート。ドレス全体にちりばめられた甘いエッセンスを引き立てているのは、身体に沿ったシャープなフォルムのトップス。「ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ」ならではの洗練されたシルエット美が、スイートな印象をモードに格上げ。スタイリングはごくシンプルに、唯一無二のデザインを全身で楽しみたい。 ザ・トリート・ドレッシング アディション店https://www.treatdressing.jp/03-5778-3117【デルフィーヌ・マニヴェ】長袖×フロントアップ丈の絶妙なバランスドレス¥280,000(レンタル)/デルフィーヌ・マニヴェともするとカジュアルに見えがちな足見せスカートを、端正なロングスリーブと合わせることでモダンに昇華。ブライダルムーブメントを牽引する「デルフィーヌ・マニヴェ」ならではのセンスが光る一着は、ジャカード織りでさりげなく描かれたフラワーモチーフもガーデンにぴったり。軽やかな足元をポイントに、現代女性のバランス感覚を発揮して。 ハツコ エンドウ ウエディングスhttp://weddings.hatsuko-endo.co.jp/03-3563-1411【ソフィーエトヴォイラ】チュールの透明感でグリーンと相思相愛ドレス¥400,000(レンタル)/ソフィーエトヴォイラ昨年末にアジア進出の1店舗目となる銀座店をオープンさせた「ソフィーエトヴォイラ」。スペイン出身の女性デザイナーが手掛けるニューコレクションからピックアップするのは、ロングジレとセットになった2WAYのチュールドレス。披露宴会場では写真左のようにロングジレを羽織りアーバンな雰囲気に、ガーデンではジレをオフしてより軽快な装いにシフトするなど、シーンに合わせた着こなしができるのが魅力的。さらっと甘さを宿すバックリボンも心憎い。 ソフィーエトヴォイラトウキョウhttps://sophieetvoila.tokyo/03-3289-4122【アンヘル・サンチェス】スマートなラインを彩る構築的なラッフルドレス¥340,000(レンタル)¥1,000,000(販売)/アンヘル・サンチェス自然に包まれたオープンエアなシチュエーションに映えるのは、着心地が良く軽快な印象を与えるスレンダーライン。建築家としてのキャリアを持つアンヘル・サンチェス氏が手掛けるドレスは、アシンメトリーなラッフルが躍動感を生み、モードな雰囲気を創出。風に舞う花びらのようにランダムに飾られたフラワー装飾も美しく、心地よいガーデンの風景を物語ってくれる。 ノバレーゼ銀座http://dress.novarese.jp/03-5524-1117  
  • 会場から見えるグリーンの景色に癒され、そよ風にドレスを揺らす。自然に寄り添うウェディングだからこそ取り入れたい、スタイリングやフレグランス、パーティアイテムを一挙にラインナップ! センスがいいだけじゃない、遊び心と自然への思いやりを宿すヒントを見つけて。ブーケは“ビビッドカラー”を効かせるブーケ¥30,000/イーボル昨今、グリーンミックスや野花系のブーケが主流だったナチュラル志向のウェディング。そこにネクストブームとして挙がってきているのが、ビビッドカラーを大胆に使ったアレンジ。あえて個性的で色味の強い花同士を組み合わせることで、新鮮なインパクトをプラス。ポイントは葉を極力交ぜず、凹凸のある形を描くこと。パーティのテーマカラーを取り入れるのもグッドアイデア! イーボルhttp://www.e-v-o-l.com/info@e-v-o-l.com  みずみずしいフローラルの香りに包まれる(左)「オレンジ ブロッサム コロン」(デイジー リーフ柄)¥18,000、(右)「ピオニー & ブラッシュ スエード コロン」(ワイルド ローズ柄)¥18,000/ともにジョー マローン ロンドン記憶と密接に関わる香りは、結婚式の想い出を彩る大切なキーに。「ジョー マローン ロンドン」が花嫁のために贈るのは、ボトル全体にレース柄を刻印する特別なコロン。柄は2種類から好きな方を選んで、香りはブランド人気の6種類からセレクト。自然豊かな結婚式なら、オレンジの花が香る「オレンジ ブロッサム コロン」や、華やかなピオニーにジャスミンやローズが溶け合う「ピオニー & ブラッシュ スエード コロン」も素敵。式後も香りに触れるたび、幸福な記憶が蘇るはず。 ジョー マローン ロンドン お客様相談室 https://www.jomalone.jp/0570-003-770旬なメタルピンで緑映えする軽やかヘアを作る(左から)ピン¥20,000、ピン¥17,000、バレッタ¥22,000、ピン¥17,000/すべてアレクサンドル ドゥ パリ自然光が降り注ぐ心地よい会場では、盛りすぎ、キメすぎのヘアはトゥーマッチ。リコメンドしたいのは、トレンドアイテムとして注目のメタルピン。ベールの下やお色直しなど、ラフに束ねたヘアにランダムに飾れば、コーディネート全体に程よい抜け感をプラス。クールな素材感もドレスの甘さを和らげてくれるので、モード志向な花嫁にもおすすめ。 アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店https://alexandredeparis.co.jp/03-6264-5442軽快なスイングピアスでそよ風を感じる「ショート プレシャス クローバー ピアス」〈YG、ダイヤモンド〉¥126,000/マリーエレーヌ ドゥ タイヤックグリーンウェディングの大本命アイテムは、やっぱり自然モチーフ。今取り入れるなら“耳元にさりげなく”が正解。「マリーエレーヌ ドゥ タイヤック」のクローバーピアスは、中央にダイヤモンドをあしらって、リズミカルに3つずつセット。風に揺れる煌めく存在で、顔周りを軽やかに、愛らしく彩りたい。 エムアッシュテhttp://www.mariehelenedetaillac.com/                                                     03-5468-2703ガーデンに舞うバタフライを手元に飾る(左)「ラッキー アルハンブラ アントレ レ ドア リング」〈YG、マザーオブパール、タイガーズアイ〉¥655,000、(右)「ドゥ パピヨン アントレ レ ドア リング」〈YG、WG、ダイヤモンド、ラピスラズリ〉¥2,200,000/ともにヴァン クリーフ&アーペル甘い蜜に誘われるようにガーデンを舞う蝶々を連想させる、「ヴァン クリーフ&アーペル」のリング。そんな愛らしい存在で、ハレの日の手元を飾ってみては? 花嫁の手元は手紙を読んだり、パーティでもゲストの視線が集まるパーツ。ラピスラズリやタイガーズアイなど、素材ごとに異なるカラーもアイキャッチにぴったり。遊び心あるジュエリー使いで、ロマンあるストーリーを感じさせて。 ヴァン クリーフ&アーペル ル デスクhttp://www.vancleefarpels.com/0120-10-1906エッジの効いた涼やかなシューズで遊ぶサンダル(ヒール高1.5cm)¥104,000/セルジオ ロッシスタイリングの肝になるシューズは、ブライズルックでも大事なエッセンス。ミニマルなドレスには、足元で個性を主張したい。レコメンドしたいのは「セルジオ ロッシ」のフリンジサンダル。アンクルストラップまでフリンジが広がるボヘミアンデザインは、スタイルのアクセントに最適。開放的なシチュエーションにも似合う涼やかな一足で、リラックスして過ごせそう。 セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600エコを意識したペーパーアイテムをセレクト席次表セット(印刷つき、50セットの場合)¥29,500 ~/ウイングド・ウィール ※招待状セットは印刷つき、50セットの場合¥26,500~緑に祝福されるグリーンウェディングでは、環境負担が少ないエコマインドをぜひ取り入れたいところ。ペーパーブランド「ウイングド・ウィール」は、紙の原料にコットン(綿)パルプを配合した、環境負荷が少ない席次表や席札を展開。ウェディングを彩ってくれる緑や花々への想いを、ペーパーアイテムでスマートに伝えたい。 ウイングド・ウィール オンラインストアhttp://www.winged-wheel.co.jp/0120-842-657未来の自然を守るエシカルギフトを贈る(左)レザーコースター(5枚セット)¥2,200/エンダースキーマ、(右)フレーム(2Lサイズ)¥6,500/シボネ青山サスティナブルファッションが注目される今、環境へ配慮したアイテムを選ぶのも大人のセレクト。レザーグッズを作る際に出る端切れから生まれた「エンダースキーマ」のレザーコースターに、使われなくなった樹木のかけらを組み合わせたフレームなど、最近ではデザイン性の高いアイテムも豊富に登場。パートナーとの未来を考える結婚のタイミングで、地球のこれからにもぜひ目を向けてほしい。 シボネ青山http://www.cibone.com/03-3475-8017
  • スタイリスト・徳原文子が、春のトレンドキーワードとともに、今年のベージュを最高に素敵に見せるカラーコーディネートテクをお教えします!この春は今年らしい華やかなトレンドを楽しむための「ベース色」としてもベージュは大活躍の予感! 色のもつパワーと、着こなしで生まれる化学反応。マリソルは「ベージュ最強」をここに宣言します!■ベージュ×スイートな黒「トレンドとは関係なく、ベージュと黒という組み合わせが大好き。その中でより今年らしく着るなら、カギになるのは“甘さ”。素材や柄、小物で足す「甘い黒」が、鉄板の配色を華やかにしてくれます(徳原さん)」 ボリュームワンピースをデイリーに落とし込む、黒小物の引き締め効果「ドラマティックなカフタンドレスも、コットンベージュならよりデイリーに取り入れやすいと思います。リボンなどスイートなディテールの黒小物をちりばめて、甘さとシャープさの両方を足し算。チラッとのぞくレギンスも今年はマスト」。ワンピース¥34,000/ロンハーマン(テン バイ ロンハーマン) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) かごバッグ¥46,000(エレナ ギゼリーニ)・ピアス¥10,000(アプレスキー)/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店 チェーンバッグ¥108,000/カオス丸の内(ザンケッティ) ベルト¥12,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)センシュアルな黒レースこそカジュアルに、さりげなく繊細な黒レースのロングスカートは、甘さ控えめだから辛口派にもおすすめ。白Tのようにさわやかすぎない、ベージュTならではのニュアンスが素敵。 →アイテム詳細はこちらレトロシックなドットスカートをサファリベージュでモダンに仕上げて「昨年から人気のドット柄。タイトなシルエット選びとサファリジャケット合わせで、都会的に着るのが今季の気分です」。 →アイテム詳細はこちらマット黒とツヤベージュ、クールなのにフェミニンなミニマムコーデツヤのあるとろみパンツがもつ女らしさが、黒のローゲージニットとのコントラストでより引き立って。上品なミニバッグやキトゥンヒールのパンプスも、甘さ足しにひと役。 →アイテム詳細はこちら【Marisol4月号2019年】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • 会社の20代の後輩女子に「お肌綺麗ですよね。何をしたらそうなれるんですか?」と質問され困ったけど。。最近リピしたSHIGETAの美容オイルのおかげかな?と思ってます。春先に新しく投入したビューティーグッズはこの5種類。 特にデ・マミエールのアルティテュードオイルは 4月のストレスマックスな時期に手放せないお守りオイルです♡ ❶ Argital(アルジタル)の歯磨き粉。 体中にパックできるグリーンクレイペーストが欲しかったけど、 まずは喫緊で必要で、お手軽に試せる歯磨き粉を。 ハーブ好きなので、セージのスッキリ感が気に入ってます♪ https://argital.jp/product/oralcare/toothpaste.html ➋ SHIGETAのUV スキンプロテクション もう5本以上はリピートしてる商品かも。 紫外線が強くなる時期&お肌が弱めの私にはピッタリなのです。 https://www.shigetajapan.com/products/detail/19 ➌ SHIGETAのEX オイルセラム こちらも3~4本目かも。エイジングケアに良いのと、 香りが好きなので気に入ってます。お肌が柔らかくなった 気がします。いろいろ試したいので 使用サイクルは久しぶりだけど、やっぱり好き♡ https://www.shigetajapan.com/products/detail/16 ➍ デ・マミエールのアルティテュード オイル 花粉症ではないのですが、4月上旬は仕事のストレスマックスで 藁にもすがる思いで手にしたもの(^-^;) 「疲れたな~。気分を変えたいな~。」って時に鼻の下に塗る +手のひらに擦り合わせて深呼吸しながらリフレッシュしてます。 ➎ uka(ウカ)のウカスカルプブラシ ケンザンソフト 冬~春先にかけて頭皮のべたつき&かゆみに悩んだので マッサージ用に購入。弱った頭皮なのでソフトタイプに。 指先とは違った刺激で、シャンプータイムが楽しみに♪ 春は肌も体もゆらぎやすい時期なので、こんなお守りアイテムが アラフォー女性には必要かも・・・と思ってる今日この頃です。美女組No.67★アニスのブログ
関連キーワード

RECOMMEND